2021年04月23日

クレリクワンドHQ3を目指して

20210422-163245.38-2.jpeg
 そういえば魔法用品店のチラシの裏が後に伏線になるんだった。

 カルンウェナンのためのエインヘリヤルとナイズルの合間に、コツコツと精魂度貯めもしまして、裁縫職人さんのエスカッションがやっと幻珠フェーズに到達しました。
 と言いつつ、実はアダマンビスの交換がまだなので、ここからずっと絹布と金糸を作り続けないといけないのですが(笑)。まずはさとみんで余った幻珠を放り込みつつ、進行する予定です。

 さとみんで作成した時は、時間があまりにもかかりすぎたので、ミュークからリアセンブルをもらったくだりのイベントは完全に忘れており(笑)こうして裁縫職人さんで見直してようやく、「あああーーここがそう言えばそうだったーー」みたいな追体験をやっております。て、こんな苛酷な方法で追体験しなくても、ウタイビトさんのところに行けばリプレイしてもらえるんではなかろうか。

 裁縫職人さんは当然ながらお外に出たことがほとんどないので、自分で幻珠を取りに行くのは不可能です。もっぱらさとみんでピストン輸送する&競売で買う予定。でもあまり金策もしていないキャラなので、触媒代でギルがすっ飛びそうな予感がします。
 なんとか早いうちに目処をつけたいんですけど、やりたいことが多すぎて。さてはて、銘入りのアスクレピウスが作れるようになるのと、20周年とどっちが早いかって感じです。
posted by さとみん at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 合成/錬成/釣り

2021年04月22日

今となっては100層ボスが一番ラク

20210414-192629.89-2.jpeg
 プレイヤーが強くても人数が多くても、ランプは強敵。

 最近、LSでミシックウェポンを作り始めた人が多くなってきて、みんながにわかにエインヘリヤルやナイズルをやるようになってきました。
 今までは孤独にハザルムやアルザダールへ通っていたのですが、近頃は「ナイズル行かないかい?」とチャットすると強い味方が次々現れて、モンスターをボコってくれるので大助かり。ここへ来て、闇血のアンプルとトークンの集まり曲線がいきなり右肩上がりです。

 そして、エインヘリヤルに行くと大王様(仮名)のパトリックのファイアボールの威力がすごくて、私の獣使いのヘッポコぶりが白日の下に晒されたり、ナイズルに行くと鮒師匠(仮名)が一撃で部屋中のモンスターをなぎ倒しているのを見て私の忍者のヘッポコぶりが白日の下に晒されたりする訳ですが(笑)。
 しょうがないので、順番ランプの時に一生懸命手順を指示したりして存在をアピールしています。でも人数が増えると混乱してきて指示を間違えたりしているので、果たして役に立っているのかわからない。

 ナイズルの基本を理解している3-4人が集まれるなら、96層から飛んで、順調にいけば20分で10層近くまで進めるので、トークンが5000前後入り、96層に飛ぶ1900枚を支払っても大黒字になります。理論上は、これで50回突入すれば15万トークンになってアレヴァトと龍が買える!あくまで理論上は。机上の空論とも言うけど。
 でもまぁ、ソロでやっているよりは効率は段違いです。なので、スケジュールを調整できる慣れた冒険者を集められるなら、2ヶ月くらいで作れるには作れるんですかね。
 そんな夢物語を追ってもしょうがないので(笑)私はコツコツと今できることをやるのみですが! なにせ、カルンウェナンを作った後は、メイジャンの強化もありますしね。詩人で殴らないといけないお題だから、結構道のりは険しいはず。
posted by さとみん at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ミシックウェポン

2021年04月21日

ぶるぶる320時間目:アウゼンとメネジンはアフマウの心の声じゃないんだよ

20210420-183054.81-2.jpeg
 このあたりの台詞は色々意味深です。「話し相手になってさしあげろ」は、誰に言った台詞?

 ぶるぶるさんも、星唄ミッションがようやく「リ・テロアを往く」まで進み、イブノイル様に再会でき、AAフェイスが解禁になりました。がっ、AAGKは取得できたものの、メリポが足りないので次に進めません(笑)。
 とりあえず、まずは途中で止まっていたアトルガンミッションをやるぜ!という訳で、アトルガンミッションを再開しました。
 アトルガンミッションは、プロマシアほど登場人物が入り組んではいないのですが、聖皇をめぐるアレコレが明らかになるまでは非常に謎めいた描写が多くて、プレイしていて心がざわざわしますね。
 アウゼンとメネジンの存在の意味が曖昧なうちは、この辺りの会話の真の意味がわからない訳ですが、カメラワークや、人物の目線や仕草の細かい描写を拾うと、「あああーーそういうことかーーー」となるので面白いぞ。

20210420-181524.53-2.jpeg
 ルザフ提督も姿を見せております。髪が濡れた感じなのは、やはり海というか、ある意味では(恐らく彼の死因であろう)水死を思わせるものがあります。
 ぶるぶるさん、これからアトルガンを救うことができるでしょうか。楽しみだー。
posted by さとみん at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶるぶるの冒険

2021年04月20日

橋のところで走者が一斉に詰まる

20210419-213037.49-2.jpeg
 横一線に並んでスタート。

 いつも楽しいユーザーイベントを開催してくださるさんたさん(仮名)が、「みんなへのお礼に」と、なんとマウントレースを開催してくださいました。お礼をするべきなのはこちらの方だというのに……! これはもう、さんたさんのポストに近東風漁師鍋をぎゅうぎゅうに詰め込まなければいけないのではなかろうか!
 他ワールドでマウントレースに参加して峠を攻めている鮒師匠(仮名)とかに勝てる気はしませんが、参加することに意義があるのだ。
 かわゆいマイチョコボさんは、完全に穴掘り仕様に特化させていますし、レースなんていう過酷なところに出す訳にはいかないので(笑)私はモーグリにて参加です。

 ルフェーゼ野にて、チェックポイントのヤグラを目印に、蒼剣の丘まで駆け抜けるコース。ていねいにルートの地図まで送ってもらい、方向音痴も安心!
 ……と思ったら、走り出してみると景色につい目が行ってしまい、全然違う方向へ向かいそうになったのはここだけの秘密です。まぁ、みんなは私よりもはるかに速くコースを攻めるので、みんなの後についていけば迷子にはならないのですが。レースとは一体。
 そして走ってる時は忙しくて、SSを撮る暇ありませんでした(笑)。

 ゴールの蒼剣の丘は、あのオープニングの美しい風景の場所。
20210419-213749.78-2.jpeg
 プロマシアミッションで感動のエンディングを見たこの場所に、さんたさんが桜を設置しておいてくれました! ほんとにプロマシアのエンディングみたいだ! テンゼンとかがここに集まってくるんだよね! あの風景って、今振り返ってみると「世界に在りて〜」の時にミルドリオンが全員に召集をかけた時の風景なんだなたぶん(笑)。

20210419-214019.98-2.jpeg
 表彰と賞品授与の後……え? 私の順番? 聞かないでください無事に参加賞をゲットできましたよ!
 みんなで並んで記念撮影です。やっぱりタブナジアをバックに撮影したくなりますね。

 レースはこのあとも続いたのですが、私はリアル都合で残念ながらここでログアウト。楽しいレースでした! 次は迷子にならないようにします(笑)。
posted by さとみん at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2021年04月19日

七色の涙

20210413-191326.39-2.jpeg
 アルタナ女神の衣の裾。

 クフィムにブラックソールを釣りに来たら、珍しく天候がオーロラでした。
 ラテーヌ高原の虹とならぶ、ヴァナの美しい天候の絶景です。光属性の天候なので、アルタナ女神のイメージがあります。
 とはいえ、オーロラは夜にしか見えない天候なので、暁の女神よりは黄昏の神プロマシアに近そうな気もしますが……。完全なる闇の神だけど、プロマシアは光輝く造形をしていて、あの光はオーロラに似てますよね。構造色というか。
 
 それともこれは、アルタナが半身たるプロマシアを探して、夜をさまよい歩く姿なのでしょうか。ただひとり残った神として、世界を慈愛で見守るアルタナが、しかしふと自らを愛する半身を思い出し、哀しみをまとって、プロマシアの姿を求めて夜の帳をそっと上げる。その時に夜の間からアルタナの光がかすかに降りてくるのだと。
 そしてそんな夜に流すアルタナの涙が流れ星となり、その流れ星が石となって、貴石「七色の涙」は生まれるのです。

 ……という神話を勝手に想像してしまうような風景でした。
posted by さとみん at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景

2021年04月18日

ぶるぶる314時間目:究極履行の名前を忘れがち

20210416-154230.77-2.jpeg
 やっと上位神獣の試練に行けるようになりました。

 ログインしては各地の特別研究員から音叉をもらい、戻って報告してカーバンクルに「本当の世界を見て!」と諭されまくって、何とか六神獣の召喚ができるようになりました。急いでサンドリアに取って返し、あの怪しい人から★神獣のファントムクォーツをゲット。
 ……メリットポイントが結構ギリギリで焦りましたがね(笑)。ぶるぶるさん、ミッションが忙しくて、メリポもリミポもアンバスくらいでしか稼げてないので。

 実際の上位火の試練は、安全を取って「とてもやさしい」でチャレンジしましたので、そんなに問題なくクリアできました。報酬もまぁ、ささやかですけれど、今のところ上位BFの装備で絶対取らないと!というものもないので。
 しかし、上位神獣戦は、神獣の特殊技構えや魔法詠唱中に、アビリティや魔法やWSやペット行動を行うと弱点を突けるというのがメインギミックなのですが、毎回「この弱点はもう突いたっけ?」と忘れてしまい、何度もフラッシュしたり挑発したりしてかぶるという間抜けな行動を取っております(笑)。
 あと、究極履行(イフリートの場合はインフェルノ)を使うとこの弱点がリセットされるのですが、いつもメテオストライクを究極履行と間違えます(笑)。だ、だって、なんかメテオって文字列が入ってるから究極っぽいじゃないですか! なので、メテオストライクの時に弱点を突けばいいのに見逃し、インフェルノの時に必死にフラッシュしてみたりするという。
 入る前に確認しよう、そうしよう。(滝のような汗を拭いつつ)

 基本的に、上位BFは、ディード目当てにマンスリー目標で指定されたものをやってる感じなのですけど、こうしてコンテンツの導線としてちゃんと役立っているので、マンスリー目標はなかなかよい仕組みだと思いますね。何だかんだで、最近のヴァナは、極端に効率を気にしなければ、導線に沿っていけば色々なコンテンツに接することができるようになってるんじゃないでしょうか。まぁ、全くの初心者がこれで理解できるのかは、さすがに私では実験できないのですけれど……。
posted by さとみん at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶるぶるの冒険

2021年04月17日

マツイPがいても負ける時は負けます

20210417-193750.47-2.jpeg
 ペトロアイズ→カオスブレード→ボディプレスの見事なコンボが決まった。

 先日、「とてむず勝てますよ!」とドヤ顔で書きましたが、こんな風に見事に床の味見をすることも、そこそこあります(笑)。

 セルテウスを入れてやってみた回もありますが、やはりあまりリジュヴァネーションを使う状況にならず、そしてスケルツォがないためにブレスやボディプレスのダメージが巨大になってしまうので、回復が間にあいません。スケルツォがあるとHPが黄色で済むものが赤になってしまうので、うーむ難しい。
 なので、やはりマツイP、コルモル、ウルミア、ピエージェ、シャントットIIの組み合わせを変えるのは難しそうです。

 ペトロアイズは後ろを向いているつもりなのですが、どうも間にあわなくて石化してしまうことが多く、その時にピエージェ様のMPがないとストナももらえなくて後衛にタゲがいってしまい大変なことになります。ぶるぶるさんは、あえてあまりログ表示をいじらずにじゃんじゃん流しているのですが、そのせいでペトロアイズを見落としているのだろうか(笑)。
 ハッ、フィールティを使ってペトロアイズやカオスブレードを防げたりするのだろうか。

 ピエージェのMPに多少の余裕がある状態で終盤まで持っていければ勝てるんですけど。あとダメージカット装備への着替えをもっとしっかりできるようにしないといけないかな。ぶるぶるさん、課題はまだ多いのです。
タグ:2章
posted by さとみん at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2021年04月16日

星と桜と月の獣と

Sat210415201400a-2.jpeg
 タキシードを着た紳士が出迎える桜の宴。

 エッグハントの季節にもう一度、Sirenユーザーイベントの星さんたさん(仮名)がウィンダス石の区でお花見イベントを開いてくださいました。
Sat210415191007a-2.jpeg
 星の神子様を見守る方の希望で開かれている宴ですので、星の大樹から見えるところに桜が咲くのです。

IMG_0374-2.jpeg
 そろそろコルモル先生に誰か真実をカミングアウトしてあげるべきではないでしょうか(笑)。あと、ヨランオラン先生は何を補填するんだ。マンドラ研究でお金を遣って、マンドラグッズの売り上げでお金を稼いで、またマンドラ研究でお金を(エンドレスな自転車操業)

20210415-191051.64-2.jpeg
 ネザーランドからも、もちろんこの方がいらっしゃってますよ。もうすぐサンシャインシーカーの季節ですね!

Sat210415200731a-2.jpeg
 夜はモグシューターを打ちながらSSを撮ろうとしましたが、私の拙い技術ではこれが限界でした(笑)。
 いつも楽しいイベントをありがとうございます! ヴァナの世界では大宴会をしても大丈夫。また次のイベントでお会いしましょう。
posted by さとみん at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2021年04月15日

マツイPがいれば勝てる

20210415-145201.19-2.jpeg
 ド正面からドラゴンと戦う勇気あるナイト。

 今月のアンバス2章リバイバルドラゴン編、ぶるぶるさんで何とか「とてもむずかしい」に勝利しました! 今月は! 何とかなります! 勝てますよ皆様!!
 ま、まぁ、ほぼほぼマツイPのおかげのような気はします(笑)。強力な連携を作ってくれて、MBもしてくれるので、攻撃面はほぼマツイPとシャントットIIに任せておけるのは大きいです。自分は連携トスと、タゲ取りと回復に専念できますので。
20210415-145222.47-2.jpeg
 それでもごらんの通り(笑)終わる頃には回復役のMPはスッカラカンになります。ブレスの度に高位ケアルが飛びますし、フェイスにはMPを補填したり自己回復したりすることができないので、しょうがないですね。コルモル博士は当然コンバートするので、そのタイミングでヘヴィストンプが来たりするとオダブツかも。今回は助かりましたが。
 ウルミアを入れてみましたが、スケルツォを使ってくれるのはありがたいです。一方でバラードを歌うとは限らないので、MPヒーラーとしてはやはり心もとないところがあります。ぶるぶるさんひとりでタゲを取ると、セルテウスもあまりリジュヴァネーションしないかなぁという気も。まぁ昏睡薬で無理矢理スイッチを入れる手はありますが……。

 とはいえ、アンバス防具+1やスカーム武器メインのぶるぶるさんでも、とてむずに勝てるというのは、朗報かと思います。ブレスに合わせてカット装備に着替えられる腕がある、殴られながらもケアル4を中断されずに詠唱完了できる装備を揃えているナイトなら、もっと余裕じゃないかなぁと思います。
 先月に続いて、がんばれば上を目指せる正統派アンバスですね。皆様の、ゴルパマソルパさんの実家への手紙に書かれるくらいのご活躍をお祈りいたします!
タグ:2章
posted by さとみん at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2021年04月14日

レアドロップの目撃者

20210413-231348.89-2.jpeg
 柳生の漆黒が当たらないなどと愚痴を言ってるタルタルとは霊格が違う。

 LSの大王様(仮名)は、その徳の高さからここぞという時に狙いすましたようなトレハンを発揮することで、一部に知られている高僧です。(だいぶ間違った紹介)
 私は、個人的には結構運がいい方だと思うのですが、その運は基本、我欲に発揮されています。しかし大王様は、他人の必要なものを出すという徳の高さから、実はすでに悟っていてリアルで歩いている足跡から蓮の花が咲き乱れているのではと思われております。(だいぶ間違った妄想)
 私の守りの指輪も大王様に出していただきましたし、鮒師匠(仮名)の最初のパルスアームズも出しています。
 先日のダイバーウィンダスでは、このようにヴォルト装備を出したりする訳です。

20210410-222651.29-2.jpeg
 あとオーメン王将で、魅惑の4枠目を出現させたりする訳です。

「前世で一体どんな徳を積んだんだろう」
「たぶん世界を3回くらい救ってるんじゃないかな」
LSで交わされる会話である。

 そんな徳高いフレンドさんがいる私は恵まれておりますが、トレハンはやっぱりちょっと罪作りなヤツです。最終的にはアルタナ女神のみぞ知る部分で決まるという点では、実は非常に公平なルールではあるのですが、かつてのエンピリアン足装備や、ギアスフェットの装備のような、欲しいアイテムがピンポイントで出なくて周回している時間というのは、なかなかしんどいのも事実。
 でも、逆に言えば運さえあれば、ゴブ箱やAMAN箱から必要な装備が降ってくることもある訳で、ヴァナの全体で見れば、辻褄は合っているように思います。個々人のレベルではなく、あくまで全体のレベルでね。
 運をできる限り排除したルールやシステムを作ることも、現実には可能ではありましょうが、それはそれで凄まじいシビアなものになるだろうなと思います。大半の人が「自分の実力」と思っているものって、かなりの部分がほんとうは「運」なので、それを引き剥がされた先に見える「真の実力」に耐えるのは、とてもしんどい作業です。そして、そうやって実力で勝負し続けた先にすら、最後の最後に運が残るであろう、というのも事実。

 ちなみに運がよくなるアプローチ、というのが、科学的・心理学的にいくつか実証されているそうで、
「新しいことを受け入れる」「人と積極的に関わる」「直感に耳を傾ける」「失敗してもあきらめずに努力する」「不運な時もプラス面を考える」「運が悪い時に改善方法を前向きに考える」
という行動が効くそうで。
 という訳で、賢者の杖がもらえなくても、カルンウェナンをがんばって作るといたします!(笑)(よくわからない地点へ着地)
posted by さとみん at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感