2022年07月03日

希望を信じて、立ち上がる!

20220610-160024.71.jpeg
 ミュモルちゃん、なんだかんだ言ってもやっぱりヒロイン枠であった。

 という訳で、7月に入ったので、蝕世のエンブリオの実装分の話を少し。例によって完全ネタバレなので折り畳みにしておきます。


以下ネタバレ。
posted by さとみん at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2022年07月02日

アンバス2章で思うこと

20220613-122642.07.jpeg
 ボコボコにされて泣きながらデジョンリング、そんな夜もある。

 アンバス2章は、制限時間30分のBFですけれど、イメージとしては制限時間20分くらいの戦闘ではないかと思います。
 というのは、20分で倒せなかった場合、それをあと10分続けても倒せないように組まれていることが非常に多いからです。フェイタルスクリームみたいなキツい技を使ってきてそこで追い込めないと強制終了、みたいな場合もあります。
 たぶん20分が本来の制限時間、残り10分は何かのミスで仕切り直しになった時用のあくまで保険、と設計されているのでしょう。

 2章の戦闘デザインは非常に繊細かつ綿密に組まれていて、それは「解法がひとつしかない」という意味ではなく、「やり方は色々あるけど、ギミックの意図を理解せずに押し切ろうとするとかなりの確率で行き詰まる」という意味です。
 なので、めんどうくさがらずにギミックをある程度理解しようという努力はした方が、結局は早道です。
 このギミックというのは、単なる「白上げないで赤上げる」みたいな話ではなくて、「戦闘が要求している要素は何なのか?」というものの答えです。

 たとえば、「手数の多い攻撃が輝く」という時には、どんな攻撃も1ダメージになる敵が出てきたり、「ダメージの属性という概念を理解して」という時には、特定の属性が無効化されたり、物理ダメージと魔法ダメージのシーソーギミックが入ったりします。
 ここでギミックに応えるように戦闘をしていくと、FF11の戦闘システムへの理解が深まり、また立ち回りの色々な勉強もできます。
 2章はホールマーク目当てに短時間周回することよりも、そういう練習のために行く場だと思うので、たくさんホールマークが欲しい!という人は、1章に行く方がいいのではないかと思います。

 2章も「とてもむずかしい」クラスになると、かなり装備要求も高くなります。これはRMEA持って来いという話ではなくて、いわゆる「攻撃命中防御回避」という基礎パラメータがある程度高くないと、そもそも敵に攻撃が当たらなくて話にならないのです。
 自分の装備の目安としては、何度かここでも書きましたが、アンバスケード武器のパルス状態および、アンバス防具+2とAF・レリック装束を119+1くらい……でしょうか。AFとレリック装束は、119はともかく、+1はフラグ取得がソロで難しい問題はありますが、ディード報酬で1ジョブ分は賄えるので、そこを使うといいのかな。

 一方でフェイス、特にアタッカーフェイスは命中が足りなくなることが多く、2章で「とてむず」をやろうとすると一番の超えられない壁になるのはそこではないでしょうか。なんだかんだ言っても、2章「とてむず」はコンテンツレベル???表記(たぶんCL129くらいでしょうか?)なので、仕方がないところではあります。チャチャルンの応援や、漁師鍋などを食べ、カバーできる範囲ではある……のか?
 逆に言えば、チャチャルンの応援も食事もフル動員してもうまくいかない場合、プレイヤーの装備が足りないか、ムチャな戦術を採用している(中に人がいるプレイヤーじゃないとうまく回らないような戦術)か、どちらかのケースが多いように思います。


 アンバス2章で、どうもうまくクリアできない時というのは、大体
1. 基礎パラメーター(攻撃命中防御回避)が足らない
2. ギミックを守らないでゴリ押ししようとしている
3. ギミックと相性の悪いジョブで戦っている
のどれかだと思います。
 2のごり押しは、実は、割と強い人でよく見かけます(笑)。
 3は、持ちジョブが少ない場合詰んでしまいますが、アンバスは月替わりなので、そういう時はこだわらずにアンバス以外のことに力を注いだ方がいいような気がします。逆に言えば、向いているジョブの時はあっさりとてむずがクリアできたりすることもあるので。

 一番厳しいのは、1の基礎パラメータの不足です。アタッカーフェイスの命中や、回復フェイスのMP不足。自分はギリギリ当たるけど、フェイスはスカスカになって、連携ができなくて火力がガタ落ちになるケースはかなり多いです。火力が足りないとボーナスタイムを活かせなかったりして、耐えるフェイズが想定以上に長引き、回復役のMPが尽きて倒れてしまう、というのがよくある負けパターン。
 この辺は、少しテコ入れが欲しいなぁと思います。特にフェイスに効果のある使い勝手のいい食事、もうちょっと欲しいんですけどね……。
タグ:2章
posted by さとみん at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的なソロのコツ

2022年07月01日

黒の歴史は虐待の連鎖の世界

20220630-120651.10.jpeg
 *個人の感想です。 という話なんですが。

  ぶるぶるさんのアルタナミッションを進めていて、いよいよ「黒の歴史」が定着してしまうか!?という一番しんどい(苦笑)ところに入ってきた訳ですが。
 アルタナミッションは長丁場なうえにあまり繰り返しやっていないので、結構忘れているところが多いです。全貌をある程度理解した上でこうして再プレイしてみると、色々と考えさせられるところがありますね。

 レディ・リリスがラジュリースとポーシャに再会して「一緒におしゃべりできるなんて」と言っている一方で、ラジュリースが超絶塩対応という、どこまでも誰ともすれ違い続ける彼女の物悲しいシーンですが。
「わたくしが十五になった時、ふたりに代わってヴァナ・ディールの指導者として立った」
「志を忘れないよう、怒りが風化しないよう、譲り受けた髪飾りを大事にとっている」
というくだり、ラジュリースとポーシャが血盟軍に殺されて、その間際にリリスを後継者として指名した、二人が殺された怒りを今も胸に抱いている……という風に、今まで素直に解釈していたんですけれど。

 ふと思ったんですが、これって実は、レディ・リリスが二人を殺してその地位を奪い取った、ということだったりするかなぁ、と。
 二人からヴァナ・ディールを譲り受けた、というくだりの説明が、毎回妙に曖昧で具体性がなくて、気持ちが悪いんですよね。
 レディ・リリスの、ラジュリースとポーシャへの態度ってなんだか、敬愛する両親へのものではなくて、常に相手を測って試している感じです。
 闇の王に取引を持ちかける時の表情と、ラジュリースとポーシャに話しかける時の表情が一緒で、あ、彼女にとってはおんなじ枠に入ってる存在なのか……と思えてしまった。

 このブログでも何度か書いたことがあるのですが、私はラジュリースとポーシャは、「黒き未来」においてリリスを愛さなかった、正確には「強い存在でなければ愛さない」という条件付きでしか愛さなかった、いわゆる毒親であったと解釈しています。
「黒き未来」では、オーディンとの契約に耐えられる存在でないと生きることが許されない(生きられない、のではなく、生きることが「許されない」)ので、そういう接し方になるよねという理屈はわかるのですが、まあ「ラジュリースよお前が本当にやるべきだったことはそれなのかよ」というツッコミどころは満載ですよね……。

 そういう視点が発生してしまうと、「おしゃべりした、闘い方を教えてもらった」というエピソードの数々が、なんか陰惨な「虐待された子供が、虐待の事実をいい思い出として他人に話してる」みたいな光景に見えてきてしまって、ものすごく暗い気持ちになってしまった。
 リリスがついに両親を殺したのだとしても、それは復讐や自己を取り戻す闘いではなく、どこまでも「自分が虐待する側に回る」ということでしかなかったのかなぁ……と。
「怒りが風化しないよう」というのも、その怒りの対象は闇の王というよりも、自分をこんなにしてしまった世界に対してですよね。そしてそういうものとしてアイデンティティを決めてしまったので、もう戦争の終結とか、彼女の中ではなくなってしまっている。
 もし「黒き未来」でレディ・リリスが万一血盟軍を倒す日が来たとしても、戦争は終わらないんでしょうねぇ。革命後のロシアみたいな、身内の粛正と内乱になるだけで。いやもしかしたらもうなっているのかも。だってこの妄想の中では、すでにリリスは両親を殺している訳なので……。

 ……などと、恐ろしいことを想像してしまって、うわーんイヤな話だよそれはアルタナ様が何とかしろって言うのももっともだ!(´;ω;`) とか思ってしまいましたが、あくまでもこれは私の妄想なので、全然違うことを祈ります!(笑)
posted by さとみん at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2022年06月30日

まだ私は鬼哭にふさわしくない

20220630-200355.91.jpeg
 生者必滅撃つのに必死で、気がついたらコーネリアさん以外みんないなくなってました。

 鬼哭をモヤつきにしてから、全然忍者で出かける場面がなかったのですが(笑)。印章BFドロップアップキャンぺーンが今日で終わってしまうので、忍者で★蒼の血族とてむずにチャレンジしてみました。生者必滅に装備をチューンする暇はなかったので、同じDEX補正の瞬の装備を流用です。生者必滅と瞬で光連携が発生、生者必滅と秘で闇連携。

 五虎退のリゲインがなくなってしまうので、果たして一人連携できるかなぁ?と思ったのですが、コーネリアさんの威力もあって何とか回りました。
 ただ、生者必滅のダメージがまだ伸び悩む感じで、クリティカルの発生した秘や、全段ヒットした瞬なんかに比べるとちょっと低く見えます。逆に言えばクリティカルもなくスカった秘や多段空振りした瞬の淋しさはなく、安定している訳なのですが。
 もっとも、最近忍者を出す場面はダイバーがメインだったので、あちらのもりもりの支援を受けた状態と比較しないと確実はことは言えないですねぇ。

 とりあえず、鬼哭の本気を出せるようにもうちょっと頑張ってみたいと思います。DEX補正をもうちょっと見直すべきか、WSダメージアップを盛るべきか、どっちがいいんかいな。

 あ、★蒼の血族は、ヴァレンラールもAATTもコルモルもユグナスもいなくなって、最後コーネリアさんと二人で殴り倒してクリアしました……(笑)。
posted by さとみん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | RMEA

2022年06月29日

カードはオマケだから

20220621-162950.82.jpeg
 こみいった用件が入ってやむなく離席した結果。

 アナーキー+2のためのメイジャンをコツコツ進めています。幻珠と違って割れないしロストしないしラクだな!(笑)
 ずっとアドゥリン新区画で、属性紋カードを落とす敵を相手にメイジャンを進めておりましたが、ビースト族をデトネーターでトドメ300体は、ビーストでカードを落とすちょうどいいのがいないため、アビセア-ラテーヌで困った時のウサたんに頼っておりました。そんな理由で虐殺されるウサギさん、気の毒すぎる。
 深く考えずにデトネーターをぶっ放してると、時々NMのマーヴィさんがリンクしてフットキックしてきてひやっとします。
 パピルスを割るより確実に進むので、精神衛生に大変よろしく(笑)、無事にクリアをしました。

 いよいよ最後、アンデッドに400以上ダメージの射撃WS500回です。
 アンデッド……それならば新区画のデュラハンだ! 普通に取ろうと思うと面倒くさいことこの上ない光属性の幻珠(のもとのカード)を落とすからな! カードを取れなくても「今日はメイジャンに来たから!それが目的だから!」と言えば心は守られる。
 という訳でせっせとデュラハンにデトネーターしています。スラッグショットの方がダメージ多いかな?と思ったのですが、命中率が低いせいか結構スカるので、安全にデトネーターにしました。……必中のレデンサリュートの方がよいのでは……?(笑)
 一緒に呼んでるアルドさん(ユニティフェイス)のトレハンのおかげで、カードも絶望しない程度にドロップするのでありがたいです。

 ファシリティリングとトリゼックリングとエンドースリングを使い切るのに、まだ45分くらいかかるのですが、いずれこれが30分くらいで終わるようになるのでしょうか。それまでには、遠隔攻撃用の装備を集めないとでしょうか。ゲフー。
タグ:コルセア
posted by さとみん at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | レベル上げ/メリポ

2022年06月28日

殴り詩人包囲網

20220627-194503.53.jpeg
 この指輪が来たからには……

 アナーキー+2のためのメイジャンを1段階進めて、ホクホクとメイジャンモーグリさんに星をぶつけられていたら、鮒師匠(仮名)が「さとみんさんのリングを取りに金将行きますか」と申し出てくれました。
 どうやら「殴り詩人でイラブラットリングがいいとか言われたけど取れる気がしないから幻珠取ってくる」と愚痴っていたのを覚えていてくれた模様です。常々、「さとみんさんは殴りジョブが忍者しかないから、もうちょっと殴れるジョブを増やした方がいい」とプレッシャー助言してくれるみんなの親切が身にしみます。

 とはいえ、金将でそうそう簡単にリングが出るとも限らんじゃろ。
 戦闘自体は、さすがに手慣れたメンバーなので余裕ぶっこきです。一番怖いのは光を選ぶ時にうっかり間違えて詰みを選んでしまわないかということです。金将の特殊技はターゲッティングですが、前衛陣が豊富なのでタゲも取り放題。という訳でだいぶラクチンに倒しました。

 倒したら、いきなりイラブラットリングを一発ドロップしました。
 こわい!! KOWAI! これはモグボナンザで大外れしそうで怖い!
 そしてここまで来たら詩人の殴り装備を頑張って完成させないと怖い!
 よく見るとイラブラットリング、白でもシーフでも獣使いでも詩人でもコルセアでも忍者でも使えるのであった。って、白? 殴るの?

 この後、なんと光が膨れ上がって箱部屋にまで到達したのですが、深く考えずに箱を開けたら、出てきたのが63ギルで膝から崩れ落ちました。
 いや……もうちょっと……63万ギルでもいいのでは……(箱部屋のたびに言ってる)。
posted by さとみん at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2022年06月27日

あなたは正直なのでこの槍をあげましょう

20220626-215927.58.jpeg
 リーダーの日頃の行いのよさが報われた瞬間。

 オデシーの集まりを主催してくれているリーダーさんが、今月のイベントの絶対的な美徳のアーンスピアIIだけが取れておらず、Absolute Virtueのトリガーを2セットも用意しておりました。
 という訳で、新生姜の槍、ではない、アーンスピアIIが出ますようにというAV戦です。

 アーン武器、何を取ったのかもう記憶がごっちゃになっていて定かではなく、全部持ってたような錯覚をしていたのですが、預り帳を確認してみたら、私もスピアIIだけは持っていませんでした(笑)。「ど、どうせ槍を主武器に使うジョブは持っていないし、使わないやい!ヽ(`Д´)ノ」という古式ゆかしい酸っぱい葡萄メソッドを発動させて記憶から抹消していた模様です。
 まぁ実際、ロックスタイルでも使う場面がないので困らなかった訳ですが……。

 という訳で海獅子の巣窟からマズルカで踊りつつ向かったポップポイント。まずはラブから召喚させてボコりますよ。魅了があるので盾は一応AAEVでね。とか言っていたのですが、強すぎるシーフ様がタゲを取り見事に魅了されていました。すぐに解除されましたので死者は出ずに済みました(笑)。ラブもアーンスピアIIを落とすはずですが、ドロップせず。
 ドロップを確定させたあたりでバーチュー様が降臨です。かつてはSPアビをしかるべきタイミングでプレイヤーが発動させないと蹂躙されるがまま、「神に挑むなど愚かだったのだ」を体現した存在も、今は3分クッキングのお相手。
 3分クッキングすぎて、ドロップにスピアIIが1本も出ませんでした。
 ガチャはわるい文明。

 アンバスを1回やって気を取り直し、もう一度海獅子の巣窟からマズルカで(以下同文)。魅了は今回はなし。よし、分岐した世界線に入ったぞ!
 この世界線では、なんとラブの段階でスピアIIがドロップしました。リーダーさんがお持ち帰りです。
 これでよかったよかった、当初の目標は達成したと、もうAVのことは忘れて帰りそうになりましたが、後ろからどつかれたので思い出しました。かつてはSPアビを(以下同文)。
 3分クッキングでしたが、ドロップでスピアIIが2本も出ました! 持っていなかった私と、シーフさんがロットして持ち帰り。残りのメンバーはすでに持っていたため、これにて全員、アーン武器をコンプリートいたしました!
 揃ってしまえばガチャもいいものですね!(喉元を過ぎた)
posted by さとみん at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2022年06月26日

ガチャはわるい文明

20220624-152050.04.jpeg
 今はこれが精いっぱい……(万国旗を少女の前に広げながら)。

 ドゥームズデイとリノスのオーグメントに敗北し続けております。……と、一行で終わってしまう近況報告ですが。
 WSダメージ+のオーグメントは、つかないつかないという過去の先人の報告を聞いていたので覚悟して臨んでみましたが、やっぱりつきません。手持ちの鋭い・細い緑石は底を尽きました。
「だれか鋭い・細い緑石余ってる人いたら売ってー」
と嘆いていたら、LSの天使様が「とりあえずこれくらい渡しておくよ」と鋭い・細い緑石+1を99個プラスα、どかっと譲ってくれました。ありがとう、絆ありがとう;; 感謝の正拳突きとかしないといけない流れです。

 とはいえ、私の日頃の行いが悪いので、そんな絆の石を叩き込んでもWSダメージ+のオグメはつかない訳ですけどね(笑)。
 2セットの石を消費して、ドゥームズデイに+5%、リノスに+1%のWSダメージアップをつけたところで力尽きました。このWSダメージアップ、数値がどうこうというレベルではなく、そもそもこのパラメーター自体1回ずつしかつかなかったので、相当レアなオグメなんだなぁと思います。

 オグメガチャは完全にギャンブルなので、投入したリソースが何にもならずに綺麗さっぱり消滅することも普通にあります。なので、全くの無駄になっても物理的精神的に耐えられる量・質のリソースしか費やせません。
 それに比べれば、まぁ幻珠はまだましなのか……?と思いかけましたが、よく考えたら幻珠も割れた時に漏れたりすることあった(笑)。今はものすごく気をつけているので漏れてませんけど。どこもかしこもラクな道はない。
posted by さとみん at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテムとり

2022年06月25日

砕石場の爆破

20220624-214955.44.jpeg
 実際の状況はもうこんなのです。

 イオニック取得の会、ついに醴泉島隠しNMのターンになりました。
 ここからは、筋肉を信じてもどうにもならない敵ばかり。基本はMB戦術やアストラルパッセによる短期決戦バクチ勝負です。戦闘自体は短いですが、MMMでSPアビリティを回復させたりなんだりで、時間がかかります。

主催「まずは手慣らしにテレスからです」
さとみん「テレスが手慣らしとは一体」
 上位セイレーン様が手慣らしとかどういう世界観だよ。

 パッセ戦術では、私は風水士かコルセアを指定されますが、今回は風水士になりました。使い魔法を確認します。ボルスターインデトーパージオフレイル、ボルスターインデトーパージオフレイル、ボルスターインデトーパージオフレイル、どっこいしょ、ボルスターインデどっこいしょジオどっこいしょ……違うそうじゃない。

 始まると、敵味方双方のセイレーンが大暴れです。チキュイーンドカドカドカーンドカドカドカーンドカドカドカーン!
 画面は薄桃色と銀色エフェクトが入り乱れ、何も見えません。
 テレスをターゲットすることすらままならず、気がつけば終了。

 テレスを2戦やった後、さてそれではシャーに行きますかと突撃しましたが、シャーはお供を呼ばれると強力なダメカットが発生するので、ちょっとでもDPSが足りないと全滅してしまいます。という訳で2戦チャレンジしたものの敗北。泣きの最後の1戦で、何とか1勝しました。
 ここで時間になってしまったので、残りは次回。

赤魔導士「あと1ミリしか残ってなかったのに負けるとはなぁ」
主催「やはりテレスは雑魚だったな」
 セイレーン様に怒られるぞ(笑)。
posted by さとみん at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | RMEA

2022年06月24日

鬼刀

20220624-172546.85.jpeg
 丙子椒林剣より先に何とかなりました。

 このところ、富豪が競売の幻珠を出品されるたびに買い取っているため、競売を覗いても全然買える品がないという状態が続いております。
 ギルを貯めても幻珠が買えないゆえに、カッとなって……という訳ではないですが(笑)色々なところからかき集めた深成岩を、ようやくOboroさんに上納できまして、鬼哭がモヤつきになりました。ふーよかった、イオニックよりも先に完成しました。
 丙子椒林剣が入手できた後も使うの?と訊かれると巧みに話をそらしてしまいたくはなりますが、まぁ忍者好きなので。そもそも丙子椒林剣が近日中に入手できるのかもわかりませんからね。私がアルブメンでララバイを大失敗してアレなことになる可能性も残っているし……(不吉な予言はやめろ)。

 実は深成岩も、たまたまどこかの富豪がシャウトまでして買い占めている時期にガッツリ当たって、競売で全然買えない状態になっておりましたが、幻珠を買うつもりで覗いた時にたまたま出品がいっぱいありまして! 手持ちギルとにらめっこして買えそうだったので、微妙に値切りつつも(笑)必要量を買い込んで、Oboroさんのところに走りました!

 残り32個という状態になり、Oboroさんの隣にいたバザーを覗いてみたら、深成岩1個を99個の値段で出品しているとんだ詐欺バザーだったので、視界から消去し(笑)。
 あと32個くらい、もしかしたらウォンテッドで出るんじゃね?と、ちょうどまだHQドロップアイテムが揃ってなかったVosoに、忍者で襲いかかりました。20分ほどやったところで、岩餅棒は1個も出ないうちに、なぜか装備のHQがぽんぽんテンポよくドロップし、Vosoをコンプリートしてしまったので、そのままおうちに帰っておとなしく競売で99個買って最後の納品をしました(笑)。

 残魂を使っての強化は、まだレリックのフラグが立っていないうえに、ミシックのフラグ用のジョブポ納品も途中なので、先になりそうです。実のところイオニックの資格はあるので、丙子椒林剣の強化の方が先に始まってしまいそうでちょっと怖いですが(笑)。まぁ、おいおいやります。とりあえず幻珠だ幻珠。結局ここに戻る。
タグ:鬼哭
posted by さとみん at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | RMEA