2016年12月01日

★の白魔道士

whmmaster.jpg

白魔道士がついに、マスターになりましたぞー!
ジョブポ実装が2014年3月。そこから、ずーっとマイペースにちくちく貯めておりました。2年8ヶ月くらいかかった計算になりますか。年単位になると、ネトゲ感が高まりますね!

白魔道士という回復ジョブは、バトルコンテンツで必要とされる割に、ジョブポを貯めにくい方だと言われております。ソロで強い敵を連戦するのはラクではない。範囲狩りとか絶対無理。敵の攻撃を受ける前にMBで倒し切ってしまうジョブポパーティでは、回復があまり求められないので、ジョブポパーティでの募集もあまり多くない。
しかしまぁ、私はコツコツやるのが好きなのと、幸いフレンドさんに恵まれたこともあって、苦労したという感覚は全然なく、最後まで楽しくギフトを積み重ねていくことができました。感謝感激です。

野良のジョブポパーティに行ったのは数回程度で、あとはフレンドさんのジョブポパーティに混ぜてもらったり、バスケに白で通わせてもらったり、毎日ソロでエミネンスデイリーのお題を消化したりでした。ソロデイリー消化は、パーティでの稼ぎに比べると数字としてはさびしく見えるのですけど、積み重ねるとばかにならない成果になっていくので、モチベーションが下がるということがなかったです。
「基本はデイリーの消化、パーティやキャンペーンの数字はあくまでオマケ」というマインドセットを守り切るのが一番大変だったかも知れない(笑)。人間、すぐおいしいことには慣れていってしまうので(笑)。

デイリー消化は、ビーストとリザードをエスカジ・タのオポオポとエフトで、アクアンをエヌティエルのカニさんで、バードをマリアミ渓谷のトゥルフェイアでこなすのがメインでした。楽な敵なので白魔道士でも危なげなく倒すことができます。
ヴァーミンとプラントイドは苦労しましたね。ヴァーミンは、ケイザックのハチや蝶をやっていると、さすがに白魔道士でも沸き待ちになってしまうほど弱いので。モリマーの、ラプトルやマタマタといっしょにいる蝶を倒したりしてました。最終盤では、ようやく醴泉島のテントウムシやバッタをぎりぎり倒せるようになったので、必死にオーグストさまに盾になってもらって死闘を繰り広げました(笑)。
プラントイドは、ヨルシア森林のキノコや、#3ビバッグから東の球根・トレント広場をやることが多かったかなぁ。うっかりスナップウィードに手を出して死にそうになったりとか、よくありました……。結構取り合いになることもあって、シィの門のマンドラをやることもありましたが、これもだんだんと沸き待ちになってしまうようになって、いい敵を探すのに苦労しましたねぇ。

こうしてみると、色々と自分にちょうどいい敵を探したり、ちょっとずつ時給が上がっているのを見てひとりでニヤニヤしたり、フェイスを変えてみたりといった試行錯誤の過程が面白かったので、飽きずに続けられたのかなぁと思います。
正解がひとつだけでそれを追求する、というのではなくて、色々な道を自分のペースでとことこ歩いていけるゲームが好きなので、白のジョブポ稼ぎは幸せな時間でありました。

さて、白がマスターになったので、これからは白の装備を調整しつつ、忍者と詩人をマスターにするべくがんばるかなぁ。詩人はソロだとさすがに大変そう、かつ白ほど思い入れはないので(苦笑)、フレンドさんとのジョブポパーティで上げることにして、ソロではちまちま忍者で狩ろうと思います。次のマスターは何年先かなぁ(笑)。
posted by さとみん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レベル上げ/メリポ

2016年11月27日

エインヘリヤル卒業

eyepatch.jpg

「これ『ばるらーんのがんたい』いう せいーぶつにまちがうない!」
という訳で、なんとか、エインヘリヤルを卒業しました! 明日からふつうの女の子に……なってる暇はないですが。オラオラーキリキリ働いてアレキとトークン集めんかー(ブラック)。

当初忍者で攻略していた時は、とにかく敵の数の多さに泣かされて30分かけて何とか制圧できるか……という感じでしたが、LSメンの助けでバロラス装備とアクロ装備を揃えて獣使いで行くようになってからは、10分少々で終わるようになりました。獣使い……というか、主にパトリックさんとシェリンさんの範囲攻撃で一掃するという、獣使われ、な力押しプレイでしたので、あんまり自慢できません。
シェリンさんの若葉汁は、買うと結構なお値段ですが、幸いモグガーデンをやっている調理人の私には、大羊の肉を買いさえすれば自給可能。という訳で、ふんだんに使い倒すことができました。HQが来たらコツコツ貯めて、1D貯まったところで売ればがっぽり儲かるぜイェーイ(そしてぜんぶアレキに化ける)。

獣使いでのクリアは楽でしたが、魔法を使う敵だと本体へのダメージが馬鹿にならない値で、ソウルフレアやプリンだとそこがきつかったです。重装備ジョブはやはり魔法に弱い……。
単体魔法はペットさんが受けてくれますけど、ガ系はきつい。うっかり本体が絡まれて、ガ系に古代とか重なった日には、涙目でワルツを踊りまくるシュールな状態に。しじをさせろで武器の持ち替えがあるためにTPも吹っ飛びがちで、なかなかワルツもできないんですよね。
そんなこんなで、一度だけソウルフレアの群に負けたことがあります。青魔道士だと、その辺は楽なのかなあ?

まあとりあえず、まずは任務を一個遂行です! 今年中に、あとどれくらい進められるかなー。
posted by さとみん at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ミシックウェポン

2016年11月16日

借金取りを石を投げて追い払う

11月は何かと行事が多くて泡食っておりますが、何とか隙を見つけてログインしております。
ちゃりちゃり★ウメェ〜イベント、最初はコツがわからずグリーンサムモグさんにぶつけまくってしまいましたが、次第に慣れてきてたまたまを【狙い撃ち】できるようになってきました。シールドを狙ったつもりがトラップを落として、慌てて走って逃げるのもお手の物です……(ダメじゃん)。
とりあえず、交換アイテムは全部、小鳥さんの分も引き換えられたので、後はのんびりくじを引いたりしつつ遊ぶ予定です。

ジュビリーシャツ、可愛いですねぇ。エサがおいしくなるという効果、どれくらいなんでしょうか。同じモンスターを同時に育てて、シャツを着て同じエサを与える子と、着ないで与える子で比較すればいいんですが……検証してる暇、あるかな(汗)。
チャリロッドは使用するとまさか小銭が出るのかと思いましたが、コスチュームでよかったです(笑)。
しかし、モグガーデンでは畑仕事をしている時はオーバーオールを着用するのが好きなのですが、今後はモンスター飼育ではジュビリーシャツを着たいし、そうするとまたコーディネートを考えなくては……。
リアルでは洋服のコーディネートとか心底面倒で、基本同じ服を着続けている私ですが、どうやらヴァナでは多少違うようです。

とはいえ、まあ、今回の目玉はモグマウントですよね! まさかのポンポンに乗る展開とか思ってませんでしたが(笑) イベントの音楽もモグ祭りの夜だったし、仔羊たんの名前もアレだし、凝りまくってて楽しいイベントだと思いました!
……でもモグに乗るのは可愛い半面可哀想な感じもあったり。モーグリは不思議パワーで飛ぶので、重くないのかな、そうであってほしい(笑)。
posted by さとみん at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2016年11月01日

天乞い封じの呪法をください

 という訳で、余裕がある時にちくちく小鳥さんでバスケに突入しておりますが、1章が相変わらずクリアできません(笑)。誰だよ1章が簡単とか言ってるのは!(八つ当たり)

 いえね、1回だけ天乞いを使わずに殴り倒せた時があったんですよ。モンクサポ忍、フェイスはキング・オブ・ハーツ、ナシュメラII、マート(ユニオン)、フィリアスコフィン、スカリーZという組み合わせで。蝉で精霊魔法をかわしつつとにかく殴るにぁりん、というミケ様戦法で。おおこれで行けるか!?と思ったら……次の時に同じようにやってみたら、あっさり開始1分で天乞いが来て終了したという。なんかうまくフラグを回避したわけじゃなくて、たまたまだったようです……(号泣)。
 その後も、色々フェイスを変えてみつつチャレンジしているのですが、どうやっても天乞いを封印できないんですよねぇ。弱体が入っていると使うという説も、使われなかった時には思いっきりキングがディアIII撃ってるので違うと思う(ディアだからレジストされてるとも考えにくいし)。タゲ持ちが強化アイコンゼロの時使うという説も、自分がタゲ持っている時に確実にヘイストと蝉とマントラのアイコンがあるのに使われているので、どうも怪しい気がします。
 ターゲット移動時? → 使われなかった時に思いっきりタゲがふらついていたし。
 戦闘不能者が出たら解禁? → 使われなかった時にナシュメラ消し飛んでたし。
 特定ジョブが複数いるとダメとか? →  フェイスのジョブをなるべくばらけさせても使われるし。
 ひょっとしてただのランダム? → でも全然使われてないというパーティもいっぱいいるみたいだし、偶然にしてはおかしい……。
 カエルが特定回数以上精霊魔法を撃つと解禁とか? →  連続魔直後に天乞いとかよくあるので可能性はあるかもしれないけど、もうそれ自分の立ち回りじゃ防ぎようがないよねっていう。
 うーんうーんわからんよー。ドウスレバイインダー。

 あとありうる話としては、小鳥さんは火力がまだまだ低いので、単に使われてないケースだと天乞いが来る前に殴り倒せてるだけっていうのもあるのかもなぁ。つまり、小鳥さんをもっとノウキンにしろということか! アデマか!アデマ装備を買う金がないのがいけないのか!全て貧乏が悪いのか!(絶対違う)

 という訳で、この辺境のブログで誰かよいヒントを持っている方がいたら教えてください(笑)。まぁもうすぐ次のバスケに切り替わっちゃいますけどね(笑)。
posted by さとみん at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2016年10月25日

カエルにやられております

 相変わらずリアルのドタバタの中のプレイですが、毎日ログインしております。
 さとみんの方は基本的にエインヘリヤルと、デイリーでのジョブポ稼ぎと、細かい金策をしています。エインヘリヤルは、獣使いで行けるようになったら途端にラクになり(笑)毎回10分くらいで3層をクリア可能になったので、ここへきてモリモリとアンプルが増えました。ゼロから始めたのに、今や6万を越え、この分だと一番最初に突破する任務になりそうです。

 さて、限られた時間で小鳥さんの強化になかなか時間を取れないなか、今月のアンバスケードをちくちくやっていますが、今月はむずい!難しい!(笑) なんか世間では「1章簡単だね!」みたいな声が聞こえるのですが、1章全然クリアできないよ!?
 2章は2章で、魅了が来たらフェイスが消えて完全に試合終了なので、とにかく魅了技をスタンで止めるか、せめて後ろを向くというのが必須なため、クリアは可能なんですけど神経を使います。ザイドIIさんを呼ぶようにしてからはスタンしてくれるので割と安定。でも調子に乗って「ふつう」に突入してみたら、おくびで沈黙くらったせいかスタンが来なくてVフラリッシュが間に合わなくてカニになり泣きながらデジョンしました(笑)。

 今回の1章は、カエルさんが使うクエンチングハンマーが凶悪すぎるので、とにかくこれを封印するために、フェイスは物理系。強化アイコンの数で敵が強くなるということで、強化系のフェイスもお休み。セルテウスのリゲインがトリガーになるということを知らなかったので、最初はセルテウスを呼んでボコボコにされました(笑)。幸い小鳥さんのメインジョブはモンクなので安心……と思いきや。
 なんか、雨乞いがどうしても防げないんですよねー。物理主体なフェイス=数の暴力に合うと回復が間に合わないという訳で、雨乞いが来たら結局試合終了(雑魚カエルが、さくっと倒せるほど弱くないから)なんですが、どうやってもどこかのタイミングで雨乞いをされて雑魚を呼ばれて負けてしまいます。
 雨乞いのトリガーは、「盾役の強化アイコンがゼロになることじゃないか」「いやカエルにイレースで消去できる状態異常があることじゃないか」とか言われていますが、どう考えても強化アイコンがある状態で使われたり、状態異常を完全に封印している時でも使われたりで、なんかわかりません。フェイスも色々変えてみているんですが……。
 まぁ、フェイスの行動を完全にコントロールできないし、意外な追加効果つきの特殊WSやキャラ特性があったりするので、そこでトリガーを引いてる(セルテウスのリゲインみたいに)のかも知れないんですけど、フェイスはアイコンも出ないし、ログにも出ないし、判断が難しいよぅトホホ。たとえば、「クピピさんがスロウ詠唱した直後に雨乞いされた」みたいな状況なら「これが原因だな」とわかるんですけど、カウンターではなくてあくまでもTP技として実行されている気がするので、向こうのTP蓄積のタイミングに左右されて、因果関係が掴みにくいぜ……。
 まぁ、こうやってあれこれ試行錯誤してるのも楽しいのですけどね。
 とはいえ、今月は装備は取れないかも知れないなぁ(笑)。

 バスケは、フレやLSなんかでわいわい遊ぶのにとてもいいコンテンツなのですけど、やはり時期制限があることとゴールデンタイムの混雑とで、焦ってイライラする人がどうしても一定数出てしまうのが難点ですね。
 個人的には、とてむずのさらに上に「計り知れない」難易度を用意して、これを5回クリアしたらHQ装備が揃います!みたいな、「時間はないけど腕に自信がある人」のための救済措置を用意するのも手かなぁとは思いますが(笑)。
 色々難しいとは思いますが、松井さんと藤戸さんがきっと素敵なものを作ってくれることを祈って! 小鳥さんはカエルに今日も突撃していくのでありました。
posted by さとみん at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2016年10月10日

アトルガンミッションの美しさ

小鳥さん、アトルガンミッションをクリアしましたー!

まあ、IL119プラスフェイスの今、負ける要素はない訳で。
ラスボス戦闘も、弓テンゼンさんやシャントット様とポコジャカ殴ってれば終わります。あの強烈な光属性範囲攻撃も、魔導剣士のルーンの力を以ってすればどうということはない(byライトニングさん)。
ナジャ社長の接待BFはどうなるかなーと心配でしたが、必死に先に敵を倒してはケアルワルツすることで1発クリアしました。さとみんの時はここで苦戦して3回くらいリトライした覚えがあるなあ……(笑)。
無事に報酬のウルタラムリングと皇国旗をいたたぎ、ナシュメラ様と絆を確かめて元祖フェイスも授かりました。

あとは……アサルト全然やってないから、せめて中尉は目指した方がいいのかなあ……。大尉はちょっと大変そうですしね。ソロクリア不可能なやつがありますし、何よりさとみんのミシックでアサルト周回があるのでさすがに飽きそう(笑)。
以下ネタバレ。
posted by さとみん at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2016年10月06日

ヘラルドゲートルを取りに行く

エインヘリヤルのために、範囲攻撃に向いている獣使いの装備を集めている訳ですが。
固定のギアスフェットの集まりで、「エインヘリヤル用の獣使い装備だと何を重要視するといいんですかねー」と雑談をしていたら、まあ結局ペット命中と魔攻だろうというところに落ち着きました。
「あとはやっぱり、しじをさせろリキャスト短縮かねぇ」
「チャーマメルランは持ってる(昔イスゲビンドを倒したらたまたまもらえた)けど、デセルタは竜巻下衣と交換になっちゃうからちょっと……。移動速度アップ装備は貴重なんで……」
「今ならヘラルドゲートル80万で買えるよ」
ΩΩΩ<ナ、ナンダッテー!!!

「あのヘラルドゲートルがアレキサンドライト198個よりも安いだとぅ!?」
「その換算おかしいだろう」
ツッコまれつつ競売を見てみたら、確かに80万で落札されているではありませんか。そう言えば★猛き者たちよBFのドロップになったから、供給されやすくなったんだった!
しかも出品があったので喜び勇んで入札ですよ。

3分後。
90万突っ込んでも落札できず、競売前で膝を抱えて泣いているタルタルの姿がありました。
「という訳だ、みんな暇なら★猛き者たちよに行こうではないか」
メタルポーチを集めるべくVWやってるLSメンバーを拉致してリヴェーヌB1行きです。青シ風白+フェイス。

上位★「猛き者たちよ」は、実は小鳥さんでレム目当てに一度行ったことがあります。もちろんとてやさ。あの時はヴァレンラール様がタゲ取りしてくれなくて、ロベルアクベルが速攻沈んで、激しい乱打戦の末に勝利したっけなぁ(遠い目)。なんか終盤全然夢想無念ダメージが入らなくなって、物理ダメージで削ったっけ。
今よりさらに装備のなかった小鳥さんのソロでもクリアできたのだもの、このメンバーなら楽勝だろ! 一応とてむずじゃなくてむずにしておくけどね!
などと言ってたら、パーティの並べ替えをしようとしてリーダー移動してしまい、フェイスがいなくなるというトラブルを起こす私(笑)。戦闘開始前でよかった……。

応龍が飛んだら、沸いたエレにWSを当てましょうねー、ブレスがあるから正面に立つの禁止ねー、とだけ説明して突っ込んだら、降りてきた応龍様が変な位置に来たオーグストの方を向いたせいかおかしな向きになり、スパイクフレイルが飛んで、白の私と風水士が一撃死する波乱の展開に。 私がリーダーだったのでフェイスも消滅(滝汗)。
あわててリレイズで起き上がってからは、ワークスエーテルやバイルエリクサーも投入して必死の回復です。何度かピンチはあったものの、それ以後は戦闘不能者を出さずに勝利しました。何か私がいると応龍BFは乱打戦になるという法則でもあるのか!でもよかった被害者を増やさずに済んだ!(目的を忘れている)

ああそうだった、ヘラルドゲートルが欲しくて来たんだった……と、ドロップを見たら、 一発ドロップだった! これはもう生贄効果としか言いようがないな!ごめんなさい風水士さん(土下座)。
ヘラルドゲートルはありがたくいただいて、他のアイテムはみんなに持って帰ってもらいました。ペットダブルアタック耳とか餅鉄箱とかも出たので、多少は儲かった……と思いたい(笑)。ありがとう心の友よ!

こうして、長らく、本当に長らくお世話になった竜巻下衣さんを卒業して、私の白魔道士は12%速度アップとなりました! 正直、ヘラルドゲートルを入手できる日が来るとは思ってなかったので、感慨深いです。
あとは忍者用の団蔵かなー。物欲は果てしなく続くのです。

posted by さとみん at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2016年10月01日

色々近況

気がつくと9月も終わりです。今月はリアルの状態が激変したために、やけに長く感じる月でしたが、ヴァナ活動的にはあっという間に終わってしまった……(笑)。

ドメインベージョンがキャンペーンだったので、小鳥さんも多少参加できて、神符のリジェネが増えました。まだまだ先は長いですけど。
あとエスカビーズも思ったよりは貯まってリキッドに交換できたので、ドメインでもらえた分と合わせて、アダマ手装備とカマイン脚装備の強化もできました!
最初はモンクで参加していたのですが、魔導剣士で行ってみたら、やはり被ダメが少なくてやりやすかったので、次のキャンペーンの時は魔導剣士メインで行ってみようと思います。フェイスの方が耐えきれなくて、呼んだ端から消えていくんですけど(汗)。
バスケも、モンクでふつうにチャレンジしてみたら、トリオン殿下が四足歩行状態のアシュラクローに耐えきれなくて消えてしまい、こっちにタゲが来て粘ってみたもののやっぱりアシュラクローで戦闘不能、という負けパターンに。クリルラさん辺りをサブ盾として呼ぶ方がいいのかなあ。範囲回復役で呼んでいるセルテウスと入れ替えようかしら。
魔導剣士でやさしいに行ってみた時は、割と安定して危なげなくクリアができたんですが、やはり火力が不足気味で時間がかかりますね。
そんなこんなで試行錯誤して楽しんでます。装備が揃ってない中でソロる小鳥さんの冒険は、さとみんとは全然違う楽しみができて、ヴァナの奥深さを実感できますなぁヽ(´ー`)ノ

さとみんの方は、白のジョブポイントが残り女神の祝福項目のみとなり、ジョブマスターのしっぽが見えてきました。嬉しい反面、終わってしまう寂しさもあり……。ま、白が終わっても、詩人や忍者が待ってるんですけど(笑)。でも先に、エインヘリヤルに備えて獣使いのジョブポイントを100まで稼がないとかなぁ。
ミシックウェポンのほうは、亀の歩みながらコツコツやってます。アレキが3000個くらい、トークンは3万ちょっと、アンプルはまだまだ、という感じです。アサルトまでなかなか手が回らない。
アレキは買ってもいますが、勧めてもらったアラパゴ機構IIにシーフで通ってます。最初は忍者で行ってましたが、LSメンバーの協力でシーフの装備も揃ってルドラストームも修得できたので、無事シーフでも6層戦車3分以内討伐が可能に。ギアスフェットでもらえた短剣の四条が、時々とんずら発動なので、サルベージのような場ではなかなかいいですね。うまいタイミングで発動すると嬉しくてにんまりしてしまう(笑)。今は54分くらいでクリアしているので、これが50分におさまるようにしたいなぁ。でも装備はこれ以上はムリなので、立ち回りをうまくするしかないな……。
今の悩みは、時間が取れなくてチョコボ掘りができないことです。調理で作ったスシやピザや餅、合間のワークスで貯めた同盟戦績で交換したベヤルドを売りまくって、アレキ購入代金を捻出してますけど、早くチョコボ掘りにも復帰したいよぅ。

そんなこんなで、リアルは忙しくてもヴァナを充実させるのに余念のない私なのでした。さあ来月もがんばろー!
posted by さとみん at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2016年09月19日

徳の高い守りの指輪

 9月に入ってリアル予定がキツキツで、案の定なかなか思うようにログインできません。
 帰宅すると流れるようにFF11を起動しているのですが! まだまだ時間の遣い方がなってませんね。ヴァナのおかげでリアルの非効率ぶりが露わになるという展開。
 今月はバスケでHQチケットを取れないかも知れないなぁと思いますが、個人的には、プレイヤースキルというのは自分のリアル都合も含めてのものだと思っているので、別に不満はないし、チケット制度の変更も希望してないです(囲碁や将棋で、「私はサラリーマンで時間がないから、その分段位を取りやすくしてください」なんて話はない訳だし……)。
 と言うとなんか誤解されそうですが、「ヴァナでのプレイヤースキルというものは、その人の全体的な"プレイヤーとしての価値"とはまた全然別物」なので、そこを勘違いしてはいけません。
 プレイヤースキルが低くたって遊んでいて楽しい素晴らしいプレイヤーはいるし、逆に装備充実スキルも超スゴイぜって人と一緒に遊びたいかというとそうでもない、なんてことはよくありますしね。

 まあそんな話はさておき、バージョンアップから新要素があまり触れていませんが、守りの指輪は取れました!
 LSの仏たる大王様(仮名)が、「麝香牛肉が余ってるから行きませんか?」と言ってくださったので、二人で一個ずつ肉をかついで縄張りへ出向いたのであります。
 本でワープしてマウントに乗ってとっとこ走っていたら、ちょうど別のシーフさんがワープしてきたのが見えまして。あら同じ目的かしらと思っていたら、案の定、われわれがスタンバイした後ろの方で待機している様子。とりあえずはベヒんモスさんを呼び出して戦闘開始です。
 大王様のシーフは、ご本人は「ダメが伸びない^^;命中足りない^^;」とかいつも謙遜してるのですが、すごい勢いでザクザク敵を削っていくので、一体大王様が目指している地平はどこなんだと空恐ろしくなります(笑)。
 後ろの順番待ちのシーフさんが気になったので、「これ終わったら一回順番譲りますかー」などとチャットしてた辺りでちょうどベヒーモス討伐。ささ、急いで後ろへ……などと思っていた私の目に飛び込んだログ。
mamoridrop.jpg
 30回やって出なかった守りの指輪が、ここでサックリ一発ドロップ……だと……!? 大王様の徳はどこまで高いのか! そろそろ大王様が歩いた後に花が咲き乱れたり妙なる音楽が鳴り響いたりするんじゃないのか! それとも次の順番のシーフさんに早く譲らないと、と思ってわたわたして頭が空っぽになったことでセンサーを回避したのか(笑)。

 何はともあれ、こうしてありがたくも守りの指輪をゲットしたのでした。これで松井さんに追いついたぞ!(笑) 9月からは、ログインポイントもかなり余裕が持てそうです。とりあえずは職人さんたちのサブスキル用に合成キットかな〜。
posted by さとみん at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテムとり

2016年08月18日

怒濤のアビセアツアー

shinryu.jpg
 FF11界で最も巨大なモンスター、神竜とご対面!

 LSの鮒師匠(仮名)から小鳥さんに、「サブアカのアビセアメインクエストやるんで、一緒にやりましょう」という有り難いお誘いをいただきました。
 小鳥さんは基本的にはソロ進行、さとみんからの援助はなしで遊ぶことにしていますが、お友達からのお誘いがあった時には有り難く受けることにしております。自分のこだわりよりも、フレンドさんとの楽しい時間の方が大事。という訳で、アビセアはちょろっとしか進めていなかった小鳥さんが、2日間で駆け足でメインクエストコンプリートしました(笑)。
 トリガー類は鮒師匠が事前に集めていたので、やることはボスNM9体の討伐と、カトゥラエ6体の討伐、そして神竜の盗伐です。赤弱点も突いてアートマもゲットしてホクホクしようじゃないかの巻。

 この日に備えて、小鳥さんで各アビセアエリアを回って幽門石は全部開通(ウルガランの崖滑りは相変わらずの鬼門だったぜ)していたので移動では苦労しなかったのですが……
 小鳥さん、格闘スキルと両手剣スキルしか上げてなかった。
 モンクなのに片手棍と両手棍の弱点が突けないぜー! ザ・寄生!!(恥)

 し、仕方ないので、NM戦闘中に絡んだ雑魚の掃除をしつつ、移動やクエストの合間に愉快な会話で皆を盛り上げるムードメーカーとして大活躍しました……だい、かつ、やくしました…………。
 まぁ、赤弱点は鮒師匠のサブアカガルカさんが戦士で、LSの大王様(仮名)が忍者で、フレンドさんが白で来ていたので、問題なく制覇できたんですけどね(笑)。

 かつてはタイトル通りアビセアの死闘を繰り広げたNMたちも、IL時代の今は手加減してD1の武器で殴らないと弱点を突く前に倒してしまうという別の難易度設定の敵に。特殊技や魔法にWSがかぶったり、特殊な挙動で思いっきりNMのHPを回復させたりしつつも、皆でワイワイ楽しくクリアすることができました。

 このまま寄生しつつ突っ走るぜーと思っていたところへ、今回の山場、最強のカトゥラエRaniとの対決に。
「師匠が魅了されて全員ポコジャカ殴り殺されないようにだけはしようね」などと言っていたところへ、「青弱点が格闘」という審判のお告げが! みんなの視線が一気に小鳥さんに集中だ!
 エポナリング欲しい;;という全員の声無き声をサラウンドで聴きつつ、滝のような汗を流しながら拳でRaniに順番にWSを撃ち込むお仕事が始まるよー!
raniwork.jpg
 仕事した! よかった寄生フィニッシュだけは免れた!
 青弱点のおかげか、無事にエポナリングもヘカテリングもドロップし、フリーロット勝負に参加することができました。え? 参加できただけで十分ですよ! エポナリングが取れなくて膝を抱えて泣いたりしてませんから!(笑)

 最後の神竜戦も打弱点時間に突入し、またしても青弱点が格闘。再び滝のような汗を流しつつ青弱点を突いて無事に討伐できました。
 ドロップは黄昏の光輪、黄昏の帯、黄昏の羽衣、トワイライトヘルム。黄昏の光輪は、風水士もやっている師匠のサブアカさんが無事にお持ち帰り。そして小鳥さんにトワイライトヘルムが降ってきましたー!【やったー!!】
 問題は……ヘルムの装備ジョブを小鳥さんが持ってないってことですが……。ナイト上げるべき? でもナイト上げたらイージス・オハンが欲しくなりそうで怖い……(笑)。

 さとみんではアビセアクエストは断続的にクリアして、特に神竜は野良シャウトに乗ってかなり遅くにクリアしたので、ストーリーが細切れだったのですが、今回は一気にクリアしたので色々細かい台詞などにも注目できたのが嬉しかったですね。そういえば、小鳥さんはすでにプロマシアミッションをクリアしてましたが、もしプロM未クリアだと途中の説明はどうなるのかな。
 そして、最後に流れる"Main Theme - FINAL FANTASY XI Version"は、何度聴いてもうるっとしてしまいます。FFのメインテーマは、オープニングの盛り上がるタイプと、エンディングの感動タイプがありますが、このエンディングタイプを聴くと、毎回大袈裟ですが「生命って素晴らしい、世界は美しい」というイメージが脳裏に広がってじーんとしてしまうのです。そういえば、以前ロンドン交響楽団がFFの音楽を演奏するコンサートのアンコールでもメインテーマが流れて、泣くかと思ったなぁ……。

 まぁそんなこんなで、無事にツアーを終えることができました。
 誘ってくれて色々一から十まで準備してくれた師匠と、手伝ってくれたLSメンやフレンドさん、ありがとうございました!
posted by さとみん at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険