2015年10月23日

風を読み水を操る

 小鳥さんは魔導剣士をやっておりますが、一方で、さとみんの風水士がひっそりと99になりました。

 前々から他国のミッションにも興味があったものの、なかなかきっかけがなかったのですが、例のキャパシティポイントボーナスがつくことになり、これはいいチャンスと移籍してみることにしまして。それにもちろん、椅子も揃えたいしね!
 まぁミッションが終わったらウィンダスに戻りますが。ウィンダス好きすぎる。み、神子様、これはあれですよ、他国の情勢偵察ってやつですよ!
 で、椅子を揃えるには個人戦績が必要です。もちろん引換券をつぎこめばすぐなんですが、私は引換券を使えないタイプでして。急ぎの時に足りなくなるんじゃないかといういわれのない強迫観念に囚われているという(笑)。カンストしたら別でしょうけどね。
 という訳で、コツコツとバストゥーク個人戦績を貯めるために、経験値を稼ぐことにしたのでした。だったらまだ上げてないジョブを上げないとね!

 風水士は、以前ちょっとだけ上げてみたものの、その後白のジョブポが忙しくなって手付かずとなり、ワークスとかで気が向いた時に上げていた状態。それでもなんだかんだとレベルは75を越えていたので、ボヤーダ樹にこもってマンドラやグーブゥーを殴りつつ、羅盤を置きつつ、鈴を振りつつ、レベリングしておりました。
 今は経験値ボーナスがいっぱいなので、椅子を引き換えられるくらいはすぐに貯まりまして、さあカンストまでがんばるぞと気合いを入れたところで、LSの大王様(仮名)が「上げたいならエスカ行きましょう^^」といつもの「キャラアビリティ:仏の慈悲」を発動。エスカで大王様のトカゲにドラゴンやらプークやら焼き払っていただき、私は魔攻アップの鈴を振ってただけで、気付いたらレベルは95とかそんな大変な事態に。
 最後は自分でエスカのレベル80台くらい?のハチやスナップウィードを倒し、MUMワークスで締めくくって99となりました。最後は応援かよ!(笑)

 まぁ99になったものの、リアル経験はもちろん、風水関係のスキルが真っ白ですからね。
 私はエミネンスはもったいなくて本にできない体質。急ぎの時に足りなくなるんじゃないかと(以下略)(リフレイン)。

tokkun.jpg
 という訳で、フェローさんを呼んで、星降る丘でBBEピタをもぎゅもぎゅしながら必死に鈴振ってジオリジェネ張りです。折しもハッピーパワーが努力の天才。来てるぜスキル上げの波が!
 以前グスタフで必死に取った(笑)リミナルピアス、テマチタニ装束、BBEピタ、モーグリさんと各種のスキルアップ上昇率関連をかきあつめ、さらにチャチャルンにも魔法スキルアップ率の応援をつけてもらい。これに星唄煌めきパワーと、スキルアップ上昇率判定がNPC扱いのフェローさんが合わさり最強に見えるはず!
 なぜか、ジオリジェネ以外のジオは、フェローさんではなく自分にかけてる扱いになってしまってました。ジオリフレシュでもフェローさんにかけている扱いにできそうですが、インデリフレシュを使っていたのでフェローさんにはリジェネを。

 しかし、フェローさんに立っててもらったずーっとジオ唱えていると、なんかいかにも「特訓につきあって!」って感じが出ますねコレ(笑)。マンガだったらもはや恋に落ちないとおかしい展開ですよ。
posted by さとみん at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | レベル上げ/メリポ

2015年10月22日

魔導剣士始めました

 グスタフの洞門……何度ここへ来たことだろう……。

 事の起こりは、小鳥さんのセカンドジョブとして、魔導剣士を上げ始めましたところに遡ります。

 モンクのアビリティ関係のメリポはようやく振り終わったとはいえ、まだまだ完成には程遠いというのに、もうセカンドかよ!と言われそうですが、七支公などのことを考えるに、やはり盾ジョブは上げておきたいなあという気分になりまして。
 ナイトも考えたのですが、同じ軽装ジョブで多少なりとも装備を共有できそうな魔導剣士の方がやりやすいかな、という結論に至りました。け、決して、イージスオハン作成にひるんだからではないぞ!(まあ真面目な話、本気でナイトを上げるとしても、小鳥さんの行動範囲ならスカーム盾で十分だろうしね)
 もともと、サポでも必要だろうと踏んで上げ始めていたというのもあります。

 モンクのメリポやジョブポもありますので、どちらもちょこちょこと、デイリー目標を消化しつつやっていた訳なのですが。
 ここへ来て、Sirenワールドに久しぶりのハッピーパワー木箱が降臨! こ、これは、モンクの時は歯牙にもかけなかった、魔法スキルアップ率上昇のリミナルピアスを探しにグスタフにこもる時なのでは!?

 と、言う訳で。
 魔導剣士がレベル58になったところから、グスタフにこもってGoVの始まり始まり。
 しかし、まだ色々なスキルが低いことや、基本的に火力のあるジョブではないことなどで、殲滅力はやはりさとみんの時やモンクの時よりも遅い感じです。なので箱の数もなかなか稼げません。
 さとみんの時は殲滅数は箱の数なども全部メモしていましたが、まあもう小鳥さんの分はいいかあ、と特に記録もつけずにやってたのですが、記録をつけないと箱の中身に一喜一憂しすぎてしまうというか(笑)。出ないー出ないーという意識に囚われて、無心の境地に到達できません。
 トレジャーキャスケット出現率アップをLv5にしたところで、魔導剣士のレベルが70を越え(笑)、そこから心を無にしようと、箱の数だけは数えてみまして、結局魔導剣士のレベルが81になった時点で、35個の茶箱が出て、22個開封。そしてその中にリミナルピアスはなし。
 ここでハッピーパワーが消えてしまったので、ごそごそとグスタフから這い出してきました。

 とりあえず、魔導剣士のレベリングという目標は結構達成できたのでよしといたします。ここから先はカンパニエで上げてみようかなぁ。小鳥さん、過去戦績は全然貯まってませんしね。いいチャンスです。
 とか言いつつ、また近いうちに木箱パワーが来て潜ることになるのかも知れませんけれど(笑)。
 もし今度箱パワーが来たら、キャスケット出現率Lvごとに記録を取って、出現率の差とかもちゃんと調べてみようかなぁ……。 
posted by さとみん at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年10月21日

まぶしいくらいの七宝が揃う

 小鳥さん、ようやく七支公を全て討伐いたしました〜。
 最難関のユムカクスが終わっていたので、残りはコルカブとクムハウ。クムハウは魔攻が上がるピアスがポロリすれば数十万の儲け、コルカブは七支公の中でも楽な方……ではありますが、もちろん、小鳥さんのモンク一人ではどうにもこうにもなりません(笑)。
 ログインした時に、LSのレイヴマスター(笑)鮒師匠(仮名)がいたので、土下座して青魔導士で来ていただき、小鳥さんはアドゥリンで2回ほどyellしたりユニオンチャットに呼びかけたりしてから現地入りしました。

 そんな感じだったので、人来るかなーと思っていたのですが、キャンペーンで戦績ボーナスが付くこともあってか、はたまた土曜の夜だったおかげか、意外に人が集まって賑やかになりました。結構シャウトを待っている人多いのかもですねー。

 コルカブは、yellしてから突入したら黒魔道士さんが一人でコルカブと対決してて、遅れてすみませんという気分に(笑)。毒スフィアでもりもりとフェイスのHPが減って怖かったです。小鳥さんではブリンクが消せない消しにくいし。そして早々にMPが尽きてポイゾナ発生マシーンと化すクピピさん。でもまあ、師匠の活躍もあって、15分ほどでさっくりと討伐。

 クムハウはさすがにテラーと麻痺の嵐が手強く、5回ほど戦闘不能になりました。弱点突きがなかなか出来なくて、麻痺スフィアが消えないんですよねー。さらにバインドもあるので、吹っ飛ばされてからバインドで釘付け、そのままテラーとバインドのまま1000ぐらいダメージでばったり、というハメを何度か食らいましたよヒドイヒドイ(笑)。
 盾役が来てからは師匠が安定して弱点をつけるようになりました……が、その頃私は衰弱→治ったらしんだ→衰弱のループをハムスターのようにくるくる回っていましたとさ……。まあそらでも、30分弱で討伐でした。

 ドロップは、槍や片手刀、背装備などでした。残念ながら高値のピアスはドロップせず。
 これで七宝も揃ったので、図書館の実績報酬と合わせていくつか装備がゲットできそうですが、何をもらうかなかなか決まらなそうなので、ゆっくり考えるといたします。
posted by さとみん at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年10月09日

小鳥さん、星の唄を追う

 遅ればせながら、小鳥さんの星唄ミッションも実装分まで終わりました!


以下ネタバレ。
posted by さとみん at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年10月06日

おしゃれのために龍と戦う

 前に★少女の傀儡を手伝ってくれたフレンドさんが、デヴィネーターIIが欲しいということで、再び★少女の傀儡むずに突撃してきました。危なげなく勝利し、空気を読まずにシファヒジパンツが再度ドロップしました(笑)。なんか、欲しいものって出た後にもう1回出るような法則がある気がする……。
 で、その時にフレンドさんが着ていた服が、シックな感じで素敵だったので、見つめてみたのですが……/lockstyleされていたために何の装備なのかさっぱりわからないのであった! /lockstyleは素晴らしい神機能ですが、こういう時だけが困るな!(笑)
 しょうがないので直接訊いてみたら、「ギアスジ・タのステップ1NMが落とすやつだよ」とのこと。

 最近はもう、やりたいこともやることもたくさん過ぎて、ギアスのチェックには全然手が回っておらず、すっかり見落としておりました。いやそれを言うなら、ウォンテッドも上位ミッションBFもクエストも何もかも(笑)全然チェックができてないんですが、そこはもう考えるのはよそう!
 名前を教えてもらって自分でも検索してみたら、ヴァニヤローブというもののようで。
「ステップ1(つまりCL119の最初の段階)のNMだからすぐ落とすよw 暇ならやろう」という流れになり、★少女の傀儡の後にどやどやとエスカ-ジ・タへ4人で突入することに。
 なんか、トリガーを用意しなきゃとか思っていたら、大王様(仮名)が大量の絹布を用意してくれました……。ザッツ寄生!げふんごふん。い、いや、大王様の骨細工スキルが110になるまで、素材の龍の爪をひたすらポスト爆撃したことで【許してください。】ヽ(;´Д`)ノ

 敵はワイバーンのCunnastさん。いつものワイバーンです。ですが、レイディアントブレスがなんかえらいダメージをたたき出すことがあります。HP依存なんでしょうが、レジストが入ったり入らなかったりして、いつも同じダメージとは限らない感じ。でもまぁ、ログが出たら大ケアルの準備は忘れずに。クピピさんとかぶったりして気にしない。あと、クピピさんよりも早くサイレナできたりするとちょっとだけ嬉しいね!(笑)
 ちなみに、ナイトさんは耐えられるのですが、大王様のシーフがブレスの直撃を食らうと蒸発してしまいました(号泣)。ケアルとかいうレベルじゃない、本当に一撃でHPバーが0まで消し飛びます。大ダメージにもほどがあるわ。

 途中、ドメインベージョンのドラゴンがわいたからみんなで突撃してみたり。参加人数多かったので瞬殺かなーとか思ったら、お供のドラゴンも大量に沸いた割にそっちを掃除する人が少なかったのか、15分目くらいですごい勢いで全員なぎ倒されて、このまま終了になるかと思いました(笑)。何とか勝利できましたけど。ドロップ? リキッドオンリーだよ訊かないでよ!

 いやまぁ、ドメインはあくまでおまけだからね。本命はヴァニヤローブさ。
 Cunnastさんに勝つのはそんなに大変ではないんだよ、4人いればね。
 本当の敵はいつものアレです。ドロップです。
 結局ヴァニヤローブが出るまで、8戦くらいいたしました。ドロップ品は全部フルコースで目撃できたよ!デスペアフィンガーなんて誰もロットしないから2つももらっちゃったよ!ローハイドブーツは忍者で使うとよさそうだよ!ウィルパワグリップは黒とか学者用だね!
 終わった頃にはトリビュレンズも大層値上がりしておりましたよ……。
 でもそんなこんなで、シックなヴァニヤローブをゲットです!
 これ、グレーリキッドで強化するとかなりいい性能ですよね。
 今のケアル装備が、結構バランス取れているので悩み所なんですが、被魔法ダメージカットか敵対心マイナスの方向で強化して、範囲ダメをくらうベガリーみたいな場所ではエーベル胴の代わりに使うといいのかしら?と思ったり。

vanyarobe.jpg

 でもやっぱり、何よりグラフィックが好み。
 このSSみたいにリラコサージュと合わせてもいいし、エボンハット(フリアハット)に合わせるのもかっこいいかな。お気に入りの魔人の帽子もありなのでは? と、普段滅多に現れないおしゃれ心に取り憑かれております(笑)。
posted by さとみん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテムとり

2015年10月05日

猛き者が本気出す

 日曜の夜に、ファイナルファンタジー5,8,9,13の音楽を編曲したものをロンドン交響楽団が演奏するという、「Final Symphony II」コンサートに行っておりまして、未だその興奮さめやらぬという感じです。
 11は、ヴァナ・コンで一度オーケストラ演奏を聴いてうるうるしたのですが、あれとはまた違った趣の素晴らしいものだったので、この趣向でのヴァナの音楽も聴いてみたいなぁ……!と思っております。
 そういえば、ヴァナ・コンのDVDは当然即購入したのですが、実はまだ聴いていなかったりします。何というかもったいなくてですね……いつか、自分がすごいヘコんでどうにもできないくらい慰めと救いを必要とする時のために取ってあるのですが(笑)、昨日の感動の勢いでつい聴いてしまいそうですよ。

 さてそれとは全然関係なく、小鳥さんのAF119化への旅は続いております。
 素材が安い順からとりあえず揃えようと、頭の次は手部位。ためる効果がアップするので、結構重要です。
 強化に必要なレム第八章を、エミネンスでちくちく交換していたのですが、数少ない参加可能な上位ミッションバトルフィールドの「猛き者たちよ」がちょうど対象BFなのに気付きましてね。
 上位ミッションBFは印章BFよりも難しいので大変そうですが……メリポがちょうどあったので、「とてもやさしい」にソロ+フェイスで初挑戦してみました。


以下ネタバレ。
posted by さとみん at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年10月04日

トンボは群れるのが好きらしい

 いつも上位ソボロのウォンテッドをシャウトしてくれるフレンドさんが、今日はルフェーゼの上位ボイジャーサリットを落とすトンボNM・Vermillion Fishflyのウォンテッドに行くというので、勇んで参加でございますよ。
 ちなみにドロップする上位ボイジャー、ボイジャー上位なのにSTRとDEXがどかーんと上がったりはせず、物理カットのある前衛系頭装備という感じです。戦う相手は本家と同じ、赤いトンボさんの群体。そういえば私は、リヴェーヌのレベル制限がなくなった頃に、イェーガーリングが欲しくてひとりで出向いたなぁ。

 編成はナ忍獣獣黒黒風風白白。
 本家NMと同じく、大量のトンボが一度にわきまして、ヘイト連動しながら襲いかかってきます。耳障りな羽音は対象が複数ステータス、っていうかもう全部のステータス下がるよねという感じ。あとはスロウガ、毒液、エアロガ系、そして一番怖いアレ、カースドスフィア。
 普段は適当にそれらのTP技を使ってくる訳ですが、1体が倒された瞬間に全個体が一斉にカースドスフィアを放ってくるようで、この一斉射撃をくらうとナイト以外のキャラがもれなくHPバーが消し飛ぶという流れになっております(笑)。タブナジアのウォンテッドはこんなのばっかだな!

 という訳で、風水士さんが魔防魔回避系をゴリゴリに高め、敵の魔攻魔命をゴリゴリに下げ、白がバエアロラとバポイゾラで被ダメをなるべく抑えつつ、ナイトさんのサークルブレード、短剣忍者さんのイオリアンエッジでタゲが安定したら、黒魔ズがブリザガしたり、獣使いさんがバッタで範囲攻撃したりして、上手に全NMの体力を均等に減らしていき、同じタイミングで倒すようにするというのが攻略法のようです。
 この、「全NMの体力を均等に減らしていく」というのがはっきりわかるまでは、1体だけ先に倒しちゃってカースドスフィアが5回連打でみんな死んだ、みたいな事故が起こったりしました(笑)。範囲ダメでいつの間にか羅盤が消えてたりとかね。

 このウォンテッド、なんかデジャヴがあるなぁと思って(いやもちろん本家のCarmine Dobsonflyも思い出すんですけど)、記憶を探ってたんですが、あれですよ。皇帝羽虫の髪飾りが出る印章BFの「降下猟兵」。トンボを一斉にガ系で減らしたり、タゲ取った人が溶けたり。
 なつかしいなぁ。フレンドさんの皇帝を取るために行ったら、何故か私の印章で出てしまい、一度はフレンドさんにそれを譲渡したものの、フレンドさんが意地になって砂丘のNMを退治してエクレア版を入手して返却されたので、今でも大事に持っている皇帝羽虫。
 降下猟兵では私は上げたての召喚士で行ったのだった……召喚獣がタゲ取れば安全なのに、なかなかできなくて死者続出だったのだった……(遠い目)。

 ま、そんなこんなで1回全滅があったので合計7回やりましたが、「均等に減らす」が周知徹底されてからは嘘のように安定し、サクサクと討伐できました。上位ボイジャーももらえましたが、強化するかどうかは考え中です。
posted by さとみん at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2015年10月03日

小鳥さんで七支公に謁見する

 小鳥さんのAFを119にしようと、こつこつエミネンスをレムに交換したりしてましたが、上位ミッションフィールドも行ってみるといいのかなぁと思い、ふと確認してみて……
 そういえば小鳥さんはミッションが色々途中で止まってて、上位どころか本家もクリアしてないのが多すぎるんだった(笑)。そもそも召喚獣とかやってないし! 色々進めないとなー。いやしかしほんと、やりたいことが多すぎる……!

 そんな中、ジョブポ狩り場の開拓のためにもとアドゥリンエリアの可動範囲も広げまして、今はなんとかカミールまで到達。これで七支公も即行ける態勢が整いましたよ。
 コロナイズやレイアでジョブマント出ないかなーと思っていたのですが、これがまた全然出ませんで。すっかりあきらめていたカミールのレイア・レイヴで、ぽろっといきなり2枚もドロップしました(笑)。モンクではなかったので、交換用にとりあえず備蓄。

 なんてことをやりつつ、さとみんでこまこました用事を片づけていたら、ふと「【ワイルドキーパー・レイヴ】【一緒にやりませんか?】」というシャウトが流れてるじゃないですかー! もうその場でログアウト・小鳥さんログイン、現地へ急行ですよ!
 シャウトが流れていたのはマリアミ渓谷のフルカン様。当然ながら、フルカン様にタッチしたら一瞬でラムちゃん並みの電撃ビリビリで戦闘不能なので、端っこでお供のトゥルフェイアとか大鳥とかを退治します。鳥同士の骨肉相食む戦い(違う)。
 リンクシェルの大王様(仮名)も応援に来てくれましたが、人が多かったのかかなり重かったようで苦戦なさっていました……。
 結構人が集まっていたので、結局戦闘不能にはならずにフルカンを無事討伐。だいじなものを色々ゲット。ついでにマントも1枚降ってきましたよ! 小躍りしながら図書館に突撃して、マントコレクターからアンコレットマントをふんだくってきました! 命中が+10という破格のブースト。長らくお世話になったクーフリンマントさんと交代です。
 トリガーを補充していたら、なんとなんと次はエヌティエル水林に行くというシャウト。もちろんゴーですよ。行ける時に行きます!
 チャッカ様にはマリーンメイヘムという恐るべき技があるので、端っこでオロボンとか退治していても油断できません。ていうか、一度油断してたらぎりぎり範囲内だったのかしにました(笑)。起き上がったらオロボンにぶん殴られてそのまま二度死に(笑)。レイズがもらえたからよかったものの……。まぁ何とかこちらも討伐できました。
 次のシャウト流れないかなーと他力本願なことを考えていたものの、結局その日はそれで終わりとなりました。

 さて数日後。やっぱりさとみんであれこれやっていたら、再び「【ワイルドキーパー・レイヴ】【興味があります。】【ください。】【/tell】」のシャウトが。英語圏の方だったようなので、定型文でtellしてみたら、パーティに入れました。
 しかし、私の英語力が拙いせいで、なかなか意思疎通が取れず。パーティメンバーは青忍獣モの4人くらいだったのですが「4人で行けるかな」とかすごいことを話し始めたので、それは厳しいと思うとなんとか必死の英語で伝達。本当は、「とりあえずシャウトだけして、現地で行って戦ってると、後から人が来ると思うよ」みたいなことを伝えたかったのですが、たどたどしい私の英語で伝わったのかどうか疑問……。
 4人のうち一人が「水林に行きたい」と言ったため、最初に水林に行くことに。人を集めるためにも、私は勝手に/yellで「【ワイルドキーパー・レイヴ】【一緒にやりませんか?】現地でお会いしましょう〜」みたいなことを何度か叫んでから向かいました。
 現地に行って見たら結局、バラバラでフェイス呼んだ方がいいんじゃね?みたいな雰囲気になり、パーティは解散となって結局ソロに(笑)。チャッカ様を殴る人がいなかったので、とりあえず小鳥さんで殴りましたが、あっさり戦闘不能になりました(笑)。まぁ起き上がれたので、衰弱を待ちつつ何とか黄色ネームにはしないように殴ったり離れたりしてたら、やがて魔導剣士さんやナイトさんが現れて、これで勝つる展開に。何とか無事にクリアしました。

 次も行くかい?みたいなことをSayで会話して、もうこうなったらシャウトするぜ!とアドゥリンにてモリマー台地に行くことを叫びまくり、サチコメにも書いて突入です。
 モリマーのワイルドキーパー・レイヴは、割とやりやすい印象ですねー。モンクで殴っていてもちゃんと貢献できるし。なんだかんだで20分くらいで討伐。

 叫んでいたせいかサチコメを見てか、「まだやりますか?」みたいなtellが来たので、このビッグウェーブがあるうちに、難関のヨルシアをクリアするしかない!と、再び/yellしまくってヨルシア森林に突撃いたしました。

 ここからが、本当の地獄……(笑)。
 いやー、ほんとに、WKR最大の難関はこのユムカクスですよね。ほんときっつい。エリアが狭くて安全地帯を作りにくいにもきついし、前衛でユムカクスさんを殴るとかえって回復されちゃったりするのもきつい。風属性ダメージじゃないと弱体できないのに、フェイスだと的確に風属性魔法を使ってくれないのもきつい。そして何より、死の宣告がきつすぎる。聖水なんてあっという間に使い果たして、回復系のフェイスさんも軒並み倒れてリキャ待ちになって、ゾンビゾンビまたゾンビですよ。
 それでも、一緒に突入した忍者さんと、ユムカクスのHPを40%くらいまでは必死に削ったものの、そこで聖水が尽きたこともあり、本当に厳しい戦いに。
 やがてサチコメを見た人が「まだ間に合いますか?」とtellしてくれたので、土下座する勢いで応援を頼んだら、シャウトしてくれたようで、また人がぽちぽち集まって盾役さんやレイズナーも増え、30分以上の激闘の末、何とかユムカクス討伐と相成りました。あ、討伐した瞬間は小鳥さんは戦闘不能でした(笑)。戦闘不能でもだいじなものがもらえてよかった!

 集まってくれた人にSayやtellで何度もお礼をして、アドゥリンに帰りました。さすがに疲れたので、カミールやケイザックは後日にすることに。

 とりあえず今でも、シャウトしたりサチコメをきちんと書いたりすれば、結構人は集まることがわかったので安心です。また金曜の夜とか土曜とかに、がんばってシャウトしてみようかなぁ。
 しかし、さすがにモンクではできることが限られるというか、WKRでは雑魚討伐がメインになってしまうので、他のジョブを上げた方がいいかなぁと実感しました。
 あと、ユムカクス様は強すぎ(笑)。人数集まらないと詰みになる要素が多いので厳しいですね。今後、WKRでワークスのリーダー格のNPCが助っ人参戦して、風魔法を連打してくれるとか、そういうの追加されませんかね!?
posted by さとみん at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年10月02日

自爆ルーレット

 ウォンテッドはなかなか追いきれていませんが、上位ソボロ助広にあたる則房が出る、ミザレオ海岸のクラスターNMは、フレンドさんがよくシャウトしているので白で参加しています。実は則房ノーマルは入手できているのですが、侍はレベル10なので、素直に魔命とINTとMNDとコンサーブMPの背装備オリストケープを強化するつもりです。灰はまだ9個しかないけど。あと41個……(笑)。

 このクラスターNM、一定時間ごとにひたすら自爆を繰り返し、この自爆に巻き込まれるとイージスナイトもきれいさっぱり焼却されるので、盾役が必死にタゲを取りつつ自爆から逃げてる間、狩人さんや学者さんや黒さんが撃て撃て撃てーーーーという、わかりやすいというか何というかな敵です。
 黒魔ズが中心に陣取って盾役がくるくる周囲を廻るパターンと、一ヶ所にとどまってエビの一撃避けの要領で逃げるパターンとあるみたいですが、どっちでも事故る時は事故るという感じ(笑)。周囲のモルボルやらフライトラップやらが微妙にひっかかったり、ポップして抜刀した硬直の間に自爆されたり、不幸な事故としかいいようのない出来事がしょっちゅうで、もはや死んでも誰も責めるどころかみんな大笑いしているという、ロシアンルーレットみたいなバトルです。ある意味気楽。
 まぁ白としては、クラスターの技でヘヴィ付与があったりするので、硬直させずにしかし素早くイレースを使ったりするのに神経をとがらせたりしますが。あ、狩人さんがうっかりタゲを取ったりするとあっさり滅却焼却されるので、アレイズは大活躍です。

 先にも書いた通り、イージスも貫通してる雰囲気で、強化スキルカンスト&バ系ブースト状態でのバファイラでも全然効いている感じがしないので、このクラスターの自爆って特殊な無属性なのかと思っていたのですが……。
 一度魔導剣士さんが盾役だった時に、全然ダメージをくらってなくて、自爆が直撃してもHP半分くらいで耐えていたので、やっぱり火属性なんでしょうか……。謎です。たまたまその時の魔導剣士さんが超すごいダメカット装備を揃えまくっていたのかも知れませんが。

 とりあえず、強化素材が揃うくらいまではがんばりたいところ。買ったらいくらするんだろうか。考えないでおこう。
posted by さとみん at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2015年10月01日

拳で無印スカーム

 ふと倉庫たちの名声を確認してみたら、みんなジュノの英雄になっておりました……。そういえばいつぞやのバージョンアップで、名声上昇が緩和されて、昔にジュノでそこそこくらいだった状態だとほぼ英雄になるんだった。
 で、モグガーデンキャンペーンでゴブリンシチュー888が売り出されてるのを思い出して、大慌てでジュノにすっ飛んでいって、モグガーデンにいるキャラからシチューをピストン輸送しつつ、かばんクエストを80までコンプリートしましたとさ。ストレージが大層大きくなって、すごい快適だわ……。でも油断するとまたギッチギチになるので、「しばらく使わないものはいらないもの。売れ。」というゴブリンさんの教えを胸に刻んでおきたいと思います。
 ちなみに、ゴブリンシチューだと、クリア時の台詞が違うんですね。さとみんと小鳥さんは正統の方法でクリアしていたので、初めての台詞で面白かった。ちょっと裏道なんだぞ、って雰囲気が出てて楽しい。こういう細かいところがいいですよねー、ヴァナ。

 9月のキャンペーンで、スカームパーツがぽろぽろ取れたので、小鳥さんのソロでスカームにチャレンジしてみました。
 格闘武器のニンザが取れるのはシルダスだったので、こちらは4回ほど突入。フェイスは鉄板のクピピさんコルモルさんの他に、精霊枠でガ系少なめMP配分が賢い感じがするロベルアクベルさん、遠隔枠でセミ様やマルグリートやテンゼンII、あとはスタン使いな上に小鳥さんと連携しやすいザイドIIを呼ぶ感じ。
 地図さえわかっていて迷子にならなければ(笑)クリアは問題ないですねー。111と331をやってみたところ、どちらも第二規定まで余裕を持ってクリアできました。ひたすら殴るだけだ! 4回目でニンザが2つドロップするまでは、ニンザのニの字も見えなくて切なかったですが。

 ヨルシアスカームも、1度だけ111で突入してみました。
 花を壊すのは何とかできたんですが、一番遠い花を壊している間に第二規定分で沸いた敵がテントに殺到しまして、ちょっと厳しいかなと思って安全を取って第一分のみでクリアしました。第二までいければ大きな翅がもらえるはずだったので、残念。
 小鳥さんは移動速度アップ装備もないし、複数の敵のターゲットを一度に取る方法がスピンアタックくらいしかないので、そこが難しいですね……。2人なら余裕なんでしょうけど。
 まぁヨルスカを突破してトランスラリーをゲットできたとしても、カザスカのNMの嵐をソロで突破できるのかわからないですよねー。

 とはいえ、初めてのスカームながら賢者の石とかで懐も潤いましたし、メリポキャパポもいっぱい稼げて満足しました! 10月も何かキャンペーン来ないかなぁ(笑)。
posted by さとみん at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険