2018年12月28日

天下無双

maarstarlight-resize.jpg
 マート翁もメリースターライト!
 おじいさんが星芒祭を祝っている風景って、何ともいえない温かなほのぼの感があって好きです。

 久しぶりに夜にログインできる日があったので、フレンドたちをスカウトしてオーメン詰みとアンバス1章に行ってきました。
 詰みは毎回、どのジョブで行くか悩みます。白魔道士のAFは、まだ頭と手が+3になっておらず、カードもあと20枚弱足りないのでそこは稼ぎたいのですが、しかし実は小札がもうなくなっておりまして。桂馬の募集もなかなか巡り合えないのですよね。あっても小札希望の人が多いし。まぁ自分でシャウトしないのがいけないのですけど……。
 忍者と詩人の方も強化しなきゃ、と思いつつ、こちらは+2にすらたどりついてないです。こっちも、詰みシャウトをしたり積極的に乗ったりしていない自分のせいなんですが(笑)。

 アンバス1章は、「やさしい」を数回回してきました。剣忍忍風+コルモル・ユグナスという、普段パーティしている時のジョブと全員違う顔だったので、新鮮です。特に事故もなく、ぐるぐる回っていたのですが、ふと思い出しましてね。

「あれ、これ秘や連携闇ダメージで99999ダメになるから、エミネンス・レコードクエストの天下無双クリアできんじゃね?」

 エミネンスレコード好きっ子なので、いつかはコンプするぞーと思ってできるものをチクチクやってはいるのですが、こういうダメージ系はなかなか手が出ずに放置しておりまして。
 この天下無双も、アラパゴのヴォイドウォーカーNMを相手にすれば割とすぐに達成できるよ、と色々なところで聞いてはいたものの、行くのも沸かすのも面倒だし私のへっぽこ忍者で99999ダメいくかわからんし……と後回しになっておりました。
 それが!今なら!さくっとカンタン!うおおおーあわてていそいでたちどころにまたたくまにあっというまにクエストをオファーだー!
OverNinetyThousand.jpg
 という訳で無事に、クリアいたしましたー。
 しかしこれ、3万近いエミネンスが入るんですよね。深く考えないであわててオンにしてしまったので、割と無駄になった気がする(笑)。まあいいや、クリアする方が大事!

 もし天下無双をまだクリアしていないという方おられましたら、今ここがチャンスですよー! やる前にはエミネンスポイントに余裕を持たせておくのもお忘れなく!
posted by さとみん at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | クエスト

2018年12月27日

800万ギル

800m-gil.jpg
 分解するべきか。

 ゴブリンの不思議箱から、フェーミナサブリガが出土しました。
 普通に購入すると、おねだん800万ギル。電撃の旅団団長もマウラちゃんのために貢いでいたアレです。

 ……私はサブリガーではないので、全く使い道がないんですが。なぜこういうものは探していない人のところに出るのでしょう(笑)。
posted by さとみん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2018年12月26日

駆け込み美徳

shukanAV.jpg
 白魔道士では見ることのない迫力。

 ここ数日あまり調子が良くなかったので、小鳥さんの方の冒険もなかなか進まず。などとやっていたら、「絶対的美徳」イベントがもう終わりですよ!
 まぁアーン武器は完全におしゃれ着なのだから、なくたっていいじゃない……という説もありますが、イベントを楽しまないなんてありえない!でしょう!? ていうか先月のログインポイントで引き換えたトリガーを消費しないとカバンがぱんぱんでしょう!!??
 そんな訳で、超泥縄で美徳と戦ってきました。全く美しくも徳高くもない。ダメ感満載。

 ポップポイントは先月鮒師匠(仮名)にさとみんで便乗した時に押さえてあるもんねフフン♪……と言いたいところですが、迷子にならないように必死についていくだけだった経験はかけらも役に立たず、そもそも道中の記憶自体残っていなかった。徳低い!
 しょうがないので過去の攻略本のマップなどを引っ張り出し、うろうろと走り回って4ヶ所を回りました。
 しかし、こういうマップのような情報は、やはり攻略本の見やすさに感動させられますね。プロの仕事とはこういうものだと思います。

 聖徳や善根は持っていたものの、上質器官の方がフワボだけ持っておらず、苦労するかと思いましたが、行きがけのフワボさんを叩いたら一発ドロップしました。助かった。その後欲をかいて次々フワボやペミデを叩いたものの、上質器官はまっっったく出なかったので、無欲によるボーナスステージだった模様。
 実際の戦闘自体は、まぁ、はい、小鳥さんも曲がりなりにもIL119でありますのでね。フェイスも連れておりますし、苦戦する要素はなし、ふつーにぼこすか殴ってクリア。
 むしろ敵はドロップ。上質器官が不足しているので2セット目は時間かかりそうだなぁと思っていたのですが、なんとなんと、1セットで5個の武器全てがフルコンプできました!
aernweapon.jpg
 これも小鳥さんの徳の高さゆえですね!(ダメ感満載だったことは都合よく忘れる)

 これから年末年始で、ますますドタバタしそうですが、マイペースで遊びたいと思います。七元徳NMさんお疲れさまでした!
posted by さとみん at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年12月25日

神には栄え地には穏やか人には恵みあれと

FFXIhitomoji.jpg
 FFXI と書いてあるように……心の綺麗な人には見えます!

 Sirenのユーザーイベントの星・サンタさん(仮名)の星芒祭イベント、今回は豪華2夜連続でした。1夜目はサルタバルタの星降る丘、2夜目はジュノ上層にて、星芒祭の飾り付けです。

ashihosoi.jpg
 サルタバルタにて、巨大マンドラに変身させてもらいましたが、こうしてみると、マンドラって脚細いですね……。この華奢な脚であの強烈なキックとかヘッドバットとかやってくるのか。ヘビクイワシか。掛川花鳥園のキックちゃんか。

 そしてジュノ上層のイベント。なぜ上層なのかと言うと……
onenightfick.jpg
「彼」が、一夜だけ帰ってきてくれたから。女神様の奇跡か、はたまた鳳凰の息吹のかけらが飯盒からこぼれたか。
 いつかオーメンを1億回くらいクリアしたら、彼とフェレーナがまた会える奇跡が起こってはくれまいか……。「王」100万回討伐!? やってやろうじゃねえか!(´;ω;`)

 そしてみんなで「XI」のマンドラ文字を作るべく右往左往。
livevana.jpg

 なお、今回のイベントは、上位存在(笑)の粋な計らいによって、Live Vana'dielでも中継が!


 花火もちゃんと中継されておりました。
livefireworks.jpg

 毎回素敵なイベントを主催してくださるサンタさんの気持ちが、色々な上位存在に届いた、素晴らしいイベントだったのではないでしょうか! いつもありがとうございますヽ(´ー`)ノ

 私は基本、土日夜は家族の予定を優先するルールにしているので、なかなかユーザーイベントに顔を出せずお手伝いもできず、今回もちょろっとしか参加できませんでしたが、幸せな時間を過ごさせていただきました。

 メリースターライト!
 あなたにも、私にも、ヴァナ・ディールに住まうすべてのひとに、ヴァナ・ディールを見守るすべてのひとに、ヴァナ・ディールを創るすべてのひとに。
 幸せが星の光のように降り注ぎますように。
posted by さとみん at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年12月19日

ダンシングダガーを返してほしいんだな……?

dancingdagger.jpg
 すごい嫌そうに返却されます。

 という訳で、カルンウェナン作成を始動しました。
 と言ってもまぁ、各種エスカッションやヤグルシュもやもや、ガンバンテイン等々ありますので、一体いつになったらできるのかはわかりません。
 色んな納品ものも、ヤグルシュを作るためにほぼ使い切った状態で止まっているので、また一から稼がねばいけません。時間がいくらあっても足りない訳で、まぁほんとにこのゲームは終わりがないですよ!

 ぶっちゃけたところ、私の詩人がアレなのは、装備のせいではなくて完全に中の人の腕の問題なので、カルンウェナンを作ったところでお呼びがかかるとも思えないのですが、まぁ作ってしまえばかえってあきらめがつくというか、ここまでやってもダメならしょうがないな!と晴れ晴れした気分になれるかと思いました(笑)。栄典のマーチ? そんな都市伝説は知らないですね……。

 あと、色々なことを同時進行しないと飽きてくる性格なので。
 たぶんこの情熱をどれかひとつにたたき込めば、今頃ヤグルシュはモヤってエスカッションが完成してるような気がしないでもないですが、まぁやりたいようにやるのがヴァナを楽しむコツなので好き放題やるのであります。
posted by さとみん at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ミシックウェポン

2018年12月18日

アンバス忍者、クトゥルプを殴る

 毎週固定の集まりで、アンバス1章に行った訳ですが、白の出番があんまりない……ということで、なんと忍者での出動でした。
 いやその、白でもサポ召でミュインララバイとか、ダウルダヴラひっさげて詩人で行けばよかったんじゃね?というお声は聞こえますが、ワタクシのヘッポコサポ召とか詩人とかでは、まっっったくあてにならん!というマラソン役の声無き叫びが聞こえてきそうだったので、やめました、ハイ(笑)。触れられもせずに「じゃ忍者で」って流れでしたからね! みんなよっぽど私を信用してないと見える! 実際信用ないからしょうがないな!(笑)

 といいつつも、忍者もまぁ、アレでソレで、到底とてむずでは通用せんよなということで、むずかしいでした。野良募集で忍者さん詩人さんを募集して、剣忍忍忍詩風でレッツゴー。

 ちなみに私の忍者は、基本アンバス+2装備で固めております。膝丸メイン、ところどころムンム、乾闥婆NQ。なんとか素で命中1240は確保したおかげで、一応今回攻撃がスカるということはなかったです。TPが貯まる速度はアレだし、WSの威力もソレですけど、ほらあんまり全員が同じタイミングでTP貯まっても3連携じゃないから無駄になるし、WSも今回はボスの被ダメアップ特性で割とすぐ99999ダメージになってそれ以上カットだからそこまで差がつかないし、だ、大丈夫ですよね!?(必死に救いを求める仔羊の眼で)
 まぁ他の忍者さんが強いので何とかなりました(笑)。連携は基本、秘回しの闇連携。いかに早くボスを削るかが勝負なので、連携のタイミング難しいですね。なんかかぶっちゃったりするし。

 それにしても今回はマラソン役が大変そうでした。
 リバイバル前に野良で白(サポ赤)でマラソン役サポートについた時は、雑魚の特殊技はほぼなかったと思うのですが、今回はリゲインの挙動が変わったためか、ボコスカ特殊技が放たれており、事故が結構ありました。とてむずだとさらに大変なんだろうなぁ、これ。

 そんなこんなで、忍者で野良デビューです。次の機会があるのか……どうかは、誰も知らない。
posted by さとみん at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年12月17日

もうすぐスマイルブリンガーがやってくる

zenyasai.jpg
 星芒祭前夜祭!

 いつもSirenワールドで楽しいユーザーイベントを主催してくださるサンタさん(仮名)が、星芒前夜祭を開催してくださいました!
 星芒祭の準備で用意したはずのものが見当たらない……どこに行った!?というほのぼのストーリーを堪能いたしました。合間に大花火大会。Sirenの大花火大会&踊り子たちは、年々技が磨かれて、なんかすごいことになっています。
 あと今回、猛毒薬を売り歩く人が現れ、大量に死者が出てました。し、しりあるきらー!!??

 サンタさんのイベントでは、毎回色々なオブジェクトが設置されて、それもひとつの楽しみなのですが、今回は
okujou.jpg
 おっきなストーブ! ウィンダス目の院屋上にどかんと出現! あったかい!
 大きなストーブが野外にどーんと置いてあると、屋外イベント感が高まりますね。よくあるじゃないですか。巨大ストーブの回りに参加者が集まって、ピザとか食べるやつ。

 23/24日には星芒祭本番イベントも開催されるようなので、楽しみです! リアルの家庭イベントもあるので、フル参加は厳しそうですが、何とか行きたいなぁ!
posted by さとみん at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年12月13日

鉄巨人の炎はキャンドルの炎

kotoritetukyojin.jpg
 小鳥さん バーサス 鉄巨人!

 今月の小鳥さんのアンバス2章チャレンジですが、最初は魔導剣士でいってみたものの意外と苦労し、モンクでやってみたら「ふつう」は割と安定でした。
 モ/踊で、フェイスはAAEV・アヤメ・セルテウス・コルモル・クピピ。属性攻撃ができないので、松井さんヒントによる「特定属性の攻撃が来たら、その弱点属性で攻める」という作戦は試せていません。どちらかというと、アヤメとのコンビによる闇連携を重要視して、やっかいなモードをなるべくさっさとチェンジさせ、物理特攻の時にボコスカ殴る作戦です。
 範囲攻撃が多いので、こういう時のセルテウスさんは頼りになりますね。
 ギミックがわからないのでまだ「むずかしい」は試していません。時々0ダメージになってしまうやつの解除方法がわからないのですよね。立ち位置がヒント、という話でしたが、正面でも背後でも0ダメージなような……何か間違えてるのだろうか。まぁそのうちなんか勝手に解除されてるので、ぐるぐる回って殴りながら待ってるような感じです。

 あと、今月の1章がクトゥルブリバイバルなので、1章もクリアしております。こちらは前回、ひーこら言いながら剣/忍でやっていましたが、今回はモ/忍でもクリアできました! どうやら強くなっているようだ! 強くなっているのは私ではなく、AAHMではないかという声は聞こえない振り!

 これで今月は早くもクトゥルブナイフのところまで達成できたので、アジャグリップが作れそうです。がんばるぞー。
posted by さとみん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年12月12日

世界戦略を我が手に

desk-kantei.jpg
 唐突に降ってくるレアアイテム。

 今月のキャンペーン、どれをやるか訳がわからなくなったので、とりあえずナイズル行くかー、と40階を1回つるっとクリアしてきたのです。
 あれやこれや拾ったアイテムをキキルンさんに鑑定してもらって、最後に+2ボックスを見てもらったら、これ。
 アルザダールデスクですよ! かつてボナンザ2等の景品にもなった、今ではこのナイズルキャンペーンの???ボックス+2で運良く引き当てない限り拝めない家具ですよ! 柄にもなくテンション上がってしまいました。

 さっそく試しにモグハウスに配置……配置……?
okenai.jpg
 おおさとみんよ、置き場所がないとはなにごとだ!
 色々こだわりのアイテムを置きまくっているわがモグハウス、6×6という巨大な家具を置く場所がなかった。そして中庭の存在をすっかり忘れていたため、大慌てて一部の家具を移動し、取り急ぎ場所を作る私。

 フハハハ、これでヴァナの全てをを上から見下ろしてやるのだぞ、世界よ我が眼下におさm
todokanai.jpg
 おおさとみんよ、背が足りないとはなさけない!
 タルタルの背丈では見下ろせなかった。ちょっと全タルタルにAATTみたいに飛ぶ仕組み実装して!ヽ(;´Д`)ノ

uekara.jpg
 とりあえず視点をぐりぐりやると、一応世界を見下ろすことができます(笑)。細かく作り込んであってかっこいいですね。

 そんなこんなで、モグハウスには置けないので、2Fに置くしかないかなーと思っております。中庭にするか、ウィンダス様式にするのもいいですね。
posted by さとみん at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテムとり

2018年12月11日

どんな属性でも受け入れるクポ

moogleupdate.jpg
 エフェメラルモーグリさんの!本気を!!見よ!!!

 バージョンアップでっす!
 今月のVUはジョブ特性の追加とか、色々アレでソレで気になる人は気になっているところかと思いますが、私にとっては、
「クリスタルの預け入れが、属性混在状態でも一発受け付けしてくれるようになった」
これがあらゆるジョブ特性を吹き飛ばす項目ですよ!!
 もうね、エフェメラルモーグリさんがヴァナに降臨してから、ずっとずっとお願いしてきましたからね!フォーラムにも書きましたからね! スマイルブリンガー松井・藤戸・担当者様、ありがとうございます! これであと10年余裕で戦えます!(笑)
 ちなみに預け入れ時のログもちょっと変更になって、これまでは預け入れる時に個数確認していたのが、
crystal-number.jpg
こんな感じで、預け入れした後にお知らせしてくれるようになりました。
 今日は嬉しくて、無意味に全キャラで手持ちクリスタルを預けまくってしまった。

 さすがにこれだけではアレなので(笑)アンバスケード2章の話など。さとみん忍者で「ふつう」をクリアしました。今回は雑魚なし、鉄巨人1体とガチンコ勝負です。
 ですいつなどでのヒントも合わせると、
・4種類のモードチェンジがある(モードチェンジ時にログが出る)
・モードチェンジは基本的に一定時間経過で起こるが、闇連携をぶつけると強制的にチェンジできる模様?
・タービンハリケーンを使うモードでは物理被ダメアップ(へぼ忍者の秘でも2万越えダメージでました)、スカビュラビームを使うモードでは魔法被ダメアップ。ただしそれが発揮されないことがあり、どうやら立ち位置?にヒントがある模様。今回さとみんではよくわからず。
・特性の属性の攻撃ばかりしている時は、その弱点属性で攻めるとよいらしい
・バリスティクキックは、瀕死ダメはなく、単なる範囲ダメ+装備変更不可(+ヘイトリセット?)
・その他、インシネレイターとエラディケイターの使用は見た。追加効果の効果時間は短め。
・松井さんのお告げによると「敵の強化を消したり、味方を強化したりといった基本を守るのが大事」とのこと。
 鉄巨人の技への理解が攻略のカギとなりそうですねー。

 とりあえず今回は1体なので、小鳥さんの方でもがっぷり四つに組んでがんばってみたいと思います。1章はクトゥルプリバイバルなので、今月は両方できるかな?
posted by さとみん at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年12月10日

4戦3勝1敗

1811aman.jpg
 11月分のリザルツ!

 と言う訳で、駆け足で11月分のA.M.A.Nトローブをやってきました。
 さとみんはマーズで最初の1発がとてとてだったので、怖くてすぐに確定して脱出(笑)。ビーナスはミミックを引いて敗北。
 小鳥さんは、マーズで大きい3とても1で確定、ビーナスは大きい2とてとて1で確定しました。
 5箱には届きませんでしたが、とてもとかとてとてが出たらその時点で確定する、安全重視プレイです。

 今回は、小鳥さんのヌスクシールドが目玉ですかね。オーメン中ボスドロップの盾です。小鳥さんは現在自力取得は不可能なので。もっともコルセアも狩人も上げてないのですが……(笑)。これを機にコルセアでもやってみれば?という気もしますが、青魔道士のレベリングすらも止まっている中、さてどうしようかというところです。
posted by さとみん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ご挨拶

2018年12月09日

超すべりこみ

giridoronawa.jpg
 いつになく駆け込み交換。

 大体において、VUで切り替えになるポイント系の交換は早めに済ませているのですが、今月はその余裕を、先月末の香港行きとイベントとその後の風邪で全て使い潰し(笑)。ものすごいギリギリ状態で各種ポイントを交換しています。
 ログインポイントを、〆のカウントダウンコールを脳裏で聞きながら交換したの初めてだよ!間に合ってよかった!
 明日はボナンザ購入をして、それからホールマークを交換しておかないと……ヽ(;´Д`)ノ 今月は小鳥さんがあまりアンバスに行けず、武器トークンを引き換えられるかかなりギリギリです。ぴんち。来月にチャレンジでもいいのかも知れないけど。

 ちなみに私はログインポイントは、換金用のアイテムは基本交換せず、全部自分が使う用に備蓄してます。基本はファシリティリングと限定品で、余ったら素材をちょこっとだけ交換して全部貯める。
 貯め過ぎるからまたカバンがいっぱいになって、結局チョコボ掘りのアイテムがあふれるんだろ!と言われそうですが、なんか換金する気分になれないのでしょうがないのですよね。私のヴァナ内の行動は、100%気分で決定されるので、効率とかには全く貢献してくれません……。もっとみんなに役立つ行動指針を採用した方がいいのではないだろうか(笑)。
posted by さとみん at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2018年12月07日

メイキング秘蔵スナップみたいなものです

back-aern.jpg
 カウントダウンする後ろ姿。

 イベント「絶対的な美徳」、まだ揃っていなかったスタッフとスピアを取らせてもらいました!
 久しぶりにル・メトの迷路を歩き回って、リンバス固定をやってた時のこととか思い出しました。かなり後発にやったと思うのですが、楽しかったなぁ。
 無事、全員が全てのアーン武器をゲットできたので、記念写真を撮ろうー!と並んで、/hurrayをするタイミングを待っているところです。きっちり/hurrayしてる写真は、きっと鮒師匠(仮名)とかがバッチリ撮っていると思うので、私はこういう隙のある日常スナップ?ぽいものをアップするのであった。
posted by さとみん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年12月05日

プロマシアエリアの戦闘音楽が好きです

honkiAbsoluteVirtue.jpg
 腕輪をつけると本気モード。
 かつて何人のHNMLSがこの姿に壊滅させられたことか。

 #FF11メッセージのツイートを眺めたり、動画配信の朗読劇を聴いたりしながら、未だにによによしております。夜の朗読劇、何度聴いても楽しい。小西暗黒のボケと、中村戦士のツッコミが最高。
 そんな中、疲れがここへきてどっとぶりかえしたか、風邪を引いたりしておりますが、咳コンコンしながらもヴァナには行く訳ですよ。

 LSの鮒師匠(仮名)が誘ってくれて、「絶対的な美徳」イベントに行ってきました。
 在りし日には討伐に2時間コースだったというAbsolute Virtueも、今となっては特に戦術もいらず3分クッキングのお相手。道中も、クラゲもエイも脅威たりえないのでピクニック気分。最大のピンチは、金魚が後をついてくると敵対心が発生するのでフェイスを呼べないことくらいです(笑)。
「Onslaught」をバックに戦えるので、テンション上がります。戦闘音楽の中では(ボス戦のぞく)これが一番好きだったりします。入りからかっこよくて燃える!

 とりあえず、Hopeから始まるアル・タユのNM5体を倒して、私もダガーとアクスとソードをゲットいたしました! スタッフとスピアは残念ながらお預け。
 スタッフは下位のNMも落とすみたいなので、そのうちひとりでル・メトにでも行ってこようかと思います。
 ダガーはシーフのロックスタイルに使おうかなぁ。
posted by さとみん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年12月03日

#FF11メッセージ イベント感想

dancho.jpg
 来場者に配られた、通称「電撃の旅団団長<フェイス>」。かわいい。しかしかぶる場所がない(笑)。

 よみうりランド日テレらんらんホールで行われた「#FF11メッセージ」、楽しかったですねー。昼夜公演どちらも行ってきました。
 実はこの日、本当は私は香港から日本に帰国する日だったのですが……(笑)無理矢理日程を早めて前日にひとり帰国し、結構フラフラになりつつの参戦でした。なんか、以前もロンドン交響楽団が演奏するFFオーケストラコンサートに参戦する時に似たようなことをやった気がする。許してくれる軽鴨の君は優しい。本当に優しい。

enter2.jpg
 プレイベントでパーカーと連邦式礼服は購入済みだったので、今回の物販は、メモリアルブックと皆川さんの画集を……と思っていたのですが、オーロラホールの物販ブースは往年の侍ジョブ取得クエスト並みの行列となっており、時間がどう考えても足りないのであきらめました。きっと……後日通販があるさ……。
 別の方のブログを拝見したら、9:30の段階ですでに長蛇の列だったようなので、まぁ無理でしたね(笑)。

 イベントは、「出演陣のフリートーク」「朗読劇」「ナナーミーゴスライブ」という内容でした。あと、前説に松井さん・藤戸さん・もっちーのもぎヴァナトリオが出てくるというオマケつき。オマケじゃないだろ!これを有料配信で売るべき!(笑)
 フリートークでは、会場の皆さんの出身国&キャラはどこ?でウィンダスおよびタルタルの拍手が一番大きかったことに、ウィンタルのひとりとして胸を張っておりました。タルタルはヴァナの代表種族だぜえっへん!
 あと浅川さんがガルカキャラだったのに完全にhimechanプレイになっていたという事実を明かし、やはりリアルでの美女属性は隠し切れないのだろうかと思った。

 朗読劇は、昼・夜で完全に内容が違っておりました。
 実はねー、私、これがちょっと不安だったのですよ。いえね、出演陣の皆様の演技力にはひとかけらも不安はなかったのですが、むしろだからこそ怖かったというか。
 実は私、最初に声が設定されてないフィクションで後から声があたった時に、イメージと一致してた経験がほとんどないんですよ。たぶん、私の脳内にある音声コレクションに、声優さんの演技パターンがないからだと思います。加えて、最近の「アニメ声」みたいな演技が実はすごい苦手でして、上手下手関係なく、「醒める」のですよね、「あーこれフィクションなんだよなー」という意識が勝ってしまう。繰り返しますけどこれ、上手い下手とかの問題ではなく、アニメの声優演技の「型」そのものと、私の感覚の相性がよくないんだと思います。
 でも、声優さんの演技自体はうまくてパワーがあるので、大抵自分のイメージがそこで塗りつぶされて声優さんの演技に置き換えられてしまうので、そうすると原作に戻った時にも「醒め」が出てしまうことがよくあって。
 なので、NPCに声があたると、そこで自分のイメージが塗りつぶされてしまいそうで怖いよなと。

 ところが、ありがたいことに今回、そこに違和感がほとんどなくて、あんまり聴いててつらくなかったです。たぶん、NPCのチョイスがうまかったのが理由じゃないかと。クピピ、アルド、モンブロー、ギルガメッシュ、フェレーナ、フィックが登場した訳ですが、このメンバーって「見た目と話し方と性格」のギャップが少ないというか、キャラ造形がとても純粋なので、自分のイメージと声優さんの作るイメージにあまり齟齬が出にくかったというか。
 今回の演技でいちばん、いわゆる「アニメ声」な演技だったのは加藤さんのクピピだったと思うのですが、クピピってアニメしゃべりしてても違和感ない子ですよね(笑)。中村さんのアルドはかっこよかった。アルドユニオンに入っててよかった。
 あと、椎名さんとRiRiKaさんという、もとは声優畑じゃない人が混じっていたのもよかったと思います。モンブローの椎名さんはすごくよかった! モンブローの、あの控えめながら芯のある「リアルな大人のカッコよさ」がよく出てたと思います。フェレーナは、もともと舞台のような「お姫さま」なので、RiRiKaさんにとても似合っていたし。
 ギルガメッシュの小西さんは、ご本人は「自分では年齢が足りない」みたいなことをおっしゃっていましたが、そこは演技力で十分カバーされていたと思います。さすがのうまさ。あと浅川さんのフィックは、私のフィックのイメージとはだいぶ違う(私のフィックのイメージはどちらかというと無口な男性イメージで、そういう意味では小西さんの方が近かったかも知れない/笑)感じだったのですが、違ったのでむしろ「別物」と思えてよかった。可愛かったし。
 あと、朗読劇ということでご本人が目の前にいてリアルな肉体を持って演技しているのが見えたのが、自分の中で「醒める」要素がなかったのかも知れない。
(そう考えると、私が苦手なのは「アニメ声」じゃなくて、「アニメ」なのか……? そういえば吹き替えでも「シャーロック・ホームズの冒険」とか「名探偵ポワロ」とかはDVD買うくらい好きだし……。でも、前にカドカワさんが公開してた「アレキサンダーとルザフ・オーディンの対決シーン」のアテレコは苦手だったんだよな……声優さんの演技はすごいよかったのに……)

 夜の朗読劇の方は、「冒険者がパーティを組んで、クロ巣のNMクロウラードロップのロイヤルゼリーを取りに行く」というストーリーで、いわゆる「Lv60キャップ時代のクロ巣あるある」でしたが、こちらはNPCとのギャップを心配しなくていいので(笑)、とても素直に楽しみました。
 敵釣った直後に寝落ちするナイトとか、暗黒ラスリゾブラポンを中二病台詞マクロで放ってタゲとって死ぬ暗黒とか、寝かせた敵にディア入れちゃうガルカ白魔道士とか、誤爆で悪口言いまくる悪タルシーフとか、常識人で苦労する戦士とか、男性陣のほのかなトキメキを「子供がそろそろ帰ってくるから」とぶち壊して去っていく吟遊詩人とか、最高(笑)。
 あと地味にネタを仕込んでくる谷岡さんの生演奏がよかったです。

 ナナーミーゴスライブは、当然のようにかっこよかったですね。
 今回セットリストにサルタバルタやカザムといった「なかなかイベントで演奏してもらえない名曲」が入っていたので大満足。ロンフォールとかはサンド関係の音楽はめっちゃ演奏されるのに、ウィンダス関係は不遇ですからね!(笑)
 あとオーメンのテーマに「For a friend」というタイトルがついたことがお披露目されました。バイオリン演奏がとても映える曲ですから、ナナーミーゴスにぴったりですよね。あ、ライブの間バックに各地のSSが映っていた訳ですが、オーメンの時に痛覚同化のSSを採用した人は表に出なさい(笑)。よくわかっていらっしゃる(笑)。

lunchbox.jpg
 ランチボックスは、ヴァナ・フェスメニューを一部再現ということで、おいしかったです。おにぎり大きくてボリューミー。ただ冷たい状態で、屋外で食べることになったので、致し方ないとはいえ、ヴァナ・フェスは恵まれていたんだなぁという感想も。

yamiou.jpg
 謎解きは、プレイベントでエンディングまでクリアしていたのですが、その後のシークレットクエストが時間切れでクリアできていなかったので、昼夜公演の間に会場内をダッシュです。
 このシークレットの謎、難易度が容赦ない上にノーヒントなので、かなり苦労しました。自宅にいた時にずっと配られたキットをにらみつづけ、「もしやコレでは……?」と気付いたことを確認したところ、何とか解答に必要な情報をゲット。しかしそれが、私が苦手な空間把握系の能力を要求されるやつで(笑)。
 現地で同じ情報を得た人が、「ヒントわかりました?」と話しかけてくれて、3人でお互いの持っている情報を出し合い、空間把握能力の高い人が色々組み立て、メモを綺麗にとってくれ、とあれこれやって、「あ……これが答えだ!」とわかった瞬間は謎解き冥利に尽きましたね! みんなの持っていた情報、得意なことがそれぞれ違っていたので、パーティプレイって感じでしたよ!

illum2.jpg
 会場のよみうりランドは、家族連れ・カップル・友達同士と色々な客層で、ひとりでうろうろしていても違和感もなく、いいところでした。飲食販売ブースも、座るところも豊富なので居心地よかったし。
 あと、個人的には、トイレがすごく綺麗で、しかも数が多くて会場の至るところにあったのがとても助かりました……。全然待たなくて済んだし。


 そんなこんなで、とても楽しいイベントでした。
 公演の終わり際、2階席から退場するわれわれに、ずっと手を振ってくれた松井さんと藤戸さん、ありがとうございます。ほっこりしました……! しあわせ。
 16周年になってもリアルイベントができるのは本当にすごいことだし、それをがんばって実現してくださったファミ通・電撃さんには本当に感謝です。これからも、ずっとずっとヴァナで遊び続けるよ!





(最後に、ちょっとだけ、ネガティブな話をするので、折り畳みにしておきます)
以下ネタバレ。
posted by さとみん at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント