2019年05月31日

忍び足のお台場

diverdeath.jpg
 こういうシーンがないと、デュナミスに来たって実感できない。

 久しぶりに夜にログインできたので、LSメンバーやフレンドさんたちと、サンドのダイバージェンスに行ってきました。
 白も詩人も、一応レリック足を119+3にするフラグを持っているので(フラグだけ……)、それじゃあ忍者で行きますかのぅと恐る恐る聞いたら、意外と前衛不足で歓迎されました。
 ソロしかしないでマスターになった忍者、いきなりお台場デビュー! 雑誌でお洋服のコーディネイトを妄想してたら突然鹿鳴館の舞踏会に行くことになった少女みたいだ!
「一人連携お願いしますね」
 まじですか。

 ストアTPが増えるカルボナーラをあわてて買ってきましたが、その後シーフさんがパーティインしてくださることになり、一人連携のプレッシャーから逃れました(笑)。やっぱり連携は魂のこもった他の人とやるのが一番いい!
 秘→ルドラストームの連携の後、ウォータ系が着弾すると敵が蒸発しているので、「もはや連携さえすれば勝ち確」とか調子に乗っていたら、忍者NMの微塵がくれで自分が蒸発したりしました……。忍者と戦っているというのに身替の術を忘れるとか、キサマ本当に忍者マスターなのか。

 そんな事故もありましたが、無事にwave1のボスを討伐して忍者も足の+3フラグをゲットです! そしてドロップした忍者の胴具の破片もいただけました。
 この胴具の破片を使える日が来るのはまだ遠そうですが、楽しみにがんばります!
posted by さとみん at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2019年05月30日

フォルピさんは意外と古風

tanshou.jpg
「嘆称」って、なかなか普段見ない言葉ですよね。

 革細工ギルド長のフォルピさん、人工革を作るくらい先進的なのに、突然古風な単語を使ってきたのでギャップにときめきました。
 先月に、大車輪でさとみんのアカウントの方の職人たちのエスカッションを銀の書まで進めた訳ですが、実は小鳥さんの革細工も、スローペースながら進めております。
 ようやくスクトゥムまでたどりつき、ついに大量生産課題がやってきたところです。

 小鳥さんの合成は、ほぼ日々のデイリー目標消化だけで進行しており、革細工も実は例外ではなかったりします。革細工合成成功10回のお題が来た時に、ちくちくちまちま、合成セットを作って納入したり、HQが出るのを祈ってココナッツラスクを食べて合成したりしておりました。なので進行としては非常にゆっくりめではある訳ですが、逆に負担がないので楽しい気分で遊べてます。
 革細工のエスカッションHQ課題は、ドロップの渋い鎧竜の装甲が2つ必要なウィヴルシールドが一番大変かなぁと思ってたのですが、意外と競売でも購入できて、大変という意識なく通り抜けてしまった。サブスキル+31を確保できないシルクパンプスの方が、時間としてはかかった気がしますね。と言ってもこちらも、材料が安く手に入るので根気さえあればつらくはなかったです。

 革細工は、実はガーデンで材料を採集できない合成なのですが、モンスターたちの思い出を集めることで、ベヒーモスの毛皮や雄羊の毛皮といった重要アイテムを購入できるので、やはりガーデン様々だったりします。小鳥さんの職人ポイントの大半は革細工セット70でできているはずだ……(笑)。
 本当は自分で黒虎やペイストを狩って材料を集めたいところなのですけど、やりたいことがいっぱいありすぎる現状(笑)、なかなか手が回らないのが悩みです。シーフも99になってないしなぁ。

 とりあえず今後は、まずは大量生産課題でクィルトラウザ36個がやってきたので、西ロンフォの見張り塔でスクワットしてくる予定です! このペースだと、金の書取るまでにあと5年くらいかかりそうだけど(笑)まぁ最高の合成装備なんだからそういうもんだろ!
posted by さとみん at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2019年05月29日

絆の前にはガルーなど

totemuzugaru.jpg
 タルタルにつきまとう宿命、それは敵が巨大でSSが何がなんだかわからない悲しみ。

 今月のアンバス2章、「とてむず」も安定クリアでした!
 戦術も、むずかしいの時と全く同じで、シンプルにガルー族2体のHPを均等に均等に削っていく、そしてフェイスに忘れずにセルテウスとイングリッドIIを呼んでおく、それだけです!(笑) なんか、INTがとても低い作戦だが、勝てばとりあえず官軍である。

 とてむずになっても敵の挙動に特に大きな変化がなくて、純粋に「ダメージがでかい」という感じなので、リジュヴァネーションとセルフアグランダイズメントに全てを託して、HPバーをピンピン言わせてチェックを繰り返しつつ殴ります。
 ガルー2体の動きの関係上、どうしてもコルモルさんやクピピさんも範囲を喰らってしまうことが多く、たまにコルモルさんが蒸発してしまうことがありますが、おおむね大きな問題にはならずに殴り倒せますね。
 コルモル博士、赤魔道士の割に魔回避や魔防低いのかなぁ? クピピさんよりも被ダメが大きいような……。まぁ、コルモル博士が被ダメしやすい、ってなんかキャラ設定を考えると完璧に納得してしまうので、全然不満ではないんですけど(笑)。

 今回はガルー族という大変な強敵、しかも2体ということでドキドキしてましたが、蓋を開けてみたらむしろいつもよりやりやすいボーナスステージだったような気がしますね。周年月らしく、派手な感じで楽しいです。
 まぁ6月になったらフェイスの絆が消えるので、色々耐えられなくなりそうで怖いですけど、とりあえず5月の間に焼印ありとてむずをクリアしておきたいと思います。
posted by さとみん at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2019年05月28日

歌って踊れます

naguribrd.jpg
 クイズ!このジョブは何でしょう!みたいになってる。

 とりあえず5月一杯はジョブポボーナスキャンペーンなので、詩人のソロジョブポをせっせとやった方がよかろうと思い、デイリー目標をちくちく消化しています。
 先日のA.M.A.N.トローブで拾ったパルスアームズを、アンバス短剣のターレットに交換し、サポ踊にしてカーリとの短剣二刀流! ヘイストサンバを踊りながら、エヴィサレーションをいっぱい撃つよ! 今の時代、詩人も歌うだけではなく踊れないとね!
 ……前にも書きましたが、私が慣れておきたい詩人の立ち回りって、こういうものだったか……? という疑問がとてもとてもするのですが、アヤモ一式を着込んで雷をまとった短剣を構えるのはなかなかカッコイイので、当面は疑問のことはスルーすることにします。

 まぁでも、殴り詩人を目指したい訳ではないので(笑)二刀流にしたからといってそんなに殲滅速度が上がる訳ではないです。ただ耐えられないほど遅くもないので、のんびりやります。
 忍者の時には、アルド(UC)さんのサルヴァストームが出る頃には敵が瀕死の場合が多かったのですが、詩人だとそういう訳にはいかず、普通にサルヴァストームが重要ダメージリソースになってくれるので、ユニティリーダー!って感じで頼もしくなりました。
 エヴィサレーションに夢中になっていると、歌が切れてまた4曲枠作りから歌いなおし、なんてこともよくあって、果たしてこれで詩人の立ち回りが上達するのか?という疑問がサビの後のBメロの如くよみがえってきますが、うん、まぁ、もっと詩人としてうまくなることを祈ります(笑)。
posted by さとみん at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | レベル上げ/メリポ

2019年05月25日

あなたが戦闘不能になる確率は1%です

himitu2019.jpg
 秘密のアレ。

 2019年の秘密情報を教えてもらいました。と言ってもまぁ、毎年「ふつうに純増してますね」という感じです。GMコール0回もまだ守り続けています。
 戦闘回数は1万ほど増える一方で、戦闘不能回数は100ほど増えていますので、どうやら100戦闘に1回戦闘不能になっているようです(笑)。
 つまり大雑把に言えば、私の「戦闘不能率」は1%前後ということになるのでしょうか。
 アンバスケードやウォンテッドなどのコンテンツではそれなりに倒れてるんですけど、毎日のソロジョブポで戦闘不能になることはほとんどないので、回数でならしていけば、それくらいかなぁと思います。こういう数字を出してみると、パーセンテージや確率の「感覚」みたいなものが自分の体感と違ってるのを実感して面白いですね。

 参考までに、2018年の数値は↓
チャット回数:590435
NPCに話しかけた回数:256911
パーティ参加回数:2779
アライアンス参加回数:472
戦闘回数:108049
戦闘不能回数:2432
敵を倒した回数:78065
GMコール回数:0
posted by さとみん at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2019年05月23日

まずは発声練習から

brd-jp.jpg
 ユグナスさんにピンバラをしている暇なし。

 忍者がジョブマスターになったので、さて次はどうしようと考えましたが、やはり吟遊詩人を強化した方がいいかしらという結論になりました。詩人自体をあまり触っていないので、慣れておきたいなというのもあります。
 慣れておきたい、と言っても、ソロでフェイス相手にする立ち回りと、パーティ(特にエンドコンテンツ)での立ち回りはだいぶ違う気がしますけど……まぁ、少なくとも苦手意識を多少緩和することはできるかな、と期待。
 これまでも、たまにフレンドさん同士のジョブポ稼ぎや、アンバスなどで詩人を出すことがあったので、すでにスペリア2までは達成しておりますので、白の時よりは早く終わるといいな……と願っております。

 とりあえずはメインウェポンをカーリの状態で、吟/白で、オーグスト・クルタダ・アシェラII・ユグナス・アルド(UC)で、忍者の時と同じくアドゥリン新区画の属性紋カードを落とす敵をちまちまやっています。さすがに忍者の時よりは時間がかかりますが、それでも意外と何とかなるものですね。思ったより普通に稼げるなぁと思いました。アシェラさんをイロハIIにスイッチして殲滅速度を上げてみるのもいいかも知れません。

 あとはサポ踊にして、歌って踊れる吟遊詩人をやりつつ、二刀流でアンバス武器のトーレットをメイン・カーリをサブにしてエヴィサレーションでがんばる、というのもアリなのだろうか。
 でもそれって、慣れておきたいなと思った詩人の立ち回りなのか?(笑)という疑問もないではないです。そのうちバードチャームが欲しくなったりしないだろうな。
posted by さとみん at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | レベル上げ/メリポ

2019年05月22日

エスナとサクリファイスの話を、一応

jodyshirtsfront.jpg
 Satominnはあなたをじっと見つめた。

 ……一応白魔道士の端くれとしては、触れておかないといけないかなと思うので、気が重いですが例のエスナとサクリファイスの話について、ちょろっと感想を書いておきます。
 まぁそんなに有意義な話ではないと思うので、追記に折り畳んでおくよ。


★★★


以下ネタバレ。
posted by さとみん at 12:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑感

2019年05月21日

二つ目の星

ninmaster.jpg
 頭に星をつけて、全く忍んでないでござるよ、ニンニン。

 FF11が17周年を迎える前日に、ひっそりと私の忍者がジョブマスターになりました。
 17周年とともにマスターになろう!みたいな目標があった訳ではないのですが、これも何かのご縁でありますか。全然お外に出すつもりはない完全ソロ仕様の忍者ではありますけれど、やっぱりマスターになると嬉しいですね。

 忍者のジョブポは、ほぼ完全にソロで、毎日デイリー目標をこなすことで稼ぎました。いわゆる野良には一切出しておりません。白がマスターになったのが、今見たら2016年の12月で、そこから始めているので、2年半……あれ、白より早かったですね!と言いたかったのに、あんまり白と変わらなかった(笑)。
 とはいえ、白よりもソロしやすいジョブだったので、白より楽だったなぁという印象ですね。さらに後半は、属性紋カード稼ぎと並行できたり、一心エンチャントアイテムが増えたり、五虎退も入手して火力が上がったり、と楽しめる要素が多かったのもよかったです。

 さて、今後はというと……ミシック強化のためのジョブポ納品のために、引き続き白や忍者で稼ぐというのもありなのですが、詩人のジョブポが手付かずですし、属性紋カードの入手を考えるならシーフで狩り続けるのがいいし、獣使いも……とまぁ、悩むところですね。
posted by さとみん at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | レベル上げ/メリポ

2019年05月17日

鼻が曲がるまで抱きしめてくれる

morbolshirts.jpg
 17周年はジョディシャツで僕と握手!

 アイドルとは何なのか、という哲学的な問いをわれわれ冒険者に投げ掛けてくれたSHINING BLESSの皆様が、17周年をお祝いして復活したので、触手ライブへ行ってきました。
 もう一から十までツッコミどころしかないと、人はかえって状況を丸呑みしてしまうものです。リアルの政治家に悪用されないように気を付けたいものです(笑)。

 イベント内容は、要は巨大モルボルのジョディちゃんたちを応援しつつ、無限ポップするミニモルボルを倒してポイントをゲットするゲーム。ジョディちゃんたちに適切な応援をいっぱいすると、ミニモルボルがいっぱい沸き、こちらを状態異常にしてくれて(笑)状態異常にかかってる状態でミニモルボルを倒すとポイントが大幅アップということのようです。あと、ジョディシャツを着ていくとリゲイン・リジェネ・リフレシュがかかるので、必ず着ていこう!
 これまでのイベントと違って、セット制ではなくて、常にいつでもモルボルがおり、好きな時に入ってポイントを稼ぎ終わったら自動で終了してくれるスタイルなので、時間さえかければ一人でも問題なくクリア可能なのはいいですね。時間制限があるとオタオタしてしまう私のような人間にもやさしい(笑)。
cheer-morbol.jpg
 あと、イベント中は常に、ヘルプテキストに恋は状態異常」が流れているので、一応ちゃんと彼女ら、歌ってる模様です。われわれには聞き取れないだけで(笑)。

 ちなみにサルタバルタでのイベントをクリアしたら、クピピさんとの握手券?をゲットしました(笑)。
kupipibattle.jpg
 バルガの舞台で対面したら、うちのイロハがボコボコのボコにしてしまい、クピピさんとは一瞬でお別れ……。何でもクピピさんだけでなくナジやエグゼニミルさんたち「初期フェイス三人衆」揃い踏みのBFにも行けるみたいなので、お会いしたいですね〜。あ、ドロップは#ANVキーでした!

 握手券とは別に、ジョディシールドという、ジョディちゃんモチーフの盾もゲット。エンチャントを使用すると
jodysite.jpg
 ジョディちゃんが本来現れるところへ連れてってくれます(笑)。ライブじゃない時もここで触手会ができるという訳ですね! プライベートで会うと、ジョディちゃんツンツンモードで色々アレですけど!
posted by さとみん at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2019年05月16日

美しい素数の年

17years-fire.jpg
 17周年おめでとう&ありがとう!

 今日でヴァナ・ディールも17周年です!
 いやほんと、色々ありましたけど、ありすぎて色々ありましたとしか言いようがないんですけど。こうしてまたみんなで花火を上げてわいわいできることに、心から感謝です。
 17周年記念ユーザーイベントを、サンタさん(仮名)がまた開催してくださったので、一緒に祝うことができました。

17years-dancer.jpg
 もちろん、Sirenワールドが誇る踊り子達のダンスも華やかに、記念すべき日を彩っておりますよ。

17years-morbol.jpg
 なんか途中ホラー映画みたいな光景にもなっておりましたけどね。

 ファミ通さんが17周年を記念して、松井さんと藤戸さんにがっつりとインタビューをしてくださり、ここでもあらためて「最低でも2022年まではサービス継続」が明言され、さらに「20周年はゴールというよりもチェックポイント」という話もあり、その先も視野に入っていることがわかって、プレイヤーとしては有り難い限りですね。
 私は、今のヴァナ・ディールに正直あまり不満はなくて、一番に願うことは、これからも健全にヴァナ・ディールが続いていって欲しいということです。
 そういう意味では、松井さんがまさにそういう目標を掲げてくださっていることは本当に嬉しいし、全幅の信頼をおけると感じています。

 インタビューでは、専任スタッフのキャリアプランや外注スタッフへの発注計画といった、まぁプレイヤーという立場では心配するのも余計なお世話ではあるんだけれど、こちらもいい年になっているのでどうしても気になってしまうことについても述べられていて、そうだよなーとうなずいていました。
 特にFF11は、開発機材から環境から、何もかもが、今となっては特殊な存在だと思うので、キャリアプランに与える影響は大きいでしょうしね。それでも、全力で世界を創り続けてくださるスタッフの皆様がいらっしゃるありがたさ。
「『FFXI』が30周年を迎えるころには、初期の開発スタッフたちがみんなリタイアしていると思うので、ボランティアでヴァナ・ディールをコツコツと拡張できたら楽しそうですね(笑)。」なんていう発言も、今の段階では遠い先に見える星のような夢のお話ではあるんですけれど、本当に実現したらすごく幸せだなぁと思いました。FF11は、それが叶えられる可能性のある、本当に数少ないタイトルだと思うし。

 まぁ、それを叶えるためにも、これからまた十何年間、われわれプレイヤーは楽しく走り続けたり、気ままに散歩してみたり、立ち止まって虹を眺めたり、モグハウスで昼寝してみたり、していくつもりです。
 全然遊び切れていないこのヴァナ・ディールの世界、これからもよろしくメカドック!(ですてにぃさん風)
posted by さとみん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2019年05月15日

遁術でルーンを得る

miryoyoke.jpg
 何をやってるのかさっぱりわからないSSになってしまった。

 さとみんの、ジョブ専用装束をコンプしよう計画、地味に進めております。魔導剣士のAFクエストとお仕立てサブクエストも終了し、ルーニストアタイアがコンプしました。
 魔導剣士のAFクエストの3番目は、オロボン族のNMと戦う訳ですが、とある理由で(一応ネタバレに配慮してみる)遠くから戦わないと危ないので、納刀しないギリギリの距離でひたすら氷遁の術と雷遁の術の参を連打する謎の忍者になってクリアした場面です。

 ズルコバズルコ先輩の色々なあれこれが語られる魔導剣士のAFクエスト。ズルコバズルコ先輩の内実がわかるいいクエストなので、まだやっていない人はぜひぜひクリアしてみてください。おすすめですぞ。


以下ネタバレ。
posted by さとみん at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | クエスト

2019年05月14日

中の国にその名が轟いております

2shomuzuantei.jpg
 今月のアンバス2章、小鳥さんで「むずかしい」にチャレンジしてみたら、割と問題なくクリアできました!
 戦術は「ふつう」と同じく、自分はモ/踊で、コルモル・クピピ・セルテウス・イングリッドII・AAEVを呼んで、両方のガルーを均等に殴っていくだけ!

 ガルー族の攻撃はことごとく範囲で苛烈ではあるんですが、逆に苛烈な範囲が絶え間なく降り注ぐために、セルテウス様がリジュヴァネーション発生装置となっており(笑)イングリッドIIさんもセルフアグランダイズメントをがんがん使ってくれるので、むしろ普段よりも安定している節さえ。
 セルフアグランダイズメントは状態異常も回復してくれるので、今回のアンバス2章にはおあつらえ向きですね。核熱連携によるバニシュもいいダメージになってくれますし、エクソシストである彼女が活躍するアンバス……松井さんもしや狙っていたのでは!?

 何かずいぶんやりやすいなと思ったのですが、よく考えたら今、冒険者さんありがとうキャペーンでフェイスの絆が発生しているんでした(笑)。フェイスたちがよく耐えてくれるのはこのおかげかも知れません。メテオサソリの時のように、フェイスの絆キャンペーンが終わったらまた苦戦したりして。
posted by さとみん at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2019年05月13日

ダブルウリエル

valen-two.jpg

 アンバスのトリガーを取りに過去ザルカバードに行ったら、ちょうどカンパニエをやっていたので、ヴァレンラールさんを呼んで参加してみました。
(私はカンパニエで、過去世界に縁のあるフェイスを呼ぶことが多いです。リリゼットIIは定番として、ロンジェルツとかロベルアクベルとかレコとかね)
 そうしたら、たまたま近衛騎士団が参加しておりまして、ダブル・ヴァレンラールになりました。

「その技は、わがダヴィル家に伝わるウリエルブレード……!それを使う貴公は一体……!?」
「私が何者であるのか……それは遠い未来、いずれ明らかになるであろう。その時に貴公と再び会いまみえることができるかは、女神のみぞ知ることだが……」

とか、会話してたとしたら楽しい。
posted by さとみん at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景

2019年05月11日

公平に削ろう

kotorismooze.jpg
 もしかしたら、割と何とかなったりして?

 今月のアンバス2章。ヴォイドウォッチで冒険者を恐怖のズンドコ(死語)に陥れたガルー族が2体も出るということで、やだーどうなるの、こんなのムリムリ死んじゃうクポ(FF13-2モーグリ)と思っていたのですが。

 とりあえず、まずさとみんで小手調べに忍者でふつうに挑んでみますかね。松井さんのお告げでは「2体のHPがカギです」ということなので、たぶんHPを均等に減らしていくのがいいんだろうから、片方を通常殴りしつつ、もう片方にWS当てていきますかね。とか深く考えずに突っ込みまして。
satoyudan.jpg
 こうなりました(笑)。
 よく考えたら、ガルー族ってほぼ全ての技が範囲攻撃で蝉殺しじゃないですか。デスヨネー。コウナリマスヨネー。何で自分が盾になっちゃったんですかねー(笑)。

 その後、自分は白魔道士になって、AAEVとザイドとイロハさんに殴り倒してもらいました。その時は、あえて片方だけにダメージを与えて1体だけにしてみたところ、Guayotaの方がオブリビオンマントを使ってきました。死の宣告のカウントは20、衰弱はナシということで、マイルドにはなっているようです。カーズナを連打しまくって勝利しました。

 やはりこれは、2体のHPを均等に削っていくのが重要そうだな。という訳で、小鳥さんでチャレンジ。
 自分が盾をやると、火力不足で苦戦しそうな気がしたので、自分はモンクサポ踊。盾には鉄板のAAEVさん、範囲回復の神セルテウス様、そして悪魔にはエクソシストでしょうとイングリットII、支援のコルモルに回復のクピピで臨みました。
 2体のHPをこまめに確認し、差がつきそうになったらすぐにターゲットをスイッチしたり自分のWSを別の方に撃ち込んだりして、なるべく差がつかないようにしてみました。敵のWSは状態異常オンパレードなのですが、もう異常上等!で回復より攻撃優先。
 そうしたら、なんとなんとさとみんの時はあんなに苦労したのに、小鳥さんではMPが尽きることもなく、ほとんど危ない場面がなく、かなりスムーズに「ふつう」に勝利しました!

 まだ何ともいえないのですが、もしかしたら片方を倒すともう片方が強化、というだけでなく、HP量の差自体で、敵の攻撃力や特殊技のダメージ量が変わったりするんでしょうか? イングリッドIIの範囲回復技がよい働きをしているというのもあるんですけど、さとみんの忍者の時よりも受けたダメージが少ない気がするのです。
 ちゃんとHP量を管理して削っていけば、「むずかしい」でも勝利できるのかも……?
(とか甘く見ていると返り討ちに遭いそうですが)

 そんなこんなで、光明が見えてきたので、今月もマイペースでアンバスがんばりますよ〜。
posted by さとみん at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2019年05月10日

輝けハートオブミゼリ

whmmeritt.jpg
 まずは白魔道士のメリポを振り直し。

 バージョンアップでっす!
 17周年イベントを控えての記念すべきこのバージョンアップ、アンバス2章のガルー族が強いよ!とか色々ありますが、やはり白魔道士の端くれとして、ジョブ調整の内容はチェックせねばなりません。

 プロテア・シェルラVが通常魔法に切り離され、メリポ項目はソラスとミゼリの効果をアップするものになりました。同意にプロシェル系の効果が引き上げになったので……今後は学者さんが範囲プロシェルする場面が増えるのかも?
 とりあえず、ソラスの項目を最大値まで振ってみました。やはり固定でストンスキンの値が上がるのは重要。ケアルラを使う場面はまだ限られてますのでね。

 で、話題のエスナとサクリファイスの効果が大幅変更です。ある意味では大幅強化、ある意味では使いにくく……というプレイヤースキルを試すような内容となりましたね(笑)。
 巷ではアムネジアが治るのがいい、いや単体魔法で劣化してる、次のモグラアンバスが来たらどうしよう、等々意見が飛び交っているようで。

 しかしこれ、エスナとサクリファイス単体で考えるべきではないと思うんですよね。私は今回の調整の狙いは、
ハートオブミゼリの強化
にあるとにらんでいます。

 回復に特化し、ケアルにストンスキンが付与されるという非常に使い勝手のよいモードだったソラスに比べ、ミゼリはこれまであまり重要視されてませんでした。基本はソラス状態、ごくたまにギミックに合わせて(ほぼエスナのみのために)ミゼリを選ぶ、という白さんが大半だったと思います。
 ソラスとミゼリが実装された時は、学者が実装されて「モードを切り替えて特化状態を作る」というのが流行った時期でした。もともと回復のエキスパートという、一点特化型の典型ジョブだった白魔道士においてこのモード切り替えを取り入れようという試みがソラスとミゼリだったのだと思うのですが、「離れて安全圏から回復支援するソラス」「前に出て殴ることさえあるミゼリ」という導入時のイメージが、あまりうまく機能しなかったのも事実です。
 この、ソラスとミゼリの使い分けを、限定的なギミック対処だけでなく、もっとグリモアのようにばんばん切り替えるものとして使っていくようにしていきたいのかなー、と。

 それは、本来ソラス状態に対応していたサクリファイスが、ミゼリ状態でボーナスを得る形に変更されたことにも現れていると思います。
 今回の変更をざっくりまとめれば、
「ミゼリ状態でエスナを使えば、一発で状態異常をまとめて回復するけど、対象は単体のみだよ」
「ミゼリ状態でサクリファイスを使えば、一発で状態異常をまとめて回復して、しかも自分にはその耐性がつくよ」
ということです。
 恐らくは、
「HP回復に強いソラス」「状態異常回復に強いミゼリ」
という使い分けをイメージしているのではないでしょうか。
 盾がひとりで状態異常を受け続けるようなケースではエスナ、範囲で自分にも状態異常がくるケースではサクリファイスが生きるのかな? クレリクワンド(およびHQ)を使えば、HP回復もある程度まかなえるので、つまり私はクレリクワンドを調達する必要がありそうですね!(笑)

 特にエスナは範囲でなくなり、ヤグルシュによる範囲化も不可能(女神の印も対象外になるのかな?)、そしてリキャストが2分になり消費MPも膨大になったので、誰を対象にするか?というのが考えどころになるかと。一番悩ましいのは、恐らくアムネジアを含む状態異常をまとめてくらっている時で、盾を最優先にするべきか、アビに依存するタイプのジョブに使うのか、大ダメージWSをぶちかまして戦闘を終わらせてくれるひとに使うべきか、腕が問われそうです。腕がない私はドキドキしてます(笑)。

 ミゼリにはもともとケアルラという特殊な回復魔法もありますし、今後はミゼリモードが注目されるのかも知れません。今からでもミゼリを復習して、慣れておいた方がいいかもなぁ。
 とりあえず、不肖の白魔道士ではありますが、がんばります。
posted by さとみん at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2019年05月09日

二勝二敗

201904aman.jpg
 小鳥さんで全敗することもある。

 VUがせまって今夜はもぎヴァナと、ワクワクドキドキな今日この頃ですね。わがメイン(というかほとんど唯一)ジョブ白魔道士の調整ということで、どんな感じなのかなぁ〜と気にはなりますが、現状でも特に不満がないので、ゆったり構えております。

 そんなこんなで、4月分のA.M.A.N.トローブに突撃してきました。
 なんと、小鳥さんがマーズビーナスどちらもミミックを引き当てて、手ぶらで帰還です(笑)。慎重派&割と運がいい方なので、結構レアな事態です。あまり深く考えずにぱかんぱかんと開けたら見事ミミックでした。
 反省してさとみんの方では集中して(?)ミミックがどれかを念で透視しつつ(笑)開けたところ、2勝。マーズは1個目で「とて」、ビーナスは4箱眼で「とて」でしたので確定しました。
 中身は、装備祭り。デゥルガイレギンス(★向かい風)、アニールドランス(エスカ-ジ・タStep3NM・パルスアームズ)、板額の弓(★武士道とは)と、豪華なラインナップです。
 デゥルガイレギンスは、獣使いで使うかな? アニールドランスはパルスアームズなので、一応これでアンバス武器2本目を作ることも可能にはなりましたね。板額の弓は、狩人やる予定がないので倉庫の肥しになりそうですが……。

 小鳥さんで2敗した時はどうしようかと思いましたが(笑)終わってみればかなりの引きの良さだったと思います。それではグレイソンさんまた来月お会いしましょう!
posted by さとみん at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテムとり

2019年05月08日

炎纏う拳

Karambit.jpg
 これで私も武神様!

 なんとなんと、小鳥さん、格闘のアンバス武器最終形態、カランビットをゲットできましたー! 【やったー!!】ヤッターマン
(最近Google IMEを使ってるLSメンが、【やったー!!】を変換しようとすると、必ずヤッターマンが自動付加されるという謎のバグに苦しめられてます)

 今月は1週間以上日本を離れていたこともあり、ホールマークはそれほど稼げないかなぁと思っていたので、アンバス武器は来月までお預けと思っていたのですが、最初は無理に見えた2章むずかしいが安定クリアできるようになったので、1章とてやさと合わせて毎日少しずつクリアしていたら、なんとなんと8000ptにたどりついていました。
 こ、これは……先月1個だけ引き換えた分と合わせて、アブダルスマター5個いけんじゃね!?
bukikoukan.jpg
 という訳で、以前ゴブ箱からぽろりしていた天光丸を収納家具から引っ張り出し、アブダルスマター5個とカジャナックルを震える手でゴルパマソルパくんに引き渡して、無事にカランビットをいただきました。
 クリティカル装備と相性のいいこの格闘武器、装備を膝丸メインからムンムメインに切り替えた方がいいのかなぁ?とも思いますが、またしばらくあれこれ考えるとしますかね。

 そんなこんなで、2章をソロでクリアするだけでも、何回も周回しなくても、ちゃんと積み重ねていけばアンバス武器完成までたどり着けることを証明できて嬉しいですぞ!
「でも金策素材は全然取れないんでしょ?」と言われそうですが、ぶっちゃけ、今小鳥さんでも1000万ギルくらい貯金があって、ギルには困ってないんですよねー。RMEA武器を急いで作ろうとかしなければ、そんなにギルって使わないし、無理にアンバス周回にこだわって素材稼ぎをする必要性が全然なかったりします。
 ガーデンとゴブリンの不思議箱をこなして、1日1回アンバスやって、デイリー課題をこなして、あとは好きなミッションやらクエストやらやってるだけで、ちゃんとそれなりの装備が揃っていく今のヴァナは、ほんとにまったりマイペース派にとって天国だなぁと思う次第です。
posted by さとみん at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2019年05月06日

ヴァナ・ディール in ウズベキスタン

 リアルでウズベキスタンに行っていたので、しばらくGPD Winでログポを回収するのがやっと、という状態でありました。
 ちなみにウズベキスタンの通信事情は、使ったSIMカードの限界なのか現地の限界なのか、ほぼ3G以下、ホテルのWiFiもゆっくりのところが多くて、ログポ回収もやや時間がかかります。とはいえ普通にアクセスできるのは、テレホーダイ時代からの古強者FF11ならではですね!

 ウズベキスタンの美しい景色を見ても、私のFF11脳は、「ここヴァナのあそこに似てる!」とすぐ言い出す状態になっていたので、記念にアップロードしておきます。
tahrongi.jpg
 タロンギ峡谷のダルメルが戯れているところ。
(カラカルパクスタン共和国の砂漠にいたラクダです)

ranperrstomb.jpg
 森の中だったらランペールの墓の入り口じゃないか……!
(シャフリサブスにあるアクサライ宮殿そばの、ティムール王の墓所予定地なので、リアルでもお墓)

shiromon.jpg
 まぁ、白門ですよね。皇宮入り口ですよね。
(ほんとはブハラの霊廟)

fuumadou.jpg
 私の中では、封魔堂の天井ってこんな感じなんじゃないかなぁと思ってるんですがどうでしょう。
(サマルカンドのレギスタン広場のマドラサ天井だったかな。遠近感が狂う圧巻の装飾。宇宙を感じる)


 本当は、ヴァナの造形を考えるに当たって、こういうリアルの建造物や風景を参考にしていると思うので、リアル→ヴァナ→リアルと何周かしてる感じもしますが(笑)。こんな風に、リアルにヴァナを探すのもなかなか楽しいです。
 皆様も旅行に行かれた時は、「ああっここサンドリアに似ているぞ!」とやってみるのオススメですぞ!
posted by さとみん at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 風景