2019年05月16日

美しい素数の年

17years-fire.jpg
 17周年おめでとう&ありがとう!

 今日でヴァナ・ディールも17周年です!
 いやほんと、色々ありましたけど、ありすぎて色々ありましたとしか言いようがないんですけど。こうしてまたみんなで花火を上げてわいわいできることに、心から感謝です。
 17周年記念ユーザーイベントを、サンタさん(仮名)がまた開催してくださったので、一緒に祝うことができました。

17years-dancer.jpg
 もちろん、Sirenワールドが誇る踊り子達のダンスも華やかに、記念すべき日を彩っておりますよ。

17years-morbol.jpg
 なんか途中ホラー映画みたいな光景にもなっておりましたけどね。

 ファミ通さんが17周年を記念して、松井さんと藤戸さんにがっつりとインタビューをしてくださり、ここでもあらためて「最低でも2022年まではサービス継続」が明言され、さらに「20周年はゴールというよりもチェックポイント」という話もあり、その先も視野に入っていることがわかって、プレイヤーとしては有り難い限りですね。
 私は、今のヴァナ・ディールに正直あまり不満はなくて、一番に願うことは、これからも健全にヴァナ・ディールが続いていって欲しいということです。
 そういう意味では、松井さんがまさにそういう目標を掲げてくださっていることは本当に嬉しいし、全幅の信頼をおけると感じています。

 インタビューでは、専任スタッフのキャリアプランや外注スタッフへの発注計画といった、まぁプレイヤーという立場では心配するのも余計なお世話ではあるんだけれど、こちらもいい年になっているのでどうしても気になってしまうことについても述べられていて、そうだよなーとうなずいていました。
 特にFF11は、開発機材から環境から、何もかもが、今となっては特殊な存在だと思うので、キャリアプランに与える影響は大きいでしょうしね。それでも、全力で世界を創り続けてくださるスタッフの皆様がいらっしゃるありがたさ。
「『FFXI』が30周年を迎えるころには、初期の開発スタッフたちがみんなリタイアしていると思うので、ボランティアでヴァナ・ディールをコツコツと拡張できたら楽しそうですね(笑)。」なんていう発言も、今の段階では遠い先に見える星のような夢のお話ではあるんですけれど、本当に実現したらすごく幸せだなぁと思いました。FF11は、それが叶えられる可能性のある、本当に数少ないタイトルだと思うし。

 まぁ、それを叶えるためにも、これからまた十何年間、われわれプレイヤーは楽しく走り続けたり、気ままに散歩してみたり、立ち止まって虹を眺めたり、モグハウスで昼寝してみたり、していくつもりです。
 全然遊び切れていないこのヴァナ・ディールの世界、これからもよろしくメカドック!(ですてにぃさん風)
posted by さとみん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント