2019年06月27日

願望と信頼

futago.jpg
 生き別れの双子がここで出会う!
(クエストで出会うNPCが、同じフェイスタイプで髪の色が違うと、こういうネタをやりたくなりますよね)

 ここ数日体調がよくなくて、あまり長くログインできていないのですが、白魔道士の調整が結局以前の仕様に戻ると決定されたというフォーラムの投稿だけは読みました。
 以前にも書いた通り、今回の調整に関する私のスタンスは「どっちでもいいよ」というものだったので、戻ったことについても特別の感想はないです。りょうかーい、じゃあそのつもりで遊びますね!というだけで。
 まぁ、撤回されるエスナやサクリファイスの仕様を生かすような敵が今後出てくる可能性が薄らいだことだけは、ちょっと残念ではありますが、そこまでこだわることでもないのでね。
 とりあえず前の仕様の方がよかった皆様は、よかったですね。というくらいの感想です。

 今回の騒動でちょっと感じた、超個人的な感覚についての話は、お読み頂いている皆様には全然関係のない話なので(笑)折り畳みで。ほんとに大したことのない、ごく個人的な、自分についての発見なので、わざわざ読まなくてもいいと思いますよ。個人的な走り書きです。

以下ネタバレ。
posted by さとみん at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2019年06月25日

汚職許すまじ

cornelia.jpg
 思春期の悩みから、一歩踏み出そうとするコーネリア。

 小鳥さんのバストゥークミッションも、ちくちくと進めて、いよいよランク9のお題になりました。Lv70の青魔道士で突っ込みます。
「最後の幻想」という意味深なタイトルのこのミッション。麗々しい名前に心ときめかせて受領すると、実際はとんだ汚職大臣のせいで激闘を強いられるという、実にバストゥークらしいリアルな展開となっております!(笑)

 とりあえず小鳥さんのミッションは、下調べをしないで突っ込むというお約束なので、「グスタフのどっかの水たまりにある奇跡の塩を見つけてくる」というおぼろげな指示だけを頼りに、グスタフへゴー。
「周囲は凶悪なモンスターがいるらしい」という言われているので、Lv70-80代の敵がうようよいる地下の方だよなぁ、とスペクトラルジグのまま水たまりという水たまりを探し歩いた結果、無事に奇跡の塩が見つかりそうな???を発見しました。
 ここで調べると、どこからともなくモンスターが現れるのがお約束だよね。うんうんわかってるわかってる皆まで言うな。賢い小鳥さんはぬかりなくフェイスを呼び出してから???をシュッ。
「嫌な気配がした!」
 ほらやっぱりね、さて敵は……

Gigaplasmの攻撃! → Amaurotisに結構痛いダメージ。

 思い出したあああああああ! これ、スライムが出てきて、倒すたびにどんどん分裂して増えていくやつだああああ! フルイドスプレッドをばらまかれるとLv70のキャラとかひとたまりもなくバタバタと倒れていくやt
slime-death.jpg
 こうなりました……。

 ま、まぁ、場所はもうわかったからね。とりあえずAATT様を呼んでスリプガをしてもらえば大丈夫、よく知らないけどきっとそう。幸い、???の周辺はアクティブな敵がいないし、わかってれば大丈夫だろ!
slime-death2.jpg
 こうなりました…………。
 AATTさんのスリプガ、意外とここでぶちまかして!ってタイミングではやってくれない。あとフルイドスプレッドがほんと凶悪で、Lv70だと後衛フェイスがどんどん蒸発してしまう。
 とりあえずわかったことは、汚職は本当によくないことだという真実である。

 AATTさんのスリプガに頼るのはやめ。キツキツの青魔法ポイントを何とかやりくりしてシープソングをセットです。ほんとはまつぼっくり爆弾も入れたかったんだけど、そんな余裕はどこにもなかった。自分で寝かしをしようそうしよう。
 という訳で、三度目の正直チャレンジです。
 シープソングがレジられたら万事休すでしたが、幸い詠唱が完了さえすれば問題なく寝てくれます。これで分裂したスライムを順次眠らせながら、1体ずつ処理していきました。それでもフルイドスプレッドがすごいダメージなんですがね。AAEVさんにタゲを取ってもらいながら、シープソングで寝かして攻撃し

AAEVのアロガンズインカーネイト! → 寝かしたスライムたちに色々ダメージ。

 こぉおらあああああああ! 誰だ寝かした敵を範囲で叩き起こすのはぁぁああああ! シープソングはリキャストめっちゃ長いのを知っての所業かあああああ!(号泣)

 ……そんな死闘激闘の末、ようやく
kisekinoshio.jpg
 奇跡の塩をゲットですよ! その後、ラバオで我々はある「奇跡」を目の当たりにする訳ですが……それはまた別のお話。最後は汚職大臣にも無事にバチが当たりまして、よかったよかったとグンバの手腕を褒め称える締めくくりとなりました。
 いやー、このミッションの教訓、しみじみと身にしみますね。汚職は本当によくない。 バストゥークの国民よ、次の選挙ではちゃんとクリーンな政治家を選出しようではありませんか!
posted by さとみん at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2019年06月23日

とても、大きな、箱

satominn201905.jpg
 アデマジャケットを作れ!

 先月分のA.M.A.N.トローブ、小鳥さんの分は何とかVU前にクリアしましたが、さとみんの分が今月まで引っ張っておりました。時間ができたので、急ぎ5月分をクリア。そうしないと次のマーズオーブがもらえないからね!(泥縄感満載)

 マーズで、1発目で「とても」を引き当てたので、即確定。ニビルスタッフとスタッグホーンでした。ニビルスタッフって、召喚士向きなんだろうか? 最近召喚士装備がいっぱい降ってきて、なんか召喚士をやれというプレッシャーを勝手に感じているせいか、何でも召喚士装備に見えてくる。絶対思い込みなんだけど。
 ビーナスでは、「大きな」5箱を開けたところで、安全策で確定しました。大きな、でもローハイドベストとかもらえるんですね。CL119は「大きな」扱いなのか、「大きな」の中でのアタリなのか、よくわからないけど。セラエノクロス、フィルの堅甲といったVW素材が降ってきたので、全ジョブのレリック装束を119にする計画に役立てたいと思います。

 そんなこんなで、意外と終わってみればいい結果でした。
 6月分はまたVU直前になりそうですが(笑)。グレイソンさんその時にお会いしましょう!
posted by さとみん at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテムとり

2019年06月21日

行くべきはウルガランだった

no-frostbress.jpg
 テリガン岬のラプトルは、フロストブレスを使わないことに気付くまで、3体ほど激闘しました。

 小鳥さんのミッション関係は、せっかくだから実装された当時に想定されていたレベルでクリアしてみたいなぁと思い、バストゥークミッションは青魔道士のレベリングと並行して進めていました。
 まぁそのために、レベリングを中断したらミッション進行も自動的に中断してしまった訳ですが。
 という訳で、そろそろミッションを再開するためにも、青魔道士のレベリング再開です。

 今はあっという間にレベル99にすることができますが、青魔道士はむしろラーニングが重要&大変だよね!ということで、基本的に経験値の入る敵でラーニングをすることでレベリングをしています。その時のレベル帯でちょうどいいのを見つけるのもまた楽し。
 ただ、メメントモーリやらボディプレスやら、ソロだと面倒&いい敵が見つからない&地理がよくわからないアトルガンエリアの敵で中の人にひるみ状態が発生するという三重苦(笑)の技も多くなってきて、右往左往してます。
 今小鳥さんの青魔道士はLv69で、青魔法スキルも青字なので、スキル的にはかつて全青魔道士が憧れたLv75時代最強の誉れ高いディセバーメントも覚えられるはずなのですが、まだH.バラージも覚えてないので、こっちが先ですね。

 最近は、アンバス武器を入手したモンクでの戦闘が楽しくて、こういうMPを使う戦いをすっかり忘れていたのですが、色々できる青魔道士はこれもまた面白いです。……と言いつつ、今のところ青魔道士では、トリオン殿下にタゲを取ってもらいながら、自分は燻竹刀とモグロッドをぶんまわしてるだけなんで、全然頭使ってないんですけど!
 
posted by さとみん at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2019年06月20日

一度しか味わえないから

zeid-talk.jpg
 ガルカの重い歴史を語るザイド。彼とフォルカーの葛藤の行方は……

 小鳥さんで遊ぶアンバス2章が面白くて、ガーデン→アンバス→デイリーお題消化、で終わってしまいがちなのですが(笑)実は小鳥さん、ミッション関連が意外と残ってるんですよね。バストゥークに移籍してからも、まだランク8の状態。アルタナも「天涯の娘」で止まってるし、星唄ミッションも醴泉島あたりで止まってる状態。
 こう書くと、アンバスよりもミッションがつまらないみたいに見えますが、もちろんそんな訳では全くなくて、むしろミッションの方が好きというか、その……もったいなくてですね……つい……。
 だってだってー、ミッションが終わっちゃったら、ミッションは終わりなんだよ!?(意味不明な供述)

 クエストやミッションなどのストーリースキーなので、おいしいものをとっておきたい葛藤から後回しになりがちなのですが、さすがにそろそろツボチャージを貯めたりオーメンに行ったりするべきじゃないかね? CPボーナスも獲得しておいた方がよくね? と思い、ミッションを徐々に再開し始めました。
 星唄ミッションをいつクリアするかが悩みどころですねぇ。せっかくだから、アルタナと三国を終わらせてから締めくくりたい気もするし、いやいやさとみんの方でそれは体験してることだし、星唄を終わらせてからアルタナをやるのもいいんじゃない?とも思うし。
 そして悩んだ挙げ句に訳がわからなくなってカンパニエに行ったりしてしまうのですが(笑)。

 松井さんが、ストーリー関係も少し手を入れて何か追加したい、というお話をされていたので、ミッションが全部終わってもおかわりが来るよ!と自分をなだめながら、色々進めたいと思います。
 ……まぁ、実のところ、まだ小鳥さんはクエスト関連がたくさん残ってますし、アドゥリンクエストのコンプもしてないし、追加シナリオ三部作も手付かずだから、まだまだ好物は待ってるんですけどねー!
 とりあえず、6月中には何か終わらせておくつもりでがんばるかなぁ。

 でもやっぱり、ミッションやクエストの喜びって本当に別物というか、FF11のストーリーの良さはどんなに強調しても足りないところなので、後回しにしてしまうこの気持ちは読んでいる皆様にもおわかりいただけるのではないと思うのですが、いかがでしょうか!(結論をゴリ押しして終わる)
posted by さとみん at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2019年06月19日

やっぱり磁器が一番丈夫

totemuzutubo.jpg
 このツボを割ってもちいさなメダルは出てこない。

 今月のアンバス2章、とてむずも無事討伐できました。
 敵が3体ということで寝かしがないときついかなぁと心配していたのですが、放置でも何とかなりますね。ありがたや。
 倒す順番を考えるのがコツ、というのが松井神のお告げ。しかしまだ今のところ、これが一番いいな!と思う順番は見つかっておりません(笑)。おりませんが、特に事故なく討伐できるので、今月はボーナスステージという感じです。ツボ相手ならモンクの出番だしね!

 Gを倒すとアビが回復、Mを倒すとHPとMPが回復、Rを倒すとTP3000というボーナスがあるようです。
 どうしても後衛のMPがジリ貧になりがちな小鳥さんアンバスにおいては、Mを最後に回すのはちともったいないので、GかRが最後かなぁと思っております。試しに、Rを先に削ってみたら、最後のGがスペクトルバリアを連打し、シャントットII様の魔法が全然通らなくなってしまいました。Rを最後にした時は、被ダメカットで削りに時間はかかるんですけど、スペクトルバリアは使ってこなかった気がするので、倒す順番によって残りの敵の使う特殊技が変わってくるのかなぁ。
 ……と思ってたのですが、その後、Gを最初に討伐した時でも普通にスペクトルバリアは使われました(笑)。ただそこまでの頻度ではなく、また最初に討伐した時の方が討伐にかかった時間が短かったので、Rより後に倒す場合、Rの被ダメカットが受け継がれているような気も?
 あと、Rの被ダメカットが、スピンアタックを使ってる間はなくなるという説を聞いたものの、なんかあんまり変わってる感じがしません(笑)。
 Rを先に倒す時でも、被ダメカットがゆるくなってる感じはしないので、そうするとGも魔法ダメを入れにくくなってしまう可能性を考えると、Rはやっぱり最後に回して、最後にじっくり倒す方が結局は楽そうです。

 あと、それぞれのツボのファーストターゲットが、こちらのジョブで決まるような気がします。ナシュメラIIやクピピさんが殴られることが多いので、後衛を優先的にターゲットするとか、そういうロジックが入っているのかな。3体順番に殴っていって、盾が十分にターゲットを集めてから、おもむろにR→M→Gの順番で倒すのが安全なのでしょうが、まぁ意外と向こうの攻撃がそこまでシビアでもないので、白殴られ上等!でも何とかなってしまいます。松井さんの温情を感じる……(笑)。

 そんなこんなで、今月はとてむずもクリアできるので、ホールマークが割と貯まりそうです。がんばるぞー。
posted by さとみん at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2019年06月18日

ドレッド パージャー

odinprime.jpg
 ヴァルハラに散華せよ!

 日曜の夜は大体フレンドさんとアンバスをやっているのですが、今月の1章は「白魔道士枠ないですよね……」となり、みんなで野良シャウトに乗って、★修羅の道に行ってきました。編成は、剣侍シ(サポ召)赤風+へっぽこ白。
 私は初挑戦だというのに、いきなりとてむずに放り込まれるスパルタです。さすがオーディン、闇の神だけのことはあるぜ!(闇の神ってそういう意味じゃない)

 いやーオーディン様はさすがに強くて、5回くらいチャレンジして、3回くらい敗北してます。結果としては2勝できて、1回は装備品ドロップなし(笑)。2回目はフロプトヘルムが2個ドロップでした。

 何が強いって美しくストレートに強い(笑)。
 技が全部範囲ダメージだけど、ゲイルレズの頭割り18000ダメージ(笑)もあるので全員固まってないといけない。ユッグでヒューマンキラー発動してこっちがひるみまくる。攻防比が一定以上になると即死という非常に面白い効果の斬鉄剣・剛があるので防御力ダウンは絶対に消さないと。歌とロールは消されまくるので飽和強化で押し切ることもできない。風水耐性もあるのでパッセ一斉射撃でもダメ。ミュインララバイは一応TPを減らせるけど、眠らない。使ってくる魔法がドレッドスパイク、エンダーク、範囲ドレイン、範囲アスピル、アブゾタックとかでどれもダメージが激ヤバなのに、さらにメルトンまで加わり頭がおかしくなって死ぬ。
 ただ、麻痺は結構入る感じで、用語辞典によると攻撃間隔も遅めだそうです。確かによく麻痺ってたし、シーフのまどわすによるひるみもよく発生してました。お互いひるみまくる展開。お見合いか。
 通常攻撃は割とゆるいけど、特殊技と魔法がコワイので、前衛は、通常攻撃少なくともWSを撃てる侍さんや、モクシャもりもりのモンクさんが向いてそうですね。盾は、今回魔導剣士さんでしたが、ナイトでも問題なさそうでした。ルックス3振りでも目に見えて楽になるという感じではなかったので、闇耐性よりも高HPと魔法ダメカットと、着替えが少ないことが重要ぽい(もうひとつの斬鉄剣・改が「最大HPの95%のダメージ」というステキ性能なため、着替えた時にHPが減ったりすると即死)。忍者はしぬ、何もかもが範囲と空蝉消費技だし(笑)。

 しかし今回のキージョブは赤魔道士さんですねぇ。
 魔法が激ヤバなため、サイレスを入れるのが至上命令ですが、レジストハック前提という感じ。加えてバイオの維持と、ディスペルによるスパイク・エンダーク消去も生命線。こっちのMP消費も激しいのでリフレシュ3を撒くのも必要。見てるだけでも気が狂いそうである。
 白? とにかくひたすらケアルとケアルガして、防御力ダウンは絶対に消して、呪いと沈黙とバインドを治して、メルトンを女神の祝福で治して、あとゲイルレズと斬鉄剣でしょっちゅう人が死ぬので、ファストキャストがんばったアレイズをスタンバイさせましょうね^^
 ……アスクレピウスが欲しくなり、ます、ね……
(サポ召でミュインララバイ要求されたらどうしようかと思っていたが、ぶっちゃけ回復が忙しくMPも必要なので、そんな余裕はどこにもなかった)

 まぁ、実際のところ、とてむずでなければここまで激戦でもないんでしょうか(笑)。とてむずでも装備品が出ないことがある訳なので、無理にとてむずをやらなくてもいいのかも知れないんですけど。
 でも、今回は楽しいメンバーに恵まれたこともあり、死にまくりながらも終始ワイワイ楽しく挑戦することができました。とてもとても大変な、プチマスタートライアルという感じでしたけど、実装直後なのでこれくらいがいいですね!
posted by さとみん at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2019年06月17日

称号はキン・キッカー

oomen.jpg
 オーメン準備中。

 LSの鮒師匠が、フレンドさんとオーメンの金討伐に行くということで、エミネン目標クリアのために寄生……ゲフンゴフン、お手伝いに行ってきました!
 詰みじゃないオーメンは久しぶりです。胴装備のドロップの低さをもうちょっと何とかしてあげた方がいいと思いますが、楽しいですよね!
 集まった編成は、剣戦忍赤風白+赤風。金はターゲッティングと11ディメンジョンのコンボを防ぐため、適宜タゲを回していく戦術なので、盾以外も被弾します。カウント5の死の宣告もあり。白魔道士はスピード感を求められる敵です。

 集まった方の中に、このブログをご覧いただいている方がいらして、復帰の参考にしたとご感想をいただき、チャットでは平静を装いましたが、画面の向こうでは顔真っ赤にしておりました。てれてれ。
 戦術やら装備やら攻略やらの役立つブログは他にいっぱいあることですし、こちらでは楽しいな〜という今のヴァナの雰囲気が伝わるといいなーと思って書いているので、嬉しかったです。

 中ボスでは、前衛陣の悲痛な祈りもむなしくThinkerがのっしのっしとやってきました。幸い風水士さんが弱体を連打してくれるので、痛覚封じのための弱体連打を担当しなくて済み、私個人はむしろラクチン。2回ほど痛覚同化の暴発があったものの、全滅はせずに建て直すことができ、きっちり討伐です。メンバーのトラウマを払拭……できてるといいな(笑)。

 Thinkerがほとんど山場だったため(笑)ボスのKinは無事故で討伐でした。ターゲッティングも完封、死の宣告も一発カーズナで治癒、前衛陣のアムネジアを……エスナで直すのを忘れたのが痛恨のミスです……Orz
 ドロップはウトゥグリップと小札と月光鋼。【胴】【どこですか?】

 このオーメンで、ついに大白魔道士のカードが35枚貯まり、残っていた手部位を+3にするだけのカードが貯まりました! あとは小札さえあればコンプだ! ……小札、さえ、あれ、ば……ね……
 次は師匠に桂馬の寄生をしようと誓う、他力本願のさとみんでありました。
posted by さとみん at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2019年06月14日

2戦1勝

kotori201905.jpg
 久しぶりに金箱をゲット。

 リアルで急な仕事が入り、バージョンアップ前後だというのにドタバタして、恒例のA.M.A.N.トローブができていません!
 大急ぎで小鳥さんの分の2戦はやってきました。
 先月2敗という悲しい結果だったので、今回こそは捲土重来を期して立ち向かったマーズで、4箱目に見事ミミックを引き(笑)あえなく帰還。まさかの2ヶ月連続の手ぶら帰りかと思ったビーナスで、2箱目にとてを引き当てて、何とかエスカ-ル・オンの狩人武器と、上位火の試練のドロップの両手刀をゲットできました。
 どちらも持ちジョブではないので、とりあえず保管です。あとはセリアも、取ろうと思うと大変なVW素材なので、ちょっと嬉しいかな。
 狩人や侍も面白そうなんですけどねぇ。遊びたいジョブは色々あるのですけど、手が回らなくて、悔し涙に暮れております。
posted by さとみん at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテムとり

2019年06月11日

ほとんどカンストしてる

tubo.jpg
 エンポロックスのツボのアイコン、超可愛い……こういうツボ欲しい……
 という話では実はなくてですね。

 SSを撮れなかったのですが、LSメンやフレンドさんと、今月のアンバス1章巨人リバイバルに行ったら、何故か魔導剣士さんがマキュリアルストライクをくらって蒸発する事故が起こりまして。
 ログによると、そのダメージなんと98000以上。そして次に突入した時も70000以上のダメージで戦闘不能という事態に。
 きゅうまんはっせんダメージ!!!??? ナニソレ被ダメカット装備が外れてるとかそういう世界の話じゃないよね!? 一体何がどうしたというの!
 われわれの用語辞典を見ても、特にそういう話は載っておらず。これ、何かの条件を満たすとマキュリアルストライクのダメージが跳ね上がるギミックがあるんですかね?
 ひょっとして、マキュリアルストライクは魔法ダメージなんで、ボスと雑魚の技で連携が発生して、そのMBということでとんでもないダメージになったりしてます? でもそれだったらログに、マジックバースト!とか出そうなもんだけどなぁ。
(敵の技だと出ないんですかね? その辺よく知らない……)

 たまたま、私は吟遊詩人で参加しており、ちょっと浮かれてソウルボイス・クラリオンコール・ナイトルマルカートとフルセットで5曲のマチマチバラバラバラとかやっていた回だったのですが、もしかして強化の数でダメージが上がったりするんじゃろか。
 まさか、私がソウルをすると盾が死ぬとか、そんな恐ろしいジンクスが誕生したりしないですよね?(笑) どなたか原因ご存知の方がいたら教えてください(笑)。
posted by さとみん at 22:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2019年06月10日

ツボツボファンタジー

MysticalTerracotta.jpg
 ツボの名前確認中。

 バージョンアップでっす!
 今月の目玉は、上位オーディン戦と、黒魔道士の調整ですかね〜。とりあえず、大急ぎでジュノ下層の魔法屋さんで、古代II系のスクロールを買って覚えてきました(笑)。
 そんなこんなで、アンバス2章ですよ!(どんなこんななんだ)

 今月の2章、マジックポット複数と対戦ということで、とりあえずふつうに突撃してみたところ、3体のツボでした。どうも、1体倒すと残りにその能力が受け継がれるか何かで強化されるぽく、倒す順番を考えるのがコツらしいです。去年の夏の昆虫採集アンバスぽい感じ……なのかな?
 ただ、さとみんで「ふつう」をやった感じでは、そこまで強烈な攻撃を受けず、特徴を掴み終わる前に倒してしまいました。
 ツボの名前は Glistening Cazuela(ぴかぴか光る土鍋)、Rigid Porcelain(カチカチの磁器)、Mystical Terracotta(神秘的なテラコッタ)ということで、これもたぶん何かのヒントだろうなー。
 私はG→R→Mの順で倒しましたが、この状態で、Gはダブルレイ、Rはスピンアタックと神秘の光、Mは水系精霊4・3ガ系とバッテリーチャージの使用を確認しております。Rは被ダメカットがあるような感じでした。硬い磁器だとすればさもありなん。
 Mの範囲精霊が結構じゃぶじゃぶ降ってくる割に、Mがそんなに硬く感じなかったので、M→G→Rの順番が倒しやすいのかしら? まだ全然数をこなしてないのでわかりませんね。小鳥さんで色々試してみなくては。

 そういえば今回のVUでツボチャージのアイコンが変更になって、「ツボッ!」って感じでカワユイので、それを記念しての壺アンバスだったり、しますかね?(笑)
posted by さとみん at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2019年06月05日

炸裂と切断の間

genshusakusei.jpg
 明日から本気出す。

 職人キャラたちの銀の書取得も一段落し、ジョブポキャンペーンも終わり……いよいよ逃避していた、調理エスカッション盾製作に真面目に向かい合うことにしました。

 まずは、忍者のジョブポで集めた属性紋のカードを片っ端からゴリゴリ分解。ゴリゴリ……と言っても、一番たくさん集まった風紋のカードすら50枚くらいしかありません。アルドさんのトレハン1ですからまぁこんなものでしょう。
 ちなみに成功率は、だいたい45~52%くらいをふらふらしてます。光紋のカードだけ、なぜかものすごく成功率が低く出てしまい、22%くらいしか成功していませんが、絶対数が少ないので誤差が出ているのだと思います。……どうせなら成功率が高い方に誤差が出てほしかった!(笑)(欲深)

 未だ9%くらいしか精神度が貯まっていないので、ここから毎日のようにシンフォIIに通って連携しなければなりません。ちなみにLSの大王様(仮名)は、私より後からこの精神度蓄積を始めたのに、もうとっくに私を追い抜いておりますトホホのホ。

 で、ちくちく連携していますが……
 なんというか、これ、結局同じパターンしか実質ないですね……(号泣)。
 Lv1の連携を10回くらい繰り返しただけでも、もう漏れが発生してしまうので、Lv2以上の連携をするのが必須なのですが、そうするとLv2連携に絡みにくい属性が幻珠がまとめて死んでしまうという。
 緩和されましたが、それでも貫通と収縮の幻珠が絶望的に不足するために、この二つがないとLv2に絡めない切断と炸裂も巻き添えで死亡してしまいます。使い道なく貯まっていく炸裂と切断を何とか使えないかと、Lv1連携を繰り返すと、やっぱり漏れて元の木阿弥に。

 うーん……「効率が悪い」というのではなく、露骨に「マイナス」なので、Lv1連携がむしろ厄介物になっちゃうんですよね。存在意義がLv2連携に繋げることしか存在しないのは、やはり悲しいよなぁ。
 色々な連携があるように見えて、結局使える連携パターンて数種類しかないので、使う幻珠がものすごく偏ってしまう。
 単に、「Lv3じゃないとものすごく効率が悪いよ!」という話だったら、別に効率なんてどうでもいいわーコツコツやるわーでLv1幻珠をぽちぽち消化できるんですけど、「使うと死」なので使えない!というのは、何とかならないものか。

 まぁこの漏れシステム、たぶんツール対策だと思うんですよね。LV1の幻珠をぽちぽち入れるだけで精神度が貯まるようになると、単純作業の繰り返しでツール万歳になってしまうので、それを防ぐために強烈なマイナスを入れている、というのは、うん、納得してるんですけど……。
 せめてLV1幻珠からLv2を合成できるとか、何か「ものすごく効率は悪くてもいいから、マイナスはない使い道」が欲しいんですよね……。どなたか、炸裂と切断のウマい使い道、知ってたら教えてくださいませんか。

 え? 監獄のリーチとエジワのダイアマイトと、新区画のアンブリルとデュラハンをひたすらに狩り続ければいいだけじゃないかって? あとは連携関係なくひたすら投入して1ポイントずつ稼げばいいじゃないかって?
 ……はい、おっしゃる通りであります(笑)。四の五の言ってないで、手を動かせ! コツコツ好きの底力を見せてみろ!
 ちなみに、幻珠購入は、たぶんほとんどしないと思います。単純に、そんなにギル稼ぎできないので(笑)。
posted by さとみん at 09:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 合成/錬成/釣り

2019年06月04日

ウマを殴って首無しにWS

kubinashitooi.jpg
 がんばれアタッカーさん。

 5月分のアンバス1章は、デュラハンリバイバル。
 3月4月と後衛負荷実験の趣があるギミックでしたが、5月はうってかわってアタッカー負荷実験だ……と見守っておりました。デュラハンの特殊技に即時適切な反応をしないとダメ、アリコーンにほどほどのダメージ(というかTP)を与えないとダメ、でも大ダメージを与えて吸収されちゃうのもダメ。がんばれ……アタッカーさん超がんばれ……!
 え? 怨み? 早くストーン撃て? あっ、ハイ、がんばります……。
(そしてネザーカスティゲーションの発動を見逃して大ダメージを受ける白)

 FF11はもともとのシステムが、そこまでスピーディなやりとりを想定しているものではないと思うので、この手の即時反応系ギミックは扱いが難しいよなぁと感じています。
 痛覚同化もそうだけど、あっ!と思った時にキャンセルが間に合わなかったり、ラグで反応できなかったり、ログがずらーっと流れちゃってそもそも確認できなかったりするので、本当はFF11向きのギミックではないですよね。
 まぁ、FF14ならいいのか?っていうと、うん、アレでソレで、色々阿鼻叫喚だけど。(そっと目をそらす)

 デュラハンのチャージングアップ後のモード、ログ以外でわかりやすくなるようにしてほしいよなー。色関係だと、ディスプレイの具合や個人の色覚で問題が出てしまうので、ポーズを変えるとか。
 力を溜めるは超ピカピカに光る、瘴気を溜めるはもっくもくにガスを出す、怨みを溜めるはエビぞりになるとかさー(笑)。ログを見逃してもわかるようにしてくださいお願いします!

 と言いつつ、厄介なのは、このFF11向きではないはずのギミックすら、プレイヤーたちは消化してクリアしてしまう事実があるということで、今回も「これ無理やろー」とか言いつつ何だかんだでとてむずをクリアしていました。アタッカーさんたちに盛大な拍手を!
(まぁ超安定ラクラク3分クッキングではないけれど、それは当たり前の話である)
 なまじクリアできてしまうがゆえに、ギミックが定着してしまうことを考えると、うーん、本当に悩ましいんですけど。それにある程度の負荷実験(苦笑)がかかるからこそプレイヤースキルが上がっていく側面はある訳で。

 プレイヤーの本音を赤裸々に言えば、「オレがゲームがうまいと錯覚してイイ気分になれるようなギミックを作ってくれ」になってしまうのですが(笑)。難しいギミックはイイ気分になれない、でもラクすぎるとゲームがうまい気分になれない。特に後者のさじ加減て本当に厄介で、人によってレベルが違いますからね。

 本当は、「誰もがアンバス1章とてむずを周回する訳ではない」「別に1章とてむずを周回しなくても全然構わない」という了解ができることがいいんでしょうけれど、うーん。悩ましいですねほんと。
posted by さとみん at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2019年06月02日

私腹とはポーション

drink.jpg
 イナバウアーをしようとしている訳ではない。

 小鳥さんのアンバス2章をやっていて、ふとイングリッドさんを見たら、セルフアグランダイズメントを使用している時に見慣れないポーズをしていました。
 なんだろうこれ……と思ったのですが、
drink2.jpg
 どうやら、ポーション系の何かをゴクゴクしているようです。
 そういえばイングリッドさん、ミッションでも深手を負った時に、ポーションぽいものゴクゴクして回復してた! さすがフェイス、再現度高いな!
 セルフアグランダイズメントとは、ウィズダム英和辞典だと「自己権力(財産)拡大、その行為」とあって、用語辞典だと「私腹を肥やすこと」みたいな説明をされてましたけど、きっとこのポーションはエクソシストの威光でぶんどってきたものなんだな(笑)。
 ヴァナのエクソシストは白魔道士の一種なのかと思ってたのですけど、ケアル系を全く使わずにポーションをがぶ飲みしているので、白魔道士というよりも、あれはあれで別のジョブなんでしょうね。しかし、範囲でHPと状態異常を回復するその薬……プレイヤーの錬金術師に開放してもらえませんかね?(笑)(私欲にまみれた眼差し)
posted by さとみん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景

2019年06月01日

デュオでいこう

uta6kyoku.jpg
 ずらり並ぶ歌アイコン。

 みんな大好きジョブポキャンペーンの最終日。先日に引き続き夜にログインできたので、LSメンバーにさらにお友達を加えて、オーメン詰みとドーの門のジョブポパーティに行くことになりました。
 本当は桂馬行こうか、と言っていたのですが、うまくメンバーが揃わなかったのであきらめ。
「まあシャウトして人集めるって手もあるけど」
「痛覚同化で失敗した時に笑って流せないから野良はやめよう……」
 前衛たちの魂に刻まれる痛覚同化のトラウマが深刻である。

 まずは詰みに詩人で参加です。よーし、歌い分けの練習するか! ……と思っていたのですが、なんか全員「マチマチがあればいいです^^」という状態で、さらに移動が多くて、最終的には全員マチマチメヌマドとかいう前のめりな歌になってしまった。全然練習になってない。

 その後は、ドーの門でカニや魚相手にジョブポです。よーし、歌い分けの練(略)
 ……集まってみると、剣戦黒学吟吟でした。なんと……野良募集では一番最後まで集まらずに四苦八苦する詩人が二人も揃うという贅沢編成!
 という訳で、歌アイコンがものすごい数並び、ヘボ詩人の私はもはやどの歌を自分がかけているのか全然わからない有り様に。もう一人の詩人さんの方が慣れててうまそうだったので、マチマチメヌメヌあたりを丸投げし、私はバラバラメヌあたりを歌いつつ、必死にエレジーで魚とカニを釣ってました。
 またしてもイレギュラーな感じで、果たして私の詩人立ち回りが上達しているのかがさっぱりわからなくなりましたが、たぶん上達してない気がする(笑)。

 キャンペーン最終日ということで、ドーの広場には次々と冒険者が到来し、往年のいやらしいバフラウ段丘コリブリ広場もかくやという混雑、仁義なきカニの取り合いに。
 エレジーで釣った後に、前衛陣が動きやすい位置でカニや魚をララバイ止めしたいところなのですが、まあそんな都合よくはできないですね。腕が上がればいけるのだろうか。

 何だかんだで、終わった時には170以上のジョブポが貯まっていました。パーティってすごい! あっという間にスペリア3にたどりついてる!
 ……これに慣れてしまうと普段がつらくなるので、あれは夢の中の出来事だったんだと心に言い聞かせつつ、日々のコツコツ生活に戻りたいと思います。
posted by さとみん at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | レベル上げ/メリポ