2020年01月22日

拳で餅を断つ

saponin.jpg
 クピピさん、近い近い!

 アンバス2章、今月はモンクでは無理だろうなぁと思っていたのですが、
「フルイドスプレッドは空蝉である程度回避できる」
「雑魚はWSを一定数撃つと沸くらしい」
という2つの情報を新たに入手して、ちょっと希望が見えてきました。
 これは……サポ忍でWS撃ちまくってれば、もしかして何とかなったりするんじゃね!?

 という訳で、盾役をAAEVからAAHMにスイッチ。自分はモ/忍になって、ひたすらWSをボコボコ当てて、雑魚モンスターを出現させてお餅をちぎっていく作戦を決行ですよ。
 結論から言うと、これで「むずかしい」をクリアできました。もうちょっとフェイスをいじったり、立ち回りを考えれたりすれば、ひょっとしてとてむずもいけたりするのだろうか? 甘い夢を見ているところです。
 AAHMの蝉が回るかなぁと心配したのですが、殴るメンバーがモンクと忍者でモクシャがあるせいか、フルイドスプレッド連打ということにはならず、割と何とかなりました。
 それでもどうしても、雑魚を倒した後の切り替えでフェイスが近付いてしまう問題は解決できないですね。自分が魔導剣士で、スパイクやスリップ魔法で削りきる方が安全は安全な気がします。
 あとヒーリングワルツがなくなってしまっているので、バインドや強スロウの治療が完全にフェイス頼みになってしまい、なかなかイレースが来なくてドキドキしたりもしてました(笑)。

 それでもカランビッドでそこそこのTP回転率を得ているおかげで、雑魚をちぎっていくこともでき、当初は無理だろと思っていたモンクでのクリアが可能となりました! ワーイワーイ。
 不向きなジョブでクリアできると、喜びもひとしおです。2章は、こういう風に不向きなジョブでも何とかできる伏線が張ってあることが多いので、それに気付けた時は嬉しくなりますね! 松井さんのうまさを感じる瞬間でもあります。
タグ:2章
posted by さとみん at 17:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険