2020年02月27日

語義:解決や実現が容易だ。たやすい。

shurave.JPG
 オレってほら優しいからさ、と自称して皆に「え……」という顔をされるタイプ。

 LSの大王様(仮名)が、黒魔道士でのデス用の装備を集めている気配です。どうやら今はフレキリングをご所望のよう。
 「★修羅の道ってシーフソロできるのかな?」と訊かれたものの、上位修羅はもはや私には縁のないものと思い込んで脳内から抹消していた私にわかるはずがないよ!(こんなパターンばっかりである)

 その後、大王様はソロでとてやさに突貫してみたところ、「ギリギリ勝てたけどしんどいな」とのこと。
 それなら、多少なりとも援護する人がいれば、もうちょっとラクに勝てるのではないか……と思い、日頃のお世話に恩返しするために、白/赤で一緒にとてやさに突撃してみました。
 シ、白/赤、AAEV、セルテウス、アシェラII、ユグナスという組み合わせ。ワタクシのお仕事は、バイオIIを切らさないこと、オヴニルの防御力ダウンを即治すこと、ユッグの攻撃力アップを即ディスペルすること、ヴァルファズルの呪いと静寂を即治すこと、あと必死にケアルすることです。

 とりあえず、これで割と安定して勝てました。ユッグのヒューマンキラーが強烈で、ここでひるんでバイオやディスペルに失敗している間に斬鉄剣・鋼が来たりすると、しんでしまいますが(笑)。それを乗り越えられれば大丈夫。ユグナス様は距離を取っていくタイプのフェイスなので、ゲイルレズの頭割りに参加してくれず、大丈夫かなと思ったのですが、とてやさなのでそこまで凶悪な値にもならず、何とかなるようです。

 これが「やさしい」になると、斬鉄剣・改が解禁されるわ、ドレッドスパイクやエンダークやメルトンを唱えるわで、いきなりハードルが上がって「やさしく殺される」BFになってしまう訳ですが。つまりなんだかんだで、とてもやさしいは、ちゃんととてもやさしいということですね。どこがやさしいんだと問い詰めたい気持ちをぐっとおさえて、今後も周回したい所存です。

 あ、フレキリングどころか、装備品は1つもまだ拝んでいません(笑)。
タグ:★修羅の道
posted by さとみん at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ