2020年07月10日

物理モードだとワンパンチ1200ダメージ

ama-aurantia-vh.jpg
 久しぶりにサポ忍モンクの出動。

 小鳥さんの方でも、今月のアンバス2章の「とてもむずかしい」に勝利できました。
 と言っても、寄付ありモンブローを起用しての、カランビットでボコスカ殴るやり方なので、まあまあの力押しです。

 とりあえず物理で押す作戦をやってみることにして、連携ダメージが魔法にカウントされる可能性を考慮し、連携関係なくWSを使うプリッシュIIをアタッカー枠に、そして盾役として忍者のAAHMを起用したの、ですが……
 AAHMからタゲを奪いまくってしまうー! 何度か後ろ向きになってみたものの、全然タゲが移動しないー!(泣)
 敵対心マイナス装備をさぼっていたツケがここへ来て露呈。しかも自分もサポ忍で空蝉でかわしているために、ヘイトが抜けないんですよね……。
 結局八割くらいタゲを持ったまま、モ盾状態で殴り倒すはめになりました。……次回はAAEVを呼ぼう。被ダメカット持ちだから、シックルスラッシュが直撃しても耐えてくれるさ、きっと、うん。

 そんな訳で、こちらからの攻撃はほぼほぼ物理だったはずですが、それでも向こうは何度か魔法モードになっていました。ディスペルも使われたのを確認しております。
 こちらの与ダメの性質で向こうのモードが変わるのかと思っていたのですが、もしかしたらある程度時間でチェンジするのかなぁ?
 範囲状態異常(特に強スロウ)がきついので、寄付ありモンブローさん大活躍なのですが、モンブローなしでやるとしたらどういう編成がいいのかな……。
 あと、結構AAHMやプリッシュの攻撃がスカっていたので、回避が高い敵なのかも。

 といった感じで、とてむずを割と安定してクリアはできそうなのですが、もう少し色々調べてみないといけないですね。今月はぶるぶるさんもこのアンバスに参加できるかな?
タグ:モンク 2章
posted by さとみん at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険