2022年11月11日

「tぽk」とともにカマキリ退治

20221111-154121.85.jpeg
 セルテウスの呼び出し順番を間違えなければもっとラクできた。

 昨日はエンブリオにかまけてチャレンジできなかったアンバス2章ですが、今日はぶるぶるさんでちゃんと「むずかしい」にチャレンジしてきました!
 2019年9月からリバイバルのマンティス戦です。調整が入りましたが、純粋にラクになる調整なので、戦いやすくなったと思います。

 とりあえず、大好きなマツイPとともに戦ってきまして、「むずかしい」を手堅く勝利です。15分ほどでした。
 最初はダメージカット状態でカチカチだけど、HPが減っていくとマントデアンリプライザルという技を使い、その代わりダメカットが消えてむしろダメージを受けやすくなるモードになっていくので、最初はこらえて後爽快という戦いです。

 ノックバックがあるので壁を背にしたいところですし、範囲ダメージが多いのでセルテウスさんを呼びたいところ。
 しかしワタクシ、それに気付くのに遅れてセルテウスを呼び出したのが最後だったので、最後尾のセルテウスさんがサボりまくり、リジュヴァネーションを発動してくれなかったので、前半はMPカツカツで大ピンチになってしまいました。セルテウス、最後尾になるとなぜか棒立ちのまま、攻撃してくれなくなることありますよね。リゲイン持ちなのでTP貯まれば何かはするんですが、そこまで待っていられない。

 あと、マツイPがいると、連携とMBをスタンを一人で全部やってくれるので、その分のフェイスの枠をウルミアさんに回せました。
 今回の調整で、マントデアンリプライザルの威力が、強化効果を消した分ダメージダウンになているので、強化アイコンは多ければ多いほど嬉しいのだ。モンブロー持ちなら勇者の薬で全ステータスアップになってもっとラクチンかも知れません。私は呼び出しませんけど(笑)。
 このボスはスタン耐性がないのでよくスタンも入りますし、マツイP向きの敵だと思います。

 ちょっとキツいのはフレムエクスパルションという技を使われると、アムネジアになること。もともとの技ではスロウと静寂も追加なんですが、今回はアムネジアだけでした。ログが出ないだけなのかと思ったけど、ぶるぶるさんもアムネジアオンリーだったので、もしかしたら松井さんの温情でアムネジアのみになったのかも。
 静寂がないだけありがたいんですが、アムネジアになるとアビもWSも使えなくなるので、セルテウスが何もしなくなるのと、こちらの攻撃もどうしても控えめになってしまうのとが厳しいところです。ウルミアさんをシャントットIIにスイッチするという手もあるのだろうか。強化減っちゃうけど。

 とりあえず、むずかしいは安定して倒せそうです。とてむずはどうだろうなぁ。毎回、むずかしいで安定だからとてもいけるだろ!と思うとメッタメタにやられるパターンなので、今回もむずかしい止まりかも知れません(笑)。
 現場からは以上です!
タグ:2章
posted by さとみん at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ