2016年01月05日

「とてやさ」と「やさ」の間の溝

 実は昨年末から、小鳥さんの魔導剣士装備強化のために、上位召喚獣戦にチャレンジしております。6章以下のレムを揃えたいのですが、上位ミッションBFよりも召喚獣戦の方が、属性がはっきりしている分、見込みがあるかなー……と思いまして。
 ソロ+フェイスなので、私の腕では「難しい」とか到底無理そうなのですが。

 と言いつつも、実は元祖召喚獣戦もまだだったために、年末に一日でマラソンしてコンプリート(笑)。元祖召喚獣はフェイスが呼べませんが、まぁ負ける要素はありません。ルーンにバ系を重ねた魔導剣士をもってすれば、元祖のアスフロ技などそよ風のようなものです。
 などと余裕こいてられるのもここまで。

 ぶっちゃけてしまいますと、上位召喚獣戦、今のところ「とてやさ」なら余裕で10分以下で勝利できます。
 大体、フェイスはマートACとシャントットII、コルモル、念のために回復厚めということでクピピとカラハバルハ。ルーンは対象召喚獣に優位なものを3つ重ねがけ。タゲは自分が保持するようにして、ヴァレンション(ヴァリエンス)を切らさずに、殴っていれば問題なく勝利できます。AFクエスト1でやった上位エレ戦の経験が生きました(笑)。
 ところが、「やさしい」になるとこれが勝てない。火力が足りないのかなかなか削れませんで、終盤になると一人ずつ屠られてしまう感じです。うーむ。
 あと、敵の特殊技や魔法詠唱時にこちらがWSや敵対アビや魔法を当てると、弱体できるというやつが、ログが出ないせいなのかいまいちよくわからず。なるべく特殊技時に色々やってるんですけど、「!!」がなぜか見えなくて、弱体できてるのかできてないのか判断できません。エフェクトはオンになってるはずなんだけどなー。うーんうーん。
 フェイスを変えるべきか、装備を調整するべきか、戦術が間違っておるのか、もうちょっと試行錯誤が必要そうです。
 あんまり「やさしい」で敗北ばっかりしていると、負け癖がつくというか、気が滅入ってくるので(笑)今は「とてやさ」をメインにやって余裕がある時に「やさしい」をやろうかなという感じです。

 あ、ドロップですが、「とてやさ」で一度だけ装備が出ました! でもからくり士じゃないと装備できない腰装備だったので、早々に倉庫行きとなりました(笑)。
posted by さとみん at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/171324311
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック