2016年06月23日

宿題は早めに

 インヤガジュバHQ一式、コンプリートしました!
Inyanga.jpg
 先月の膝丸さんは、前半に全然バスケに通わなかったために、最終日にLSのバスケマスター鮒師匠(仮名)に泣きついて「とてむず」周回してもらい、ギリギリに取得というていたらく。
 ああ夏休みの宿題を溜めておくと、最終日に辛い思いをするというのをあんなに経験していたはずなのに、何故大人になって繰り返しているのか。早めに宿題は終わらせなさいと、親も先生も言っていたのは何故なのか、ここで実感してどうするのだ(笑)。
 さすがにちょっと反省しまして、今月は真面目にやろうと決意。表計算ソフトでノルマ表を作成して、一日やさしいを何回クリアすれば……と毎日計算することに。貯まったポイントを入力することで、残りノルマがわかりやすくなりました。リアルの仕事で作るような表だね!これでプロジェクト管理もバッチリです!(何の宣伝だ)

 真面目に計画を立てると、かえって計画以上に進むもので、LSメンバーやフレンドさんと一緒にバスケに行ける機会が多く、ポイントはサクサクと貯まりました。
 という訳で、ほぼ折り返し地点のあたりで14750ポイントに到達、インヤガジュバ+1まで習得です。【やったー!!】

 LSでは大抵、青シ(狩)コ白+オーグスト・セルテウスで、たまに飛び入りのフレンドさんがからくり士や青魔道士で参戦したり。最近定番のMB編成じゃないんですが、全然問題なく「とてむず」もクリアできますね。
 雑魚が沸いた時にすぐ処理さえできれば、あんまりジョブ縛りは必要ないと思うんだけどなぁ。シャウトは黒学盾ばっかりですね。まぁ自分は主催してないんでアレですが。
 白魔道士の立ち回りとしては、敵に密着してハート・オブ・ミゼリ状態で、グラビティプルのあとにケアルラIIをかぶせるのと、コロシブスプレーの時にイレースを連打するのを忘れないようにするくらいでしょうか。範囲暗闇の解除にエスナ大活躍です。普段、パーティでミゼリ状態になることは少ないので、新鮮な立ち回りで面白かったー。

 もちろんソロでもちゃんと日課としてこなしました(笑)。忍者サポ戦で、フェイスはイングリッドII・ナシュメラII・アシェラII・ミリ(クピピ)・ヨアヒムあたりで。
 忍者は範囲のタゲ取りが苦手なんですが、「雑魚は1匹でも残っていれば追加で召喚されない」という情報を得てからは、最初の雑魚のアントリオン1匹だけを残して処理し、後はそのアントリオンのタゲを取り続けるようにするという戦法で、厄介なフライ族の召喚を阻止。これをやってからは「ふつう」でもソロで安定してクリアできるようになりました。
 私の忍者は命中はギリギリ足りましたが、敵対心が足りないなー、と今回実感。命中を落とさない範囲で、敵対心アップ装備も集めないといかんなぁ。

 こうして今月のノルマは無事に終了しましたが、バスケは手軽にできて報酬もよいので、後半も通うことになるでしょう(笑)。ジョブマント、何枚作るかなぁ……。そして荷物が……。
posted by さとみん at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175792962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック