2016年07月29日

まったり醴泉島ギアスの旅

 LSで人が集まったので、醴泉島でヘルクリア装備を取ろうぜ!と、5-6人で踊る骨やらイカやら退治しておりました。
 まずはコース族のベルフェゴール様。魔法を鸚鵡返しするので、ディア連打をするといいのですが、すっかり忘れてました……。スリプガが着弾して全員綺麗に睡眠し、オーグスト様がひとりで戦うはめになったりもしてましたが、何とか起きた後はひたすらパキラを噛み砕いて連戦連勝。
 しかし最大の敵はドロップで、5戦してもヘルクリアのヘの字も出ず、オディシアクウィスの大行進。途中からもはや誰もロットすらしなくなる状態に。
「これはきっと戦ってる場所がオディシアの場所なんだよ」
「まじすか」
 トリガー交換のついでに、みんなでぞろぞろと場所を移動し、J5からF6の???へ。ホタルに殴られつつも骨を退治すると、何と不思議、そこにはヘルクリアブーツのドロップが!
「やっぱりさっきのところはオディシアだったんだな」
 ジンクスの生成過程を目の当たりに。

 そのまま勢いでイカのテールモスに突撃したら、うっかり正面に立ってしまい、ベンシクタイフーンで一撃で蒸発しました。いや、その、私がリーダーだったもんで、オーグストを殴らせるために戦闘態勢を取ろうとか色々やってたら、位置取りが曖昧に……(しどろもどろの言い訳)。
 LSでナイトができる人がログインしたので拝み倒して来てもらうことに。
 彼女、イージスも完成させた立派なナイトなのですが、なんと「サポートジョブなし」という縛りを己に課している修行者です。サポなしでこのレベルまで冒険している人は、私はあと1人しか会ったことがありません……(あるのかよ)。
 しかし魂のこもったナイトのおかげでその後は連戦連勝。タゲもふらつくことなく、しっかり固定。
「挑発とは何だったのか」
「サポなんていらなかったんや」
 偏った知識の生成過程を目の当たりに。

 次はオリックスだ。バッファローじゃなくて馬だぞ。
 こやつはなんかのヘイトリセットがあるのか、タゲがなかなか安定せず。サイレガやパライガ、ラスオブゼウスの範囲静寂の範囲が広くて、やまびこを使い切る激闘乱打戦になりました。
 戦闘不能者も続出し、これでドロップが渋かったら号泣するところでしたが、幸いなことにヘルクリアヘルムが一発ドロップ。わーい、ファストキャストの頭だぞー!さっそく空蝉詠唱装備にインだ。

 最後はカイロン脚が欲しい人がいたので、ズハックで〆。ドレッドウィンドのテラーでコマ送りみたいになりながらも勝利し、ここでもカイロンホーズが一発ドロップ。希望していたフレンドさんがお持ち帰りです。よかったよかった。
 そんなこんなで、気心知れた面々での楽しいまったりギアスの旅でした。


 しかしギアスのパーティ人数で敵のHPが変動するシステムは、これのおかげでうちのLSのような少人数でも戦えるのでありがたいんですが、やはりフルアラクラスになると強すぎるかなーというのが難点ですねぇ。
 パーティ人数でHPが増加したら、そのぶん、装備や小袋石のドロップが増えてくれてもいいと思うの。おねがい、ふじとさん!
posted by さとみん at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176272134
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック