2016年12月01日

★の白魔道士

whmmaster.jpg

白魔道士がついに、マスターになりましたぞー!
ジョブポ実装が2014年3月。そこから、ずーっとマイペースにちくちく貯めておりました。2年8ヶ月くらいかかった計算になりますか。年単位になると、ネトゲ感が高まりますね!

白魔道士という回復ジョブは、バトルコンテンツで必要とされる割に、ジョブポを貯めにくい方だと言われております。ソロで強い敵を連戦するのはラクではない。範囲狩りとか絶対無理。敵の攻撃を受ける前にMBで倒し切ってしまうジョブポパーティでは、回復があまり求められないので、ジョブポパーティでの募集もあまり多くない。
しかしまぁ、私はコツコツやるのが好きなのと、幸いフレンドさんに恵まれたこともあって、苦労したという感覚は全然なく、最後まで楽しくギフトを積み重ねていくことができました。感謝感激です。

野良のジョブポパーティに行ったのは数回程度で、あとはフレンドさんのジョブポパーティに混ぜてもらったり、バスケに白で通わせてもらったり、毎日ソロでエミネンスデイリーのお題を消化したりでした。ソロデイリー消化は、パーティでの稼ぎに比べると数字としてはさびしく見えるのですけど、積み重ねるとばかにならない成果になっていくので、モチベーションが下がるということがなかったです。
「基本はデイリーの消化、パーティやキャンペーンの数字はあくまでオマケ」というマインドセットを守り切るのが一番大変だったかも知れない(笑)。人間、すぐおいしいことには慣れていってしまうので(笑)。

デイリー消化は、ビーストとリザードをエスカジ・タのオポオポとエフトで、アクアンをエヌティエルのカニさんで、バードをマリアミ渓谷のトゥルフェイアでこなすのがメインでした。楽な敵なので白魔道士でも危なげなく倒すことができます。
ヴァーミンとプラントイドは苦労しましたね。ヴァーミンは、ケイザックのハチや蝶をやっていると、さすがに白魔道士でも沸き待ちになってしまうほど弱いので。モリマーの、ラプトルやマタマタといっしょにいる蝶を倒したりしてました。最終盤では、ようやく醴泉島のテントウムシやバッタをぎりぎり倒せるようになったので、必死にオーグストさまに盾になってもらって死闘を繰り広げました(笑)。
プラントイドは、ヨルシア森林のキノコや、#3ビバッグから東の球根・トレント広場をやることが多かったかなぁ。うっかりスナップウィードに手を出して死にそうになったりとか、よくありました……。結構取り合いになることもあって、シィの門のマンドラをやることもありましたが、これもだんだんと沸き待ちになってしまうようになって、いい敵を探すのに苦労しましたねぇ。

こうしてみると、色々と自分にちょうどいい敵を探したり、ちょっとずつ時給が上がっているのを見てひとりでニヤニヤしたり、フェイスを変えてみたりといった試行錯誤の過程が面白かったので、飽きずに続けられたのかなぁと思います。
正解がひとつだけでそれを追求する、というのではなくて、色々な道を自分のペースでとことこ歩いていけるゲームが好きなので、白のジョブポ稼ぎは幸せな時間でありました。

さて、白がマスターになったので、これからは白の装備を調整しつつ、忍者と詩人をマスターにするべくがんばるかなぁ。詩人はソロだとさすがに大変そう、かつ白ほど思い入れはないので(苦笑)、フレンドさんとのジョブポパーティで上げることにして、ソロではちまちま忍者で狩ろうと思います。次のマスターは何年先かなぁ(笑)。
posted by さとみん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | レベル上げ/メリポ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177890836
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック