2017年07月01日

野良詰みは数の暴力であった

 実は意外にも、オーメンで詰みルートのシャウト募集に乗ったことがなかったんですよ。
 シャウトが飛び交うゴールデンタイムにログインしてないことが多い、というのが最大の理由で、敬遠してた訳では全然ないんですけど。まぁあと、日曜の固定の集まりの時にうっかりトリガーがなくなってる!みたいなことをやらかすのが怖いというのも少しはあります(笑)。大昔、旧ナイズルの固定の時に、チケットを1枚手元に確保するのを忘れて1戦分トリガーが足りなくなるというポカをやったトラウマが……。

 で、たまたま珍しく夜に長時間ログインできる日があって、詰み募集のシャウトがあったので、白魔道士で入れてもらいました。総勢17人。私がほぼ最後の面子だったため、急いで出発という感じで、メンバーのジョブはあまり確認する暇なく。竜騎士さんと召喚士さんは目立つのでわかりましたが……。

 さて実際入ってみると……なんかえらい勢いで敵が蒸発していくよ!? 特定の1体?全部倒せばどれか当たるだろ!な感じでお題など誰も見ておらず(笑)。サブお題も、6連携とかそういう難しいやつ以外は「なんか目の前の敵殴ってたらクリアしてました^^」なノリ。
 3層目の大量の雑魚も、冒険者の数の暴力の前にはひとたまりもなく、何と19分ほどで全層殲滅終了、クリア。カードは3枚もらいました。わ、私は何を体験したんだ……。

 思い出したのは、アビセアの乱獲パーティでしたね。あの感じにすごく近いと思います。ジョブ縛りも装備縛りもなくて、何なら2アカが置き物になっててもよくて、あんまりややこしいことを考えずにわーいわーいと楽しめて、報酬が確実にある。
 しかもアビセア乱獲は2時間コースが普通でしたが、これは30分もかからない訳で、CPもたくさんもらえる。これは流行る訳だわ。

 白魔道士的には、パーティが散開しているので、HPが黄色くなってるメンバーにケアルが届かないことがままあるのと、アライアンスの状態異常を確認するのが困難なので、なかなか気楽とも言い難いところではあるんですけど、前衛のみなさんがヒャッホイしてるのを見るのは楽しいので、またシャウトに乗れたら行ってみたいものです。
posted by さとみん at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180208690
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック