2017年09月12日

とてむずがふつうになって、とてむずが計り知れない感じ?

 という訳で、今月のアンバスケード、体験してきましたー。

 まずは2章は小鳥さんで、ふつうに魔導剣士でチャレンジしてみましたが、どうにもこうにもクリアできなくて、やさしいを2回クリアしてきました。
 敵はウィルム族1体ですが、これが惚れ惚れするくらい、ストレートに「強い!」な感じで、すがすがしく負けてるな!という感想です(笑)。「ふつう」だと、ガ系魔法とブレスでフェイスたちが焼却されてしまい、回復が追いつきません。フェイスたちは立ち位置の調整が人間のようにはいかないというのもありますが。「やさしい」だと、こちらに余裕が出てくるせいか、立ち位置を細かく変えて、何とかガ系やブレスを浴びるのを自分だけにできるんですがね。
 いっそのこと、自分はモンクで、盾フェイスを呼んだ方がいいのかなぁ? 悩む(笑)。

 1章は、フレンドさんに誘っていただいて、シャウトで人を集めて、ナ忍青青赤白で、「やさしい」「ふつう」にチャレンジ。
 キキルンの「HPを盗む」がまた強烈で、「ふつう」で雑魚キキルンと合わせて2回いっぺんに「HPを盗む」をくらったナイトさんが、HP満タンから一撃死しましたよ!怖い!
 絶対回避があったり、猫だましのテラーがあったり、ヘイトリセットがあったりと、狩人さんみたいな遠隔でヘイトを調整しやすいジョブか、ペットジョブが強そうな印象でした。あとは古式ゆかしいMB戦法なんかも強いかな? 魔法ダメージには弱そうな印象だったので。
 あ、噂では、詩コ風の強化をすると、キキルンがレベルアップして手に負えなくなるらしいですが。

 今回、1章のポイントがドカーンとアップしまして、「ふつう」で以前の「とてむず」くらいのポイントがどさっと入ってきました。焼印効果と合わさり最強に見える。
 以前の「とてむず」よりは、今回の「ふつう」の方が簡単な印象なので、そう考えると、
  以前のとてむず→今回のふつう
  以前はなかった計り知れない難しさ→今回のとてむず
みたいな感じで難易度およびポイントがスライドしてるのでしょうか。

 とりあえず色々なギミックの解明を待たないと何とも言えませんが、現場からは以上です!
posted by さとみん at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180979784
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック