2017年10月05日

私が消えてFF11が残るならそれでもいい のかも知れないけど

 なんて……長いメンテなんだ……し、鎮まれ、俺の右手……
 そんなこんなで、ヴァナに行けなかったので、ぐだぐだと考え事をしてました。

 フォーラムをチェックされてる方はご覧になったかも知れませんが、ちょっと前のフォーラムで、わたくし、意見の対立を起こしてしまいましてね。最後の方、我ながらキツい物言いをしてしまいまして、相手の方を怒らせて終了してしまいました。自分の発言の内容自体は、賛成反対別にして筋は通っていたとは思うんですが、もうちょっと言い方はあったんじゃないかなー……どう言えばよかったのかなー……と。

 そして、言い方は別として。
 その話の内容の方に関係したことを、ぐるぐる考えております。
 すごーくザックリと乱暴に説明するとですね。
「長時間遊ばないし、人と交流もしないし、単純作業の周回もしないし、プレイヤースキルも高くないし、忍耐力も発揮しないし、装備も持ってないし、運にも自信はないし、"自分だけの楽しみ"を探すつもりもない」
というタイプのプレイヤーを、どう掬い取っていくべきなのか……ということです。
 なんか、上記の書き方、ザックリしすぎてすごく酷い、というか悪い言い様に見えますけど、でも、
普通の人ってそういうもんだと思うんですよね。

 FF11というのは、そもそも最初から、決してラクで手軽なゲームではなくて、歓びを味わうためには、時間か、コミュニケーションか、運か、忍耐か、技術か、自己満足能力か、少なくともそのどれかひとつでは努力することを要求する遊びでした。
 でした、と過去形で書いているけれど、色々緩和されまくった今でも、実はその根っこは残っているのではないかと思います。

 で、↑で書いた「普通の人」の目からすると、こういうゲームで「楽しむ」のって、意外と大変なのかも知れないな、と。
 いやまぁ、全ミッションを通しで遊んで、派生するクエストをクリアするのがソロで普通にできるし、そこだけでも十分に抜きんでた完成度を誇るストーリー重視のJRPGとして味わえるので、それでいいような気もするのですけど、
 その先も遊び続けてもらうというのが、一番の課題かも知れない。

 たとえば、私はIngressとかポケモンGo!なんかもやってたんですけど、そこでは典型的な上記の「普通の人」プレイヤーで、特に気合いを入れて頑張ってなかったもので、そうしたら一定のところに来たら「飽きて」テンションが下がっちゃったんですよね。で、起動しなくなってしまった。私個人はIngressにもポケGoもダメなゲームだとは微塵も思ってなくてむしろスゴい面白いゲームだと思ってるけど、もう一度遊ぶかと言えば、今のところは予定はない訳です。
(まぁ、一緒にやっていた軽鴨の君がやらなくなった、ヴァナやってる方が圧倒的に楽しい、ストーリーがイマイチ好みじゃないorストーリーがない、という巨大な別要因があるので、単に飽きたからやらなくなったとも言えないんですけど)
 でも別に、Nianticは、私みたいなプレイヤーを相手にする必要はないから、飽きて辞めたくなったらどうぞご自由にって感じでしょう。


 で。ヴァナはどうするのがいいのかなぁ。
 長く続いていって欲しい。そのためには、こういうすぐ飽きるけど努力もしないという「普通の人」を掬い取っていく努力を、FF11はしていくべきなんだろうか。
 フォーラムなんかで「このままではFF11はダメだ!人が少なくなる一方だ!もっと緩和して普通の人でもエンドコンテンツでいい装備を取れるようにするべきだ!」みたいな意見はパラパラ見ます。
 私なんかは「そんな風に簡単にいいもの取れても、結局飽きるだけじゃない?またすぐ辞めるんじゃない?」とか思うのですが、これは老害準廃プレイヤーのアレな話に、外からは見えているんだろうか。
 普通の人が1日30分の適当プレイでも1ヶ月で最強装備をゲットだぜーなゲームになれば、FF11にワンサカ人が殺到して、チャリチャリがガッポガッポ入ってきて、開発環境が一新できるくらい儲かってくれるんだろうか。
 そうなったら、私はFF11に残っているんだろうか。
 私が遊ばなくなっても、FF11が長く長く続いてくれるなら、その方がいいんだろうか?


 ……まぁ、本当はね。
 そういう「普通の人」が、そこそこの労力でそこそこに遊び続けるための動機付けを作るのは、最強装備とかエンドコンテンツ緩和とかではない、違う何かだろうと思っています。
 だって、囲碁や将棋みたいな、実力しかないようなシビアなゲームでも、羽生名人や藤井四段じゃない普通のプレイヤーがそこそこ楽しんでいる訳なんだから。
 そこそこの人が、そこそこに楽しい仕組み。
 そして、開発の人が過労死しちゃったりしない、物量と人月のゴリ押しに頼らない仕組み。
 それを実現するために、プレイヤーとして、何ができるんだろう。



 そんなことを、グルグル考えていると、いつの間にかメンテは明けて、私は震える手でヴァナにログインするのであります。
posted by さとみん at 11:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感
この記事へのコメント
初めまして、発言は消されたのか見れませんでしたが
あの手の人達は単に自分たちが上手い具合に遊ぶ能力が無いのを他人のせいにしたいだけなので
さとみんさんは間違ってないと思いますよ。

勿論まったく緩和するなとは言いませんが、昔のゲームは所詮昔のゲームなので緩和したところで人が増えて大人気になることもないですし
そもそも開発機材やら容量の限界やらで新しいことが出来ないゲームなので発展性はないです。

普通の人というのもどうかと思いますが、そういう人はソーシャルゲームで満足しますし、端末の普及具合からみてもPCゲーでは気楽さでは勝てません
FF11は積み上げていくゲームだと思いますが、ジャンルが衰退したというより、持ち運びのできるスマホゲーに移行しただけの話かなと。

付け焼刃で緩和したところで鯖間の募集や、ロビールームの実装、鞄の拡張なども出来ませんし意見が割れるような仕様変更は逆に寿命を縮めるだけだと思います。

あえてやるなら、装備取得の緩和などよりクエストやミッションの目的地座標をゲーム内で確認できたり、知らない人の心を折る可能性があるスペリアの撤廃とかの方が余程効果的かとw
長文乱文失礼しました。
Posted by 通りすがり at 2017年10月05日 20:32
>通りすがりさん
発言は消してないのですが、フォーラムは24時間更新されてないスレッドはどんどん下がっていくので、埋もれているようです(笑)。

確かにFF11はオールドタイプのゲーム、いわば古典文学なので、今の時代「源氏物語」を原文で読んだりシェイクスピアを読破したりする人が、ラノベ読者よりも圧倒的に少ないように、どうしてもマスを相手にするのは、質とは関係のない理由で、難しいだろうなぁとは思います。
ただまぁ、源氏物語にも定期的に現代語の新訳が出たり、太宰治が表紙のイラストを変えて若い人に売れたりするみたいに、本来なら響くのにたまたま古いという理由だけでヴァナに触れていない層に、何とか伝える方法はないものかなぁ……と思ったりするのです。

それならもうちょい、若い人に伝わるようなブログを自分で書けよ、とセルフツッコミする日々なのですが……(笑)。


>コメント非表示の方
フォーラムによく書き込みをする人間が言うのもナンなんですが、最近のフォーラムは書く人が固定化してしまって、なかなか広い視点が出にくい傾向はあると思うので、普段あまり発言しない方もどんどん書き込みしてくれればいいなーと思っております。
人それぞれ、違う意見があって、みんなで「そういう視点もあるよなーうーん」と思えるのが、ほんとに理想ですよね。
個人的には、フォーラムでは論破をしたいのではなくて、開発運営の人がヒントになるものを生み出すきっかけを作りたいので、その辺うまく交通整理できたらいいなと思っているんですけど、なかなか力及ばず、相手を怒らせてしまうようでは修行が足らぬなーと反省する次第です。
Posted by さとみん at 2017年10月06日 08:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181190689
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック