2017年10月10日

ヴァナにもパタゴニアとかモンベルが必要なのか

 連休に、友人夫妻のお誘いで、白根火山と芳ヶ平湿原に行っていました。ドライブとプチトレッキング。リアルでのアウトドア活動など滅多にしない私。小学生の時に親と一緒に燕岳・常念岳を登った時以来ではないだろうか……。
 という訳で完全に初心者目線でのアウトドア活動だったもので、ヴァナに初めて降り立ったorジラートくらいでやめてから復帰した冒険者の気持ちになれました(笑)。

 何しろアウトドア向きの装備を全然持っていないので、専門店に行って最低限のものは揃えたのですが、
「何が必要かわからない」「選択の基準がわからない」「何もかも高価い」
の三重苦で、結局装備がよくわからない状態に。
 レベルの低い冒険者ほど装備に助けてもらわなくてはならないのに、レベルが低いので装備が整わないというパラドックス! ゴアテックスだのシェル素材だのジオデシックデザインだの、出てくる単語も知らないものばかりで、まさに競売で「Suってスーパーのことか」「ILってインターナショナルか」とか言ってる冒険者状態。
 今回は結局、初心者向けタウン使用もできるトレッキングシューズと、レインウェア(パーカー)と、長袖シャツを新調したのですが、レインウェアのサイズ感がいまひとつだったのと、トレッキングパンツを買った方がよかったかな、という感想に。
 あと、いつも使っている丈夫なリュックサックを持っていきましたが、これももうちょいランクの高い活動になると、専用のザックの方がいいなぁと実感しました。高価いけど。
 実際に冒険してみると、装備のありがたみや自分にとっての必要性が見えてくるのは、ヴァナと一緒だなと思いました。

 しかし、リアルトレッキングではこういう専門店があって、お店の人に訊いたら装備のオススメを教えてくれるのは助かりますね。
 ハッ、つまりヴァナにも、こういうオススメ装備を教えてくれる人にすぐアクセスできるようにすることが大切なのではなかろうか……!
 現在のヴァナは、装備なんて全然いい加減でも、割と簡単にLv99まで駆け上がってしまえますが、そのために装備の選択基準がよくわからない状態が続いてしまうという傾向があると思うんです。エミネンスのチュートリアルで、装備を入手する手段へのアクセスは教えてもらえるけど、何を選べばいいのか、費用対効果の基準はどんな感じなのか、なかなかわからない。
 今必要なのは、命中(魔命)なのか攻撃(魔攻)なのか被ダメカットなのかファストキャストなのかステータスブーストなのか、それを自分で探る過程こそがゲームなんですけど、それを探れるようになる能力は、フェイスに適当に殴ってもらうプレイではなかなか身に付かなかったりしそうだしなぁ。

 公式でそういうものを用意するのは難しいと思うので、電撃さんやファミ通さんがまさにそういう「専門店のスタッフ」となってくれればベストなのでしょうが、まぁ昨今はそれもなかなか厳しいところが。
 ユーザーコミュニティで、何とかアウトドアショップ的なものを提供していくように、頑張ってゆくべきなのでしょうねぇ。私も、多少はそういう役立つ話をブログに書くべきかも知れない……自信ないけど……(苦笑)。
posted by さとみん at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181247007
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック