2018年02月02日

頭がぼんやりしてるので、とりとめのない話

mokumoku.jpg
 もくもくと作り続ける、職人ロールプレイ。

 寒さが厳しいせいか、いまひとつ調子がよくなくて、ぐったりしております。
 とりあえず、アニバキーを取ったり、小鳥さんのアンバスやミッションをちょこちょこ進めたり、しておりますが、さとみんのエスカッションを気合い入れてやる元気が沸かず。
 こんな時は、淡々と進捗できるものがいいよねーと、職人さんたちのサブスキル上げや銀の書へ向けての職人ポイント蓄積です。
 エスカッションは、この銀の書まではいかにも職人ロールプレイな感じで、ツラくても楽しいのですが、最終段階の分解祭りはプレイヤーの精神に挑戦してくる試練ですなー。完成させた人はほんとにすごい。「全レシピのHQアイテムを作って持ってこい!」みたいな試練の方が、はるかに精神的にはラクだったと思います(笑)。
 まぁでも、ヴァナの真の「高級職人」は、それ程度の試練じゃ試練にならないって感じだろうからなー。
 エスカッションの試練は、本当に、今の海千山千のプレイヤーにとって「ヘヴィな試練」になりうるものを作らなくてはならない難しさを感じます。
 どんな試練を課したところで、それを越えてくるプレイヤーは絶対にいるし、越えられないプレイヤーは文句たらたら、となるのがネットゲームの悩ましいところです。

 個人的には、納品ポイントで幻珠が交換できるようになってくれたら、毎日コツコツ納品する楽しみがあって楽しいんだけどなーと妄想してますが(笑)。納品、好きなんですよね。あれこれ考えて材料を調達したり、先のことを考えてストレージを素材でギチギチに埋めてニヤニヤしたりするのって、素朴に面白いので(笑)。
 私にとって合成は、金策の一環ではあるのだけど、単純にそういう作るまでの一連の過程そのものが楽しくてやっている遊びなので、「エスカッション完成者が市場独占してズルいズルいヽ(`Д´)ノ」みたいなノリにピンとこないのはそのせいだと思います。自分は完成してないからこそ、市場の隙間を狙って地味に稼ぐのが面白かったりするし。
 強い武器を手に入れて、大ダメージを与えてヒャッホーイ!みたいなところにエンドルフィンが出なくて、前衛ジョブをあまりやらないのも、そういうところが影響してるのかも知れませんのぅ。

 などと考えながら、ぼやぼやと職人セットを作っております。来週には幻珠取りに復帰できるかなぁ。
posted by さとみん at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 合成/錬成/釣り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182308564
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック