2018年06月07日

2018年6月のアンバス2章はワイバーン!

kulshedra.jpg
 ひさびさの雑魚なしの敵。

 という訳でバージョンアップでっす!
 今月は松井さんいわく「小振りのバージョンアップ」ですが、エスカッション作成時の精神度の数値が可視化されて、もう超嬉しいですよ……! 今まで全部手でメモって合計してましたからね。え?どれくらい貯まったんだって? ……5%くらいですかね……(遠い目)。

 さて、アンバスケード2章、とりあえずさとみんと小鳥さんで「ふつう」を3回ほどやってみました。小鳥さんは、懲りもせず「むずかしい」に行ってみましたが、ストレートに負け(笑)。回復が追いつかなくなりましたね。
 お昼の「ですてにぃといっしょ」の情報もあわせて、とりあえず私が理解した感じだと

・敵はワイバーン1体
・ノーマルモード、闇モード、光モードがある。麻痺+ノックバック+範囲ダメージの「ブレイズシュリーク」で、ノーマルから光or闇に切り替え
・闇モードではバイオスフィアを展開、呪い+闇属性ダメージ前方範囲ブレスの「カオスブレス」を使う。
・光モードではディアスフィアを展開、静寂+スロウ+光属性ダメージ前方範囲ブレスの「レイディアントブレス」を使う
・カオスブレス、レイディアントブレスを使うとワイバーンが強くなる。ノーマルモードに戻るとリセットされるので、ノーマルモードに戻すのがカギ。
・ノーマルモードに戻すのは、竜騎士の「ジャンプ」使用? ただ、1回のジャンプで即解除しないこともあるので、ブレスを使われた回数だけジャンプしないといけないのかも? あるいは他の条件?
・ノーマルモードではサンダーブレス、ブリザードブレスなどを使用。
・「ウィンドウォール」を使用すると、大幅な回避アップのほか、ヘイトリセット。特定のタイミングでしか使わない?

こんな感じでしたー。
 とりあえず、モードごとにサクサクと光と闇を切り替えないとだなぁ。
 小鳥さんは竜騎士のレベルが全然なので(笑)とりあえずフェイスでスカリーZさんを呼んでジャンプしてもらいましたが、ふつうならこれでも大丈夫でした。エンシェントサークルしまくってくれるし。「むずかしい」だとブレスの回数が多いので、自分もサポ竜orメイン竜になった方がいいかも知れないですねぇ。

 今回は、モードの切り替えや、ワイバーンの強化とそのリセットなんかが、特にログに出ないので、スフィアを見たりしつつ自分でタイミングを計る必要がありそうです。ログに頼らず相手の挙動に合わせて動く、のが今月の課題かな。さて、今月はどれくらい「むずかしい」に迫れるでしょうか。楽しみ〜!
posted by さとみん at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183466385
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック