2018年07月06日

私にとっては遠くの虹だからこそ価値がある

ayumiyoru.jpg
「歩み寄るってことを私自身避けてた」……って、なんか色々心に刺さる言葉ですね。
 アシェラちゃんて、意外とコミュニケーションが下手というか、自分がコミュニケートしやすい相手とだけ交流してきた人なんだと思います。まぁ王族というエライ生まれの宿命かも知れません。そこが「わからないなら自分がリフキンになっちゃえばいいじゃない」なノリのお兄さんとの違いというか。まぁお兄さんもあれはあれで色々困るんですが(笑)。
 そんなこんなでVUを満喫しつつ、小鳥さんのアドゥリンミッションを進行したりしておりますです。

★★★

 RMEAのさらなる強化について、ソロだと難しい点で色々あーだこーだ話が出ておりますが。
 個人的に意外だったのは、RMEを「ソロ向けのコンテンツ」と捉えている人が結構いるんだなーということでした。
 私にとっては、そもそもRMEはソロ向けの存在とは思っていなかったので、今回の強化方法にはあんまり意外性は感じなかったし、それが自分の手の届かないものであることについてネガティブな印象は全然なかったのですよね。
 だって「最強武器群」じゃないですかー。そんなすごいものが、パーティで遊ぶためのゲームなのにソロでそこそこ頑張った程度で手が届いちゃうのって、全然面白くないじゃないですかー。
 自分には到底たどりつけない山の頂がそびえてて、「いつかは……」と夢見ながら、いまできることをチクチクやる。そのための「見果てぬ夢」が最強武器群だと思っているんですよね。
 なので、「一定労力を投下したら当然手に入るべき報酬」と捉えている人と、割と感覚が異なってきてるのかなぁ、と。

 あと、もうひとつは「実装後すぐに(せいぜい3ヶ月くらい?)手が届かないと苦痛」という感覚も、私にはあんまりないので、そこもだいぶ違うような気がします。
 はるか彼方の存在だったレリックやミシックが、やがて自分にとって手の届く存在になり、コンテンツで無双すらできるようになり、自分には絶対縁のないと思っていたいわゆる「エンドコンテンツ」に参加する機会にも恵まれる、という体験を(年単位の時間経過によって)してきたせいか、「今すぐできない」「半年とか一年とか、下手したら数年とか平気でかかる」みたいなものに全然抵抗がないんですよね……。むしろ「遊び尽くせない先がある【やったー!!】」とか喜ぶ始末だし。(まz・・・

 ダイバージェンスも、もしかしたらいずれ少人数で突破できるようになるかも知れないし、三年後には私にもワンチャンあるのでは?くらいに思っている私と、「半年なんて言ってるやつと一緒にいられるか!オレは自室に帰らせてもらう!」な人とでは、見えてる世界がぜんぜん違う訳で……。

★★★

 ちなみに、「RMEは単なる強さじゃなくて、思い入れで強化する人が多いから、ソロにも道を開くべき」的な話については、心情的には非常にわかるんですけど、「思い入れ」みたいな証明も定量化も可視化もできないものを基準に置くと、「あれも思い入れがあるから」「これも思い入れあるんで」「他の人にはわからないけど私には最高の思い入れが」みたいな話になってしまって収拾がつかないので、そこを突破口にするのは無理なんじゃないかなぁと思ってます。
「私はリアル都合で将棋連盟に所属してませんけど、思い入れだけは誰にも負けないので、竜王戦に参加させろ!」みたいな主張になっちゃうのでね……。
 それに、(私がそう思っているという話じゃなくてあくまでこういう反論が想定できますよ、という前提で聞いてほしいのですが)「そんなに"思い入れ"があるなら、がんばってパーティ組んで固定を運営すればいいじゃないの? あなたの"思い入れ"ってその程度なの? そこまでじゃないセンチメンタルバリューなら、別に最終強化しなくてもよくない? 現状のIL119で十分強いでしょ?」みたいな反論が降ってきた時に、「思い入れがあるから」論法では手詰まりになってしまうので。その筋で押すのは無理があるし、仮にこの筋が通ったら、後々害が大きくなるだろうなと思ってます。

★★★

 まぁRME強化だけならば、ソロ用の別ルート作ればええやろ、という話もあるんですが、たぶんそのルートは修羅場というもおろかな壮絶な混雑・取り合い・競争になると思うし、そういうのを許容できない人がソロに向かいがちなので、たぶん怨嗟がすごいことになるんですよね……。

 RME強化に限らず、今のFF11で悩ましいのは、「諸般の理由で固定やパーティプレイは参加しないけれど、最先端にはいたい。最先端に即アクセスできないとモチベーションが出ない。かつ、待ったり取り合いしたり自分のペースを乱されたりするのは耐えられない」タイプのプレイヤーを、どうケアしていくかということなんでしょうね。
 新しいコンテンツを早いペースで消化するし、実利のないコンテンツに食指は動かないし、マイナーな遊び方にも興味はないし、プレイヤー間の交流をするつもりもないよ〜。という人は、恐らく常に一定数いるので。そしてそれは個々人のスタイルだから、いい悪いとは全く関係ない話だし。
 そういう人のために「そこそこの難度の絶対混雑しないソロコンテンツをハイペースで投入し続ける」というのは無理があるし(というかアンバス2章がすでに奇跡だろ)、うーんどうすればいいんでしょうねー。


*追記
 などと言っていたら、フォーラムに藤戸さんの追加の発言が。
 詳しくはリンク先を見ていただきたいですが、「いくつかのルートを準備して好きなルートで目的に到達してください、という側面がありますので、RMEA強化に関してもなんらか別ルートを企画中です。」とのことなので、ソロルートの可能性も出てきましたね。
 うまいとこ、みんながそこそこ満足する落とし所を見つけられるように、何ができるか考えてしまうなぁ。


 まぁ、いちプレイヤーとしては、こうして益体もないブログを書きつつ、日々やってて楽しいことを遊ぶしかないのでしょうけれど。
 私自身は現状で超楽しいからなぁ。松井さん藤戸さんもっちーさんよろしくお願いします!いいアイデア浮かびますように!とアルタナに祈りつつ、今日も楽しくヴァナるのであります。
posted by さとみん at 11:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑感
この記事へのコメント
昔はともかくとして、現状のRME作成はソロで行えるコンテンツであり、
新規復帰者・ソロプレイヤーのプレイ継続モチベーションのひとつとなっていることは間違いないかと思います。

今回の強化フラグの方針は、上記を覆す明確な【方針転換】であるため、
それを新規復帰者及びソロプレイヤーの方々がどう捉えるか次第で
今後のヴァナ人口が変わってくるのかなぁと思います。
Posted by ねこも at 2018年07月06日 12:43
こんちくり!

自分としては今回のVUはすごいわくわくする内容でしたんですがね。

やはり、万人にウケるというのは難しい事なんでしょうね。

おっしゃるとおり、伝説の武器なんですから、簡単に取れるようなものにしてしまってはやはりダメだと自分もおもいます。
苦労して、中々取れなくてこそ伝説の武器ですから。

今はどうやって野良を主催してWave3を、攻略してやろうかと、模索する毎日です(笑)

まだまだ長々と遊べるゲームだと思うと、コレからも楽しみでならないですよ(笑)


Posted by 猫 at 2018年07月07日 00:04
フォーラムに藤戸さんから発言が来ましたねー。
「いくつかのルートを準備して好きなルートで目的に到達してください、という側面がありますので、RMEA強化に関してもなんらか別ルートを企画中です。」
とのことなので、ソロの人でもチャンスはありそうかな。

>ねこもさん
自分自身がソロ・少人数で遊ぶ私ですが、ソロや少人数でも遊べる部分を増やすのは、正直そろそろ限界かなと感じているのですよね。特にインスタンスエリア生成のリソースなんかで。
パーティへの抵抗をなくしていって、そちらでもモチベーションを補うようにできた方が、後々のことを考えるとよいのかな、などと考えたりします。

>猫さん
おお、野良主催の意気込み、頼もし過ぎる!かっこいい……!
個人的には、RMEの強化が「金の書武器買う方が全然いいわ……」レベルの血反吐が出る試練で、「今は金の書武器を振り回してるけど、いずれはRMEを最終形にするぜ!」みたいな展開が超燃えるんですけど、こういうのってやっぱりオールドスタイルなんでしょうね(笑)。
Posted by さとみん at 2018年07月07日 10:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183747967
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック