2018年08月22日

心頭滅却すれば火もまた涼し

10min.jpg
 当初15分弱かかっていた今月のアンバス2章ふつう、10分でクリアできました。【やったー!!】

 VU直後は「むずい!むずいなコレ!」と叫んでいた今月のアンバス2章ですが、無事に安定攻略にたどり着けたようです。
 フォーラムとかでも情報をいただいたのですが、今月はやっぱり、雑魚エレをウォタガでザンブザンブと鎮火していくのが正攻法な気がします。フェイスの火系連携にだけ気を付けて、黒魔道士でいくのが一番やりやすそう。精霊ジョブ有利の2章は久しぶりな気がするので、これもまたいいのではないでしょうか。
 で、近接なら攻略不可能という訳でもないのがイイ! 小鳥さん、モンクでキッチリ殴り倒しておりますのでね!

 小鳥さんの今月のやり方は、先日も書きましたが、「ターゲットは雑魚エレに固定し、ボスをWSのみで攻撃する」というもの。連携が発生しないので、ボスに吸われることがありません。
 フェイスは、色々試行錯誤した末に、アムチュチュ・ナシュメラ(IIじゃなくて無印)・アヴゼン・コルモル・クピピにしました。精霊枠にアヴゼンを選んだのは、通常攻撃に属性がなくて吸われない・MB狙わずにウォータIVなどをちゃんと撃ってくれる・意外とMPの持ちがいい・エレにサイレスを決めてくれるのでエレのMBを封印できる・ボスにディスペルもしてくれる、と今回うれしい要素がてんこ盛りのためです。
 ナシュメラはサブヒーラーもできて、アタッカーとしても意外と安定しているのと、アヴゼンとのコンビが優秀。二人の連携は闇なので、ボスに吸われる恐れもなし。
 盾は、いっそメネジンの方がいいのかとも思ったのですが、特定属性固定の戦いにはやはり魔導剣士が安定かなーと思って、アムチュチュにしています。一度メネジンでやってみるのも手なのかしら。
 ハッ、マウがマトンと大活躍するという今回の図……これはアフマウ絶賛推しの松井さんが狙った演出なのか!?(そんな訳はない)

 自分はモンクでエレを殴りつつボスにWSという、イエス・ノウキン!な立ち回りですが、
「無想無念状態で殴る(エレの物理耐性対策)」
「サポは戦士(踊り子にしてたけど、ボスへのV.フラリッシュが全然間に合わないし、フェイスの回復も厚いので自分はアタッカーに徹した方がいい)」
「WSはビクトリースマイト(悪疫期待で四神円舞にしてたけど、ボスはリゲイン持ちなのかあんまりWSが減る感じではないので、ダメージ量重視でこちらに)」
「ターゲット移動はスムーズに」
等を心がけて頑張った結果、15分弱かかっていたタイムが10分まで短縮できました!

 小鳥さんの火力では「むずかしい」の頻度で召喚されるエレを倒しきれない感じですが、もっとうまい人なら、前衛ジョブでもさらに上の難易度でもさくさくいけるのかもですねぇ。

 アンバスはやはり、こんな風に戦術を試行錯誤して、「最初は○分だったのが終わりの頃は×分まで縮んだ!」みたいな成長を実感できるのが一番楽しいです。同じ条件である程度周回するからこそ練習になるし、タイムの短縮で成長を実感できるし、ギミックによってFF11の戦闘の色々な要素を体験できるのは面白い。亀の歩みではありますが、マート戦で四苦八苦していた頃に比べて小鳥さんのプレイヤースキルは上がっていると思えます。
 まぁ、ソロなんで、引換券・銀はもらえないんですけど(笑)。試しにシャウトしたら、2章をパーティでやりたい人もいたりするのかしら。
posted by さとみん at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184236041
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック