2018年09月29日

ギルがなくても生きていけます

beitetu.jpg
 気がつくとポストに餅鉄が入っていることがある。

 餅鉄とヘヴィメタル集めに本腰を入れ始めたので、フレンドさんが時々、ウォンテッド等で入手した餅鉄を贈ってくれたりします。ありがたい話です(´;ω;`) お返しに特上スシとかカレーパンとかをなるべくポストにぎゅうぎゅう詰め込んでますが。はやくエスカッションも完成させて伝説のアルタナ全席を詰められるようにしたいものです。こっちは餅鉄やヘヴィメタルよりも時間かかりそうですけど。

 前に、小鳥さんの金策にもならない金策話を少ししましたけど、さとみんの方の金策も実は似たり寄ったりだったりします。モグガーデンして、合成で料理作って、たまにアケロンシールド売って、もっとたまに高純度ベヤルドを売って、それくらい。
 さとみんでだけやってる活動は、チョコボ掘りくらいで、それも世間のヴァナ民基準では金策のうちには入らないんだろうと思います。時給100万ギルとかいくものではないし(笑)。
 私の金策というのは、マホガニー材をマホガニーポールにして店売りするとか、そういうレベルのもので、ダイバー首装備HQ2を買う・作るために1億溶かしている世界とは、生涯縁がなさそうです。

 ただまぁ、逆に言うとあまり出費も多くないたちで、各種エスカッションの必要素材も大半自力で集めているし、消耗品は基本自家製造自家消費だし、日々の調理の素材も自力収集だから原価は安いし、オグメガチャも自分で集められた範囲での石しか使わないし、それで手の届かないものはさっさとあきらめてしまいます。
 結局この最後の、「手の届かないものはさっさとあきらめる」というのが、私のヴァナ生活で一番重要な……もしかしたら私が他のプレイヤーよりも多少優れている、唯一の性質なのかも知れません(笑)。

 自分の好きなこと、得意なこと、逆にやっても続かないこと、苦手なこと、そして今の自分で達成できるであろうラインを見極めるのは、ヴァナでは結構重要なのだと思います。
 上を見れば羽生名人や藤井七段のような化け物(失礼だろ)がいて、競売を見れば頭がくらくらするような金額が動いていて、「イド風、イオニック前衛、RMEA完備の詩人募集です^^」みたいなシャウトにため息をつく、そういう中で、「他人は他人、自分は自分」と割り切るのはなかなかのハードルです。
 幸か不幸か、私は他人との比較に全然興味がないタイプなので、割り切ることに苦痛はないのですが、逆に一緒に遊んでるフレンドたちは、もしかしたら「さとみん、さっさとヤグルシュ完成させないかなぁ」「詩人のRMEA完成させて、まともに動けるようになれよ」と苛ついている、という可能性も……ある訳だけど(苦笑)。だから餅鉄送ってくるんだろ、と言われそうだけれど。

 でも結局、人は自分がなりたいものにしかなれないし、やりたいことしか続かないから、私は今日もチョコボ掘りで得たキトロンをマカロンにするような地味な楽しみを、繰り返していくのだろうと思います。
 それでも遊んでいける今のヴァナが、私は好きだし、それでも遊んでくれる人に感謝しながら、私も誰かの地味な楽しみを見守っていたいです。
posted by さとみん at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184544867
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック