2018年10月18日

「ふつう」が普通に楽しくて普通においしい

shivalow.jpg
 覚悟はよいか、一にして多なるものよ?
 見下ろすシヴァ様、女王感がすごいです。

 ★雷の試練でボルトサージトルクを取ったので、ちょっと面白くなって、他の上位召喚獣バトルもやってみることにしました。餅鉄もたまにもらえますしね、1個とかだけど。あとAF強化キャンペーン(対象:私だけ)絶賛開催中なので、レムはいくらあっても足りません。
 欲しい装備がドロップするやつからやりたいよな、ということで、歌詠唱時間短縮系の両足装備が出る炎の試練ふつうに行ってみたら、何と一発ドロップしてしまいました(笑)。
 それじゃあ……と、敵対心の上がる両手装備が出る、★氷の試練ふつう道場通いを始めております。

 こちらが慣れてきたせいなのか、ブリザジャの時に挑発を入れて弱点を突くのが上達したのか、スタンよりは麻痺の方がマシということなのか、光連携が通じるのでイロハIIを呼べるおかげか、ラムゥ戦よりも安定しているような気がします。……気がしているだけで、ここから地獄の宴が始まる可能性もないではないですが。
 まぁでも、やはり範囲回復持ちのイロハIIがいるのが一番安定要因なんでしょうね。セルテウス、イロハII、ユグナスと、範囲回復3人が揃っているので、そう簡単にはやられません。もっとも、ユグナスさんの回復はワンテンポ間が空くので、身替の術がなくてHPが黄色の時にヘヴンリーストライクのログが見えると肝が冷えますけどね!(笑)

 しかし、上位召喚獣道場に通っていて思うのは、この「難易度:ふつう」というのは本当に上手に設定されているというか、まさしく「普通にチャレンジして普通に楽しく普通に見返りがある」感じだよなーということです。
 ちゃんと考えて戦術を用意して臨めば、ソロでも8割以上の勝率があり、20%くらいの確率で装備がドロップして、ドロップしない時も何かしらちょっと嬉しいものがもらえる。
 ソロにおける私の実力と気分だと、この「ふつう」を遊んでる時が一番「周回してて楽しい」感じがします。ソロでの遊びって、本来この辺のテンポを狙って調整されてるんじゃないかな、と。
 パーティならば(たとえその人数が2人とか3人であっても)その上を狙えて、当然ながら岩餅棒の大包だってもらえる訳ですけど、それをソロで安定してクリア続けるというのは、やはり元々「全員がやる遊び」ではないような気がする。

 まぁオマエがヘタクソなだけだろ、オレはそんなテンポはゴメンだねって人もいるでしょうけれど(笑)。
 私にとっては、私が一番快適なテンポのところで楽しく遊びつつ、チャンスがあったらパーティでわいわいやっている、今のヴァナライフが性に合っているのだなぁと実感しているところです。
posted by さとみん at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184706430
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック