2018年12月18日

アンバス忍者、クトゥルプを殴る

 毎週固定の集まりで、アンバス1章に行った訳ですが、白の出番があんまりない……ということで、なんと忍者での出動でした。
 いやその、白でもサポ召でミュインララバイとか、ダウルダヴラひっさげて詩人で行けばよかったんじゃね?というお声は聞こえますが、ワタクシのヘッポコサポ召とか詩人とかでは、まっっったくあてにならん!というマラソン役の声無き叫びが聞こえてきそうだったので、やめました、ハイ(笑)。触れられもせずに「じゃ忍者で」って流れでしたからね! みんなよっぽど私を信用してないと見える! 実際信用ないからしょうがないな!(笑)

 といいつつも、忍者もまぁ、アレでソレで、到底とてむずでは通用せんよなということで、むずかしいでした。野良募集で忍者さん詩人さんを募集して、剣忍忍忍詩風でレッツゴー。

 ちなみに私の忍者は、基本アンバス+2装備で固めております。膝丸メイン、ところどころムンム、乾闥婆NQ。なんとか素で命中1240は確保したおかげで、一応今回攻撃がスカるということはなかったです。TPが貯まる速度はアレだし、WSの威力もソレですけど、ほらあんまり全員が同じタイミングでTP貯まっても3連携じゃないから無駄になるし、WSも今回はボスの被ダメアップ特性で割とすぐ99999ダメージになってそれ以上カットだからそこまで差がつかないし、だ、大丈夫ですよね!?(必死に救いを求める仔羊の眼で)
 まぁ他の忍者さんが強いので何とかなりました(笑)。連携は基本、秘回しの闇連携。いかに早くボスを削るかが勝負なので、連携のタイミング難しいですね。なんかかぶっちゃったりするし。

 それにしても今回はマラソン役が大変そうでした。
 リバイバル前に野良で白(サポ赤)でマラソン役サポートについた時は、雑魚の特殊技はほぼなかったと思うのですが、今回はリゲインの挙動が変わったためか、ボコスカ特殊技が放たれており、事故が結構ありました。とてむずだとさらに大変なんだろうなぁ、これ。

 そんなこんなで、忍者で野良デビューです。次の機会があるのか……どうかは、誰も知らない。
posted by さとみん at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185218545
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック