2019年01月22日

鼻っ柱は折れるためにある

grandfall.jpg
 最初の一小節で失格の鐘。

 このところ、メリポは「★風の試練」ふつうのクリアに使ってました。レム第六章が欲しかったので。
 ふと、「もしかして私も、うっかりウナギ、むずかしいくらいならクリアできたりしないかしら?」などと甘い期待をして突入してみたのですが、最初のグランドフォールをそもそも耐えられませんでした(笑)。ユグナス様のシェルラが泣ける。
 え? 身替の術はどうしたって? ……ヘイストIIがかかってからかけようとか、アホなことを考えたのがいけませんでしたね……。ていうか、連打される可能性を考えると、身替の術頼みでは同じことになりそうな。
 やはり魔回避と魔法ダメカット装備をもっとちゃんと集めて、特殊技に合わせて真面目に着替えないとダメですねー。いやそもそも、火力もあんまりないんですけど。

 しかしこういう時に、「どうすれば勝てるようになるか」って考えるの、楽しい反面、手がかりがないと結構つらいところもありますよね。
 何か自然に、強くなるステップを探れるようになるといいんですけど。エミネンスに、「魔回避を上げる」とかそういう項目があったら面白いのかもなー。と適当な妄想など。
posted by さとみん at 23:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ
この記事へのコメント
耐えられないのであれば一撃避けで回避する手もありますね。ただ真の脅威はウォタジャなので、そちらの対策も必要ですね。
Posted by 通りすがり at 2019年01月23日 10:50
>通りすがりさん

なんとー! あれって一撃避けで回避できるもんなんですかー! 知らなかったー!(恥ずかしい)

……でも私のノロマな神経では、一撃避けできる気がしません(笑)。
そしておっしゃる通り、真の脅威はウォタジャですよね。怖い。やっぱり魔回避と魔ダメカットが必要なのか。
Posted by さとみん at 2019年01月23日 11:16
慣れないうちは時間かかっても敵の技全部一撃避けの要領で逃げてしまうのも有りだと思います。
脅威となるウォタジャですが、ウォタジャが原因で逝くことは少なく、主にジャ系で蝉が剥がれる→通常DAで逝くことが多いと思うのでジャ系が見えたら離れて食らう→蝉をしっかり張ってから近寄るをまずはやってみて慣れてから省いていくようにするのがいいかなと思います。
Posted by ひつG at 2019年01月23日 12:25
私も忍者でやってましたがとてむずだと、カットで耐えても
フェイスが吹っ飛んでたのでドラゴンパピーなどの応援もお忘れなく。

あと避けてばかりだと全然削れないので、連携できるときは食らうなど
していくといいと思います!
Posted by れお at 2019年01月23日 15:23
>ひつGさん

なるほどー! 確かに他の試練でもジャ系自体より、その後の追撃がヤバいことが多かった気がします。一撃避け練習するか!
Posted by さとみん at 2019年01月24日 09:32
>れおさん

ドラゴンパピーの応援というのもありましたか! すごい着実に英知が集結している。
ついつい目先の移動速度アップにつられてジャボテンダーにしてしまうのですが、ドラゴンパピーも試してみます!
Posted by さとみん at 2019年01月24日 09:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185424721
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック