2019年05月06日

ヴァナ・ディール in ウズベキスタン

 リアルでウズベキスタンに行っていたので、しばらくGPD Winでログポを回収するのがやっと、という状態でありました。
 ちなみにウズベキスタンの通信事情は、使ったSIMカードの限界なのか現地の限界なのか、ほぼ3G以下、ホテルのWiFiもゆっくりのところが多くて、ログポ回収もやや時間がかかります。とはいえ普通にアクセスできるのは、テレホーダイ時代からの古強者FF11ならではですね!

 ウズベキスタンの美しい景色を見ても、私のFF11脳は、「ここヴァナのあそこに似てる!」とすぐ言い出す状態になっていたので、記念にアップロードしておきます。
tahrongi.jpg
 タロンギ峡谷のダルメルが戯れているところ。
(カラカルパクスタン共和国の砂漠にいたラクダです)

ranperrstomb.jpg
 森の中だったらランペールの墓の入り口じゃないか……!
(シャフリサブスにあるアクサライ宮殿そばの、ティムール王の墓所予定地なので、リアルでもお墓)

shiromon.jpg
 まぁ、白門ですよね。皇宮入り口ですよね。
(ほんとはブハラの霊廟)

fuumadou.jpg
 私の中では、封魔堂の天井ってこんな感じなんじゃないかなぁと思ってるんですがどうでしょう。
(サマルカンドのレギスタン広場のマドラサ天井だったかな。遠近感が狂う圧巻の装飾。宇宙を感じる)


 本当は、ヴァナの造形を考えるに当たって、こういうリアルの建造物や風景を参考にしていると思うので、リアル→ヴァナ→リアルと何周かしてる感じもしますが(笑)。こんな風に、リアルにヴァナを探すのもなかなか楽しいです。
 皆様も旅行に行かれた時は、「ああっここサンドリアに似ているぞ!」とやってみるのオススメですぞ!
posted by さとみん at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 風景
この記事へのコメント
ステキな写真楽しく拝見させていただきました。

雰囲気的にはアトルガンに近いと個人的にはかんじました。
Posted by ハズキルーペ at 2019年05月07日 14:42
>ハズキルーペさん
ウズベキスタンはイスラム文化圏なので、やはりアトルガン皇国と雰囲気近いですね〜。石造りの建物で、太陽の光がカッ!と強いです。
砂漠部分は、タロンギやメリファトに似てました(笑)。
Posted by さとみん at 2019年05月07日 18:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185962245
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック