2019年09月13日

カモ扱いでいいです

iroiroaruna.jpg
 使い道のない印章をいいモノが出てくるオーブに交換してくれる、普通に親切なご兄弟。

 今回、色々利便性アップのバージョンアップが入りまして、大変助かっているのに……意外とフォーラムで、みんなコメントしないですね。便利になった!という時こそ、便利になったよ!ってフィードバックした方がいいと思うんだけどな。あれしてこれしてって頼む時は口うるさいのに、いざしてもらったら、なしのつぶてっていうのは、ちょっとどうなんでしょう。印象よくないと思う、印章だけに(これが言いたかっただけ)。

 印章も種類が増えてきたので、いっぺんに受け取りしてくれるとラクだよな〜と思っていたものの、言いそびれていたタイプの面倒さだったので(笑)今回予告なしにラクチンになってサプライズプレゼントをもらえた気分です。
 しかも二人とも、ちゃんと受け取った個数を律義に教えてくれるんですよね。真面目な人だ。
 あとは、Monisetteさんがレム物語をいっぺんに受け取りしてくれるようになったら最高である(笑)。あ、フォーラムにはだめもとで書いてあります……。

 ところでこのご兄弟、「ヘヘッ、いいカモだぜ」の台詞で有名ですが、どう考えてもこの取引では冒険者の方がトクをしているんですけど、一体どういうロジックで冒険者をカモってると考えてるんでしょうかね。
 冒険者から集めた印章を獣人に売りつけて儲けてるんだと思うんですが(世界設定では印章は獣人拠点の手形になったり、上流階級の獣人しか持ってなかったりで貴重らしいし)、その割にオーブにしてない印章はちゃんと保管してあるし、手数料もなしで保管・両替してくれるし、オーブは湯水のように供給されるし。

 本当はすごく高価な印章を、何の役にも立たない石ころと交換でたくさんくれる……ということでカモだよなということなんでしょうが、印章が高価とはいえ獣人に売り捌くにはそれなりのルートを確立する必要がある以上、誰でも参入できる市場ではなさそうですよね。こういうケースだと、「カモ」というのとは違うような気もします。
 オーブから実際に宝物が得られることをShamiたちは信じていない(のでオーブはほんとにただの石だと思ってる)という路線も考えたのですが、使用済みのオーブを鑑定してくれることを考えるとそうでもなさそうな……。

 印章の保管管理の細かい記録を考えたりすると、結構な手間がかかるにも関わらず、兄弟はジュノに張り付きで他の商売もしてないぽいので、印章売却は相当な利潤が得られるんでしょうねぇ。
 商人というより、もはや普通に印章銀行っていうか、金融業だよな!

 という訳で、考えるほどに謎の深まるShami・Shemo兄弟。
 あのカモ発言は、根っから誠実な商人だけど冒険に憧れてちょっとワルぶりたいShamiの、偽悪発言なのかも知れない(笑)。
posted by さとみん at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186551669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック