2020年06月12日

INTよん?がプレイするマンドラ★

randomfree.jpg
 長かった……チャチャルンがマジ強かった……。

 昨日から始まった、公式18周年アニバーサリーイベント「マンドラ★」!
 かわゆいマンドラと、ちゃりちゃり言ってるキキルンたちと戯れる猫カフェ的イベントかと思いきや……まさかのガチ二人零和有限確定完全情報ゲーム(しかも相手はCPU)がぶっこまれるとは予想外。

 運要素ゼロ、他人に左右される要素ゼロ。「賑わってないとクリアできない><」「アクションが下手でクリアできない><」等々の言い訳が完全封鎖された、「クリアできないのはオマエのINTが低いせいだよ!!」としか結論しようのないコワイ仕様となっております!(笑)
 元になっているのは「マンカラ」という伝統ボードゲームだそうですね。→Wikipediaのマンカラの説明 たぶんマンカラの中の「カラハ」というバリエーションかな。
(しかしこのマンカラ、「子どもの知育用に^^」とオススメしているネット記事がいっぱいあったけど、運要素がないので、下手な子どもがやるとガチ泣きするゲームなのでは。いや逆に、できる子どもはたぶんお父さんお母さんをなぎ倒して無双するパターンだろうけど)

 ま、まぁ、一番の目玉の商品の「ようじんぼうの絵画」(これ、以前のアニバーサリーもぎヴァナで、松井さんの奥様が作ってくださった、ピクトグラムチャチャルンがモチーフかしら?)は、ポイントさえ貯めれば交換可能、ポイントは負けてもゲット可能、しかも必要ポイントも高くないという慈悲深いことになっておりますのでね。ぶっちゃけクリアできなくても大丈夫。

 すでにネット上にはよい攻略情報が数多出ていると思いますが(最近SNSやネット情報を全然チェックしてないので全くわからない)、自分用の覚え書きにあげておきます。必勝法!とかじゃないので、そういうのを期待する人がいたらごめんね。


★★★ INTよん?のタルタルのための 最初の三手 ★★★

  1. 先攻を取る。後攻になったら即キャンセルする。
  2. 先攻になったら、まず「エリア3」を動かす。
  3. そうしたら自分のストックエリアにマンドラが入ってターンが終わり、ボーナスのターンが回ってくるので、「エリア5」を動かす。(何故「エリア5」なのかは後述)

 その後の戦術は以下の通り。

  • 「エリア5」に、マンドラが1もしくは何も残っていない状態になるようにする。
  • 連続ターンを取ることを優先してマンドラを動かす。特に「エリア5にマンドラが1ある」状態は一番使い勝手が多いので、困ったらこれをやっておくくらいでもいい。
  • 各エリアには、連続ターンを取れる「マンドラの最適数」と、相手に連続ターンを与えてしまう「この数にしてはいけない数」がある。なので、その数に気をつけて動かす。

各エリアの最適数&してはいけない数は↓。
boarddarknumber.JPG
 青字が「最適数」、赤字が「この数にしてはいけない数」です。

 これを気をつけていれば、勝率はかなり上がると思います(必勝、という訳にはいきませんが)。
 定石の説明をしておきますと、

 このゲームは、初期位置が固定されています。
 その初期位置と、先攻の最適数が一致しているのが「エリア3」。
firststep-moji.JPG
 ここに初めから3つ配置されているので、まずここを動かします。そうすればポイント(しかもレアマンドラ)が入り、さらに自分にターンが回ってきます。
 この状態で連続ターンをさらに取れる手はもうないので、次に相手にターンが回る前に、相手が連続ターンを取れないようにしておかなければなりません。そのためには、現在「この数にしてはいけない数」と一致しているエリア4とエリア7を妨害しておく必要があります。特にエリア7は遠いので、よく考えないといけません。
secondstep-moji.JPG
 それができるのが、エリア5を動かすこと。自分にポイントが入り、余ったマンドラが相手の陣地に順次置かれていくのですが、エリア5が4マンドラ状態なので、ギリギリ、エリア7にマンドラが届き、エリア4のマンドラ数を5に、エリア7のマンドラ数を4にできます。
thirdstep-moji.JPG
 エリア4だと、マンドラ数が足りないです。

 こんな感じで、あとは順次、「自分が連続行動でき、相手が連続行動できないようにする」ことを優先して動かすのがよいでしょう。レアマンドラとかを狙うのは、それが出来るようになってからの方がいいです。順番がややこしいので数え間違えたりしますし、そこに気を取られると数の把握がおろそかになりがち。こちらのターン数を確実に増やし、相手にターンを与えないようにすれば、レアマンドラをいくつか取られても、トータルでの勝率は上がると思います。

 優先したいのは
「エリア5にマンドラ1を残すこと」
「エリア1は、マンドラ5状態になるまでなるべく動かさない(相手がマンドラを置いてくれる可能性が高いエリアなので)」
「エリア8(相手の一番近いエリア)にマンドラ1が残らないよう妨害できると理想だが、そこまで手が回らないことが多いので、エリア2や4の数を気をつける」
感じでしょうか。

 お気付きの通り、このゲームは先攻がかなり有利です。後攻でも先攻のミスを見逃さなければ割と勝利可能ですが、慣れないうちは負けがち。なのでポイントよりも勝利を優先したい時は、後攻になったらキャンセルしてしまうのがいいかも知れません。
 ただ、キャンセルばっかりしていると、相手の戦略から学ぶチャンスもなくなりますので、負けるつもりで練習するのも大事。

 対戦相手は、順当に、「だんだん強くなる」パターンです。
 このゲーム、二人零和有限確定完全情報ゲームで、しかも大逆転できる要素がないので、ミスが多い方が負けます。なので、本気出したCPUにはたぶん勝てないと思う。それだとゲームにならないので、最初の頃の対戦相手はかなりミスをするようなアルゴリズムが組んである印象です。
 しかし最後のチャチャルンは、見ている限りまずノーミス、こちらが先攻を取っていても一手ミスすれば負けるという確実な手を打ってきます(笑)。チャチャルンに3勝すると、ランダム対戦モードが解放になりますが、そこで最初のグリーンサムモーグリさんと対戦すると、モーグリさんがアルタナ女神並に慈悲深く見えてくる……。
 チャチャルンに後攻でも勝つ方法は、たぶんあるとは思うのですが(レアマンドラを確実にゲットするなど)、今のわしにはそこまでのINTはないです……(笑)。勝ったのは全部先攻取った時だったと思う。


 といった感じで、へたくそな説明でわかりにくいと思いますが、あくまで自分用の覚え書きなのでそこはご容赦を!(言い訳)
 みなさまいっぱいちゃりを貯めて、ダイヤルキー#ANVや#Foをいっぱいゲットしてくださいー!
posted by さとみん at 12:54| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
とても分かりやすくて助かりました
Posted by Kani at 2020年06月13日 21:33
>Kaniさん
お役に立てたなら幸いですヽ(´ー`)ノ
慣れてくると面白くなってくるので、ぜひチャチャルン討伐目指してがんばってくださいー!
Posted by さとみん at 2020年06月14日 09:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187588854
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック