2020年06月29日

ベリンダ、ヘラルド、ピトリヴ

cocoon.jpg
 8戦、12戦、22戦。

 ぶるぶるさんで、CL75のウォンテッドの装備を全部入手できましたー! ウォンテッドキャンペーンが終わる前に間に合ってよかったです。
 敵対心の上がる背装備エミコマント、被ダメカットのついた指輪セテーリング、敵対心の上がる投てきチャリトニスリングと、ぶるぶるさんにはありがたいものばかり。LV75相当の装備なので、99になるまで使うと思います。

 参考にする人がどれくらいいるかはわかりませんが、CL75ウォンテッドの情報はあまりないので、気付いたことなど。

Bounding Belinda(南グスタベルグ)
 トカゲです。プレイグブレスとか、なにげにそこそこのダメージです。
 はっきりと確認はできてないのですが、時々テラー状態にすることができます。どうも、特定のタイミングで(雷属性の?)魔法ダメージを与えるのが条件の模様。タイミングは、特殊技の発動〜次の攻撃までの間のような気がしますが、確実な話ではありません。
 シャントットIIを呼んでいると、魔法をそれなりにぽんぽん使うので、時々上記のタイミングにうまくハマってテラーにすることができました。自分が魔法を使えればもっと楽かもしれない。

Hugemaw Harold(東ロンフォール)
 ミミズです。
 特殊技を高頻度で使ってきます。震動や土竜巻を連打されると、回復がかなり大変です。ぶるぶるさんはマジェスティの範囲ケアルの連打で対抗してました。ミミズで動かないので、フェイスの立ち位置もあまり調整できません。もう範囲ダメ上棟で喰らい続けるしかなさそう。
 通常では被ダメカット状態で、あまりダメージが入りませんが、特殊技使用時にはカットがなくなります。なので、特殊技を使っているタイミングでWSを撃ちまくる。フェイスのアタッカーは、WSのタイミングを指示できないので、自分がアタッカーじゃないと結構苦戦します。連携トスを待つタイプのアタッカーよりは、とにかく貯まったら撃つタイプの方が、案外偶然ハマる確率が上がるのかな。
 終盤は特殊技を連打してくるので、こちらもダメージを受けまくりますが、向こうもいつもカット無し状態になるので、すごい乱打戦になりがち。

Prickly Pitriv(東サルタバルタ)
 みんな大好きクロウラーです。箱から絹糸が出ることも(笑)。
 ポイズンブレス、粘糸、コクーンなどを使います。粘糸のスロウは、ヘイストがかかっていれば予防できるので、ヘイストをかけてくれる支援フェイスをお忘れなく。
 こやつは、コクーンを使用するとその直後しばらくすごい早さで攻撃してきます。百烈拳が発動するようです。百烈拳だとしたら1分ですかね。コクーンはかなりの頻度で発動するので、百烈拳もかなりの頻度でくらいます。ぶるぶるさんは、コクーン発動を確認したらセンチネルやランパートを発動して対抗してました。ダブルアタック持ちなのか、もともとの攻撃も結構痛いので、ヘイトが抜けるようで、序盤はターゲットがぐらつきがちです。コクーンをスタンで妨害すると、百烈拳も発動されません(ザイドさんが止めてくれたのは確認しました)。
 連携ダメージやMBダメージなどは普通にいい感じで入りますので、アヤメさんを呼んで素直に連携MB戦法で倒すとよいと思います。


 そんなこんなで、ウォンテッドキャンペーンは満喫いたしました! 残り少ない日数で、デュナミスに行ってレリック装束を探すべきか、レベル上げを優先するか、悩むところですね(笑)。
posted by さとみん at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶるぶるの冒険
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187645953
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック