2021年02月24日

調理エスカッション振り返り

20210219-181155.54-2.jpeg
 完成時は私よりミュークさんの方が興奮してました。

 幻珠ですっかりカリカリクポーになったわが貯ギル箱を潤すべく(笑)日々食べ物を生産しては競売に突っ込んでおります。3億を取り返せる日がいつなのか、そもそもそんな日が来るのか、さっぱりわかりませんけど(笑)。

 合成連携は色々やってみましたが、結局のところ、

キトロマカロンを食べて、
溶解→衝撃→分解→光
硬化→振動→核熱→光
貫通→切断→重力→闇
炸裂→収縮→湾曲→闇
のどれかをひたすらローテーションする

というやり方しかないな、という結論になりました。それ以外は、ほぼない、と言っても過言ではないというか。
 上記のルート以外のやり方を、多少効率が悪くてもいいからできないかと散々試行錯誤したのですけど、このルートを外れると、とにかくStabilityが減り失敗した時に漏れ数時間の幻珠集めの成果がパーになるという、効率が悪いというレベルではなくはっきり有害になる結果にオチてしまうので、上記のルートをたどるしかなかったです。

 キトロマカロンは、教えていただいて後半食べるようにしましたが、失敗が減ったせいなのか何なのか、たまに失敗しても漏れが発生しなかったので、70%を越えたあたりから、ラスクよりもマカロンを食べてました。
 合成連携は、HQが発生しても2倍になる訳ではない(特にLv3だと)割に、失敗するとフルロストでさらに漏れが出たら巨大なマイナスなので、とにかく安全重視でいくしかないですね。
 これが、漏れがあるかもしれないけどHQが出たらそれをカバーしてあまりある巨大なリターンが!みたいなギャンブル性があれば、トレードオフを楽しめたのですけど、とにかく片方がハイリスクローリターン、もう片方が中リスクローリターン(笑)という選択肢なので、逃げ場なし。

 幻珠集めは、うん、まぁひたすら単純作業でした。単純作業は苦にしないタイプですが、合成という大きなくくりの中でこれまで培ってきた知識や経験が役に立たない内容だったので、それが一番つらかったです。前述した合成連携もそうなんですけど、効率がいいというよりも現実的な選択肢がほぼ一択しかなくて、取り合いにめげずにひたすらそれをやり続けるという根性だけが要求されるというか。
 うーん、やっぱり、ギルドポイントや、職人ポイントで幻珠を交換するルートがあってもいいと思うんですけどねぇ。合成を極めるためにモグボナンザ2等以上を取れ!というのもアレな話だとは思いますけど、合成を極めるためにひたすら限界突破クエストのアイテムを横取りして割り続けろ!というのも、「合成関係なくない……?」という気分にならざるを得ない。
 とはいえ、エスカッションを完成させた(あるいは途中で放棄した)者の金策として重要だという考えもあるかも知れないので、難しいですが。せめて、アセンブラを持っている人だけが交換できる、とかだったら、アリですかね? お念珠で配るくらいなら、自分で交換できる方が合成職人のやり甲斐が出ると思うんですけど。

 あと、緩和してもらいましたが、やっぱり貫通と収縮はあまりにも数を揃えるのが大変で、これが闇ルートの連携をまとめてつぶしてしまっているので、ドロップ率を何とかするなり分解成功率をあげるなりしないと、厳しいと思います。

 ……とはいえ、以前も書いたのですけど、合成連携は、ゲームのバランスという観点でクリアしなければならない要素がべらぼうに多くて、いじるのはそう簡単ではなかろうなぁと思います。
 第3段階までのクエストは、どれも本当に面白くて、頭のひねり甲斐があって、合成してるぅ〜!っていう喜びに充ち満ちていたので、そういう路線でいくことも不可能ではなかったと思うのですけど、それだとプレイヤー側があっさり終わりすぎてしまうんでしょうね。第3段階までのクエストをあと30ループくらいするんでも、わしはよかったんじゃがのぅ(笑)。

 何だかんだ言いつつも、何はともあれ盾が完成したので、これからカルンウェナンの作成に戻る予定です。あ、はい、裁縫と木工と錬金術と彫金と鍛冶が待ってるので、引き続き幻珠は集め続けます。
posted by さとみん at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 合成/錬成/釣り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188433136
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック