2022年01月23日

竪琴と岩窟

20220123-223719.91.jpeg
 なぜ弦楽器が岩窟なのか。

 週末にエミネンス・ユニティポイント交換がリセットされる前に、アイテムをまとめて交換しておくことが多いのですが。
 最近は、ユニポはコルセア用のレイヴジョブマントをガチャガチャするための幻光結晶にして、エミネンスの方はマスターレベルになったジョブの上げにくいスキルアップの書を交換して、青字になったらアケロンシールドを少し交換することが多いです。
 オデシーのセグメント稼ぎに詩人で行くことが多くて、そんなに意識しなくてもマスターレベルがじりじり上がってきたので、詩人関係のスキルアップの書もひもといておりました。

 歌唱スキルは「光風の詩」、弦楽器が「岩窟のスコア」、管楽器が「木漏れ日のスコア」、どれもエチュード(練習曲)とアイテム説明にありますので、たぶんこの楽譜を見て笛を吹いたりハープをポロロォンしたりララララ〜♪とかやったりしているはず。
 管楽器が「木漏れ日」というのは何となくわかるというか、フルートで軽やかに、日の光が巨木の木の葉を踊るようなイメージの練習曲なんでしょうけど、弦楽器が「岩窟」なのは何故なんでしょうね……(笑)。ヴァナ界の吟遊詩人が持つ弦楽器はほぼ全部竪琴なんですが(スピネットとかがあるので、ヴァナ界にも弦楽器自体のバリエーションはそこそこあるはずですけど、詩人が持ち歩くことを考えると、モーグリの秘術を持ってしてもピアノで弾き語りしながら戦うのは無理であった)、竪琴が岩窟……? あんまりハープの音って岩っぽいイメージがないんですけど、なぜ岩窟なんだろう……などとアイテムを使いながらどうでもいい疑問がわいてしまいました。

 ルーウェンハート氏にとっては、竪琴というのは何か厳かで重々しいもので、岩窟の中で演奏するべきものなんだろうか。
 あ、それとも、岩窟の中で演奏して音を反響させることを考えた時に、一番綺麗に聞こえるのが実は竪琴だったりするのだろうか。
 あるいは、崇高なイメージの光、軽快なイメージの木漏れ日と来て、ここらでルーウェンハート氏も重々しい厳格な感じの地属性の音楽を書きたくなったのだろうか。

 スキルアップの書って、あんまり詳しい説明がアイテムテキストになくて、特に他のところで深掘りされたりもしていないので、ちょっと想像をかきたてられますよね(笑)。
posted by さとみん at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 風景
この記事へのコメント
ぜひ、格闘のスキル書を1度お読みください。なぜスキルが上がるかよくわかります(笑)。
Posted by ぴんふ at 2022年01月24日 09:30
>ぴんふさん
反映&返信が遅くなりましてすみません!
読んできました! ミケ様は長嶋茂雄さんみたいな伝説枠ですね!
Posted by さとみん at 2022年01月26日 10:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189290422
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック