2022年06月25日

砕石場の爆破

20220624-214955.44.jpeg
 実際の状況はもうこんなのです。

 イオニック取得の会、ついに醴泉島隠しNMのターンになりました。
 ここからは、筋肉を信じてもどうにもならない敵ばかり。基本はMB戦術やアストラルパッセによる短期決戦バクチ勝負です。戦闘自体は短いですが、MMMでSPアビリティを回復させたりなんだりで、時間がかかります。

主催「まずは手慣らしにテレスからです」
さとみん「テレスが手慣らしとは一体」
 上位セイレーン様が手慣らしとかどういう世界観だよ。

 パッセ戦術では、私は風水士かコルセアを指定されますが、今回は風水士になりました。使い魔法を確認します。ボルスターインデトーパージオフレイル、ボルスターインデトーパージオフレイル、ボルスターインデトーパージオフレイル、どっこいしょ、ボルスターインデどっこいしょジオどっこいしょ……違うそうじゃない。

 始まると、敵味方双方のセイレーンが大暴れです。チキュイーンドカドカドカーンドカドカドカーンドカドカドカーン!
 画面は薄桃色と銀色エフェクトが入り乱れ、何も見えません。
 テレスをターゲットすることすらままならず、気がつけば終了。

 テレスを2戦やった後、さてそれではシャーに行きますかと突撃しましたが、シャーはお供を呼ばれると強力なダメカットが発生するので、ちょっとでもDPSが足りないと全滅してしまいます。という訳で2戦チャレンジしたものの敗北。泣きの最後の1戦で、何とか1勝しました。
 ここで時間になってしまったので、残りは次回。

赤魔導士「あと1ミリしか残ってなかったのに負けるとはなぁ」
主催「やはりテレスは雑魚だったな」
 セイレーン様に怒られるぞ(笑)。
posted by さとみん at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | RMEA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189623793
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック