2009年08月12日

学者でカンパニエ

 学者が60になったので、カンパニエに行ってみるか〜と制帽をかぶってお出かけしてみることに。

 と言いつつ、もうずいぶん長い事赤でしか参加していなかったので、立ち回りがイメージできません。
 フレンドさんたちと4人くらいのパーティを組んだのですが、赤の人が多くてプロシェルも範囲ストンもケアルもあまり出番なし。赤の時みたいに、ぼーっとフレンドさんと敵を叩き続けてしまい、当然大した査定はされなくて、ユニオンのロット権すらもらえないという有様に。
 やっぱり学者は範囲強化と範囲ケアルを連打しないと駄目ですなぁ……。
 ということで、次からはパーティメンバーと離れて行動ぎみに、NPCの周りをひたすらうろつくことにしました。

 あとはひたすら、NPCを見かけたら範囲ケアルという感じ。NPCの範囲ケアルをすると、エフェクトが一斉にあがり、「○○のHPが××回復した」というログがざざーっと流れて行くのが、なかなか楽しい。
 NPC部隊があまりいないところでは、ひたすらに見知らぬPCにケアル4の繰り返しです。

 ああ、なんかこれ、まだ赤が60くらいで、カンパニエ行っても成す術無く呆然とケアルしてた頃を思い出すな……。
 そしてあっという間にMPが底を尽き、机上演習しても全然足りず、補給物資のスーパーエーテルをがぶがぶ呑んで、それでも足りずに座って、とやっておりました。
 もうしばらく、学者のカンパニエの立ち回りを憶えないと、稼ぐという感じではありませんが、このもどかしさと、それなりに経験値が入った時のうれしさを楽しみつつ、積み貸せていきたいと思います。
posted by さとみん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カンパニエ/ビシージ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31298370
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック