2014年04月07日

裏ザルカバードに行ってみた

 先日LSメンバーのおかげで裏ボスディンをクリアできたので、晴れて裏ザルカバードに入れるようになりました。
 まだ行ったことのない裏ザルカ。まぁ真闇王様には、お会いしたところで一瞬で薙ぎ倒されて終了でしょうが、とりあえずどんなところか行って見ようと、今日は獣使いでソロ突入してみました。
 音楽があのAwakeningで、最初のイベントとあいまって大変気分が盛り上がります。闇の王の抱えざるを得なかった深い憎悪の切なさが、暗い空と白い雪になったようで、ただプレッシャーがあるだけでなく哀しさのようなものがただよっています。

 が、そんな物悲しさをよそに、私がやることはファルコアさんと一緒にデーモンを狩ってアイテム強奪なんですがね!(笑)

 噂にたがわず、裏ザルカは延長石像を倒すのが超簡単。場所が離れていますが、周囲に敵がいなくてリンクということがありえないのでとても気楽です。
 延長を取った後は、レベル90以上のデーモンを狩ってました。シーフと狩人がいて、なおかつ安全地帯に引っ張れる場所があったので、そこにデーモンを引き込んでの討伐です。詩人は弱点を突けませんが、シーフと狩人はステップで弱点が突けますし、その他に竜騎士と侍もつまんでWSで運良く弱点突けないかなー、という感じ。
 で、2時間みっちりやってみたら、忘れ去られた面影が14個ほど取れた上に、旧貨幣も新裏でやるのと遜色ないくらい集まりました。面影は高値なので、あれこれって金策というだけなら新裏より効率がいいのか? しかも人が全然いなくて取り合い皆無だし。

 とはいえ、私の裏活動は基本的にレリック装束をコツコツ自分で鍛えてみたいぞというのがモチベーションの基本なので、ザルカバードとボスディンは(ログインポイントで)最低限欲しいレリックは揃ってしまっています。むしろ損傷したレリックを拾わないといけないので、まだまだ新裏との縁は切れそうにありませんね。
 でも裏ザルカバードは楽しいところだったので、面影をたくさん集める頃になったらまたやってこようと思います。
posted by さとみん at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | へたれ獣使いの旅

2014年03月06日

デュナミス-バルクルムをクリアさせてもらった

 という訳で、昨日に引き続き、今日こそデュナミス-バルクルムをクリアしますぞー。これがクリアできれば、晴れて裏タブナジアに入れますからね。レリック+2のオグメもつけられるようになりますよ。
 などと言いつつ、実は獣使いでデュナミスに突入するのは初めてなのです。電撃の旅団本など熟読し、獣使いの裏での立ち居振る舞いをお勉強。延長石像は足の早いシャズナさんに倒してもらい、延長を取ったらトレハンのつくペットに切り替えてやるがよしとのこと。ふむふむ。まぁトレハン云々より、今回はクリアが優先です。
 昨日、へっぽこ忍者の命を2つ半くらい消費して(笑)集めた弱体アイテムと、トリガーアイテムを鞄にしっかりしまい、いざ突入です。

 入ってみたら、今日はいつもよりデュナミス-バルクルムは混んでいる模様。ファルコアさんがあちこちに見えます。石像大丈夫かなぁと思いつつ、延長取りからスタート。
 シャズナさんを呼んだのは実は初めてだったのですが(だってジズの肉集めるの大変で貴重なんだもん……)いやすごい攻撃力ですねぇ。あっという間に石像が倒されます。一度、オークの石像の時に大リンクしてしまい、2体目を呼び出す羽目になりましたが。へたれすぎる……私……。まぁでも、あわあわしたもののリレイズは有効利用せずに済み(笑)何とか延長をクリア。

 さてボスに行きますかね。どうなることやら。どきどきしながらトリガーの場所に行ってみると、あら、トワイライトメイルを着込み、イノシシペットを連れた別の獣使いさんが立っているではありませんか。まさかボスのバッティングが起こるとは思いませんでした。
「【一緒にやりませんか?】【ボス】」とお誘いして、即席パーティを組んで共闘することになりました。
 本当は開幕にブレスが来るのでVフラをするべきだったのですが、あわあわして「たたかえ」するのが必死なこのタルタル。位置取りをしながら、ああそうだ弱体アイテム!(忘れるなよ) 立て続けにアイテムを投入。しかしブレスは頻度が減るだけで、撃たなくなる訳ではないので、途中何度かHPが黄色くなりました。とりあえず獣使いさんにケアルワルツを飛ばすので頭がいっぱい。
 しかし、イノシシさんとシャズナさんの猛攻に、モルボルも耐え切れず、ほどなく討伐してクリア。お互いに/bowをして、即席パーティは解散となりました。

 いやしかし、これ忍者で挑まなくてよかった。少なくとも私の忍者じゃたぶん無理だ。弱体アイテムを使う間のブレスで、滅却消毒されるんじゃなかろうか。今回は2人で挑んだのでリカバーが楽でしたが、いやはやアイテムレベルになったとはいえ、油断は禁物ですねぇ。

 とりあえず無事にボスは倒せたので、残りはのんびり雑魚を倒して素材集めをし、時間いっぱいで退出しました。
 しかし、ファルコアさんのトレハンはすごいもので、普段の忍者の時よりも2倍近い量の貨幣や忘れ素材が手に入りました。まぁ真面目に弱点を突き続けたというのもあるんですが。これは確かに、裏が獣使いでにぎわうのも納得です。シーフで入ればもっとすごいのでしょうが、延長を取るのも楽というのは大きいですね。
 まぁその代わり汁を用意するのに手間もかかるので、初期費用をかける代わりにしっかり稼ぐという感じになるのでしょうか。

 これで颯爽と裏タブナジアへ明日から通いますよー!……と言いたいところなのですが、またまたハッピーパワーで木箱がやってきたので、裏は少しお休みして、私はダンジョンにこもることになりそうです(笑)。木箱パワーが来るとダンジョンにこもらずにはいられない。これは一体どういうさがなのか。
posted by さとみん at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | へたれ獣使いの旅