2018年11月14日

スリプガさぼりのAATT

AATT.jpg
 悠然と浮遊するのはいいんですがスリプガしてくれませんかね。

 今月のアンバス2章、小鳥さんは苦戦しております。と言っても「ふつう」はクリアできていますがね。だんだん、「ふつう」だとまだまだだな、と贅沢な気分になってきている。初心に返ろう!
 モルボル3体と戦う今月ですが、弱体魔法の使い分けがカギというものの、小鳥さんの現在の持ちジョブでは自力で弱体魔法を使えません。なのでフェイスに頼むしかないのですが……なかなかこれに四苦八苦しております。
 たぶん一番いいのは、ジョディをバインドして引き離し、ヴィヴィアンを睡眠状態にして、沈黙状態にしたジュリカから倒す……というやつだと思うのですが、まずバインドが使えないのでジョディにボコられながらやることに(笑)。とりあえずアヴゼンを呼んでジュリカにサイレスを入れてもらってますが、ジュリカは内部ジョブ詩人なので、レジストサイレス持ってるんですよねー。なのでレジストされちゃうことも。

 で、ヴィヴィアンの睡眠は、スリプガ使いのAATT先生がいれば楽勝じゃん!と思ったのですが……実際やってみると、何故か!AATTが全然スリプガを使わない!アモンドライブを撃ちまくって猛然とタゲを取ろうとするばかり(笑)。まぁMBしてくれるんで、ジョディを炎MBで削る時には助かっているんですけどね。
 何回かやってみたんですが、どうも最後のジュリカ一体になるとスリプガを使うことがあるんですよね。
 これはもしかして……今ターゲットしている敵が睡眠の絶対耐性を持っているとスリプガを使わない、というロジックになっているのでは。
 確かに!その方が無駄打ちされなくて親切ではあるんですが、今回みたいに「タゲ取ってる相手は睡眠が効かないけど、それ以外の敵をスリプガしてほしい」という状況では、使ってくれないということに……。
 うーん、こうなると、闇曜日のクッキーチェブキーしかヴィヴィアンを眠らせてくれるフェイスはいないということに? でもさすがに、スリプガしかしないというフェイスを入れる余裕はなさそう。困った困った。
 まぁとりあえずはショックウェーブでだましだましやっております。

 これ、赤魔道士だと色々うまくいくのかなぁ。青魔道士でもいいのか?
 まぁ今月はとりあえず、ふつうをコツコツやっていこうと思います。
posted by さとみん at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年11月10日

小鳥さんとモルボル

 小鳥さんの方でも、アンバス2章のモルボル戦「ふつう」を挑戦してみました。

 最初フェイスを、ナシュメラ(無印)・アヴゼン(サイレス目的)・ザイドII(火力)・コルモル・クピピにしてみたのですが、これだと連携が闇や湾曲になってしまって、ボスのジョディの削りがうまくいかず、途中で脱出しました。
 ジョディは物理系通りにくいんですねー。炎系の連携をするべきであった。

 イロハちゃんがいればいいのですが、実は小鳥さんはまだ星唄をクリアしていないので、イロハちゃんがおらず。という訳で光連携トスをしてくれるテンゼンIIさんを呼んで、ナシュメラの代わりにシャントットIIでMB役を増やしてみました。ナシュメラを入れていたのは、状態異常と回復のサポートを兼ねたアタッカーというつもりだったのですが、意外に状態異常をくらうことが少なかったので、クピピさんで間に合うかなと。
 とりあえずこれで、ジョディを順調に削ることができ、無事に「ふつう」を突破できました。

 ヴィヴィアンをショックウェーブで眠らせつつやってたのですが、AATTのスリプガでやってみるのもいいかなと思いました。ちゃんとヘイト取らないとタゲがAATTにすっとんでいきそうですが(笑)。
 試行錯誤はまだまだ続くんじゃよ。
posted by さとみん at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年11月08日

熟成したマントの味

SegomosMantle.jpg
 もぎヴァナ待機中に、アンバスのホールマークを交換。

 先程までもぎヴァナを見ていましたが、いやーイベントの情報多かったですね。闇王様グッズもてんこもり!
 先日書いた通り、私はウィンダス礼服とパーカーを買うくらいかなーと思っていたのですが、闇王様ダウンベストはちょっと欲しくなりました(笑)。実はダウンベスト持ってないので。でも黒い服似合わないんだよな、私……。

 今月は、リアルで色々どたばたしたのと、さとみん側の職人たちのサブスキル上げ&ストレージ整理に追われていたこともあり、小鳥さんのアンバスはそこまで進まず。と言っても6500ptまで稼げたので、実はさとみんよりも今月はポイント多かったです(笑)。何しろ今月は、1章とてやさと2章ふつう、両方を回すことができたので、1日で稼げるポイントが増えたのが大きかった。
 むしろさとみんの方を引き換えようとして、「あ、今月はアンバスあんまりできなかったな……」としょんぼりしてしまった。
 まぁそんなことはともかく、小鳥さんでメタルとファイバを交換した後、今月のポイントは全部樹脂にしてマントを強化し、魔剣に続いてモンクのWS用マントも無事に完成しましたー!どんどんどんぱふぱふぱふー。
 さて来月からはどうするか。通常攻撃用のマントをそれぞれ追加で製作するか、それともレベリング停滞してるけどいずれLv99にするつもりの青魔道士用のマントを先に作っちゃうか。まぁ来月のポイント次第で考えればいいかな!

 次のアンバスはどんな感じでしょうかねぇ。松井さんまだ忙しそうだから(笑)11月もリバイバルの可能性があるかもなーと思いつつ、楽しみにしております。
posted by さとみん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年10月16日

小ダメージを積んでいくのは得意技です

velkkking.jpg
 お供がいないさびしい王様と、イマジナリーフレンドでパーティを組む冒険者の対決。

 今月のアンバスケード、1章でもとてやさならボス1体を相手にすればいいということで、何と小鳥さんでも1章とてやさをクリア可能でした。
 というか、今月の1章は、「大ダメージを与えると敵がレベルアップ」というギミックですが、どうあがいても大ダメージなど与えられない小鳥さんにとっては、実質ノーペナルティ!(笑) ずっとオレのターン! もはや今月は小鳥さんのために用意されたステージなのでは!?
 まあもちろん、ボスの範囲攻撃は強烈で、後半になるとシャントットIIあたりが帰還してしまうのですが、回復もできる攻撃系フェイスを揃えておけば、正面から正々堂々?と殴り合うことで無事にクリア可能でした。いつものヒーラー・クピピさんに加えて、ケアルガを使えるプリッシュIIにセルテウスを揃えておけば問題なし。というか、プリッシュがガンガンケアルを飛ばしてくれるおかげで、むしろセルテウスがあまりリジュヴァネーションを使わず、MPが心配になるくらいだったという(笑)。

 一方で、2章は去年のハロウィンネタのリバイバル。フハハ成長した小鳥さんをジャックに見せつけてやろう!とむずかしいにチャレンジしたら。
jackfailed.jpg
 こうなりました(笑)。
 むずかしいの雑魚2体とボスにボコられて回復が追いつかず。まぁ、最初ショックウェーブとAATTのスリプガで寝るよね、みたいな甘いことを考えてそういうつもりで対戦してしまったので、雑魚が闇系睡眠で全然寝ないことが判明してからグダグダになった感があります。
 ふつうで仕切り直してみたら、去年とは比較にならないほどラクラクと勝利しましたので、一応成長はしてる……ようです(笑)。
 もうちょっときっちり戦術を練って、雑魚の攻撃を受け切る前提で戦えばむずかしいもできるのかも知れませんが、いつもの小鳥さんの課題「こちらの火力が足りないので耐えてる間に回復リソースがジリ貧になる」が立ちはだかりそうです。
がんばらないとだなー。
posted by さとみん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年10月09日

「おれ鍋ダメなんだよー」と一人違うものを食べるタイプ

ankounabe.jpg
 鍋をつついて絆を深める図。

 フェイスの絆キャンペーンが終了してから、アンバス2章のサソリさんの猛攻撃に耐えられなくなってしまったよーと言っていたら、Sirenワールドのユーザーイベントの星・サンタさん(仮名)が、
「フェイスと一緒に鮟鱇鍋や蟹鍋を食べてから、自分は消化薬使用後に別の食べ物を使えば、フェイスのHPを上げつつ自分は別の強化ができますよ!」
と教えてくださいました。
 名案じゃないか! INTが3万くらいある提案である!

 実は以前、ゴブリンの不思議ナベ……じゃない、不思議箱から、たまたま鮟鱇鍋HQを引き当てたことがあるのです。さらに蟹鍋なら材料はいくらでもあるので、さとみんにギルを払って作ってもらえば入手できるぞ!
(さとみんと小鳥さんは別人なので、ギルはちゃんと払う)
 という訳で、フェイスを呼び出し鍋を食してから、消化薬を使って自分はマリナーラピザを食べて、アンバス2章に挑戦しておりました。
 まぁ、鍋を食べても、下手をこくと
survive.jpg
こんな風に最後まで立ってたのは自分とAAHMだけだった、なんてことになるんですがね(笑)。

 例のスタンニードル→デスシザーズの死の連携において、スタンニードルがスカるとデスシザーズを使ってこないということがわかり、もしかしたらこれは、空蝉でかわすというやり方もあったのかも知れないと思いました。
 が、身替の術が使えるAAHMは、セルテウス様と相性が悪く。セルテウス様がいると、AAHMはアタッカー挙動になってタゲを取ってくれなくなるんですよねぇ。かといって、範囲回復に加えて、MP回復ができるセルテウスは外す訳にもいかず。ユグナスがいればセルテウスなしでいけるかも知れないけど、小鳥さんはユグナス持っていないのでねぇ。
 という訳で、メイン盾はやはりAAEVを据え、AAHMはサブ盾兼アタッカーに。自分はモンクサポ踊で、緊急時の回復と、気休めのV.フラリッシュを入れつつ、ビクスマで殴る役でがんばりました。マントラを後半に入れて最大HPをかさ上げするのも忘れずに。
 これで、割と安定して「むずかしい」ならいける……と言いたいところですが、どうしても後半の大暴れを後衛がくらってしまったり、デスシザーズのダメが走りすぎて盾が消し飛んだりする事故をゼロにはできないので、ちょっと確実性には欠けたかも知れません。
 今回は長期戦になるとどうしてもジリ貧になってしまうので、実は火力勝負のアンバスだったと思います。短い時間でコメット・メテオ連射モードのHPまで持っていければ、それだけ大暴れを使われる回数は減るので、事故が減りますね。とはいえ、耐えて耐えて「流れ星だ【やったー!!】」の方が、天体観測っぽくて雰囲気出ますけど(笑)。

 とりあえず、小鳥さんの火力部分にまだまだ課題があるのがわかりましたので、何とか考えないといけないなぁ。

 あ、今回のアンバスでついに、
ogmacape.jpg
 魔導剣士のアンバスマントが1枚完成しました! ディミディエーションとショックウェーブを撃つ時と、魔法を詠唱する時と、ランジスワイプを使う時用です。何でそんなニッチなマントを、と言われそうですが、たまたまオーグマケープ(レイヴマントのやつ)でかなりいいオグメを引いておりまして、通常の殴り用はそれが優秀で使い勝手がいいもので、WS用の方が欲しかったんですよね(笑)。オーグマケープを超えるようなマントは、またコツコツ作ろうと思います。
posted by さとみん at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年10月01日

強者どもが夢の跡

mhaurasky.jpg
 宴が終わった後も、マウラの空はいつもと同じように迎えてくれる。

 怒濤の深成岩・餅鉄・リフトボウルダーゲットキャンペーンが終わり、静かな暮らしが戻ってきたはずの小鳥さんです。と言ってもまぁ、9月は結局、さとみんの方の餅鉄やヘヴィメタル集めに追われて、あまり小鳥さんにかまえませんでした。
 が、フェイスの絆キャンペーンのおかげで、アンバス2章とてむずを回すことができ、8500点を達成して、無事にトークン脚+1まで引き換え。ちゃくちゃくとアンバス装備もコンプに向けて進んでおります。さすがに全装備を+2にするのはまだまだ先ですけどね。

 で、絆ボーナスが終わってから、アンバス2章とてむずにチャレンジしてみましたが……フェイスの盾が全然耐えられませんでした(笑)。AAEVさえも、スタンテール→デスシザーズのコンボを受けると一撃(正確には二撃)死。ザイドIIでスタン補助してみたり、自分のサポを踊り子にしてV.フラリッシュを狙ってみたりしましたが、それでも防げず、残りの期間のとてむずは無理そうです。チャチャルンの応援をドラゴンパピーにしてHPを+10%にしても……耐えられないかなー。
 あとは自分が魔導剣士になって耐えてみるという手もありますが、そうすると攻撃力の点が不安です。
 ちなみに「むずかしい」でもかなりの死闘になりました(笑)。
 まだまだ、小鳥さんには修行が必要なようです。のびしろがあるっていうのは楽しいですね!
posted by さとみん at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年09月21日

流れ星が消える前に三度WSを撃ち込めば

veryhard.jpg
 焼印あり900点の瞬間!

 という訳で、今月はややボーナスステージの趣のあるアンバス2章ですが、なんと!小鳥さんも!今回初めて!「とてもむずかしい」をソロクリアいたしましたよー!【やったー!!】ドンドンドンぱふぱふぱふー。←鳴り物の音
 今回は、ストレートに、「ブレス痛い」「範囲攻撃痛い」「メテオ痛い」「でもコメットとメテオの詠唱中にWSをぶちこめば大ダメージ」という、耐えて耐えてどっかーんなアンバスですね。ギミックとしては割とシンプルで、フェイスの立ち位置に気を付け、ヘイトリセットに注意し、大暴れ等で死なないようにダメカットその他を意識しつつ、詠唱のログを見逃さないようにしておく、くらいでしょうか。

 コメットやメテオ対策として、魔導剣士で行くべきか悩んだのですが、今回はWSを撃ち込むタイミングが重要なので、盾役はフェイスに任せて、自分はモンクサポ戦でビクトリイィーースマイトオオオオオ!の方がいい感じでした。なのでモンクで出撃。
 フェイスは、HPが高くて自己回復もできるAAEVに盾を任せ、万一ブレスをくらっても死なないだけの高HPのAAGKと、範囲回復&範囲MP回復に加えて光連携までこなす神セルテウス様、後衛も前のめりな方がいいかなとアシェラIIとミリ・アリアポーにしてみましたが、この辺は融通が効きそうでしたね。
 一番神経を遣う場面は、戦闘開始時に、ブレスがAAEV・AAGK以外のフェイスにいかないような位置取りになるように走り回るところでしょうか(笑)。一度、うっかりセルテウスがド正面に来てナムブレスの直撃で蒸発してしまい、仕切り直したことも。
 あと、案外サソリが範囲攻撃やヘイトリセットによるタゲチェンジをせず、AAEVしかダメージを受けない状態が続いたりすると、セルテウス様のスイッチが入らないために、ミリのMPがジリ貧気味になり、「はやく……はやく大暴れを!」と願うという本末転倒を絵に描いたような時もありました(笑)。

 しかし、そんなこんなで、まさかの2章とてむずソロクリアが達成できるとは、ボーナスステージの時とはいえ嬉しいな。装備もフェイスも強くなっていて、自分もちょっとは成長しているのかと思うことができるのはいいものです。最初は「やさしい」をクリアするのでぜいぜい言っていたあの頃の小鳥さんに、「この先にとてむずクリアの日があるから焦らなくていいよ」と言ってあげたい。って、実はあの頃も楽しくて焦ってなんかいなかったんですけど(笑)。
posted by さとみん at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年09月06日

アリーナ最前席

bosschikai.jpg
 初めて間近でみた、ベガリーのボス。

 相変わらず、ソロでマイペースにちくちく遊んでる小鳥さんですが、LSの鮒師匠(仮名)がベガリーに誘ってくださって、ベガリー初体験&初クリアできました!
 ハデス&真ハデスを先にやり、アシュラックを討伐という、今では定番ながらある意味変則的なルートだったために、エミネンスはアシュラックしかクリアしてません。まあ急がなくてもそのうちね。

 しかし、さとみんでは後ろの方でひたすらケアル!イレース!ナ系!というお仕事だったので、小鳥さんで初めてハデスや真ハデスをすぐ近くで見ることができました。
bosschikai2.jpg
 あれだね、真ハデスは甲殻類っぽいよね。プロマシアとディアボロスが混じったようなアレだよね。
 がっつり盾で対峙していた小鳥さん大活躍……と言いたいところですが、実際にはフラッシュして挑発してフォイルしてガンビレイクしてソードプレイしてバットゥタしてとぐるぐるしてたら終わってました(笑)。

 とりあえず小鳥さんのようなへっぽこ魔導剣士&サポ青なくても、ベガリーの盾はできるようです! 主に鮒師匠の学者が優秀なおかげですが! いつか小鳥さんで主催ができるようになるのかしら。がんばらねば。
posted by さとみん at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年08月02日

4500ptで何買おう

kotori6500.jpg
 6500ポイントに到達しましたよー!

 今月は「むずかしい」が安定クリアの小鳥さん、もりもりとホールマークを積み重ねて6500ポイントに到達しました。わーい嬉しい。アンバスケードは、2章が本当に面白いので、1章で効率よく回せた時よりも、2章でここに到達できた今回の方が喜びが大きいです。
 メタルとファイバを引き換えてもまだ4500ポイントあるので、一気に樹脂を3つ交換しちゃうか、それとも染料か、あるいはマントをもう1枚作る?とか、お小遣いを握りしめた小学生状態になっております。

 8月に入って、次のキャンペーンまでの間があるので、現在は必死にアドゥリンクエストのコンプを目指して走り回っているところ。
murasakitaiga.jpg
 ゾルドフ河のクラックロー退治とか、超初期のクエストなのに、つい放置してしまった!(笑)

 実はさとみんも、アドゥリンクエストがまだコンプしていなくて、それは放置してたというよりもクエスト好き好き人間なのでもったいなくて手を付けてなかったのですが、そろそろ後日談が気になってきたし、小鳥さんでクエストコンプを目指すならさとみんでもやっておくかーと、残していたクエストをぽちぽちやっています。
 しかし、さとみんでやっても、終盤のクエストの戦闘は結構シビアなものが多くて、小鳥さんでどこまでいけるか!?とアドレナリンを出しているところです(笑)。
posted by さとみん at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年07月27日

小鳥さんでアドゥリンミッションクリアしました

darkproma.jpg
 プロマシアと闇王の二番煎じには負けないのだよ!

 という訳で、小鳥さんがアドゥリンミッションを無事にクリアしましたー! 【やったー!!】
 全部ソロで進行しましたが、特に大きく詰まるところはなかったですね。まぁ進行のために行くべきところがわからなくなったりはありましたけど……。
 こういうミッションで詰まった時用に、「行くべき座標を教えてくれるNPC」とか追加できませんかね。ジュノの占い師二人のお仕事増やすとか(笑)。
(でも実際やろうとしたら、フラグの調査が膨大で、すげー手間かかりそうだな……)
 
 あ、私はアシェラちゃんの胸やおしりを凝視するような行為は一切しませんでしたので、「足りない品は……」ではちゃんとエフトの皮という簡単素材担当になり、その場で渡してラクラククリア余裕でした^^。

 戦闘面では、意外と苦労しなかったですね。実装直後のさとみんでは現地で即席パーティを組んで突破した「水門の奥へ」や、野良に乗った「第三の敵」や、LSの鮒師匠に泣きついた「バラモアのゲーム」、そしてラスボス戦も、全部ソロ+フェイスでほどよい難しさで突破できました。プレイヤー側は強くなってるんだなーという印象です。
 戦闘に関する事前情報は基本的に入れないでやりましたが、それでも大丈夫だったので、まだ未クリアで不安な人もご安心を!

 唯一、「世界樹の導き」のドクマク戦だけ1回敗退してリトライしました。いやー毒スフィアがあんなに強烈と思わなくて舐めてました(笑)。雑魚を放置してたら、回復が全然間に合わなくなり。2回目は、ちゃんと雑魚を掃除してからボスにかかったら、問題なく突破できました。

 一応この先はラスボス戦の話なので折り畳みしておきます。
(最初の画像はネタバレじゃないのかという話はお許しを)

以下ネタバレ。
posted by さとみん at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年07月20日

頭+1が見えてきた

4000pt.jpg
 なんと初の4000ポイント越え、5000ポイントの頭+1チケットも見えてきた?

 小鳥さんで毎日アンバスに行けるとは限らなくて、基本的に家族の予定優先の土日や、リアルで他に用事が詰まっている日などは、小鳥さんはさらりとガーデンの手入れで終わることも多くて。
 それでも、コツコツやってたらなんと、今月すでに4100ポイントです。今回は「むずかしい」を頭から無理なくこなせたのがよかった模様。ありがとうフェイス強化クエスト、ありがとうメタルとファイバで+1強化ルート。この辺を積み重ねたおかげですね。

 今月の小鳥さんの戦術は、自分が剣/踊、フェイスはマート(UC)・セルテウス・コルモル・クピピ・ロベルアクベルで、マートと光連携しつつ、リップタイドユーフィニアが来たらがんばってタゲを取り返す、という感じで固まりました。
 最初はコルモルをアシェラII、ロベルアクベルをシャントットIIにしていたのですが、これだと魔法ダメージ過多ぎみで、どうしても雑魚カニが赤カニになってしまい処理に時間がかかってしまい。自分から攻撃しないコルモルさんと、連携MBを狙ってくれるけどそこまでゴリゴリ強烈な魔法ダメを与えないロベルアクベルにすることで、いい感じにシーソーできるようになり、雑魚カニはほぼカゴカニで固定できてます。
 しかし、リップタイドと雑魚カニ処理前後のヘイト、なんかえらい稼ぎにくいんでしょうか? リップタイドを使われたら、すぐに敵対心系アビや魔法を叩き込んでいるのですが、なかなかタゲが戻ってこなくて、たまにフェイスが沈んでしまい、仕切り直すことがあります。この辺の、魔導剣士でのヘイトの取り方も、もっと勉強が必要ですねぇ。最近のパーティではサポ青での範囲魔法のヘイト稼ぎもメジャーみたいで、知識が追いつかない……。
(そういえば小鳥さんの青上げも止まってた)(あとバスミッションも止まってる……)(やりたいこと多すぎてほんと追いつかない、嬉しいけど困る)

 しかし、この魔導剣士でのタゲ取りもそうなんですけど、こういう初級をそろそろ卒業したいレベルの知識の底上げをするのが、なかなか難しいですよね。ネットで出てくる情報なんかは、うまい人が書いているので、レベルが高すぎてついていけなかったり、スラングや略語の嵐で理解しにくかったりしますし。その辺、電撃さんやファミ通さんで何とかカバーしてくれませんかのぅ……とか甘いことを考えたり。

 という訳で、とりあえず今月は5000ポイントの頭+1を目指してがんばります! 6500ポイントは……うーん、ちょっと大変かな……(笑)。
posted by さとみん at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年07月12日

薙刀ゲットだぜ

naginata-hurray.jpg
 シシュ様の薙刀にたどりつけました!

 小鳥さん、今月のアンバス2章チャレンジ、なんと「むずかしい」が割と安定してクリアできておりまして、早くも1200ptを達成して薙刀を入手いたしました。小鳥さんも強くなったなぁ……しみじみ。
 まぁ、例のフェイスの強化クエストによって、フェイスのILが120になっているところも大きいと思いますけどね。やはり全般的に耐久力が増しております。ソロじゃ強化クエスト意味ないよー、とかイメージだけで思っている人は、考えを改めた方がいいですぞ。ILが119から120になるって大きいですぞ。

 今回のアンバスは物理ダメージと魔法ダメージのバランスが合わないとうまくいかないというのがテーマで、これがうまくいくと雑魚召喚でカゴのカニが出てきて、こいつを倒すとどうもこちらのHPやMPが回復する感じ? 
 ちなみにこの時、赤や青のカニが呼ばれると、どうもボスが強化される気がします。赤カニ(魔法過多)の時は、
・雑魚は魔法ダメージが0
・雑魚がいると、ボスの通常攻撃に、TPダメージが入る(殴られるだけでこっちのTPが減る)
・雑魚がいると、ボスの与ダメージが上がる?
・その代わりボスの被物理ダメージがアップする気がする……?
という感じがします。
 つまり、魔法過多だとこちらの魔法ダメージがカットされるので、次のターンでは自動的に物理ダメージに偏り、次の雑魚にカゴが出やすくなる、という松井さんの親切(笑)があるのでは。

 当初はマート(UC)・セルテウス・アシェラII・クピピ・シャントットIIという組み合わせでやっていましたが、むずだとどうもこれでは魔法過多になってしまうようで、アシェラIIをコルモルにチェンジしております。それでも、連携がハマりすぎてしまうと魔法ダメージが多くなってしまい、雑魚召喚時に赤カニが呼ばれてしまうという。シャントットIIじゃなくてロベルアクベルあたりにしてみる方がいいのかなぁ。
posted by さとみん at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年06月29日

古代人vs心の闇(無知)でした

kotori-kamura.jpg
 小鳥さんも古代人コスプレ!

 すっかり書くのが遅れてしまいましたが、小鳥さんも大公に謁見してカムラセットをいただいておりました。あ、ヒゲダンス祭りには参加していません。他の人がやっているのを見て満足してしまった。
 難易度はとてやさでした。やさしいで勝てたかどうかは、試してないのでわかりません(笑)。でもとてやさでも結構熱い戦いだったので、やさしいは……どうだろう。
 自分が魔導剣士サポ戦、あとはAAHM、セルテウス、コルモル、クピピ、シャントットIIというメンバー。回復が結構カツカツになりますね。罠を破壊する関係で、属性を選んで精霊魔法を入れてくれるメンバーがどうしても必要だったので、支援はコルモルさんひとりということに。
 結構AAHMがタゲをとってくれて、身替りの術で光輪剣をノーダメで生き残ってくれるのが助かりました。小鳥さんもサポ忍の方がよかったのかも知れないけど、サポ戦のマクロの方がダメカット装備がきちんとしてるので……。サポ忍のマクロもちゃんと作れよって? はい、おっしゃる通りです……。

 もうなかなか出なくて、今月いっぱいはデルクフに通うつもりまんまんだったのですが、なんと3回分の勝利で剣も盾も揃ってしまい、割と早々に卒業となってしまいました(笑)。
 という訳で、残りはひたすら新ナイズルに通っております。
posted by さとみん at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年06月27日

アンバス2章で成長を実感しております

2shou-muzu.jpg
 この時は辛勝だったけど、その後問題なく勝てるように!

 小鳥さん、今月のアンバス2章「むず」に安定勝利できるようになりました! 今月ちくちく貯めてた焼印をここで一斉消費しております。
 LSの鮒師匠の「自分はモンク、アヤメで光と闇連携を作る」作戦をパク……いえ、参考にして、「魔導剣士がダメならモンクで行けばいいじゃない」と、小鳥さんモ/踊、盾は取ったばかりのAAEV、連携職人のアヤメさんを呼んでレッツゴー。
 どうも今までの感触だと、どうしても回復がジリ貧になって負けてしまうので、支援役はアシェラではなく回復もできるコルモル先生にスイッチ。あとはクピピさん。残りのひとりは色々試してみましたが、やはり範囲回復+MP回復もできるセルテウス先生に落ち着いた模様。セルテウス先生は光連携も作れるので、タイミングがいいとアヤメのトスなしでも闇モード解除ができたりして嬉しい。
 作戦は、なるべくブレスの範囲に後衛が入らないように位置取りして、光モードになったら月光→夢想阿修羅拳で闇連携、闇モードになったら花車→ビクトリースマイトで光連携を起こして解除。あとクイックステップを必死に入れて、集中・インピタスも入れてウィンドウォールがディスペルされるまでがんばるのがポイントかな。ヘイトリセットの時は、状況にもよりますが後ろを向いてAAEVがタゲを取り返すまで待つ感じです。ブレイズシュリークが来ちゃったら殴りますけど。TP貯めないと!

 こうしてみると、今のフェイスで「狙って闇連携を作る」のって意外と難しいんだなーと思いました。光連携は、割とぽんぽん作れるんですけど。ノユリさんなんかほっとけば光連携するし……。両手剣だとどうあがいても闇連携が作れなかったりするしね。

 しかし、なんだかんだで、「むず」が安定クリアできて嬉しいな。来月もこううまくいくかはわかりませんけれど、成長したなぁと思えるのはいいものです。これもフェイス絆クエストをクリアしたおかげかな!
posted by さとみん at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年06月18日

闇がなければジャンプをすればいいじゃない

august-cipher.jpg
 小鳥さんも、オーグスト様を呼べるようになりました!
 小鳥さんは相変わらず、アンバスをコツコツやりつつ、デイリーをこなしつつ、最近はアドゥリンミッションなんかを進めております。

 今月のアンバス2章ワイバーン、光モードと闇モードに戻すのは「光なら闇連携、闇なら光連携を発生させる」ということのようですね。先月に引き続き連携がカギですか!
 一方で、ジャンプでも解除されているのは個人的に確認しております。小鳥さんだと闇連携が発生させられないので、光モードになっちゃうとスカリーZさんのジャンプ頼み(笑)。ただ、ジャンプでの解除は100%ではないようです。恐らくジャンプだと「一定確率で解除」なんじゃないかなぁ? もしかしたらレベルが上がるとその確率が下がる、とかがあるのかも知れませんね。確率が絡むと、確認がしづらくなっちゃいますけど。
 これを機に小鳥さんの竜騎士を50まで上げるのも楽しいのでは、などと血迷いましたが、そんな暇などこにもなさそうな気がするぜ……(笑)。このゲームやりたいことが多すぎるぜ……。今月はナイズルもやりたいし、上位BFにもチャレンジしてみたいしなぁ……。
 と、こんな感じでハマっていると、ブログの方がおろそかになってしまうのです。
posted by さとみん at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年06月05日

百合の花 vs 角笛

imp-sam.jpg
 ノユリさんとアシェラさんという両手に花状態のインプ。

 という訳で小鳥さん、今月のアンバス2章も何とか3000ポイント稼げる見込みとなりました。明日2回やれば達成かなー。亀の歩みながら、アンバス装備が着々と+2になっておりますよ! 2章ソロでしかできなくても、積み重ねていけばちゃんと装備が揃うものですなぁ。

 今月は、光連携でインプの角笛をいかに速く落とせるか、が勝負だったので、凄まじいWS回転率を誇るノユリさん独壇場でした(笑)。そういえば闇連携でも落とせたのかなぁ? 試したことがなかったのでわかりませんが……。
 小鳥さんは剣/踊で、クイックステップをガンガン入れてインプの回避アップを相殺。ノユリさんの連携を邪魔するとアレなので、自分ではWSを撃たず、ガーゴイルを始末している間だけ、WSをインプに撃ち込んでました。フェイスはノユリさんの他は、アシェラII(ヘイストIIとディスペルとMB)、ヨアヒム(エレジーとマドリガルとナ系)、クピピ(安定のヒーラー)、シャントットII(基本MB役、たまに連携も)というメンバー。食事はスキッドスシを食べてました。命中だいじ。

 ふつうは非常に安定してクリアできたのですが、むずかしいはクリアできませんでしたねぇ。光連携が間に合わず、ガーゴイルを次々呼ばれてしまい、倒される憂き目に。CL119と124の間の壁は、まだ小鳥さんには越えられないようです。やっぱり命中だけでなく、ストアTPやダブルアタックなどもそろそろ考えないとだめでしょうか。それよりも先に属性ゴルゲットと属性ベルトを集めろよ、という声も聞こえますが。
 来月はどんなアンバスケードかなー。松井さんの新作を楽しみにしております!
posted by さとみん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年05月12日

マンボが憎い

11min.jpg
 小鳥さんでも2章ふつうに挑戦。11分で撃破!

 という訳で、今月のアンバス2章。小鳥さんでも「ふつう」は安定クリアできる感じです。自分がモ/踊で、ゲッショー、ノユリ、アシェラII、クピピ、ヨアヒムでやりました。ノユリさんの回天連打の光連携を邪魔しないようにするのが大事……。
 ボスインプが角笛を落とすのは、やはり連携ダメージのようですね。私が確認しているのは光連携だけなんですけど、他の連携でも落とすのかな?

「むずかしい」にもチャレンジしてみたのですが、その時はフェイスの選択が違っていたことと、あと命中が足りなくてノユリさんのWSが全然当たらなくて敗退しました。マンボがきつい!インプ回避高い! ガーゴイル呼び出しのタイミングもふつうより間隔が短い感じでしたね。
 とりあえずフェイスを選び直して、命中を上げて、再挑戦してみないとな〜。
 そういえば、盾役がスパイク系をまとっていれば、ガーゴイルにダメージを入れやすいという戦術を聞いて、目から鱗が落ちました(笑)。ようやくAAEVのフェイスを取得したところだったので、試してみるのもいいかもな。あるいは、自分が魔導剣士でアイススパイクとルーンの追加ダメージを狙うのもありなのか?
 という感じで、今月も色々悩んで行きますよ〜。
posted by さとみん at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年04月17日

「ふつう」の花見!

LanguishingLarch.jpg
「Languishing Larch」、韻を踏んでですね。意味はしおれたカラマツ……かな?
 
 小鳥さん、今月のアンバス2章「ふつう」がクリアできるようになってきました〜。「むずかしい」は……どうかな……。

 今月のアンバス2章、別名花見アンバス(勝手に呼ぶなよ)ですが、「食事が消される」「ボスのまつぼっくり爆弾で寝かされる」「途中呼び出される雑魚によるアムネジアもしくは沈黙」「雑魚のヘイトが特殊?」あたりがキモです。

 まず食事。消されますが、めげずに食べる。食事が消えた数によって、ボーナスタイム「花見の時間だ!」発動が決まるようなので、泣かないで食べる(笑)。まぁ食事であれば何でもいい訳なので、パママとかもぐもぐ食べておくといいでしょう。小鳥さんは、これまでの調理スキル上げで作っていた干し肉とかカラフルエッグとか食べてます。だいぶなくなってきたなぁ。
 食事が「消失」なのか「吸収」なのかはわからないのですが、万一吸収だった場合でも、パママとかカラフルエッグとかなら大した強化にならないのでいいですね。
HibernatingHickory.jpg
 という訳で食事はいいのですが、今回の最大の難関は途中呼び出される雑魚。2種類あって、Hibernating Hickory(沈黙スフィア持ちで物理ダメに弱い、ちなみに名前の意味は「冬眠してるヒッコリー」)とLanguishing Larch(アムネジアスフィア持ちで魔法ダメに弱い)のどちらかです。
 この雑魚、ヘイトがどうも特殊で、出現した時にボスのターゲットとは関係のない相手を殴ります。どうも、沈黙スフィア持ちだと後衛キャラ(ジョブを見てるのかも?)を、アムネジアスフィア持ちだと前衛キャラを最初に殴りだすようです。
 しかも沈黙やアムネジアでタゲ取りが阻害される上、沈黙だと白魔道士フェイスが動けなくなってしまう。ここにボスのまつぼっくり爆弾が飛んだりすると最悪です。ほっておくとなす術なくシャントット様がご帰還などの憂き目に。

 という訳で、今回の小鳥さんの戦術は「魔法・アビリティ双方をバランスよく!」というテーマで。
 小鳥さんは剣/赤。サポを赤魔道士にすることで、ケアルを飛ばす作戦です。白でもいいような気がしますが、強化スキルとか上がるからこっちがいいかなーとかそんな感じで。サポ踊だと、アムネジアをくらうと何もできなくなってしまうので、ケアルが使える方がいいかなー、と。
 ルーンはルックス(光)3枚、加えてバスリプルをかけておいて、なるべく寝ないようにがんばる。こうしておくとけっこうレジります。
 そしてフェイスは、ナシュメラII、セルテウス、アシェラII(orコルモル)、クピピ、シャントットII。インペリアルオーソリティがなかなか強い上にケアルガ持ちのナシュメラと、光連携を作れる上に沈黙で無力化しない対範囲睡眠最終兵器セルテウスの二枚重ねにより、沈黙でもアムネジアでも、どちらかでは範囲回復が可能に。まつぼっくり爆弾をくらったら、この二人のどちらかにケアルして他のメンバーを起こしてもらいます。

 雑魚が沸いたら、即タゲを移動して雑魚殴り。雑魚沸きのタイミングは、ボスのHP75%、50%、25%のところのような気がするので、この辺りになったらTPは貯めておくといいでしょうね。
 雑魚トレントは、先にも述べたように出現するとボスとは違うタゲを殴り始めますので、小鳥さんは全力でタゲを取る(笑)。アムネジアならフラッシュとフォイル、沈黙ならソードプレイやワンフォアオールなどで。それでも、特に後衛がお亡くなりになることがありますが……。でもまぁ、1人落ちるくらいなら何とかリカバーできる感じですね。
 幸い雑魚のHPは多くなく、またそれぞれ魔法・物理のどちらかが被ダメアップなので、沈黙トレントならWSをぶちかませば、アムネトレントなら魔法でごりごり削れば、短時間で落とせるはず。

 この繰り返しで、ごはんをせっせと食べて、花見の準備をして、絡んでくる酔っ払い?を追い払って、花見の時間になったらイッツ・ショータイーム! という次第であります。

 これ、青魔道士さんだとやりやすそうですねー。赤魔道士でもサポ踊にすればいいかな? WSと魔法両方を自分があやつれて、回復でフェイスを起こせることができればソロで上を狙えそうな感じですね。パーティならもっと楽だろうなぁ。
 小鳥さんは、どうしても火力が課題なので、ふつうで15分くらいかかっております。もっと強くなりたいなー。
posted by さとみん at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年03月16日

今は手探り期

dark-mog.jpg
 わるいモーグリと、よいモーグリの戦いが、ここに!

 今月のアンバスケード、1章はモーグリさんが相手ということで、小鳥さんでとてやさをとりあえずクリアしてみました。
 1章とてやさ、なら、メルトンのタイミングで必死によいモーグリさんのところへ走ることを徹底すれば、そんなにきつくはない感じですね。モグさんを殴るのは、モグ好きの私にとって、モグ祭り以来の試練ではありますが(笑)。

 それはそれとして、2章の方は、ふつうで1回敗退したので、とりあえずやさしいで1勝を確保しております。
 敗因はコレ。
CripplingSlam.jpg
 クリップリングスラムこわぁぁぁいいいいい範囲で1000以上のダメージ!
 やさしいの時もこれが来たので、とりあえず走って逃げたものの、フェイスが一部昇天される展開に。
 ただログを見るとわかるのですが、この構えの間にマート翁のハロースマイトが1万以上のダメを叩き出しているので、今回は特殊技のタイミングでいかにWSを叩き込むかが大事かなぁ。松井さんのヒントによると、このタイミングで暗闇や麻痺を入れるのが大事、らしいのですが、フェイスではそこまで狙ったタイミングで動いてくれそうにないですしねぇ……
 ……ハッ、両手剣WSヘラクレスラッシュ(追加:麻痺)の出番なのか!?

 とりあえず、フェイスを色々入れ替えたりしながら、もうちょっと探ってみたいと思います。今回は雑魚が出ないので、がんばれば「むずかしい」がクリアできたりしないかと、甘い夢を見ていますが、むりかな(笑)。
posted by さとみん at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2018年03月10日

今はこれが精一杯

21min.jpg
「ふつう」8分25秒が最短でした!

 という訳で、今月のアンバスケード2章、小鳥さんで超堪能いたしました。
 今回は、ギミックはシンプルなのですが、私にとって非常にいい練習になる要素が多くて、今の実力と課題を把握する機会になって、とてもよかったです。
 五月雨式にポップする雑魚のタゲを管理する、ヤバい雑魚を素早く倒す、特殊技を誘発したい雑魚のHPを瀕死の状態のままに保つ、そのためにタゲ移動を素早く的確にする……等々、練習できました。
 フェイスの挙動は融通が利かないのですが、逆にそのおかげで鍛えてもらったような気がします(笑)。
 あとは、ボスの特殊技に合わせて、的確にリエモンやダメカット装備への着替えを徹底できるようにならないとなぁ。どうしても、フォイルや自分のWSとタイミングがかぶってしまうことが多いのですよね。

「むずかしい」は、何度かチャレンジしてみましたが、今の小鳥さんの実力ではまだ無理な感じ。回復フェイスのMPが尽きてしまいますね。あと雑魚が3体になると、タゲ管理がどうしても甘くなっているのがよくないかな。区別がつかなくなって、挑発した雑魚にまたフラッシュしちゃったり(笑)。この辺、上手にやるコツを知りたいものです。
 クリアできなかった、という事実はネガティブなものではあるんですが、小鳥さんはミッションもクエストもまだまだですし、フェイスも持っていないのがいっぱいあるし、星唄も途中だし、取れるはずなのにサボってる装備もあるし、のびしろはたくさんあるはずなので、むしろ前向きな気分になっております(笑)。

 そんなこんなで、今月はもしかしたら1章とてやさとかはできたかも知れないのですが、結局ひたすら2章をやっておりました。
 最初は「やさしい」でやっとだったのが、「ふつう」ができるようになり、「ふつう」が余裕でできるようになり、クリアタイムの短縮を意識できるようになり……と成長を実感できたのが楽しかった〜。

 今回は何とか累計3900ptに辿り着けそうで、おかげでモンクのマントがようやく完成したのですが、そうこうしているうちに4月には5枠目が解放ということで(笑)。また項目を悩む日々が始まる……!
posted by さとみん at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険