2015年08月03日

トワイライトゾーンに閉じこめられた的な

 小鳥さんによる、ヨランオラン先生の清らかなイメージ回復大作戦、続き。

以下ネタバレ。
posted by さとみん at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年08月01日

私が竜か彼が虎か

 小鳥さんのフェイスのレベル上限突破クエスト、「竜虎相搏つ」が発生しまして、ついに一騎打ちです。

 今はク・ビアの闘技場前にHPができて、移動がらくちんですなー。さとみんでやった時は、フォルガンディOPからとぼとぼ徒歩で大変でしたよ……確か1回失敗したし。
 このBF、こちら側の一発あたりのダメージに上限が設定されているうえに、10分という制限時間があって、ジョブによってはかなりの難関となる戦い。でもまぁモンクには夢想阿修羅拳がありますし、こっちのレベルも高いので、きっと楽勝ですね!

 などと甘くみていたら、テーオバルトさんが夢想阿修羅拳にインビンシブルを合わせてくるとか、シールドバッシュでスタンしてくるとか、普段の「む、魔力がなくなったか」の挙動とはえらい差のクレバーな立ち回りをするんですけど。
 あげく、こちらが回復をさぼって押し込もうとした瞬間に、「奥の手だ」とかいってブレスドレイディアンスを発動してきやがりまして、960ダメージくらって負けました(笑)。

 テーオバルトオオオオオオオオヽ(`Д´)ノ

 ……いやー、今はク・ビアの闘技場前にHPができて、再戦のための移動がらくちんですなー。さとみんでやった時は、フォルガンディOPから徒歩で大変でしたよ……確か1回失敗したし。
 あれ、なんだこのデジャヴは。

 反省して、次はちゃんとインビンシブルに夢想無念を合わせてきっちり削り、自分の回復もケアルワルツで怠らないようにしまして、テーオバルトさんに勝利しました。
「いずれ君を追い抜くぞ」と意気込まれまして、いやそれは全然かまわないんですが、その前に普段の「魔力がなくなったか」の頻度をもっと減らしてくれませんかね……?(笑) 何はともあれ、これでテーオバルトさんのレベル上限は70です!
posted by さとみん at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年07月31日

ヨランオラン先生がピンチ

 小鳥さんのバラクーダ+1のメイジャンの試練が終わり、バラクーダ+2(Lv90用)となりました。ビースト相手の試練なので、ウサギを狩りまくって、ドロップした野兎の肉が競売で1D3000ギルで売れており、意外とばかにならない儲けになりました。
 そうそう、小鳥さんの所持ギルが150万ギルを突破したのですよ。プレイして2ヶ月くらいでこの金額、ひょっとして今のヴァナの稼ぎやすさってすごい? いや稼ぎやすいというより、ギル消費が少なくて済んでいるんだろうなぁ。食事とかあんまりしなくても、ソロプレイなら何とかなるし。
 そのうち、金策の話でもまとめて書きますかね。まぁ他の方の参考になるような、大したことは全然してませんけど。

 バラクーダがようやく小鳥さんのレベルに追いついてきたので、このところずっと控えていた専心指輪の使用を再開しようかと思っていますが、なんかそうしたらまたあっという間にバラクーダさんが追い抜かれそうで怖いなぁ。

 プロマシアミッションもコツコツ進行。いやーさとみんの時は、フレンドさんとわいわいやる楽しさを味わいましたが、こっちはソロでじっくり物語の伏線を追えるので、別の楽しみがありますなぁ。
以下ネタバレ。
posted by さとみん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年07月30日

迷子の迷子の南雲さん

 小鳥さんのル・オンの庭の地図を取りに行ったら、宝箱が見つからず迷いに迷って、2時間くらい彷徨いました……(笑)。
 まぁ、おかげでさすがに少しはお空の地理が頭に入りましたが。これまではお空に行ってもフレンドさんの後を必死に走るだけでしたのでね。HPも全開通したし、箱開けエミネンス目標でウマーだし、あと地図代4000ギルが浮いたし!(時給にしたら2000ギルだぞということは忘れる)
 ヴェ・ルガノン宮殿の地図はまたにしよう、うん。

 とりあえず先にプロマシアミッションを進めねば、ということで、「隔たれし信仰」です。フォミュナ水道のミノタウルス退治です。糸玉をたぐっていくような錯覚を覚えそうですが、アリアドネは出てきません。
 とは言いつつも、下調べはしないで突撃なので、ミノタウルスがどこなのかすらわかりません。別人格の記憶もさすがに薄れ、というか、あの時は主催さんの後を必死に走るばかりで道とか覚えてなかったし。あ、地図はさすがに今回は先に購入しました。べ、別に、ル・オンのことがトラウマになってた訳じゃないですよ!(汗を拭いつつ)
以下ネタバレ。
posted by さとみん at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年07月28日

チーズ作るのに大騒動

 小鳥さんのフェローのレベル上限を65にするクエストがなかなか発生せず、あれ?何か違うトリガー必要だったっけ?と結構な長期間悩んでいたのですが、いつものルトさんじゃない人がクエストのトリガーだったというオチ……。そういえばそうだった。忘れてた……。
 で、何とかどたばたしつつもクリアして、テーオバルトさんのレベル上限が65になりました。

以下ネタバレ。
posted by さとみん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年07月27日

空、到達

 今日のリアル東京は暑かったですね……。
 私はリアルキャラ特性にオートバファイラがついているらしく、割と暑いの平気なんですが、それでもさすがに暑い……と口をパクパクさせてました。何より、パソコンがもう不調というレベルじゃなくなっちゃうので、エアコンを入れることに……。そうしたら冷房で体調がおかしくなってきました(笑)。何故ちょうどいい耐性値で止まれないのだ……。

 さて、さとみんは相変わらず釣りでずっと船に乗っている一方、小鳥さんはミッションやクエスト進行でっす。
 まずはさくっと空に行けるようにしようと、「デルフクの塔再び」で止まっていたジラートミッションを再開。天輪の場にて、あの方と対戦です。
以下ネタバレ。
posted by さとみん at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年07月24日

三つ目の音を奏でて

 小鳥さんのメイジャン格闘武器、パルクーダの試練が終わって+1となりました!
 次はバルクーダ+2の、ビースト300体格闘WSでトドメノックということで、テリガンのウサたんを狩りまくっています。一石二鳥計画が、エミネンスのデイリー目標くらいにしか適用できないのが難点ですが(笑)。
 え? ツェールンのプルーエスリング? ハハハそんなものを探してなんていませんよ、いやー箱から出たアイテムを売却して懐が潤ったなぁ!(涙を拭いつつ)
 そんなこんなで、アトゥリトゥリさんと契約して魔法少女じゃない、レベル上限95になりました。

 そうそう、大事なことを書き忘れてました。ユニオンを移籍して、マート翁のユニオンに入ってみました。
 最初にユニオンに入った時には、ユニオンリーダーで小鳥さんが知っている人がアプルルさんしかいなかったということもあり(笑)素直にアプルル所属でしたが、やはりあまりに一極集中なのもちょっとね……という気分になり。格闘家として私を鍛えてくださった恩人であるマート翁に弟子入りしてみることにいたしました。マートユニオンだと、ユニオン目標に「格闘WS30回発動」があるので、毎日殴ってるだけでユニポが貯まる!素敵!
 小鳥さんの力でどれくらいマートユニオンが順位を上げられるかはわかりませんが(笑)しばらくがんばってみるつもりです。

 がんばると言えば、星唄ミッションのセイレーン戦をようやく突破して、第三奏とザイドIIフェイスを入手いたしましたー!
 モ/踊Lv91、武器はバラクーダ+1、防具はオロール装束を中心に、競売で買えるものをいくつか。足を竜牙脛当(VIT+7命中+10ヘイスト+3%)にしたり、背装備にお安くなっていたクーフリンマントを導入したり、あとSTRブースト指輪を奮発したり。競売を見ていたら、意外と手の届くお値段で素敵装備が売られていて嬉しい限りです。毎日コツコツと素材を競売に流して金策した甲斐があったぜ……。
 あと、実はゴブの不思議箱から、先日の逆鱗に続いてなんと!ブルタルピアスがポロリしまして、おかげで耳装備もちょっと充実です。
 ほんとは、ガーデンに流れ着いていたトリガーでアルキオネウス腕輪を狙ってみたのですが、当然のようにドロップが靴下だけでした!(笑)

 今までの経験では、基本的にこちらの攻撃力が足りなくて削りきれない感触だったので、今回のフェイスはライオンII・ザイドのいつものコンビに加えて、フィリアスコフィンさんとミリ・アリアポーという、回復もするけど元気よく殴るよ!というメンバーを招集。さらにフェローのテーオバルトさんも緊急参戦です。コルモル先生がいないからMPは底を尽きそうだけど、これまでの時間切れ敗退だけは避けたかったので!

 で、まぁ予想通りの乱打戦と言いますか。
 魅了技のエンタイスはザイドさんが受けまくってくれたので避けられました。しかしセイレーンは固い。空鳴拳のダメが300、夢想阿修羅拳のダメが400くらいしかなくてちょっと絶望した(笑)。ミスは少なかったので、回避は低くないけど防御力が高い、という感じでしょうか。
 連携ダメージも吸収されるものがあるみたいですねー。ログを切っていた関係でちょっとわからなかったですけど。
 それでもさすがに数の暴力というか、攻撃している手数が多いのと、自分も強くなっているのとで、じわじわと相手のHPを削れました。
 フィリアスさんもミリも後半はMPが空っぽになり、強力な範囲技クラーサクコールでテーオバルトさん脱落。フィリアスさんも後を追って脱落。
 夢想阿修羅拳が400ダメージにしかならないので(笑)そこからは私はTPを基本的にケアルワルツに投入してひたすらメンバーの回復に徹しました。ライオンさんのHPが残り4とかいう事態にまでなりましたが、ケアルワルツ特化のおかげで何とか戦線を維持し、最後はザイドさんの一撃で勝利です。

 ひゃっほー、これで裏にも行き放題だぜー。ちまちまとレリック集めをいたしましょうかねぇ。
 しかしそれと同時に各種ミッションも進めなければ……。レリックやAFをいずれILまで鍛えるにしても、空や海に行けないとフラグが立ちませんからねー。ああやることいっぱいで嬉しい悲鳴だー。
posted by さとみん at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年07月17日

メイジャンを進めつつプルーエスリングを狙う計画

 さとみんでサウルス釣りをしていたら、ポンポンポンと黄色文字が踊って、釣りスキルが104になりました。釣り人弁当は食べたり食べなかったり、ペリカンリングも使ったり使わなかったりですが、何もなしでも結構上がりますね。
 まぁ、剣の枝は出ませんが。トホホ。
 もっとも、真太公望より恵比寿が出ちゃうのもなんかもったいない気がするから、のんびりでいいんですけどね(笑)。

 さて。
 今回のモグタブレットのハッピーパワーで「謎の木箱フィーバー!」が降ってきましてね。やってきました……小鳥さんでツェールン鉱山にこもってプルーエスリング取得を目指す時が!
 荷物を必死に整理しまして、ストレージの空きを作り、ミッションランクはまだ10になってないから連邦儀仗は持てないけど、何とか木箱パワーが続く間に取れるようがんばりますよー。

 まぁ今は、テマチタニ装備一式もあるし、スキル上げの書もあるから、この指輪を血眼になって追いかける必要もないでしょ……と思う人が大半でしょうが、私はスキル上げは敵を殴ってするのが好きなのです。エミネンスはレムとかに注ぎ込みたいしね!
 あと、自前でスキル上げするようにすれば、アチーブメント達成でもらえるスキル上げの書を競売に流してウマー……げふんごふん。

 そしてもうひとつ。今メイジャンのバルクーダの試練は、「バード類300体を双竜脚でトドメ」。そしてここツェールンのGoVのお題には大量のコウモリ(バード類)が含まれているのです! ふはは、このところ不発気味だった私の得意な一石二鳥作戦が、ここで輝くのだよ。

 という訳で、鉱山にこもって、コウモリとミミズを叩いて箱出現率アップを待っております。
 それまでメイジャンはワジャーム樹林のコリブリをやってましたが、さすがにちょっと単調な感じが否めなくてですね……それが今回は全然苦にならないという。どんだけ私は一石二鳥が好きなんだよというね。
 長期戦になって、経験値のみならずメリポがカンストしちゃうと切ないので、専心リングやクポフリート様召喚は使っていないのですが、そうすると経験値が1体200前後です。GoVのボーナスや各種エミネンス達成報酬もあるので、この数字よりはたくさん経験値が入るのですけど、1週間こもってもカンストはしないで済みそう……かな?

 ちなみにさとみんの時は、1時間ちょっとでぽろっとドロップしてあっさり終わってしまいましたが、小鳥さんはとりあえず1日目は空振り。というか箱出現率アップすら引けず。腰を据えてがんばりますよー。
posted by さとみん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年07月16日

本当にスペシャルなダイヤルだった話

 さとみんの真太公望クエストは、リージョンごとのお題は全て消化し、あとは格闘時間のお題のみとなりました。しばらくはサウルス釣りで船乗りが続きそうです。ちなみに今のところ60種類くらいの魚を釣っているみたい。
 でも月齢が釣り向きじゃない時に釣りをするのも厳しそうだし、そろそろジョブポ稼ぎなんかも再開しないと……。

 で。
 ちょいとリアル用事が入ったので、小鳥さんでは長時間ログインできず、とりあえずモグガーデンの手入れをして、ゴブリンの不思議箱を開けておくか……と何の気なしにウィンダス石の区に行きまして。
 アドゥリンダイヤルは鋭い緑石。どうもどうも。これは備蓄して、いずれアドゥリンコンテンツをバリバリやるようになったら使いますかね。
 あとスペシャルダイヤルもお願いしますね。ぱかーん。

gekirin.jpg
「これ、受け取れ。」
ウィルムの逆鱗を手に入れた!

 ええええええ!?
 こんなところで!? こんな方法で!? リアルラックだけで!!!??? 黒帯アイテムをいきなり1つ入手!?
 キャンペーン中ということで、いいアイテムが出る確率はかなり高くなってるなーとは思っていましたが、まさかこんなすごいものがいきなり出てしまうとは思っていなかったので、さすがにびっくりしました。全く物欲がなかったのがよかったのかなー。

 ちなみに、さとみんの方でも実は、VWのチーリンのドロップ品である移動速度+18%足を引き当てておりまして……シ狩でしか使えないので、どうせならヘラルドゲートルがゲフンゴフンとかわがままを言っていたら、アルタナ様がブチ切れましたか、小鳥さんのメインジョブで使えるものをぶちこんでこられました……。
 残り2つのアイテムが取れる時とか、正直全く想像もつかないんですが、ありがたく使わせていただきます!


 え? モグボナンザ? 何でしたっけ? ああ、あれってオーケストリオンの楽譜がもらえるキャンペーンですよね?(白目)
posted by さとみん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年07月15日

伝えられた言葉

 わが家のFF11用PCさんは、排熱があまりうまくいっていないのか、どうも熱暴走しやすいようで、夏は不調になりがちです。
 という訳で、今年もついにそんな季節が来てしまい、昼間に起動するとブルーバックになるわ勝手に再起動を繰り返すわの大騒ぎを起こすようになってきました。
 エアコンをかければ動くんですけど、今度は私自身が冷房が大の苦手なので体調悪くなるという。
 とりあえず、PCは朝夕の涼しめの時間に使うようにし、昼間はPS2で小鳥さんのプレイを進めることにいたしました……。FF11をやらないという選択肢? ありません。
 そろそろ新しいPCの新調を見据えた方がいいんでしょうけど、Windows関連は全然わからないもので、何がいいのかさっぱりなんですよねぇ。ゲーム用PCのおすすめとか見ても、時代柄しょうがないんでしょうがFF14用のばっかりで、んなものは私には不要なんじゃヴァナ用のおすすめを出さんかい!(逆ギレ)となる始末。
 電力消費が少なめで、FF11がサクサク動くパソコンて、今いくらくらいなんでしょ……。ゲーム専用のマシンなんで、あんまり高額すぎるのはちょっとなぁ……。

 さてそんな中、小鳥さんはフェロークエスト本編をついにクリアしました!
 クエスト関係は下調べなしで突撃が信条のキャラでございますので、BF戦も無闇に突撃しましたら、いきなりレベル制限50となってマクロが一部使えなくなって慌てました(笑)。
 あと、この敵はフェローだけが無効化できる特殊技持ちなんで、本当はフェローを鉄壁タイプあたりにしてタゲ固定してもらう戦法が有効だったようなのですが、思いっきり治癒タイプのままでした。
 まぁレベリングやメイジャンにもかかさずフェローさんに来てもらっていたので、レベルはすでに60になっていたのと、特殊技は台詞つきで構えも長く、走ってよけられたので、問題なく勝利できましたけどね。
 一度特殊技をよけてからは、フェローさんのカウンター特殊技がヘイト高いのか、ターゲットを取ってもらえて苦労しらず。ボコボコ乱撃で悪魔の根性を叩き直してやりましたよ。

 ところで今回のある意味での黒幕というか、宵闇の鏡を手に入れたがっていたあの人ですが、何のために探してたんでしょうかねぇ? 単に珍しい宝物ということだったのか、アトルガン方面への何らかの狙いがあったのか……その辺がはっきりと明かされないのはニクイですな。

 そしてこのクエストは、最後にフェローさんとしみじみ語り合えるイベントシーンがあって、あれがとても雰囲気がよくて素敵ですよねぇ。
 テーオバルトさんは渋い性格なので、まじめーに、訥々と語る感じでした。
 恋愛っぽいベタベタさを押し付けてくるのでもなく、暑苦しく絆だ仲間だと盛り上げるのでもなく、静かにストレートに「これからも一緒に冒険しよう」と言ってくれるのが、しみじみと胸に迫ってきて、いいのです。
 しかも、プレイヤーの感覚としては、恋愛にも友情にも家族愛にも、色々な形で解釈して受け取ることのできる語りなのが、本当にうまいなぁ……。このシーンは、ヴァナのクエスト・ミッションの中でもベスト10に入る出来だと思うのですよ、いやほんとに!

 本当はフェローさんと冒険するクエストが、もっともっと増えてほしいのですが……大規模VUの計画には入ってなさそうなのが残念無念です。何とか来年以降の「バランス調整」に、しれっとクエスト追加が入り込む奇跡が起こってほしいですねぇ……。
posted by さとみん at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年06月26日

ナグモさんに因縁つけられつつ

 小鳥さんがタブナジアでどざえもんとなって発見されました(笑)。
 レベル制限時代は本当に難関と呼ぶにふさわしかった、プロマシアミッション最初、プロミヴォンBF三連戦。しかし今や色々制限が開放され、レベル80を越えた小鳥さんのパゥワーを以てすれば楽勝でございますよ。
 ……まぁ、プロミヴォンの地図を取ろうと欲張ったら、レベル90でも絡まれる新配置エンプティにボコられて戦闘不能になった事実は軽やかに忘れます。ど、どうせプロミヴォンの地図なんてあってないようなものさ!(酸っぱいブドウメソッドにより失敗を糊塗)
 楽勝楽勝言ってますが、最後のプロミヴォン-メアのボスが瀕死技を使ってくるのを忘れて(というか知らなかったというか)余裕こいて殴ってたら思いっきりHPが真っ赤になって、しかもフェイスも呼んでなくてほんとにソロだったのでものすごい焦りました。そんなこんなでタブナジアに打ち上げられた時にはHPが250くらいしかなく、まさにどざえもんな感じだったという。
 とりあえずタブナジアの地図だけは取り、もう少し他のものを進める予定です。

 あと、やっぱり小鳥さんもメイジャン格闘武器をやってみることにしました。レベル75から99までの武器が、ちょっと選択肢がなくて辛いので。自分と一緒に成長できる感じのメイジャンのコンセプトは大好きなので、そんなに苦にもならないかなと。
 でも属性ルートはさすがに無理そうなので、複数攻撃タイプ(弱)の、WSダメージアップかTPボーナスあたりを狙おうかと思っています。あれならこつこつノックすればいいから、天候とか曜日を待たなくていいし、ワモーラやソウルフレアを相手にする必要もなさそうなので、ちょうどよさそう。
 ……まぁ、これも複数攻撃タイプのルートをすっかり忘れてて、うっかり属性武器のルート試練を受けちゃったことは忘れるんですけどね。キャンセルしてこよう……。

 一方さとみんは、木工スキルを特訓して66まで上げてみました。あとはマホガニーポールを作りつつ、太公望の修理で70になる予定です。釣るぞー!
 そしてアビセア各地を駆け回って、属性ベルトも集めています。私のへっぽこ忍者でも、ソロでなんとか倒せる感じです。まぁうっかりサソリの瀕死ダメージを食らって薬品がぶのみしたり、馬さんのシンチラントランスが全然避けられなくて薬品をがぶのみしたり、してましたけど。
 残りは例の三日月ジェイドのNMが落とす2種。そしてそもそも無色のジェイドすら持っていなかったので、染色から始めないといけません。しばらくはまたスクワットかなー。
posted by さとみん at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年06月24日

いろんなミッションを、さわりだけ

 小鳥さんも、ノマドモーグリさんとメイジャンモーグリさんに星をボコボコ当てられまして、レベル上限が80となりました。行ける場所も増やさないとなぁ、と各種ミッションもコツコツと手を付けております。

 ずいぶん前に渡航免状だけ取っていたアトルガンにようやく上陸しまして、ナジャ社長に机をバンバン叩かれながら入社。まだアサルトはソロでは無理そうなので、ビシージに1回参戦して戦績を10000弱いただきました。モグロッカーが解禁して金庫に余裕が! ……まぁ、これもまたキツキツになっていくんでしょうけどね……。ロッカー代金はどうなるかと思いましたが、ビシージやエミネンスエリア目標の消化の戦闘で賄っていけそうです。ワラーラターバンは……どうしましょ(笑)。
 アルタナも、迷いに迷って何とかコブラ傭兵団に所属できました。何も考えずにガルレージュ要塞に向かい、うっかりサンドリアの鉄羊騎士団を紹介されてしまいましたが。ここはちょっと攻略情報を調べて、コブラ傭兵団のスカウトNPCを探したら、クロウラーの巣だったという……なんでサンドリアがアラゴーニュ戦線でスカウトしてるんだよ!と逆ギレしたいところですが、史実ではガルレージュはサンドリアの持ち物なのでむしろ当然なのです。忘れてウィンダスの持ち物のような錯覚をしていた自分が悪い(笑)。
 あとカルゴナルゴに行くのにメリファトで思いっきり道を間違えたのもいい思い出です。いやー、さとみんの時はフレと突撃したけどさすがにもう忘れてたわ……ワープしか使ってなかったし……退化したわ……。
 アトルガンもアルタナも、こうして一応ミッションが開始になりましたが、まずはジラートとプロマシアを進めてからかなー。特にプロマシアはまだほとんど手付かずですからね。

 ジラートの古代石碑巡礼は、案の定土の石碑で詰まりまして、攻略情報に頼りました。あの場所は、方向音痴の私には自力は無理クポ……。残りは火の石碑なのですが、これもイフリートの釜が地獄の迷い道なので、攻略情報に頼ることになりそうです。でもここさえクリアすれば、あとのミッションはそれほど詰まらずにいけるんじゃないかと期待……してるんですが……どうでしょ。

 それから、オロール装束のお年ごろになったので、全身がピンクになりました! 虎に食べられてる虎をかぶってるフェラルマスクもなかなかよかったのですが(笑)。オロール装束は、頭・手・胴は運良く出品があったので競売で購入。脚と足は、以前キャンペーンで入手したクルオで引き換えました。

 エンピリアン装束も欲しいのでアビセアも進めたいのですが、レリック装束も欲しいからデュナミスも行かないとなー……。合成も本腰を入れたいし……あーうー、やりたいこといっぱいで嬉しい悲鳴すぎる。
 さとみんもそろそろ詩人や黒、忍者、獣使いのジョブポイントを稼がないといけないし、青魔道士も上げてみたいし、うおおおこれでソシャゲ版やスマホ版とか出ちゃったらどうなっちゃうんだろう(笑)。
posted by さとみん at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年06月18日

遺跡と泉と寺院の奥と

 最近、さとみんは虹色ゴルゲットと虹色ベルトを作成しようと、海にこもってました。で、ようやく8個ゴルゲットが揃ったところで……錬成スキルが足りないことに気付き、釜の前で特訓中。まぁ、錬成スキルは上げるのがラクなので、すぐ終わりそうです。釜をたたきながら、ラジオを聴いたりして。

 小鳥さんのミッション・クエスト関係もちょこちょこ進めております。
 夢想阿修羅拳習得のクエストが来ましたので、デイリー目標のクリアの時にアヤメさんを呼んで四之太刀・陽炎をトスってもらい、核熱連携でせっせと潜在外し。フレンドさんには「さとみんでトス上げればいいのに」と言われましたが、そういうさとみんからの援助は禁止であります(笑)。まぁ核熱でも単発の3倍のポイントなので、十分かなぁ。
 それよりも、早くもレベルが75になってしまいまして、リミットブレイカーをあわててもらいにいって、次の限界突破クエストもオファーですよ。メリポ3ポイントも、この分だとあっという間ですね。

 ミッションの方は、ジラートとウィンダスをコツコツと。まずは行くところがはっきりしているウィンダスミッション「満月の泉」から。
 最初にアジドマルジド兄貴に指定されるホルトト遺跡の場所に行き、深く考えもせずに指定ポイントを調べたら、カーディアンが4体も沸いて大騒ぎですよ。そんな時に限って、フェイスもコルモル博士とクピピさんしか呼んでいなかったという(笑)。その辺のカーディアンまで一緒に絡んでくる乱戦の中、ケアルワルツにA.フラリッシュを撃ちまくり、クピピさんたちに行きそうなカーディアンたちのタゲを必死に集め、モンクのアビをフルに使って、何とかギリギリ勝利しました……ぜ……!
 マート翁との一騎打ちを勝ち抜いた時の経験のおかげで、アビリティを使うタイミングが適切にはかれまして、いやほんと、ちゃんと一騎打ちでやっておいてよかったなぁとしみじみ思いました。
 その後はトライマライ水路のBFフィールド、満月の泉へ。水路の地図をくれたライチャードくんありがとう! おかげで迷わずに済むよ! アジドマルジド兄貴が熱いところを見せてくれるミッションで非常にカッコよいです。

 ジラートミッションの方は、ウガレピ寺院と怨念洞ツアー。もちろん魂の絵筆取りからですよ。ついでにアンジェリカさんの絵を飾ってゴーレムに怒られてたりしてきました。ウガレピを歩いていると、さとみんで包丁を取るために3ヶ月こもったあの日々が脳裏に浮かびます。
 怨念洞は地図取り、そして消えたランタン取りも必要という訳で、ここでも経験値稼ぎや潜在外しもできてウハウハです。一石二鳥だーいすき。ランタン往復もボムの配置がよくて戦闘が少なくて済み、思ったより簡単に突破。
 生贄の間ではすっかり忘れていましたがこちらも戦闘がありました。トンベリ3体が相手なので大丈夫かなーと思いましたが、寝かせをしなくても割と何とかなりました。モ/踊75、フェイスはライオンII・ザイド・コルモル・クピピ。アストラルフロウなどでも致命的なダメージは受けなかったので、黒召ボスの順番で各個撃破、5分くらいで戦闘終了です。
 ここから先は石碑探し……なんですが、さすがに場所を覚えてないので、自力でどうにも見つけられない分はこの辺は攻略情報を当たることになるかもなぁと思っております。

 そして、星唄の第三奏入手のバトルも挑戦してみた……のですが、こちらは全然歯が立たず。正確には、攻撃に耐えることはできるので戦闘不能にはならないけど、時間内に倒すことができないので敵が時間切れで消えちゃうという。どう考えてもこちらの攻撃力不足なんですが、フェイスはライオンII・ザイドなのでたぶんこれ以上攻撃特化は難しそう。もうちょっと小鳥さんのレベルを上げて、装備を見直してきた方がよさそうです。

 そう、装備といえば、レベル99までの間の格闘武器をどうするか、ちょっと悩み所なんですよね。99になれば、ありがたいエミネン一式があるので当面はそれで何とかなるのですが、それまでの間の武器をどうしようかと。
 エミネンスで交換できるのがLv74のマノプル、そしてLv87のアイラバグナウ。これで99まで行けるのかなぁ。うーんうーん。エンピリアン装束のためにも、そろそろアビセアに行くべきなのかもしれないのですが、アビセアは何せフェイスが呼べないので、まだまだ苦戦が予想されますし。あるいは大好きなメイジャンというのもアリかと思いつつ、さすがに99になったらもう使わないだろう武器なので、コストパフォーマンス面で現実的ではないか……と悩んでいるところです。
 まぁ、今のレベルアップの速さを考えると、あっという間に先に99になっちゃうのかも知れませんけどね。

posted by さとみん at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年06月12日

基本ができていないとダメです

 小鳥さん、ついにマート翁に認めていただきまして、レベル上限が75に相成りました!

 ……と書けば一行で終わりですが、ここに至るまで6連敗いたしました……。証を3枚、バイルエリクサーを3本、バイルエリクサー+1を2本、ハイポーションを15本、呪符プロテスと呪符ストンスキンを何枚も……まぁとにかく、へっぽこな戦いぶりでマート翁に「顔を洗って出直してくるがいい」を連発されてしまいましたよ。
 でも、フェイスを呼ばずにちゃんとタイマンで認めていただけたのが嬉しいです。

 まず最初、とりあえず胴装備はスコピオハーネスがいきなりNQがすごい数出品されたので、それを着て、あとはAFで突入。食事はソールスシ。うん。マートの攻撃に全然耐えられなくて、ハイポ使う暇もなく殴り倒されて終わり。

 いやマート翁を甘く見ておりました。これは防御力高めないとだめだ。あと装備もAFより防御力高いものをちゃんと探してみよう……。
 ……あんまり出品がなくて、とりあえず頭装備をフェラルマスク(タイガーマスクHQ)、脚装備に達人下ばきを購入。達人下ばきはWS用です。
 食事はゆでがに。さあ行ってみようー!
 マートの百烈拳に耐えられずに終わり。

 うわぁ……。マートの攻撃はほんと痛い。回復とか言ってられない勢いで削られます。こっちも百烈拳を発動してみるのだけど、HPが減る方が速くて耐えられない。バイルエリクサーでも間に合わない。
 攻撃に耐えられないのがネックなので、回復フェイスを呼びまくれば簡単にクリアできそうな気がしますが、それでは先輩モンクたちに顔向けできない!(笑)
 とりあえず、ガードスキル上げをして百烈拳のリキャストを待ちつつ、マクロと作戦の練り直しです。

 それまでモンクとしてのテクニカルな戦闘をあんまりしないで、適当に殴ってレベル上げをしてきたツケが回ったと言う感じで、反省点は色々。ためる10回の後の気孔弾もMNDブーストが足りないのか思ったほどダメージが出てなかったり、うっかり先に殴ってしまって気孔弾に乗ってない感じだったり、集中・回避・かまえるの発動がワンテンポ遅かったり。
 ケチって買っていなかったオポオポネックレスと昏睡薬を買い、WSのダメージを伸ばすために首をスパイクネックレスにしたり。装備を揃え、薬品を買い、とやっていたらあれよあれよとギルがすごい勢いで吹っ飛び、所持金は一気に半減しました(笑)。
 2枚の証を使い切り、3枚目を取りにオズトロヤに来たら、通りがかったシーフさんがサチコメを見て「証取り手伝いましょうか」と言ってくださったり。後でその方は同じアプルルユニオンとわかりました。

 6戦の敗退ログを見直して考えるに。
 マート翁の百烈拳をしのいでからこちらの攻撃……というのは、今の自分のHP量その他を考えるに、無理。ここはやはり、向こうの百烈拳をなるべく短時間でしのぐ、つまり先に削りきる方が見込みがありそうです。防御力を重視して封印していた「かまえる」も使うことに。食事も、奮発してセンロー風海の幸串焼きだ!

 そして迎えた7戦目。
 BFに入る前に食事。証をトレードして突入。オポオポ+昏睡薬でTPを1000まで貯めて、呪符プロテスと呪符ストンスキンを使用。マートに抜刀できるけれど殴らない距離まで近づいたら、慎重に「ためる」を10回。続けざまに集中・回避そして百烈拳を発動後、MNDブースト装備で気孔弾を放って、マートが近づいてきたら空鳴拳、あとは殴る!殴る!殴る!
 マートの百烈拳が来たらかまえるを使用して、こっちが先に殴り倒せるのを祈るばかり。HPが黄色になった瞬間にバイルエリクサー+1を使ったところで、TPが1000になったので空鳴拳!
 ここでマート翁が「お前さんの実力、しかとみせてもらったぞ」とのお言葉。クリアとなりました。


 こうして見てみると、ちゃんとタイミングをはかってアビリティを使うとか、あわてずにHPとTPの数字を確認するとか、もうほんとに基本中の基本がしっかりできているかというのがカギだったのだなぁと実感いたします。フェイスに頼ってレベルだけ上げるのでは、こういうのはわからないですね。やっぱり、このマート翁との一騎打ちのクエストは、自分の実力を知る上で絶対に必要なものなのだなぁと改めて思いました。
 まぁ、今は星唄を進めればフェイスも呼べる訳ですし、さくっと進めたい人はフェイスを呼びさえすれば余裕でクリアできるでしょうから、選択の余地があっていいバランスなのかも知れませんね。

 ともあれ、これで大きな山をまたひとつ越えたので、しばらくはミッションやクエスト進行に熱中できそうです。
posted by さとみん at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年06月11日

今なら紫帯も茶帯もたったの1日で!(*個人の感想です)

 AFのカギ取りなどしておりましたら、小鳥さんのモンクのレベルも70が見えてきました。
 という訳で! 誰もが通ったあの道、限界突破クエストのMaat翁との対決に備えて、色々準備であります。今までのレベリングやエミネンス報酬などで、ハイポーションタンクやバイルエリクサーなどは入手できましたので、薬品類は大丈夫。必要なのは、装備、そしてスキル。「プレイヤースキルもね?」という声が聞こえますが、それはまぁその、なるようになるさ!(色々あきらめた)

 装備は、まだまだ改善の余地がたくさんです。指装備は、エミネンス報酬のステータスブースト系でがんばるとして、耳装備。以前シャクラミに種族装備を取りに行った時に、たまたま降臨されていたLeech Kingさまがポロリしてくださった血玉のピアスで片方は確定として、もう片方の耳装備を色々競売であさって、とりあえずメヌエットピアスに。STRとDEXをブーストです。詩人のフェイスがまだいないので、メヌエット時の命中+3は受けられませんが。
 背装備は、奮発してアミメットマント+1を購入。というか、NQは売ってませんでした(笑)。
 本当は胴をスコピオハーネスにしようと思ったのですが、こちらもNQがなく、HQのみ。14万くらいで、まぁ買えない訳ではないのですが、ちょっと保留。
 そして、腰装備。これはやはりあれですよ。茶帯ですよね!
 競売で購入も可能でしょうが、クエストはきっちりこなしておきたい小鳥さん。まずは紫帯のクエストからと、バストゥークに走りましたとさ。

 紫帯と茶帯は、NM討伐祭りのクエスト。NMのポップ条件は、さすがに自力ではどうしようもないので、攻略情報に頼りました。
 紫帯の、雄羊NM2体の角取り。今は広域スキャンが全ジョブ使用可能なので、探すのはとても楽になりましたね〜。
 とはいえ、雄羊はリポップが約10分。ポップするまでの間、ぼーっと待っているのはちと長い。そこで、雄羊を倒したらデジョンリングで移動→イベント進行させておきたいミッションやクエストを進める→10分過ぎたらサバイバルガイドでラテorコンシュへ、を繰り返しまくりました。「リーズナブルな旅」万歳!
 という訳で、ラテーヌの雄羊NMを倒すまでの間に、ジラートミッション導入と、星唄第1章「ざわめきの言霊」導入まで進みましたよ〜。あとモグボナンザも買った(笑)。
 雄羊NMは、どちらも弱い方が、大体3-4ポップ目で現れましたので、無事に討伐して角ゲット。100%ドロップなのを知らずに、わざわざナナー・ミーゴさんを呼び出して戦ったのは秘密です。ち、違うんだ、合成スキル上げに備えて雄羊の皮と角を手に入れたかったんだけなんだ!(汗をぬぐいつつ)

 そして次は茶帯。こちらのNM3体のうち、指定アイテムを100%ドロップするのはモルボルガーだけということで、気合い入れて臨みますよ。主にがんばるのはナナー・ミーゴさんのトレハンですが!
 ヌエは通称ヌエ塔の虎が対象ですが、行ってみたら抽選対象が虎1体だけの状態になっていたので、とっても楽でした。こちらはサバイバルガイドから遠いので、リポップ待ちの間は移動せずに、リアルの家事労働を処理したり本を読んだりしてのんびり待機。4ポップ目くらいでヌエさんが登場し、倒したらさくっとヌエの牙を一発ドロップです。よーしよし。
 この勢いでいくぜー、とソロムグへ急行し、ドードーさん探し。こちらも幸いなことに3ポップ目くらいで遭遇。よし、今日は行ける! ここでさっくりと1発ドロップだ!

「Deadly Dodoはコカトリスの皮を持っていた。」

 ……。うん。まぁね、そう簡単に終わっちゃったらつまらないからね。
 昔はリポップまで数時間かかっていたNMたちも、最近は30分くらいでリポップするものが大半です。ありがたいことです。
 とりあえず先にモルボルガーをみてこようと、オルデーヌへ飛んで広場へ行ってみると、いらっしゃるではありませんか。100%ドロップなので気が楽ですね。さっくり討伐して、無事にモルボルガーのつるを入手。
 ここでメンテナンスが入ったのでいったんログアウトです。

(メンテナンス終了)
 さあドードー狩りの再開だ。うなれ(ナナー姉貴の)トレハン! ここのコカトリスは6分でリポップするから回転も早いぜ! 3ポップ目で早くもドードーだ、こいつはいけるぜ!

「Deadly Dodoはコカトリスの肉を持っていた。」

 ……。うん。まぁね。これまで順調過ぎたからね。この辺で揺り返しが来るよね。
 次のポップ待ちまで、さてどうしよう。そうだ、ジラートミッションでウガレピに行かないといけないけど、まだ地図を持ってないから取ってこよう。
 軽い気持ちでウガレピ4枚目マップのハチやらトンベリやら壺やら倒しまして、31体目で……ようやく……カギが出ました……。箱はゴーレム扉の先の階段下でした……。レベルが……70になったとです……。

 さあドードー狩りの再開(以下繰り返し)。6ポップ目でまたしてもドードーがポップだ。いける、今日中に茶帯いけるよ!

「Deadly Dodoはコカトリスの皮しか持ってないっつってんだろ。(意訳)」

 ……。うん。まぁね。これくらい苦労してこそ、取る甲斐があるってもんだよね。
 思い出せさとみんで包丁を取った時のことを。あの時は3ヶ月かかったじゃないか! 1日くらいで音を上げるんじゃない!

 次のポップ待ちまで、さてどうしよう。あっ、そうだスキルがまだ白いじゃないか。Maat翁との戦いで白字スキルで臨むなど愚の骨頂。少なくとも格闘と回避は当然青で行かなくては。
 ちょうどボストーニュ監獄のリーチが、レベル68前後でスキル上げによさそうだったので、タブ稼ぎも兼ねてGoVを受けつつノックにつきあってもらいました。HPが黄色くなってゴーストに大量にたかられたり、リーチが思いっきりリンクしたりして、2回くらい戦闘不能になったのは秘密です。あと、大枚はたいてモンターニャを購入したんですが、このくらいのレベルなのだから星唄モグショップで買えるサルテーニャでもよかったんじゃないかという気もしたのは忘れます。
 でもおかげで、格闘スキルと回避スキルは無事に青に。本当はガードスキルも青にしたかったのですが、こちらはまだ白いままで、次のドードーリポップのお時間。

 さあドードー狩りの再開(以下繰り返し)。

 ……そんなこんなを繰り返しまして……6体目のドードーさんでようやくドードーの皮を入手しました。
 茶帯をもらった時に、「これを腰に巻くときにはこの度の試練を思い出すがいい」と言われるのですが、いやほんとに、皮肉じゃなくていい思い出になりました。やっぱりいい装備は、多少の苦労があった方がね!(笑)

 という訳で、スキルも上がったし、装備もまあまあになったので、ここらでMaat翁に謁見してがんばってきたいと思います!
posted by さとみん at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年06月09日

モンクAFコンプリート

 小鳥さんのモンクAFが揃いました! これにて長らくお世話になったクロウジュポン一式が預け入れへ。クロウジュポンの外見はかっこよくて好きなんですけどね。かばんの空きがあったら/lockstyleするのもいいかしら。
 とりあえずレベル70まではこのAFでがんばりつつ、マート翁との一騎打ちに備えて装備を考えておかねば。腰装備も、そろそろいい加減紫帯とかにしたいし。あ、星唄をクリアしたのでマート翁との戦いでもフェイスが呼べるのですが、ここはやっぱりカッコつけて一騎打ちでがんばりたいと思います。あの一騎打ちは、己の技を磨く一番大事な場面だと思っているので。
 幸い、無駄遣いをせずに毎日コツコツ戦利品やモグガーデンの収穫物を競売に出品したおかげか、ギルも60万くらい貯まってきたので、出品さえあればそれなりの装備は揃えられそうです。

 モンクのAFクエストは、攻略情報なしでクリアできました。程よい難易度ですねー。
 ざっくりまとめてしまえば、グスゲン鉱山・ダボイ・オズトロヤで特定のポイントを調べて戦闘する流れなのですが、ポイントの場所が簡単すぎず難しすぎずという絶妙の配置になっていて、かつ事前に他のモンスターを掃除したりなどの準備はちゃんと必要、さらに該当レベルだと戦闘も手応えバッチリという、やりがいのある難易度です。

 AFクエスト1のグスゲン鉱山は、ポイントさえ見つかればあとはゴーストをぶん殴るのみ。フェイスはラーアル、コルモル、クピピさん。ゴーストだけあってなかなか削りにくくて、最後は百裂拳で倒しました。
 ついでに同じ広場にエミネンス・レコード対象のNMのエビが沸いてたので退治してみましたがノードロップ……。

 AFクエスト2のダボイは、以前限界クエストだなんだで走り回った時に該当ポイントを見つけて地図にメモっていたので、ポイント探しは楽勝。
 深く考えずに、フェイスはクリルラ・ラーアル・エグゼニミル・クピピさんを呼んで、サンドリア騎士団勢ぞろい!とかやったら、コルモル先生を呼びわすれててクピピさんのMPがからっけつになり、クリルラさんやラーアルさんが必死にケアルしまくるという総力戦になりました(笑)。まぁ、さすがに堅いナイト陣なので、最後は粘り勝ちできましたけど。

 AFクエスト3のオズトロヤ城。ポイントがわからなくて、それっぽいところを全部総当たりで調べるぜ!というローラー作戦を敷いたところ、事前の掃除をしないうちにNMが沸いてしまい(笑)。そばにいた黒ヤグさんにこんがりファイガをくらって撤退しました。
 その後、箱から出るAFを全て揃えたのち、事前の掃除などをして万全の態勢を整えて再戦。フェイスはクリルラ・ライオンII・コルモル・アプルルさん。これも結構な長期戦になり、百裂拳を使いましたが、時間がかかっただけでピンチということにはならず、無事次の雑魚リポップよりも早く討伐できました。
 ついでにモンクの証も取っておくかーとモンクヤグを倒しましたが、なかなかドロップせず、ついさっき助けられたリポップ間隔の長さに今度は泣かされることに。7体目くらいでドロップしました。

 小手探しは、対象ダンジョンがクロウラーの巣でしたので、アイアンハートさんの石碑をめぐって地図取りから。メリファトとロランベリーの石碑の場所がどうしてもわからず、ここは悔しいですが攻略情報を確認しました……。ロランベリーの場所は、あれ絶対自力だとわからなかったろうなぁ。メリファトも亀裂のところが私の方向感覚では複雑すぎて無理でしたトホホ。
 闇の炎戦もフェイスがいれば普通に撃破です。ついでにアーリマンのレンズを求めてアーリマンを倒してみたもののドロップせず……。
 箱開けはクロウラーの巣・ベドー・ガルレージュ要塞でしたが、特にベドーとガルレージュではカギ取りに30体以上討伐をしていたので、モンクのレベルがもりもり上がりました。経験値リングとキャンペーンで、チェーンすると3000とか4000とか経験値入ることもありますのでね……そりゃ上がるよね。
 ところで小手は対象ダンジョンを教えてもらえますけど、他のAFが出土するダンジョンは特にゲーム内に情報がなかった気がするので、あのガルカのお兄さんが教えてくれるとありがたいですねぇ。


 そんなこんなで、小鳥さんは黒一色からオレンジに衣替えしました。そろそろノーグへ行ったりウィンダスミッションを進行したりしないとだなぁ。
posted by さとみん at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年06月03日

歴戦の英雄と、運命の勇者

 最初に己の間抜けさを告白させてください。
 冒険者さんありがとうキャンペーンの「ガマンする」でもらえるプレゼント、もらいそこねました!
 ええ……毎日毎日ガマンしまくった挙げ句にですね……最終日のログインで手違いを起こしましてね……手違いっていうか勘違いしてたっていうか夕方5時までっていうのを忘れてたっていうか、要するに6月2日のログイン時間が17:20だった。
 という訳で、ガマンしまくった私のご褒美は電子の藻屑と消え、クリスタルに還っていきました……今ごろプロマシアと一体化してますかね……ふふ……ふ……(肩を震わせる)

 まぁ、経験値ボーナスリングはもらえてますし、べひんもすスーツもヴァナクロックももらえてますし、それほど致命的な打撃でもないんですが。

 という訳で、相変わらずのんきに遊んでおります。ちょいとリアルでばたついて、ジョブポ稼ぎとかがなかなか進んでないんですが、小鳥さんの方のミッションが着々と進行しまして、レベル上限が65になった&闇の王を倒しました!

 色々な調整の末、今の限界突破クエストではマート翁一騎打ちと並んでの難関となっている、獣人拠点最奥に突撃せねばならぬ「風の行方」。
 オズトロヤのハイプリーストヤグードが見破りなのを忘れてて思いっきりぶん殴られて戦闘不能になったり、ダボイで血のオーブが必要なのを忘れててバリアを手ぶらで突破しようとして思いっきりリンクして戦闘不能になったり、ベドーで奥に行く道を完膚無きまでに忘れてて思いっきり迷子になったりしましたが、おかげで獣人拠点の地理を大分覚えたので満足です。今まで覚えてなかったのかって? 何のことやら。

 闇の王については、モンクがLv57だったのでもう少しレベルを上げてから突撃しようと思っていたのですが、LSのカオリン(仮名)のサブキャラが「闇王まだだから一緒にやろう」という話になり、いいよいいよと気軽に合流したら先方はナイトLv99+IL装備状態で、あれですよ「カンストして裏オメガまでぶちのめしたキャラででシナリオボスを倒す」状態になっちゃってですね、ひとっつもピンチにならずに突破しました(笑)。

 しかし、今回じっくりとムービーを見直してみたらものすごい伏線の塊というか、もう見ながらずっと「あああああそうだったそういうことだったよ!」みたいなうなずきマシーンと化してしまいました。やっぱりFF11は、何よりもまず正統派RPGとして素晴らしい出来であることよ……。

 で、星唄もこれで進行です。前にも書きましたが、すでに大半のシナリオを踏破済みのさとみんと違って、小鳥さんは今後星唄の進行に合わせてミッションを進めていく感じになっていくと思うので、「運命(=いろはちゃん?)に導かれてヴァナ・ディールを救う」雰囲気を堪能しております。
 この、「歴戦の勇者がその蓄積の末についに全ての源と対決する」というラインと、「宿命に選ばれて勇者となってついにその使命を全うする」というラインと、両方味わうことができるのは、長年遊んだPCと新PC両方でプレイできる立場ならではの特権ですねー。

 実はこの、「同じシナリオを、積み重ねた時間の有無によって、違う解釈でたどることができる」というのは、実は廃装備や巨額のギルよりもはるかに重要な、「長年遊ぶことのアドバンテージ」じゃないでしょうか。
 そして重要なのは、新規で遊んだ場合はまた別の楽しみ方ができるので、アドバンテージがないことを悲観する必要もないということ。MMORPGというのは、どうしても「古参vs新規」「Time to Winの是非」みたいな問題から逃れられないものですが、もしかしてここには、それに対する思いも寄らぬアプローチが実は隠れてたりしませんかね……?と密かに思ったり。考えすぎですかね?(笑)
posted by さとみん at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年05月13日

限界を越える道を進み始める

 小鳥さんに、とうとうゴブリンの不思議箱が解禁されました。リアル1ヶ月くらい経過したことになります。
 今の小鳥さんの毎日は、ユニオンのデイリー目標の合成や釣りや採集の課題をクリアし、モンスター討伐関係の目標をクリアし、クエストやミッションを2-3個クリアしたあたりで、「今日はこの辺で切り上げるかな」という感じになります。
 それでモンクがレベル50、踊り子がレベル47、その他にもシーフやや戦士がレベル30を越え、忍者もあと少し。レベル上げも超スムーズです。ミッションは魔晶石ミッション中盤で、クエストも気になるしで、足止めどころかやりたいことが多すぎて時間が足りないよぅという嬉しい悲鳴の日々。

 で、限界突破クエスト1もとうとうクリアしました。
 白状しますと、これは少し攻略情報を参照しまして、パピルスとボムの炭の戦闘なしバージョンにチャレンジしてみて、何故か調べるべき???が全然見つけられなくて、いくつか場所を確認しました。
 場所が判明したら、自分が確かに調べたはずのところで、もう一度行ってみたらちゃんと見つかったという……(笑)。見れども見えず、心理学における選択的不注意の概念をここでしたたかに実感。
 あ、粘菌はエクソレイを倒して取りました。4体くらいで取れました。クピピさんとかがブレスくらって消えちゃいましたけど。パピルスと炭も、普通に敵を倒して取った方がラクだったのではと思わないでもない(笑)。

 それにしても、大昔のヴァナでは考えられないほどのハイペースで、しかもひとりで進めるのですねぇ。色々と便利になっているし。まぁさとみんの記憶による効率性向上というところは割り引くべきですが、外部攻略情報は豊富なので、その辺をもりもり参照していけば、本当に新規でもいいテンポでいけると思います。
 ほどよく手応えがあり、気軽に自分のペースでたっぷり遊べるこのゲーム、今から始めるのは隠れた旬でほんと美味しいゲームなのではないかとホクホクしております(笑)。

 一から始めると一番大変なのは、金策かもしれないですね。レベルが低くても一発逆転を狙える印章BFみたいな金策が少なくなっていますし。栽培は3ヶ月経たないと収穫量が少なすぎますし。
 エミネンスをスキル上げの書に、ユニオンポイントを幻想結晶に交換して、競売で売るのが堅実でいい感じでしょうか。根来鉄砲を店売りするのもアリだけど。
 カッパーインゴットみたいな、手間はかかるけど低スキルでも作れるものを競売に出すのもいいのですが、小鳥さんもちゃんと合成をやりたいので、ついつい素材を貯め込んでしまい、全然ギルにできないのです(笑)。

 でも、さとみんだったら躊躇なく店売りや捨ててしまうようなアイテムを、ちまちまと貯め込んでコツコツ競売に出すと、意外に嬉しい値段で売れたりする、地味な喜びは、このレベルならではの味わいです。そうすると今度はかばんのスペースが足りなくなるんですが(笑)。小鳥さん用の倉庫キャラも必要かなぁ、うーんうーん。
posted by さとみん at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年05月01日

ナイトの謎ってかっこいいですね

 最近は、さとみんでログインしている時に何をしているかというと、礼拝堂やボヤーダに通っております。水蜘蛛の網とウィルド糸集めです。
 フレンドさんが、現在の裁縫の最高峰フォピチュニカをずっと欲しがっていて、なかなか競売に出品されないと嘆いていたので、泥縄にもほどがありますが97くらいでぐだぐだしていた裁縫職人さんのスキル上げを再開したのです。
 今の素材事情を勘案すると、裁縫100まではスイスケープ大量生産が一番現実的であろうという訳で、材料のウィルドクロスと閃糸がこれまた大量に必要。競売で大人買いしていては、私の金策能力ではあっという間に貯ギル箱がカリカリクポーになりますので、必死に素敵している次第。

 まぁ、そんなことしていたら、フォピチュニカも競売にもりもり出品されるようになって、フレンドさんも無事に購入できたので、もう遅いんですけどね(笑)。とりあえず、勢いがついたのでしばらく裁縫職人スパルタは続きそうです

 小鳥さんは、相変わらずエキストラジョブ取得やその他クエストに走り回っています。
 ナイトのクエストは大変苦労しました……というのも、課題の書の謎の答えをすっかり忘れていたために、騎士の魂の在りかは知っているのに取れないという状態だったもので。どうするんだっけ……?と謎の文章を読んでうんうん悩み、訳がわからなくなったのでいったんシーフのレベル上げとかしていたら、ふと「あれ、高みにいるってのは、あの城壁の上の人のことか?」とヒントが脳内に降ってきまして、そこからはとんとん拍子に解けました。星座のヒントはカッコよいですよねぇ。魔法屋さんのチラシ配りで、星座のおにいさんの場所を覚えていたのが効きましたよ! ありがとう魔法屋さん!
 でもこれ、最後はダボイってことは記憶していたからいいようなものの、そうでなかったらダボイというのを思いつくのにさらに時間がかかったかもなぁ……。
 侍はもっと苦戦しました。ボムの古鉄は大丈夫だったのですけど、ジ・タで取る神木の木の枝、正確にはそれを取るための???の場所がわからなくて。1時間以上ジ・タをうろついたと思います。あんな隠し通路の先だったとは、方向音痴には厳しすぎる試練でござったよトホホ。

 で、モンクがレベル50になって限界クエストが発生したので、クロウラーの巣の地図を入手するために、セルビナ市長さんの石碑写しをしたり、ユニオンやデイリーのエミネンス目標をクリアしたりしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。いやほんと、ヴァナってものすごいボリュームのゲームです。一生遊べるような気がする。トルネコとかとは別の意味で。

posted by さとみん at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2015年04月23日

情報という数珠をつないでいく

 小鳥さんも金策を見据えて、合成スキルを上げなくては、そのためにも採集活動にも手を出してみないと、なんて感じであれこれ寄り道してやっているので、なかなかレベルが上がりません。
 いまのところは、デイリー目標やユニオンの目標をこなすのがレベリングなのですが、これだけでも昔とは比べ物にならないサクサク具合でレベルが上がっていくので、腰を据えてがっつり上げるぞ!と思わないという。
 そして、エミネンスポイントがもりもり貯まってすぐカンストしてしまい、根来鉄砲に引き換えて店売りすることで金策しているという……なんかさみしいよこの金策!(笑)
 あとはちくちくとガーデンで取れた素材を合成してみたり、まだ使わないものは競売に出したりという、地味な低レベルプレイ。でもこういうの楽しい。何時間でもやってられるのです。

 で、そんな寄り道の日々。カギを集めてカザムパスを取得したり、禁断の口を触って過去にちょっと飛んで、ジャグナーで幼いライラさんに会ってみたり、ラバオやノーグに行って錆びた装備を釣ってこいと言われたりしております。
 エキストラジョブもおかげで少しずつ増えてきました。
 知覚遮断がノーコストで使えるようになる踊り子がやはり必要かなと思い、これを優先的に取得しましたが、それ以外はその時々の風の向くまま気の向くまま。狩人・吟遊詩人・獣使い・忍者・踊り子がオープンです。暗黒騎士もあとはベドーに行くだけかな。そろそろナイトと竜騎士も取りたいですね。

 忍者は、コロロカに行って奇妙な珊瑚を取ってくる必要があるのですが、私はこのアイテムを???を調べるだけで取得できると勘違いしており、NMがポップしたところをスニークで華麗にスルーしてしまったため(笑)見つからずにコロロカを1時間くらいさまよいました(笑)。
 クエスト情報を調べないぞプレイを尊重してくれたLSメンバーが、「私も忘れてるから一緒に探してあげよう」とうろうろにつきあってくれ、ポップしたリーチをスルーせずに倒してくれたおかげで、ようやく奇妙な珊瑚をゲットしたという。思い込みはいけませんな。ありがとう、ありがとう!

 あ、それからフェローも呼べるようになりました。渋い口調のヒューム男性テーオバルトさんです。最近リアル都合が超多忙でなかなかお会いできないフレンドさんの外見にしてみました。
 これも確かゲルスバのBF戦があること以外忘れていた&調べないで手探りだったので、「茶色の服を着た少女を探して」とか「鏡はサンドリア方面にあるらしい」という情報のみでうろうろするのが新鮮な楽しさでした。
「最初に人捜しした時のNPCにもう1回聞いてみるか」「エルディーム古墳てどこの入り口だろう……しらみつぶしに入ってみるか」「鏡とかそういう怪しいのはブルゲール商会で扱ってそうだよなぁ」「仕事ないとかぼやいてたおっさんがいたなぁ」「途中でオークに奪われたって言ってたから、オークが持ってるはず……ああ、だからゲルスバか!」みたいに、頭の中で情報が繋がっていくのが快感です。
 まぁ、謎が難しすぎたりすると考えてもわからなくて、心が折れて「もういいよ」となってしまうのですが、いまのところは何とかぎりぎりがんばれています。中期のクエストやジラート後半やプロマシアミッションが、ノーヒントになっていることが多かった記憶があるので、その辺でつまずくのが心配だなぁ……。まぁできるかぎり、がんばってみます!
posted by さとみん at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険