2016年01月14日

先へ進めない青い魔道士

 さとみんの方は、白のジョブポイント稼ぎをちくちくとしつつ、学者の装備を確認したり、マクロを作ったりしております。とりあえず、今の一番の学者の期待される役割は連携発生係のようなので、それ用のマクロを作りつつ、弱体用の魔命やファストキャストを意識して、あれやこれや。
 デキる学者さんの立ち回りや装備やマクロをネットで色々参考にしたいところですが、あまり自分とかけ離れたうますぎる人のを見ても、こちらの理解が追いつかなくて過呼吸になるだけなので(汗)悩ましいところです。
 まぁ、最近、LSの鮒師匠(仮名)も学者を上げ始めてるので、あっという間に追い越されて、師匠の学者の方が先に仕上がる気はしていますが(笑)。
 あとは、詩人のエンピを119にして、風水士の装備を揃えるとかかな……。

 そんなこんなに追われていて、サンドリアミッションが全然手付かずでした。
 しかし、今回は青魔道士を上げつつ……という縛りを課した訳ですけど、青魔法ラーニングが高い壁となって進行を阻んでおります(笑)。
 レベルがあっという間に上がってしまって、青魔法スキルが追いつかない! ラーニングですら経験値が500とか普通に入っちゃうので、ノルマは増えていく一方です。ノマドモグロッドで必死に殴っております……。

 とりあえず、何とかランク2になったところです。
「コウモリ退治」では、夜しかポップしないコウモリさんがなかなか目的のアイテムをドロップしてくれず、3晩ほどハマりました。昼の間、キノコやカブトムシやオークを殴ってたというのに、全然ラーニングしない。トホホのホ。
「子供の救助」は、下調べせずに突撃してみたら、いきなりBF戦で「おおっ」となりました。よーしサンドリア騎士団を呼び出すかー、とラーアルやエグゼニミルやら呼び出して殴りかかったら、一瞬で終わってしまった……。デストリアキャップとチョコボシャツといういい加減な格好だったというのに。ソロでやった方が緊張感があったかもしれない(笑)。

 ストーリーの方は、超序盤というところですが、早速トリオン様が弟に喧嘩ふっかけたり、教皇様が怪しさバリバリの言動をしていたりで、先が気になりますね〜。
 王家の争い、裏で陰謀を巡らせていそうな宗教家、亡くなった王妃と浅からぬ縁のありそうな謎の騎士、と、サンドリアのミッションはまさに王道ドストレートファンタジーという感じで楽しみです。なんか古き善きダンジョンズ・アンド・ドラゴンズのRPGシナリオみたいだよね!
posted by さとみん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2015年12月25日

騎士の国の青い魔道士

merrystarlight.jpg
 メリースターライト、さとみん版!
 おめでたい亀と撮影してみました。カメさん、意外と落ち着きなくて、一緒に撮るまでえらい時間がかかっちゃったよ(笑)。

 さて、バストゥークミッションが終わったので、サンドリアに移籍してミッションを始めてみました。
 そして、青魔道士のレベル上げも始めました!

 バストゥークのミッションは、普通に白魔道士でクリアしたのですが、まぁIL119なんで苦労らしい苦労は全然なくてですね。フェイスは呼ばないでソロでやったのですけど、普通にどの敵も鈍器で殴り倒して終わった(笑)。
 それはそれでスムーズでいいんですけど、何となくさみしい感じもしてきまして。なので、サンドリアミッションはレベリングと並行しつつ、本来の推奨レベルくらいでやってみようかという試みです。
 サンドリアらしく、ナイトとか竜騎士でプレイすることも考えたのですが、「ナイト→ワークスのバイトで76くらいまで上がっちゃって、すごい中途半端」「竜騎士→Lv10なんでちょうどいいけど、重装備で今までの装備が全然流用できないからカバンが死にそう」という理由であきらめ。で、コンテンツに出す出さないは別として、そのうち上げようと思っていた青魔道士をここでやってみることにしました。
 え? 風水士とか学者とか詩人を仕上げるのは後回しなのかって? 並行でやればいいんだよ!(逆ギレ)

 という訳で、この間のジグソーパズルとかでもらったモグチケット虹で引き換えた、デストリアキャップとチョコボシャツの出番です。青魔法スキルを上げるためのモーグリさんとダブルリフレシュで、全然MPがなくなりません。素敵。
 とりあえずは最初のミッションということで、オーキシュアクスを取ってこい!というやつは、ロンフォで走って殴ったら出たので即終了。そういえば、武神様の限界クエで要求された時も、即ドロップで終了した覚えがあるな……(笑)。
 次の、ランペールの墓荒らしの証拠の品を取ってこいというやつが、夜しかポップしないコウモリが落とすアイテムらしいのですが、まぁこれが何故か出ない。全然出ない。時間切れになって今日は終了。しかしまぁランペの邪魔な敵を殴ってただけで、あっというまにレベルは15になりまして、この分だと青魔法ラーニングで地獄を見るような気がします。
posted by さとみん at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2015年12月16日

ヒロインはヒゲと子ガルカ

 4月以降のVUについて、松井さんから正式な発表がありましたね〜。基本的には、前に話していたことの詳細という感じでしたが。

 月替わりのバトルフィールドは、幅広い難易度とバリエーションを用意してくれるとのことで、ソロでもLSメンバーでもできそうで楽しみです。
 こないだのもぎヴァナを観てた時の、Twitterのコメントを見ていたら、意外と「醴泉島装備なんて取れない、関係ない」と言う人が結構いて。確かにソロオンリーだとCL120以上コンテンツドロップの装備が取れる機会がどうしても減ってしまうよなぁ……。となると、結構チャレンジできるコンテンツ自体が少ないと思っている人が、想像以上に多いのかなぁ……と思いました。
 そういう人も楽しめる難易度なら、遊ぶことが増えてよさそうですよね〜!
 あと、エミネンス・レコードに絡めてのストーリーも追加されるそうで、そちらもどんな感じかワクワクです。ヴァナにはまだまだ明かされていないお話がありますものねぇ……。エミネンス・レコードのあのパーティメンバーも気になるし!
 しかし、こんなに追加されていくことを考えると、もはやメジャーバージョンアップという言葉にこだわる必要なんてない気がするな(笑)。

 さて。
 こつこつ進めていたバストゥークミッションをコンプリートしまして、ランク10になりました! もちろん椅子も入手です。称号が「英雄なき時代の英雄」になりまして、かっこいいですねコレ。

以下ネタバレ。
posted by さとみん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2015年11月16日

希望の旅は続く はるかとこしえに

 リンクシェルのメンバーで、ついに、「ヴァナ・ディールの星唄」最終章をクリアいたしました。

 いやぁ……本当に、いいおはなしでした。素晴らしい時間でした。
 なんというか、どこから感想を言えばいいのか。何もかもについて語りたい。話し出すと止まらなくなりそう。
 そして何を言ってもネタバレになる勢いです(笑)。

 ええと、ラストバトルですが、青青シ踊白コ(2アカ)でチャレンジで、何とか全員戦闘不能になることなく一発クリアしました。
 ダメージが結構大きいのでケアルの回数も多く、ひさびさにMPを気にしながら最後にバイルエリクサー飲んでました。
 とはいえ、凶悪な状態異常が範囲でばらまかれる訳でもなく、ギミックとしては物理吸収と魔法吸収のモードがあるくらいで、幅広い攻略方法がありそうな感じでしたね。たぶん、よっぽど極端な6人同ジョブ編成とか、エミネン装備はあるけどスキル真っ白、みたいな人でもない限りは、「苦労しつつもクリアできる」といういい感じの難易度になっているんじゃないでしょうか。まぁそういう人は、途中で詰まってラストバトルにいけないから大丈夫か(笑)。アドゥリンミッションの「水門の奥へ」をクリアできるなら大丈夫……だと思います。恐らく。

 実装直後の週末ということで、久しぶりのシュッシュオンラインでしたが(笑)やっぱりこれくらいのことがあった方が盛り上がるよね! という感じであまり気にはならず。ナイズルと違って1回で終わるものですしねぇ。
 夜10時半くらいからトライして、「11時になっても入れなかったら日を改めよう」とあらかじめ決めていて、10時50分でもダメで、こりゃ今日は無理かなーと思っていたのですが、なんと10時57分で突入できました(笑)。これはたぎる展開!
 うおおお急いで動画を録画だ!と録画ボタンを押したものの、何の因果かここで録画ソフトが強制終了。という訳で、最後の戦闘とムービーを録画することは叶わず……。まあ、心に深く刻みつけたからいいのさ。
 むしろ、動画ソフトがFF11を巻き込まずに単独強制終了してくれたことに超絶感謝です。落ちる時にはよく一緒に落ちるので。あそこで切断してシュッシュしなおしとかなったら、ほんとに平謝りするところだったわ……。


以下ネタバレ。
posted by さとみん at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ミッション

2015年08月20日

星の唄がふたたび聴こえる

 さとみんの星唄ミッション、現在実装分まで終わりました!
 LSメンバーがいる時にぼちぼちと進めましたが、ええっと戦闘は、LSの大王様(仮名)のしもべトカゲさんと師匠(仮名)のサベッジブレードで全部瞬殺でした……私いる意味あったのだろうか……(笑)。
 小鳥さんは、アトルガンやアルタナのミッションが全然進んでないので、進行には時間がかかりそう。さとみんと違うバージョンの台詞周りが見られそうなので楽しみです。


以下ネタバレ。
posted by さとみん at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2015年05月18日

星の唄が聴こえる

 という訳で、「ヴァナ・ディールの星唄」も始めました。まさにこれまでの集大成という感じで、今までのミッションに色々と絡んだ話になってきてますね。
 さとみんの方は、「世界の終わり〜」以外はほぼ全クリア状態なので、いかにも「今までヴァナ・ディールで活躍してきた冒険者についに究極の試練が」という雰囲気で味わっております。
 小鳥さんの方は、当然ながらまだまだ駆け出し状態。なので星唄の進行に合わせて、色々なミッションを進めていくというノリになりそうです。そうなるとこっちは、運命的宿命的な雰囲気になりますね。この雰囲気の違いを楽しみたいので、小鳥さんの方でも星唄に着手して、とりあえず今は第一奏までやっております。HPワープがすごい安くなって、嬉しいような、贅沢なような(笑)。

 報酬でもらえたザイドIIさんを早速呼び出してみたら、何と素顔!! そしてナニコレめっちゃ強い! ノーマルザイドさんのグラウンドストライクがほどほどのダメージなのに、こっちのグラウンドストライクはヨルシアのトレント相手にもりっとHPを削り取る上に、リゲイン持ちなのか連打するんですけど!?
 ライオンIIも、ヘイスト上限突破クァッドストライク常時発動かよってくらいの勢いでばりばり攻撃するわ、空蝉を壱も弐も使うわで、ジョブポ稼ぎの強い味方となりそうです。

 毎度おなじみ、アイテム取りは、個人的には苦労しませんでした。
 さとみんは、LSメンバーと3人で一緒に、コンシュの蜂でやってました。金曜昼で、コンシュに14人くらいいましたか。3人でおしゃべりしながらやっていたせいか、20分くらいで3人分揃いまして、あれあっさりしてるなーと思ったくらい。
 小鳥さんはマウラの方で受けまして、タロンギのマンドラをレベル12の暗黒騎士で倒してたら、26体目で揃いました。こちらも30分くらい? 暗黒騎士がレベル17になってホクホク。
 実装直後はそれなりに壮絶な取りあいになってたみたいですが、ちょっと週末を待っただけで、人もいない状態でじっくりできましたので、やはり取りあいがイヤという人は無理に直後に始めてイライラしてフォーラムに文句を書くよりも、ちょっと待ってからゆっくりやった方がストレスなくできると思います。
 なんというか、色々便利になったのはいいけれど、冒険者側のストレスをあしらう能力というか、ゲームにつきものの苦しさをどう自分なりに消化していくかという部分がだんだんと衰えて、自分にとって不愉快なところは何でも運営に文句を言うという、冒険者ではなく観光客のノリになってるような気が、ちょっとしないでもないです。まぁ、その辺は個人の感想です、ってやつですが。

 その後ノーグへ向かう……のに、わざわざ用意された船を使わずにWaypointワープを使ったせいで、イベントが進行せずに右往左往しました……(笑)。
 教訓。「ワープに頼りすぎてはいけない」

 今回はミッションの説明テキストに、次に何をするべきかがだいたいほのめかされているので、「次どうしたらいいのかわからない!」という場面はほとんどなさそうですね。唯一、アレが逃げて追いかけるところが詰まりそうですが……。今は人が多いので、ポイントに人が集まってて、むしろネタバレ状態ですけど(笑)。
 そんなネタバレ話は折り畳み後で。


以下ネタバレ。
posted by さとみん at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2014年08月29日

愛するアトルガン 神々の好きにはさせん

 超今さらですが、アトルガンミッションをクリアしてきました!
 えー……ミッションを進行していたのは何年前なんだろう……色々な事情で中断してから、すっかり止まってしまい、オーディンもアレキサンダーも取得していないていたらく。
 ちなみに言うと、アサルトもナイズルしかやってなかったので中尉止まりです。なんか、アトルガン華やかりし頃って、蝉盾全盛で白魔道士があんまり呼ばれない時期だったこともあり、パーティが必要なコンテンツに全然手を出してなかったんですよね……。フレンドさんとペット狩りとかワモ狩りばっかりしてた気がする(笑)。あれはあれで楽しかったのだけど。

 ですが、ここらでアトルガンミッションもちゃんと見ておかねばならんでしょうと一念発起いたしました。遠い遠い先のことでしょうが、いつかはヤグルシュを手に入れる日も来るかも知れませんしね!(ボナンザで当てることしか考えてませんが)

 かつては猛者たちを薙ぎ倒しまくったアトルガンミッション戦闘も、今ではソロで余裕のクリアです。
 あ、社長接待ミッションだけは苦労しました……。5回くらいリトライしました。社長がすぐ倒れてしまうもので。結局最後は獣/白で出動して、ねばねばジェラルドさんにすべてのタゲを集めて社長をケアルすることでクリアしました。ほんと、社長には困ったものです。アブクーバは何故あんなにナジャ社長ラヴなんだろう。ストーカーだし、SM的な関係性があるんだろうか……。

 社長接待を乗り越えてしまえば、かのアレキサンダー戦もそれほどの難関ではなく。物理耐性と魔法耐性がつくということで、両方の攻撃に対応できるよう赤魔道士を久しぶりに引っ張り出し、ウェフェラローブ一式と色々なコンテンツで拾っていた片手剣とエミネンダガーで殴り倒しました。

 ちなみに、もうひとつ苦労したのが、最後に皇宮に報告に行く時の服装でした(笑)。当時の「高級な服」はみんな現役を退いちゃって倉庫に送っちゃってたよ! とりあえず詩人用のシャイルマンティルで出席できました。
 報酬はバルラーンリングです。魔法命中アップは大事ですよね! 今後アサルトもやらないといけないので、役に立つかなー。
 ネタバレの話は追記にて。
以下ネタバレ。
posted by さとみん at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2014年02月24日

バハムート様は超手加減してくれました

 プロマシアミッションの後日談、そしてジラートミッションと合わせての完結編になる連続クエストの頭、「日輪を担いて」をオファーしっぱなしだったもので、プリッシュもウルミアもタブナジアに帰ってきておらず、フェイスが取得できません。
 という訳で、今なら案外ソロで何とかなったりするのかしらと、忍/踊でリヴェーヌのBFに突撃してみました。

 戦う敵はバハムート様。メガフレアとかを一定時間で使ってきたりするそうなので、シェルとか回復とかを期待してクピピさんとテンゼンさんを呼んでBFに突入してみたら、まあ当然なんですがフェイスはきれいさっぱり消えてましたー!(笑)
 しょうがないのでたった一人の戦いを始めたのですが、まあ結論を言えば、あっさりと勝ててしまいました。

 バハムート様の魔法は、大半が殴っていたら詠唱が止まってしまい。メガフレアは、レジストすれば300ダメージ以下、1回レジストできなくてごそっと半分くらいHPをもっていかれましたが、ケアルワルツの連打で何とかなりました。踊り子で突入すればもっと楽だったのかなぁ。とりあえず、ケアルワルツ用にTPは基本温存したので、WSは1回しか撃たず、通常攻撃で削り切りました。

 私のへっぽこ忍者も、メナスインスペクター装備を色々突っ込んだおかげでだいぶ強化されてはいるのですが、それがなかったとしても、FoV用の葉っぱプロシェルをかけて、バイルエリクサーとか持って突入すれば、ほぼ問題なく勝てそうな気がします。
 うーん。強くなったのはいいけど、18人でないと倒せないような時期に経験できたら、それはそれでもっと思い出に残ったのかもなぁ(笑)。
 まあ今回は、バハムート様は全然本気出してなかったと、脳内補完しておくことにいたします。
posted by さとみん at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2012年04月18日

未来タッグの最後の仕事

 そろそろ明星の人工アートマが欲しくなりまして。アビセアで忍者ソロをやるのに、魔法が痛い敵を相手にするとなると、魔法防御力大幅アップの明星はやっぱり便利です。
 という訳で、長らく引っ張っていたアルタナミッションをクリアすることにしました。何という動機。すみませんアルタナ様。

 アルタナミッションはフレンドさんと二人で進行していて、最近フレンドさんがお仕事の都合でなかなかログインできなかったのですが、何とか無理を言ってログインをお願いし。とりあえず冥護四人衆の戦闘からですよー。
 シ/踊と赤/白で、4人の敵を相手にするBC。スリプルが入らないので、基本殴られつつの戦闘です。シーフさんにターゲットをお任せして、敵を倒す順番は踊り子→ナイト→ガルカ→四人目のアレ、ということで。四人目のアレのWSや装備は、最初にBCに入った人のものが反映されるので、今回はフレンドさんが素手+上半身装備なしでイン。
 最初、踊り子に弱体を入れたらタゲが私の方に向かってきたりして、ややふらつきましたが、特に大ピンチはなく全員倒せました。一番のピンチは、踊り子のメランコリージグの死の宣告……。聖水がなかなか効かなくて怖かったよ……。カーズナのリキャストが大幅短縮されたバージョンアップがなければ危なかったかも知れない。踊り子さえ倒せば、硬いだけのナイトを慌てず削り、両手根を百烈拳で振り回す恐怖のガルカをバインドして逃げ回り、四人目のアレの無双阿修羅拳をシーフさんが回避しまくって、で何とかいけました。シーフさんは大変だったと思う……。私は弱体してケアルして精霊撃って終わりでした。

 ラスボスの前には、各地で回想をしなくてはならないのですが、その回想ポイントが過去の王の間にあったりして、回想という言葉のロマンティックなイメージどころではない騒ぎに。かつて無影大王討伐で通ったものの、その記憶はかなり薄れ、迷いまくり。思い出せ、無影大王のあの苦労を!
 ……あれ、そういえばあの時は私が闇王の分身消すの失敗して負けたんだっけ……(イメトレに失敗して急に弱気)
 シーフさんが一回戦闘不能になりましたが(汗)王の間にたどりついて何とか回想クリア。

 ラスボスBC「翼もつ女神」は、もはやFFシリーズのお約束、変形しての2連戦な訳です。
 白ソロで勝利した猛者もヴァナにはいるそうですが、私には絶対無理(汗)なので、獣/白と赤/白で行きました。ペットはシャズナたん。
 ボスは通常攻撃が空蝉貫通の魔法攻撃ということで、シェルだけは切らさずにいこう、を合い言葉に突入。
 でまぁ、初戦は割と楽でした。弱体も普通にぽんぽん入るし。
 2戦目は、ボスが技を使うと配置されるお邪魔オブジェが、スリップダメージを与えてきまして、位置の調整が難しいシャズナたんがこれで結構削られて、厳しい戦いになりました。持ち込んだアルタナムルスムが尽きたところで、本体のフレンドさんが殴りに入り、私も連続魔サンダーIVを投入。シャズナたんが倒されるのとほぼ同時に、フレンドさんの斧がトドメを刺して、23分弱でクリア!
 最大の敵は……夕飯の時間になってフレンドさんをえらい勢いで召喚していたご家族だったかも知れません(汗)。


 という訳で、何とかアルタナミッションをクリアしました。2人で倒せはしましたが、なかなかの激闘になったので、結構いい難易度だったなぁと思います。99レベル6人パーティだとあっさりすぎかも知れませんね。
 あと私が、最近赤を鍛えてないので、もっと真面目に赤用の装備とマクロを揃え、赤/黒で行って削りを積極的にしたら、もっと楽に行けたかも知れません。まぁこれは今後の目標といたしましょう。

 クリア報酬は胡蝶のイアリングですが、まだオーグメントに迷っているので引き換えてません。
 白で使うなら、魔法命中とリフレシュですが、白はロケイシャスとラウンデルピアスが固定だしなぁ。ケアルしない時に常備する用にしてもいいんですが、着替えマクロが足りるだろうか……。
 赤黒用だと、魔法命中よりは魔法攻撃でしょうけど、最近赤黒はあまり出していないのと、こちらも暗黒の耳とモルダバイドピアスとロケイシャスピアスが定位置なので、それを置き換えてまで……という感じがないのが悩むところ。
 忍者用なら攻撃か命中と、リゲインで決まりですが、忍者の耳もなぁ……伊賀耳飾とブルタルとミュージックピアスがあって外しにくいところ。リゲインは魅力的ですが……。
 といったところで、どれも悩むところで決まっていません。もう少し、「やっぱりこれが必要!」という場面が出てきたら、引き換えることにいたします。
 クエストのストーリーについては、追記の方で。

以下ネタバレ。
posted by さとみん at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2011年06月21日

「黒天、閃電」クリア

という訳で、ガツガツ進めておりますよアルタナミッション。正直いやな予感しかしてませんが、進めなければ幸せな未来も見えてきませんから!

次のBFは、なんと過去ズヴァール城の王の間で、リリゼットと一緒に2人の敵と戦うもの。
過去ズヴァール城王の間と言えば! かつて無影大王討伐で、途中の道で絡まれて死んだり、闇王の分身消しに失敗して死んだり、闇王を削り切れなくて失敗したり、何かもう辛い思い出が次々くる訳ですよ! くそぅ、これもレディ・リリスの幻術による妨害か!(さすがにぬれぎぬです)

何しろ途中には、見破りありのインプやタウルス、リンクしまくる上に回避の高いガーゴイルやアーリマンなんかがうようよいる訳です。絡まれたらどうしようと思いましたが……1度も戦闘不能にもならず危ない場面なく切り抜けました。私はインビジを一切切らず、フレンドさんに全ての扉操作を任せるという素晴らしい寄生頭脳プレイによって。まぁ、たまにガーゴイルが絡んできても、もはや楽敵なので、ナズナたんが頭突き一発で掃除してくれるんですけどね。

BFは、強化持ち込み不可。ただし、一度入場してイベントを見てから、いったんBFから退場し、もう一度入る時には強化が持ち越せます。なので今回は、一度出て強化しなおしてMPヒーリングしてから突入。取り残されるリリゼット可哀想頭脳プレイ再びです!


こちらは獣/白と白/赤。
今回の敵は、1人が魔法主体で、HPが減ってくるとなんとデスを使ってきます。幸い、リリゼットがデス無効なので、彼女にタゲを預けていれば大丈夫。という訳で、今回の戦術は、リリゼットにもう1人の物理系の敵を倒してもらうまで、私が魔法系の敵をマラソンするつもりでしたが……
いやあの、どたばたしちゃって、リリゼットが魔法系の敵にまっしぐら(笑)。物理系の敵もリリゼットにまっしぐら。2対1で殴り合うリリゼット。

まぁ、思ったより敵はやわらかくて、特に物理系の敵は、ナズナたんに攻撃されたらみるみるうちにHPが減ってしまう感じだったんですけどね。

ただ途中、リリゼットのHPの減りはかなり危険な感じでした。ケアルVを連打連打。最初はリフレシュを自分にかけてましたが、もう途中からヤグドリごくごく。1回コンバートを挟み、そしてMPが残り300くらいになったところで、倒しました。スーパーエーテルとかも一応持っていったんですが、ぎりぎり使わずに済みました。


そして物語はついに驚天動地の展開へ。
あ、そうだそうだ、冥護四人衆の最後の一人(笑)は全然予想してなかったので、「へーそうなんだー」って感じでした。怒りとか恐怖とかいうより、「……何やってんのアンタ」と、子供の頭をはたく気分になりました(笑)。うちの子が迷惑かけてすみませんすみません、みたいな。
その他はネタバレになってしまうので、追記の方で〜。


以下ネタバレ。
posted by さとみん at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2011年06月18日

「殲撃、響きて」まで、あるいはラジュリースとレディ・リリスにイラっとする理由

 という訳で、アルタナミッションもずっと戦闘で止まっていましたが、再開しました。レベル上限が90になって、少人数でも結構クリアできるようになってきたので、時間の合う時にフレンドさんとこつこつ進めてます。

 途中の戦闘・レイヤーイベントダイジェスト。

「黒き奸計の尾」
 獣使いさんと、私が赤/黒で。雑魚デーモンわらわらと、ボスデーモンが出る戦闘。ボスデーモンを倒すとクリア。
 最初ナズナたんのシープソングで雑魚デーモンを寝かせようとしたものの、何故かうまくいかず。一回全滅したので、私がデーモンを発生させたらストンスキンで耐えつつスリプガ、坂の上まで雑魚を引っ張ってマラソンしている間に、ナズナたんと獣使いさんのランペがボスをぶちのめして終了。

「囚われの迷宮で」
 ソロで、白/学で突入。途中のゴブリンを1体がんばってしばき倒し、ネズミ花火を追加購入して爆破しまくってクリア。

「禁断の口」
 ソロで、白/学で突入。これはきつかったー。3回くらいリトライして、5回くらい戦闘不能になりました。
 一緒に戦うNPCが倒れると失敗&NPCが強いのでNPCにケアルしまくって倒してもらうやり方をしたものの、途中で現れるお邪魔キャラがステータスを全部1にする凶悪技を使ってきてしんどいこと。さらに敵が、レベル?ホーリーというのを使ってきまして。1と2と3と5の倍数であるレベル90だと、4/5の確率でくらうじゃないですか! 倒れまくり。
 クリアした回は、結局レベル?ホーリーがあまり来なかった(しかも運良くレベル4ホーリーで不発)のと、お邪魔キャラが3回出現した時の3回目の時が、何故かNPCにケアルしても全く手出しをしてこない状態になり、放置できたのが勝因。立ち位置の問題かな。お邪魔キャラの斜め後ろでケアルしてたのですが、うまく視界から外れたんでしょうか。うーん、謎。
 あ、MPが絶望的に足りなくなるので、食事はジンジャークッキーでヒーリングしまくり、ヤグドリをがぶのみで机上演習はナシ(ヤグドリのリフレを消してしまうので)。

「雪上の嵐:翠」
 次々獣人がわきまくるのをちぎっては投げちぎっては投げする、いわゆる無双戦闘。
 まずは獣使いさんがサポ踊で、私が赤/黒で突入。……が、スリプガする私からタゲが離れず、どうもナズナたんのシープソングが不発で(ナズナたんが強過ぎて発動する前にタゲってる敵を倒してしまい不発になるぽい)、私がボコられて各個撃破されてしまう。
 という訳で、シ/踊に着替えていただき、イオリアンエッジでタゲとり&雑魚一掃、私が回復しつつスリプガで補助、という感じにしたらうまくいきました。獣の場合は、幸運のルルシュ(白兎たん)の爪旋風脚でタゲとりがいいみたいですが、たまたま持ち合わせてなかったもので。

「雪上の嵐:藍」
 24人のNPCに順番に話しかけるととんずら状態になるので、とんずらを維持しつつ全員に話しかけるミニゲーム。
 これもキツかった……。私はほんともう、この手のミニゲームがダメでして、前の星芒祭イベントのスマイルブリンガーブートキャンプも、フレンドさんの後を追尾するというイカサマによって帽子をゲットしたくらい。
 何回か、手分けして走ったりしてみたのですが、大体私が虎に絡まれてダメダメクポーになるので、結局フレンドさんが一人で走り、私は寄生……も、もとい、地図を見ながら走る方向を指示する係をしました(滝汗)。ち、ちがうよ、役割分担だよ!

「闇の牙城」
 獣/踊と赤/黒で。最初にオークにシープソング。私は一応デーモンのガ系魔法のスタン……でしたが、なんか役に立ってたんだかどうだか。結構あっさり勝ててしまいました。


 とまぁ、こんな感じで、一気に進めてます。
 ミッション自体は物語が佳境に入り、かなり我々主人公側が大ピンチな感じです。うわーーどうなってしまうんだーー。
 という訳でストーリーはネタバレなので追記の方に。
以下ネタバレ。
posted by さとみん at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2010年09月15日

クローン・タルタル部隊

 フレンドさんにアビセア-ミザレオに連れていってもらったりしつつも、私のリアル都合でなかなかまとまった時間が作れず、未だ限界は突破できていません。
 地道にやらなきゃな〜今夜は軽鴨の君が帰ってくるまで、ゼオルムでワモプリ退治でもするか〜と白門に向かったところで。
「シャントット帝国のタルタルクローン戦やりませんかー!」
というshoutが!

 あ、ちょうどここで止まってたなぁ……え、後衛まだ空きがありますか。行きます行かせてください!
 まぁ実際にはこんな光の速さでtellした訳ではなくて、大丈夫かな……大事なものなくしてたりしないよな……どうしようかな……と逡巡してからのtellだったのですけど。でも無事に入れていただくことができました。
 トライマライ水路で豪快に迷子になったりもしつつ、何事もなく順調に!(反論を無視するさわやかな笑顔)満月の泉に集合です。編成は戦竜侍白赤黒(私)。

 戦術はまぁ、タルタル6人を、赤黒白で精霊の印スリプガで寝かせつつ、順番に倒していくスタンダードなやり方です。
 私以外は全員レベル85……私の黒は、先日こっそりカンパニエで80になったものの、経験値は453とかで一回でも倒れたら79です。まぁ、この戦闘では幸い経験値ロストはないんですけど。

 始めてみると、85前衛ズの火力は凄まじく、あまり危なげない感じでどんどん撃破できました。赤のスリプガII→黒のスリプガII→白のスリプガIIのリレーも順調。
 前衛さんががんがんと倒していってしまうので、精霊魔法を詠唱してる間に敵が倒れる感じでした。とほ。
 なんだかんだで、7分台でクリア。ベストタイムを更新です。


 どうも、新しいアビセアではクリアしたミッションやクエストなどによって、付けられるアートマが増えるとかで、ここへ来て追加シナリオの需要が高まってるみたいですね。この波に乗って、石夢もシャントットもクリアできるか!? ……まぁ、移動速度アップと決まってるシャントットはともかく、石夢は報酬何にするか未だ決まってないのですけど。
posted by さとみん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2009年12月01日

呪縛ほどけるとき

 プロマシアミッションの後日談を全て見て、感動のエンディングイベントを見て参りました! いやぁ、ほんとによかったわ……。しみじみしてしまいました。

 某さんから説教臭いお言葉とともにいただける報酬リングは、タマスリングにいたしました。INTとMNDとMPをブーストし、敵対心も下げる後衛用の指輪です。かなりオンリーワンな性能のラジャスをとっておくか、一瞬悩んだのですが、まぁ前衛ジョブでパーティに行くことは恐らくまずなさそうですし、やはり普段使えるものがよいでしょうということで。どうしても悩んだら取り直せるしね!(笑)

 最後のイベントは、あのオープニングに登場する場所に向かう訳ですが、途中のロックや大羊が75でもとてとてとかの強さで、しかもアクティブなのをすっかり忘れて、坂道を無邪気に走り出してボッコボコにされ(笑)1デスを記録しました。
 思い出の場所にすらこんな罠が!なんて恐ろしいんだタブナジア(笑)。
 幸いちゃんとリレイズIIIもかけておりましたので、その後はきちんとインビジして、衰弱回復してから進みました(笑)。
 LSのふみえさんはフォモルに囲まれて感動のイベントを見た(笑)と言っていたので、私はちゃんと明け方に当地に向かいまして、朝日を浴びながら美しい歌を堪能し、帰りました次第です。

 イベントの感想はオールネタバレになるので、以下折り畳み部分にて。


以下ネタバレ。
posted by さとみん at 21:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ミッション

2009年11月29日

 今日は豆モンクさんのぶんの「天使たちの抗い」「暁」の日。
 手順も戦闘もわかっているから、余裕だよね!……なーんて思っていたら、そう、大変なことになる訳ですが……。

 まずは天使たちの抗いBF戦。
 また囮戦法でNMを引きつけていただき、その間に抜ける作戦で何とか突破。囮の主催さんにレイズ3をし(涙)BFの場所まで進みます。
 豆モンクさんにBF突入してもらい、さあ行くぞ!
 ぽち。

 光の収斂前まで戻りますか?
 やめる

 あれ、なんだこの選択肢。あそこのBFって「光の収斂」なんていう名前だっけ?
 と思いつつ押してしまうと……

 ええええええ何かBFへ突入する部屋の外にワープさせられたああああ!

 ……あそこでは「戻る」ではなく「やめる」を選択し、もう一度調べるとBFに入る選択肢があった模様です……。
 一度BFに入ってしまった面々は戦闘不能になるかクリアするかしないと出られないため(号泣)黒さんにエスケプで出てもらうことに。
 ……はい、フ・ゾイの王宮入り口のアル・タユまで戻されました。

 泣きながらもう一度NM扉を通り、BF前へ。
 それにしても、あんな選択肢は罠だよ!
 我々がどたばたしている間に、別のパーティがBFに入っていったので、しばらく見学。一度全滅したもののちゃんと蘇生して無事クリアした模様でした。

 で、我々の番です。
 やはり、一度起きてしまった壺は印がないと寝てくれないため、どうしても黒を倒した辺りでじり貧になって倒れてしまいます。今回は私がケアルヘイトを稼いでしまったのか、殴られて倒れてしまい、その後次々とみんなが倒れ、最後に豆モンクさんががんばって赤壺を削っていたのがかっこよかったです。
 一度全滅したものの、ちゃんと蘇生可能な場所に倒れたので、起き上がって衰弱を回復。またも黒魔ズの古代II2連射で台座にいた壺を削りきり、最後は余裕の勝利でした。
 ところで、台座に戻った壺はHPを回復する……という話でしたが、今回は回復していたように見えませんでした。台座から離れた段階で、リジェネが始まるというだけなのかなぁ? それとも修正されたのかしら。


 そしていよいよ暁へ。
 昨日の戦士上げでたんまり貯めたエーテルと、前に買ったバイルエリクサーをにぎりしめ、いざ突入です。
 編成はナ/忍、モ/忍、青/忍、コ/白、赤/白、白/学。
 こちらの準備が終わってないのにプリッシュが突っ込んじゃってどたばたしたりしましたが、第1形態は普通に削りきって勝利。
 第2形態は厄介な範囲技を多数使ってきます。
 今回、うかつにもケアルで近寄った時に、範囲アムネジアと範囲静寂をくらってしまい、途中の私は何もできない子になってしまいました(泣)。
 前衛陣はものすごい勢いでハイポを消費しがんばりますが、このままではじり貧。ああ仕切り直しになってしまうのか……。
 そう思った時、あのお方の女神の祝福が炸裂! 続いてあの空を飛んでいる方のリジュヴァネーション(範囲MPHPTP回復)が炸裂!(回復って炸裂するものか?)さらにはコルセアさんのワイルドカードですべてのアビが復活!

 これで息を吹き返した我々。アムネジアと静寂はほどなく直り、最後は青さんのディセバーメントでとどめを刺し、感動の大団円になったのでした。

 ああ本当に長かったプロマシアミッション。でもこれでようやく終了です。まぁまだ世界クエストが残っていますけれど。
 ちょっと時間が遅かったので、モグキャップで飛ばしてもらった後、私は後日談を楽しみにログアウトしたのでした。
 振り返ってみればどたばたもあったけれど、予定通りに進んだ順調な進行だったんじゃないでしょうか。

 的確かつ冷静な指示と進行で我々を引っ張ってくださった、青の花嫁こと主催さん、
 体を張ってみんなを守り続けてくれたナイトことふみえさん、
 いつもここぞというワイルドカードで6を出してくれた猫コルセアことRさん、
 タルタルの最高にかっこいい夢想阿修羅拳と百烈拳で敵をなぎたおしてきた豆モンクさん、
 ある時は狩人である時は召喚士である時は黒魔で、変幻自在の活躍を見せてくれた大王様、
 バーストIIで立ちはだかるものすべてを粉砕してくれ、最後の戦いは赤魔道士としてみんなを支援してくれたチュニック姫こと古代士さん、
 そして何かとヘルプに来てくださった、LSやフレンドの皆様。
 本当にありがとうございました!
 次はアトルガンですね!(笑)


以下ネタバレ。
posted by さとみん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2009年11月22日

天使たちの抗い、そして暁

 と言う訳で、直前までどたばたしたものの、プロマシアミッション進行の会です。まぁどたばたしてたのは私一人なのですがね(笑)。
 前回、「天使たちの抗い」の黄昏の印と暁の印をとるところまで進んだので、今回はNM戦。今日はメンバーのうち豆モンクさんがおやすみですが、いるメンバーでとりあえず進められるところまで進むことに。
 道中の雑魚敵を殲滅しつつ、フ・ゾイの王宮3階H-8を目指します。Particle Gateというところを調べると、4体の壺(ゼデー族)NMと戦うBFに。

 途中の扉開けのNMは、すでにクリア済みの鮒師匠に再度応援を頼み、主催さんが生贄になっている間に(涙)扉を開けていただいて突っ込む方式で突破。
 さてBFの前まで無事にたどりついて……となったところで、鮒師匠に異変が。
「nanka nihongoga utenaku natta」
 いきなり謎のローマ字言語でしゃべりだす師匠(笑)。Capsキーを押すと直るはずだけど?
「KONNNAN DEMASHITA KEDO」
 大文字になってるうう(笑)。
 あれこれやるも直らないまま、とりあえず主催さんがBF戦の説明。
 すると……
「nanka okashiku natta!!」
 突然部屋の中を走り出す鮒師匠。
 どうやらキーボードがおかしくなったようで、勝手に方向入力されるらしく、自動で走って止まらないとのこと。師匠には悪いのですが爆笑の渦。
 結局師匠はいったんログアウトして、PS2で再ログインして事無きを得たのでした(笑)。

 ひとしきり笑ったところで、肝心のBF戦。
 4体のゼデー族のNMと戦います。入って手前の2体が赤とナイト、奥の2体が黒のジョブ特性があるようです。奥の2体は魔力の泉も使ってくるのですが、ただのスリプルやスリプガでは寝にくく、印つきでないと難しいとのこと。
 編成は、ナ青コ黒黒赤。印スリプガをかけて、黒2体から倒していく作戦です。

 が、壺なので固くて、消せないアイススパイクなども使われるために色々と手間取り、黒の壺2体を倒すのに意外と手数がかかってしまいました。そうこうする中で他の2体も起き出し、スリプルなどをするも全く寝ず。赤の壺のHPをあとわずかまで削ったところで、全滅してしまいました。
 幸い、黒はすでに倒しており、奥の方で全員倒れたので、無事蘇生。回復しつつ、相談です。
 このNMは、いったんPCが全滅して台座の位置に戻ると、また台座から動き出した時に即座にHPが回復してしまうらしいのです。しかし、動き出した瞬間にHP回復になるので、台座にいる状態でダメージを与えて一撃でHPをゼロにできれば、倒せそう。
 一撃……大ダメージ……遠距離から……あとは……わかるな……?

 という訳で、全員の衰弱とHPMPが満タンになったところで、黒魔、じゃない古代士たちが古代IIの詠唱を開始。何かの拍子で回復されないかとどきどきでしたが、無事に?赤の壺は台座から動くこともかなわずその場で破壊されたのでした。
 厄介な壺も、残り1体となってしまえばこちらのもの。ナイトさんが黒魔ズをかばいつつ、青さんと黒魔ズが強力な攻撃魔法を連打して、無事にNMを撃破。クリアいたしました!


 その後のイベントが、驚きの急展開。
 そしてついに、最後の戦い「暁」へ物語は向かっていきます。

 この時点で、時間が結構余裕がありました。
「どうしよう? ついでだし、お試しでちょっと暁のBF覗いてみようか」
ということになり、編成そのままで、試しに暁のBFへなだれ込んでみることに(笑)。
 まぁ準備もしてないし、勝てないだろうとは思いつつも、やるなら全力で行くぜ!という訳で色々強化をして突っ込んでみると……

 強化はBF入る時に全部消えました(笑)。
 消えないって言ってたのだれだ!うそばかりだネットの情報!(たぶん裏パッチです)
 まぁそれでも強化をかけなおし、戦いを挑むことに。

 一応ネタバレになるのでぼかしますが、このラストバトル、とあるNPC2人が味方として参戦します。この2人がねぇ、強いのですよ……。特にその、白とモンクの驚異のハイブリッドジョブのあの方。すごいWSをばんばん飛ばしつつ、ケアル5はするわ女神の祝福はするわダイダロスウィングは無限使用するわ(笑)。
 そんな訳で、第一形態のボスはどたばたしつつも倒せました。
 問題は第二形態。
 とりあえずナイトさんがマラソンしつつ、スリップで削ろうということになったのですが、敵の猛攻撃であっというまにナイトさんが戦闘不能。フィールドが広いうえに、背景が特殊なために距離感がつかみにくく、ケアルや魔法が不発になることがしばしばです。
 スタンはどうやら完全耐性があるようでレジレジ。その他の弱体魔法もフルレジ。さらに敵は、やまびこなどの通常の方法では回復不可能な範囲静寂などを使ってくるので、マラソンランナーを回復しようと近づいたりしてうっかり巻き込まれたり、といった事故が多発。
 先にも述べた通り、このBFは2人のNPCが味方として賛成するのですが、うち1人のNPCにはケアルができません。が、このNPCが戦闘不能になると強制敗北になります。今回は、どたばたしているうちに敵のメテオで全員戦闘不能、そのNPCも倒れてしまい、排出されることに。

 うーんうーん。さすがにラストバトル。厳しいねぇ。と言いつつ、お試しのつもりが、みんなのやる気に火がついてしまいました。
 よし!戻って着替えて、編成を立て直して準備もして再戦だ!!

 編成はナ/忍、青/忍、コ/白、黒/白、赤/白、白/学←私。コメットが空蝉で回避可能なので、ナイトさんもサポ忍です。
 どうもマラソンをすると、我々の場合いまいちうまくダメージを与えられないようなので、ナイトさんがガチで勝負。そのかわり他の面々は離れて、青さんもヒットアンドアウェイで。ナイトさんが倒れてしまった場合は、NPCを臨時の盾にしてしのぎます。各自ハイポーションやハイエーテル、プロエーテルなど薬品を買い込んで&引っ張り出しての挑戦です。

 この作戦がうまく当たって、順調に削っていくことができました。範囲アムネジアの範囲が広く、うっかりくらってしまったりもしましたが、いい感じです。
 青さんが連打を受けて戦闘不能になってしまったものの、リレイズで復帰。黒さんも容赦なく古代や高位精霊で削っていきます。私はひたすらみんなのケアルとヘイストを。
 そしてそして、ついに! ラストバトルに勝利! 感動のイベントとあいなったのでした。


 この後は、各地をめぐって後日談と締めくくりのイベント、そしてあのプロマシアミッションクリアのご褒美の指装備取得となりますが、来週豆モンクさんの分をクリアする予定なので、その後にとっておくことにしました。
 ので、ネタバレ感想なども、来週に。
 いやーしかし、プロマシアミッションをクリアできるとは思っていなかったので、感激しきりです。主催さん、そして参加してくれた皆様、ありがとうございました!
 次はジラートと、アトルガンですね!(笑)
 
posted by さとみん at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ミッション

2009年11月18日

「アルド暗殺計画」から「くじけ!甘美なる野望」まで

 という訳でシャントット帝国の続きです。

 無理矢理ドルチェ様からアルドを暗殺してこーい!と言われ、とりあえずアルドと会うのに必要な「黒革の手帳」を取りに、ノーグのI-8にいるAndroseという人に相談すると、モンスターの写真を撮ってこーいという話になりました。
 花鳥風月やパンクラを全然やってない私は、獣写器も封影板もはるか昔になくしていたので(笑)Androseから800ギルで買うことに。
 写真を撮影するモンスターはそれぞれのPCごとに違っていて、海蛇の洞窟の3種類のモンスを指定されます。獣人貨幣を使わないと開かない扉の向こうにしかいないモンスターもいるので、生息場所を調べておくのをお忘れなく。
 私はRoyal Leech(ノーグ周辺のその辺にいる)、Swamp Sahagin(ミスリル貨扉奥)、Devil Manta(金貨扉奥)となりました。

 インスニ状態だと写真は撮影できないのですが、敵対状態じゃなくても撮影はできるみたいです。失敗することもあるそうですが。もっとも金貨扉奥とかだと、75でも十分モンスに絡まれるので、どっちみち安全なところまで引っ張ってきて戦いつつ撮影、になりますけどね。
 ある程度モンスのHPを減らしてから撮影するといいとか、色々あるみたいですが、幸いにも私は全部1回で撮影成功でした。


 写真を渡して黒革の手帳をふんだくり、グスタフの洞門へ。
 F-10のOutcroppinなる緑文字を調べるとイベント、もう1度調べるとコンフロント戦闘となります。追加シナリオの「大量の雑魚敵と戦う」パターンのところですね。
 という訳で、ファランクスとストンスキンが使える赤にお着替え。フレンドさんも赤になり、赤二人で出撃です。

 戦うNPCは3人なのですが、こいつらが分身してくるのです。ある程度の数の分身を倒すと、本体も攻撃できるようになりますが、それまではひたすら分身を倒し続けないといけません。
 幸い、赤でストンスキンとファランクスIIを貼っておけば、ほぼダメージなし。すごい乱戦になって訳がわからずひたすら殴る状態です。
 そのうち本体も参入してきますが、相変わらず誰が誰やら(笑)。が、殴っても空蝉で攻撃を回避したり、あきらかに堅くて攻撃が通りにくいやつがいて、それが本体とわかります。本体とわかった後は、おもむろにそいつを集中攻撃。
 という感じで、ひたすら一生懸命殴ってたら、終わりました(笑)。


 戦闘に勝利するとイベント。
 で、その後ジュノの天晶堂に行ってアルドと話してイベント。
 あーだこーだで、ロ・メーヴに行くことになります。

 ロ・メーヴのB-10にあるEnsorcelled Doorを調べると、何やら六角形の穴が空いてるとのこと。これのカギとなる欠片を集めるのが次の指令です。
 この欠片は、聖地ジ・タとロ・メーヴにいるNMが落とします。しかもこのNM、全部で6体いるのですが、それぞれ通用する攻撃が違いまして、違う種類の攻撃をしてもダメージが入りません。さらに3分だか5分だかがんばっても倒せないと、NMは消えてしまいます(笑)。
 さらにジ・タのNMは全部アンデッドなので、夜しか沸きません。ということでちょうど夕方に着いたので、先にジ・タを片付けることに。
 各NMのポップ場所と有効な攻撃はFFXI Wikiさんをご参照ください(笑)。
 フレンドさんが色々な武器を使える戦士に、私は精霊が撃てて支援もできる赤で突撃です。
 大半のNMはそんなに強くなくて、ジ・タのNMはさっくり倒せてしまったので油断し、ロ・メーヴの土水氷闇系のダメージしか入らないゴーレムの時は思いっきりMP切れを起こしてしまって、殴られて戦闘不能になってしまいました。ゴーレムの攻撃も痛かったのに加え、離れていたエビがいつのまにか近寄ってきて殴られたのがいけません。フレンドさんが耐えている間にNMが消えてくれたのでよかったですが。ちゃんとその後、全回復してからリベンジしましたけどね(笑)。
 別の意味で苦戦したのは、遠隔攻撃しか通らないエビNM。最初は戦士さんがサポ忍でやってみたら時間切れになってしまいました。戻ってサポ狩にし、事前にその辺の雑魚エビでTPを貯め、サイドワインダーを駆使したら倒せました。


 そんなこんなで、どたばたしつつもロ・メーヴの扉を開け、囚われの身のあの方(笑)を救出。
 そしてトライマライ水路で大樹の星屑を集めることに。
 こちらも星屑の落ちてる場所は一定ですが、一定時間ごとにポップ場所が変更になるようです。またしてもFFXI Wikiさんを参考にどうぞ(笑)。
 幸い、今のディアボロスワールドはエーススプリンター!のハッピーパワーが発動中なので、足を速くして駆けずり回ることに。
 私がスニークのかけなおしで間違えてスプリンター切っちゃったりしたせいで(トホホ)かなり時間がかかりましたが、1時間半ほどで何とか全部の星屑を集め終わり。
 次はいよいよ、人が多くないと厳しそうなBF戦になります。人集めするか、shoutに乗るか、いい縁があるといいのですが。

以下ネタバレ。
posted by さとみん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2009年11月17日

「謎の召集令状」から「甘美なる指令」まで

 さあ!シャントット帝国、はっじまるよ〜!
 ということで、いよいよシャントット帝国を本格的に進めることにいたしました。

 とりあえずは「謎の召集令状」に必要なアイテムを集めることから。シャントット様ご所望の手土産の呪符キットはEx合成アイテムなので、材料を集めて自分で作らねばなりません。しかも材料も合成アイテムなので、ドロップ品を集めて、他の通常素材も買うか作るかする→そこから材料を合成する→呪符キットを合成するという流れになる訳です。
 ただ今回は必要なアイテムはすべて競売で買うこともバザーで買うこともできるので、面倒だったらお金払って解決という荒技もあるみたいです。

 必要なアイテムは、
靭皮紙2つ(木工の既存の合成品ですな、紙兵でおなじみ)
きれぎれの繭糸1つ(シャクラミの芋虫が落とす新規アイテム)
羊皮紙2つ(革細工の既存の合成品)
軽石2つ(グスゲン鉱山の骨が落とす新規アイテム)
黒インク2つ(錬金術の既存の合成品、これも紙兵でおなじみ)
魔力の血2つ(オルデールのコウモリが落とす新規アイテム)

 靭皮紙2と繭糸と土クリで「化粧箱」
 羊皮紙1と軽石1と闇クリで「上質な羊皮紙」これを2つ合成
 黒インク1と魔力の血1と闇クリで「魔法のインク」これを2つ合成
 
 化粧箱・上質な羊皮紙2・魔法のインク2・キットごとに対応した薬品で土クリ合成すると、呪符キットになります。
 薬品は「暗=暗闇薬」「毒=毒薬」「睡=昏睡薬」「黙=沈黙薬」だそうです。

 という訳で、フレンドさんと2人で既存アイテムを調達し、各地の迷宮へ赴きますよ〜。
 シーフ75と白75で行ってみましたが、ドロップ率はなかなかよいですね。素材が2個必要なのを忘れて軽石が1個ずつ出たところでオルデール移動しちゃって、引き返すということもありましたが(笑)30分ほどで全部そろいました。
 もう取り合いオンラインの時期は終わったようで、人も少なかったです。
 取り合いするような仕様を批判する声もネットにありましたが、このように実装からほんのわずか待つだけで取り合いは回避できる訳で、そんな文句を言うほどのことはないと思うんですけどね〜。「誰よりも真っ先にクリアしたい、でも取り合いはイヤ」というのもアレな気がしますし。

 キットの合成も無事に一発で成功。なんか錬金術上限9くらいのアイテムらしく、私の場合は20くらいまで上がっていたので楽でしたが、不安なら上げておくのがいいのかも知れません。


 そんなこんなで手土産が出来たところで、クフィム島H-7のTrodden Snowという緑文字にトレード。ドルチェ・シャントット様に謁見です。

 あーだこーだで、各地の召喚獣と戦う時のクリスタルにお札を貼ってくるはめに。
 六ヶ所あるうちの三ヶ所を回ればクリアだそうですが、数が多いともらえるお金が増えるということで(笑)目がくらんで六ヶ所回ろうとフレンドさんをつきあわせることに。

 クリスタルに行くと、弱めの召喚獣と戦うBFになります。レベル75ソロで大体勝利可能だそうです。
 私たちもシーフと白で行ってみましたが、確かに楽勝。途中召喚獣はアストラルフロウの技を使ってきますが、全部ストンスキンで吸収しましたので、その程度のダメージのようです。
 各召喚獣は最後に1回だけ、ための長い強いアストラルフロウを使ってきます。これを使う前は、HPが減っても倒せないのですが、使った後に倒せるようになります。これは前のよりは威力が高いとは言え、大したダメージではないです。1回だけ、シヴァ戦で248ダメージが来ましたが。ソロで行く人は心配なら、ハイポくらいは持っていくといいかもですね。

 何よりも一番面倒なのは、移動(笑)。召喚士が75の人は、例の試練・改の音叉技で即ワープできますが、我々はえっちらおっちら徒歩とチョコボを駆使しました。イフ釜と怨念洞が大変でしたね……。
 ともあれ、何とか報告して、ドルチェ様から5万ギルもらって、今日はここまで。
以下ネタバレ。
posted by さとみん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2009年11月15日

扉を蹴ってはいけません

 土日はリアル用事でどたばたと駆け回っておりました。
 おかげでずっと座りっぱなしだった黒太子売り子は、思ってた以上の収益が上がりまして、商品の補充にどたばたしたりして、ちょっとびっくりです。

 という訳で、今日の夜はプロマシアミッションの大詰め、「天使たちの抗い」前半です。
 奪われた輝きを取り返すために、種族塔を上っていかねばならないのですが、要所要所に避けられない敵がいっぱいいるため、大変です。
 今回は地図とりもすることになったので、すべての種族塔を上ることになり、かなりの時間がかかることになりました。

 またしても地図がない中、はぐれないようにひたすら主催さんの後をついていくという感じで、全然役立つ情報は掲載できません……ごごごめんなさい。あ、電撃の旅団本冒険編の地図は役立ったよ!

 基本的に赤さん黒さん部隊が、ひたすら各種睡眠魔法を駆使して、からむ敵を寝かせる→ワープでタゲ切りという感じで進みました。
 が、時々敵が大量になってしまったりして、赤さん黒さんナイトさんが戦闘不能になってしまう場面も(涙)。幸い、倒れたのはワープ前のところがほとんどだったので、レイズは楽でしたが。

 懸案のNM4体の扉は、すでにこのミッションをクリア済みの鮒師匠に開けていただきましたが、NMには思いっきり絡まれまして、またも戦闘不能者続出。次回はどうしよう……。

 とりあえず、全員輝きを取り返し、地図もゲットして前半が終わったところで、今日は時間となりました。
 長いプロマシアミッションも、いよいよ次とその次の戦いで、終わりとなります。まぁ世界もありますけれど。
 ところでプリッシュ、扉を殴ったり蹴ったりして開けてはいけませんよ……(笑)。
posted by さとみん at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2009年11月11日

「謎の召集令状」発生まで

 という訳で、シャントット帝国の陰謀、とりあえずさわりのイベントだけ見てきました。
 今週は土日両日がリアル用事が入っているので、急いで進めたところでクリアできそうにないこともあり、アイテム取り合いが落ち着いた頃に進行でいいかなぁ……などと思っております。まぁあんまり遅れると、今度は最終BF辺りの人集めで苦労しそうですけれど。

 で、イベントはウィンダス水の区から石の区に突入すると発生。
 その次に東西サルタバルタのどちらかに徒歩で出ると発生。これで「謎の召集令状」発生まで進みます。呪符キットを持って来いという話になりますが、私は呪符キット:暗でした。フレンドさんは睡だったそうです。
 この呪符キットはExで合成しないといけないのですが、材料はモンスターのドロップなので、これをとってくるといたしましょう。

 イベントを見た後は、マムのビシージに参加。恐ろしいことにナジュリスが前のマム戦から戻ってきてない状態で開始でした。みんな忙しくてそれどころじゃなかったのかなー。
以下ネタバレ。
posted by さとみん at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション

2009年11月08日

選ばれたのって?

 今日の夜は恒例のPM進行。「選ばれし死」です。今回はフ・ゾイの王宮の地図とりをかねるということで、ミッションは終わっているけれど地図のない鮒師匠も特別参加。青青モナコ黒黒白という結構な大人数です。

 基本的に、マップを先に進んでいって、扉を開けるためにもやもやした姿のNPCに話しかけ、護衛して連れて行き、ということをして、最後の一番奥のところで出てくるNMを倒して扉を調べてイベント、というものです。
 ごめんなさい、今回はマップがない中、ひたすら主催さんからはぐれないようについていくのが必死で、攻略の感じとか手順とか全然理解できませんでした。ので書けません……とほほ。
 ちなみにもやもやしたのは、我らがパーティでは「霊」と呼ばれていました。

 途中のモンスターでアクティブなのは見破りなので、隠密行動はとれず、とにかく殲滅して進んでいく感じになります。我がパーティが誇る黒魔道士、じゃない、古代士軍団が古代IIをぶっぱなしまくるので、戦闘時間は短いのですが、エボカーズロールをもってしてもMPの減りはいかんともしたがたく(笑)デヴォーションをリキャごとに使っていました。
 途中で球体のポイゾガをくらって霊のHPがもりもり減るという恐ろしい事態もありましたが(霊はケアルもポイゾナもできないのです)迷いつつも何とか目的地へ。
 最後のNMは、気合いを入れて臨んだら、弱くてあっという間に終わってしまいました。イベントを見て、終了です。

以下ネタバレ。
posted by さとみん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッション