2022年10月10日

白魔道士のことをちょっと書いてみる その1……かも

20220920-213315.58.jpeg

「三丁目のタルタル」めりめりさんの、魔導剣士とコルセア手引き記事が、めっちゃ面白くてためになったので、影響を受けてちょろっと白魔道士のことを書いてみようかと血迷いました。
 まあ、めりめりさんのような有用な記事が書ける気はしないので、みんなはむしろめりめりさんの記事を熟読するといいと思うよ!(笑)


★★★

■白魔道士はプレイしやすい

 白魔道士はいいぞ! 遊びやすいぞ! 皆もやるといいぞ!
 ……以上で終わってもいいような気がするくらい、私の言いたいことは上記1行で集約されます。
 2022年現在のヴァナにおいて、白魔道士をオススメする最大の要因は、とにかくプレイしやすいことです。

  1. 基本ジョブなのでモグハを開けたら2秒でジョブチェンジ可能
  2. 役割がキッパリハッキリしててあれこれ要求されない
  3. ジョブポがゼロでも役に立てるし、必要な装備を集めるのも割とラク

 特に、2の要素は大きいと思っていて、昨今のヴァナでは支援回復ジョブでも色々な役割を要求されるので、うっかり詩人やコルセアや学者を始めると、本来の支援目的以外の役割のために目が回るような状態になるのですが(サベッジ装備をかきあつめた詩人の記憶がフラッシュバック)、今のところ白魔道士は「回復しとけ!」で説明が終わるので、非常にプレイしやすいです。


■白魔道士は長期戦の回復役として揺るぎない

 白魔道士は、特化ジョブの最たるものと言っていいと思います。一に回復二に回復、三四がなくて五に支援、というくらい、とにかく回復役として揺るぎないジョブです。
 あらゆる回復魔法を備え、詠唱短縮装備やMP還元装備の種類も豊富で入手が容易なので、
「単体範囲関係なく、大ダメージが降り注ぐタイプの戦闘」
「1戦闘の時間が長くてMPがカツカツしやすい戦闘」
では比類なき輝きを見せます。
 過去の経験では、ウォンテッドのソベランベヒーモスやオーメン王戦、ダイバージェンスWAVE3などでは、白魔道士で呼ばれることが多かったです。
 あと、一緒に遊ぶメンバーの装備がそんなに極まってないと、ヘヴィプレイヤーが短時間飽和攻撃戦闘をやるような場面でも、ある程度じっくり戦うことになるので、白魔道士の長期戦の強さが輝いたりします。
 まだやったことはないけど、マスタートライアルとかでも必須なんじゃない?しらんけど。(むせきにん)

 ……しかし逆に言えば、この特化した役割ゆえに、あんまり呼ばれないコンテンツも結構あるのは弱点です(笑)。
 短時間戦闘が連続するコンテンツ(ダイバーwave1やジョブポ稼ぎ等)、MB戦法しかないコンテンツ(ベガリー等)だと、白の回復力は完全にオーバースペックになるので、学者さんが震天連携や範囲高位リジェネで輝いているのを横目に棒立ちするハメになったりします。
 まあ、コンテンツの性質によっては役目がないのは、特化ジョブの宿命なので、その辺はあきらめましょう(笑)。逆に言えば、そういった場ですでに輝くジョブを持っている人が、セカンドやサードジョブとして白をやるのは、よいチョイスではないかと思います。


■とにかく離れて状態異常を回復するのだ
 さてそんな訳で白魔道士を始めることにしたあなた。
 いわゆる「50/80装備」みたいな話はまた今度やるとしますが、駆け出しの白魔道士として必ず覚えておく・やっておくべきことは、ただ2つです。

「遠くに離れて状態異常を回復しろ」
「リレイズ(最低3,使えるようになったら4)を切らすな」
 これがとてもとても大切です。

 いやもちろん、ケアルこそが白魔道士の生命なのでHPを回復する方が大切ではあるんですが、HPバーが黄色くなったり赤くなったりするのは目に見えるんで、わかりやすいんですよね。
 しかし状態異常の方は、慣れないと気付かない&見落とす&反応が遅れるの三拍子が揃いがちで、それが命取りになることもあります。
 死の宣告は論外として、特に麻痺・沈黙・防御力ダウン・石化が致命的な致命傷になりがち。最初のうちは、これらを迅速に回復しておけば全て許されると言ってもいいくらいです。
 なので白魔道士は目を皿にして、えらい速さで流れていくログウィンドウを凝視して、パーティメンバーが麻痺をくらったとか石化の効果とかを見るが早いかナ系やイレースを使い眼精疲労で後ろに倒れる訳です。

 が、ログウィンドウを見ているのはあまりにも大変でやめてくださいしんでしまいますになるので、
/statusparty on
このテキストコマンドを打ち込んで、パーティメンバーのステータス状態を可視化いたしましょう。
20220902-234011.62-2.jpeg
 そして、麻痺と沈黙と石化のアイコンが見えたらすぐにパラナとサイレナとストナをするのだ。あと見慣れない状態異常が見えたらとにかくイレースしておけ、な?

 ちなみにこのステータスアイコンの表示を特定のパーティメンバー1人のものに絞る「フォーカスターゲット」を使う方も結構います。コマンドは/focustarget。
 これだと常にそのメンバーのステータスアイコンが表示されるので、見落としが少なくなります。盾役を指定しておくのが定番。
 ただ、私は使ってません。盾役以外にも範囲状態異常が降ってくる場面が多いですし、特に盾が魔導剣士さんだと「盾はレジストしたけどアタッカー陣が麻痺」みたいなことも多いので、ちょっと面倒ですがターゲットをピンピン鳴らしてパーティメンバーを行ったり来たりさせて全員分を確認することが多いです。
 が、「これがないと見落とす」と言っていた人もいるので、この辺は好みというか自分のやりやすさを追求するのでいいと思います。

★★★

 加えて、これをする時には「前衛から離れて」おきましょう。
 白魔道士の隠れた使命は、「死なないこと」です。白魔道士が倒れてしまうと、仕切り直しが難しくなります。なのでとにかく生き残らねばならないので、まずは範囲攻撃の届かない遠くで魔法を唱えるくせをつけるのです。

 2アカ使いで片方を白、みたいなパターンだと、操作の関係だと思うのですが結構白魔道士が近くにいるケースがあったりします。そうするとコロコロ死んでしまいますので、2アカであっても白は離しておくのを徹底しておくのは大切かと思います。

 そして、立て直しに備えて、どんなコンテンツのどの場面でも、リレイズはかけておきましょう。白で戦闘不能になり、起き上がることができたら、最初にやることは自己リレイズすることです。
 4なら完璧、MPやリキャストによってはそれ以下でもいいし、リレイザーや呪符でもマシなのでリレイズしておこう。


★★★

 ……これをやれさえすれば、もう大体白の説明は終わりなのでは?と思ってしまうくらい(笑)、白魔道士というのはとってもわかりやすいジョブです。
 ですが、意外とこの「即座にケアルと状態異常回復」というのが、言うは易し行うは難し……だったりします。
 個々のケースについてその辺を説明……って、なんかえらい文章が長くなったので、今日はここまで。あんまり役に立ってない気もするけど、気長に次回をお待ちください!
posted by さとみん at 08:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感

2022年10月01日

うなれ遁術

20220930-224746.74.jpeg
 たぶん、私がこれまで出した遁術の中で最高のダメージ。

 この間のダイバーのwave1ボス石像で、いつもの通り学者さんの震天連携に合わせてみんなでサンダー系をバリバリぶつけていたのですが、私も及ばずながら雷遁の術:参で助太刀しておりました。
 その時に、81569ダメージというかなりの値のダメージを出すことができました。正確なことはわかりませんが、恐らく私が出した最高記録だと思います(笑)。今後これを上回る値を出せる日がいつ来るのか、いやそもそも来るのか(笑) わからないですが。
 まあ一方で黒さんや学者さんはカンストダメージを出してると思うけど。

 もちろんこれは、私の忍者というよりも、風水のマレーズとか詩人さんのスレノディとか魔剣さんのガンビットとか、あとたまたま累積耐性にひっかからなかったとか、アビリティ二重を使ったとか、そういうことだと思います。

 私は、トンベリNMがドロップする包丁を入手してから本格的に忍者をプレイするようになったくちで、忍者のプレイ歴は前衛ジョブの中で一番長いですし、好きなジョブです。
 とはいえ、私の腕のなさが災いして、忍者でLSや固定活動に貢献できているかというと微妙ではあります。
 今の忍者は、盾役としてはごく限られた場面でしか呼ばれないので、基本的には「身替の術で大ダメージをかわせて、精霊ダメージもある程度は与えられる柔軟なアタッカー」という立ち位置だと思うのですけど、今は他のアタッカーさんでも属性WSなんかで魔法ダメージを与えられるようになってますし、むしろそっちの方が強い(ていうかレデンサリュートがぶっこわれているのだろうけど)。
 もう少し遁術の装備を見直したら、こういうダメージをバンバン出せるようになるのだろうか?という甘い夢を見つつも、「ニャメR20を持ってこい。話はそれからだ」となりそうな気がしてそっとブラウザを閉じそうではあります(笑)。
タグ:忍者
posted by さとみん at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2022年09月22日

選ばれなかったこどもたちへ

20220915-165658.94.jpeg

 アルタナミッションを、ぶるぶるさんでプレイして、久しぶりに頭からクリアまで通して体験した訳ですが。
 こうしてみると、アルタナミッションという物語のメインテーマは、「選ばれなかった者たち」なのかなぁと思います。


以下ネタバレ。
posted by さとみん at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2022年07月17日

ウルミアちゃんだったら歌だけで勝負できるのか

20220715-231300.65.jpeg
「詩人さんメイン回復よろ^^」と言われるかも知れない。

 最近は、なんだかんだで詩人で呼ばれる場面が増えたので、マスターレベルは詩人が一番高くなりました。ついにMLv.15になってサポが52になったので、サポ白でのケアルガIIIが解禁です。
 まあ、殴りを要求されるよりは、ケアルガを求められる方が気が楽ではあるのですが……(笑)。

 そんな回復パワーが上がって、ふと思ったことをつらつら書きますが、別に大して有用な話ではありません(笑)。

  私が詩人を始めたのはかなり遅くて、と言っても2014年くらいからなんで8年くらいはやってる計算なのか……? え、ちょっと今自分でフリーズした(笑)。8年やっててこの体たらくか。
 まぁでも、私の中では詩人は得意なジョブではなくて、その時々で周囲の人が詩人さんが見つからなくて困ってるから、いないよりはマシだろうからとその時その時にできることをやっていたら、武器楽器だけはRMEA完備になったというジョブです。
 逆に言えば、装備依存度が高いジョブだからこそ、私のようなヘッポコでも何とか立ち位置を確保できているのかも知れません。
 でも神詩人とたまに野良とかでご一緒すると、レベルの違いに打ちのめされますがね(笑)。

 支援がメインの役目のジョブは、ジョブ性能を極めていくとバランスブレーカーになるので、それでもジョブとして強化の幅を持たせると、どこかで「本来の支援以外の役割も兼ねられるようにする」という方向にならざるを得ません。
 こうして、支援ジョブの「支援以外の負担」はどんどん大きくなっていきます。
 パーティ人数の上限が決まっているので、支援ジョブがメインヒーラーを張れる戦闘ならば回復ジョブを外してアタッカーを増やせるし、支援ジョブがアタッカーを兼ねられればもっといいよね!となる訳で。
 特に、今の支援ジョブは、極めるほどに1行動でできる強化の効果時間が長くなっていくので、支援以外の行動をする時間的余裕があるように見え、そういう方向の期待が各方面から高まります(笑)。
 また、今のコンテンツが、短時間かつ少人数で終わるものが多いのもそれに拍車をかけていますね。
 かくして私のようなへっぽこ詩人も、殴り装備をかき集めてひーこら言いながらリノスのオグメつけに奔走する訳です。

 でもじゃあ、そういうのやめて「詩人は歌だけでいいよ」ってバランスにできるかっていうと、できないだろうなぁとも思います。
 そういう形にコンテンツのルールを調整することも、不可能ではないんでしょうけれど、そのルールをプレイヤーが歓迎するかと言えばそんなことはなくて、まず間違いなく嫌がられるでしょうし。
 そういうハードなプレイがしんどくなることも確かなので、そういう人そういう気分の時に、まったりできる場を作れればいいんですけれどね。
 もちろんまったりでできることの見返りは、まったりなりのものになるんですけど。一番の難題は、そのまったりなりの見返りに満足感を得ることかも知れません。
posted by さとみん at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2022年06月16日

復帰用白魔道士最初に探す装備

20220607-230133.72.jpeg
 はーいよく聞いてくださいね〜。説明します〜。

 LSに、最近復帰の方で白魔道士さんが仲間入りしてくださいました。
鮒師匠「まだ装備が揃ってなくて、死んじゃうことも多いので、さとみんさん装備を見繕ってあげてください」
 さらっと責任の重い指示が来た!

 しかし、私のヘッポコ白魔道士、プレイしている時間だけは無駄に長く、その無駄に長い時間のみを振り回して装備を揃えてきたので、いざ「どんな装備を揃えるべきかちゃんと教えてあげて!」と言われると、フリーズするのであります(笑)。

 という訳で、とりあえず新規・復帰の人が、最初の一歩で揃えておくといい装備を、ちょろっと書いておきます。
 チョイス基準は「割と手軽に、なんならソロでもちょっと頑張れば取れるのでは」というところです。いずれ慣れていくと、自分なりに「もっとこの装備の方が」というものが出てくると思うので、その「自分なりの工夫」を大事にしてね!


★★★難しい話はいいので、さっさと何を取ればいいのか教えろください★★★

*競売で買える装備
ソーズシールド(盾)
 コスミックオーブBF「★ドーフェ兄弟」ドロップ品なので、印章があるなら自分で挑戦して取ってもいい。今ちょうどキャンペーンだしね。

エンチャンピアス+1(耳)
 ファストキャスト用。値はちょっとだが、これが侮れない。ナ系や強化魔法の時などにつけておく。ウォークオブエコーズの上位版サージウォークの第10ウォークのドロップ品なので、夢を追うなら自分で取りに行ってもいいけど、心が折れるドロップ率なので買った方がきっとラク。

クレリクトルク(首)
 イレースで回復できる状態異常が2つになる天からの贈り物。
 HQ品はべらぼうに高い&大変な労力を払わないと強化オーグメントがつけられないけど、イレース効果はNQ無強化でも同じなので、無理して高いの買わなくてもいいと思う。ジョブ専用装束の強化で、ギルいっぱい必要になるし。
 まぁNQでも高いんだけど。泣ける。


*アドゥリンミッション、クエスト
朝露の耳飾り
 ケアル回復量アップIIがついている、タダでもらえる耳装備。連続クエストの最終報酬なので、ちょっと手間がかかるけどがんばれ。

ジャニストンリング(JNリング+1)
 ケアル回復量アップIIがついてる、タダでもらえる指装備。アドゥリンミッションの最終報酬&強化には全アドゥリンクエストクリアが必要なので、かなり手間がかかるけどがんばれ。
 あと12種類の指輪のうちどれかから選ぶタイプなので、白メインにしない人にとっては選びにくいかも知れない。


*ジョブ専用装束
セオフニアタイア(AF)
 とにもかくにも、IL119(セオフニほにゃらら+1)まで強化しておく。
 優先順位は、頭>胴>足>脚>手かな。

パエティアタイア(レリック)
 これもIL119(PIほにゃらら+1)までがんばる。
 優先順位は、頭>脚>足>胴>手かなぁ。手は無視しても大丈夫。

エーベルアタイア(エンピリアン) 
 IL119にするには、ベガリーインスペクターのクリアか、ベガリーボスを単独で倒すラ・カザナル宮天守のBFをクリアする必要がある。ちょっと大変だけどこれはやっておいた方がいいです。
 優先順位は脚(必須!!!)>胴>手>頭>足かなぁ、あえていうなら。
 特に脚装備は、「ケアル回復量5%をMPに戻す」という、回復燃費に直結するものなので、あるとないとで大違い。がんばれ。


*上位ミッションバトルフィールド
シファヒジパンツ(★少女の傀儡)
 EBパンタロン+1(エンピ脚)にかなり近い性能の脚装備。エンピ脚がすぐに作れるなら取る必要はないけど、そっちの時間がかかりそうで★少女の傀儡ふつう以上なら連戦できる……みたいな環境の人は、これを狙うのもアリ。むず・とてむず辺りならドロップ率はいいので、手伝ってもらえるとすぐ取れると思う。


*アンバスケード
アヤモ装備
 白魔道士が装備できる、貴重な被ダメカット装備。
 ケアルなどにはほとんど使えないけど(脚だけがファストキャストあり)、取得の難易度も低いので、とりあえず取っておいて間違いはない。敵に近接しないといけない時や、待機中などに着ておくと、命拾いしたりしなかったりする。
 +2になれば当然カット量も増えるので、がんばって+2にしておきたいところ。

インヤガ装備 特に胴
 インヤガ装備は魔回避や被魔法ダメージカットがあるので、アヤモとうまく使い分けできると、死ににくくなる。
 胴はNQでもファストキャスト10%という破格の数値がついているので、持っておきたい。ナ系やイレースを使う時につけておくとよいよ。

アラウナスケープ(ジョブマント)
 ハートオブソラスのストンスキンの量が上がるので、ソラス状態でケアルするなら持っておこう。モグチケットでも交換できるね。
 オグメは、MP・魔命・ファストキャスト・被ダメージカットが定番かな。


*スカーム
 スカーム装備は、ソロでももちろんクリアできるし、エミネンスのチュートリアルをクリアしていくと1個は交換可能。また、モグチケット【赤】があれば、そっちを使って交換も可能。

ゲンデザ装備(GE○○+2) 
 ケアル回復量アップがつく。オグメをがんばればさらに回復量アップがつく。
 ジョブ専用装束をすぐに強化できるなら無理にこちらをコンプする必要はないけど、時間がかかるようならそれまでの間こちらを取っておくとよいかと。
 なお足はカーズナ効果がアップするので、ジョブ専用装束があっても最後まで現役。足だけは取っておこう。

テルキネ装備
 こちらはアルビオン・スカーム。主に強化魔法関係に使う。優先順位はケアルより低めだけど、いずれバ系やプロシェル、ヘイストなどの時間(&効果)を延ばすことを期待されるので、おいおい集めることになるかと。


*ドメインベージョン(ドメインポイントで交換)
ソレムニティケープ(ドメインポイント100)
 被ダメカットとケアル回復量アップの背装備。

クェラーロッド(ポイント200 or ギアスフェットル・オン)
 ケアル関係&リフレシュの白垂涎の片手棍。グレーリキッドでオーグメントをつけよう。他の装備との兼ね合いもあるけど、Type:Dが汎用性が高いかな。
 本来はエスカ-ル・オンのギアスフェットドロップ品なので、ル・オンのギアスフェットをクリアできる恵まれた環境にいるなら、無理にドメポを使わなくてもよい。

ケカス装備(ポイント400)
 回復関係によいケカス装備の免罪符。これも本来はル・オンのギアスフェットなので、ギアスをクリアできる恵まれた環境なら(以下繰り返し)。
 あと、後述するヴァニヤ装束と似ている部分もあるので、ヴァニヤ装束を持っている&取れるなら、こちらを急がなくてもよいかな。
 ダイヤルキー#Abで運が良ければ免罪符が手に入るので、それを狙ってガチャガチャするのもアリ。NQで十分に高性能なので、無理にHQを買う必要はなし。NQならかなりお安く買えます。


*ウォンテッド
ナーリッシュピアス+1(インツリアの箱)
 ビビキーのウォンテッド、インツリアのドロップ品。ジョブにもよるけど、インツリアはCL119だし、十分ソロで討伐可能。後述するメンデカントピアス等が入手できるまでは一線級だし、装備の組み合わせ状況によっては入手後も使える。

アシドゥイズボン(インツリアの箱)
 これもインツリアのドロップ。白が装備できる、無条件でリフレシュがつく貴重な脚装備。待機・移動中にこれをつけておくと、地味にMPが増える。リフレだけならNQもHQもそんなに変わらないので、無理にHQにしなくて大丈夫。



★★★ソロだとかなり大変だけど……なもの★★★
 以下は、ソロだとかなり大変だけど、フルパーティは必要ない、少人数で取得可能なもの。
 LSやフレンドさんのお手伝いを期待できるなら、お願いしてみる価値があります。

*ギアスフェット
ヴァニヤ装束
 エスカ-ジ・タのギアスフェットでドロップ。ケアル詠唱時間・回復魔法スキルに強い、ありがたい装備。
 前はA.M.A.N.トローブで降ってくることも結構あったけど、リニューアル後はどうなんだろう。

メンデカントピアス(ジ・タTangata Manuドロップ)
 ケアル詠唱時間・回復量がブーストされる耳装備。

ノデンズゴルゲット(ル・オンSava Savanovicドロップ)
 ケアル回復量と、ストンスキンが強化される首装備。


*ウォンテッド
アバブリニ+1(アルケの箱)
 ソロムグのウォンテッド、アルケのドロップ品。CL125で回避が高い敵なので、必要命中がややきつい。復帰直後のソロだと厳しいかも。
 ケアル回復量や詠唱時間短縮の値がすごいので、取れるなら結構嬉しい装備。ただし両手棍なので、ソーズシールドと併用ができない。他の装備との兼ね合いを考えつつどうぞ。



★★★
 ……とりあえずこの辺を取りつつ、
「ケアル回復量アップ50%」「回復魔法詠唱時間短縮80%」
を達成できるようにするのが最初の目標かなと思います!
 その後おいおい、「被ダメカット50%」「敵対心マイナス50」「強化魔法スキル500」とかを目指していくことになるかと。
 まぁやっていけばたぶん何とかなる!きっと!(笑) 皆様もケアルするたびにお肌がイキイキする素敵な白魔道士ライフを送りつつ、スヴェンヤさまを目指しましょう〜。
タグ:白魔道士
posted by さとみん at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2022年05月04日

5歳児は「ハートだよハート」とか言わないだろ

20220429-184401.93.jpeg
 画像と本文は関係ありません。

 WE ARE VANA’DIELのプロデューサーセッションは毎回本当に面白いですね。
 もはやFFXIという枠組みをも越えた一種の業界史として、25年前くらいからの世界の流れが語られる群像劇のような趣があります。
 ところで5/16からの対談は「20周年にふわさしいすごい人」だと予告されてますが、誰なんだろう。田中さんも天野さんも野村さんも加藤さんもすでに登場しているし……。
 とりあえず「本命:植松伸夫さん」「対抗:岩尾賢一さん」ですかねぇ? 吉田直樹さんだったらブラウザをそっ閉じする。
 あ、あと大穴としては、シャイニングワンさんかな……(笑)。その回だけアクセス数がえらいことになりそうである(笑)。

★★★

 先日のプロデューサーセッションは、まさかの現スクウェア・エニックス代表取締役社長、松田洋祐さんで、正直対談の最初はあんまりピンとこない感じでしたが、だんだんとゲームの話題にピントが合ってきて、何と言うか「ファンじゃない人の冷静な目から見たFFシリーズ」の姿が見えてきたのが面白かったです。
 FFVIIの開発費が「ここには書けないぐらいの額」になって「なんでこんなにお金がかかるの?」と超クールなツッコミを言っていたのは思わず笑ったし(よく考えると当たり前の物言いである)、FFXIがPS2ソフトとして寿命が長すぎて「SIEもサポートはしたいがコストが発生し続けるのでどこまで続けるのか気をもんだと思う」という大人の視点も胸がぎゅっとなるくだりです。
 私はFFXIのファンなので、「ハートだよハート!カネの問題じゃないだろ!もっと熱くなれよ!」と5歳児のごとく好き放題放言できますけど、5歳児では経営も運営もできませぬのでね……。

 そんな5歳児からすると、社長さんから「FFXI単体で利益が出ている」「できるだけ長く続けたい」と明言してもらえたのは、とてもありがたく安心できることでした。
 無責任な外野の邪推として、今続いている老舗MMORPGの継続ってもはやラストマンスタンディングを争う意地の張り合いなんじゃね?(笑)みたいな妄想がわいてくる時もあるのですが、なんかそういうノリじゃなくて、さらーっとさわやかに「ふつうに商売としてつじつまが合ってますのでこれからも頑張ります!」という空気が伝わってきたのが、とてもよかったです(笑)。

★★★

 プロデューサーセッションに限らず、WE ARE VANA’DIELのコンテンツって、毎回読むと感想を書こうと思うのですが、なんか書き出すと色々考えすぎちゃって書けないんですよね(笑)。
 さかのぼって書けるといいんですが。いや誰が読みたいんだって話はともかく、自分の備忘として(笑)。
posted by さとみん at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2022年04月28日

ノウキンもインテリの時代

20220426-222803.71.jpeg
 残ったオークはスタッフがおいしくいただきました。

 先日のダイバージェンスは、珍しくコルセアがいない編成での素材狩り回でした。インテリノウキン、じゃない、黒魔道士ズもいるもののいつもより少なめの人数。
「忍者も石像に遁術入れて石像破壊に協力してください」
 リーダーの鶴の一声で、不肖ワタクシも必死に石像に向かって避雷針や氷柱を投げつけておりました。

 まあまあそこそこに魔命魔攻を盛った遁術特化装備セットは作ってあるものの、そもそもあまりちゃんと調べてないので、今の遁術のダメージがどのくらいのレベルに達しているのかはよくわかりません。それに石像に遁術使う時は、大抵黒魔さんも精霊魔法をガンガン撃ってる時なので、累積耐性も発生していて、ダメージ数値が安定しないので、よくわからないのですよね。
 せっかくなので遁術用の装備をもうちょっと集めてまじめにインテリノウキンの仲間入りを目指そうかなと思い始めました。
 さてどんな装備があるか調べるか、よいしょっと。

検索結果「ニャメ装備を胴手脚にセットするといいですよ^^^^」

 さとみんはそっとブラウザを閉じた。

 検索結果にぼくの知らない装備ばっかり出てくるので、ネットの情報は全然あてになりません。全くネットにはウソばかり書いてあるな! やはり電撃の旅団団長のようにネットなど見ないのが正解に違いない!(間違った学習)

 まぁ、とりあえずサムヌーハコートとかレイライングローブとかヘルクリア装備のガチャをするのがいいのかも知れません(笑)。そんな暇あるのかわからないけど。そんな暇あったらパピルスびりびりしに古墳にこもってしまう。狂ったタルタルである。
タグ:忍者
posted by さとみん at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2022年04月26日

25周年の頃にはきっとまったり突入できる

20220413-160813.49.jpeg
 特に情報量のない話なので、とりあえずカスワックで床をなめているタルタルの画像でお楽しみください。

 オデシージェールについて、ちょろっと思ったことなど書きますが、有用性はゼロの思いついたままの徒然草なので折り畳みで(笑)。


以下ネタバレ。
posted by さとみん at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2022年04月14日

強い冒険者

20220409-214236.19.jpeg
 お花見スクリーンショットの記念品が、ぶるぶるさんに届きました!

 1行で楽しい話題が終わってしまったので(笑)ふと思ったことを以下折り畳みでつらつら書きます。
 特に結論や有用な情報がある訳ではない雑談なので、そのつもりで。


以下ネタバレ。
posted by さとみん at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2022年02月08日

モーグリの記憶力が試される

20220208-201506.88.jpeg
 光の幻珠が出ると、嬉しい反面、「触媒代が……」と思ってしまう。

 さとみんがヴァナで自由になる時間の大半が、レアアイテム分解に費やされている今日この頃です。
 2時間みっちり幻珠取りをしても、Lv2の幻珠が1ダース集まるか集まらないかなので、全然足りず、一生懸命競売から買い付けております。それも段々と在庫が少なくなってきて、貯ギル箱の色が貧乏に変わっていくのもそう遠い日のことではなさそうです(笑)。

 さて全然関係のない話ですが、次のバージョンアップでついにワードローブの追加が入るようです。
 コルセアと赤魔道士の装備を入れることができればそれなりに助かりますし、一種の応援もこめてワードローブは限界まで拡張する予定ですが、私の脳の方がもう限界を越えているので(笑)、あくまで私個人の環境としては、意外と利便性は上がらないかもなぁ……と思っております。
 今でもすでに、どこに何が入っているのか、どのアイテムを持っているのかわからず、外部に必死にメモってる状態ですのでね〜。

 それに「持てるようになる」ということは、「そこまでアイテムを集めないと仕上がった状態とは認めない」ということとほぼイコール、というのが今の冒険者たちのスタンダードですので、アイテムを集める大変さはまた一段、アップした感もあります。
「最適装備を全て揃える vs アイテム数を絞って中の人のウデで勝負する」というトレードオフの要素は今後減っていきそうなので、ちょっとさびしさもありますね。

 とはいえ、今回、無理に無理を押してワードローブを拡張してくださった開発運営の皆様には、感謝しかありません。
 多くの人にとっては喜びしかないバージョンアップですし、これで使えるジョブが増える人が多くなれば、パーティ編成の苦労も緩和されるかも知れません。
 大きなトラブルなく、何事もなくバージョンアップが進みますように。あと、東京の積雪で開発運営の皆様が帰宅困難になるようなことがありませんように! リモートでバージョンアップ作業はできるのかな? そうだといいですね。
posted by さとみん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2022年01月20日

長編小説を読むように

20220111-225052.72.jpeg
 断片が大量にあってバラバラ死体風。

 先日のバージョンアップで、レリック装束119+3まで打ち直しが可能になっているジョブが、「○○なるジョブ名の断片」というだいじなもので確認できるようになりましたが、それを取得してみたら、結構な数になっていて我ながらびっくりしました。
 それもこれも、フラグ取りのダイバーを毎週開催してくださる皆様のおかげなのですが! そしてこのフラグを生かせているジョブがどれくらいあるのか、心許ないのですが!
 フラグは取れても、素材を集めるのが大変。主にお金の意味で。詩人も赤も風水もコルセアも、破片はとにかく高額取引されてるんですよねぇ……。やっと集まった!と油断すると、メナス素材でお財布にクリティカルヒットを食らうという。
 今月はログインポイントのほぼ全てを、羽子板の分のポイントを除いて、メナス素材の交換で使い切るような気がします。

 フラグを取るとしたら、あとは学者かなぁ?というところですが、今ある分のジョブの強化も全然まとまっていないので、そこまで手を広げるのはもう少し後になりそうです。

 ダイバージェンスも今さらですが慣れてきて、素材稼ぎの回はヒャッホイヒャッホイと遊べるようになりましたし、wave3はクリアできていませんがちょっとずつ成長するのが実感できて、楽しいなぁと思っています。
 フルで遊ぼうとすると2時間の長丁場になるので、後半は寝落ちとの戦いになるメンバーもいますし、ラクなコンテンツではないのは確かなんですけど、この長時間だからこその面白さがあります。多少の半壊・全壊があっても立て直せるし、物理も魔法もそれぞれ役割が持てるし、たくさんの人数で遊べますし。
 以前フォーラムで、ダイバーを短時間で終わるようにして、報酬は長時間プレイと同じくらい取れるようにしてほしいという要望があったのですが、私はダイバージェンスは長時間腰を据えて遊ぶからこそ面白さがあるコンテンツだと感じています。アンバス1章がショートショート的な、キレ味勝負コンテンツなのに比べて、ダイバージェンスは上中下三巻セットの長編小説みたいなイメージです。長いからこそある、遠回りやリフレインが効くみたいな。

 ただ、そういう長編小説的コンテンツは、やっぱりLSみたいな固定でじっくり取り組まないと面白さを味わいにくい側面があって、もう何年も繰り返されている「人数を確保してる固定集団が有利過ぎるだろ vs 固定を維持する労力を考えれば当然の見返り」という葛藤の悩みはどうしても出てきてしまいます。

 とはいえ、そういう葛藤をひとつのコンテンツで完全に解決するのは、不可能とまでは言わないまでも非常に難しいので、コンテンツのバリエーションを増やしたり、時間が経過したらフラグ条件を緩和したりすることで、何とかしていこうというのが今の運営方針なのでしょうね。
 ぶるぶるさん(や小鳥さん)は、「強くなること」にそれほど重きを置いてプレイしていませんが、こういうフラグをソロで取るにはどれくらい苦労するのかというを知りたい部分もあるので、ミッションだけでなく、もうちょっと色々なコンテンツに挑戦してみるべきかも知れません。
posted by さとみん at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2022年01月08日

まるで呪文詠唱に失敗したかのように

20220107-234719.52.jpeg
 この怖い顔のオークがやった訳ではない。

 冒頭のSSとは何の関係もない話なのですが、いや1ミクロンくらいは関係あるんですが、ダイバーサンドに行こうと集合していたら、メンバーのジョブを見て、
「黒魔道士で来てる人はRP目的かな」
という話になったのです。

「RPってなに?」と訊く人がいたので、「ほら、ジョブ首強化で貯めるやつ」と返事して。
「りえんふぉーすぽいんと」
 と、タイプしてカタカナ変換しようとした途端。

 ふっ……とFF11のウィンドウが消えまして。いわゆる「突然の死!!」ってやつです。全く何事もなかったかのように消えました。
 あわててもう一度FF11を起動してログインすると、これもまた何事もなかったかのように「え?強制終了なんてしてました?」みたいな感じで戻ってきたんですけど。

 ここ2年くらい(もっと前?)なんですけど、こういう不思議な強制終了がたまにあるんですよね。どうも、チャットをしていて変換をしようとした時?に、ふっとFF11が落ちるのです。前兆もなければ再現性もなし。その後もう一度「りえんふぉーすぽいんと」と打とうと変換しようと何事もなし。
 タブ変換でも、確定したタブ変換単語の後ろに、入力候補の単語がつく、いわゆる「【やったー!!】ヤッターマン」現象もあるし、何かIMEがらみのコンフリクトが不定期に発生して、突然落ちちゃったりするんですかねぇ?

 再現性がないし条件もバラバラだし、不具合報告を出そうと思うほど頻発する訳でもないのでスルーしてるんですけど、この現象何なんでしょうね。
 何かすごく大事な場面の最中に落ちないことだけを祈ります(笑)。
posted by さとみん at 18:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感

2021年11月06日

ヴァレンラールにはカンパニエが似合う

20211101-192727.62.jpeg
 設定と投入機会が一致すると美しい。

 皆様、フェイスを呼ぶ基準は何でしょうか。
 挙動ルーチンがコンテンツ目的に合致している……というのはもちろん大前提として、それを満たしているのなら、各々の得意なプレイスタイルに沿った癖(ひとり連携が主なダメージソースなので連携を邪魔しない、逆にフェイスと協力して連携したい等)とか、「マウは僕の嫁なので」なマツイスタイルとか、ミスラをはべらせたい欲望スタイルとか、まぁ色々あると思うのですけど。

 私の場合は、「いかにもその場にいそうな縁のあるフェイス」を選ぶことが多いです。
 バトルエリアがパルブロ鉱山だから銃士隊を呼んでみたり、コロナイズ・レイヴなのでレイ・ランガヴォやマルグレートを呼んでみたりするパターン。
 そしてカンパニエでは、やはり過去にゆかりのあるキャラクターを選びます。なのでよく呼ぶのは、リリゼットやレコ・ハボッカ、ロンジェルツ、カラハバルハやロベルアクベル。
 そんな中、今月からカンパニエのお供に颯爽とヴァレンラール様が加わりました。ウリエルブレードの使用率がぐっと上がり、ガンガン敵を集めてくれるようになったので、範囲攻撃手段がほとんどない忍者でカンパニエをするのがものすごくやりやすく!
 本物のヴァレンラール様をしのぐ?活躍を見せてくれるので、趣味と実用が完全に合致し、嬉しくて小躍りしています(笑)。

 私はマウントも「そのエリアで生息していそうなもの」を選ぶことが多くて、ヨルシア森林でモルボルに乗ったりしています。
 もちろん「極寒のバルドニアでボムに乗ったら温かいですよね!」みたいな、通常配置ではありえないマウントを呼ぶのも楽しくていいと思うのですが、どうも「実用の性能と、設定上の説明が一致する」という状態が落ち着く性格のようです。
posted by さとみん at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2021年09月23日

本当は見てみたい、松井さんの考えるFFXI

Bul200927144121a-2.jpeg

 20周年前のめり特設サイト「WE ARE VANA'DIEL」は、更新のたびに毎回楽しくクリッククリックしています。
 特に私が楽しんでいるのは、プロデューサーセッションで、どの回も本当に面白くて濃密でいいなぁ!と思っております。

 齊藤陽介さんとのセッションのパート4で、松井さんが、FF11のオフライン版を作る可能性について問われて、
「僕が『FFXI』で大事にしていたものと、プレイヤーの皆さんがおもしろいと思っていた部分は違う可能性のほうが高いと思います。ですから、プレイヤーが望むものはいったん置いておいて、「自分が考える『FFXI』を作れ」という話であれば、それはそれで楽しそうだなとは思いますが……という感じの距離感です。」

と答えていたのが、すごく印象的でした。

 松井さんというクリエイターについて、私は何かを語れるような人間ではもちろんないのですけれど、FF11を遊んでいて感じるのは、芸術家としての熱くて硬い核を、経験や知性や温厚さが形成した優しく冷静な部分がくるみこんでいる、変なたとえですけど果物の桃みたいなイメージです。

 アンバス2章の、バランスが整っているがゆえに全然ラクに勝たせてくれない、ある意味では情け容赦のない戦闘のデザインを見ていると、ゲームルールのデザイナーとしての松井さんは、プレイヤーに媚びない甘えない見くびらない、信頼だけを投げていくストロングスタイルで、私はそういうところがすごく好きです。
 私にとって、FF11というのは、MMORPGであると同時に、歴代から今に至る開発陣の皆様が育んだ「芸術」としての側面がすごく強くて、逆に言えばそれがなかったら、どんなに楽しいプレイヤーに恵まれたとしてもこれまで遊んでこなかったと思います。
 プレイヤーがいなければFF11は完成しないというのは本当にそうですけれど、それでもやはり、プレイヤーだけがいてもFF11はそもそも存在することができないのですから。

 なので、私が開発の皆様に望むのは、何よりもまず第一に「開発している人たちが、作っていて楽しい!とワクワクしてもらうこと」で、プレイヤーの要望に応えるとかは実は次点だったりします。
 もちろん、その結果自分が遊びたいと思わないゲームになってしまうという可能性はあるし、そうなったら静かに引退してしまうでしょうけれど、そのこと自体は別に悪いとは思いません。
 けれどもし、私の希望が全部かなった「さとみんのかんがえた かっこいいさいきょうの えふえふ11」が作られたとしても、それが開発している皆様の心からのモチベーションによるものではなくて、お客様のご要望にお応えしたのでという流れで作られたものだとしたら、それは悪いことだと思うし結局は興味を失ってしまいそうです。

 そういう私にとっては、「松井さんが考える『FFXI』を詰め込んだオフラインFFXI」は、かなり見てみたい作品。
 ただ、それを松井さん自身が「プレイヤーが望むものはいったん置いて」「プレイヤーが面白いと思った部分は違う」と分析しているので、世に出る可能性は低いのでしょう。個人的にはとても残念ですけれど。
 そういう風に自分の作りたいものと、色々なレベルで他人が求めてくるものに違いがあることを、冷静に認めていく強さはすごいと思います。才能ある人ほど、それは辛い裂け目として迫ってくるものなので。
 もちろんそれは同時に、「自分が作りたいものというベクトルがなくても、優れた作品を作ることができる」という別の意味の凄まじさを示すエピソードでもあります。

 田中弘道さんが松井さんを次のプロデューサーとして指名したのも、そういうクリエイターとしての熱い核を包む色々な要素を持っているからなのかなぁ、と部外者の素人は勝手に想像したりします。
 そして、FF11をいつまでもどこまでも続けて欲しいと心から願う一方で、田中さんの言う「松井ファンタジー」を見たいという気持ちも感じます。
 アンバス2章という、ある意味「やりたい人だけやればいい」というコンテンツの場は、これからも松井さんのワガママなクリエイター魂を発散させる場としてずっと続けて欲しいし、クリアできようとできまいと、私はそれをプレイし続けるのではないかと思っております。
posted by さとみん at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2021年08月05日

救世主になるだけでは十分ではないとしたら

20210731-202638.25-2.jpeg
 フェンリル様はなんか涼しそうなイメージなので、夏の暑い日にはよくマウントでお呼び立てしてます。

 今日の話は特に他の人に役には立たない自分語りなので、折り畳んでおきます。私の弱点について。


以下ネタバレ。
posted by さとみん at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2021年07月22日

アンバス2章とバイエルと

20210712-101711.92-2.jpeg
 ちなみにぶるぶるさんは2章オンリーでネイグリングを作りそうです。

 アンバス2章を愛することにかけては、たぶん今のヴァナでトップ20人くらいには入るんではないかと、勝手に思い上がっているさとみんです。
 少し前に、フォーラムにもちょろっとアンバス2章についてのコメントを書いたのですが、せっかくなので、私のアンバス2章観をここで語ってみたいと思います。誰も聞きたくないって? ここは私のブログだからいいんだよ!(笑)

以下ネタバレ。
タグ:2章
posted by さとみん at 12:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感

2021年06月30日

2021年上半期〆……だと……!?

20210604-124429.93-2.jpeg
 ここらでまた気を引き締めるぞ。

 恐ろしいことに、今年も折り返し地点です。6ヶ月過ぎたそうです。時間の流れがはやいはやい。信じられないよ!

 さとみんは、SFエスカッション+1とカルンウェナンを完成させて、やや放心しておりましたが、今はまた裁縫エスカッションに向けて幻珠を集めたりクレープを売ったりしております。
 それから、赤魔道士か学者あたりを、もう少し出せるようにした方がいいのかなぁと思い始めています。周囲にはスーパー学者とスーパー赤魔道士がわんさかいるので、正直気後れしてるんですけど(笑)。
 本当は、最近のエンドコンテンツでキージョブにして最大負荷がかかりがちな、盾ジョブ、具体的には魔導剣士をやれるようになるのが、一番周囲の役に立ちそうな気がするのですが。小鳥さんの魔導剣士を鍛えるのとどっちが早いだろうかというくらいのスローペースになりそうで怖い……。
 しかし、それよりもマリグナス胴と脚とか集めた方がいいんじゃないかという声も聞こえる。

 ぶるぶるさんの方は、それに比べると具体的な目標というかタスクというかがはっきりしている上に、山積みです。
 何より各種ミッションのクリアがもちろん最優先事項なのですが、それに加えて

  • シャンデュシニュの習得(通常エコーズでコインとダイスとレジデ集めにゃ)
  • ロイエの習得(ナイズル行ったことすらないからまずはそこからだ)
  • オディシアプレートとオディシアグリーヴの取得(ギアスで取るのはまず無理なのでドメインに行こう)
  • ニックサーかコラーダの取得(これもドメインポイントで交換することになりそう)
  • レリック装束(まだLv74素体もとってない)
  • エンピリアン装束(そもそもアビセアが全然進んでない)
  • 黒魔道士を上げる(後衛ジョブもやっておきたい)
  • 侍を上げる(アタッカーも以下同文)
  • 竜騎士かからくり士を上げる(ペットジョブも以下同文)

あたりをやっておきたい……あ、あれ、なんかものすごくたくさんタスクがあるな……。

 本当は小鳥さんの星唄ミッションのクリアとエピオラトリーの作成が残っているはずなのですけど、こうしてみると時間が足りな過ぎて遠い目になってしまうな。
 このゲームやりたいこといっぱいすぎる。半年前も1年前も3年前も5年前も10年前もそう言ってた気がする(笑)。そして2021年上半期も結局そういう結論で締めくくりになるのでありました。
posted by さとみん at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2021年06月21日

こんなものを売っている

20210621-181009.92-2.jpeg
 メイン金策中です!

 何度か書きましたけど、ぶるぶるさんは基本的に、モグガーデンがメイン金策です。ガーデンで採れたものを、1D貯まったら競売に出品したり、都度店売りしたりしています。
 もっとギルに困るかなぁと思ってたのですが、別に困る場面はないですね。たまにA.M.A.N.トローブや不思議箱で、超高額品が出た時には、競売に出品して、その売り上げをまるまる貯ギル箱に入れていますが、それを使うことは全然ないです。なので、エミネンスポイント、ユニティポイントの換金に制限がかけられてからも、全く困っていません。

 とはいえ、これはガーデンで出るもののうち、何を店売りして何を競売売りすればいいのかを何となくわかっているからこそ、という側面はあります。
 そういうのを競売を見ながら探していくのこそ、ゲームの醍醐味という気もするのですが、とりあえずとっかかりとして知識を得たい人もいるでしょうし、ぶるぶるさんが備蓄するようにしている素材を、覚え書きもかねてここに書き上げておこうかと思います。


海・池の水産物で競売に出すもの
 → 堀ブナ・ブラックソール・ギガントスキッド・ググリュートゥーナ・リク・更紗コメット(売れ行きはのんびりなので競売枠が空いている時のみ)
海・池の水産物で合成するもの
 → ウルブカザリガニ・コバルトジェリー・レッドシーマ(錬金術のデイリー目標がある時に毒素や水銀にしたりする)

鉱脈で競売に出すもの
 → アダマン鉱・フリギアゴールド鉱(この二つはエスカッションでよく使う)・大羊の歯・コウモリの牙(オデシーで一躍重要アイテムに躍り出たスケルトンキーの材料)・龍の爪(骨細工の高スキル帯のスキル上げなどで需要あり)・賢者の石(需要はあるが1D貯めるのは結構大変なので1個単位で売るのもよし)
鉱脈で合成に使うもの
 → 銀鉱・金鉱・白金鉱(このあたりはスキルが足りないor自分で合成する気がないなら競売へ)・鉄鉱・黒鉄鉱(バストゥークのクエストで2個8000ギルで買い取ってもらえるので、そちらに流すのもよし)
鉱脈で合成以外に自分で使うもの
 → バナジウム鉱・ウーツ鉱・マタマタの甲羅(ワークスの納品で使える)

木立で競売に出すもの
 → ペルシコス・フィクリカ(トロピカルクレープの材料、アンバスで魔道士活躍の月だと売れ行きよし)・蜘蛛の網・赤麻・バードック(モンスター飼育で必要になることがあるので、出品状況次第ではよく売れる)
木立で合成に使うもの
 → ホワイトオーク原木・マホガニー原木(その他の原木も、スキル次第では使うことも)
木立で合成以外に自分で使うもの
 → ガタンブ原木(ワークスの納品)・各種の種類(畑に植える種は自給すると、ハズレアイテムが出ても気にならない)・チャプリの翅・トウィザリムの翅(ワークスの納品)


 ちなみに、売れそうに見えて店売りした方がよい(*あくまで2021年6月現在ですが)アイテムとしては、クロマ鉄鉱・オリハルコン鉱・チタン鉱・御神木・エボニー原木などでしょうか。この辺のアイテムは、高スキル帯で使うには使うのですが、需要に比べて供給過剰なので、競売に出してもあまり売れないことが多いです。
 
 当たり前ですが、売れるアイテムというのは状況次第でかなり変化しますし、また貯めた方がよいアイテムというのも、自分の状況次第なところがあります。ぶるぶるさんは、「あまりお金を使わずに上げられる範囲で合成を上げる」というチョイスをしているので、合成に使う素材を貯めていますが、合成なんか一切やらない!と決めているなら、それらも競売に出した方がよい訳ですし。
 また、ここに書いた「競売に出すアイテム」というのも、その時の出品状況や値付け次第では、店売りしてしまった方がよかったり、出品が減りそうなところまで待った方がよかったりすることも当然あります。

 そういうのが面倒くさいんじゃー!いやなんじゃー!という向きでしたら、ぶっちゃけもう、採れたものを片っ端からグリーンサムモーグリさんに全売りするという選択も、決して悪くはないと思います。
 何しろモグガーデンは、基本的には時間以外のコストはかかりませんので、損ということがありません。またその「かかる時間」も上限があります。得られる利益は大きくはないのですが、もしあなたが、モグガーデンの世話+店売りにかかる時間(恐らく多くの人は15分から多くても30分程度でしょう)でもっと大きな利益が確実に得られる活動を見つけていないのなら、やってみてはいかがでしょうか。やらなければ利益はゼロですからね。
 何より、色々なアイテムを手に入れて競売で売れるかどうかを確認してみる作業を通じて、ヴァナの知識が増えていく訳で、その知識はとても重要なものになると思います。
posted by さとみん at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2021年06月18日

一人遊びが楽しい年頃

20210225-144723.86-2.jpeg
 一輪の花を愛でる心の余裕。

 今のFF11は、そこまでリアル生活を削って尋常じゃない努力を注がなくても、毎日ちょっとずつやっていけば、AF119+2くらいまではコンプできるようになっていることは、ぶるぶるさんのプレイで実感いたしました。アンバス武器のパルスアームズも、そう苦労しなくても射程範囲内にあります。
 ガーデンのアイテムを店売り・競売売りで使い分け、気が向いた時に不思議箱を開け、毎月A.M.A.N.トローブにチャレンジし、とやっていれば、ギルで困るという場面もほとんどありません。エミネンス・ユニティポイントの換金を封印してもこうですから、その辺をまめにやる人ならばもっと苦労はないでしょう。

 私個人は、ずいぶん恵まれていてやりやすいなぁという印象なのですが、どうなんでしょうかね。何しろ私は、パーティ編成に3時間かかるのもまぁ普通、飛空艇とテレポが最速移動!みたいな時代が記憶に焼き付いている、年だけは食っている冒険者なので、「苦労」の概念が、今のヴァナのメイン冒険者たちとは違ってるのかなぁと思うことがあります。

 今の冒険者がイメージする「普通の装備」「ユニクロ装備」って、どれくらいなんでしょうかね。
 そして同時に、多くの冒険者が「他人に要求する普通の装備」っていうのも、どれくらいなんでしょう。

 ぶるぶるさんは、特にパーティプレイをしないと決めている訳ではないのですが、ソロでできることが思ったよりもたくさんあって、まだまだ楽しいことばかりで、こうしてルフェーゼ野に咲く花を見つけてしげしげと眺めてしまうような毎日が面白くてしょうがないので、結局パーティには入っていません。
 こういう遊び方も楽しいよ!ということを伝えることはある程度できているのかも知れませんが、しかし逆に言えば、パーティプレイをしたい!でも今はできてなくて、できるようになりたい!という人の参考になる情報を、全然発信できていないのですよね。
 まぁ、そういうのは他の人にお任せした方が、有用な気もいたしますが……(笑)。

 そんなことをふらふらと考えつつ、ぶるぶるさんでアルタナミッションを進行し、さとみんでポテトグラタンのHQ目指してチョコボ掘りをする今日この頃です。
posted by さとみん at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2021年05月05日

あこがれの忍者

Sat201210191311a-2.jpeg
 おやくそく マクロ不発で ぷりっけつ。(辞世の句)

 われわれのマツイPとも、そろそろお別れの時が近づいています。
 個人的には、コーネリアたんよりも依存度が激しかったので、5月のマツイロスが今から大変恐ろしいです(笑)。WS回転速度が速くて、連携トスをしてくれて、強力なMBをしてくれて、スタンをしてくれて、弱体忍術もかけてくれるというスーパー忍者。もぎヴァナのうっかりキャラではなく、プロデューサーをやってる時のデキる松井さんを再現してしまったという、サービス精神あふれるフェイスでした。
 プレイヤーの忍者も、魔命と魔攻を思いっきり上げたら、マツイPみたいにばんばんトスして強力なMBできるようになるんでしょうか……ヘッポコ忍者なんでわからないんですが、できるんでしょうか……。

 最近ダイバーで忍者で出陣する時、ボスの石像を倒す時は学者連携MBが多いのですが、せっかくなのでありったけの魔命魔攻MBダメージ+をかきあつめた装備で、さらに二重を使って、黒魔道士さんのサンダーの後に雷遁の術:参をこっそり撃ってみたりしています。累積耐性をつけてしまうといけないので、黒魔道士さんの後に着弾することで頭がいっぱいですけど(笑)。
 風水魔法とかのブーストがあるせいでしょうけど、MBで一応2万弱、うまくいけば3万以上のダメージが出るので、ちょっと気分がいいです。一度だけ、5万を超えたことがあるのですが、あれはたまたま何かがハマった時なんだろうな……。
 忍者のレリック装束は、結構忍術関係の強化をするものが多いので、がんばって強化してみているところです。魔攻を上げるのと、MBダメージアップをつけるのと、どっちがいいんだろうなぁ。教えてデキる魔法攻撃のエキスパート!(他力本願)
タグ:装備 忍者
posted by さとみん at 18:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感