2020年09月15日

女神の愛撫効果アップっていつ装備するのが正解なんだ

tookudemimamoru.jpg
 石化しませんように!とだけ考えている。

 最近はアンバス1章にすっかりご無沙汰だったのですが、久しぶりに1章の「むずかしい」に参加してきました。鮒師匠始めフレンドの皆様に連れていっていただいたのですが。
 しかし今月のアンバス1章は、白魔道士耐久試験で、白の責任が重すぎて血反吐を吐いております。

 雑魚クゥダフの黒魔道士を先に倒すか、キープしておくかで戦術が変わってくるのですが、どちらでも白がきちんと動けないとたちまち詰むので、胃が痛い……。
 黒魔道士をキープする戦術だと、黒を沈黙状態にしていてもボスがサイレナで治してしまい、いきなりデスを唱えてきて盾が一撃死して終了、なんてことも。各種の特殊技が状態異常が多いので、ナ系とイレースに追われていると、ケアルが遅れたりします。
 黒魔道士を倒す戦術だと、グ・ダの哀しみを白がちゃんと回避し、その後電光石火でカーズナ→高位ケアルガ→ウィルナ→女神の愛撫→トーメント・オブ・グ・ダの石化にストナ→ケアルガ の一連の流れをとちらずやらないといけません。この間に位置取りをとちって自分が特殊技をくらったり、順番間違えたり、回復がもれたりすると終了。
 雑魚でも攻撃が痛いので、アタッカーがターゲットを取るとゴリゴリとHPがなくなっていきますし、いやー本当に怖いアンバスです。

 結局何度か事故ってやり直しをしたので、かなり時間を食いましたが、何とか3戦ほどクリアしました。が、かなり事故ったので白魔道士としてはもう反省しかありませんね……。
 最近は、アタッカーのパワーが飽和して、盾のタゲ保持能力を越えている場面が多いのが大変です。こないだ敵対心プラスの食事が追加されましたが、逆に敵対心マイナスの命中食事とか、追加されませんかねー!(笑)

 あと、超いまさら気付いたのですが、「女神の愛撫」効果アップの装備って、ひょっとして「女神の愛撫を使用する時」じゃなくて、「状態異常を回復する時」に装備してないとダメなんでしょうか?
 EBミトン+1つけてるはずなのに、全然愛撫の回数が増えてない気がして、おかしいなーと思っていたのです。これまで状態異常回復の手装備はFC+7%オグメをつけたカイロンを使ってたのですが、もし愛撫効果アップが回復時装備じゃないといけないとすると、他の部分でFCを稼がないと……!まぁディバインベニゾンが上限になってるはずなので、そこまでカリカリしなくてもいいような気がするんですが。
 こういうアビリティの効果アップのうち、「事前に使っておいて次の他の行動に影響を与える」タイプのアビだと、いつ装備するのがいいのかわからなくて、悩みますね〜。
タグ:白魔道士 1章
posted by さとみん at 07:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年09月10日

くるくる回るよ

kaiten.jpg
 回転に耐えろ!

 バージョンアップでっす!
 今月も、蝕世のエンブリオあり、アンバス2章更新あり、オデシーありと、やること盛りだくさんです。しかも明日からは色々キャンペーンもありますからね……幻珠集めと並行してですからもう忙しいったらないですね……!

 あっぷあっぷしながら、とりあえずまずはアンバス2章、マタマタ族の「むずかしい」を、さとみんの忍者でクリアしてみました。
 事前に言われていた通り、かなり硬めです。なので魔法がいるじゃろーと、メンバーはAAEV、ザイドII、アシェラII、ユグナス、シャントットII。大人げない本気構成です。
 ザイドさんのおかげで連携はそこそこ発生するので、アシェラちゃんもシャントット様も魔法をもりもり使ってくれますが、魔法であってもそんなにざくっとは削れない感じでした。
 ただ、普段は連携ダメージも1000とか3000とかをうろうろしているところ、いきなり13,000以上を叩き出したタイミングがあり、恐らくこれが「モード変化で特定ダメージが入りやすい」やつだと思います。

 モードは、通常攻撃やブレスを使ってくるものと、やたら旋回攻撃を連発してくるモードがあった気がします。旋回攻撃の時に、上記の連携ダメージがはねがったように見えたのですが、確実ではありません。
 終盤はユグナスのケアルガが間に合わず、シャントットIIが帰還してしまいましたが、何とか削り切って勝利。アシェラをIIではなく無印にするか、AAEVの代わりに自分が盾をして代わりにセルテウスを入れて、範囲ダメージに備えるべきだったかしら……?

 小鳥さんも、似たような戦術で押し切れそうな気がしますが、ぶるぶるさんはどうするかなぁ。マジェスティに全てを託して範囲ケアルしまくるやり方で「やさしい」がクリアできるか、どきどきしながら明日チャレンジしてみたいと思います。現場からは以上です!
タグ:2章
posted by さとみん at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年08月08日

夏だ西瓜だマンドラゴラだ

bulbulRafflesia.jpg
 お供のマンドラゴラは、本当はいっぱいいました。

 今月のアンバス2章、ラフレシアがお供のマンドラゴラを引き連れてやってきました。なつ!
 松井神のお告げによれば、「お供のマンドラゴラを倒すとラフレシアが弱体化するけれど、凶暴になるので、どれくらい倒すかを見極めるのかがカギ」とのこと。

 とりあえず、
ぶるぶるさん(スレビアNQ一式/足だけHQ/エミネンソードとシールド/首はサンクトネックレス)はナ/戦・ライオンII・コルモル・ピエージェ(UC)・シャントットIIで「とてもやさしい」、
小鳥さん(ムンムHQ2メイン/カランビット)はモ/踊・セルテウス・アシェラII・クピピ・シャントットII・AAEVで「ふつう」、
さとみんの忍/踊・セルテウス・アシェラII・ユグナス・シャントットII・AAEVで「むずかしい」、
とクリアしてきました。

 お供のマンドラゴラは、モグガーデンに登場する各種オールスターという感じです。再召喚はなし。
 各マンドラゴラが使う特殊技が固定されているようで、全部揃っている状態だと各種入り乱れて大乱戦になります。ヘッドバッドだけは全員使える感じかな? なので、厄介な特殊技を使うマンドラゴラを先に倒していくのがいいのかな〜。
 ボスは最初は被ダメカット状態のほか、いくつか特殊なダメージカットを持っているようです。マンドラよりも先に殴ってみたところ、クリティカルじゃない攻撃が0ダメージになったり、何をやっても1ダメージしか入らなかったりといった場面が多々ありました。
 マンドラゴラを倒していくとボスが凶暴化される……とはいえ、残り1体の状態でもそこまでダメージが凶悪になる感じではなかったので、お供は多めに倒した方が安全かなぁと思いましたが……さてはて。

 一応確認できた限りの特殊技は
Rhizome,Rosette → 夢想花
Stolon → リーフダガー
Cotyledon → 光合成
Anther → スクリーム,ダメージが全て1になる?
Bract → ペダルバックスピン?
 だったと思うんですが……殴りながら急いで殴り書きしてるだけなので、間違ってたらゴメンナサイ。

 ボスも範囲睡眠技を使うので、結構睡眠になることが多く、睡眠解除フェイスはいた方が安全そうです。
 とりあえずダメージ1にするAnther、夢想花で寝かせてくるRhizome,Rosette、状態異常技のBractあたりは倒しておくのがよさそうですね。
 「Stolonを倒すと物理ダメージカット(あくまで例えなので本当にそうという訳ではない)」みたいな対応関係がありそうな気がするので、それがわかってきたら、自分の得意な属性に対応したマンドラだけを倒して短時間クリアが狙える……のかな? 本を従えたドゥエルグ族と戦う2017年11月のアンバス2章に似たギミックなのかも?

 とりあえず、今月もちゃんと2章の敵を倒せそうなので、がんばりたいと思いますよ〜。ぶるぶるさん、スレビアに続き、フラマ装備NQも揃えられるといいな!
タグ:2章
posted by さとみん at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年08月05日

バランスよくいこう

 えー……最初に、本題と関係ないお話なんですが。
 先日、ワタクシのポストに、結構な数の幻珠が送られまして。
 たまにフレンドさんが、私の知らない名前の倉庫から幻珠を送ってくれることがあるので、今回もそれだと思って素直に受け取ってメモも取らずにいたのですが、心当たりのあるフレンドさんにお礼を言ったら「? 私じゃないと思います」と言われてしまい……!
 一体どなたでしょう私に幻珠を送ってくれた紫の幻珠のひと!ヽ(;´Д`)ノ
 もし送付間違いで、これ読んでいたら教えてください、お返ししますので!(汗)

 ……以上、個人的なお知らせでした。
 さて本題。

bulbulveryeasyclear.jpg
 もうすぐ終了の今月のアンバス2章、敵が物理技を使う時には物理で押し、敵が魔法技を使う時には魔法で押すというギミックでした。
 さとみんも小鳥さんも、割と問題なく「とてもむずかしい」をクリアできたので、ギミックがシンプルなだけでなく、全体的に穏やかな(笑)アンバスだったと思います。

「とてもやさしい」をチャレンジしていたぶるぶるさんは、装備もフェイスも整っていませんので、こちらの攻撃を物理系に偏らせて、向こうの攻撃を物理メインにしてみる(ナイトは物理に強いので)のを何度か試してみましたが、リアクトやエンライト、連携のダメージが意外とバカにならないようで、あまり物理に偏らせることができませんでした。
 結局、セミ・ラフィーナ、コルモル、ピエージェ(UC)、シャントットIIという組み合わせで、物理と魔法どちらも攻撃するようにするのが、攻略時間だけでは一番早かったです。シャントット先生のMBダメージが強すぎて(笑)むしろ魔法に偏ってた気さえしますが、ストンガなどをくらってもナイトのマジェスティ範囲ケアルで回復できるので、実は回復役のMPには余裕もあったり。
 マジェスティ……助かるな……!
 あと強化されたプロテスのおかげか、シックルラッシュで大ダメージを受けることもそれほどなかったです。むしろアシッドスプレーのダメージの方が痛かった。

 アタッカーをセミ・ラフィーナにしたのは、距離を取る遠距離系なので、範囲スロウの影響がないためです。テンゼンIIはまだ持ってないし。連携を狙わないマッキーチェブキーでもやってみましたが、どちらでもいいかなという感じです。セミ様だと連携を狙ってくれるので、物理魔法まんべんなく作戦だとこちらの方がよかったかな。

 結局ぶるぶるさんは、1日1回とてやさをクリアしかしていない訳ですが、それでも今月のホールマークが1800に到達し、なんとなんとスレビアNQコンプのみならず、スレビア足HQまで行けそうです。
 フェイス4人/アウトライ装備一式/エミネンソードとエミネンシールド/ギフトなし/メリポ強化もほとんどなし という状態で、1日1回でもまずはここまでは確実にいけるということは確認しました。
 ここから先が意外と長いのかも知れませんが、思ったよりラクだなぁという印象ですね。
タグ:2章
posted by さとみん at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年07月08日

蜘蛛なのは織姫のモチーフだったらしい

aurantia.jpg
 かわせシックルスラッシュ。

 バージョンアップでっす!
 ……何気に今月のバージョンアップ、ぶるぶるさんに恩恵の多い内容となりました。ご存知、ナイトのプロテス強化やリアクト性能アップはありがたいですし、さらにLv99になればいずれスカームもプレイするつもりなので、やりやすくなるのはとても嬉しいところ! 石もいっぱいドロップするようになるみたいですし、楽しみだなぁ。

 しかしそれを満喫できるのはもう少し先のこと。まずは、久しぶりの新作となったアンバスケード2章でございますよー!
 と、意気込んでいたのですが、何故か今日はネット回線の調子がものすごく悪くて、LSメンバーでオデシーに行ったら回線切断を2度もくらう有り様で、アンバスもしょっちゅうR0で止まってしまい……。あんまりちゃんとしたことはわかっておりません。

 とりあえず、忍サポ踊で「むずかしい」を手堅く勝利してきました。
 今回は、もぎヴァナ等で「敵が物理で押してきたらこちらも物理で、魔法で押してきたら魔法で対抗する」というギミックと発表されていた通り、モードが2つ(もしかしたら3つ?)ある模様です。
 シックルスラッシュを連発してくる「物理がよく効くモード」と、スパイダーウェブを連発してくる「魔法がよく効くモード」があります。後者ではバインド、ストンガIIなど土属性の魔法も使ってくるようです。アシッドスプレーを使うこともあって、これはどっちなのかなぁ……?
 モードの切り替えは、こちらの与ダメの性質によるようで、物理で押せば向こうも物理に、魔法で押せば向こうも魔法になる気が……します。この「魔法ダメージ」は連携ダメージもカウントされるのかも? とりあえず、ザイドII,アシェラII,ユグナス,モンブロー(寄付あり),シャントットIIというバランスパーティでやってみたところ、結構な頻度で魔法モードになりました。

 シックルスラッシュは蝉でかわせるので、もしかしたら今回は、空蝉活躍の巻かも知れません。物理だけで押せばスパイダーウェブを使われることもなく、強スロウを恐れずにボコれるのかも? もちろん、ナイトや魔導剣士の盾を据えて魔法で焼き払うのもアリと思います。
 今回は色々な攻略法がありそうで、面白いですね。チャレンジしがいがありそうです。現場からは以上です!
タグ:忍者 2章
posted by さとみん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年07月06日

自主的ハードモード

hard-gin.jpg
 ゼロアワーに備えておしくらまんじゅう!

 LSメンバーやフレンドさんたちと、久しぶりにオーメンボス戦をやってきました。大王様(仮名)が銀将の小札が欲しいということで、銀ルートへ2戦ほど。
 先日のオーメン王では詩人という慣れないジョブ(マスターにもなって慣れてないダメっぷり)での参加だったので終始緊張しっぱなしでしたが、今回は白だったので、若干落ち着いての参加です。
 2戦して、2戦とも中ボスがThinkerで、痛覚同化に泣くという展開でしたが、WSを同化されるのは免れて何とかクリア。
鮒師匠「通常攻撃しか反射されてないのに痛いじゃないか……w」
 われわれは強くなりすぎたのだ……。

 奇跡の光あふれるボーナス部屋も引き当てましたが、箱は少額のギルとアダパシールドで、「さっき見たよ……」とみんなでしょんぼりしてきました(笑)。光部屋のボーナス、もうちょいおいしいものにしてもいいんじゃないですかね。滅多に拝めないボーナスなのに、中身がギルだったりするとみんな無言になってしまう(笑)。

 痛覚同化に比べればもはやGinは気楽な部類で、呪いが解除できてないのにゼロアワーが連発されてしまうようなことさえなければ、回復も間に合います。危なげなく2勝して、小札も行き渡ってほっと一安心。アシェーラハーネス? そんなものは存在しないんだ、いいね?

 まだ飯盒に余裕があったので、あと1戦行こうかということになり、何かと不足しがちな桂馬の小札を取っておいた方がいいんじゃない?とジョブをいくつか変更して桂馬に行くことになったのですが……
 中ボスでまたしてもThinker。よりによって震天精霊パーティの天敵のThinker(笑)。3回連続Thinkerってどういうこと!? 一度スーパー黒魔道士の精霊魔法が反射されてしまい、労災が発生してしまいましたが、立て直して何とか次へ。
 次へ……
「すまん、間違えて銀ルートを選択してしまった」
 よりによって属性ダメージを吸収するGin(笑)。これは……【エキサイト】!

 幸い、パーティにはスーパー忍者もいたので彼に殴りまくってもらって、精霊アタッカーズも吸収されない属性を見つけてじっくり削っていけばいけるやろ、とそのまま続行です。
 削りのスピードがだいぶゆっくりめになるので、ゼロアワーが連打されることもなく、白魔道士的にはむしろラクだったことをここに告白いたします。無事に3戦目のGinも討伐して、ヤメラングもドロップしました。アシェーラハーネス? そんなものは(以下略)。

 ヤメラングは忍者やシーフでも装備可能ですが、私の忍者は投てきは手裏剣常駐だし、シーフもソロが多くて釣りをするためのブーメラン系が必須なのでとりあえずパス。他のシーフ持ちさんがお持ち帰りとなりました。おめでとうー! 釣りをしないならいい装備ですよね!
 なんだかんだで、自主的ハードモードになってもちゃんとクリアできてよかったなぁ。まぁ私以外のメンバーが強かったおかげで私は何にもしてませんでしたけど!(笑)
posted by さとみん at 10:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年06月17日

王を抹消せよ

Sat200613004426a.JPG
 名前を隠したら、顔も隠れちゃったー!

 お誘いをいただいて、久しぶりにオーメン・王の2連戦に参加いたしました。
 王といえば、アンファルタリングブラバードの後のケアルガがーダンシングフラーの瞬間にケアル飛ばして盾役を硬直させてはだめよーゼロアワーの後のケアルガがーとか、そんな記憶しかないのですが、実は今回はなんと詩人での参加。
 大丈夫か! 私の詩人は二刀流短剣でアドゥリン新区画のカニを撲殺していた通り魔みたいな狂気の存在なのだが、果たしてちゃんと歌えるのかおい!

 盾をする鮒師匠(仮名)いわく「歌は、マチマチ、闇カロを2つ重ねてください」。
 闇のカロルなんて歌うこと滅多にないなぁ! マクロどこにあったっけ、確認しないと……
「そんな歌は覚えていません」(エラーメッセージ意訳)
 ぎゃあああああ! カロル第二楽章、全属性覚えた気でいたけど、バレリアーノ一座で売ってない光と闇属性を覚えてなかったああああああ!ヽ(;´Д`)ノ

 血を吐きながら競売に走ったものの、こんな時に限って光のカロル第二楽章は売ってるのに闇は出品なし。まぁエコーズの産出だからね……店売りしちゃう人も多いよね……。
「倉庫にあったかもしれないから見てくるね!」という女神の如きメンバーの助けにより、何とか闇のカロルを2つ歌えるようになりました。めでたしめでた……し?

 そんなドタバタから始まり、道中はなんかひたすら「前衛に4曲歌ったつもりがマチマチピーピーになってるー」「後衛にバラバラしようとしたら忍者さんまで範囲に入っちゃったー」とかいう惨状で、王の挙動とか見ている暇なし。
 なんか一回、プロフィラクシスの後のDPSチェックに間に合わなくてリセットされた気がするけど、誰もSPアビを使ってなかったので削り直して2勝しました! プロフィラクシスが来たぞ、よしナイトルマルカートでみんなをパワーアップだ!と歌ってたら、歌が終わるはるか前に戦士と忍者とラムゥ様が大暴れして終わってました。

 ちなみにドロップは召喚用の帯が2つでした。王将の耳飾り?そんなものは存在しないんだ、いいね?
 という訳で、詩人としての立ち回りは100点満点中50点くらいだったとは思いますが(笑)クリアできてよかったです。自分のできは棚に上げて、楽しかったので、また行きたいですね! その前にカルンウェナンを作った方がいいけど!
posted by さとみん at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年06月14日

鯨に銛を打つ

ama-kujira.jpg
 的が大きい分外れないぜ!(必要命中が低いとも言う)

 久しぶりにアンバスケードの内容が更新……と言っても、リバイバルで、ケートス族1体が相手の「くじらぐも」アンバス。
 ギミックの内容はシンプルで、
「ベイリーンガージを使用したら、アングリーシーズ使用するまで被物理ダメアップ状態になる」
「コーダルキャパシターを使用したら、ブローホールブラストを使用するまで被魔法ダメアップ状態+消去不可のショックスパイクになる」
というもの。
 それぞれのダメアップ状態に、ものすごい他のデメリットや、向こうのパワーアップが来る訳ではないので、神経質にならなくてもゴリゴリ解ける爽快系の内容です。
「物理で押す編成にして、アングリーシーズをスタンで止め続ける」でも
「魔法で押す編成にして、ブローホールブラストをスタンで止め続ける」でも
「両方に対応できるようにして使い分ける」でも
「敵の攻撃を耐え抜いて、ボーナスを気にせず一定火力を保ち続ける」でも
それぞれのやり方の基本が整っているなら問題なくクリアできると思います。
 敵のHPが非常に高いのですが、こちらの回復リソースが底を突くほどの泥仕合になることもないので、お好みのやり方で突撃できるはず。

 今月は、小鳥さんのモンクで「とてむず」も安定クリアしました。
 私は、技を選んでスタンするのが非常に苦手なタイプなので(まぁ赤線スタンも得意ではないけど)、今回は「耐え抜いてボーナス関係なく殴り続ける」やり方でやってます。魔法モードだとショックスパイクがきついけど、死ぬほどではないので我慢すればいいだけ。これがドレッドスパイクとかだと吐血する羽目になるので、松井さんの温情を感じるぜ……(笑)。
(まぁドレスパだと、抜刀をコントロールしにくいフェイスメインでやると詰みますからね)
 一番注意が必要なのは、敵の攻撃による状態異常が多いこと。と言っても、アムネジアや脱衣などの一番厄介な異常は今回削除されているので(松井さんの温情その2)、丁寧に解除していけばOK。寄付済みのモンブロー先生がいれば非常にラクですが、いなくても大丈夫です。

 できれば今月中に、ぶるぶるさんもレベル99にしてアンバスに挑戦してみたいところですが……さてはて。がんばります。
タグ:モンク 2章
posted by さとみん at 13:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年06月08日

サイレスサイレスエンエアロII

odinveryhard2.JPG
 胴装備を目撃。

 LSの鮒師匠(仮名)のお誘いで、★修羅の道(とてもむずかしい)に行ってきました。
鮒師匠「詩人か忍者か、今調整中」
さとみん「詩人? オーディンでしょ? 歌消されるよ?」
鮒師匠「赤のエン削り戦法だからw」
 なん……だと……!?
 あの伝説の、オーディンにTPを全く与えずに全特殊技を封印する戦術を、この目で見る時が来たというのか!

 結論から言うと、5戦ほどして、3勝いたしました。赤魔道士二人のエン削りすごいな! おれはライニマードの再来を見ているのか……!?
 サイレスを入れた上で、忍者が殴らずずっとタゲをとって空蝉をまわし、赤がD1の武器でエンII系で殴り続けると、オーディンはリゲインがないのでTPが入らず、あの恐怖の特殊技の数々を封印することができるという戦術です。
 ただ、サイレスが切れて入れ直しをしているわずかな時間にメルトンや範囲ドレインが来ると、それによりオーディンがマジックアキュメンでTPを得てしまうので、斬鉄剣・鋼が来て終了だったりします。
 じみちーに削る忍耐戦術と思いきや、意外と博打要素のあるヒリヒリする作戦だった!

 私は詩人で、ひたすらマドマドマチ+ミンネかスケルツォを歌ってました。風水さんにバラバラ、忍者にマンボを入れられれば最高なのですが、うん、わしのつたない腕ではなかなかそこまで手が回らなかったのじゃよ。がんばったけど。はやくカルンウェナン作らないとー!

 3勝して、装備は胴のフロプトプレストを拝みました。
 い、いや、レア扱いの斬鉄剣とは言わないけど、みんなが待ち望んでいるフレキリングやゲリリングは……どこー!?
 まぁ、結局は試行回数の暴力だけが頼りですね(笑)。また行きましょう!
posted by さとみん at 10:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年04月03日

悪疫をふっとばせ

monberaux-hana.jpg
 モンブロー先生を激写しようとしたら、思いきり範囲攻撃に巻き込んだ図。

 バージョンアップでっす!
 今月は、いかんともしがたい社会情勢により、小振りのバージョンアップになった訳ですが……なにげにディードの追加報酬がすごくありません? シニスターレインの装備や、メリポWSを取得できる(とおぼしき)だいじなものなどなど……。
 時間をかけてコツコツやりたい向きに、こういう形で確実な報酬を与えるというのも面白い試みですね。待ってられるか!って人は今すぐ周回すればよいし。またしばらくは、マンスリー目標を欠かさずこなす毎日が続きそうです。

 さて、今月のアンバス2章は、久しぶりのリバイバル。お花見トレント編です!
 2018年にクリアした時と、内容は変わっていない模様。
 とりあえずさとみんの忍/踊で「むずかしい」をクリアしてみました。前回よりこちらが強くなっている(はず)なので、さすがに危なげなく倒せるように。とはいえ、さとみんの忍者はなんだかんだでマリグナス装備の一部やアンバス片手刀を持っているので……。もうちょっと弱い小鳥さんとかで試してみないと、「今月簡単ですね^^」とは言えない。

 今回、最初にモンブローありでクリアしてみましたが、やはり範囲で状態異常回復をしてくれ、さらに睡眠の解除をほぼ確実にしてくれるので、モンブローがいるとやりやすいのは確かです。
 とはいえ、セルテウス・イロハII・アシェラII・ユグナス・シャントットIIという組み合わせでも8分ほどで危なげなく勝利できました。
 大事なのは
「睡眠から回復できる手段」
「食事を吸収させる(=吸収されてもいい安い食べ物をたくさん用意、大体1戦で6個前後?)」
「沈黙スフィア持ちの雑魚を物理攻撃で、アムネジアスフィア持ちの雑魚を魔法攻撃で、即座に倒せるような編成」
「悪疫にめげないTP確保(ストアTPやダブルトリプルアタック系の装備)」
の4つですね。これを守れるならば、安定すると思います。雑魚のターゲットがおかしいのは対処しようがないので、タゲられたフェイスが倒れる前に倒す方がよさそう。

 忍者ならWSと遁術(サポ踊ならプラス各種ワルツ)があるので、上記の条件をかなり満たしやすいです。赤魔道士や青魔道士も恐らく楽でしょう。物理アタッカー系は、アムネジアスフィア雑魚を倒せるような魔法攻撃系のフェイスを忘れずに、沈黙スフィアの敵は自分のWSで倒せるようにTPを貯めやすい装備を心がけるのがいいのかな。試してないのですが、アムネジアスフィア雑魚は、属性WSが効いたりするのだろうか?

 とりあえず、現時点での手応えはこんな感じです。小鳥さんとかでも、もうちょっと情報を出せるようにがんばります。現場からは以上です!
タグ:2章
posted by さとみん at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年03月16日

ミミックは硬かった

odeshi.jpg
 ミミックと死闘の結果、ドロップは何もなかった時の衝撃。

 土日は家族の予定優先ルールなので、あまりヴァナのことはしていませんでしたが、週末に少しLSメンバーとオデシーに行っていました。
 鮒師匠(仮名)がすでにモンブロー先生をゲットしていたため、ヒーラーは万全。私はお役御免になるところでしたが、忍者でノウキン枠に何とか滑り込みました。モンブロー先生、なんでもジュノ上層で寄付をすると、本気を出して状態異常回復が範囲になるという、まさかのヤグルシュ持ちであることが判明(いやヤグルシュではない)。取得に最低リアル1年かかるだけの性能ではありますな。

 出口を解放してから、その辺の雑魚を殴ったり、イザットで召喚できるNMを倒したりと、色々楽しんできました。シーフの大王様(仮名)が箱をぱかぱか開けて鱗をゲットしたり。ちなみに1つ目の箱がミミックに化け(笑)冒頭の死闘を繰り広げました。
 A.M.A.N.トローブのご無体なミミックではなく、ひたすらに硬い(闇・光連携ダメージが3桁しかいかない)という敵でしたが、倒せることはわかりました! ノードロップだったけど、うん。まぁリスクやデメリットがないと、シーフ無双になってしまうので、仕方ない。

 オデシー内部の敵は、経験値ボーナスが色々とかかっているのか、「ここは常時キャンペーン中か!?」と思うほどジョブポが入って嬉しかったです。30分限定で毎日キャンペーンに参加できると思うとテンション上がりますね。詩人ソロで雑魚敵倒せるのかはわかりませんが……。あと私は幻珠集めの関係で、アドゥリン新区画でしかジョブポ稼ぎできない病にかかっているのでアレですが(笑)。

 装備の強化は、ナーリッシュピアス+1のオグメがそこまで欲しいという感じでもなかったので、当面はハンドラーピアスを獣使い用にとかかなぁ……? まぁ鱗がやまほど必要なので、まだ先のことになりそうです。
タグ:オデシー
posted by さとみん at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年03月11日

Izzatで検索するとインドの話が出てくる

hanashimoru.jpg
 そうやって話を盛って人の気を引くところ、嫌いじゃないよ。

 やっぱり新コンテンツは試したいよね〜、という訳で、LSに人が来たタイミングでオデシーに行ってきました。いつもの鮒師匠(仮名)や大王様(仮名)のほか、フレがフレを呼びな感じで6人パーティです。ラバオがいきなり大盛況。マウラ、セルビナに続き町おこしに参戦です。……いっそ、初期三国もこのノリで町おこしするべきなのでは……?

 とりあえず訳がわからないまま入ってボコスカ殴ろうぜ!というノリだったので、今回出口までは到達していません。

鮒師匠「出口に行くだけだったら、ソロでインスニして行く方が早いかもw」
 マジですか。

 とはいえ、やっぱりみんなでワイワイ進んでモンスターをボコってる方が楽しいです。
 今回、入ってすぐで、いきなりオブジェクトを壊さないとターゲットできない獣人NMが現れるエリアに到着し、ひーこら言いながら倒してきました。見た感じそんなに回避が高いということもなく、Apexのジョブポ感覚でおいしくいただけます。キャパポもボンボン入るので、これは美味しい稼ぎですね!

鮒師匠「盾以外はタゲとったら死にます」
 マジですかその2。

 その後、ウォンテッドNMの上位版をポップさせられるEthernal Junctionが出たのでわかしてみたら、カニさんでした。恐らくEmperor Arthroの上位個体ですね。見た感じ、特に嫌らしいギミックもなく、正攻法で殴り倒せました。
haouroko.jpg
 ウォンテッド装備を強化するための素材の箱まで出て、これは美味しい稼ぎですね!

鮒師匠「カットもりもりの魔導剣士でも、特殊技で200以上ダメージをくらったw」
 マジですかその3。

 うろうろするうちに、次のエリアに行く幽門石が見つかったので、勇んで次のエリアへ向かいますよ!

鮒師匠「2アカの風水士が、石触っても同じエリアに戻るだけで移動できない……」
 マジですかその4!!!!
 結局、移動できないキャラの謎は全く解けずじまいでした。まだ情報が全然ないので、バグなのか、何か必要なフラグ等を得ていないこっちのミスなのか、全然判断ができぬ。
 そんなこんなで、移動できないまま2アカさんはあきらめ、適当にそのへんのモンスターをボコスカ殴っているうちに時間が来て離脱となりました。

 やってみた感じ、敵の攻撃はかなり痛いとはいえ、要求装備水準はそんなに高くなく、ワイワイやれそうです! 色々気になるオブジェクトやモグレポートなどの情報もあるので、探索しがいがありますねぇ。ジョブポ稼ぎとしてもかなり美味しい感じ。
 ウォンテッドスキーとしては、ウォンテッドと同じくらい気楽に楽しく遊べるコンテンツになりそうで、わくわくしておりますよ。あ、でもエリア移動できなかった謎だけは早く解けるといいな(笑)。
タグ:オデシー
posted by さとみん at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年03月10日

寒の戻り、春一番、サクラサク

bluebird.jpg
 幸せを呼ぶ青い鳥となるか否か。

 バージョンアップでっす!
 もう今月は新コンテンツが入るしモンブロー先生は立ち上がるし、やることいっぱいで大変ですよ。ただでさえ幻珠取りであっぷあっぷなのにー!(嬉しい悲鳴)

 とはいえ、オデシーの情報は詳細で役立つものがすでに広まっていることと思いますし、私はいつものようにコツコツアンバス2章を遊ぶのです。
 今月は青いトゥルフェイア、春告げ鳥がイメージだそうで。英語のことわざに、3月はライオンの如く来たり、仔羊の如く去るというのがあった気がしますが、トゥルフェイアさんはずっとライオンのように大暴れでした(笑)。
 とりあえずむずかしいで勝利してきました。ノックバックや装備変更不可技を使ってきますので、壁を背にして位置取りするのがよさそうですねぇ。
 第一段階は氷エレのお供がいて、氷エレがいる状態だと麻痺スフィアを展開しています。氷エレを倒すとスフィアは消えますが、エレを無視して殴り倒す人もいそう。
 第二段階は風エレのお供。ヘヴィスフィアが展開されます。風エレを倒さないと次の段階に進まないみたいなので、この雑魚は倒す必要あり。
 第三段階は光エレのお供。この光エレはリゲインとリフレシュのスフィアを展開するらしく、どっちの味方なんだかわかりません(笑)。これが春の光ということでしょうか! こうなるとボーナスステージということですね。1体だけ光エレを残してボスを殴り倒すのがいいのかな。

 ガ系の魔法や範囲ダメージが多いので、今月もセルテウス様は頼りになります。モンブロー先生が解禁されたら、どんな感じか使ってみたいですねぇ。
 とりあえずこんな感じです。現場からは以上です!
タグ:2章
posted by さとみん at 23:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年03月08日

現実は全く優しくない

odineasy.JPG
 FF8で魔女イデアがのたまうように、現実は全く優しくないので、装備はドロップしません。

 先日、LSで鮒師匠(仮名)と大王様(仮名)がいらしたので、私が頼んでオーメン詰みに行こうとなりました。その前にメリポを上位BFで消費しておこうぜ、と盛り上がり。
「師匠もいるし、オーディンやさしいとか勝てるんじゃね!?」
 軽くてあまーいマシュマロのような気持ちで突入しました。

 20分後。
 そこには肩で息をしながら何とか勝利したわれわれがいました……。
 ドレッドスパイクヤバイ。まじヤバイ。宇宙ヤバイ。(古い) 即消したつもりでも間に合わなくてシーフが一瞬殴ったら蒸発。
 ドレッドスパイクに比べたら、エンダークやメルトンなどは、難易度やさしいでは範囲化されていない分まだましなのですが……。ともあれ、ドレスパで誰かが倒れてしまうと、その後の各種頭割り大ダメージでまた倒れるループになってしまうので、なかなか大変です。
 やはり「やさしい」以上でも、レジストハックを突き抜けてサイレスを入れられる赤魔道士がいないと、なかなか大変なBFでありますなぁ。
 一応何とか勝利したものの、装備はドロップしなくてみんなで号泣。

 その後は、「とてもやさしい」を周回して、装備がドロップしなくてやっぱり号泣して帰りました(笑)。
タグ:★修羅の道
posted by さとみん at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年03月06日

7年ぶりの更新

EmblaSash.jpg
 ねちょねちょした液体が、ファストキャスト5%に化ける。

 あんまり熱心にドメインはやってなかったのですが、それでも暇を見てちょこちょこと通って、ようやく一番欲しかったエンブラサッシュをゲットしました。これにて腰装備のファストキャストが更新です。ありがとうウィトフルベルトさん、長らくお世話になりました! たまにクイックマジックが発動するお茶目も私は好きでしたよ! 今調べてみたらどうやらウィトフルベルトを私が入手したのは2013年6月末だったようです。本当に長くお世話になったな!
 ドメインポイント関連の装備では、あとはオドルピアスと、龍の灰がらみのゲルドルベルトくらい……かなぁ?と思っているので、これからもマイペースに通うことになると思います。

 実はまだMireuに出会ったことが一度もなくて(笑)フレンドさんやLSメンバーは出会ったり、討伐!したりした人もちらほらいるのですが。
 Mireuさん関連のアレコレは、個人的には、実装直後のLv8ビシージや七支公みたいだなぁ、やがてPC側がめちゃくちゃ強くなっていくことを考えるとそこまで無茶なセッティングでもないんだろうなと思っています。今すぐどうこうという相手ではなくて、長期的に考える目標という感じですね。やがては「最初はMireuが全然倒せなくてさー」みたいな年寄りの昔語りになっていくんだろうなと(笑)。
 割とキツい強度の困難をぶつけられる方が、つらいながらもある種の成長や変化を促し、結局は長期的にいい思い出として残っていくものなので、今この瞬間に全然自分が手も足も出ないということについては、私はあんまり悪感情がないです。調整もされていくのがはっきりしていますし。まぁそもそも、今の私は幻珠以外のことはあんまり考えてないというのもありますが(ぇー)。
 ゲームデザインというのは、サービス業よりもアートに近い存在なので、プレイヤーサイドから怒られたり嫌われたりするのも一定は織り込み済みでやっていかなければならないところもあって。どんなに優れたデザインをしていても、こういう出来事は避けられないのですが、いやはや大変だよな、みなさんどうぞ無理なさらないでねと思うばかりです。
posted by さとみん at 11:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年02月29日

大怪盗の背中は遠い

thiefdiver.jpg
 暗がりのスラム街でマフィアの抗争が起こった後。

 キャンペーン中はフレンドさんがダイバージェンスの定期開催をしてくれてます。先日のダイバージュノに、何とシーフで参加してフラグゲットしていいよと温かいお言葉をいただいたので、全然アレなシーフに着替えてのこのこ参加してきました。
 結論から言うと……シーフって、大変ですね!(今さら)

 wave2で顕著だったのですが、トレハンと命中を両立させるのが一番大変だった気がします。wave2のNM相手だと、驚くほどミスを連発してスカスカ祭り。あれこいつ絶対回避中?とか勘違いするくらい。まぁたまにほんとに絶対回避されてる時もありますけど(笑)。wave1ではハイドラキョフテとか食べてヒャッホイしていたものの、wave2では特上スシを食べて、なおこのスカスカ祭りですから、いやはや大変です。
 だ、だって、パピルス取るんだったら別にそんな高い命中はいらなかったんだもん!(´;ω;`)
 涙目になりながら不意打ちとだまし討ちでルドラストームを撃ちつつ、シーフの命中装備と、あと数あるアビリティの効果をちゃんと覚えようと思ったのでありました。LSの大王様(仮名)が神々しいぜ。
 しかし、こうして色々なジョブの取り回しを考えていると、脳の容量がオーバーしていくのであります。本当は召喚士も鍛えたいのですが、そんな脳の余裕がどこにあるのだろうか……。

 冒頭の惨劇は、石像を複数ポップさせる罠石像にひっかかって全滅した図です。私が石像のトリガーを引いたような気もする。平謝りしました……(笑)。
posted by さとみん at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年02月27日

語義:解決や実現が容易だ。たやすい。

shurave.JPG
 オレってほら優しいからさ、と自称して皆に「え……」という顔をされるタイプ。

 LSの大王様(仮名)が、黒魔道士でのデス用の装備を集めている気配です。どうやら今はフレキリングをご所望のよう。
 「★修羅の道ってシーフソロできるのかな?」と訊かれたものの、上位修羅はもはや私には縁のないものと思い込んで脳内から抹消していた私にわかるはずがないよ!(こんなパターンばっかりである)

 その後、大王様はソロでとてやさに突貫してみたところ、「ギリギリ勝てたけどしんどいな」とのこと。
 それなら、多少なりとも援護する人がいれば、もうちょっとラクに勝てるのではないか……と思い、日頃のお世話に恩返しするために、白/赤で一緒にとてやさに突撃してみました。
 シ、白/赤、AAEV、セルテウス、アシェラII、ユグナスという組み合わせ。ワタクシのお仕事は、バイオIIを切らさないこと、オヴニルの防御力ダウンを即治すこと、ユッグの攻撃力アップを即ディスペルすること、ヴァルファズルの呪いと静寂を即治すこと、あと必死にケアルすることです。

 とりあえず、これで割と安定して勝てました。ユッグのヒューマンキラーが強烈で、ここでひるんでバイオやディスペルに失敗している間に斬鉄剣・鋼が来たりすると、しんでしまいますが(笑)。それを乗り越えられれば大丈夫。ユグナス様は距離を取っていくタイプのフェイスなので、ゲイルレズの頭割りに参加してくれず、大丈夫かなと思ったのですが、とてやさなのでそこまで凶悪な値にもならず、何とかなるようです。

 これが「やさしい」になると、斬鉄剣・改が解禁されるわ、ドレッドスパイクやエンダークやメルトンを唱えるわで、いきなりハードルが上がって「やさしく殺される」BFになってしまう訳ですが。つまりなんだかんだで、とてもやさしいは、ちゃんととてもやさしいということですね。どこがやさしいんだと問い詰めたい気持ちをぐっとおさえて、今後も周回したい所存です。

 あ、フレキリングどころか、装備品は1つもまだ拝んでいません(笑)。
タグ:★修羅の道
posted by さとみん at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年02月25日

地味にコーマ糸が懐に響く

mikire.jpg
 カッコよく待機する忍者のSSを撮ろうと欲をかいたら、タイミングが狂って見切れました。

 このところダイバージェンスに誘ってもらえる機会が増えて、なんと忍者も全部位の強化フラグをゲットできました。これで白魔道士・詩人・忍者のレリックを119+3にできるように!
 ……うん、「できる」なんだ。「できた」訳ではありません。【お金がありません。】【助けて!!】 英雄の結晶は99個貯まり次第全部売り払っているのですが、それらは右から左へエスカッションの触媒代に消えてます。

 あとIL119にしているジョブは、シーフと獣使いで、エインヘリヤルにしか出さない獣使いはまぁいいとして(笑)シーフはレリック手のトレハン+4が垂涎すぎてフラグを取った方がいいような気もするのですが、私のヘボすぎるシーフをダイバーにお出しするのは大丈夫なのか、という不安が……。

 今のところ強化したい装束は、メインの白を全部位(役に立つ立たないではなくて、メインの意地)、歌詠唱短縮がアップする詩人の足、空蝉詠唱短縮がアップする忍者の胴あたりでしょうかねぇ。忍術の魔攻やダメがアップする忍者頭足も気になるけれど、うん、何度も言うけど【お金がありません。】

 ダイバージェンスは、私以外のみんながぱわふりゃーなので、私はとても気楽な気分で参加できています。白での回復もアンバス1章に比べたら余裕だし、詩人でも立ち位置がゴチャゴチャになりがちなので歌い分けに失敗してもみんな大目に見てくれるし(ぇー)、忍者では何も考えずに殴ってるだけだし(ダメですそれは)。
  たぶん、wave3ボスの討伐とか狙ってカリカリするような場だと違うんでしょうけど、それはダイバーだけの話でもなくて、結局のところメンバーのスタンスと、どこまで失敗を許容して効率を追求するかという話に戻ってしまう気がする。鮒師匠(仮名)は褒め上手で、常にメンバーを褒め続けているので、それが空気をよくしてると思います。なのでダイバーが疲れてギスってる人は、メンバーを褒めるのがいいと思います。

 個人的には、現在のヴァナのコンテンツは、難易度や投下するコスト(ギルや労力や色々含めて)と報酬は、実は結構釣り合っている気がしています。オーメンボスルートと、ギアスフェットCL135以上は、参加人数が多くないと厳しい分、もうちょっと報酬が多い方がいいと思うけど、それくらい。アンバスとダイバーはなんだかんだで釣り合ってるのかなーと。
 ただまぁ、人間というのは、自分の労力は過大に見積もるし、もらえるものにはすぐ慣れが生じて有り難みを覚えなくなるので、ゴブリンに「ヨクボウ、サイゲンない」と言われることになるのだろうなぁと。

 かと言って、今の私に、「ダイバーはイヤだけどそれ以外のコンテンツの報酬では不満」という人のスタンスを変えることはたぶんできないので、黙々と目の前のスケルトンを倒してパピルスを分解する仕事に戻るのでありました。
posted by さとみん at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年02月13日

かつてブラスターで全滅したということじゃ

couerlVD.jpg
【ネコ】【逃げて!!】

 今月のアンバスケード2章は、ボスのリンクスとお供のクァールという2匹の【ネコ】。
 ですが……実は、小鳥さんで「とてむず」にチャレンジしてみたところ、ギミックも何もわからないままひたすらにゴリゴリ押して勝ってしまい、何も有益な情報が得られていません(笑)。
 い、いや、何も作戦がなくても、ごりごり押せば勝てる!というのはとても有益な情報だよ!(必死)

 とりあえずモ/踊、AAEV、セルテウス、コルモル、クピピ、ナシュメラIIという、回復厚めのバランスパーティで突入し、お供から倒してボスを倒すという順番でやりました。
 全然確証のない体感なのですが、お供がいる時の方が、状態異常の技を使ってきていたのが、お供がいなくなると怒髪・バウンスを連発するようになったので、お供を倒すのが状態異常を防ぐことなのかな? ただ、お供がいなくなったらボスが被ダメカットが入ったような気がします。後半はWSのダメージが半分くらいになっていました。お供がいないと範囲ダメージをくらわなくなるので、セルテウスの回復が機能しないことを考えると、お供を倒すまでの間にいかにMPを温存できるかが勝負かも?
 ボスを先に倒すと、お供の挙動がどうなるのかなぁ。そっちもそのうち試してみたいと思います。

 という訳で、先月はかなり苦戦したアンバスですが、今月はかなり楽そうです。楽そうすぎて、何かちょっと「あれ?」と思ってしまう私がいる(笑)。
タグ:2章
posted by さとみん at 18:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年02月10日

アリに光連携

anticanin.jpg
 ひきょうにも後ろからWSを撃つでござるよニンニン。

「今日はパピルスを分解しました。光の幻珠が2個でした」「今日は大サソリの針を分解しました。重力の幻珠が3個でした」みたいな小学生の日記になりかけているヴァナライフですが、珍しく土日長い時間ログインできる予定だったので、リアルの家事に追われつつも幻珠取りをしてました(結局幻珠なのか)。
 そんな中、「アンバスケード1章に前衛で来て」と鮒師匠からお呼びが。今月の1章は、白の枠がないので全然行くつもりがなかったのですが、光連携を作れる前衛が必要なので忍者で瞬を撃てとのお達しです。最初は「シーフでマンダリクスタッブ撃って」と言われていたのですが、シーフは先日発覚した通りアレでソレなので、まだ忍者の方でよかった。
 ボスの砂岩嵐が脅威で、蝉を厚く張り、さらには念押しで身替の術を展開することで耐えます。蝉は貫通しないようで、陰忍で後ろから殴っているとあまり蝉を消費しないので、割と何とかなりますね。

 学者さんの震天連携に合わせるので、TPが稼げるかなぁと心配しましたが、ごとらさがり、じゃない五虎退と、先日いただいたマリグナスブーツのおかげか、こちらも安定。
 一番大変だったのは、連携のタイミングをはかることです(笑)。特に震天連携と組むことは普段少ない上に、後衛用に連携エフェクトを切っているので、撃つのはいつ!?みたいな感じに。珍しくバトルエフェクトをオンにして、視界がきらきらする戦闘です。

 とりあえず何とか1章のとてむずを何回かクリアでき、ホールマークをいただけました。心臓はバクバクして緊張したがな! 前も書きましたが、私にとってはアンバス1章の方が、ダイバージェンスよりもはるか疲労度が高いコンテンツです。楽しいけどね。
タグ:忍者 1章
posted by さとみん at 11:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ