2021年02月14日

手打ちでcallしても何とかなる

20210213-205225.87-2.jpeg
 忘れずに戦闘前にSSを撮りました。

 いつのまにかLSの鮒師匠(仮名)が王のトリガーをコンプしており、「みんなで王行きましょう」と誘ってくれました。気がつけば2パーティのアライアンス集合。2アカもあるとはいえ結構な大人数である。剣戦戦シ吟コ召赤風白白……だったかな?

 王の敗北パターンは、最後のガールデ→プロフィラクシスの通称DPSチェックがどうしても越えられないというやつ。DPSチェックは悪い文明である。FF14から輸入された悪であるぞ。全てナオキが悪い。(誹謗中傷)
 今回、このガールデが来たらいったんアタッカー陣は戦闘をストップして強化まで待つこと、プロフィラクシスが来たら全力攻撃することを確認です。
 とはいえ、とにかくログが大量に流れるこのゲーム、ガールデやプロフィラクシスの構えを見るのは大変なので、常にログを凝視する後衛がなるべく声を掛けることに。

 最初のエビュリエントナリフィケーションで、後先考えずに大ケアルをぶっぱなして王のタゲを取り殴り殺された白魔道士タルタルがいたらしいですが(滝のような汗を拭いつつ)、他のメンバーのフォローで事無きを得ました。し、しぬかと思ったぜ(死んだのでは)。さすが王、一撃で1700弱くらいました。文字通り一撃死。普段盾役が0ダメでも私のようなやわらか白魔道士はそうはいかない。

 この愚かなタルタルの振る舞いでみんなの心が引き締まったのか、その後はトラブルなく進み、ついにガールデのログが。必死にcallを手打ちで(笑)連打して知らせ、全員退避して改めて強化です。よし次行くぞ!とセイレーン様が一発殴ったらもうプロフィラクシス発動。またも手打ちで(笑)知らせて全員総攻撃。アストラルパッセやらアーマーブレイクやら何やらが飛び交い、「いそいで」とチャットしているうちに、「!!」が出ました。
20210213-211916.11-2.jpeg
 オウ・オビリテレーターの称号ですぞー!
「!!が突然出たから自分が!ってなった」(LS赤魔道士・談)

 ドロップは王将の首飾りと月光鋼、月光の珊瑚でした。よかった! 王将枠で小札が出る悲劇を避けられた! 王将のドロップ品を正規のルートで見たのなんていつぶりか、もう忘れてたよ!
 首飾りは、LSでいつも頑張ってくれているさんたさん(仮名)がお持ち帰りになりました。めでたしめでたしである。

 とりあえず、ちゃんとガールデを乗り越えられることがわかったので、また行きましょう。今度はcallのマクロをちゃんと作っておきます……いつも「マクロ作っておきます」って思ってる気がする(笑)。
タグ: オーメン
posted by さとみん at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2021年02月10日

悪魔五変化

20210210-172103.86-2.jpeg
 そういえばインプもデーモンである。

 バージョンアップでっす!
 ログインしてすぐに蝕世のエンブリオに取りかかり、たぶん今月実装された分まではクリアできました! 今回もまたサンドリアの人間模様があってよかったです。ヒントもちゃんとあったし。その話はまた今度。
 
 エンブリオの後は、何といってもアンバスですよ2章ですよ。まずは小手調べで、さとみんで「むずかしい」に勝利してきました。
 2章は、デーモン族揃い踏みということで、今回はマス対マスの戦いです。アーリマン、タウルス、デーモン、インプ、ガーゴイルが全部出てきました。
 松井神のお告げによると、倒す順番が重要とのこと。が、初回はよくわからないのでとりあえず魔法を使ったり遠隔を無効にしたりするめんどくさいアーリマンから殴って後は流れで攻撃だ。

20210210-172156.54-2.jpeg
 とりあえず気付いたことは
アーリマン →精霊魔法を使ってくる、ガ系も唱えてくる感じ
タウルス →ふつうにタウルス、トライクリップとかで蝉が消えて泣ける
デーモン →いつものデーモン
インプ →なんか大量のブリンクを張っていてなかなか倒せなかった。ブリンク発生の条件がありそう
ガーゴイル →時間経過か、何かの条件で自動的に追加ポップしていく。でもこちらから攻撃しない限り動かない。悪疫などの状態異常スフィアを展開する。離れればスフィア効果が及ばなくなるので、スフィア範囲はそこまで広くない。HPは低め
という感じです。
 ちなみに、ガーゴイル以外の敵を全部倒しても終わりません。動かないガーゴイルも全部倒さないとクリアにならないのでご注意を。

 今回はアーリマン→タウルス→インプ→デーモン→ガーゴイルの順で倒しました。複数敵ですが、ターゲットはそこまでぐらつきません。ある程度ヘイトを共有しているのでしょうか。
 インプのブリンクが謎だったので、もしかしたら倒した敵の数でブリンクの幻影が増えるとかあるのかなぁ。今度はインプを最初に倒してみようかな。

 複数敵ということで、スリプガがないときついかと心配していましたが、何とかなりそうですね。ぶるぶるさんでどこまで行けるか、がんばってみます。現場からは以上です!

タグ:2章
posted by さとみん at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2021年02月08日

アタクシ、ネコじゃありませんことよ

shishastart.jpeg
 遠くに見えるは女神の使者。

 最近召喚士を鍛えているフレンドさんが、装備集めに奔走しておりまして、「上位ケット・シーBFに挑んでるけど、とてやさ50戦装備なし;;」と嘆きの声が聞こえてきました。。
「ソロだと、レベル?ホーリーが強すぎて、とてやさじゃないと回せないんですよね〜」という声を聞いた鮒師匠(仮名)が、「じゃあLSで行きますか」とみんなを集めてセルビナへ突撃することに。

 剣赤シコ風+へっぽこ吟。光カロ2種にスケルツォ、マーチで光耐性を上げてホーリーを防ぎつつ、蛮族の如くタコ殴りしてやられる前にやる作戦です。
kokononeko.jpeg
 みながヴァンダルヴァンダルと殴り続けるのでケット・シーが全然見えない。

「やさしい」から始めて1段ずつ難易度を上げていき、最終的には「とてむず」までいきましたが、一応何とか、4戦4勝しました! そして「ふつう」以上では装備もきっちりドロップ、やったね!
「ハハハおれたちに勝てぬ敵などなかろう」「ちゃんと装備出るんだな」「リリスも見習ってくれ」
 口々に皆が健闘を讃えあう中、ナイトルマルカート(ソウルボイス)時用のカロルのマクロを作ってなかったので冷や汗流しっぱなしだった吟遊詩人がいたらしい。

 一応、エレジーとレクイエムを入れてはいたのですが、これだとディバインフィーバーをいっぱい使われてホーリーの威力が上がるらしいので、どっちがよかったのかなぁ。ディバインフィーバー連打になれば、ミュインララバイやイアリーアイを使われる頻度が下がるので、タコ殴りするのならむしろこれでよかったのか?
「とてむず」ではかなりきつくてホーリーをレジストできず、終盤、私とシーフの大王様(仮名)がずっと戦闘不能になってました。ちゃんとナイトルマルカート(orソウルボイス)を使っていれば、もっと余裕があった気がするので、次はちゃんとマクロ作っておこう……。
 ナイトル状態だと詠唱速度が変わるので、マクロを個別に作る必要があって、結構難しいですよね。詩人の皆さんはどうしてるんだろう。光速でパレット切り換えで対処してるんだろうか。いわゆる神詩人の立ち回りやマクロパレットは、高度すぎて自分で展開できないので、参考にするのも難しくて困ります(笑)。

 とりあえず、パルーグリングがまだドロップしてないので、また行きましょう。マクロ作っておきます!
posted by さとみん at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2021年01月13日

いつもは見せない君の顔が見たい

noroidetaoreta.jpeg
 戦闘不能は新コンテンツの華よ。

 オデシージェール、通称監獄。モルディオンとかボストーニュとかと間違えそう(笑)。
 モグセグメントが3000×3必要と聞いていて、こりゃ行けるのは相当先かなぁと思ってたのですが(あんまりオデってないのでせいぜい5000くらいしか貯まってない)、初回はお試しでモーグリさんがトリガーをくれました。これは課金アイテムへ誘導するおなじみのアレ!(違います)
 という訳で、LSのみんなが行ってみようぜ!と誘ってくれて、突入してみました。

 ジェールの一番のキモは、「3回突入できるけど、その都度全員違うジョブじゃないといけない(フェイスも同じものは呼べない)」「サポ無効」この二つ。
 1回だけなら、安定の鉄板構成で強化もりもり飽和攻撃で行くことも可能ですが、3回やろうと思うなら普段と違う構成で行かなければいけません。これが面白い。
 またサポ無効なので、立ち回りもいつもと違います。普段ならサポ白でケアルやイレースを飛ばせる詩人も本当に歌だけで勝負、とか、新鮮な立ち回りで楽しすぎる! こういうの大好物です!
Junbi.jpeg
 準備のエリアにいられるのは合計15分だけなので、お着替えが忙しいのだけが難点です(笑)。あとPorter Moogleさんがいないので、預り帳を使えないのも、痛い人がいそう(ていうかフレがVU前にそうこぼしていた)。

 今回3体のボスと対峙し、なんとなんと、3体とも倒せました! まだ全部のボスをやってはいないと思いますが(なんか画像が出てた鉄巨人とか会ってない)何とかなるもんですなぁ。
 編成が色々と面倒ではあるのですが、ボスの各種パラメータはそこまでご無体なことになってないので、実はアンバスHQ2装備くらいで十分対応できそうな手応えでした。なので最高装備をその都度必死にワードローブに入れて……とやる必要は、実はないんじゃないかな?

 1体目、フルトゥリーニ。最初なのでとりあえず一番慣れたジョブでみんないくかと、編成は剣戦シ黒風白。範囲フラッシュとか範囲バイオがあるけど、HPがそんなに多くなく、殴ってたら終了。
「勝てた」「雑魚だった」「マジか」
 調子に乗る一同。

 2体目、赤いアンブリル。編成はナモ青赤獣吟。
「しまったこっちがMB構成だった」
 とりあえず殴り出してみたら、そこまで物理カットがきついという感じでもなく、いけんじゃね?と思ったのですが、範囲麻痺や暗闇に加え、範囲死の宣告!という恐怖の攻撃が飛んできました(笑)。聖水を連打するも、死にまくる一同。
 ナイトさんが懸命のレイズを飛ばし、詩人で参加した私は、もう何年ぶりかに歌う(笑)「女神のヒムヌス」を歌いまくってゾンビ作戦決行。残り1分でギリギリ勝利。
「勝てた」「ヤバかった」「ダメかと思った」
 安堵する一同。

 3体目、巨大なアクエフ。編成は忍侍踊狩コ学。
「またMBだった」
 なんと私が忍者で盾ですよ。怖い。ヤバイ。アクエフは蝉殺しだけど忍者で盾。消える端から3種空蝉をひたすら唱えまくる。あと呪縛や暗闇や幽林や哀車の術をちぎっては投げ、ちぎっては投げしてタゲ取り。毒スフィアが怖過ぎですが、踊り子さんのワルツと学者の範囲リジェネがあるから相殺だな!ヒヤヒヤしながらも勝利。
「勝てた」「リジェネ最高」「ケアルでやってたら禿げる」
 一同がリジェネを讃える中、ひとり「ケアルガしまくれて楽しそう!白で参加したい!」と浮かれていた、普段白魔道士でしかパーティに出ないケアルジャンキーのタルタルがいたとかいないとか。

shinsoubi.jpeg
 とりあえず解放された装備は、ペットジョブ向けの3品。どれもペットジョブには垂涎の品です。しかもこれにオグメ強化も加わるはずなので、楽しみですね!
「割といけそうだったね!」「からくり使ってる○○さんにこれを取らせてあげたい」「順調だったな!(2戦目の記憶を消去しつつ)」
 みんなで健闘を讃えあって解散となりました。

 こういう、普段と違う立ち回りをする戦闘ってすごく楽しいので、嬉しいなぁ。フェイスもいつも呼ばない子を呼べそうだし。今後オープンされるボス次第ではありますけれど、オデシージェールは、私の好みにガッツリ合致ドストライクになる可能性を秘めてますよ! さぼりがちだったソロオデシー巡りも、再開したくなりました!
タグ:オデシー
posted by さとみん at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2021年01月12日

牛からお年玉

20210112-161120.51-2.jpeg
 止めろ暴れ牛。

 バージョンアップでっす!
 今月の目玉は何といってもオデシーボスエリア。突入条件が、もぎヴァナの説明だけではかなりややこしく感じたのですが、やってみたら意外とすんなり理解できました。
 とりあえずLSのみんなとお試しで1回突入してみましたが、「お、これ思ったより何とかなるじゃね?」という感じです。サポ無効ということで、いつもと違う戦い方をすることになるので、それが実に面白い。こういうの大好きー!ヽ(´ー`)ノ

 さてアンバス2章、とりあえずさとみんの忍者で、「むず」と「とてむず」を1回ずつクリアしてみました。
 今月はバッファロー。敵の特殊技は、スノート、ランパントナウ、ラピッドダンスあたりは確認しました。
 がっ、今回は割と真っ向勝負というか、あんまりギミックがなくがっぷり四つに組んで戦う感じで、さとみんの忍者では特に危なげなく勝利してしまいました。蝉でかわせる技が多いので、忍者に超向いてる敵だったとも言える(笑)。

20210112-161431.36-2.jpeg
 今回気がついたのは、途中でギルが手に入るギミックがあること(笑)。
 まだ確信は持てませんが、どうも、スノートをスタンで止めるとギルが手に入るのかな? 他の特殊技ではどうなのか、他に条件があるのか、フラリッシュとかでもいいのかはまだわかりません。
 莫大な金額という訳ではないので、コレ目当てでスタンを必死にやる必要もないとは思いますが、発動するとちょっとほくほくした気分になれますね!
 →2021/01/17追記……どうやら単なるログのバグだったようで(笑)メンテナンスで修正されました。なんかちょっと残念(笑)。

 とりあえず明日はぶるぶるさんのナイトでクリアできるか、試してみたいと思います。ぶるぶるさんの方はもう少し苦戦すると思うので、さとみんの時ではわからなかったギミックがもうちょっと明らかになるのではと期待しております。現場からは以上です!
タグ:2章
posted by さとみん at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2021年01月06日

リフキンが生きているうちに終われば勝ちだ

bulbullost.jpeg
 前にもこんな風景を見た、ような……

 今月、というか12月分のアンバス2章はハートウィング族ということで、いやー苦戦しました、というか苦戦してます(笑)。強いよ! えみりんがこんな強い敵チョイスするからー!(責任転嫁)

 とにかくハートウィングの特殊技が凶悪で、MPか、TPか、HPか、アビリティリキャストか、その全部か(笑)をことごとく根こそぎ削っていくので、リソース勝負になります。一応、アンブリルを倒すことによって出るお助けリフキンもいるのですけど、彼らは一定時間でいなくなってしまいますし、ぶるぶるさんの現在の手持ちのリソースでは水系魔法で延命させることもできません。
 基本、リフキンがいるうちにハートウィングを倒せれば勝ち、ダメだったら泥仕合の末敗北というパターンですね。
 そして、このリソース強制消費という特徴ゆえに、難易度を低くしてもあんまり易しくなりません(笑)。ぶるぶるさん、ふつうで3連敗した時にあきらめて「やさしい」にしてみたのですが、全然簡単になりませんでした。何とか勝てたので、やさしくはなってると思いますが。

 とりあえず、マツイP・コルモル・ヨアヒム・ピエージェ・シャントットIIという組み合わせで頑張っています。ヨアヒムはMP/TPに依存しない貴重な回復支援要員。まぁしょっちゅう歌が消されるのでずっと歌い直してるけど。
 マツイPが優秀過ぎて、連携・MB・支援・スタンを全部ひとりで担ってくれるので、今回欠かせません。もぎヴァナモードじゃなくて、仕事してる時のレジェンドモードの松井さんだった……。今からマツイロスが怖い。

 まぁ、リゲイン持ちで全体回復できるセルテウスや、アシェラ無印やイングリッドIIやリリゼットIIがいると、実はだいぶ楽になるような気はします。つまり、早く各種ミッション進行しないとってことなんですけど!(笑)
タグ:2章
posted by さとみん at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2021年01月05日

今年は盾年

Shield-drop.jpeg
 アムラピシールドドロップ率ダウンスフィアを打ち破った瞬間。

 ログインして軽くチョコボ掘りなどこなして、さてデイリー目標でもクリアするかとゴソゴソしていたら、LSの鮒師匠(仮名)が「オーメンカードキャンペーン今日までだけど、誰か行く?」と声を掛けてくれました。
 が、他のメンバーの反応が微妙。今日はなしかなと思っていたら、さんたさん(仮名)が「それじゃ、アムラピシールドを取りに桂馬行きましょう」とさらなる提案を。

 アムラピシールドだと!? 知っているのか雷電! 強化魔法延長効果アップの垂涎の盾ですが、さとみんにはこのアイテムのドロップダウン永続スフィアが発動しているため、これまで何度となく行った桂馬でも、そもそもドロップ自体1回しか見たことのない(そしてその時は主催者さんの優先アイテムだったのでロットもしていない)幻の存在なのだ!
 という訳で、剣黒黒学風+へっぽこ白で、アムラピシールドがドロップしなくてガッカリツアー、はじまるよー。
 
 途中の中ボスはCraverだったため、痛覚同化はなし。かつては脅威の一言だった風景同化+回転木馬のコンボも、ガチガチに固まって広場の隅っこにうずくまって殴りつづけるという作戦により、対処がラクになりました。みんな被ダメカット装備が充実してるせいか、大ケアルガの必要もなくて、むしろ白の仕事がないくらいだよ!(範囲イレースしないの?)
 Craverのドロップは、結晶と、ヌスクシールド。
「遠隔用の盾だった」「これ持ってる」「盾は盾でもこっちじゃない」
 贅沢を言う一同。

 さて順調に途中エリアを踏破して、桂馬です。範囲内のプレーヤー人数×2500ダメというダンシングフラーが危険な敵ですが、もはや処理も手慣れたもので、戦闘自体は余裕ですy
 ダンシングフラー!
   → なんか事故って魔導剣士が蒸発!
 やべええええ事故ったああああああ!

 慢心、ダメ絶対。という訳で、そこから6人中5人が戦闘不能になりましたが、きたない白魔道士はみんなを盾にして生き残りましたよ。滝のような汗を流してレイズとケアルとプロシェル。幸い、学者さんのオーラが撒かれた後の出来事だったので、MPは余裕がありました。私以外の皆が強いので、そのまま全員の衰弱が治るまで持ち堪え、何とか桂馬を撃破。
 ふーよかった、盾どころか負けるかと思ったよ。【エキサイト】【ありがとう。】
 ……とか言ってたら、ログに燦然と輝く「アムラピシールド」の文字が!
「なんかね、今日出るような気がしてた」(byさんたさん)

 という訳で、私のアムラピシールドドロップ率ダウンスフィアを打ち消すには、5人もの冒険者の尊い生け贄を捧げる必要があることが明らかになったところで、無事に私はアムラピシールドを入手したのでありました。ありがとう、ありがとう! ずっと欲しかった盾のひとつでした! がんばってSFエスカッションの方も入手できるようにします!

 お互いの健闘を称えあって出口に向かったら、「光が膨れ上がる!」のログが出て、何とびっくり宝箱部屋。
「マジか」「箱部屋……だと……」「明日交通事故にでも遭うのか」
 LSの菩薩・大王様(仮名)の徳をもってすれば、アムラピシールドだけでなく宝箱部屋すら引き寄せるのか。

 箱の中身は、数千ギル(笑)と、アダパシールドでした。
「今日のドロップ全部盾だ」「盾年か」「これ持ってる」「持っててロットできない」
 アダパシールドは電子の海に還っていきました。
 ……アダパシールドはいいんですけど、オーメンの宝部屋、もうちょい何とかならないですかね(笑)。せめてギルは100万単位で出てもいいと思うんですけど(笑)。
posted by さとみん at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年11月30日

いつも支援があると思ったら大間違いだ

949CA244-F130-49CA-93A5-289B043A05A1.jpeg
 これでアルドごっこがはかどる!

 ギリッギリになってしまいましたが、ライオンからの挑戦!2020年版を何とかクリアしました。1回でインフィルトレータをゲットです。アルドシャツと一緒に装備すればアルドごっこができる!かも!

 しかしこのBF、割と容赦のない戦闘で、「この3人はこんなに強いのに……なぜ……ミッションではあんな扱いをされてしまうのか……」とある意味不憫になってしまうくらい強いです。いつもオデシーに行っているメンバー4人と、フェイスを入れて何回か挑戦してみたのですが、それだとどうしてもライオンを削り切ることができずに全滅するか時間切れになってしまいます。
 結局リーダーがシャウトで魂の入った冒険者を2人スカウトし、必死に殴りまくって勝利しました。

 ザイド兄貴の強烈すぎる暗黒、アルドの痛いショックストームエッジもさることながら、ライオンの「強化全消し+バインドやらスタンやら防御力ダウンやらてんこもり+しかもWS2連続+そのうえ絶対回避」というのが大変で、フル強化の飽和火力で押し切る戦術に慣れ切ったわれら冒険者はズタボロにされてしまいます(笑)。
 今回はモンクさんと暗黒さんが加わってのチャレンジでしたが、モンクさんは支援がない状態でも非常に安定感のある削りをしてくれ、暗黒さんは自己強化が間に合えば回復も自分で賄ってくれるという感じで、白としてはとても助かりましたね〜。まぁ……間に合わずに暗黒さんを1回戦闘不能にしてしまったの……ですが……。

 なんだかんだで、6人冒険者が揃えばちゃんと勝てる……という手応えのBFで、無理に少人数でやろうとするのがよくないのかなーと思いました。やはりフェイスよりも、魂の入った冒険者の方がずっと強いです。絆パワーは強い。そういえばBFのテーマもそんな感じだった。
posted by さとみん at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年11月27日

自爆は常に冒険者を苦しめるのだ

自爆怖い-2.jpeg
 跡形もなく。

 今月のアンバス2章、ドキッ☆自爆だらけのぼむぼむ祭り!ですが、ほんとに自爆だらけでぼむぼむされて散っております(笑)。
 電撃の旅団さんの月刊★アンバスケード2020年11月号のおかげで、ゴールデンボムの出現条件が、「物理攻撃と魔法攻撃の量を揃える」と判明した訳ですが、まだフェイスも揃っていないぶるぶるさんではこれをクリアするのがかなり大変です。どうしてもどちらかに偏ってしまう。
 さらに、その調整に気を取られていると、自爆でえらいダメージを受けてしまって後が続きません。難易度「むずかしい」だとつるっと4000とか5000の桁のダメージを受けるので、自爆=ゲームセット。そしてぶるぶるさんの火力では、自爆の前に叩き込むこともできず。む、むずかしい……!
 難易度「ふつう」でも2500とかダメージを受けて散ることも多いので、きついですなー。

 という訳で、難易度「やさしい」や「ふつう」で、ちまちまと「ゴールデンボムが出ますように!」「自爆しませんように!」と祈って戦うという、神頼みアンバスになっております。
 いっそのこと、アタッカーをシャントットだけにして、ボムの大きさをちゃんと調整しながらやった方がいいのかなぁ。難しそうだけど……(笑)。

 そんなこんなで、今月も残り少ないのでどこまでやれるかわかりませんが、黄金ボムをめざして戦いますよ!
タグ:2章
posted by さとみん at 16:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年11月11日

ごーるでんぼんばー!

kokoronokizu.jpeg
 SSを撮ったと思ったのに撮れてなかったので、傷心のジャボス氏ワンカット。

 今月のアンバス2章、とりあえずクリアしてみました! さとみん(忍/踊)で「むずかしい」、ぶるぶるさん(ナ/戦)で「ふつう」です。
 今回はドキッ☆自爆だらけのボムボム祭りで、各種ボムが勢揃いします。ただし1体倒すと次のボムが出現するという形なので、複数を相手取ることはありません。
 出現するのは、ボム→スノール→クラスター→ジン→クラスターの5種類。そして、何らかの条件を満たすと、ゴールデンボムというボーナスボムが出現し、これを倒すとポイントが100点増えます。さとみんの時に1体出て倒せましたが、ホールマークが100点増えました。パーティだとガラントリーも増えるのか、やってみないとですね〜。

 ボムの特殊技も、ボスクラスの技を使ってくるものの、そこまで凶悪なものはないです。敵が単体なこともあって、ぶるぶるさんでやってみても先月よりかなり与しやすいという印象です。その代わり、ボーナスボムが出なかったりしますが……(笑)。

 ボーナスのゴールデンボムですが、どういう条件で出るのかはまだわからず。何となく、モンスターが出現してから一定時間内の短時間で倒すことができると、次のボムとの間にゴールデンボムが出る……ような気がしてますが、全く確証はないです。私の今までのこの手の予想は結構外れているので、あまり信用なさらぬよう(笑)。

 とりあえず、ぶるぶるさんでも「むずかしい」を倒せるかも?と感じたので、がんばってみたいと思います。月刊アンバスケードより先にゴールデンボムの条件を解明……できるかなぁ?無理かな(笑)。
タグ:2章
posted by さとみん at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年10月13日

口にクッキーの粉がついてますよ

halloweenmithra.jpg
 犬にのしかかられて自分の姿が見えない。

 バージョンアップでしたっ!
 今月はヴァナ・ディールの月11月に備えての小粒のバージョンアップとのことですが、アンバス2章が更新されているので余は満足じゃ。恒例のハロウィンアンバス、今年はミスラ族ですよ〜。
 このままいくと、来年はヒュームなので、やはりあのカンパニエでわれわれを震撼させた、闇百合のおねえさんが両手棍をぶんまわすのだろうか……。

 とりあえず、さとみんの忍者で「むずかしい」をクリアしてきました。
 ミスラのシャドウは片手斧をぶんぶん撃ち込んでくるので、蝉盾だと蝉が一瞬でなくなり結構大変です(笑)。お供は屍犬族で、こいつも殴ってくるので蝉が一瞬でなくなり(以下繰り返し)。
 いつもの通り、定期的にトリックオアトリートを使用して、こちらの食事効果を吸収&テラーかアムネジアか沈黙にしてきますが、お菓子を食べてればこの状態異常を防げます。松井神のヒントによると、今回はお菓子を食べている間は相手が強スロウ(お菓子を食べるのに忙しいから)ということでしたが、スロウというよりほとんど攻撃してこない勢いです(笑)。まぁ犬は攻撃してくるんですけど。わふわふ。

 犬がいる状態だとWSのダメージがいまいちな印象だったので、今回はお供がいると被ダメカットな気がします。ただお供は定期的に結構な頻度で呼び出し直されるので、都度倒していくか、もうあえて放置してじっくり削っていく方がいいか、その人の状況で分かれそうですね。
 さとみんはそれなりに力押しできるので、お供を倒してボコスカやってましたし、小鳥さんでもいけそうですが、ぶるぶるさんの場合はあえて雑魚を残して、地道に削る方がいいのかも? 向こうの攻撃は、手数が多いけどWS以外はそこまできつくはないような印象なので、盾カットに全てを託していなしていきつつ少しずつ削っていくのがいいのかなぁと。

 とりあえず、もう少しぶるぶるさんなどでやってみて様子を見てみるつもりです。現場からは以上です!(クッキーを頬張りつつ)
タグ:2章
posted by さとみん at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年10月08日

無欲こそ最高の特性

zanteturing.jpg
 出る時は出るんだなって。

 相変わらず「今日は分解の幻珠を買いました。ギルがなくなりました」という絵日記みたいなヴァナライフを送っていたら、★修羅の道のお誘いが来ました。
 赤魔道士のエン削りによるアレです。最初にマドマドマチスケ(or闇カロ)を歌い、フィナーレと風スレとエレジーとレクイエムを使ったら、あとはひたすらスーパー赤魔道士を/cheerするというやつです。ジョブ縛りが強烈ですが、確かに安定はします。安定なので、なんと「むずかしい」「とてもむずかしい」の連戦でした。
 詩人として色々アレなことが発覚するBFなので、個人的にはとても緊張します(笑)。

 そんな中、5戦ほど戦ったら、斬鉄剣とフロプトプレストとフロプトヘルムとフレキリングを拝みました……しかも、なんと斬鉄剣とフレキリングは2回も……!

「ほんとに存在するんだ!」「ダブルで出るとかあるのか」「明日死ぬのでは!?」
あまりのドロップぶりに喜ぶより先に恐怖が先に立つ一同。
 しかも、今回一番斬鉄剣を欲しがっている鮒師匠(仮名)が青魔道士じゃない方のアカウントで参加していたため、斬鉄剣が青魔道士をメインにしていないメンバーに流れていくという謎の事態。
「私青上げてないから……」「99だけど装備ないし……」「全然使ってないので……」
 斬鉄剣を譲り合うというまさかの展開。

 ところで私は長年、オーメン桂馬でドロップするというアムラピシールドが欲しいなぁと思っているのですが、私自身はアムラピシールドのドロップを1回しか見たことがありません(その時は小札希望だったので当然ロットせず)。仲間内では、私には「アムラピシールドドロップ率ダウン」の個人特性があると言われています。

「もしかして斬鉄剣は、鮒師匠がいない時にだけドロップするんじゃあるまいな」
「ドロップ率ダウン特性がここにもある……だと……!?」

 ……鮒師匠はいつもがんばっていて本当にえらい人なので、アルタナ様、私のアムラピシールドドロップ率ダウンの数値を上げてもいいですから、鮒師匠に真・斬鉄剣をあげてください(笑)。
posted by さとみん at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年09月15日

女神の愛撫効果アップっていつ装備するのが正解なんだ

tookudemimamoru.jpg
 石化しませんように!とだけ考えている。

 最近はアンバス1章にすっかりご無沙汰だったのですが、久しぶりに1章の「むずかしい」に参加してきました。鮒師匠始めフレンドの皆様に連れていっていただいたのですが。
 しかし今月のアンバス1章は、白魔道士耐久試験で、白の責任が重すぎて血反吐を吐いております。

 雑魚クゥダフの黒魔道士を先に倒すか、キープしておくかで戦術が変わってくるのですが、どちらでも白がきちんと動けないとたちまち詰むので、胃が痛い……。
 黒魔道士をキープする戦術だと、黒を沈黙状態にしていてもボスがサイレナで治してしまい、いきなりデスを唱えてきて盾が一撃死して終了、なんてことも。各種の特殊技が状態異常が多いので、ナ系とイレースに追われていると、ケアルが遅れたりします。
 黒魔道士を倒す戦術だと、グ・ダの哀しみを白がちゃんと回避し、その後電光石火でカーズナ→高位ケアルガ→ウィルナ→女神の愛撫→トーメント・オブ・グ・ダの石化にストナ→ケアルガ の一連の流れをとちらずやらないといけません。この間に位置取りをとちって自分が特殊技をくらったり、順番間違えたり、回復がもれたりすると終了。
 雑魚でも攻撃が痛いので、アタッカーがターゲットを取るとゴリゴリとHPがなくなっていきますし、いやー本当に怖いアンバスです。

 結局何度か事故ってやり直しをしたので、かなり時間を食いましたが、何とか3戦ほどクリアしました。が、かなり事故ったので白魔道士としてはもう反省しかありませんね……。
 最近は、アタッカーのパワーが飽和して、盾のタゲ保持能力を越えている場面が多いのが大変です。こないだ敵対心プラスの食事が追加されましたが、逆に敵対心マイナスの命中食事とか、追加されませんかねー!(笑)

 あと、超いまさら気付いたのですが、「女神の愛撫」効果アップの装備って、ひょっとして「女神の愛撫を使用する時」じゃなくて、「状態異常を回復する時」に装備してないとダメなんでしょうか?
 EBミトン+1つけてるはずなのに、全然愛撫の回数が増えてない気がして、おかしいなーと思っていたのです。これまで状態異常回復の手装備はFC+7%オグメをつけたカイロンを使ってたのですが、もし愛撫効果アップが回復時装備じゃないといけないとすると、他の部分でFCを稼がないと……!まぁディバインベニゾンが上限になってるはずなので、そこまでカリカリしなくてもいいような気がするんですが。
 こういうアビリティの効果アップのうち、「事前に使っておいて次の他の行動に影響を与える」タイプのアビだと、いつ装備するのがいいのかわからなくて、悩みますね〜。
タグ:白魔道士 1章
posted by さとみん at 07:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年09月10日

くるくる回るよ

kaiten.jpg
 回転に耐えろ!

 バージョンアップでっす!
 今月も、蝕世のエンブリオあり、アンバス2章更新あり、オデシーありと、やること盛りだくさんです。しかも明日からは色々キャンペーンもありますからね……幻珠集めと並行してですからもう忙しいったらないですね……!

 あっぷあっぷしながら、とりあえずまずはアンバス2章、マタマタ族の「むずかしい」を、さとみんの忍者でクリアしてみました。
 事前に言われていた通り、かなり硬めです。なので魔法がいるじゃろーと、メンバーはAAEV、ザイドII、アシェラII、ユグナス、シャントットII。大人げない本気構成です。
 ザイドさんのおかげで連携はそこそこ発生するので、アシェラちゃんもシャントット様も魔法をもりもり使ってくれますが、魔法であってもそんなにざくっとは削れない感じでした。
 ただ、普段は連携ダメージも1000とか3000とかをうろうろしているところ、いきなり13,000以上を叩き出したタイミングがあり、恐らくこれが「モード変化で特定ダメージが入りやすい」やつだと思います。

 モードは、通常攻撃やブレスを使ってくるものと、やたら旋回攻撃を連発してくるモードがあった気がします。旋回攻撃の時に、上記の連携ダメージがはねがったように見えたのですが、確実ではありません。
 終盤はユグナスのケアルガが間に合わず、シャントットIIが帰還してしまいましたが、何とか削り切って勝利。アシェラをIIではなく無印にするか、AAEVの代わりに自分が盾をして代わりにセルテウスを入れて、範囲ダメージに備えるべきだったかしら……?

 小鳥さんも、似たような戦術で押し切れそうな気がしますが、ぶるぶるさんはどうするかなぁ。マジェスティに全てを託して範囲ケアルしまくるやり方で「やさしい」がクリアできるか、どきどきしながら明日チャレンジしてみたいと思います。現場からは以上です!
タグ:2章
posted by さとみん at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年08月08日

夏だ西瓜だマンドラゴラだ

bulbulRafflesia.jpg
 お供のマンドラゴラは、本当はいっぱいいました。

 今月のアンバス2章、ラフレシアがお供のマンドラゴラを引き連れてやってきました。なつ!
 松井神のお告げによれば、「お供のマンドラゴラを倒すとラフレシアが弱体化するけれど、凶暴になるので、どれくらい倒すかを見極めるのかがカギ」とのこと。

 とりあえず、
ぶるぶるさん(スレビアNQ一式/足だけHQ/エミネンソードとシールド/首はサンクトネックレス)はナ/戦・ライオンII・コルモル・ピエージェ(UC)・シャントットIIで「とてもやさしい」、
小鳥さん(ムンムHQ2メイン/カランビット)はモ/踊・セルテウス・アシェラII・クピピ・シャントットII・AAEVで「ふつう」、
さとみんの忍/踊・セルテウス・アシェラII・ユグナス・シャントットII・AAEVで「むずかしい」、
とクリアしてきました。

 お供のマンドラゴラは、モグガーデンに登場する各種オールスターという感じです。再召喚はなし。
 各マンドラゴラが使う特殊技が固定されているようで、全部揃っている状態だと各種入り乱れて大乱戦になります。ヘッドバッドだけは全員使える感じかな? なので、厄介な特殊技を使うマンドラゴラを先に倒していくのがいいのかな〜。
 ボスは最初は被ダメカット状態のほか、いくつか特殊なダメージカットを持っているようです。マンドラよりも先に殴ってみたところ、クリティカルじゃない攻撃が0ダメージになったり、何をやっても1ダメージしか入らなかったりといった場面が多々ありました。
 マンドラゴラを倒していくとボスが凶暴化される……とはいえ、残り1体の状態でもそこまでダメージが凶悪になる感じではなかったので、お供は多めに倒した方が安全かなぁと思いましたが……さてはて。

 一応確認できた限りの特殊技は
Rhizome,Rosette → 夢想花
Stolon → リーフダガー
Cotyledon → 光合成
Anther → スクリーム,ダメージが全て1になる?
Bract → ペダルバックスピン?
 だったと思うんですが……殴りながら急いで殴り書きしてるだけなので、間違ってたらゴメンナサイ。

 ボスも範囲睡眠技を使うので、結構睡眠になることが多く、睡眠解除フェイスはいた方が安全そうです。
 とりあえずダメージ1にするAnther、夢想花で寝かせてくるRhizome,Rosette、状態異常技のBractあたりは倒しておくのがよさそうですね。
 「Stolonを倒すと物理ダメージカット(あくまで例えなので本当にそうという訳ではない)」みたいな対応関係がありそうな気がするので、それがわかってきたら、自分の得意な属性に対応したマンドラだけを倒して短時間クリアが狙える……のかな? 本を従えたドゥエルグ族と戦う2017年11月のアンバス2章に似たギミックなのかも?

 とりあえず、今月もちゃんと2章の敵を倒せそうなので、がんばりたいと思いますよ〜。ぶるぶるさん、スレビアに続き、フラマ装備NQも揃えられるといいな!
タグ:2章
posted by さとみん at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年08月05日

バランスよくいこう

 えー……最初に、本題と関係ないお話なんですが。
 先日、ワタクシのポストに、結構な数の幻珠が送られまして。
 たまにフレンドさんが、私の知らない名前の倉庫から幻珠を送ってくれることがあるので、今回もそれだと思って素直に受け取ってメモも取らずにいたのですが、心当たりのあるフレンドさんにお礼を言ったら「? 私じゃないと思います」と言われてしまい……!
 一体どなたでしょう私に幻珠を送ってくれた紫の幻珠のひと!ヽ(;´Д`)ノ
 もし送付間違いで、これ読んでいたら教えてください、お返ししますので!(汗)

 ……以上、個人的なお知らせでした。
 さて本題。

bulbulveryeasyclear.jpg
 もうすぐ終了の今月のアンバス2章、敵が物理技を使う時には物理で押し、敵が魔法技を使う時には魔法で押すというギミックでした。
 さとみんも小鳥さんも、割と問題なく「とてもむずかしい」をクリアできたので、ギミックがシンプルなだけでなく、全体的に穏やかな(笑)アンバスだったと思います。

「とてもやさしい」をチャレンジしていたぶるぶるさんは、装備もフェイスも整っていませんので、こちらの攻撃を物理系に偏らせて、向こうの攻撃を物理メインにしてみる(ナイトは物理に強いので)のを何度か試してみましたが、リアクトやエンライト、連携のダメージが意外とバカにならないようで、あまり物理に偏らせることができませんでした。
 結局、セミ・ラフィーナ、コルモル、ピエージェ(UC)、シャントットIIという組み合わせで、物理と魔法どちらも攻撃するようにするのが、攻略時間だけでは一番早かったです。シャントット先生のMBダメージが強すぎて(笑)むしろ魔法に偏ってた気さえしますが、ストンガなどをくらってもナイトのマジェスティ範囲ケアルで回復できるので、実は回復役のMPには余裕もあったり。
 マジェスティ……助かるな……!
 あと強化されたプロテスのおかげか、シックルラッシュで大ダメージを受けることもそれほどなかったです。むしろアシッドスプレーのダメージの方が痛かった。

 アタッカーをセミ・ラフィーナにしたのは、距離を取る遠距離系なので、範囲スロウの影響がないためです。テンゼンIIはまだ持ってないし。連携を狙わないマッキーチェブキーでもやってみましたが、どちらでもいいかなという感じです。セミ様だと連携を狙ってくれるので、物理魔法まんべんなく作戦だとこちらの方がよかったかな。

 結局ぶるぶるさんは、1日1回とてやさをクリアしかしていない訳ですが、それでも今月のホールマークが1800に到達し、なんとなんとスレビアNQコンプのみならず、スレビア足HQまで行けそうです。
 フェイス4人/アウトライ装備一式/エミネンソードとエミネンシールド/ギフトなし/メリポ強化もほとんどなし という状態で、1日1回でもまずはここまでは確実にいけるということは確認しました。
 ここから先が意外と長いのかも知れませんが、思ったよりラクだなぁという印象ですね。
タグ:2章
posted by さとみん at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年07月08日

蜘蛛なのは織姫のモチーフだったらしい

aurantia.jpg
 かわせシックルスラッシュ。

 バージョンアップでっす!
 ……何気に今月のバージョンアップ、ぶるぶるさんに恩恵の多い内容となりました。ご存知、ナイトのプロテス強化やリアクト性能アップはありがたいですし、さらにLv99になればいずれスカームもプレイするつもりなので、やりやすくなるのはとても嬉しいところ! 石もいっぱいドロップするようになるみたいですし、楽しみだなぁ。

 しかしそれを満喫できるのはもう少し先のこと。まずは、久しぶりの新作となったアンバスケード2章でございますよー!
 と、意気込んでいたのですが、何故か今日はネット回線の調子がものすごく悪くて、LSメンバーでオデシーに行ったら回線切断を2度もくらう有り様で、アンバスもしょっちゅうR0で止まってしまい……。あんまりちゃんとしたことはわかっておりません。

 とりあえず、忍サポ踊で「むずかしい」を手堅く勝利してきました。
 今回は、もぎヴァナ等で「敵が物理で押してきたらこちらも物理で、魔法で押してきたら魔法で対抗する」というギミックと発表されていた通り、モードが2つ(もしかしたら3つ?)ある模様です。
 シックルスラッシュを連発してくる「物理がよく効くモード」と、スパイダーウェブを連発してくる「魔法がよく効くモード」があります。後者ではバインド、ストンガIIなど土属性の魔法も使ってくるようです。アシッドスプレーを使うこともあって、これはどっちなのかなぁ……?
 モードの切り替えは、こちらの与ダメの性質によるようで、物理で押せば向こうも物理に、魔法で押せば向こうも魔法になる気が……します。この「魔法ダメージ」は連携ダメージもカウントされるのかも? とりあえず、ザイドII,アシェラII,ユグナス,モンブロー(寄付あり),シャントットIIというバランスパーティでやってみたところ、結構な頻度で魔法モードになりました。

 シックルスラッシュは蝉でかわせるので、もしかしたら今回は、空蝉活躍の巻かも知れません。物理だけで押せばスパイダーウェブを使われることもなく、強スロウを恐れずにボコれるのかも? もちろん、ナイトや魔導剣士の盾を据えて魔法で焼き払うのもアリと思います。
 今回は色々な攻略法がありそうで、面白いですね。チャレンジしがいがありそうです。現場からは以上です!
タグ:忍者 2章
posted by さとみん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年07月06日

自主的ハードモード

hard-gin.jpg
 ゼロアワーに備えておしくらまんじゅう!

 LSメンバーやフレンドさんたちと、久しぶりにオーメンボス戦をやってきました。大王様(仮名)が銀将の小札が欲しいということで、銀ルートへ2戦ほど。
 先日のオーメン王では詩人という慣れないジョブ(マスターにもなって慣れてないダメっぷり)での参加だったので終始緊張しっぱなしでしたが、今回は白だったので、若干落ち着いての参加です。
 2戦して、2戦とも中ボスがThinkerで、痛覚同化に泣くという展開でしたが、WSを同化されるのは免れて何とかクリア。
鮒師匠「通常攻撃しか反射されてないのに痛いじゃないか……w」
 われわれは強くなりすぎたのだ……。

 奇跡の光あふれるボーナス部屋も引き当てましたが、箱は少額のギルとアダパシールドで、「さっき見たよ……」とみんなでしょんぼりしてきました(笑)。光部屋のボーナス、もうちょいおいしいものにしてもいいんじゃないですかね。滅多に拝めないボーナスなのに、中身がギルだったりするとみんな無言になってしまう(笑)。

 痛覚同化に比べればもはやGinは気楽な部類で、呪いが解除できてないのにゼロアワーが連発されてしまうようなことさえなければ、回復も間に合います。危なげなく2勝して、小札も行き渡ってほっと一安心。アシェーラハーネス? そんなものは存在しないんだ、いいね?

 まだ飯盒に余裕があったので、あと1戦行こうかということになり、何かと不足しがちな桂馬の小札を取っておいた方がいいんじゃない?とジョブをいくつか変更して桂馬に行くことになったのですが……
 中ボスでまたしてもThinker。よりによって震天精霊パーティの天敵のThinker(笑)。3回連続Thinkerってどういうこと!? 一度スーパー黒魔道士の精霊魔法が反射されてしまい、労災が発生してしまいましたが、立て直して何とか次へ。
 次へ……
「すまん、間違えて銀ルートを選択してしまった」
 よりによって属性ダメージを吸収するGin(笑)。これは……【エキサイト】!

 幸い、パーティにはスーパー忍者もいたので彼に殴りまくってもらって、精霊アタッカーズも吸収されない属性を見つけてじっくり削っていけばいけるやろ、とそのまま続行です。
 削りのスピードがだいぶゆっくりめになるので、ゼロアワーが連打されることもなく、白魔道士的にはむしろラクだったことをここに告白いたします。無事に3戦目のGinも討伐して、ヤメラングもドロップしました。アシェーラハーネス? そんなものは(以下略)。

 ヤメラングは忍者やシーフでも装備可能ですが、私の忍者は投てきは手裏剣常駐だし、シーフもソロが多くて釣りをするためのブーメラン系が必須なのでとりあえずパス。他のシーフ持ちさんがお持ち帰りとなりました。おめでとうー! 釣りをしないならいい装備ですよね!
 なんだかんだで、自主的ハードモードになってもちゃんとクリアできてよかったなぁ。まぁ私以外のメンバーが強かったおかげで私は何にもしてませんでしたけど!(笑)
posted by さとみん at 10:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年06月17日

王を抹消せよ

Sat200613004426a.JPG
 名前を隠したら、顔も隠れちゃったー!

 お誘いをいただいて、久しぶりにオーメン・王の2連戦に参加いたしました。
 王といえば、アンファルタリングブラバードの後のケアルガがーダンシングフラーの瞬間にケアル飛ばして盾役を硬直させてはだめよーゼロアワーの後のケアルガがーとか、そんな記憶しかないのですが、実は今回はなんと詩人での参加。
 大丈夫か! 私の詩人は二刀流短剣でアドゥリン新区画のカニを撲殺していた通り魔みたいな狂気の存在なのだが、果たしてちゃんと歌えるのかおい!

 盾をする鮒師匠(仮名)いわく「歌は、マチマチ、闇カロを2つ重ねてください」。
 闇のカロルなんて歌うこと滅多にないなぁ! マクロどこにあったっけ、確認しないと……
「そんな歌は覚えていません」(エラーメッセージ意訳)
 ぎゃあああああ! カロル第二楽章、全属性覚えた気でいたけど、バレリアーノ一座で売ってない光と闇属性を覚えてなかったああああああ!ヽ(;´Д`)ノ

 血を吐きながら競売に走ったものの、こんな時に限って光のカロル第二楽章は売ってるのに闇は出品なし。まぁエコーズの産出だからね……店売りしちゃう人も多いよね……。
「倉庫にあったかもしれないから見てくるね!」という女神の如きメンバーの助けにより、何とか闇のカロルを2つ歌えるようになりました。めでたしめでた……し?

 そんなドタバタから始まり、道中はなんかひたすら「前衛に4曲歌ったつもりがマチマチピーピーになってるー」「後衛にバラバラしようとしたら忍者さんまで範囲に入っちゃったー」とかいう惨状で、王の挙動とか見ている暇なし。
 なんか一回、プロフィラクシスの後のDPSチェックに間に合わなくてリセットされた気がするけど、誰もSPアビを使ってなかったので削り直して2勝しました! プロフィラクシスが来たぞ、よしナイトルマルカートでみんなをパワーアップだ!と歌ってたら、歌が終わるはるか前に戦士と忍者とラムゥ様が大暴れして終わってました。

 ちなみにドロップは召喚用の帯が2つでした。王将の耳飾り?そんなものは存在しないんだ、いいね?
 という訳で、詩人としての立ち回りは100点満点中50点くらいだったとは思いますが(笑)クリアできてよかったです。自分のできは棚に上げて、楽しかったので、また行きたいですね! その前にカルンウェナンを作った方がいいけど!
posted by さとみん at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年06月14日

鯨に銛を打つ

ama-kujira.jpg
 的が大きい分外れないぜ!(必要命中が低いとも言う)

 久しぶりにアンバスケードの内容が更新……と言っても、リバイバルで、ケートス族1体が相手の「くじらぐも」アンバス。
 ギミックの内容はシンプルで、
「ベイリーンガージを使用したら、アングリーシーズ使用するまで被物理ダメアップ状態になる」
「コーダルキャパシターを使用したら、ブローホールブラストを使用するまで被魔法ダメアップ状態+消去不可のショックスパイクになる」
というもの。
 それぞれのダメアップ状態に、ものすごい他のデメリットや、向こうのパワーアップが来る訳ではないので、神経質にならなくてもゴリゴリ解ける爽快系の内容です。
「物理で押す編成にして、アングリーシーズをスタンで止め続ける」でも
「魔法で押す編成にして、ブローホールブラストをスタンで止め続ける」でも
「両方に対応できるようにして使い分ける」でも
「敵の攻撃を耐え抜いて、ボーナスを気にせず一定火力を保ち続ける」でも
それぞれのやり方の基本が整っているなら問題なくクリアできると思います。
 敵のHPが非常に高いのですが、こちらの回復リソースが底を突くほどの泥仕合になることもないので、お好みのやり方で突撃できるはず。

 今月は、小鳥さんのモンクで「とてむず」も安定クリアしました。
 私は、技を選んでスタンするのが非常に苦手なタイプなので(まぁ赤線スタンも得意ではないけど)、今回は「耐え抜いてボーナス関係なく殴り続ける」やり方でやってます。魔法モードだとショックスパイクがきついけど、死ぬほどではないので我慢すればいいだけ。これがドレッドスパイクとかだと吐血する羽目になるので、松井さんの温情を感じるぜ……(笑)。
(まぁドレスパだと、抜刀をコントロールしにくいフェイスメインでやると詰みますからね)
 一番注意が必要なのは、敵の攻撃による状態異常が多いこと。と言っても、アムネジアや脱衣などの一番厄介な異常は今回削除されているので(松井さんの温情その2)、丁寧に解除していけばOK。寄付済みのモンブロー先生がいれば非常にラクですが、いなくても大丈夫です。

 できれば今月中に、ぶるぶるさんもレベル99にしてアンバスに挑戦してみたいところですが……さてはて。がんばります。
タグ:モンク 2章
posted by さとみん at 13:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ