2018年11月13日

4曲練習中

 鮒師匠(仮名)と大王様(仮名)でアンバス1章行こうぜということになり、へっぽこ詩人で押しかけてきました。4曲デビュー!
 今回は大王様も魔導剣士の練習ということで、いつものジョブなのは鮒師匠だけ。レッツ訓練。まさに鏡だらけの部屋でみんなで爪先立ちしてる状態です。なので難易度は「やさしい」で。

 今回の1章リバイバルのトロールは、お供がオーラをまとうとボスもオーラをまとうので、お供のオーラを消すのが大事。オーラは属性と物理のWSで消えるので、範囲のWSをそれぞれ担当を決めて連打します。
 が、普段はイオリアンエッジ無双してくれる大王様が今回は魔導剣士ということで、範囲属性WSの担当がいない。
「さとみんさん、アヤモ着てイオリしてくださいね^^」
ΩΩΩ<ナ、ナンダッテー!
 ということで、歌はマチマチマドマド。自作のブリームスシHQを喰らって、ガーダで必死に殴る4曲デビューとなりました。思ってたんと違う。

1回目。私が4曲歌いに失敗してイオリを撃つ暇がなく、プレイアデスレイくらって終了。
2回目。私が欲を出して弱体歌とか歌ってたらイオリを撃つ暇が(以下繰り返し)終了。
 何と言うことだ……完全に「楽器だけ立派で歌が下手な詩人」になっている。これって、才能あるのに貧乏な主人公の前に現れる、カネの力で高級楽器持って取り巻き引き連れている、嫌味なライバルポジションのキャラじゃないか。
 そのたびに大王様が「私の魔導剣士が未熟だから……」と反省するのが申し訳ないよ! 大王様悪くない! このへっぽこ詩人のせいだよ!ヽ(;´Д`)ノ

 さすがに反省し、最初にマチマチマドマド歌ったら、余計なことをせずにアヤモ一式で殴ってTP貯まったらイオリアンエッジ、に集中したら、勝てるようになりました(笑)。プレイアデスレイが来ることもたまにはありますが、慣れてきたこともあり、ちゃんとリカバーができるようになってよかった。
 こうして最後はそこそこ稼いで楽しく終わることができました。

 しかしこういう不慣れなジョブでやるというのは、失敗も多いのだけど、それでもめげずに繰り返しやってみるとだんだんと立ち回れるようになる、というのがわかるのはいいですね。
 アンバスはやはり、こういう練習の場としてとてもいいと思います。失敗しても即再挑戦ができるし、次第にできるようになるのが可視化されるのが嬉しい。
 かつてはパーティでのレベリングがこの練習の場を担っていたのだと思うけど、それがなかなか機能しない今は、アンバスでの練習は貴重です。ジョブポパーティもあるけれど、あれはあれで特化した特殊な戦闘スタイルだから、ジョブポだけだと色々立ち回りが偏る気がするんですよね。その点、ギミックで色々違う立ち回りを練習できるアンバスはありがたいと思います。

 昔のレベリングパーティだって立ち回り偏ってたんじゃない?と言われそうですが、かつてのレベリングパーティでは、その時の狩り場の状況やメンバーのジョブ、レベル帯によって、連戦するモンスターも採用する戦術もどんどん変わるので、立ち回りのバリエーションが豊富だったんですよね。昨日はナイト盾でクロウラーだからディスペルとイレースと湾曲連携、今日は忍者盾でマンドラだから夢想花対策しつつ蝉張り替えサポート、みたいな感じで。
 まぁこういう面倒さって、その時は有り難みがわからなくて、後になって振り返るからこそその貴重さがわかるという側面はあります。
 アンバスも、結構面倒でままならない部分は色々あるんだけど、そこが欠点とは限らないので、なかなか、うん、難しいですね。
posted by さとみん at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年11月09日

テーマは状態異常とみた

Mhaurasig.jpg
 ゴルパマゾルパ氏、新ネタ披露!

 と言う訳で、バージョンアップでっす!
 今月は利便性寄りの内容ということで、アンバス武器や獣使いのギフト調整が主なところですが、アンバスに新しい要素が入ったのでアブダルス氏の手紙が増えてました。なにげに、ゴルパマゾルパさんの言動が毎回気になっているので、嬉しい(笑)。

 さて、今月は松井さん忙しくてリバイバルかなぁ、もぎヴァナでもアンバスの内容について触れなかったし……とか思っていたら、今日になって突然の、→FFXI Refriender の発表、そしてこの新システムの宣伝で謎のモルボルアイドルの登場(笑)があり、このアイドルたちがアンバスでライブです。
 うん、まぁ、君の言いたいことはわかるが、ここは何も考えずに呑み込んでくれ。
idlemor.jpg
 とりあえず「ふつう」をさとみん忍者でクリアしてみました。
 敵はモルボル3体。ジュリカが詩人、ヴィヴィアンが踊り子のようです。ジョディのジョブはわからず、シャイニングブレスという技を使ってきたのは見えた。
 ですてにぃといっしょ情報によると、ジュリカはサイレスが効く模様です。ヴィヴィアンは「寝てしまう」というキャラ設定のようで、唯一スリプルが入りました。あとボックスステップ連打。ジョディは「転ばせるといいよ」というのが松井Pのアドバイスですが、これはバインドのことかな?スタンかも知れませんが。
 今回はジュリカ→ヴィヴィアン→ジョディの順で倒してみましたが、最後のジョディのところで臭い息をされたので、恐らく最後の1体になると臭い息解禁じゃないかなぁと想像しております。

 とりあえずAATTを呼び、スリプガしてくれないかなぁとやってみましたが、どうもうまく決まらなくて、結局終始3体を相手にやっていた気がする(笑)。ちゃんと集めてから戦闘開始しないとだめですね。
 セオリーとしては、ヴィヴィアンを寝かせ、ジョディをバインドしてキープしつつ、ジュリカにサイレスを入れて倒し、順番にやっていく感じでしょうか。
 パーティだとそこに苦労はなさそうですが、ソロの場合はフェイスが弱体を入れてくれるとは限らないので、その辺の知恵を絞る必要がありそうです。

 今回の最大の難関は、モルボルの区別をつけることかな〜。ワチャワチャした乱戦で相手は全部同じに見えてしまうので……え? 区別できないのはお前だけだ? いやそんなことないよね!?(笑)

 あ、FFXI Refrienderはいいシステムだと思います。早速登録してみました!
posted by さとみん at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年10月18日

「ふつう」が普通に楽しくて普通においしい

shivalow.jpg
 覚悟はよいか、一にして多なるものよ?
 見下ろすシヴァ様、女王感がすごいです。

 ★雷の試練でボルトサージトルクを取ったので、ちょっと面白くなって、他の上位召喚獣バトルもやってみることにしました。餅鉄もたまにもらえますしね、1個とかだけど。あとAF強化キャンペーン(対象:私だけ)絶賛開催中なので、レムはいくらあっても足りません。
 欲しい装備がドロップするやつからやりたいよな、ということで、歌詠唱時間短縮系の両足装備が出る炎の試練ふつうに行ってみたら、何と一発ドロップしてしまいました(笑)。
 それじゃあ……と、敵対心の上がる両手装備が出る、★氷の試練ふつう道場通いを始めております。

 こちらが慣れてきたせいなのか、ブリザジャの時に挑発を入れて弱点を突くのが上達したのか、スタンよりは麻痺の方がマシということなのか、光連携が通じるのでイロハIIを呼べるおかげか、ラムゥ戦よりも安定しているような気がします。……気がしているだけで、ここから地獄の宴が始まる可能性もないではないですが。
 まぁでも、やはり範囲回復持ちのイロハIIがいるのが一番安定要因なんでしょうね。セルテウス、イロハII、ユグナスと、範囲回復3人が揃っているので、そう簡単にはやられません。もっとも、ユグナスさんの回復はワンテンポ間が空くので、身替の術がなくてHPが黄色の時にヘヴンリーストライクのログが見えると肝が冷えますけどね!(笑)

 しかし、上位召喚獣道場に通っていて思うのは、この「難易度:ふつう」というのは本当に上手に設定されているというか、まさしく「普通にチャレンジして普通に楽しく普通に見返りがある」感じだよなーということです。
 ちゃんと考えて戦術を用意して臨めば、ソロでも8割以上の勝率があり、20%くらいの確率で装備がドロップして、ドロップしない時も何かしらちょっと嬉しいものがもらえる。
 ソロにおける私の実力と気分だと、この「ふつう」を遊んでる時が一番「周回してて楽しい」感じがします。ソロでの遊びって、本来この辺のテンポを狙って調整されてるんじゃないかな、と。
 パーティならば(たとえその人数が2人とか3人であっても)その上を狙えて、当然ながら岩餅棒の大包だってもらえる訳ですけど、それをソロで安定してクリア続けるというのは、やはり元々「全員がやる遊び」ではないような気がする。

 まぁオマエがヘタクソなだけだろ、オレはそんなテンポはゴメンだねって人もいるでしょうけれど(笑)。
 私にとっては、私が一番快適なテンポのところで楽しく遊びつつ、チャンスがあったらパーティでわいわいやっている、今のヴァナライフが性に合っているのだなぁと実感しているところです。
posted by さとみん at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年10月15日

【狙い撃ち】がミスることだってあるさ

SinisterReign.jpg
 駆け抜けろシニスターレイン。

 さとみんの方で、フレンドさんのシニスターレインにお邪魔してきました。まだ個別ルートの解放を全くやっていなかったので、アシェラ・ダラクァルン・イングリッドコースから順番に、一気呵成に。王様ルートへの挑戦権を得たところで時間切れとなりましたので、王様だけはまだやっていません。
 白魔道士でずっと後ろからケアルだイレースだとやっていた感じでは、モリマーとテオドールが意外と大変な印象でした。モリマーさんの範囲攻撃すごい。テオドールのブリンクをガ系で剥がすのも大変、というか普段マクロに攻撃ガ系を入れてないのでこういう時におたおたしてしまう。

 4人で8戦、つまり32回ドロップチャンスを目撃して、そのうち包が出たのは4回くらいでしたので、ドロップ率10-20%というのは確かにそんな感じですかね。あ、ちなみに私は1個も出ませんでしたが(笑)。LSの徳の高い大王様(仮名)が包を引いていたのは、やはり徳の高さによるLuck補正としか言いようがありません。

 対戦相手指定ルートだと、包が出ないと何も報酬が出ないので、ちょっとしょんぼりな気分にはなりますが、こちらで確実に何かの報酬が出ると、3連戦ルートが無意味化するのは目に見えているので、これくらいでちょうどいいのかなと思います。包が出た場合のオグメはいいものが出やすいそうですし、何より指定ルートは30分で1体を倒せばいいので3連戦より楽になりますしね。
 パーティでどんな敵でもどんとこい!な感じでチャレンジできるなら3連戦で確実に報酬ゲット、特定の対戦相手とだけ戦いたい気分・それでないと戦えない戦力なら博打を打って15%に賭ける、というのはわかりやすい棲み分けだなー。
 ちょっとしたものでもいいから出れば……と思わなくもないけど、何が「ちょっとしたもの」なのかは人によってかなり違うし、ゴブリンの不思議箱での「ハズレの時にもっとマシなものを出してください!」論争を繰り返すハメになるので、何もない方がすっきりするかなと思いました(笑)。

 シニスターレインのCLは130ということで、まだCL119と124の間をあっぷあっぷしている小鳥さんだと、個別ルートでも勝てるか微妙かなーという気がします。というか、小鳥さん、もうちょっと装備のチューニングをがんばった方がいいような気がする。まぁあわてる必要もないので、のんびりいくつもりです。
posted by さとみん at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年10月11日

高速言語で詠唱

ramuhvic.jpg
「老いぼれとはいえ、お前のような未熟者に負けるほど落ちぶれてはおらぬわ」
 手練れの暗殺者っぽい構図ですね、ラムウ様。

 このところ、メリポをずっと、★雷の試練ふつうに費やしておりました。
 流行りの水の試練じゃなくて、雷!? スタンとサンダジャが痛過ぎるあれにわざわざ? しかもふつう? 餅鉄1個とかしか出ないのに!? 等々のお声はスルーです。世間の流行など関係なく、行きたいところに行くのです。
 まぁ私の忍者では、今のところ「ふつう」が精一杯でした。サンダジャ痛いですねー。すごいダメージくらいます。サンダースパークとかサンダーボルトも怖い。身替の術が間に合わないと大変な目にあいます。ですが、「ふつう」でしたら何とかフェイスと一緒に倒すことができました。
 色々試して、自分は忍/戦、フェイスはアルド(UC)、セルテウス、アシェラII、ユグナス、シャントットII。アルド(UC)は連携トスのサルヴァストームを確実に撃ってくれて、それに秘を合わせると闇連携が出せるので、助かりました。なぜかサルヴァストーム→秘の連携はタイミングが難しく、撃っても連携しないことがよくあったのですが、どうも私のテンポだとちょっと早過ぎるみたいで、一呼吸置いてから撃つと繋がることが多いです。……繋がらないこともありますが(笑)。
 サンダジャやサンダーボルトやサンダースパークの時に意識して忍術や挑発をするようにしたり、身替の術を切らさないようにしたり、陽忍の空蝉や一隻眼を利用して敵対心をがんばって上げてジャッジボルト後のタゲ取りを気を付けたり、神経を使うので大変でしたが、それでも5分ちょっとで倒せるようになったので満足です。
 もうちょっと火力があれば、「むずかしい」も狙えたりするんでしょうかねぇ。忍者の火力上げるのはどうすればいいんだろう。やっぱりトリプルアタックとかストアTPとかを盛るべきなんでしょうか。火力を上げるということ全般に興味が薄いので、よくわからない……(笑)。

 で、何でラムウ道場に通ってたかというと。
VoltsurgeTorque.jpg
 コレです。コレが欲しかったのです。忍者でも使えるファストキャスト首装備。空蝉の術は摩喉羅伽の数珠で詠唱時間を短縮できるんですけど、他の忍術を唱える時に長さがちょっと気になっていたので。
 実は先月の闇王祭りで、難易度ふつうに通ってたら3回目でドレッドジュポン(FC+7%)を引き当て、さらにLSメンバーと上位暁に行った時にたまたまギーヴトラウザ(FC+4%)をもらえたので、ここらで忍者用のファストキャスト装備をちゃんと揃えておくかなと思った訳です。
 ふつうでも、数をこなせばそれなりに装備をもらえますね。ちなみに23回目で出ました。23回中、装備が出たのは5回で、そのうちウッコサッシュとスタカートスタッフが2回ずつ。
 あとは基本、打ち直し素材とレムなんですけど、AF強化月間中(笑)の私にとっては、打ち直し素材が手に入るのも実は嬉しく、喜びばかりのボヤーダ通いでした。

 で、それじゃあだいぶ忍術の詠唱はやくなったの?というところなのですが……速くなったような気が……します。ま、まぁ、幽林の術とかくらいだと、そこまで劇的じゃないかもだけどね! あ、でも身替のリキャストは早くなったはずで、それはなにげにうれしいかも知れません。
posted by さとみん at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年10月10日

ジンジャークッキー食べ放題

lancerjack.jpg
 1年振りにお会いしましたね。足払いが痛いのは相変わらずです。

 バージョンアップでっす!
 ……と言いつつ、今回のVUはさとみんよりも小鳥さんに関係がある内容が多いかも知れないなぁ。何といってもベガリーボス称号取得ルートが要チェックですね。今の小鳥さんの実力で、ソロ+フェイスで果たして討伐できるだろうか?
 シニスターレインは、実はさとみんでもあんまりやってなかったりします。神オグメを求めて色々行くべきなのかも知れませんが……果たしてさとみんの実力で、ソロ+フェイスで(以下略(笑)。LSのメンバーを誘って通うかなぁ。
 そんな感じで、今回はビシージが来ていたこともあり、まだ新要素にはあまり触らず、デイリーのタスクをこつこつこなしておりました。

 それでも、アンバス2章好きっ子としては、やはりアンバスは行っておかねばなりますまい。
 今回、事前にちょろっとどこかで触れられてた気がするのですが、1章2章ともにリバイバルのようです。2章は去年もクッキーを奪いまくった、Lancer Jackちゃんですね。クッキーを食べてテラーを防ぐこと、雑魚がいっぱい沸くのでうまくキープしつつ、バニシュも駆使して被ダメカットを消してがんばるアレです。
 とりあえずさとみんで、むずを1戦してみましたが、前回と異なる挙動はなさそうです。またクッキーを競売に突っ込んでおくかな。
 リアルの身体はダイエット中で、クッキーはお預けなので(笑)ヴァナの中ではせめて目一杯もぐもぐしようと思います。
posted by さとみん at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年09月26日

内なる嫉妬が野牛をかじりとる

AAMR.jpg
 カマウェートを血祭りにあげてドヤ顔のAAMRさん。

 先日はパーティでワイワイとソベランベヒーモス退治をしていましたが、ソロでもこつこつウォンテッドをしております。
 もともと、エミネンスレコードのコンプを夢見ていたこともあり、ウォンテッドの目標もクリアしたいと思っていたので、今回のVUとキャンペーンは渡りに船。ソロでできる敵がドロップする装備HQができるまではやっておこうと、ちょこちょこユニポを消費しております。先日のソベラン毛皮祭りで、ごっそりとユニポが減ってしまったのですけど、まぁデイリー目標を消費していると経験値分のユニポも貯まっていきますのでね。意識してそれ専用の行動をしなくても、ポイントが貯まるのは、一石二鳥好きとしては嬉しいところです。

 今はラガンチュアを連戦中です。エメットハーネス+1が、なにげに敵対心+10に被物理カット6%と優秀なんですよね。以前ウォンテッドダイヤルでNQを引き当てていたので、今はコレをHQにするべくがんばっています。まぁ、そうやってると、ウォーダチャームが次々出てくるんですけど(笑)。
 ラガンチュアは、空蝉貫通や空蝉消去や範囲技が多くて、実は忍者に向いていないというか、私のヘッポコ忍者ではなかなか大変な敵です。特殊技構え〜使用中に大幅被ダメアップなので、相手の特殊技が見えたらWSを撃ち込む訳ですけど、私の瞬や秘はそこまで強くないのでね。たまーーーーーーーーに、うまくフェイスのWSと偶然連携が発生して、数万ダメージを一瞬にして与えて終了すると、ガッツポーズできますが。
 よく考えたら自分が盾やることにこだわらなくていいじゃないか、AAEVに盾やってもらおう、と今さら気付いて、陰忍でこそこそ後ろから殴ったりもしてますが、敵対心ダウン装備はあんまり揃っていないので、こういう時に限ってタゲを取っちゃったりしてます。あの白い顔でAAEVが「忍者さんタゲ取らないでください^^;;;;」とか思ってるのかと思うと、とてもとても怖いです。
posted by さとみん at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年09月25日

カカッとベヒんモス

LoricateTorque.jpg
 黄昏の光輪卒業の瞬間。

 LSの鮒師匠(仮名)が、お友達とロリケートトルク目当てにソベランベヒーモス連戦をするというので、「餅☆鉄!(きらーん)」と我欲丸出しで便乗させてもらいました。
 いやーさすがCL135ウォンテッド、何と箱を開けると岩餅棒が70個以上出ることもあるんですね!
 …………ええ、餅鉄どころか、岩も棒も影も形も見えなくて、個数は出た人の報告で知りましたが、何か?(´;ω;`)

LoricateHQ.jpg
 そんな中、普段からみんなのために色々がんばってくれているRさんは徳の高さを発揮して、ロリケートトルクHQをばっちり引き当てておられました。

 やはり私は我欲があるのがいけなかったですね。われわれの心の中にあるLuckパラメータを上げるべく、電車やバスでおばあさんに席を譲ったり、泣いてるお子さんをあやしてシールをプレゼントしたりするエミネンスを、もっとクリアしないといけません!
 ……とか言ってたら、物欲センサーが餅鉄にだけ反応していたのか、私のところにもロリケートトルクNQが降ってきました! 餅鉄をあきらめてトルクを得る、そうこれは肉を切らせて骨を断つ戦法よ!(何かを色々間違えている)

 連戦終了後、慈悲深い師匠が毛皮を譲ってくださったので、手持ちの毛皮に、足りない分はユニポによる素材引き換え&引換券・銅もユニポに変換して、そそくさとユニティ職人さんに強化依頼を出し、無事にロリケートトルク+1が私の首にもやってきましたー。

 しかし、ウォンテッド連戦は本当に楽しい。ソロでちまちまやってるのも楽しいし、みんなでワイワイおしゃべりしながらやるのも楽しい。岩餅棒によってお小遣いも出るようになってみんな楽しい。今回のこのVUは本当に神だったな! ありがとう松井さんありがとう藤戸さん! ありがとう担当の人!
posted by さとみん at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年09月20日

悪魔から宝物を強奪する悪魔とならん

blueblood.jpg
 暗いところでワチャワチャ殴り合ってるので、SSが綺麗に撮れない!

 今月のキャンペーンは盛りだくさんすぎて、さとみんでやることやりたいことに走り回ってると、時間があっという間に溶けていきます。FF11は、ガチャで爆死はしないけど、時間泥棒としての腕はソシャゲの比じゃないぜ……!(笑)
 このチャンスに餅鉄を集めておいて、早く他のこと(主にエスカッション)に戻りたいので、珍しく頑張って追いかけているところです。LSメンバーを拉致して上位ミッションBFに行き、岩と棒と引き換えに餅のドロップを譲ってもらうこともしばしば。

 一人の時は、おおむねアペデマクの尻尾で殴られたり、ドルムキマイラ相手にノマドモグロッドやチキンナイフを振り回したりしているのですが、これはこれで同目的の人が先客でいたり、後からやってきたりすることもあります。取り合いするとすぐに疲れてしまうので、そういう時はさっさと切り上げて、印章BFへ。
 しかしコスミックオーブキャンペーンの大盤振る舞いぶりは、毎回ドキドキします(笑)。最大の敵は鞄の空きだ! 毎度ログを確認する暇はないので、外に出てからバッグを確認するのですが、メタルポーチとかが見えると藤戸神に感謝の祈りを捧げたくなりますね!
 おかげでレムも大量に貯まってきたので、ここらでそろそろ、強化をしないでいたジョブのAF・レリック・エンピを、119にしておこうかと思ってます。

 今までは、コスミックオーブも「やさしい」とかせいぜい「ふつう」でやっていたのですが、今回「むずかしい」にチャレンジしてみたら、特に事故もなく★蒼の血族がクリアできたので、しばらく通うつもりです。
 以前は、私のへっぽこソロでは印章BFや上位ミッションBFなんてとてもとても無理だーと思っていたのですが、やってみると案外何とかなることも多くて、気付かないうちにちょっとずつながら強くなれているんだなぁと嬉しくなりました。

 まぁ、それで調子に乗って、闇王戦「むずかしい」に突っ込んでみたら、フェイスともども焼却されて王の間前に廃棄されたりしてるんですけどね(笑)。
posted by さとみん at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年09月12日

思ってたよりたくさん出てる気がする

 今日、ウォンテッドCL125のラガンチュアを5戦、128のカマウェートを5戦やってみたところ……
 ラガンチュアでは10箱中3箱が岩餅棒、カマウェートでは1箱が棒でした。
 ラガンチュアでは35~37個、カマウェートでは42個。
 箱の中身が岩餅棒になる確率はCLに関わらず同じくらいで、個数がCLによって違う(119だと15個前後、125だと35個前後、128だと40個前後)……という感じでしょうかね? 確率は、何となくの体感(笑)で5~10%くらいかなぁ?

 なんか、想像していたよりもたくさんドロップしてますね(笑)。昨日の段階では「ちょっとうれしいオマケ」くらいのイメージだったのが、案外がっつりと、岩餅棒目当てで連戦するのもアリな気がしてきました。
 ウォンテッドは連戦がラクだし、ほどほどに手応えのある戦闘で楽しいし、ユニポは勝手に貯まっていくし、これで一定の金策にもなるのなら、「カジュアルに遊びたい」人にとってかなり嬉しいコンテンツになったかも知れませんね。
 あとは装備・NM特定素材・岩餅棒以外のドロップアイテムに、もうちょっと色々使い道があるといいんだけどなぁ。合成を鍛えている人がちょっとおいしくなるような感じの、マホガニー原木を削ってマホガニーポールにすると3000ギル黒字だよ!程度のものでいいので(笑)。

 現場からは以上です。
posted by さとみん at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年09月11日

ウォンテッドCL119でも岩は出る

librariantartar.jpg
 本文とは全く関係ない、セレニア図書館館長さん。メガネタルタルかわいい。

 相も変わらずバージョンアップで駆け回っていたら、緊急メンテナンスですって。いやまぁ、風水魔法やロールのバグは早く直った方がみんな嬉しいですからね。震える手でブログを書いておりますよ(笑)。
 さて、今月からウォンテッドで岩餅棒が出るということで、さとみんや小鳥さんでもソロれる程度のウォンテッドNMでも果たして岩餅棒が取れるのか、いっちょ試してみるかーと、CL119のイマニブガードと、125のラガンチュアをちょろっと連戦してみました。と言っても、実はキャンペーン開始前だったので、箱は1戦1個なんですけどね。
 イマニブガードの箱20個を明けて、深成岩が出たのは2回、13個と17個。ラガンチュアの箱10個は、偏りがひどくて、破片祭りとなり岩餅棒はなしでした。まぁ試行回数20回と10回ではろくな参考になりませんが、出ることは確認。
 ちなみに、CL128の敵を試したLSの鮒師匠(仮名)の体験によると、キャンペーンが始まったこともあってか、それなりにドロップしたようです。餅鉄を分けてもらえました。ありがとう、ありがとう(´;ω;`) またカレーパンをポストに詰めておくよ……。

 師匠の時は、同じ敵から岩餅棒三種類出たようなので、「この敵は岩しか落とさない」みたいなことはなく、単純に確率で決まっているようです。ドロップアイテムのどれかが差し替えられたのか、種類が増えたのかはわからないですね。
 運もあるのでしょうが、CL119の敵で、上位ミッションBFの「やさしい」を周回してるくらいの戦利品イメージでしょうか。ウォンテッドは連戦が簡単ですし、ユニティポイント消費もそれほどきつくないので、上位ミッションBFよりはドロップを絞ったのかな、という気がします。
 岩餅棒を目当てにCL119や125をやるのはあんまり現実的ではなさそうですが、やりたいNMを手伝ってもらうきっかけにはよさそうですね。128以上のNMならアリかな?
 上位ミッションBFとてむずを少人数orソロ連戦できる人が、ウォンテッドに雪崩れ込むほどではなさそうですが、割と少人数で気楽にできるコンテンツで岩餅棒が手に入るのは嬉しいなぁ。もうちょっと数をこなして、期待値がどれくらいかを探ってみたいところです。

 
posted by さとみん at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年09月10日

さそり座流星群!

tartarthree.jpg
 VUに夢中になってアンバスのSSを撮り忘れてたので、以前待ち時間に撮影したタルタル三人衆の姿でお和みください。

 バージョンアップでっす!
 今月は何と言っても、色々なあの装備この装備の強化が入るという訳で、ダイバー首装備+2を求めるシャウトが鳴り響くわジョブポを求めて彷徨う人々がいるわTwitterはどんちゃん騒ぎだわです。
 RMEA装備強化のソロルートは、ジョブポ1万が必要ということで、実はワタクシ、この数字をほぼ予想してました。って後から言っても信憑性がかけらもないのはわかっているので信じなくていいです(笑)。でもまぁ、ダイバージェンスwave3ボスに累積3000万ダメージor討伐ともなれば、それに匹敵する労力をコツコツ系で示すなら、このくらいの値になるだろうなと思っていました。500とか1000じゃ少な過ぎるでしょ、ありえない(笑)。
 ダイバーやってる人が「苦労してボス倒すよりジョブポ納品の方が効率的じゃん」てなるような数字では意味がないので、妥当ではないでしょうか。ダイバージェンスの攻略LSでは、すごい装備のすごいプレイスキルのすごいプレイヤーがすごくたくさん揃った状態で、半年以上かけてボスを討伐できたりできなかったり、という感じなので、ソロでもそれくらいかけるつもりでがんばればいいのかな。好きな時に一人で進められるというのは超絶なアドバンテージなので、個人的にはもっと数字多くても文句は言えないなぁと思ってたくらいです(マゾ)。

 とはいえ、実際にはジョブポ1万稼ぐのってどれくらいかかるんですかね。速い人だと2ヶ月もしないで駆け抜けそうで怖いなぁ……。マスター状態だとCP取得ボーナスもフルでついてる訳だし。
(追記:コメントで情報をいただきましたが、一ヶ月につき700ポイントまでしか納品できないとのことです。2ヶ月で駆け抜ける人はいなかったんだよ!)
(さらに追記:一ヶ月ではなく、一週間で700ポイントの間違いだったそうです。2ヶ月では駆け抜けないけど、4ヶ月なら駆け抜ける人がいっぱいいそうだ!)
 などと偉そうに言いつつも、へっぽこの私はまだヤグルシュすらモヤモヤしてないので、必死に餅鉄を集めるお仕事に復帰する訳なんですけどね(笑)。

★★★

 さて、そんな話はさておき、アンバス2章でっす!
 今月は「天体観測」がテーマ、さそり座にちなんでサソリ族1体との戦いです。とりあえずさとみんの忍者で、「ふつう」を1回クリアしてみました。で、今回は割と素直と言うか、ギミックも少なめで、そんなにややこしいことはないんじゃないでしょうか。
 雑魚はナシの模様、ボスとのガチンコ勝負。特殊技は、「大暴れ」「コールドブレス」「ナムブレス」「アースブレイカー」「シャープストライク」あたりがあったはず。
 あと、天体観測なんで、やっぱりありました。
comet.jpg
 コメット詠唱しますよね! しない訳ないですよね!(笑) これとてむずだとメテオ唱えてくるのかしら。
 このコメット詠唱時の瞬のダメージが跳ね上がっていたので、コメット詠唱中は恐らく被ダメアップ状態になっていると思われます。なのでコメット詠唱時にWSをぶちこむのがコツでしょうか。
 あとはヘイトリセットがそこそこあったような気がするのと、コールドブレスで1400近いダメージが来たので後衛やフェイスの立ち位置に注意、くらいでしょうかね。
 それ以外には、あまり厄介なギミックは見当たらなかったので、今回は範囲技とブレスに注意しながら、星が飛ぶタイミングではっちゃけようという流れと思われます。小鳥さんは魔導剣士で、魔防魔回避高めでいけば「むずかしい」できるかしら? 明日試してみまーす!
posted by さとみん at 22:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年08月22日

心頭滅却すれば火もまた涼し

10min.jpg
 当初15分弱かかっていた今月のアンバス2章ふつう、10分でクリアできました。【やったー!!】

 VU直後は「むずい!むずいなコレ!」と叫んでいた今月のアンバス2章ですが、無事に安定攻略にたどり着けたようです。
 フォーラムとかでも情報をいただいたのですが、今月はやっぱり、雑魚エレをウォタガでザンブザンブと鎮火していくのが正攻法な気がします。フェイスの火系連携にだけ気を付けて、黒魔道士でいくのが一番やりやすそう。精霊ジョブ有利の2章は久しぶりな気がするので、これもまたいいのではないでしょうか。
 で、近接なら攻略不可能という訳でもないのがイイ! 小鳥さん、モンクでキッチリ殴り倒しておりますのでね!

 小鳥さんの今月のやり方は、先日も書きましたが、「ターゲットは雑魚エレに固定し、ボスをWSのみで攻撃する」というもの。連携が発生しないので、ボスに吸われることがありません。
 フェイスは、色々試行錯誤した末に、アムチュチュ・ナシュメラ(IIじゃなくて無印)・アヴゼン・コルモル・クピピにしました。精霊枠にアヴゼンを選んだのは、通常攻撃に属性がなくて吸われない・MB狙わずにウォータIVなどをちゃんと撃ってくれる・意外とMPの持ちがいい・エレにサイレスを決めてくれるのでエレのMBを封印できる・ボスにディスペルもしてくれる、と今回うれしい要素がてんこ盛りのためです。
 ナシュメラはサブヒーラーもできて、アタッカーとしても意外と安定しているのと、アヴゼンとのコンビが優秀。二人の連携は闇なので、ボスに吸われる恐れもなし。
 盾は、いっそメネジンの方がいいのかとも思ったのですが、特定属性固定の戦いにはやはり魔導剣士が安定かなーと思って、アムチュチュにしています。一度メネジンでやってみるのも手なのかしら。
 ハッ、マウがマトンと大活躍するという今回の図……これはアフマウ絶賛推しの松井さんが狙った演出なのか!?(そんな訳はない)

 自分はモンクでエレを殴りつつボスにWSという、イエス・ノウキン!な立ち回りですが、
「無想無念状態で殴る(エレの物理耐性対策)」
「サポは戦士(踊り子にしてたけど、ボスへのV.フラリッシュが全然間に合わないし、フェイスの回復も厚いので自分はアタッカーに徹した方がいい)」
「WSはビクトリースマイト(悪疫期待で四神円舞にしてたけど、ボスはリゲイン持ちなのかあんまりWSが減る感じではないので、ダメージ量重視でこちらに)」
「ターゲット移動はスムーズに」
等を心がけて頑張った結果、15分弱かかっていたタイムが10分まで短縮できました!

 小鳥さんの火力では「むずかしい」の頻度で召喚されるエレを倒しきれない感じですが、もっとうまい人なら、前衛ジョブでもさらに上の難易度でもさくさくいけるのかもですねぇ。

 アンバスはやはり、こんな風に戦術を試行錯誤して、「最初は○分だったのが終わりの頃は×分まで縮んだ!」みたいな成長を実感できるのが一番楽しいです。同じ条件である程度周回するからこそ練習になるし、タイムの短縮で成長を実感できるし、ギミックによってFF11の戦闘の色々な要素を体験できるのは面白い。亀の歩みではありますが、マート戦で四苦八苦していた頃に比べて小鳥さんのプレイヤースキルは上がっていると思えます。
 まぁ、ソロなんで、引換券・銀はもらえないんですけど(笑)。試しにシャウトしたら、2章をパーティでやりたい人もいたりするのかしら。
posted by さとみん at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年08月13日

往年のボムクィーンが蘇る

sandfire.jpg
 花火の季節となりました。

 いやー、今月のアンバス2章、手強いですね! 結構色々チャレンジしているのですけど、小鳥さんではふつうですら敗退することも。何と言うか、超ストレートに、強い。なんか弱体ギミックを見逃してるんじゃないかと思うくらい強い。
 ボスの両手剣連携が強烈で、油断すると盾役があっという間に消し飛ぶし、雑魚のエレメンタルの召喚も速くて次々呼ばれるし、うっかりするとボスの連携に合わせてボス&エレの炎魔法MBがシャワーになって降り注ぐし、こっちのWSがうっかり炎系連携すると吸われるしで、なんという隙のない強さよ。

 もしも弱体ギミックが特にないという場合、恐らく今回のテーマは「(炎系)連携に頼らない」「雑魚エレをいかに素早く処理or無力化するか」だと思います。ひょっとして、黒魔道士向き? フェイスにボスを(連携しないように)殴らせつつ、雑魚エレを呼ばれたら即スリプルorスリプガ、サクサクと水系精霊で始末……とやっていくと、実はうまく回るような気がしてきました。まぁさとみんの黒魔道士はもはや錆びついているので、試せないんですけど。
 あと、盾は魔導剣士でない場合は、実は忍者がいいんですかね。連携不発にできるから。
 フェイスは、意外とほっておくと炎系連携を出してしまうのが多いので、普段呼ばない人をチョイスしないといけないですね。シャントットIIやアシェラなんかは、通常攻撃に炎属性が入ってるので、もりもり吸われますし(笑)。

 で、小鳥さんが編み出した攻略法は、往年のボムクィーン戦を思わせるアレ。
「雑魚を殴りつつ、ボスにWS当てればいいじゃない」
 まず、自分が魔導剣士だと火力が足りない感じがするので、自分のジョブはモンク。フェイスも火力と回復力重視、連携狙わない人を。
 雑魚が召喚されたら、ターゲットを雑魚に切り替えて、もりもりと雑魚を殴り倒します。TPが貯まったら、ボスにWSを撃ち込んでボスを削る。自分のオートアタックのタゲを雑魚エレに固定しておけば、フェイスは雑魚を殴りWSも雑魚に当てるので、連携が発生してもボスに吸われる恐れはありません。(雑魚エレは炎属性でも吸収なし、耐性はあるぽい)
 ボムクィーン戦は、「ボスを殴りつつ雑魚にWSを当てて即始末」というやつでしたが、これだとフェイス同士で意図せずボスに連携を当ててしまうことがちょいちょいあるので、殴るのは雑魚・WSをボスに変更しています。悪疫を期待してWSは四神円舞を使ってました。

 こうすると、雑魚の数を常に一定数以下に減らしつつも、ボスを削ることができるので、ボスの連携に雑魚エレのMBシャワーで盾蒸発、という事故をかなり減らすことができます。
 だいたいこれで、ふつうを10分ちょいでクリアできているので、自分としては満足です。むずはまだやれてませんが。

★★★

 最近思うのですが、最近の2章は、「装備が強ければゴリ押しで2分で終わる」感じではなくて、意外と1章とてむずを回すような人が舐めてかかって返り討ち、みたいなことが多い気がします(笑)。
 今回も、普段1章を周回するような人と、「時間かかって面倒だから雑魚エレいちいち始末しないでキープしとこうぜ」戦法で、とてむずに挑んだら、焼却されてマウラに打ち上げられることに(笑)。
 2章のギミックは、1章ほど複雑ではないというか、理屈がわかれば納得できるシンプルなものだと思うのですが、2章にギミックがあること自体がイヤ!みたいな人もたまに見かけますね。
 個人的には、2章が「頭空っぽで殴れば終わる」にしてしまうと、2章しかやらない人が自分のプレイヤースキルを上げるチャンスがなくなってしまうので、今の2章のギミックはいい腕試しだと思っているのですが。というか、最大の報酬はホールマークではなくて成長の実感だと思っているタイプなので。

でも、
「ギミックを考えたりパーティを集めたりする手間をかけるなら、ポイントが莫大であってほしい」
「ポイントが少ないなら、何も考えないすぐ終わる単純作業で済ませたい」
というタイプの人だと、今のアンバス2章はなかなか狭間になってしまうというか、ストレス溜まるんだろうなー。
 効率を気にするタイプ(これは単に自分が効率主義、というケースだけでなくて、主催をやっていて「みんなにおいしい思いをさせるのが主催の役目!」みたいな責任感を負ってしまうケースも)で、1章を固定や野良で周回する環境ではない人は、気持ちを切り替えられないと、なかなか大変だろうと思います。
 そういう人は、私と違ってすでにある程度以上のプレイスキルを持ってしまっているので、あんまり成長の実感とかないだろうし。


 まぁ他人の気持ちを変えることは私にはできないので、とりあえずは細々と、こうして「2章面白いよーヽ(´ー`)ノ」と書き続けることで、2章の面白さが伝わっていくといいなと思います。
 効率じゃなくて、単純に面白い戦闘したいなーって時には、2章いいですよ。向いてるフェイスも毎月変わるんで、色々なフェイスを遊べるのもいいところです(笑)。
posted by さとみん at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年08月08日

ここで運を使う訳にはいかないんだ

futarichest.jpg
 そうだ、俺はここで大当たりを引く訳には行かないんだ。
 俺は電撃の旅団のオフ会イベントと、#FF11メッセージファンイベントのチケットの抽選に当たらなければならないんだ。
 だからA.M.A.N.トローブで大当たりを引く訳にはいかないんだ。

 ……とりあえず、次のチャレンジは、チケットの抽選の結果が出た後にしたいと思います(笑)。
posted by さとみん at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年08月07日

8月のアンバス2章はブレイズスパイクとの戦い

firedoll.jpg
 一体誰と戦ってるのか、このSSでは区別がつかない……。

 バージョンアップでっす!
 やはり巷では(どこだよ巷って)A.M.A.N.トローブの運試しが話題のようですが、まだチャレンジしておりません。なんか、前段階の、トリガー取得のための過去コンテンツを辿ってるのが結構楽しくて(笑)。アニバエミネンスの時みたいになってます。

 それはそれとして、アンバス2章大好きっ子としてはやはりチェックしておかねばなりますまい、と松井さん曰く「暑さに負けないアンバス」行ってきました。
 敵は、マネキン1体。途中でお供として炎エレメンタルを呼びます。「ふつう」で2体だったような。前のが残っていても容赦なく呼ばれる感じでしたので、都度処理が無難でしょうか。
 マネキンはブレイズスパイクをまとっており、ディスペルでは消せない模様(アシェラIIを呼んでいたのでディスペルしていたはず)。何らかの条件を満たすと消せるんでしょうか。
 攻撃面では両手剣でWSを撃ってきて、連携もしてきます。盾役はサポ忍だといいのかな?

 取りあえず様子見ということで、セルテウス・イロハII・アシェラII・クピピ・ヨアヒムという手堅いところで行ってみたのですが、今回はこのフェイスはあんまりよくなかったですねー。
 というのも、この熱いマネキン、当然のように
firecare.jpg
炎属性を吸収し、
hikari.jpg
ていうか炎どころか光連携も回復するのです(笑)。アシェラIIの通常攻撃も回復されてた場面があったので、光系4種の属性ダメージ吸収、と考えてよさそうです。
 闇属性や湾曲とか硬化とかの冷たそうな連携をぶつけるべきでしたねー。光連携が得意なフェイス揃いだったので、目一杯回復されまくってしまいました(笑)。

 とりあえずゴリ押しして、さとみん忍者では「ふつう」を攻略できましたが、小鳥さんの方は連携をよく考えて、フェイスを選ばないとです。
 前回に続き、闇系連携が重要になるアンバスが続いているので、松井神からの「光連携(ていうかイロハとかセルテウスとか)に頼ってばかりはいけませんよ」というお告げかも知れません。ここらで闇系連携を復習するといたしましょう。

 
posted by さとみん at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年07月26日

出ないと思ったらもう持ってるパターン

abyssdiver.jpg
 アビスダイバーよ、尋常に勝負!

 さとみんは幻珠取りに追われ、小鳥さんも今月のアンバスで「むずかしい」がクリアできるということで、あまりそれ以外のことが進んでません……
 ってな感じで今月が終わってしまうと、続・バトルコンテンツ応援キャンペーンが全然堪能できないので、暇を見つけては小鳥さんで、ウォンテッドにチャレンジしてみてます。
 とりあえずはレベル99の大口ヘラルドさんから順番にごりごりと。この辺はさすがにIL119なら余裕も余裕で連戦可能です。装備品をコンプリートするまではやってみようー!とボコスカやってみたところ、Hugemaw Haroldは7戦(キャンペーンなので箱は14個)、Bounding Belindaは15戦(箱30個)、Prickly Pitrivは15戦(箱30個)でコンプ。
 実はアドシリオブーツはNQが出たところで切り上げて、ベリンダの皮で鍛えればいいもんねフンフン♪とA.M.A.N.組合に発注して、いざ受け取り……と思ったら、
「アドシリオブーツ+1を所持できないので云々」
というエラーをくらいました。
 荷物の空きが無かった? いや、今58個しかアイテム持ってないな……。恐ろしい予感がして、震える手で /itemserch アドシリオブーツ+1 をタイプ、リターン。
「アドシリオブーツ+1はモグワードローブ3にありますけど文句あるぅ?^^^(超訳)」
 ……以前のウォンテッドダイヤルキャンペーンでドロップして、「これは別ジョブを上げる時に使えるから取っておこう」と思って、忘れてたんでしたー!
 ま、まぁ、あれだよ、ウォンテッドの装備品は下取りもしてくれるしね、無駄にはならないさ。泣いてなんかいないよ(´;ω;`)

 そんなこんなで、現在はIL119のアビスダイバーをやっております。バエアロとゲールスをかけておけば何も怖くありません。ウィングカッターが出るまでがんばるぞ!
posted by さとみん at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年07月05日

クラックローはソフトシェルクラブの夢を見るか

naginata.jpg
 今月のアンバス報酬に、おしゃれ装備が追加。現人神シシュ様の薙刀ですよー。累計1200ptなので、小鳥さんでも取れそうです。

 という訳で、バージョンアップでっす!早速小鳥さんで、アンバス2章のカニに行ってきました。
 ですいつ情報によると
・敵はクラックロー族、メナス中ボスの特殊技リップタイドユープニアまで使いますが、リップタイドユープニアは装備固定効果はなく、範囲ダメージとHPmaxダウンのみの模様
・途中で雑魚カニ(クラブ族)を呼ぶ
・物理ダメージが多いと青いカニが呼ばれ、ボスが固くなる(被ダメカット?防御力アップ?)
・魔法ダメージが多いと赤いカニが呼ばれる
・両方同じくらいだと、カゴつきカニが呼ばれる
・雑魚カニはお邪魔技を使ってくる(自分は攻撃しない)
・カゴつきカニを倒すと、いいことがある
という訳で、物理と魔法ダメージのバランスを取りつつ、カゴつきカニさんを倒してボスを弱体化させるという感じでしょうか。

 で、小鳥さんは剣/踊、フェイスはセルテウス・マート(UC)・アシェラII・クピピ・シャントットIIで「ふつう」にチャレンジ、無事に勝利できましたー。
 このフェイスで特に調整せず殴りましたが、雑魚召喚は2回で、2回ともカゴつきカニでした。アシェラさんとシャントットさんの通常攻撃が魔法扱いなのと、連携ダメージもあるので、割といい感じでバランスできたようです。
 ただ、カゴつきカニを倒した時のボーナスが具体的に何だったのか、よくわからず。被ダメアップ状態かなぁと思いましたが(雑魚カニを倒した直後のマート翁のWSダメージが他の時より大きかったので)ここは要確認ですかね……。
 あと、クラックローの恐ろしい範囲TP技は健在なので、セルテウスの範囲回復が必須ですね。セルテウスのリジュヴァネーションは、範囲回復もさることながら、実はMP回復がキモだと思ってます。クピピさんだとリフレシュIIありでもどうしてもMPが枯渇しがちなので。
 TP技か雑魚の召喚でヘイトリセットがあった感じなので、タゲの取り返しには気を使わないといけないですね。
 とりあえずお試しで組んでみたメンバーで割とうまくハマった展開でした。ラッキー。

 ただ同じ戦法で「むずかしい」に勝てるかは、まだわからないなぁ。むずかしいだと雑魚の数も増えそうですし、何より回復が追いつくかが不安。「ふつう」でもかなり危ない場面がありましたからね。特にシャントットIIはHP少ないので。
 とりあえずは、薙刀目指して今月もがんばりますよー!
posted by さとみん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年06月07日

2018年6月のアンバス2章はワイバーン!

kulshedra.jpg
 ひさびさの雑魚なしの敵。

 という訳でバージョンアップでっす!
 今月は松井さんいわく「小振りのバージョンアップ」ですが、エスカッション作成時の精神度の数値が可視化されて、もう超嬉しいですよ……! 今まで全部手でメモって合計してましたからね。え?どれくらい貯まったんだって? ……5%くらいですかね……(遠い目)。

 さて、アンバスケード2章、とりあえずさとみんと小鳥さんで「ふつう」を3回ほどやってみました。小鳥さんは、懲りもせず「むずかしい」に行ってみましたが、ストレートに負け(笑)。回復が追いつかなくなりましたね。
 お昼の「ですてにぃといっしょ」の情報もあわせて、とりあえず私が理解した感じだと

・敵はワイバーン1体
・ノーマルモード、闇モード、光モードがある。麻痺+ノックバック+範囲ダメージの「ブレイズシュリーク」で、ノーマルから光or闇に切り替え
・闇モードではバイオスフィアを展開、呪い+闇属性ダメージ前方範囲ブレスの「カオスブレス」を使う。
・光モードではディアスフィアを展開、静寂+スロウ+光属性ダメージ前方範囲ブレスの「レイディアントブレス」を使う
・カオスブレス、レイディアントブレスを使うとワイバーンが強くなる。ノーマルモードに戻るとリセットされるので、ノーマルモードに戻すのがカギ。
・ノーマルモードに戻すのは、竜騎士の「ジャンプ」使用? ただ、1回のジャンプで即解除しないこともあるので、ブレスを使われた回数だけジャンプしないといけないのかも? あるいは他の条件?
・ノーマルモードではサンダーブレス、ブリザードブレスなどを使用。
・「ウィンドウォール」を使用すると、大幅な回避アップのほか、ヘイトリセット。特定のタイミングでしか使わない?

こんな感じでしたー。
 とりあえず、モードごとにサクサクと光と闇を切り替えないとだなぁ。
 小鳥さんは竜騎士のレベルが全然なので(笑)とりあえずフェイスでスカリーZさんを呼んでジャンプしてもらいましたが、ふつうならこれでも大丈夫でした。エンシェントサークルしまくってくれるし。「むずかしい」だとブレスの回数が多いので、自分もサポ竜orメイン竜になった方がいいかも知れないですねぇ。

 今回は、モードの切り替えや、ワイバーンの強化とそのリセットなんかが、特にログに出ないので、スフィアを見たりしつつ自分でタイミングを計る必要がありそうです。ログに頼らず相手の挙動に合わせて動く、のが今月の課題かな。さて、今月はどれくらい「むずかしい」に迫れるでしょうか。楽しみ〜!
posted by さとみん at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2018年05月10日

2018年5月アンバス2章は侍祭り

samuraiparty.jpg
 5月のアンバスは鎧兜がテーマでござるよ。

 バージョンアップでっす!
 今月はやはり、フェイス強化クエストがキモでしょうか。幸い、さとみんの方はオファー条件を満たしていたので、とりあえず受けてみました。幻珠稼ぎを兼ねた日頃のデイリー目標消化でのんびりクリアしていく予定です。小鳥さんの方も、ログインして数えてみたら、フェイス数は条件を満たしている模様。AAフェイスはまだ取得していないので、こちらもぼちぼちやりますかね。
 フェイスの数86以上というのは、結構多いなという感じですが、コツコツとログインしてその時取れるものをきちんと漏れなく取得していれば、おおむね達成できる数字のようです。

 さて今月のアンバス、1章はゴブリンリバイバルですが、私のお目当て&楽しみは、やはり新作が楽しめる2章ですよ。とりあえず、さとみんの忍/踊で「ふつう」を1回クリアしてみました。
 昨日のもぎヴァナや、今日のですてにぃといっしょでも放送されていたヒントで、おおむね説明されている感じですね。

・敵はインプ1体。ジョブは吟遊詩人。マンボを歌って、ただでさえ高い回避をさらに上げてくる。
・一定間隔で、周囲に配置されたガーゴイルが動き出して襲ってくる。ガーゴイルは1ダメしか与えられないが、20ダメージを与えるとまた動かなくなる。なので、手数の多い攻撃手段で殴るのがよさそう。
(昔懐かしい、獣人印章20枚BFの「甲殻小隊」の甲虫みたいな感じですね)
・インプは何らかの条件で、角笛を落としてしまう。
otosu.jpg
 角笛を落とすと、ガーゴイルを動かせなくなる・角笛を使う特殊技が封印される。
・角笛を落とす条件は何だろう? 通常のインプだと、被クリティカルヒットや被ステップなんかですが、今回やってみた感じでは、「連携ダメージ」のような気もしました。ノユリさんが回天をぶちかますと落としていたので。連携なら侍大活躍というコンセプトにもぴったりですしね。クリティカルヒットはあまり関係がなかったように見えましたが……要確認かな。
・角笛は、一定時間で復活する。
hirou.jpg
・ですいつでは、沈黙特殊技をばんばん撃たれて松井さんが沈黙しまくっていたので(笑)距離を取れないならやまびこは忘れずに。


 という訳で、今月の2章は、割と素直に連携をぶつけていくといけそうな気がしますね。もし角笛破壊の条件が連携ダメージで正解なら、自分は格闘や二刀流などで手数を確保しつつ、光連携が得意な侍系フェイスを呼んでいくのがいいのかしら?
 とりあえず明日からは小鳥さんでもチャレンジしてみるつもりです。モンクでガーゴイルをぶちのめせるといいなぁ!
posted by さとみん at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ