2019年09月01日

電撃の旅団夏祭りオフ2019行ってきたよ #電撃の旅団

danchonoichinichi.jpg
 今回の目玉、電撃の旅団謎解き。1日限りにするにはもったいない凝った出来でした。

 という訳で、恒例になってくれた夏のオフ会、「電撃の旅団主催 FFXI 夏祭りオフ会 2019」のため、昨日は一日渋谷でした。
 今回は「今のヴァナ・ディールを伝える」というテーマで、これまでのイベントの中でも一番"現役感"のある内容だったと思います。現役プレイヤーとしては超楽しみました。

 昼の部はAとBの二つ。内容はおおむね同じ、ちょっとトークの内容が違うかな?くらいでした。両方行ったことに後悔は全然ないのですが、私が行った分他の人の参加機会が失われてしまったことを考えると、片方だけ申し込んだ方がよかったかな……とちょっと申し訳なく。抽選だったのと、申し込み時には内容が明らかではなかったので、まあ仕方ないところもあるのですが。
 トークは主に、電撃の旅団のOshoさんとKittyさん(の中の人)、そして団長(のキャラ)によるアレコレ。それから会場で先行販売されたグッズの紹介。松井さんと藤戸さんもちょっと顔を出して、今回発売になった久々のFFXIオリジナルグッズ「モグガーデンミニタオル」のエピソードを話してくださいました。タオル、私も買いましたが、ガーデンの美しい風景と、じゃなかった、カニの刺繍が凝ってます。

 昼の部のメインイベントは、よだかのレコードさん制作の、電撃の旅団テーマの謎解きゲーム。制限時間60分、テーブルの6人でパーティを組んで挑戦でした。
 オープニングとエンディングに、ちゃんと団長たちによる、とても凝ったムービーがあって楽しい(笑)。ヴァナ内の様々なエモートと動きとSS、BGMを駆使してムービーを作り上げているのはすごい。団長の独り芝居スキルの高さに刮目せよ。
 謎はしっかり作られてました。一応全チーム、制限時間内にエンディングまでクリアできましたし、難易度はそこまで高くなかったですが、基本的にリトライできないイベントものなので、これくらいでよかったと思います。
 今回の謎解きのキモは、オーディンワールドに実際にイベントキャラが配置され、そのキャラが出すクイズに答えないと進行できない!という、実際のヴァナ・ディールとリンクしたギミック。何も知らない人が通りかかったらびっくりしたのではなかろうか(笑)。テストワールドではなく、あえて実際の電撃の旅団が所属しているワールドにしているのは、やはり「今のヴァナ・ディールに触れる」というテーマならではですね。
 この謎解き、とてもいい出来だったので、ゲーム内でのイベントキャラ部分の再現は無理としても、普通にキットとして売ったらプレイしたい人はそこそこいると思うんですが、どうですかねグッズ担当の方?

 夜の部は、トークと出張もぎヴァナがメイン。
 今回のMCは、いつもの小西克幸さんと、今回初登場の声優ランズベリー・アーサーさん。アーサーさんはアトルガン後期辺りまで遊んでいたヘヴィプレイヤーで、一番の楽しみはバリスタだったという濃ゆさでした。「あいつ今高額なカレー食ったから、倒してカレー消してやる!」みたいな狙い方をしていたとか、濃ゆい。
 さらに、もはや最近はファミ通なのに来てるねというツッコミすらされなくなりつつあるオポネ菊池さん(笑)と電撃の旅団Kittyさんによる、「最近のヴァナでできることプレゼン」。魔導剣士のウリ(および「ナイトもうちょっと調整して!」という要望)や、/lockstyle機能を活用した旅団のHaruhiちゃんファッションショー(に見せかけたKitty氏渾身のサブリガプレゼン)などなど。
 あと、昼の部の謎解きの、ヴァナ内キャラのクイズを探す部分だけを、アーサーさんがチャレンジするという企画も。アーサーさん、何だかんだでヴァナクイズはきっちり正解していました。
 そして、これらのトークテーマと並行して、「団長がLv1から夜の部開始までにLv50にするチャレンジ」が(笑)。

 夜の部の一番の目玉は、やはり出張もぎたてヴァナ・ディールですね。
 

  • 9月の調整内容の紹介ということで、まずは吟遊詩人のメリポ歌のスクロール化と新しいメリポアビ(歌がかかっていると被ダメカットになるアビで、これは嬉しい内容)。
  • それからアンバスの更新。1章はアーリマンリバイバルでエクスカリバーが襲ってくるよ。
    2章はマンティス族で、デスプロフェットをヒーリングでかわせ!はフェイスだと対応できないので、別のギミックになっているそうです。きっと旅団の月刊アンバスケードなら……月刊アンバスなら解明してくれる……!
  • 上位ミッションBFの追加は、レディ・リリス。ミッションの「翼持つ女神」BFということになりますね。元になった戦闘にもあったお邪魔フィールドが今回も活躍する模様。難易度ふつう?以上で「例のあのモード」があるとか。
    報酬はなんと!冥護四衆の着ていたグラの装備だそうです!会場大騒ぎ。性能は、軽装ジョブ用で、ストアTPや被ダメカットや物理ダメージ上限突破など、かなりすごいものになりそう。
  • モンスター飼育についにマンドラゴラ族が登場。キトルルスマンドラの実装を待っていたために、ここまで引っ張っていたそうです。
  • 利便性向上は、かなりスゴいやつがぶっこまれましたよ。
    ついにオグメ装備の同アカ宅配が可能に! ただ検証が大変(だし万一があったらヤバい品)なので、まずは醴泉島装備からだそうです。いやそれだけでも超ありがたい。
    それから一部アイテムのスタック数が99に。競売に出せないExアイテムのうち、ゲームバランスに影響しない品から、ということで、まずは焼印や各種クーポンのようです。いや正直これだけでも十分(笑)。

 ここまでの紹介は、小西さんとアーサーさんによるMCで進行でした。お二人ともヴァナ愛が感じられる安定したトーク進行なのですが、やはり現役感はあまりないので、正直もぎヴァナの進行としては物足りない部分があったなぁというのが率直な感想です。ここ突っ込んで訊いてほしいなぁみたいなところがスルーされる場面が多かったので。
 が! ここでわれわれのもっちーが登場! MCに参入してくれました。これで一気にもぎヴァナとしてグッといい感じになってくれました!
 という訳で、ここから「もぎすぎヴァナ・ディール」であれやこれやが。

  • 「毎回訊かれる視聴者様からの質問をここで」ということで、「黒字になってますか?」「20周年の先を目指すために、プレイヤー側ができることは?」というQ&Aが(笑)。
    「ちゃんと黒字です」「楽しく遊んで、楽しいよ!ということを周りの人に伝えてくれて、身近な人を誘って遊んでくれればうれしい」との松井さんの素敵なお答えがありました。
  • マンスリー目標の、???になっていた480ディードの報酬がついに公開。
    なんと、新フェイス「モンブロー」だそうです! な、なんだってー! モンブローさんは「魔法を使わない回復フェイス」というかなり斬新なガンビットを持つフェイスになる模様。これは気になりますね……!
  • ウォンテッド装備の打ち直しが入るとのこと! ウォンテッドスキーの私、思わず「ガタッ」でしたよ。ランダムではない固定性能のオグメがつくそうです。打ち直し用の素材は、やはり各NMの箱から出る素材でしょうか? ヘヴィプレイヤーが目の色を変えるような一戦級の性能というより、そこそこ遊ぶプレイヤーがムズ目の戦闘に臨む時に使いやすい性能が加わると嬉しいなぁ。アンバス装備+2で不足しがちなところを補えるようなものを希望。 
  • ドメインベージョン改修を予定しているそうです。今のドメインは確かにキャンペーンでもそうでない時でもそれぞれ遊びにくさが目立ってしまっているので、調整してくれるのはすごく有り難い。問題点と、それをどう調整するつもりかというところについて的確な分析がされていたので、楽しみです。
  • そしてそして最後に、すごいやつが発表。タルタルがエデレーネ瀑布を前に、ゴゴゴゴゴ……と詠唱開始。こ、この詠唱の長さは、ま、まさか……!
     どーん!と、新召喚獣「セイレーン」の発表! 世界観的にセイレーンは無理、と言ってくれていたのを無理を推して実装してくださるそうで! そのためにかなりきちんとしたクエストを入れてくれるとのことで、これは召喚士ではなくともクエスト好きは見逃せない!!ぜ!!
  • もっちーから、新グッズとして「白魔道士AFをイメージしたパーカー」を作れないかと企画しているというポロリが。しっかり作り込みをしたいのだが、そうするとお値段がそれなりにしそう……とのことです。個人的には、3万円なら買います、ええ。


 そんなこんなで楽しかったもぎヴァナも終わり、裏で色々がんばっていた「Lv50まで上げられるかチャレンジ」をしていた団長さんにカメラが切り替わったところ、お約束のぷりけつ姿でした(笑)。でもLv62までちゃんと上がってましたよ! 限界突破クエスト含めても、さらっといけるもんですねぇ。そんな団長を見守っている、サブリガ姿の鮒師匠(仮名)のオーディンワールドのキャラも配信されてたよ。
(ちなみに団長さんはTwitterにて「ほんとはMaat戦でぷりけつしたかった」とのコメントを)
 この企画、なかなか楽しそうだったので、もうちょっとリアルタイムで色々みたかった気がする(笑)。


 ……とまぁこんな感じで、とても盛りだくさんの楽しいイベントでしたヽ(´ー`)ノ
 会場では、このブログをご覧いただいている方にお会いしててれてれしたり、松井さんと藤戸さんと一緒に写真を撮っていただいて顔真っ赤にして足ガクガクさせたりしてました(笑)。

 松井さんもおっしゃっていましたが、FF11は、ガチャで何億売り上げというようなゲームではないけれど、ちゃんと支持されて売り上げも維持されて(笑)継続が心から望まれ喜ばれている、本当に幸福なゲームだと思います。今はやっていない人も、またマイペースで色々遊びに来てくれるといいなぁ。
 また来年も電撃さんがイベントをやってくださることを心から願いつつ、アンバスと幻珠集めに戻りたいと思います! 現場からは以上です!
posted by さとみん at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2019年08月21日

残暑お見舞い申し上げます

moguhanabi.jpg
 サマー・シャイニング・ファイアー!(どかーん)

 お盆に中国雲南省へ行くというリアル予定が入り、その前後にドタバタして、ブログが空いてしまいました。ヴァナには普通にログインしていたものの、日常のルーティンをこなすので精一杯。
 そんな中、Sirenワールドのユーザーイベントの星・さんたさん(仮名)による夏祭りイベントが連日開催されておりました。毎度の如く、私が顔を出せたのはほんの一部だけでしたが、せっかくなのでSSをアップ。

natumaturi-serifu.jpg
 今回のオブジェクトに隠れていたメッセージたち。漬物石、そういえば最近探してないな。モグガーデンで採掘できないから……(ぇー)。

tartardance.jpg
 踊り子さんたちはフェイスを駆使して素敵なダンスを披露です。モグ鼻をつけて躍るカラハバルハ様がシュール。戦争が起こる前は、博士たちもこんな遊びを、もしかしてしていたのかも知れないですね。ほろり。やはり戦争はよくない。

akuyatai.jpg
 花火のない昼間は、悪の組織による悪の屋台が並んでおりました。悪の屋台だったけどかき氷は本物だったよ!

 夏祭りSSキャンペーンも公式で開催されていたので、ここで撮影した渾身のSSを出品した方もきっといるでしょうね〜。楽しいイベントでした!

natuno.jpg
 陽極まって陰生ず。暑い日は続きますが、徐々に空気に秋の気配が混ざってきましたね。
posted by さとみん at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2019年05月25日

あなたが戦闘不能になる確率は1%です

himitu2019.jpg
 秘密のアレ。

 2019年の秘密情報を教えてもらいました。と言ってもまぁ、毎年「ふつうに純増してますね」という感じです。GMコール0回もまだ守り続けています。
 戦闘回数は1万ほど増える一方で、戦闘不能回数は100ほど増えていますので、どうやら100戦闘に1回戦闘不能になっているようです(笑)。
 つまり大雑把に言えば、私の「戦闘不能率」は1%前後ということになるのでしょうか。
 アンバスケードやウォンテッドなどのコンテンツではそれなりに倒れてるんですけど、毎日のソロジョブポで戦闘不能になることはほとんどないので、回数でならしていけば、それくらいかなぁと思います。こういう数字を出してみると、パーセンテージや確率の「感覚」みたいなものが自分の体感と違ってるのを実感して面白いですね。

 参考までに、2018年の数値は↓
チャット回数:590435
NPCに話しかけた回数:256911
パーティ参加回数:2779
アライアンス参加回数:472
戦闘回数:108049
戦闘不能回数:2432
敵を倒した回数:78065
GMコール回数:0
posted by さとみん at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2019年05月17日

鼻が曲がるまで抱きしめてくれる

morbolshirts.jpg
 17周年はジョディシャツで僕と握手!

 アイドルとは何なのか、という哲学的な問いをわれわれ冒険者に投げ掛けてくれたSHINING BLESSの皆様が、17周年をお祝いして復活したので、触手ライブへ行ってきました。
 もう一から十までツッコミどころしかないと、人はかえって状況を丸呑みしてしまうものです。リアルの政治家に悪用されないように気を付けたいものです(笑)。

 イベント内容は、要は巨大モルボルのジョディちゃんたちを応援しつつ、無限ポップするミニモルボルを倒してポイントをゲットするゲーム。ジョディちゃんたちに適切な応援をいっぱいすると、ミニモルボルがいっぱい沸き、こちらを状態異常にしてくれて(笑)状態異常にかかってる状態でミニモルボルを倒すとポイントが大幅アップということのようです。あと、ジョディシャツを着ていくとリゲイン・リジェネ・リフレシュがかかるので、必ず着ていこう!
 これまでのイベントと違って、セット制ではなくて、常にいつでもモルボルがおり、好きな時に入ってポイントを稼ぎ終わったら自動で終了してくれるスタイルなので、時間さえかければ一人でも問題なくクリア可能なのはいいですね。時間制限があるとオタオタしてしまう私のような人間にもやさしい(笑)。
cheer-morbol.jpg
 あと、イベント中は常に、ヘルプテキストに恋は状態異常」が流れているので、一応ちゃんと彼女ら、歌ってる模様です。われわれには聞き取れないだけで(笑)。

 ちなみにサルタバルタでのイベントをクリアしたら、クピピさんとの握手券?をゲットしました(笑)。
kupipibattle.jpg
 バルガの舞台で対面したら、うちのイロハがボコボコのボコにしてしまい、クピピさんとは一瞬でお別れ……。何でもクピピさんだけでなくナジやエグゼニミルさんたち「初期フェイス三人衆」揃い踏みのBFにも行けるみたいなので、お会いしたいですね〜。あ、ドロップは#ANVキーでした!

 握手券とは別に、ジョディシールドという、ジョディちゃんモチーフの盾もゲット。エンチャントを使用すると
jodysite.jpg
 ジョディちゃんが本来現れるところへ連れてってくれます(笑)。ライブじゃない時もここで触手会ができるという訳ですね! プライベートで会うと、ジョディちゃんツンツンモードで色々アレですけど!
posted by さとみん at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2019年05月16日

美しい素数の年

17years-fire.jpg
 17周年おめでとう&ありがとう!

 今日でヴァナ・ディールも17周年です!
 いやほんと、色々ありましたけど、ありすぎて色々ありましたとしか言いようがないんですけど。こうしてまたみんなで花火を上げてわいわいできることに、心から感謝です。
 17周年記念ユーザーイベントを、サンタさん(仮名)がまた開催してくださったので、一緒に祝うことができました。

17years-dancer.jpg
 もちろん、Sirenワールドが誇る踊り子達のダンスも華やかに、記念すべき日を彩っておりますよ。

17years-morbol.jpg
 なんか途中ホラー映画みたいな光景にもなっておりましたけどね。

 ファミ通さんが17周年を記念して、松井さんと藤戸さんにがっつりとインタビューをしてくださり、ここでもあらためて「最低でも2022年まではサービス継続」が明言され、さらに「20周年はゴールというよりもチェックポイント」という話もあり、その先も視野に入っていることがわかって、プレイヤーとしては有り難い限りですね。
 私は、今のヴァナ・ディールに正直あまり不満はなくて、一番に願うことは、これからも健全にヴァナ・ディールが続いていって欲しいということです。
 そういう意味では、松井さんがまさにそういう目標を掲げてくださっていることは本当に嬉しいし、全幅の信頼をおけると感じています。

 インタビューでは、専任スタッフのキャリアプランや外注スタッフへの発注計画といった、まぁプレイヤーという立場では心配するのも余計なお世話ではあるんだけれど、こちらもいい年になっているのでどうしても気になってしまうことについても述べられていて、そうだよなーとうなずいていました。
 特にFF11は、開発機材から環境から、何もかもが、今となっては特殊な存在だと思うので、キャリアプランに与える影響は大きいでしょうしね。それでも、全力で世界を創り続けてくださるスタッフの皆様がいらっしゃるありがたさ。
「『FFXI』が30周年を迎えるころには、初期の開発スタッフたちがみんなリタイアしていると思うので、ボランティアでヴァナ・ディールをコツコツと拡張できたら楽しそうですね(笑)。」なんていう発言も、今の段階では遠い先に見える星のような夢のお話ではあるんですけれど、本当に実現したらすごく幸せだなぁと思いました。FF11は、それが叶えられる可能性のある、本当に数少ないタイトルだと思うし。

 まぁ、それを叶えるためにも、これからまた十何年間、われわれプレイヤーは楽しく走り続けたり、気ままに散歩してみたり、立ち止まって虹を眺めたり、モグハウスで昼寝してみたり、していくつもりです。
 全然遊び切れていないこのヴァナ・ディールの世界、これからもよろしくメカドック!(ですてにぃさん風)
posted by さとみん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2019年04月20日

星月桜

fenrirandcherry.jpg
 ウィンダスの皆は、 幸せに暮らしていますか?

 最近Sirenのユーザーイベントの星・サンタさん(仮名)がいっぱいユーザーイベントを開催してくださっています!
 ウィンダス石の区のどこかに隠された、というか、隠れた(笑)タマゴ(に変身した誰か)を探す、エッグハントイベントが開催されました。
 しかししかし、毎度のことながら、私は前回に引き続きリアル都合でほとんど参加できず、最初に顔を出しただけでログアウトする羽目に。号泣。

 このユーザーイベントでは、三博士とあの方とあの方が、オブジェクトにメッセージをこめてくださっています。今年もモジジちゃんと花見できなくてがっかりの博士とか、ネザーストークとマンドラの関係に興味津々の博士とか、フェンリルを複雑な気持ちで見ている博士とか、冒険者を優しく見守るウィンダスを導く星のあの方とか。フェンリルの姿をしたあの方のメッセージは、いつも心に響きますね。
 今年はそれに加えて、ネザーストークからスペシャルゲスト!もおいでになっていて、みんなでコポコポ歓迎しましたですコポ。

 ウィンダスの皆は幸せに暮らしております。絶望した時もあったけど、いつもちょっと先にある希望の星を目指して、今日も歩いています。今までも、今も、そしてこれからも。
posted by さとみん at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2019年04月17日

マンドラに蹴られた青春

mandramoji.jpg
 心の綺麗な人には「マンドラ」と書いてあるように見える。

 昨日はSirenワールドのユーザーイベント「マンドラの日」ということで、西サルタバルタでマンドラゴラになって集合でした。
 ……と言いつつ、私はいつものパターンでリアル予定のため、頭にちょこっと顔を出して、マンドラ文字作成にしか参加できなかったのですが(号泣)。
 大きな双葉でもよし、マンドラスーツ&マンドラマスクでもよし、リコポンマスクでもよし、もちろんマエストロタクトでもよし、みんなでマンドラに変身してワイワイやっておりました。
 マンドラ文字を作ろうとあれこれやってると、「あれ、あの人全然指示したところで止まってくれないな」と思ったら本物のマンドラだった、ということもありました……(笑)。/names off してると全然わからんですね! 特にタルタル。タルタルのマンドラスーツは善である。

 私はウィンダス出身組、マンドラゴラとの死闘で冒険を開始したクチなので、マンドラを見ていると感慨深いものがあります。
 オートアタックの概念がわからなくて、「攻撃」コマンドはどこなんだとおたおたしたり、「そっかこれが回復コマンドか」と女神の祝福をぶちかましてみたり、攻撃をよけるには自分が動かないといけないのかとグルグル回ってみたり……マンドラ先生には色々と鍛えていただきました(笑)。
 これからも何かとお世話になると思いますので、よろしくお願いいたしますマンドラ師匠!
posted by さとみん at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2019年04月01日

団子もいいけど、お花もね

mooglesakura.jpg
 モーグリもお花見楽しいクポ〜!

 昨日、Sirenワールドのユーザーイベントの星・サンタさん(仮名)が開催してくれた、ル・ルデの庭でのひな壇&お花見祭りに行ってきました。
 ひな壇にうっかり並んで座ってしまい、色々誤解を招いた親衛隊長と病院の院長さんがいたとかいないとか、そんな楽しいエピソードも(笑)。
 夜はSirenワールドの誇る花火師と踊り子たちのステージ、昼はマンドラゴラとネコの集会。かわいいSSはTwitterにいっぱいあがってると思うので、うん、そっちに任せた!

balcony.jpg
 ル・ルデの庭に桜が飾られるユーザーイベントは何回かありましたが、この、バルコニーの上からの眺めが好きです。美しいというだけでなく、ヴァナ・ディールが幸せに包まれているのを見守る女神様の気持ちを感じられるような気がします。
 親衛隊の皆さんやアルマター機関の人も、これを見てほっこりしてるといいな。あとはテンゼンと、一緒に見たいね。
posted by さとみん at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2019年03月21日

今日九重に匂ひぬるかな

gyugyu.jpg
 ネコと仔羊とかーくんとマンドラとマトン。

 東京も桜の開花宣言が出たようですが、Sirenワールドもお花見イベントが開かれました。
 11にちなんで、パルブロ鉱山初期開拓者11人を讃えた、北グスタベルグの記念碑前が会場です。なぜ11人なのかは、名作クエスト「11人目の真実」をクリアして確かめよう!

sekihitohana.jpg
 パルブロ鉱山と同じく、色々な方に支えられ、愛されて、生まれて育って今も変わり続けるヴァナ・ディール。私もこの11人目となって時の風を起こし続けたい所存であります。

odango.jpg
 ちなみにこんな団子茶屋も設置されておりまして、タルタルは手を伸ばすのが大変そうですが(笑)、おいしくいただきました!

 お花見イベントは31日もやるという噂を聞いているので、皆様もぜひお運びいただけると楽しいかと思います! Sirenが誇る踊り子たちが、華麗に踊りまくっておりますぞ。
 
posted by さとみん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2019年03月02日

ミミックにならない金箱

coffer.jpg
 小鳥さんにオーラムコッファー、届きました。

 推しNPCスクリーンショットイベントは、ブログにも書いた通りアルドさんで投稿しましたが、無事に抽選をくぐりぬけてオーラムコッファーをいただけました。
 いそいそと飾って……などとやっていたら、今度はひなまつりハウスレイアウトキャンペーンですって!
 ハウスのレイアウトなので、また少ない頭とセンスを絞り出し、片づかないモグハウスを片づけて(笑)ひなまつりなSSを撮らねばなりません。どんなのがいいかなー。桜やボンボリ、ひな壇あたりは多数ネタでしょうから、別のものを……と思いつつ、ヒナドールズと絡めることを考えると、私の乏しいセンスでは、なかなかいいアイデアが浮かびません。
 しかも、締め切りの3月8日までは結構リアルがドタバタしており、さらに裁縫職人のエスカッション進行も佳境に入っているので、大慌てになりそうです。
 SSキャンペーンの次は3月のVUが来るだろうし、うかうかしてられないぞー。
posted by さとみん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2019年02月23日

【ネコ】【はい、お願いします。】

neko1.jpg
 きっとあの建物に、ちゅ〜るがあるはず。

 2月22日は猫の日だそうで、Sirenワールドでも猫の日ユーザーイベントが開催されました! ウィンダス水の区に、大量の【ネコ】が集まりにゃーにゃー騒ぐ猫集会です。
 しかし仔猫もとい仔クァールのグラフィックはまったくひきょうでけしからんですね! ここに子ミスラが混ざったりすると、けしからん度倍増です。
 Twitterにも色々かわゆいSSがアップロードされているので、ネコ派の皆様はご堪能あれ。あ、私は鳥派なんで……。
neko2.jpg
 個人的には、この「ネコ召喚魔法陣」が楽しかったです。大きさがぴったりであつらえたよう!
posted by さとみん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2019年02月16日

表の顔と裏の顔

aldoword.jpg
 ユニティでは商売の話をしつつ、冒険者に会うとライオンの話をするアルドさん。

 という訳で、推しNPCスクリーンショットコンテストはアルドさんにしてみました。
aldoandmap.jpg
 フェイスで呼びだした時のSSにしようかとも考えたのですが、アルドさんの本気は戦闘じゃなくて、やっぱり地図を見ながら次の商売の世界戦略を練ってるところだと思うので(笑)こちらに。なにげに自分もユニティシャツを着てちゃっかり隣に写り込んでみました。

 天晶堂で部下たちの話を聞いていると、アルドへの信頼がすごくて、あれだけの海千山千の連中が彼についていくのは、フェレーナちゃんが可愛いからだけじゃないんだよなぁと実感します。
 そして天晶堂の連中は、あれこれ無理難題をふっかけてはくるけれど(笑)約束を破ったり紛い物をつかませたりすることはなくて、商業倫理が浸透しているというのも面白いよね。実なクリーンアンドホワイトな団体である。海賊行為をしてるギルガメッシュの方がよっぽどアレである(笑)。

 ちなみにアルドさんの好物はタコスだそうです。片手で食べられるからかな。忙しそうだもんね。
posted by さとみん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2019年01月17日

みかんの国からおめでとう

bigmoogle.jpg
 巨大モーグリになって花火を見守る。

 昨夜はSirenワールドのユーザーイベントの星・サンタさん(仮名)による毎月16日のイベントがありました。1月は新年!ということで、マンドラのAkeやOmeたちが出張出演。バストゥーク商業区の噴水で、マンドラ祭りとなっておりました。
akeomejikuu.jpg
 なんとネザーストークからいらしてくださっていたようです! ウェイレアちゃん元気かな〜。王子様と一緒に楽しく暮らしているかしら! 6月になったらまた会えるかな?

 夜は花火、そして昼はサンタさん主催のミニゲームで、どこかに隠れているキャラクターを探しておりました。
 ヒントが「カニが落とすアイテムが必要なクエストの依頼者の近く……」だったのですが、カニ→カニといえば切断→カニに切断とか聞いたことないので抜けm 違う違う。カニ→カニといえば岩塩→岩塩渡すクエストってバスにあったっけ……?と悩んでしまった。ルフェ湖の塩はサンドリアだし……とサンドに行きそうになったよ。
(正解は蒸気時計のアレでした)

 ……え? イベントも楽しいけど、アレがあっただろう、アレはどうなったんだって?
 当然のように特賞を引き当て、大好きなモグに変身できるクッキーを70個以上ゲットですよ! もうこれ以上望むものはクポ装備一式しかありません!(望むんかい)
 あ、さとみんの職人キャラが4等を1本もらえました。が、今年の商品は職人トルク削除されてたんですね……(笑)。という訳で、コレに。
onionsword2.jpg
posted by さとみん at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年12月25日

神には栄え地には穏やか人には恵みあれと

FFXIhitomoji.jpg
 FFXI と書いてあるように……心の綺麗な人には見えます!

 Sirenのユーザーイベントの星・サンタさん(仮名)の星芒祭イベント、今回は豪華2夜連続でした。1夜目はサルタバルタの星降る丘、2夜目はジュノ上層にて、星芒祭の飾り付けです。

ashihosoi.jpg
 サルタバルタにて、巨大マンドラに変身させてもらいましたが、こうしてみると、マンドラって脚細いですね……。この華奢な脚であの強烈なキックとかヘッドバットとかやってくるのか。ヘビクイワシか。掛川花鳥園のキックちゃんか。

 そしてジュノ上層のイベント。なぜ上層なのかと言うと……
onenightfick.jpg
「彼」が、一夜だけ帰ってきてくれたから。女神様の奇跡か、はたまた鳳凰の息吹のかけらが飯盒からこぼれたか。
 いつかオーメンを1億回くらいクリアしたら、彼とフェレーナがまた会える奇跡が起こってはくれまいか……。「王」100万回討伐!? やってやろうじゃねえか!(´;ω;`)

 そしてみんなで「XI」のマンドラ文字を作るべく右往左往。
livevana.jpg

 なお、今回のイベントは、上位存在(笑)の粋な計らいによって、Live Vana'dielでも中継が!


 花火もちゃんと中継されておりました。
livefireworks.jpg

 毎回素敵なイベントを主催してくださるサンタさんの気持ちが、色々な上位存在に届いた、素晴らしいイベントだったのではないでしょうか! いつもありがとうございますヽ(´ー`)ノ

 私は基本、土日夜は家族の予定を優先するルールにしているので、なかなかユーザーイベントに顔を出せずお手伝いもできず、今回もちょろっとしか参加できませんでしたが、幸せな時間を過ごさせていただきました。

 メリースターライト!
 あなたにも、私にも、ヴァナ・ディールに住まうすべてのひとに、ヴァナ・ディールを見守るすべてのひとに、ヴァナ・ディールを創るすべてのひとに。
 幸せが星の光のように降り注ぎますように。
posted by さとみん at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年12月17日

もうすぐスマイルブリンガーがやってくる

zenyasai.jpg
 星芒祭前夜祭!

 いつもSirenワールドで楽しいユーザーイベントを主催してくださるサンタさん(仮名)が、星芒前夜祭を開催してくださいました!
 星芒祭の準備で用意したはずのものが見当たらない……どこに行った!?というほのぼのストーリーを堪能いたしました。合間に大花火大会。Sirenの大花火大会&踊り子たちは、年々技が磨かれて、なんかすごいことになっています。
 あと今回、猛毒薬を売り歩く人が現れ、大量に死者が出てました。し、しりあるきらー!!??

 サンタさんのイベントでは、毎回色々なオブジェクトが設置されて、それもひとつの楽しみなのですが、今回は
okujou.jpg
 おっきなストーブ! ウィンダス目の院屋上にどかんと出現! あったかい!
 大きなストーブが野外にどーんと置いてあると、屋外イベント感が高まりますね。よくあるじゃないですか。巨大ストーブの回りに参加者が集まって、ピザとか食べるやつ。

 23/24日には星芒祭本番イベントも開催されるようなので、楽しみです! リアルの家庭イベントもあるので、フル参加は厳しそうですが、何とか行きたいなぁ!
posted by さとみん at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年12月07日

メイキング秘蔵スナップみたいなものです

back-aern.jpg
 カウントダウンする後ろ姿。

 イベント「絶対的な美徳」、まだ揃っていなかったスタッフとスピアを取らせてもらいました!
 久しぶりにル・メトの迷路を歩き回って、リンバス固定をやってた時のこととか思い出しました。かなり後発にやったと思うのですが、楽しかったなぁ。
 無事、全員が全てのアーン武器をゲットできたので、記念写真を撮ろうー!と並んで、/hurrayをするタイミングを待っているところです。きっちり/hurrayしてる写真は、きっと鮒師匠(仮名)とかがバッチリ撮っていると思うので、私はこういう隙のある日常スナップ?ぽいものをアップするのであった。
posted by さとみん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年12月05日

プロマシアエリアの戦闘音楽が好きです

honkiAbsoluteVirtue.jpg
 腕輪をつけると本気モード。
 かつて何人のHNMLSがこの姿に壊滅させられたことか。

 #FF11メッセージのツイートを眺めたり、動画配信の朗読劇を聴いたりしながら、未だにによによしております。夜の朗読劇、何度聴いても楽しい。小西暗黒のボケと、中村戦士のツッコミが最高。
 そんな中、疲れがここへきてどっとぶりかえしたか、風邪を引いたりしておりますが、咳コンコンしながらもヴァナには行く訳ですよ。

 LSの鮒師匠(仮名)が誘ってくれて、「絶対的な美徳」イベントに行ってきました。
 在りし日には討伐に2時間コースだったというAbsolute Virtueも、今となっては特に戦術もいらず3分クッキングのお相手。道中も、クラゲもエイも脅威たりえないのでピクニック気分。最大のピンチは、金魚が後をついてくると敵対心が発生するのでフェイスを呼べないことくらいです(笑)。
「Onslaught」をバックに戦えるので、テンション上がります。戦闘音楽の中では(ボス戦のぞく)これが一番好きだったりします。入りからかっこよくて燃える!

 とりあえず、Hopeから始まるアル・タユのNM5体を倒して、私もダガーとアクスとソードをゲットいたしました! スタッフとスピアは残念ながらお預け。
 スタッフは下位のNMも落とすみたいなので、そのうちひとりでル・メトにでも行ってこようかと思います。
 ダガーはシーフのロックスタイルに使おうかなぁ。
posted by さとみん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年12月03日

#FF11メッセージ イベント感想

dancho.jpg
 来場者に配られた、通称「電撃の旅団団長<フェイス>」。かわいい。しかしかぶる場所がない(笑)。

 よみうりランド日テレらんらんホールで行われた「#FF11メッセージ」、楽しかったですねー。昼夜公演どちらも行ってきました。
 実はこの日、本当は私は香港から日本に帰国する日だったのですが……(笑)無理矢理日程を早めて前日にひとり帰国し、結構フラフラになりつつの参戦でした。なんか、以前もロンドン交響楽団が演奏するFFオーケストラコンサートに参戦する時に似たようなことをやった気がする。許してくれる軽鴨の君は優しい。本当に優しい。

enter2.jpg
 プレイベントでパーカーと連邦式礼服は購入済みだったので、今回の物販は、メモリアルブックと皆川さんの画集を……と思っていたのですが、オーロラホールの物販ブースは往年の侍ジョブ取得クエスト並みの行列となっており、時間がどう考えても足りないのであきらめました。きっと……後日通販があるさ……。
 別の方のブログを拝見したら、9:30の段階ですでに長蛇の列だったようなので、まぁ無理でしたね(笑)。

 イベントは、「出演陣のフリートーク」「朗読劇」「ナナーミーゴスライブ」という内容でした。あと、前説に松井さん・藤戸さん・もっちーのもぎヴァナトリオが出てくるというオマケつき。オマケじゃないだろ!これを有料配信で売るべき!(笑)
 フリートークでは、会場の皆さんの出身国&キャラはどこ?でウィンダスおよびタルタルの拍手が一番大きかったことに、ウィンタルのひとりとして胸を張っておりました。タルタルはヴァナの代表種族だぜえっへん!
 あと浅川さんがガルカキャラだったのに完全にhimechanプレイになっていたという事実を明かし、やはりリアルでの美女属性は隠し切れないのだろうかと思った。

 朗読劇は、昼・夜で完全に内容が違っておりました。
 実はねー、私、これがちょっと不安だったのですよ。いえね、出演陣の皆様の演技力にはひとかけらも不安はなかったのですが、むしろだからこそ怖かったというか。
 実は私、最初に声が設定されてないフィクションで後から声があたった時に、イメージと一致してた経験がほとんどないんですよ。たぶん、私の脳内にある音声コレクションに、声優さんの演技パターンがないからだと思います。加えて、最近の「アニメ声」みたいな演技が実はすごい苦手でして、上手下手関係なく、「醒める」のですよね、「あーこれフィクションなんだよなー」という意識が勝ってしまう。繰り返しますけどこれ、上手い下手とかの問題ではなく、アニメの声優演技の「型」そのものと、私の感覚の相性がよくないんだと思います。
 でも、声優さんの演技自体はうまくてパワーがあるので、大抵自分のイメージがそこで塗りつぶされて声優さんの演技に置き換えられてしまうので、そうすると原作に戻った時にも「醒め」が出てしまうことがよくあって。
 なので、NPCに声があたると、そこで自分のイメージが塗りつぶされてしまいそうで怖いよなと。

 ところが、ありがたいことに今回、そこに違和感がほとんどなくて、あんまり聴いててつらくなかったです。たぶん、NPCのチョイスがうまかったのが理由じゃないかと。クピピ、アルド、モンブロー、ギルガメッシュ、フェレーナ、フィックが登場した訳ですが、このメンバーって「見た目と話し方と性格」のギャップが少ないというか、キャラ造形がとても純粋なので、自分のイメージと声優さんの作るイメージにあまり齟齬が出にくかったというか。
 今回の演技でいちばん、いわゆる「アニメ声」な演技だったのは加藤さんのクピピだったと思うのですが、クピピってアニメしゃべりしてても違和感ない子ですよね(笑)。中村さんのアルドはかっこよかった。アルドユニオンに入っててよかった。
 あと、椎名さんとRiRiKaさんという、もとは声優畑じゃない人が混じっていたのもよかったと思います。モンブローの椎名さんはすごくよかった! モンブローの、あの控えめながら芯のある「リアルな大人のカッコよさ」がよく出てたと思います。フェレーナは、もともと舞台のような「お姫さま」なので、RiRiKaさんにとても似合っていたし。
 ギルガメッシュの小西さんは、ご本人は「自分では年齢が足りない」みたいなことをおっしゃっていましたが、そこは演技力で十分カバーされていたと思います。さすがのうまさ。あと浅川さんのフィックは、私のフィックのイメージとはだいぶ違う(私のフィックのイメージはどちらかというと無口な男性イメージで、そういう意味では小西さんの方が近かったかも知れない/笑)感じだったのですが、違ったのでむしろ「別物」と思えてよかった。可愛かったし。
 あと、朗読劇ということでご本人が目の前にいてリアルな肉体を持って演技しているのが見えたのが、自分の中で「醒める」要素がなかったのかも知れない。
(そう考えると、私が苦手なのは「アニメ声」じゃなくて、「アニメ」なのか……? そういえば吹き替えでも「シャーロック・ホームズの冒険」とか「名探偵ポワロ」とかはDVD買うくらい好きだし……。でも、前にカドカワさんが公開してた「アレキサンダーとルザフ・オーディンの対決シーン」のアテレコは苦手だったんだよな……声優さんの演技はすごいよかったのに……)

 夜の朗読劇の方は、「冒険者がパーティを組んで、クロ巣のNMクロウラードロップのロイヤルゼリーを取りに行く」というストーリーで、いわゆる「Lv60キャップ時代のクロ巣あるある」でしたが、こちらはNPCとのギャップを心配しなくていいので(笑)、とても素直に楽しみました。
 敵釣った直後に寝落ちするナイトとか、暗黒ラスリゾブラポンを中二病台詞マクロで放ってタゲとって死ぬ暗黒とか、寝かせた敵にディア入れちゃうガルカ白魔道士とか、誤爆で悪口言いまくる悪タルシーフとか、常識人で苦労する戦士とか、男性陣のほのかなトキメキを「子供がそろそろ帰ってくるから」とぶち壊して去っていく吟遊詩人とか、最高(笑)。
 あと地味にネタを仕込んでくる谷岡さんの生演奏がよかったです。

 ナナーミーゴスライブは、当然のようにかっこよかったですね。
 今回セットリストにサルタバルタやカザムといった「なかなかイベントで演奏してもらえない名曲」が入っていたので大満足。ロンフォールとかはサンド関係の音楽はめっちゃ演奏されるのに、ウィンダス関係は不遇ですからね!(笑)
 あとオーメンのテーマに「For a friend」というタイトルがついたことがお披露目されました。バイオリン演奏がとても映える曲ですから、ナナーミーゴスにぴったりですよね。あ、ライブの間バックに各地のSSが映っていた訳ですが、オーメンの時に痛覚同化のSSを採用した人は表に出なさい(笑)。よくわかっていらっしゃる(笑)。

lunchbox.jpg
 ランチボックスは、ヴァナ・フェスメニューを一部再現ということで、おいしかったです。おにぎり大きくてボリューミー。ただ冷たい状態で、屋外で食べることになったので、致し方ないとはいえ、ヴァナ・フェスは恵まれていたんだなぁという感想も。

yamiou.jpg
 謎解きは、プレイベントでエンディングまでクリアしていたのですが、その後のシークレットクエストが時間切れでクリアできていなかったので、昼夜公演の間に会場内をダッシュです。
 このシークレットの謎、難易度が容赦ない上にノーヒントなので、かなり苦労しました。自宅にいた時にずっと配られたキットをにらみつづけ、「もしやコレでは……?」と気付いたことを確認したところ、何とか解答に必要な情報をゲット。しかしそれが、私が苦手な空間把握系の能力を要求されるやつで(笑)。
 現地で同じ情報を得た人が、「ヒントわかりました?」と話しかけてくれて、3人でお互いの持っている情報を出し合い、空間把握能力の高い人が色々組み立て、メモを綺麗にとってくれ、とあれこれやって、「あ……これが答えだ!」とわかった瞬間は謎解き冥利に尽きましたね! みんなの持っていた情報、得意なことがそれぞれ違っていたので、パーティプレイって感じでしたよ!

illum2.jpg
 会場のよみうりランドは、家族連れ・カップル・友達同士と色々な客層で、ひとりでうろうろしていても違和感もなく、いいところでした。飲食販売ブースも、座るところも豊富なので居心地よかったし。
 あと、個人的には、トイレがすごく綺麗で、しかも数が多くて会場の至るところにあったのがとても助かりました……。全然待たなくて済んだし。


 そんなこんなで、とても楽しいイベントでした。
 公演の終わり際、2階席から退場するわれわれに、ずっと手を振ってくれた松井さんと藤戸さん、ありがとうございます。ほっこりしました……! しあわせ。
 16周年になってもリアルイベントができるのは本当にすごいことだし、それをがんばって実現してくださったファミ通・電撃さんには本当に感謝です。これからも、ずっとずっとヴァナで遊び続けるよ!





(最後に、ちょっとだけ、ネガティブな話をするので、折り畳みにしておきます)
以下ネタバレ。
posted by さとみん at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年11月27日

RはロイヤルのR

r-chocobo.jpg
 Rチョコボキャップ、無事に届きましたー!
 Rがロイヤルなのは、チョコボレースクエストをクリアした人間にはおなじみですね。あのクエスト好きです。サクラちゃんかっこいいー! あのクエストに出てくるチョコボのあれこれって、なんかちょっとFF9のチョコボの話と雰囲気が共通してませんか。チョコボって、ああいう神秘性みたいなのがありますよね。

 出会いと絆のスクリーンショットキャンペーン、私はPS2とXboxサービス終了日のル・ルデの庭の感謝祭のSSを出しました。他にも色々フレンドさんと写したものはあるのですが、自分の胸に留めておきたいものだったり、情景を説明しにくかったりで、これが一番わかりやすく「絆」かな、と。

 実はあまりSSを撮るタイプではなかったりします。私は映像画像絵画関係のセンスが壊滅的に不足していて、なんかあんまり決まらないのですよね。実生活でも、iPhoneのカメラ機能はもっぱらメモ代わりで、食べたものの写真ばかりが貯まっています。
(そういえばFF15にも旅の途中の写真を撮る機能があるのですが、私のFF15セーブデータには、イグニスくんが腕によりをかけて作ってくれた料理の写真ばかりが貯まっています……どうしてこうなった)

 今はブログになるべくSSを出した方が、読む方が見やすいかなと思って、なるべく意識してSSを撮るようにしていますが、それでもあんまり「うまい」画像は撮れないですね。あくまで備忘として撮っている感じ。
 PC版のSSはPS2版と微妙に色調が違うので、ガンマやら何やらを補正した方がいいとは聞いているのですが、よくわからないので全放置しています……。確か鮒師匠(仮名)が言ってたような気がする。真面目に聞いておけよって感じですね。
posted by さとみん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年11月17日

#FF11謎解き #FF11メッセージ プレイベントに行ってきたよ

goblindrink.jpg
 ゴブリンドリンクごくごく。

 という訳で、今日から始まりました「#FF11メッセージ」のプレイベントを体験しに、「デュナミス-よみうりランド」へ行ってきましたよー。
 残念ながらHPやサバイバルガイドは設置されてませんでしたが、マップは入手できました!

 今回の主な目的は、謎解きゲーム「闇の王の復活」と、「オプチカルツアー〜五行取りから始めます!〜」のクリア。
yamioureturn.jpg
 しかしながら、朝早くから動く元気のない若くないさとみんと、風邪を引いて本調子ではない上に自分はプレイしていないFF11謎解きに引っ張り出された軽鴨の君という身内2人パーティは、出発が出遅れて「デュナミス-よみうりランド」に突入したのがリアル14時過ぎという有様です(笑)。
 結論から言うと、「オプチカルハット-紙」とコースター2種はゲット、謎解きゲームは一応クリアしたもののシークレットストーリーはまだ未クリアという状態で、ビジタントの残り時間が切れて帰還となりました。

★★★

 周遊型謎解きゲームは、実は夫婦揃って割と好きでして、二人で結構な回数挑戦しています。
 なので慣れていることもあり、シークレットより前の謎はあまり詰まったりせず、おおむねノータイムで解くことができました。終盤になってくるとなかなか謎が難しくなってきて、悩む場面もありましたが、無事エンディングまで到達。
 各地のコラボドリンクを飲んだり、グッズ販売コーナーで連邦式礼服と松井さんパーカーを購入したりしつつ、のんびり解いて、17:30前にエンディング到達。そこからクリア後要素(笑)のコンプに30分ほど。
 シークレットクエストをオファーしたのが18:00頃で、そこから1時間ほど園内を探索しましたが、そこで詰まったのでシークレットのクリアは後日にお預けとなりました。シークレットはチェックポイントで「難易度が高い」「園内が暗いと見つけにくい」と念押しされてたので、仕方ないですね。
 たぶん、何か要素を見落としているためにシークレットクリアに必要な情報を得られてない状態だと思うので、後でゆっくり各種キットを見直してみるつもりです(笑)。

 なお、LINEアカウントがあるとヒントをもらえるそうです。私はアカウントを持ってないので、結局自力でやりましたが、アカウントがある人はヒントをもらうといいのではないかな。
 周遊型謎解きは、慣れているとすぐに解けるけど慣れてないとわからない、ということが多いので、慣れてない人はあまり思い詰めずにじゃんじゃんヒントをもらって、あと現地で冒険者仲間にSayして(笑)訊くといいと思います。

 それから、クリップボードと、消せる筆記用具があると便利。
 私は謎解き用に、A5クリップファイルとフリクションボールペンとマスキングテープをサコッシュにまとめたものをクローゼットに作ってあって(笑)周遊型謎解きのたびに引っ張り出してます。今回のキットも、鉛筆(というかペグシル)は付属してますが、書いたものを消せる方が絶対にいいので、下敷きになるものと消しゴムはあった方がいいですよー。
 ちなみに私がフリクションボールペンを使っているのは、謎解きキットで使用されている紙は大抵つるつるで、鉛筆だとちょっと書きにくいことが多いからです。今回の冊子もつるつる紙でしたね。あ、ちなみにペグシルのような先の鋭い鉛筆は、それはそれで使い勝手がいいので、捨てずにとっておくとよいかと(笑)。

 で、謎解きに必要な情報パネルやアイテムが園内に設置されているので、それを探す場面も多いのですが、園内が暗くなると探索難易度が無駄に上がるので、できれば朝一番に始めて明るいうちにやった方がいいです。暗くなって探せない、というのは周遊型謎解きでよくハマるパターンなので……。
 大体の場所は教えてもらえるんですが、そこから正確な場所を探して四方八方を見回す間、頭の中であの「シュッ……」というSEが鳴り響きます(笑)。方向キーやTabキー連打連打連打!(ゲーム脳)

★★★

poster.jpg
 ちなみに物販スペースのオーロラホールには、このようなパネルも展示されていて、並んで写真を撮るのももちろんオッケー。
 そして今よみうりランドは夜になると大イルミネーションが展開されるので、
illum.jpg
 これをもっと綺麗にしたような風景がいたるところにあります。なかなかよかったです。

★★★

 会場は、FF11以外で訪れているお客さんもたくさんいて、かといって混雑しすぎてウンザリするということもなく、とてもいい雰囲気で過ごすことができました。冒険者もあちこちで見かけたものの、今回は特にSayでのやり取りはせずじまい。
 よみうりランドは、周遊型謎解き会場としてはものすごく遊びやすい、いいところだったと思います。何しろベンチやテーブルが至るところに設置されており、飲み物食べ物も豊富に購入可能。
 周遊型謎解きの最大の敵(笑)は、実は謎そのものもさることながら、「座って考えたり書き込みしたりするスペースが見つからない」「休憩を取る場所とタイミングが見つからない」「しょうがないので街のカフェに入って冊子を広げてみたら、特定の場所に行かないと謎が解けない旨が後から提示されて泣く泣くカフェを出る」みたいなシチュエーションだったりします。
 その点、「デュナミス-よみうりランド」は、謎のすぐそばでベンチに座って謎を解けるし、疲れたらすぐに飲み物で一息入れられるし、食べ物でエネルギー摂取もできるし、雨風を避けられる屋内スペースもたくさんある。いやー、ほんとに私の記憶する中で一番快適な謎解きだったと思います。



 そんなこんなで、楽しいプレイベントでした!
 あ、ちなみに今日は松井さんもいらしていたそうですが、残念ながらお見かけできず。まぁイベント当日にお見かけできればいいです! マンドラパーカー買えたし満足です!
posted by さとみん at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント