2018年01月22日

3連続

3ren.jpg
 #ANVキーで天使が舞い降りました。すごくないですかー!アタリ3連発ですよー!
 エスカ-ル・オンの七元徳NMのトルク、メナスボス素材、ベガリーボスドロップ片手刀という連打っぷり。あれですね、年神様の予言「かなりツイてる」の通りですね!
(この片手刀もう持ってて倉庫に送った気がする……ということは忘れよう)
 トルクは片手剣と両手斧とガードスキルブーストということで、当該ジョブはないんですが、とりあえずあれか、ナイト上げろってことか(笑)。

 一方その頃、小鳥さんは
TwilightScythe.jpg
 神竜ドロップ品を引き当ててました。一時期ヴァナを騒然とさせた無属性攻撃武器トワイライトサイズ。ILがないので今となっては使い所が難しい武器となってしまいましたが、いつか暗黒騎士を上げるかも知れないしな!

 追体験エミネンスは、数も増えてきて、結構こなすのが大変になってきましたが(笑)ミラテテ巡りや壁パニエなんかをやってると、過去コンテンツを遊ぶ張り合いが出てきて、意外な楽しさがありますね。
 15周年が終わったら、この追体験エミネンスの報酬は#ANVキーじゃなくなるはずですが、#SPキーとかに差し換えかなぁ? この手軽さとガチャガチャ感は思っていた以上に楽しいので、いっそ#ANVキーのまま続いてもいいような気がしてきました(笑)。いやバランスぶっ壊れるからさすがに無理か(笑)。#SPキーくらいがちょうどいいのかな。
posted by さとみん at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年01月17日

掃除してくれてるんだね

taihi.jpg
 中からタルタルが5人くらい出てきそうな金箱ゲッツ。

 かねてからもぎヴァナなんかでも予告されていた、モグハウススクリーンショットコンテスト、「冬のモグハウス」というお題で開催されておりました。
 これは、日が進むにつれてネタかぶりと競争率が激しくなりそうだ……と予想して、何が何でも初日にやっとこう!と、預りNPCとかから雪だるまさんを引っ張り出しつつ、何とか撮ったSSがコチラ。
winter-night.jpg
 大好きなノマドモーグリさん、ヒナチョコボたん、雪だるまくんが、仲良くシチューを食べて食後のお茶を楽しんでる、ほっこりしたイメージです。横にあるシチューポットがさりげなく冬です。まだサンドリアミッションをクリアしてなくて、モグハウスがサンドリアなので、暖炉があってよかった!
(「2階をサンドリア様式にリモデルすればいいだけでは?という声は聞こえなかったふりをする)
 私のモグハウスは、5年以上前に大体好みのレイアウトにできて、そこから全くいじっていなかったのですが、数年ぶりに家具のレイアウトをあれこれ変えたら、元に微妙に戻せなくなったような(笑)。
 狙い通り、初日はまだそこまで競争率が激しくなかったおかげか、無事にオーラムコッファーをいただけました。

 で、コンクエをまたいで出たイベントが
asatteta.jpg
 スクータケープ(VW Step3の敵のドロップアイテム!)をゲットですー。
 そしてモーグリさんが箱を漁っている(笑)という驚愕の事実が! 私はモグさん大好き冒険者なので、全然オッケーです。出てきたアイテムをパクらないでちゃんと渡してくれるなんて優しい!可愛い! ていうかどこから出てきたんだこのケープ(笑)。
 きっと私が醴泉島で激闘してる時とかに、モーグリが一生懸命屋根にはたきかけたり、床をほうきで掃いたりしてるんだわ〜と思うと、心安らぎます。パルブロで幻珠を取る作業も辛くなくなるというものです。誰かが掃除してくれるなんて、冒険者はほんとに恵まれてるよね! 家賃タダだし! 家が数千万貨幣以上の高額で、数ヶ月留守にするとお上に召し上げられて更地にされて転売されるという、シビアでハードボイルドな異世界もよそにはあるそうですが、追い出されないどころか掃除までしてもらえるヴァナは優しい世界です(笑)。
posted by さとみん at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年01月12日

ボはボナンザのボ

 ボナンザの当選番号引き換えが始まって、ストレージが空いたのに、そこにどうでもいいアイテムを詰め込んで結局またキツキツになる……あるあるですよね! みんなあると言ってよ!
 ……なんか……片付けられない自分を突きつけられてるなぁ……(笑)。

 そんなこんなでボナンザです。全キャラで連番で購入しているので、5等1本ずつは確定。全部重力の幻珠になりました(笑)。像とかコスチュームとか色々あるけど、エスカッションに目が眩んだでござる。
 さとみんでは残念ながら5等のみ。さとみんと小鳥さんは、毎回同じ番号を買うことにしているので(片方だけ当たった時にせつない気持ちになりそうだから)小鳥さんも自動的に5等決定です。

 さてじゃあ職人や倉庫さんたちの方を確認しますかね……。
renkinkubi.jpg
 うおおおおおお4等が当たってたああああ!
 さとみんだったらオニオンソードIIとか魔人の斧にするところですが、宅配不可。ということで、職人トルクにいたしました。モグタブレットの木箱パワーが届かなくて取りにくい、錬金術師トルクを選択。さーこれで錬金術職人さんもスキル+2ですよ! ……レベルを70にしないとね……(笑)。

 しかし、いつもは番号のメモを先に照合してからモグさんにボナンザを渡してるのですが、時間もないしもう直接渡しちゃえ!と今回はモグさんに渡して確認しているので、どれが5等になってるのかさっぱりわからな

saihoukubi.jpg
 ええええええ4等がもう1本あったですとおおおおお!?
 期待も予想もしてなかったので結構驚きました(笑)。年神様の「かなりツイてる」さっそく的中してるじゃないですかー! さすが月読みをするフェンリル様だぜ……。
 という訳で、2本目の4等は裁縫師トルクに変身いたしました(笑)。以前、イフ釜でレベリングしていた時に偶然鍛冶師トルクはゲットしているので、これにて調理・裁縫・鍛冶・錬金術・木工トルクはゲットです! あと職人さんがいるのは彫金か(笑)。私が怨念洞にこもる日と、ボナンザ4等を再び引き当てるのと……どっちが早いだろうか。(とか言ってたら次回のボナンザでは景品からなくなってたりして)
posted by さとみん at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年01月11日

薬草取ってヒルを退治して料理のレシピを探して

g-tone.jpg
 オ○ガのGをゲット!

 今月のVUで増えた追体験エミネンス、ホネのあるお題が多い訳でして。チェーン100つなげるのは、果たして達成できるか……まぁパーティを組めばいけるだろうけど……小鳥さんは無理かも知れない(笑)。
 チェーン100達成!とかは、やっぱりアトルガン時代のメリポパーティなんですかね。その頃、私はいわゆるメリポジョブと呼ばれるジョブがなかった(というか白しかなかった、今と一緒じゃ)ので、メリポパーティには結局全然参加していません。一度だけ、白でもOKなまったり野良メリポパーティに入って、和気あいあいと楽しく稼いだ覚えがあります。

 そんな中、とりあえずできるものはガンガン進めていこうぜ!と、懐かしのリヴェーヌワート採集や料理書探しに出かけてきました。
 もはや礼拝堂はレベル制限が撤廃されて、インスニなしでもラクラク、しかもタウルスさんすら絡んでこない! かつて礼服姿で、タウルスの視線にガクブルしながら後ろ向いた瞬間に走っていたあの頃に比べれば、何ともやりやすくなりましたなぁ……。などと言っていると、曜日ごとの迷路変更で路頭に迷うという。
 しかしそれにしても、薬草を取ってきて(リヴェーヌワート)、地下の水路で大量のヒルを退治し(紅玉)、いにしえの失われた料理のレシピを探し(料理書)……なんか牧場物語か、さすらいの料理人ゲームをやってるんじゃないかと誤解しそうになるな(笑)。

 い、いや、私は冒険者だった、料理人じゃなかったよ、と思い出させてくれるお題が、これ!
kabe.jpg
 壁ですよパニエですよ寒波煮えですよ!(色々間違っている)
 懐かしいな〜壁殴ってると、突然敵が大量に沸いてボコられたりしたもんですよね〜。
 今回、では久しぶりに壁パニエってみるか!と勇んで過去に飛んでマップを確認したら、カンパニエ発生マークがついているのがことごとく味方の陣地。こちらから攻める気概はないのかね君たちは!(しばらく来なかったヤツにこんなこと言わたくない)
 とりあえず、ガルレージュ要塞に白羊戦闘団が出撃したので、C.A.さんの前で立ち尽くして待っていたのですが、全然ルテテ様お越しになる気配なし。そのうちにマップを確認したら、獣人軍支配のグロウベルグ[S]でカンパニエ発生マークがついたので、そそくさと本国に戻ってワープし直しました(笑)。
 こんなドタバタも、当時のカンパニエあるあるで、なんか楽しかったです。

 
posted by さとみん at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年01月10日

特派員はジャグナーでカニ王を見た!

savethequeen2.jpg
 セイブザクイーンIIを手に入れたぞー!
 渋い片手剣でカッコイイー!

 という訳でバージョンアップでっす!
 今年最初のバージョンアップ、元気よく追体験エミネンス4が追加されました。ふむふむ……予告されていた、リヴェーヌワートや料理書クエがあり。懐かしいですね。よくフレンドさんとマメットBFとセットで遊んだなぁ。
 ……カーバンクルの紅玉取りとか、チェーン100つなぐとか、思わず喉の奥で「ぐぉっ」と声が出ちゃったコワイお題もありますけど(笑)。
 ですてにぃといっしょ視聴直後にVUをかけたら、すでにオープンしていてすんなりログインできたので、取り合いしないで済みそうなうちに牢獄へ行って紅玉は取ってきました。50体目でやっと出たよ……(笑)。

 さて、そんな中「カニ王」というお題が。あのスピードベルト、後にはペロシアスベルトをドロップし、数々の熱い挑発合戦を巻き起こした恐るべきキングオブ為、King AthroをモチーフとしたカニNM「Marsh King Arran」退治のお題です。
 これまで存在していないNMの名前なので、これはデカ羊と同じく特別に実装された専用NMですね!ということはKing Athroと同じところにポップするはず?とジャグナーに飛んでみると。

arran-scan.jpg
 ココにいました。
 本家為王は、ランペールからしか行けない隔離された高台にポップしますが、Marsh King ArranはジャグナーのOPから普通に行ける、下の段にポップしてくれるようです。安心ですね! 決してわざわざ高台まで行ってからスキャンで気付いて、すごすごと戻ったなんてことはないんだぞ(笑)。

 とりあえずいそげーとマウント為に乗って(笑)走っていたら、突然の無言パーティお誘いが。こ、これは!ともちろん無言でこちらもパーティイン。案の定、カニ王退治のためのパーティでした。赤青へっぽこ忍(私)の3人で、Marsh King Arranを叩く叩く!
kingclub.jpg
 さすがの王だけあって、デカ羊NMとおなじく、それなりの強さです。甘く見てると返り討ちに遭いそうな感じ。ガ系精霊やポイゾガなんかもばっちり撃ってきます。途中、青さんのHPが赤くなる場面も。
 とはいえ、手練れの冒険者3人の前には、新カニ王もかなわず、ついに討伐!
 同じナイトということで、たぶんVU情報にも出ていたセイブザクイーンIIをドロップするだろうなぁと思っていたら、やはりそうでした! 6本ドロップしますので、取り合いはしないで済みますよー。3人で1本ずついただいて、健闘を讃えあって帰還いたしました。

 いやーしかし、これで追体験エミネンスは毎週32個ですか(笑)。スルーするものもあるとはいえ、箱開けがすごいことになりそうです。骨くずが32個もらえる日も近いな!(むしろそれはそれで超レアなんじゃ)
posted by さとみん at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年01月09日

今年も4649

2018fortune-sato.jpg
「かなり」ツイてるってことはエスカッション盾はいただいたも同然ですね!(気が早い)

 お正月はリアル予定が色々と入っていた上に、風邪までひいたために、あまりログインできずでしたが。
 それでも年神様にはご挨拶いたしませんと! という訳で細切れログインながらフェンリル様に聖水などトレードして今年を占っていただきました。
 今年は「かなり」ツイてるとのことで、さとみんのヴァナライフはますます楽しいものになる見込みです。ダイバージェンスバストゥークとか行けるかなーワクワク。

 そして一方小鳥さんはというと
2018fortune-kotori.jpg
「とんでもなく」ツイてるですとー!? さとみんを上回る楽しいヴァナライフが待っているというのか……! これはもしやエピオラトリーが完成するなんていう奇跡が起こったりするのか!? 各種ミッションクリアはもちろんのこと!

 ちなみにオトシダマは、「よろしく」の語呂合わせで4649ギルにしたものをフレンドさんとかに送りました。なんかこういう数字の語呂合わせを考えるの、ポケベルみたいですね(笑)(年がバレる)(そしてfjとかNCSA Mosaicとかの話を始める)。

 そんなこんなで、今年最初の連休も明けたことですし、これから通常運転でがんばりたいと思います。
posted by さとみん at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年01月02日

あけましてトロール軍

trollwaiting.jpg
 なかなか来ないトロール傭兵団さんを待ちながら、花火のバブルブリーズでぶくぶくと。

 そういえば、昨日書き忘れました。
 今年の目標に「ブログをたくさん更新する」というのも入れておきます(笑)。去年は前半リアル予定が詰まってたのもありますが、あまり更新できなかったので。
 あれですかね、更新を○日できなかったら、ヴァナで罰ゲームとかした方がいいんですかね……?(笑)

 2017-2018の年越しは、軽鴨の君が許してくれたので、珍しくヴァナで迎えました。
 いつもSirenワールドでユーザーイベントを主催してくださるサンタさん(仮名)の年越しイベントで、蕎麦をすすりつつ、花火をあげつつ、仮装を見学しつつ。
countdown2017.jpg
 恒例のAAコスプレ。

 そんなことをしていたら、「【トロール傭兵団】Lv8【ビシージ】【助けて!!】」な感じのyellが。何とトロールさん、我らも年越しイベントに参加させろとばかりに、このタイミングで行軍が始まったようです。
 ジュノの年越しイベントでがんばっている仮装チーム、踊り子さんたちをビシージに向かわせる訳にはいかない! という訳で、範囲攻撃が多少できる獣使いに着替えて、「年越しイベントは任せた! アルザビはおれが守る!」とかっこつけて行ってきました。

 ……古鏡割ってくださった人がいっぱいいたようで、行軍予定が大幅にずれて、結局トロール軍が押し寄せたのは年明け0:04くらいだったんですがね(笑)。
 ビシージ最強ワールドSirenの名に恥じず、このタイミングでのビシージにも関わらず(いやこのタイミングだからこそ?)40名以上のILクラスの傭兵たちが駆けつけまして、押し寄せたトロール軍は入り口のドアすら敗れず撤退した訳ですが。
 こんな年越しも、たまにはいいものですね。

 そのあとはジュノに戻って、花火をあげたり「あけおめー!ことよろー!」とシャウトしたりしつつ、年明けを堪能してログアウトいたしました。
 まだまだ正月はリアル予定が詰まっているので、年神様へのご挨拶はちょっと遅れてしまいそうですが、暇を見つけて行ってくるつもりであります。
posted by さとみん at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年12月27日

めりすた!めりむー!

merrymoonlight.jpg
 メリースターライト!メリームーンライト!
 星降る丘のTwinkle Treeは、樹木自体に飾り付けしてはならぬと、ウィンダスの院の皆様から固く禁じられておりますゆえ、冒険者たちで花火を上げてデコレーションです。

 という訳で、Sirenワールドでいつも楽しいユーザーイベントをしてくださっているサンタさん(仮名)が、今年の星芒祭もお祝いしてくださいました。
 24日のジュノの子供にツリーを見せてあげるイベントは、リアル都合のため行けませんでしたが、25日の西サルタ星降る丘のイベントは参加できました〜。
 ある方が、ある方のために召喚した、一夜限りのツリーたち。変身してるモーグリたちも大変だ!(いや……オブジェクトって色々な都合で「Moogle」という名前になってることが多いので……)(素敵なエピソードの前フリ台無し)
 しかしこのイベントに参加すると、過去ウィンダスの連続クエストをやりたくなってきますね。小鳥さんのアルタナミッション&三国連続クエストを進めないとー! まだやっていない人は今すぐやってくるんだ! もうほんといい話なんで!

 夜はそんなこんなで花火ツリーの制作にいそしむ訳ですが、昼はSirenが誇る男性チアリーディング部「Funas!」(勝手に命名)(ほんとはそんな名前でありません)がミスラを従えてチアを披露。
kaeru.jpg
 ……なぜかカエルのSSが一番よく撮れていた謎。

 星芒祭の音楽を聴くと、ああほんとに年の瀬だなぁと実感しますね。リアルでもどこかの商店街あたりでしれっとJeuno -Starlight Celebration-を流さないかしら。そうしたらその商店街で爆買いしてしまう自信があるのですが!(笑)
posted by さとみん at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年12月15日

渡したプレゼントが役立ってますように

satominn-present.jpg
 グレーリキッド+2をくださった方ありがとうございます! ちょうど手に入れたばかりのヴァニヤスロップスの強化に使いまする。

 という訳で、今日の「いこう!ヴァナ・ディールの日」は、久しぶりにご登場のツリートレントさん主催のプレゼント交換会でしたー。
 Exのついていないアイテムをトレードすると、前の人がトレードしたアイテムとベビーパウダーIIがもらえるという企画。何をトレードしようかなぁと悩みまして、小鳥さんではバナジウム鉱、さとみんではオーシャン姿煮(フカヒレ姿煮のHQ)をトレードしました。回った人のお役に少しでも立っているといいのですが。バナジウム鉱はSCTワークスで使えますのでね! 店売りしないでね! せめて競売に(笑)。
 Twitterでは、岩塩が出たとかギルが出たとか色々楽しい話も飛び交っておりました。 ベビーパウダーII欲しさに、2アカでえんえんアイテムトレードしてた人とかいるんだろうか(笑)。

 あと、今週の#ANVキーで、小鳥さんの方でフィーストホーズが出ました。ベガリーの中ボスドロップ品! 遠隔に必要な性能がいっぱい! ……でも小鳥さんの持ちジョブだとどうだろう。魔回避が高いので、モンクで属性攻撃の時の回避期待とかの着替えとか?
 ハッ、コルセア上げればいいんじゃね?
(まだ中途の青魔道士から目をそらしつつ)

posted by さとみん at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年12月13日

Distant Worlds 而立 行ってきた話

 ちょっと遅くなりましたが、先週の土曜日に、FFオーケストラコンサート「FINAL FANTASY 30TH Anniversary Distant Worlds : music from FINAL FANTASY 而立」に行ってきたので、さらっとその話など。

 それにしても、「Distant Worlds」といえばFF11の名曲だというのに、この曲が演奏されないというのはどういうことなのかねチミィ!ヽ(`Д´)ノ

 という話はとりあえず置いて(笑)FF11からは戦闘曲をメドレーにした「Sword Songs」がエントリーしておりました。
 舞台にスクリーンがありまして、毎タイトルごとにそのタイトルの名シーンをつなげた映像が流れる訳ですが、FF11はひたすら戦闘シーンをつないだ映像でありましてね。
 ログはカットされているので映像だけなのですが、訓練された冒険者たるもの、これだけで何をしているかわかる訳ですよ。もう手に汗握りまくりの熱い映像ですよ!
「ああっ! インプのディフェニングタンタラに合わせてナイトさんがナイス【シールドバッシュ】!」
「うおっ! ブンカール浦のカンパニエでオークが2匹からんじゃってる図!」
「むむっ! このオズトロヤの小部屋にヤグードを引き込んで戦うとはおぬし手練れだな!」
 キャラのモーションとエフェクトだけで全てがわかるってスゴイね。
 他のタイトルは、ムービーシーンとかをつなげてる(FF14なんて戦闘シーンいっこもなかった)というのに、11にだって美しいイベントシーンはやまほどあるのに、あえてこの渋いチョイスをした人にスタンディングオベーションですよ。よくわかっているな!貴様には山猫大尉の称号をやろう!(何その上から目線)
 私が行ったのは土曜日だったのですが、日曜日の公演には水田さんや田中さんも来ていたみたいで、うえーん日曜に行けばよかったかーでもどうせ声とかかけられなかっただろうし、むしろ会えなかった方があきらめがついてよかったのでは、とか思ったりしました(笑)。

 11以外のタイトルからは、主に7の曲が多かったです。まぁ人気タイトルだし、オーケストラ映えする曲が多いからね、仕方ないね。いや7も好きですけど。でもアンコール含め20曲中4曲って多くないっすかね(笑)。1曲も入ってなかった1-3先輩に謝れよ!

 で、FFの音楽をこうしてまとめて聴いてみると、やっぱり植松さんのメロディラインはすごいなと。耳にぐっと入ってきて、心に残って、静かなところはしんとして、盛り上がるところは官能的に盛り上がる。メロディとして完成度が高すぎる……。
 とはいえ、他の作曲者の方ももちろんそれぞれ、植松さんとは違う味がありつつ、見事な音楽を作られている訳ですけどね。その中では、やっぱり水田さんが一番好きかなぁ(笑)。水田さんの音楽は、植松さんほどしゃしゃり出ないというか、あえて後ろに控えるようなところがあるのですけど、長く聴いても飽きないのですよね。耳に残るのにうるさくない。植松さんの音楽は時々、「ちょっと今は重い……」ってことがあるのですが、水田さんの音楽はそれがなくて、いつ聴いても心が安らぐのです。
 植松さんの音楽が、こちらの手をつかんでグイグイ引っ張ってくれる大胆イケメンだとすれば、水田さんの音楽は、優しく手をつないで並んで歩いてくれる優しいイケメンです。
(どういう例えだよそれは)
(あ、植松さんの正統後継者というか、ベクトルが似ているのは浜渦さんだと思います。浜渦さんの方が「計算され尽くした美しさ」感が強いですが、美しい完成度の高いメロディラインを端正に盛り上げていく感じが似てる。植松さんは才能のほとばしりというか天才肌感がありますが、浜渦さんは技巧派ですね)

 あと、まぁこれは出てくるでしょうねのFF6からの「オペラ〜マリアとドラクゥ〜」は、特別フルコーラスバージョンだった訳ですが、いやープロのオペラ歌手はすごいよね、という感じです。
 実は、かの有名な「マリアのアリア」って、ソプラノのアリアとしては音程が低いし、サビがいまいちソプラノっぽくないというか、ソプラノ泣かせの難曲だと思うんですよ。あれはやはり、もともとスーファミのビープ音で聴かせるつもりで作った音程だという気がするのですよね。
(オペラ全体の最後のところはさすがにソプラノっぽく高音で盛り上がれますが) 
 が、この難曲をきっちりと「オペラのソプラノとして」美しく歌い上げる歌手の方はすごい。ゲームの中のオペラでは、マリアは演じてるセリスのイメージもあってすごく少女っぽいのですが、今回の演奏では大人の女性としての迷いと苦しみ、それを乗り越えた愛を感じました。あ、ドラクゥのテノールとバスのラルスの掛け合いも非常にカッコよかったです。ラルスいい男だぜ……死んじゃうけど……。


 という感じで、非常に楽しかったです。
 すごーく正直にぶっちゃけてしまうと、「オーケストラ音楽の完成度と感動」という意味では、2015年に聴いた「Final Symphony II by LSO」の方が上だったかな……という感じ(その時の興奮さめやらぬ感想はここ)なんですが、まぁこれは好みもあるかも知れません。Final Symphonyの方は編曲も独特なので、「耳なじみのあるあの曲をオーケストラで聴きたい」って人にはあんまりウケないだろうし。今回はそれに比べたら、すごくストレートで「あの曲がなんと豪華なフルオーケストラで、生で!」という素直さがよかったと思います。

 あーしかし、またヴァナ・コン聴きたいよなー。クラウドファンディングとかでできないかなー。(おまえが主催してカネ集めろよ、と言われそうだけど)
posted by さとみん at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年11月21日

たくさん引けば当たり……当たり……?

nobuki.jpg
 痛覚同化の悪夢がよみがえる!

 突然、月曜から急な仕事が2週間ほど入り、すごい勢いでバタバタしてます。
 私は脳が小さいので、仕事が入るとそれだけでキャパオーバーになってしまい、色々な他のタスクがあふれて訳がわからなくなるのです……。しかも急にリアルで寒波が来るし! 寒いと思考力が落ちます……。

 という状態でもがんばってヴァナには行くのです。
 #ANVキーをゴブリンさんにピストン輸送してガチャガチャ箱をやってたら、突然この、ノブキエリが降臨しました。オーメン中ボスGlassy Thinkerさんがドロップする投てきですね。攻+23、WSダメージ+6%とか、すごい性能!
 だが前衛アタッカージョブはなにひとつ持っていないがな!
 ……あれか、魔導剣士上げろっていうのか。それとも侍か。いっそ竜騎士か。

 まぁ、気を取り直して残りのキーを使っておきますか……
medena.jpg
 なぜここでエスカ-ル・オンWarder of Faithのドロップアイテムが出るかね。
 だが装備ジョブをなにひとつ持ってないがな!
 ジャンプ:命中とDAブーストって、完全竜騎士の装備じゃないか。竜騎士26なんですがどうすれば。ノブキエリとあわせて、竜騎士を上げろと言いたいのか!

 まぁ、なんだかんだといいつつも、自分では入手できそうにないアイテムをいただけるのは素直に嬉しいです(笑)。こういうきっかけでジョブを上げて見るのも楽しいものですしね。ワードローブの空きが最大の課題ですけど(笑)。
posted by さとみん at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年11月16日

FFYL行ってきたよ

shantotto.jpeg
 浜松町にて、連邦の黒い悪魔様と握手!

 という訳で、始まったフィアナルファンタジー山手線イベント、行ってきましたー。とりあえずキャラクターのコンプリートまで。
 このイベント、要するにJR東日本の山手線の各駅に、歴代FFキャラのポスターが掲示されているので、そこにあるQRコードを読み込むスタンプラリーです。Twitterと連動して、ツイートしてボスキャラを倒す企画もアリ。
 われらがヴァナ・ディールからは、とりあえずシャントット様のご出張がかなっております。闇の王様も出られるということですが、これは後半かな? ボスは前半後半で替わるらしいので。

 最初、「3時間くらいで回れるかなー」などと思っていたのですが、結局昼食の時間込みで5時間かかりました……(笑)。
 まぁ、よく考えたら、山手線で29個駅があるんで、単純に1駅10分で回れたとしても290分かかりますよね……。
 あと、今回意外な罠だったのが、「一駅乗ったら降りてーポスターで写真撮ってーまた乗ってー」てな繰り返しなので、全く座る時間がない(orあっても一駅で終わり)。そして昼でも山手線は結構混雑する(車両を選べばそんなでもないんだけど、選ぶ余裕があんまりない)。ほぼ5時間立ちっぱなし歩きっぱなし!(笑) FF史上最も健康にいい企画と言えよう!

 そして当たり前なんですが、全部ポスターは改札の外なので、普通にSuicaで出入りすると、結構な金額になります(笑)。JR東日本の都区内フリーパスはマストバイと言っていいでしょう。むしろこの企画用にFF仕様の袋でもつけて売るべき。まぁポスターの周囲には、これでもかと「都区内フリーパスでおトクに回ってね!」の掲示はされているんですが。

 ポスターの場所は、おおむねわかりやすかったですが、上野駅だけが、何かの罠かというくらいわかりにくいところになってました(笑)。改札に「ファイナルファンタジーはこちら」的な案内掲示があるので、必ずそれに従うのをオススメします。あの案内なかったらわからない、いや私が方向音痴であることを差し引いたとしても!

 そんなこんなで、これから参加のヴァナ冒険者の方がいらっしゃいましたら、私から言えることは

・往年のAbsolute Virtue戦並みの長期戦を覚悟して、時間をたっぷり見ておく!
・「歩きやすさ」のパラメータを最重視した装備をちゃんとするんだぞ!
・ごはん食べるところはあらかじめ目星をつけておかないと、当日選んでる心の余裕はないぞ! おいしそうなところはいっぱいあった!
・スマホの電池が命綱なのでバッテリーは持ってけ!
・足が棒になるからちゃんと休憩しろよ!
・キャラクターをゲットすると、モーグリが観光案内してくれて、色々な駅周辺のお役立ち情報を教えてくれて超可愛い
・シャントット様は、ディシディア仕様のよりもやっぱりヴァナ仕様が可愛いね!
・ライトニングとノクティスが、あの雰囲気のグラフィックではやはり映えると思いました

 あ、あと最重要な情報。

・FFに興味のない人を連れて行くにはツラすぎるイベントなので、FF好きと一緒にパーティ組むか、それが無理ならソロで行け!(笑)

 おっそろしく歩く上に、基本、FFキャラのポスターがあるだけのイベントなので、「FFのことは知らない彼女or彼氏or友人orその他と……」みたいなことを考えている人がいたら、悪い事はいわないのでやめておきましょう(笑)。どうしてもやるなら、観光の時間をたっぷりとって、1日でコンプするのはあきらめた方がいいです。
 あ、でもポスターの前ではやってる人としょっちゅうすれ違いましたので、マウラのアンバス入場待ちの気分を味わえると思います。

 とりあえず、そんなこんなで、実はこのイベント、5周しないとコンプリートできない!!ので、あと4回どこかのタイミングで行ってきまーす……(笑)。
posted by さとみん at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年11月15日

乗るしかないこの特盛りに

smithup.jpg
 まぁ、外から見てるとひたすらバリンバリン合成してるだけなんですけど。

 今日からファイナルファンタジー山手線イベントが始まったので、ちょっくら行ってきますかね、とか思ってたのですが、朝Twitterを覗いて驚愕。
「今月のいこう!ヴァナ・ディールの日は、キャンペーン特盛り再びですよー!」
 引 き こ も り 決 定 !

 という訳で、合成スキルアップ率2倍キャンペーンを信じて、職人キャラたちの半端なサブスキル上げをひたすらやっていました。
 最初は材料がモグ金庫をぶち抜きそうになっていた骨細工をやっていたのですが、よく考えたら材料費が一定以上かかってしまう鍛冶をやっておいた方がいいのでは……?と思い、後半は鍛冶スキル上げにスイッチ。とりあえず、全キャラ印可or印可が見えてくるあたりまで行けたのでよかったです。
 今後は、ダークインゴットをひたすら作り、シュレイガーやらダークククリやらを作って錬金術職人にピストン輸送して、錬金術セットに加工するお仕事が始まります(笑)。効率だけを考えるなら、そういう素材の融通とかをするより、その時間を金策に充てて、ギルやエミネンスで全部解決しちゃった方が速いのでしょうけど、なんかこういう、自分がちみちみ集めた素材を生かしてスキルアップもしながら職人ポイントまで貯まっちゃった^^みたいな一石二鳥プロジェクトをしている方が楽しいので、こういうやり方をしています。
 しかし、私は合成が好きなんだなぁ。なんか、黄色文字を見ながらちくちくやってるのはいくらでもやっていられる。最近、骨細工職人さんを担っていたLSメンバーがログインできなくなっているので、代打として手持ちキャラのどれかを骨細工高級職人まで鍛えるべきかしら、とか血迷っている今日この頃。時間が足りない。

 あ、小鳥さんの方は、このビッグウェーブに乗って、ドメインをひたすら回ってました(笑)。今回お宝キャンペーンはなかったみたいですが、このチャンスにドメインクリア回数を稼いでおきたかったので!
 あまり人が多くなかったジ・タをやると、時間がそれなりにかかる代わりに、シルトもビーズもいっぱい降ってきてありがたかったです。ちょうどログアウトする時間あたりに、人も多くなってきて稼ぎも減ってきたので、タイミングとしてもちょうどよかったかな。
 さて、明日こそ、山手線に……行けるだろうか(笑)。
posted by さとみん at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年10月16日

フライングチェアー!

holypumpkin.jpg
 神々の間のカボチャは、聖なる緑色でとても綺麗でした!

 リアル都合でドタバタしていた時期がようやく一段落して、バージョンアップを満喫しております。
 アンバスは、1章を野良募集やフレンドさんの募集などで参加してみました。白魔道士は今回、マラソン役の回復をする役割がメインという感じですが、マラソン並走は久しぶりで、感覚を思い出すまで苦労しました(笑)。

 今月のいこう!ヴァナ・ディールの日は、ハロウィンにちなんで、ヴァナのあちこちにこっそり置かれたカボチャを探してマウントをもらう楽しい遊び。ログインできたのがもう夜遅くだったので、フレンドさんに連れ回してもらいましたが、もらえるアイテムの頭文字がHaloweenだったり、意外なところに置いてあったり、「場所を教えますからわからなければtellしてねー!」と叫ぶ人がいたり、面白かったです。

noreru.jpg
 しかしこの、「はい、悪霊の椅子に乗れるようになったよ!」って、かなりのパワーワードですよね(笑)。ほがらかな口調との落差が……。

akuryo.jpg
 という訳で、いかにも悪の帝王っぽい空飛ぶ椅子を手に入れましたー!
 小鳥さんはこのイベントをやる時間がなかったので、たぶんハロウィンイベントで取得できるだろうことを期待しつつ待つといたしまする。
posted by さとみん at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年10月02日

井戸を覗くと想い出が見える

well.jpg
井戸、初日にいただけました。

 Twitterにて、ハッシュタグ #ヴァナ想い出 とともにSSをアップしてみんなでわいわい振り返ったり語り合ったりするイベント「想い出スクリーンショットキャンペーン 」、これまでになかったイベントでしたが、大いに盛り上がりましたね〜。Twitterでハッシュタグをたどっていると、もういつまでも見てしまう勢いで、いやー時間泥棒なイベントでした!
 正直、「毎日111名にウェルプレゼントとか、もうそれって全員当選なんじゃね?」とか舐めてたのですが、結構外れたという方の飛命、じゃない悲鳴があちこちにこだましていたので、111名より全然多かったみたいですね。こないだの朝までオフ会の時といい、ヴァナ民の本気を甘く見てはいかんかった……。
 9月後半から、リアルで色々と自分では動かせない予定がボコボコ入ってしまったために、なかなかSSをじっくり選ぶという訳にもいかなかったのですが、とにかくこのイベントには絶対参加したいー!と思って、初日にアップロードしたため、競争率がまだ低く(笑)するっと抽選に当たって井戸をいただけたようです。
 なので、後半に小鳥さんで参加するのはあきらめました……(笑)。ひとりでも多くのプレイヤーに渡った方がいいですしね。井戸はまた他の機会でも入手できるようにすると、もっちーさんも言っていましたし、慌てなくてもいいかなと。

 フォーラム外のSNSイベントということで、すでに引退している人が昔のSSをあげていたり、コメントしていたりと、普段は見られない発言を見られたのもよかったです。
 フォーラムは、当然現在課金してプレイしている人しか書き込めませんし、現在はかなり濃い(苦笑)場になっているので、「課金はしてるけどフォーラムに書き込むのはちょっと……」という人もいるようなので(もぎヴァナのコメントとかで見かける)、たまにはこういうイベントもいいんじゃないかと思います。
 場が変わると、出てくる視点や意見や感想もかなり異なるのですが、そういうのって意外と意識できないので、こんな機会でもないと触れられないですからね。

 とはいえ、逆に「SNSで自分のキャラの名前が出るのはイヤ」「ヴァナの外でイベントをされても参加したくない」という人も一定数いて、フォーラムとかでは噴き上がっていました。これもまた、「場が異なることによって見えるもの」だったりしますね。
 私は、以前はこのブログでも自キャラの名前は伏せていましたが、まぁ色々あって、隠すメリットも、身バレするデメリットも、思ったほどないという状況になって、今ではさとみんも小鳥さんも普通にキャラ名を出してしまってますけど。とはいえ、危険遭遇のハードルを自ら下げていることは確かなので、安全保障に重きを置く人にとってはなかなか理解しがたい選択だろうなとも思います。こういうのって、どちらを選ぶにしても、決定を左右するのは意外と理屈ではなかったりしますし。
 まぁ、その辺は、各々自分の都合と信念と価値観に従って、「安全をとって次のチャンスを待つ」か「井戸とTwitterでの新しい出会いのために思い切るか」を選べばいいだけなんですけど。でも、人間って結構、トレードオフの考え方ができないというか、選択するのが苦手な生き物ですのでねー。

 キャラ名を出さないようにツイートする形式ならいいじゃない!って話ではあるんですけど、それはそれで井戸を送る手間がめっちゃかかるし、もっちーさんを過労死させる訳にはいかないからねー。


 ま、そんなことをあれこれ考えたりはしましたが、やはりたくさんの冒険者たちの想い出が、ずーーーーーっと続いている風景というのは、代え難いほど美しく輝いていて、このイベントをやってもらって本当によかったなぁと思いました。自分がSSをアップしなくても、見ているだけで幸せだった人もいたんじゃないでしょうか。
 FF11というのは、古典というか、それこそ源氏物語やシェイクスピアみたいな基盤と背景で成立している世界で、今の時代にもう一度あれをいちから作り出そうとしても絶対に不可能な、守りの指輪を10連続ドロップさせるような奇跡オブ奇跡だと思います。DQ10も、FF14も、ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドも、似ているところやリスペクトしているところはあるけれど、やはりどうしようもなく違ってしまっていて。(それは決して悪いことではないのだけれど、もちろん)
 この、まさにオンリーワンの存在として存在しているアルタナ様の奇跡の結晶の歴史を、こうして色々な人と分かち合えたのは、15周年にふさわしいイベントでした。

 数多いる、ヴァナ・ディールの救世主たちに感謝。
 そしてこれからもずっと、お婆ちゃんになっても、この世界を走っていられますように。
posted by さとみん at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年09月11日

巨大生物現る!

dekahituji.jpg
 デカッ羊っ!デカすぎて画面におさまらない!

 というわけでバージョンアップでっす!
 アニバーサリーエミネンスは追加されるわ、エスカッションは第4段階だわ、やることがいっぱいで、ヤグルシュとガンバンテインどころじゃなくなってますよー!

 とりあえずエスカッションは普通にクエストを開始しましたが、錬魂度を貯めるのにまだまだかかりそうです。
 アニバエミネンスは、第2弾はなかなかホネのあるお題が出ましたね。土天候が必要なバルクルムの太陽砂と、海賊遭遇がなかなか厳しいところでしょうか(笑)。とりあえず砂丘で少し待ったら砂塵になったので、太陽砂をフレンドさんの分まで取得して、ポストに突っ込んできました。
 海賊は……まだです……(笑)。
 サレコウベは、グスゲンが取り合いになるのを見越してシャクラミで取ってきました。なんと1発ドロップ2連続で、無事にMの旋律も#ANVキーもゲット。血染めの衣は、これまたすいてるだろうと、デルクフ2Fで取ってきました。どちらもライバル0のお気楽狩りでしたよー。まぁVU直後だったせいでしょうが(笑)。

 さて、そんな中ふとサーチしたら、コンシュタットに人がいなかったので、デカ羊を探すなら今だな!と大羊マウントに乗って広域スキャンを連打です。
 Tremor Ramと抽選ポップとかだったらどうしようと思いましたが、普通にポップしてました。ノンアクのようです。意外と手強いぞ、という情報をTwitterで得ていたので、取りあえずオーグストやコーネリア(可愛い!)やクピピやコルモルなど、バランスよくフェイスを呼んで、いざ尋常に勝負ー。
 大咆哮でHPmaxダウンが強烈、IL119なのにHP500代まで落ち込みましたが、忍者だったので蝉でヒラヒラかわしつつクピピさんに回復を。ペトロブレスは前方範囲で石化(あまりレジれなかった)でしたが、これもちゃんとクピピさんを後方に陣取らせましたので、迅速なストナが来て安心安全。
 そんなこんなで、無事にデカ羊を討伐して、伝説のチキンナイフIIをゲットしましたー。

chickenknife.jpg
 最近多いこの/hurray。
 チョコボっぽくて超可愛いよね! チョコボスーツにコレ装備したらまさにチョコボじゃないか!(違) いや忍者で/lockstyeがいいのでは、とか思いつつ、とりあえずマイバッグにインです。

 さー明日からも忙しいぞうー。
posted by さとみん at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年09月01日

夏の終わりに

summerfire.jpg

 楽しかった夏が終わり。何ともう9月だそうですよ。ついこの間「あけおめー!」とか言っていた気がしている貴方、私もです。ヴァナにいるとあっという間に時が流れてしまいますね。何しろリアル時間の25倍も速いですからね!(そういうことじゃない)

 いつもSirenワールドでユーザーイベントをしてくださるサンタさん(仮名)が、今年のあますず祭りのフィナーレも花火をしよう大会を開催してくださり、みんなでウィンダス森の区の噴水で、踊ったり笑ったりネコになったりしてました。
uchiwa.jpg
 #ANVキーで拾った夏団扇を使ってみたりしたよ。

「最近復帰したのでLS空きがありませんか〜?」なんて尋ねてくる人もいて、ほのぼのしておりました。私はLSリーダーではないので誘えませんでしたが、いいところが見つかっているといいなぁ。
「花火種類が増えたんですね!」と驚かれて今さら気づいたのですが、今のヴァナの花火はほんとすごい種類ありますよね。私は実は上品な桜花爛漫とか、涼しげなマリンブリーズが好きです。

galkabaha.jpg
 踊り子さんたちが華麗に舞うのを座ったままガン見する、謎のバハムートさんもいらっしゃいましたが。
(なんかちんまりした座り方に見えて、妙にほのぼのしますねこれ)

 夏が終わり、季節の車輪がめぐり。
 次は秋ですよ。読書の秋・運動の秋・食欲の秋・物欲の秋! やりたいことも欲しいものも限りがないですよ! 冬が来るまでの間、どれくらい進められるかなぁ?
posted by さとみん at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年08月31日

#ANVガチャ3周分

 朝までオフ会の配信映像を観てると、もぎヴァナをまた見返したくなって、モグガーデンの巡回をしながらもぎヴァナを観たりしつつ、またいつものヴァナの日々を送っております。
 さとみんのアサルトをやったり、小鳥さんでアンバスやソロジョブポや青魔法ラーニングをしたり、合成職人たちのエスカッションしたり、やることが次から次へとわんこそばだぜ……。

 さてそんな中、最近の#ANVキーの結果を書き忘れていたので、取り急ぎ記録を。

WMブレー-1(劣化レリック)
矢筒【ダマスク】(矢弾)
土の精霊石(彫金素材)
放浪の玉(裏NMトリガー)
バンブーロッド(バババンブーロッド! ……釣り竿)
朽葉の欠片II(メナスNMトリガー)
蜘蛛の網(裁縫素材)
ハイブレスマント(背装備)
矢筒【アチヤル】(矢弾)
大戦士のカード(ジョブカード)
ロ・メーヴの水(神威トリガー)
紅蓮の結晶II(メナスNMドロップ)
滑らかなビロード(裁縫素材)
雲海型紙:脚(エンピ装束素材)
シルバー板(彫金素材)
スペンス(調度品)

バラウルの頭骨(エンピ武器素材)
楽しき記憶の残夢(アニマになる素材)
大サソリの針(アビセアNMトリガー)
森のソテー(食事)
天球儀(調度品)
活力のエチュード(歌)
蘇生珊瑚(骨素材)
オルクスの大顎(メイジャン素材)

一刀両断の証(レリック素材)
シルダスビサジュIV(スカームパーツ)
伊賀型紙:手(エンピ装束素材)
グジャカ日誌(片手斧スキルの書)
万夫不当の証(レリック素材)
夏団扇(イベントアイテム)
蚕の卵(クエストアイテム)

木行の原石(五行素材)
アローウッド原木(木工素材)
萎れた鋏脚(アビセアNMトリガー)
カーボンファイバー(錬金術素材)
雄飛の翡翠(彫金素材)
バタフライゲージ(調度品)
ソールスティス(エスカジョブ武器)
地霊の免罪符:脚(免罪符)

獣人白金貨(獣人製品)
耐波カロル第一楽章(歌)
クロウラーの石(クエストアイテム)
黒石(彫金素材)
天球儀(調度品)
ワードローブ(調度品)
妖魔の皮(皮素材)
サルタ綿花(裁縫素材)


 目玉はやはりソールスティスでしょうか! 小鳥さんで引き当てました。小鳥さんで何か支援ジョブをやるといいのかなぁ、コルセアと風水とどっちがいいんだろう……とか悩んでいたところにコレですか。風水やれということ?(笑) まぁ青魔道士の方もまだまだ半端なので、先のことではありますが……。
posted by さとみん at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年08月30日

遅くなったけど、朝までオフ会の感想など

という訳で、電撃の旅団さんの主催する『FFXI』朝までオフ会の感想を遅ればせながらー。
ちなみにYouTubeのURLはここだぞ!

なぜ感想が遅くなったかというと、徹夜するとそこから生活リズムや体調を整えるまで時間がかかる年になったから、です……(笑)。

まずはいいから第1部の配信をみんな見るがいいさ! 楽しすぎるイベントトーク満載だよ! 私はチケット取れなくて渋谷のタリーズに座ってiPhoneで配信見てたけどね!(笑)
走り書きで第1部の感想を書いておきますと

・松井さんは相変わらず萌えキャラとして完成度が高い。素敵。可愛い。最高。シャツは今回も奥様の手作りかな? お子様が幼稚園でヴァナパーティデビューって!
・藤戸さんが不思議箱担当じゃないのは、私はどこかで聴いて知っていた。でも意外と知らない人が多かった(笑)。あと、松井さんのマイクを直してあげるところ、女房スキル高い。
・RiRiKaさんは空LS加入の本気プレイヤーだった。ヴァナでモテモテだったのも当然である。
・団長さんの一人マクロレベルの完成度の高さは、想像以上だった。そして可愛かった。団長に中の人なんかいない!(間違った解釈)
・田中さんがいらっしゃるとは思っていなかったので、嬉しかった!!! 顔色がよくなっていて安心した!

・「田中さんの広い背中に守られていたんだなぁ、と……」としみじみ語る松井さん。田中さんの揺るがぬ盾っぷりは、確かにガルカのオハンイージスナイトを彷彿とさせるものでした。「できればまた戻ってきてくだされば……」という言葉も、うなずいてしまいます。それは、私にとって松井さんのプロデュースが不満という意味ではなくて、松井さんは自分のことを開発畑と思っていらっしゃるので、本当は田中さんのプロデュースの下で開発してるのが「やりやすい」んだろうなぁと。
(あとはやっぱり、田中さんがスクエニを去られた事情が、切ないものでしたのでね……)
 とはいえ、今の「萌えレジェンド松井さんP」「ズバズバ系デキる藤戸さんD」「ツッコミ系もっちーさんコミュチーム」というのは非常にいいバランスを作っていると思うので、何というか、世の中何がうまく転ぶかわからないものだなぁ。

・松井さんが、「ただのジョブチェンジではつまらない」と「コスト制で魔法などを取得できるシステム」を考えて提案してみたが、坂口さんに「そのシステムだと、誰が何をできる人なのかわからないから困る。個人で遊ぶゲームじゃなくてMMOだから」と却下された話、深いよね。色々考えちゃうよね。

・松井さんのプライベートパーティでは、大体「モモ白黒赤」のフルコンタクト系肉盾編成らしい。「モンクのHPがなくなるまでケアルを唱え続ける……!」な松井さんがモンク推しする理由がよくわかる(笑)。いや、モンクは私も安心しますよ!そういう白魔道士プレイまたしたい!

・マイクで話すのって、実は角度とかそういうのが非常に難しかったりするので、ヘッドセットかピンマイクみたいな、角度を気にせず話せる機材をつけてあげるほうがいいかも知れない……。

……てな感じで、ひとつひとつ書いてると、いくらでも書ける感じなので、みんないいから配信見てね!

**

さて、私が参加したのは徹夜の第2部。
配信不可、基本的に内容についてネット等にあげるのも禁止。お酒が入ってとても公開できない話も出るからね!という理由でした(笑)。
実際には、そこまでヤバい話はそれほど……いやあったか?……いや実を言うとそんな滅茶苦茶な話はなかったと思うんですが、今の時代、ネットに残ると思わぬところで面倒なことになりかねませんからねぇ。

進行は、おしょうさんとともに、電撃の旅団の裏番長Zangetuさん。ZangetuさんのFF11愛は本当に濃かったです。色々アレな部分も含めて(笑)。
(アレな部分の例:「ミスラの中の人は全員男だ」と思いこんでいる)
休憩時間にも、われわれ参加者のところまで降りてきて、気さくに話をしてくださいました。
(そして私は「無理は承知ですが、また旅団本出してくださいいいいいいい!」「今でも昔の旅団本読み返してますううううう!」とミーハーに叫んできましt)
ちなみにその休憩時間には、旅団員さんも開発陣の皆様も、すごい勢いでサイン攻め&写真攻めに遭っていました。中には伝説のレアアイテム・FFXI βバージョンの銀のバインダーを持ってきてサインをもらってる人も! すごい! たぶんあのバインダーにはモヤモヤブラーエフェクトがかかってたはず!

ゲストトークは2コーナー。松井さん藤戸さんに加えて、遊びにいらしてたもっちーさんも加わっての「開発運営コーナー」では、3人がイチャイチャしていて大変よろしかったです。もっとやって。「もぎヴァナと違って目の前にお客様がいるからやりやすい」というもっちーさん、普段は大変ですよね……。
コミュニティチームは「開発ではない、プレイヤー目線での意見を届ける」「(開発サポート宣伝以外の)何でもやる」という、難しい役どころ。折衝なんかも多いと思うので、実はもっちーさんにかかるストレスは半端ないと思います。
(心理学の研究でも、実は集団で一番ストレスフルなのは、「文句を言う人」ではなく「調整をする人」なのが明らかになってますからね)
それを飄々とした感じで表に出さないもっちーさんは、すごいと思います。「オレいなくても……」な自虐ネタは封印の方向でお願いしますよ!(笑)
あと、藤戸さんの奥様と、松井さんの次男さんが、プレイスタイルの合致で超意気投合した話が楽しかったです。
ちなみに、このコーナーで私のアンケートの投稿を読んでいただけました(笑)。

もう1つのゲストコーナーは、ファミ通の浜村さんと、今は旅団員になっているルパン小島さんの、「攻略ライターコーナー」。
電撃とファミ通が、お互いに意識しあいながら切磋琢磨して、違う方向性の面白さをそれぞれ開拓していった当時のお話は、とても興味深かったです。
FF11の関連の攻略記事というのは、「ゲームの攻略ネタを書く」という原点に留まらず、ゲームの雰囲気やコミュニティを開拓していく大きな力であり、またそもそも「攻略記事(本)」というジャンルの面白さ自体を押し広げていったと思います。
今の時代、単純に情報量としてならば、それなりにすぐれた攻略Wikiや素人のサイトはいっぱいありますが、「読んで面白い」「情報が古くなっても面白い」という、フローを越えたストックとしての価値を備えているものは、決して多くありません。これはやはり、プロの力だろうなぁとしみじみ。
(なので、「攻略本」が売れにくい時代というのは、なかなかアレだよなぁと……)

その他には、旅団の秘蔵のSSを見ながら過去のヴァナを振り返る企画。
何の説明もなしに、「どこかの洞窟っぽいところに、大量の冒険者が整然と一列に並んでいる」というSSだけを見て、全てを理解するという、訓練された観衆よ……! SSが出た瞬間(ほんとに瞬間)に会場が爆笑に包まれました。
あと、団長さんのSS技術がすごく高かったです(笑)。
もうずーーーーっとまったりあれこれ旅団の人が語ってるのを聴いてるだけで幸せでした。


休憩は4回ほど挟みましたが、終始会場の熱気がすごいまま、テンションが落ちるという時間が全くなく、最後まで走り切りました! 本当にあっという間。普段飲まないコーヒーを飲んだせいだけじゃないはず(笑)。
旅団さんが用意したトークテーマは全然消化しきれないまま、まだまだ数十時間は語れる感じだったので、またこういうイベントがあるといいなぁ……!

(あ、でも、徹夜じゃない方がいいかも知れない……(笑)
(あと、会場のキャパの都合で、決して来れた人は多くないので、もっとたくさん人が来られる大きな会場でやってほしいと思う気持ちと、あの濃密な空気はあの会場ならではだから人数多くない方がいいのかもという気持ちと、相反する私が戦っている!)

電撃の旅団さんの今後の動画配信イベントも、やはりこういう冒険をテーマで語る系のものをどんどんやっていただけると嬉しいですね。
「ZanteguとOshoとKittyが語る、FF11のジョブの光と闇」とか、超聴きたい。
あと、こういう小規模でもいいので、公式イベントがちょくちょくあるといいなぁ。チャリチャリならいくらでも払います!よ!
遊ぶハードはないけど、もう3アカくらい増やした方がいいだろうか!(錯乱)




おまけ。
イベントが終わった後、勇気を出して藤戸さんに声をかけて写真を一緒に撮っていただきました。家宝であるぞ!
「フォ、フォーラムでいつもお世話に……」と話しかけた後、人生で超久しぶりに「胸が詰まって物が言えなくなる」という状態に陥り、口をパクパクさせていた不審女性に温かく応対してくださってありがとうございます!
あと、電撃の旅団の皆様とも写真を撮っていただけました! 家宝であるぞその2!!
posted by さとみん at 12:16| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント

2017年08月14日

サマーシャイニングサンバー!

summerfes.jpg
という訳で、Sirenワールドでユーザーイベントをたくさん主催してくださっている、サンタさん(仮名)が、ジュノの子供たちに花火を見せてあげようという優しい心遣いで、ジュノの夏祭りを実施してくださいましたよ〜。
踊り子さんたちがたくさん踊りまくって、みんなで花火打ちまくって、熱い夏を過ごしました。
すでにTwitterや色々な方のブログに、素敵な写真がワンサカ上がっていますが、私もその末席に。

オリジナル「ボム音頭」を熱唱するタルタルさん、並んで踊るミスラさんエルメスさん、魔導剣士のルーンを描きまくるヒュムさん、人間界の花火に興味を示したアークエンジェルの皆さん、いつもSirenのイベントは賑やかで楽しいです。

mandratrain.jpg
そんな中、私はマンドラゴラが大量リンクしてトレインに襲われておりましたがね!(笑)

14日からはキャンペーンも本格化しますし、忙しくて大変だ〜。まずは合成スキル上げかな!
posted by さとみん at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント