2024年02月14日

ピエージェ様がエスナを連打する

20240214-143745.32.jpeg
 詰めろ、端っこへ。

 ぶるぶるさんで今月のアンバス2章、まずは「むずかしい」をクリアしてみました。
 敵の攻撃が、一気にこちらを落としてくるようなそこまで致命的なものではないので、割と安定した戦いでしたが、こちらの火力もそれほどではないので、後半は回復役のMPがカツカツになってましたね……。自分でマジェスティケアルするんですけど。
 セルテウスを呼ばなくてもいけるかなぁと、ザイドII・キングオブハーツ・ヨアヒム・ピエージェ・シャントットIIという火力寄りの編成にしまして、実際セルテウスいなくても勝てましたが、このMPのカツカツ具合を見るに、とてむずだとガス欠しそうな不安があります。
 キングオブハーツをアシェラIIにスイッチし、代わりにシャントット様をセルテウスに交代させるべきか……。それともケアルは自分でする!と開き直って、粘るべきか……。とてむずになると、敵の基礎パラメータが一気に上がるので、「むず」で安定していた戦術でも全然歯が立たないことがままあるので、悩みます。

 お供は、今回アーリマンだけ止めていました。最初に呼び出された時はアーリマンを集中攻撃して止め、その後はボスを殴り続けてアーリマンが動いたら自分がサベッジだけ撃つ、というやり方で止めましたが、結構時間がかかってしまった気がします。電撃の旅団さんの戦士での攻略は、お供は無視してボスだけ集中攻撃でも倒せるとのことですが、それは戦士の火力あってこその話だと思うので、ぶるぶるさんだとどうかなぁ……。
 そんな感じで悩みながら、今度は「とてむず」に突撃してみる予定であります。現場からは以上です!
タグ:2章
posted by さとみん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2024年02月13日

光のナイト闇の忍者

20240213-190801.89.jpeg
 助けてヴァレンラール様!

 バージョンアップでっす!
 今月は、アドゥリン王と戦うマスタートライアルが実装……ですが、私は勝利どころか参加すらあと10年くらい先のような気がするので、遠くから恐る恐る見守るしかできません(笑)。きっと殿上人たちが突撃しているのだと思います。
 そんな中、私が突撃するのはアンバス2章でありますよ。

 今月は、2022年2月のリバイバル、タウルスとゆかいな仲間たちです。
 タウルスはアンバスに結構よく出てくるのですが、今月リバイバルしたタウルスは、HPが減るとアーリマンとインプを呼び出すタイプです。それぞれのお供は、攻撃系ダウンや防御系ダウンのスフィアを展開しますが、一定以上のダメージを与えるとテラー状態になって停止。ボスのHPを減らすとまた動き出す……という子です。
 まぁ、ちゃんとした攻略情報は、電撃の旅団さんが出しているので、そちらを読めば全てオッケーだ!

 とりあえず、さとみんの忍者で「とてむず」に突撃してみましたが、お供の攻撃がそこまでガスガス入る訳でもないので、キング・オブ・ハーツとウルミアさんでヘイストたぷんたぷんにしてWSを撃ちまくって、ゴリ押ししました。
 お供は、こちらの物理と魔法攻撃力をダウンさせるアーリマンだけ、動き出したらWSを撃ち込んで止める感じで、インプは無視。アブレーシブタンタラでアムネジアになったら涙目で耐える。
 今回は、ヴァレンラール様がカッコいいポーズを決めてるのに敵が見とれている間、こっそり後ろからWSを撃つというひきょうな手段によって、割とラクに勝てました。モウのダメージもそこまでではないし、セルテウスを呼んでいたのですがなくても大丈夫だったのかも知れません。

 ぶるぶるさんの場合は、ヴァレンラール様の役割をぶるぶるさんが自力で果たしつつ、火力を出せるかがカギになりそうです。フェイスの命中は「むず」までしか通じないと思うので、またヨアヒム頼りで何とかなるだろうか……。
 アーリマンを抑えることさえできれば勝機はあると思うので、色々頑張ってみる予定です!
タグ:2章
posted by さとみん at 23:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2024年02月12日

ちゃんと見積もり取った?と怒られるパターン

20240206-172049.29.jpeg
 90%になりました!と言いたかった。

 何とまだ、彫金エスカッションが完成していません。
 1月中にはできるか、せめて90%には達しているかと思っていたのに、2月のバージョンアップも聞こえてくるというのにまだ90%に至っていないのです。悲しいー。
 いやカナシーじゃなくて。見積もりが甘いよ(笑)。

 もう競売に出品されている幻珠もかなり少なくなってきて、今出品されているものは、相場通りの入札をしても落札できないものばかりです。
 需要と供給で値段が決まる、すがすがしい経済原理なので、別に値上がりすること&値上げされることに抵抗感はないのですが、私のポッケに残っているギルは抵抗感がなくても増えないので、買えないものは買えない(笑)。
 手持ちのLv3幻珠が尽きたので、Lv3連携を繋ぐことができず、合成連携の回数が倍に増えてしまうので、Lv2幻珠の消費も激しいのです。
 桜が……ヴァナとリアルに桜が咲く前には……何とか残りの幻珠をかき集めて、完成させたい……!(泣)

 あ、河津桜はもう咲いてるんじゃないですかとか、そういう話は聞いてないです。聞こえないです。

 私は色んなプロジェクトやタスクを同時並行してしまうクセがあって、今のヴァナでこのエスカッションに加えてデスペナルティ作成やぶるぶるさんのミッション進行や獣使いジョブポやアスクレピウス作成やジョブ装束コンプリートやあれやこれやをどうしても並行して抱え込み、毎日それらを全部ちょっとずつ進めて悦に入っているのですが、そろそろプロジェクトの数を絞らないと……と、今さらまともなことを考えております(笑)。
 タスク管理を学べるゲーム、それがFF11なのだ!
posted by さとみん at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 合成/錬成/釣り

2024年02月11日

何にもなじむ獣使い

20240205-161833.30.jpeg
 やぐーどが いしの なかに いる。

 獣使いのジョブポ稼ぎを始めたこともあり、今まで忍者で行っていたコンテンツに、獣使いで行ってみております。
 といっても、全然ペットたちの特徴が理解できていない獣使われ。パトリックさんを呼んでファイアボールするか、シェリンさんを呼んでテグミナバフェットするかで解決するというひどいゴリ押しプレイです。

 1月のディード目標にはメナスプラズム稼ぎが入っていたので、今まで拾って貯めていた欠片を使って地上NMを呼び出して獣使いで戦ってみたのですが、物理も魔法もソロ連携も扱える獣使いは、ギミックの多いメナス地上NMと結構相性がよくて楽しめました。
 まあ、NMと戦っている時にパトさんのファイアボールがその辺の無実のチョウチョを巻き込んだりするけど、それはそれ(笑)。倒せるしね。
 忍者でも物理魔法の使い分けはできるのですが、連携はかなり条件を揃えないとソロでは大変なので、獣使いの方が連携を発生させるのがラクです。

 カンパニエでも範囲攻撃で獣人を一気に集められるのが助かりますね。忍者だといつも地道に1体1体倒しているので、普通に倒せるんですけど時間がかかります。だいたいヴァレンラール様のウリエルブレードに丸投げしてたので、それがファイアボールやテグミナバフェットにスライドしただけとも言う。
 ただ、やってみて初めて実感したのですが、カンパニエの敵って魔防か魔回避かが結構高かったりします? ファイアボールが意外にダメージが伸びなかったです。まだペット魔攻+が足りないのか。まあシェリンのテグミナバフェットで全て解決するんですけど。

 実は範囲攻撃を多用するジョブをやるのはほとんど初めて(魔剣のショックウェーブはあるけどダメージは低いですし、コルセアのイオリアンはパーティ支援あってこそ実用なのでね)なので、新鮮な楽しさを感じております。ヴァナは20年経っても発見がある。スローペースで好きなことだけやっていると、こういういいこともあります(笑)。
タグ:獣使い
posted by さとみん at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景

2024年02月10日

先輩【トルネド】を発動しまくる

20240207-202657.92.jpeg
 ひさびさに見たなこの角度……。

 LSでやるソーティ、時間になったのでジョブは何かなぁ風水士かなぁと着替えていたら、リーダーから「さとみんさん魔剣で」と指示が下りました。
 魔導剣士……そんなジョブを使っていたこともあったな……。と遠い目になりたいところでしたが、このところイオニックで魔剣指定されていたりもしたので、そこまで久しぶりな顔をするのも許されないのであった(笑)。

 ソーティの魔剣は、ダイバーに比べればターゲット固定が難しくないので、フラン殲滅さえトチらなければ何とか乗り切れる、と思っています。コルセアの方が忙しくてやること多くて混乱する。
 そして今、その大変なコルセアに挑戦しているLSのサクナヒメ嬢(仮名)を見守る立場なので、フラッシュフォイルヴァレションしながら、心の中で「ガンバレ……マジがんばれ……!」とペンライトを振ってました。

 ボチュルスNMでは、不慣れな中頑張っているコルセアの方にボチュルスがクルッと振り向くことが絶対ないように、普段の100倍くらい気合いを入れてタゲ取りに専念したおかげで、タゲ取りを完封です。え? いつもそれくらいの気合いでやれって? ていうかそのくらいの気合いでやってようやくまともな立ち回りかって?
 まぁいずれ成長著しいサクナヒメ嬢がコルセアで大ダメージを出すようになって、ボチュルスもくるくる振り向くようになるから、心配いりませんよ(心配だよ)。
 そんなことをやっていたら、七支公のユムカクスのアップルートのヘイトリセットを忘れてて、後衛に樹木が襲いかかったのは内緒です。

 最後は上層バラモアのノックバックバイドに呪詛の言葉を吐きながら雷で焼き尽くし、箱を開けて帰りました。生きててよかった。
posted by さとみん at 09:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 風景

2024年02月09日

ぶるぶる786時間目:病みのフルコース

20240207-170000.39.jpeg
 イーグルアイに敗れる。

 ぶるぶるさんのアドゥリンクエスト、「渇く」連続シリーズの最終話「幻世の渇愛」をクリアいたしました。
 このクエスト、最後にとんでもないイーグルアイを撃ってくるフォモルと戦うことになるのですが、さとみんの時は忍者のひきょうな身替の術を使い、敵が木人を撃ち抜くのを鼻歌交じりに見ていたのですけど、ぶるぶるさんはそんなひきょうな技を持っておりません。
 とりあえずAAHMを呼んでタゲとってくれないかなーとやってみましたが、AAHMはナイトがいるとアタッカー寄りに動いてしまうので、全然タゲが回らず、そしてイーグルアイ発動の前に倒し切ることもできず、あえなく散りました(笑)。
 インビンシブルを使えばよかった、と思ったけど、インビンてイーグルアイは防げないんだっけ?

 どうしようかなぁと悩んだのですが、結局アビセア以来使っていなかった戦士を引っ張り出して、AAHMにタゲを取ってもらいつつ、ザイドIIとシャントットIIと三人で連携を作ってMBしてもらって倒しました。アビセア以来まともにマクロも作ってない戦士ですが、何とかなったよ。よかった。
 この間のA.M.A.N.トローブで、戦士の斧が出てしまい、「アビセアの時に出てほしかった」とかぼやいていたので、アルタナ様が戦士の出番を作ってくれたのかも知れない(笑)。

以下ネタバレ。
タグ:幻世の渇愛
posted by さとみん at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶるぶるの冒険

2024年02月08日

当たればどうということはない

20240208-124043.20.jpeg
 マドリガルは……偉大……!

 先日ぶるぶるさんで敗走した2章とてむず、なんとクリアに成功しました!
 ウルミアちゃんを呼んでマドリガルをもらってるのに命中が足りないなんて、もう成す術がないわっとメソメソ泣いていたのですが、「ウルミアはマーチメインだよ、マドリガル使うのはヨアヒムだよ」と教えていただきまして。
 いやそんな基本的なところ勘違いするなよ、というツッコミは綺麗にスルーし、そそそそれならばまだワンチャンあるのではないか!とベリリムメイスを握りしめて向かったのです。

 ちなみに、近東風漁師鍋を競売に買いに行ったら、売り切れで買えなくて泣いた。

 そして今回はウルミアの代わりにヨアヒムを起用しただけでなく、ちゃんとサポ戦で使えるアビリティを復習して、序盤の被ダメがきついところでディフェンダー、ツボ攻撃あたりになったらウォークライやアグレッサーをきちんとリキャごとに使用することで、防御や攻撃を強化。
 あ、そこのあなた! 「今更……?」とか言わない! 冷たい眼で見ないで! 痛い! 視線が痛い!
 もちろんランパートやセンチネルやパリセードやフィールティもリキャごとに使っていきますよ。リキャ長いけど。

 と、こんな風にやってみたら、前回とは比較にならないスピードで玉を屠ることに成功。スタンしてる間に後衛に玉がすっ飛ぶ場面はあったものの、挑発で取り返せました。今にして思えば序盤にフィールティ使っておくべきであった。
 こうして順番に玉→ツボ→ボスと倒していき、15分ちょっとで「とてむず」をクリアです! 時間はかかったものの、最初の玉を倒すまで以外はピンチになりそうな場面がほとんどなかったので、意外と安定と言えた戦闘でした。
 ちなみに、ツボを倒した後のボス戦ですが、結局ベリリムメイスのまま殴ってました(笑)。
 ニックサーでサベッジも試してみたのですが、TP2000貯めないとダメージが伸びないので、ベリリムメイスで回転率の高いヘキサストライクを撃った方がラクかなぁと。

 そんなこんなで、ヨアヒムさんありがとう、そしてベリリムメイスやヨアヒム起用を教えてくれた皆さんありがとうという回でした。とてむずがクリアできたので満足です! 
タグ:2章
posted by さとみん at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2024年02月07日

這い寄る筋肉

20240206-224652.29.jpeg
 筋肉に侵食されていく……。

 ダイバージェンス、キャンペーンが終わったので久しぶりに通常進行でした。平日なのでwave1のみ1時間コース。手慣れたものなので、スキップしながらコルセアで集合してみたら、「さとみんさんは詩人で」ということでした。
 メンバーのジョブを見てみると、正直アタッカーの数がいつもより少なめ。
さとみん「もしかして:サポ忍」
リーダー「サポ白で大丈夫よw」
 怯える子供をあやすように優しく言うリーダーである。

 最近はアタッカーや盾を普段やっている人が、詩人やコルセアをやるようにもなり、「歌やロールのかけ直しがどれだけ大変か」「歌やロールをかけている時にアタッカーが散らばっているとどれだけ大変か」ということが周知され、アタッカー陣が歌を聴かずに走り出すケースが激減しました。
 ヴァナで複数ジョブを鍛えることの最大のメリットは、編成がどうこうというのももちろんあるのですが、実はこの「他ジョブの苦労や振る舞いを理解できる」ということにあるのかも知れない……。
 という訳で、歌をかけること自体は今回あまり苦労がなかったです。ありがたい!

 しかし、アタッカーの数が少ないので、サポ白詩人も歌い終わったらネイグリングを握りしめて殴らないといけないのです。
LSメン「詩人はちょっと声がいい戦士です」
 ルーウェンハートに謝って!

 最後の石像は、ソウルボイスクラリオンコールナイトルで、栄典マチメヌメヌスケという豪華フルコースにしたため、石像の範囲攻撃もものともせずにアタッカー総出で殴り続けることができました。スケルツォが仕事しているのを実感できて嬉しかった。やっぱり詩人は歌が本業だから! 歌で貢献するのが一番楽しい。
 と言いつつ、後ろで学者さんが範囲ケアルをかけまくっているのを見て、そっちにいたかったな……などと思っていました。学者を鍛えないとケアルできないのか。そうなのか。
posted by さとみん at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景

2024年02月06日

玉すら倒せず

20240206-134444.11.jpeg
 敗走のデジョンリング。

 アンバスのキャンペーンも終わり、各難易度ごとの周回も終わって、時間に余裕ができたので、ぶるぶるさんで今回のツボアンバスの「とてもむずかしい」にチャレンジしてみました。ベリリムメイス+1に全てを託して勝負!
 結果、見事に散って、慌ててデジョンリングで逃げました(笑)。

 いやー、攻撃が当たらんです。フェイスはスッカスカ。レイ・ランガヴォさんが玉を殴ろうとしては拳がスカスカとミスるログを連発します。ぶるぶるさんのヘキサストライクですら、玉に4ダメージしか入ってない=6撃のうち4撃しか当たってないということが判明。
 全然当たらないので玉を落とすのも時間がかかり、当然ツボを討伐とかいうレベルまで行けません。そうしている間にも、怒濤の敵の範囲攻撃&状態異常の嵐で、スタンしている間にフェイスがどんどん落とされてしまいました。こりゃダメだーと離脱した次第です。
 デジョンリングを使ってる間も、スタンや睡眠なんかを食らうので、逃げ切れずにふつうに戦闘不能になる可能性も十分ありましたね(笑)。逃げられたのはかなりラッキーだった。

 オムレツサンドを食べていたので、ぶるぶるさんもそれなりに命中は底上げされてたはずなんですけど、そしてウルミアを呼んでいたのでマドリガルももらったはずなんですけど、命中問題はどこどこまでも追いかけてきますねぇ。やはり、ソロ+フェイスでは、アンバス2章「むずかしい」までが適正なレベルというべきかも知れません。
 ジョブポを稼いで、さらにわざと放置してあるフェイス強化クエストの仕上げをして、武器をネイグリングに交換すれば、あるいは……?というところでしょうか。あ、あと漁師鍋ね(笑)。

 2章の「とてむず」になると、「むず」に比べてこの命中問題の改善が難しい(自分ひとりを強化してもどうしようもない)ので、戸惑いが出ますよね。この辺の改善方法を上手に誘導するか、いっそ「とてむずはソロでやらなくてもいいっすよ」と潔く宣言するような何かがあるといいんだろうか、と思ったりもします。
 とてむずだと称号がもらえるだけで、もらえるホールマークは「むずかしい」と同じにする、とかね。ダメかな(笑)。
タグ:2章
posted by さとみん at 17:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2024年02月05日

鎖は一番弱いところから切れる

20240202-220037.18.jpeg
 ヘッポコ盾のヘッポコな死体。

 イオニックのためのギアスフェット隠しNM補習講座は、まだまだ続いております。
 お供が次々わいて厄介な防御をかけるため、とにかくお供が出る前に倒せ! お供も1体くらいなら何とか! な恐怖のNMシャー。神の駒たるカトゥラエらしく、ギミックが全て時限的に動作する、プログラム感あふれる敵ですが、そのギミックを全部いなしていくワザなどない僕ら、パッセに全てを賭けて祈るのです。

 という訳で、パッセができる召喚士さんが召喚に専念できるように、ヘッポコ盾の出陣でしたが、これが2回ほど敗北してしまいましたね……。かなりいいところまで行けても、あと1cmが削り切れずに残ってしまい、そこからお供が次々ポップしてシャーに次々各種ダメカットを付与して暴れ回るので、ノックバックされながら倒れるのみとなってしまいます。
 何で倒せないんだ!? うちの召喚士たちは凄腕揃いのはずですよ!

召喚士さん「私のラムゥが早々に倒されてしまってダメージが足りなかった」
 ……。
 …………。
 ラムゥが倒されたって、それはつまり盾がタゲを取れてなかったってことだよね。召喚士は凄腕だよ!盾がヘッポコなせいだったよ!
 という訳で、3度目の正直ではシャーがポップしたのにフラッシュを入れたら、普段のヘイト取りアビに加えてSPアビ2つも発動して、とにかくシャーの視線を独り占めすることだけを頑張りました。結果、ちゃんとラムゥ集団が大活躍しまして、無事に勝利できました。

 いっそ召喚士を鍛えてパッセする側に回った方が、負ける回数を減らせるのだろうか。いやでも今は彫金盾とデスペナルティのことで頭がいっぱいよ!
posted by さとみん at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | RMEA