2020年06月11日

卵はひとつの籠に盛ってはいけない

hashiwokakeyou.jpg
 18周年記念ロゴにもなったカーバンクルに、ぶるぶるさんも会えました。

 バージョンアップでしたっ!
 当日だった昨日は、家族がテレワークをしていた&ネット回線の調整をしてもらってた&夜にダイバージェンスのお誘いをいただいたということもあり、どたばたしてブログ更新の時間が取れませんでした。
 そんなこんなで、巨大くじらと戦うアンバス2章もまだ見れていません。まぁ、アニバーサリーイベントもこれからですから!

 今回のバージョンアップ、とりあえずの話題は、例のエミネンス・ユニティポイント交換上限設定ですが。
「一週間で上限いっぱい交換くらいかなー。一日で上限、だとちょっとゆるいよなー」くらいのイメージだったので、個人的には想定通りだった印象です。
 制限に備えてポイントを使い切った人もいたようですが。私は制限を全力で味わってみるためにも(笑)一番使っていたキャラでも8万くらい残してあったのですが、あんまり支障ないかも?

 アケロンシールドとプライズパウダー売りが金策の柱になっちゃってた人にはかなりの大打撃なのでしょうが、正直私は、どのキャラでも換金売りは最後の保険 or どうしてもエミネンスが余っちゃって早急に処理する最後の手段、という運用だったので、ほぼ影響なしです。
 もともと、あまりに手軽でハードルの低すぎる金策手段なので、「これに慣れると絶対後々困ることになる」と手を出さないようにしていました……。コツコツ単純作業をするのはそんなに苦にならない性格なので、その気になればエミネンス換金だけで幻珠を買いまくれたのかも知れませんけど(笑)、ラクに慣れるとそこから抜け出せない性格なので、あまり依存しないようにしています。
 そもそもゲームにおいて、単一の作戦への依存というのは、ほぼ【死】を意味するものだと思ってますし。と言っておいて、白魔道士が使えなくなったら、私はしぬ(笑)。

 ぶるぶるさんでもアケロンシールド売りは封印している訳ですが、現在だと「ギルに余裕はないが、プレイ困難というほどでもない」という感じです。エミネンスがあふれそうになると、今はスキルアップの書に投資してますけど、一週間で10万には達しそうにないですねぇ。

 そもそも新キャラだと、やりたいこと・やっておきたいことが山盛りすぎて、エミネンス稼ぎに精を出す暇はありません。そもそも、そんなにエミネンスを効率よくは稼げません。デイリー目標クリアして、ミッションやクエストを何かやって、ワークスをクリアして、(ぶるぶるさんはまだだけど)アンバスを1回クリアして、というだけで時間切れ。それ以外のいわゆる「脳死周回」系に費やす時間はないなぁという感じ。
 消耗品であるキャパシティリングの一心を使い切るのも、大量に経験値を稼げないうちは大変なので、一週間に1個使い切れないくらいです。
 なので、新キャラとか復帰キャラには、実は今回の調整はあんまり影響がないんじゃないと感じています。そういう立場のキャラは、エミネンス換金よりもやった方がいいこと、いくらでもありますからね。

 今回一番影響を受けるのは、ミッションやクエストはコンプしてて、装備は一通り揃ってて、欲しいものはあるけど自力取得する見込みはなくギル経由の取得を狙ってて、でも金策手段はポイント換金以外に持ってない……というタイプの、意外と古参に近いところの人たちかなぁと思います。
 本当のヘヴィプレイヤーは、「エミネンス?まぁ余りまくるからアケロン売ってるけど、これがなくても他に色々金策はあるから」というところでしょうし。

★★★

 ギル稼ぎは、「誰でもできることは、みんながやるので、希少性がなくなり価格が下がる」という自然な経済原則に従っているので、本来大量にギルを得ようとするなら、
「みんながやってほしいことをやる」「みんながやらないことをやる」「みんなよりいっぱいやる」
しかありません。
 システム経由のギル稼ぎは、これをある程度免れられるものですが、それに依存すると色々歪みが出てきます。RMT業者はその歪みの最たる典型でもあります。
 システム経由の通貨取得がメインになっているタイプのゲームでは、この歪みを生じさせないために、そもそもプレイヤー同士の取引が非常に制限されていることが多いようです。プレイヤー同士で取引ができなければ、RMTしたくても融通することが不可能なので(まぁアカウント売買という最後の手段が残ってますけど)、割と安心なのでしょうね。

 FF11は、プレイヤー同士の交流が柱でもあるゲームなので、システム経由のギルが多くのプレイヤーのメイン金策になるような状況は、やはり結構歪みが大きかったと思います。
 それでも、プレイスキルが整わない人のプレイを守りたいという松井さんたちの温情で、かなり長い時間頑張ってくれたとは思うのですけど、これが限界だったのではないかな。

 まぁなんだかんだで、アケロンシールド売りが完全に不可能になった訳でもなく(笑)、今でも「超緊急に数十万ギルが必要!」という時には使える保険なので、ありがたいなと思っております。
 これからまたしばらく、新規参入が増えたりして相場が荒れそうですが、転覆しないようにギルの海を航海してきたいです。
タグ:繰り言
posted by さとみん at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2020年06月09日

2本目の安宅切

aman202005.jpg
 三勝一敗!

 毎度のVU直前駆け込み企画、A.M.A.N.トローブ2020年5月分です。ぶるぶるさんも今月参加できるかなーと思ったのですが、まだレベリングが間に合いませんでした。6月は……どうかなぁ?

 小鳥さんの方はマーズもビーナスも生還……しましたが、ビーナスの方は実はターゲットミスで、まだ開けるつもりがなかった金箱を開けてしまうという痛恨の失敗(笑)。出たのは安宅切と黒霊石+2とキドニーストーンで、安宅切は何と2本目です。どっちもA.M.A.N.トローブで入手してしまっているという……。
 マーズの方ではなんとダイナスティミトンを引き当てました。上位デルクフで出る、白垂涎の強化魔法用手装備、さとみんはたまたま初回参加の上位デルクフでいただけるという幸運に恵まれましたが、小鳥さんでも幸運のみで入手です。まぁ……白やらないんですけど。

 さとみんは、マーズの方でアナヘラサイズとアクヴァンの翼をゲット。ビーナスの方は、5箱目でミミックにがぶっとされて帰ってきました。
 実はさとみんでこの箱明けをした日、やたらとネットの回線の調子が悪く、10秒ごとにR0が頻発するような状態で、焼印取りで行ったソロアンバスで3敗もする有り様で(笑)、こういう何やってもうまく回らない時ってありますよね。
 ミミックにカブカブされて厄を落としたところで、すっきりと明日のバージョンアップを迎えたいと思います!
posted by さとみん at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アイテムとり

2020年06月08日

サイレスサイレスエンエアロII

odinveryhard2.JPG
 胴装備を目撃。

 LSの鮒師匠(仮名)のお誘いで、★修羅の道(とてもむずかしい)に行ってきました。
鮒師匠「詩人か忍者か、今調整中」
さとみん「詩人? オーディンでしょ? 歌消されるよ?」
鮒師匠「赤のエン削り戦法だからw」
 なん……だと……!?
 あの伝説の、オーディンにTPを全く与えずに全特殊技を封印する戦術を、この目で見る時が来たというのか!

 結論から言うと、5戦ほどして、3勝いたしました。赤魔道士二人のエン削りすごいな! おれはライニマードの再来を見ているのか……!?
 サイレスを入れた上で、忍者が殴らずずっとタゲをとって空蝉をまわし、赤がD1の武器でエンII系で殴り続けると、オーディンはリゲインがないのでTPが入らず、あの恐怖の特殊技の数々を封印することができるという戦術です。
 ただ、サイレスが切れて入れ直しをしているわずかな時間にメルトンや範囲ドレインが来ると、それによりオーディンがマジックアキュメンでTPを得てしまうので、斬鉄剣・鋼が来て終了だったりします。
 じみちーに削る忍耐戦術と思いきや、意外と博打要素のあるヒリヒリする作戦だった!

 私は詩人で、ひたすらマドマドマチ+ミンネかスケルツォを歌ってました。風水さんにバラバラ、忍者にマンボを入れられれば最高なのですが、うん、わしのつたない腕ではなかなかそこまで手が回らなかったのじゃよ。がんばったけど。はやくカルンウェナン作らないとー!

 3勝して、装備は胴のフロプトプレストを拝みました。
 い、いや、レア扱いの斬鉄剣とは言わないけど、みんなが待ち望んでいるフレキリングやゲリリングは……どこー!?
 まぁ、結局は試行回数の暴力だけが頼りですね(笑)。また行きましょう!
posted by さとみん at 10:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2020年06月07日

ぶるぶる70時間目:75と99の間

limitbreake80.jpg
 限界突破、それは肉体を酷使する旅。

 ぶるぶるさんは順調に冒険しています。順調すぎて問題が起こってます(日本語がおかしい)。
 レベルアップに……ミッションや装備が追いつかない……!
 毎日デイリーエミネンスをクリアしていると、レベルは順調に上がっていき、ついに75を突破しました。がっ、ここへ来てエミネンスポイントで交換できる装備のラインナップががくっと減るので、漫然とやっているだけでは装備が全然揃わないのです。
 さすがに75をすぎると、フルAFでは心もとなくなります。試しに、ウォンテッドのCL75のミミズなんかに挑戦してみましたが、全然歯が立ちません(笑)。装備がいい加減でスキルも真っ白では、フェイスパワーに依存しても無理があります。
 かといって、レベル75前後の装備を必死に集める手間はとれません。今となっては中間地点、遠くないうちに使わなくなるものにかける余裕は、時間リソースの限られたぶるぶるさんにないのです。
 とりあえずレベル99にしちまえ!というのも手なのですが、その途中のレベリング全てをフルAFで突破するのはちょっと無理、というかさすがにつまらない。

 そして何より問題なのは、ミッション・クエストの進行がレベルに全然追いついていないので(笑)行けるエリアなどが少なくて不便!
 まだ空にも海にもアトルガンにも過去世界にも行けず、アドゥリンエリアはレベルが足りないのでケイザックをうろうろするくらいなので、キャラクターの強化につながるアレコレをクリアするのも一苦労です。

 装備が揃わないと、たとえばEVWSのための潜在消しもえらい時間がかかります。ヘイストもストアTPもサポ侍もない状態のキャラだとこんな大変なのかーと今更思い出す始末(笑)。
 という訳で、とりあえずは、レベルを78にまで上げて、アビセアで交換できるペルル装備一式を着られるようになったら、レベリングはいったん後回しにして、ミッションその他をもりもりやらないとなぁと計画中です。今のところ考えているのは

  • ジラートミッションとプロマシアミッションのクリア(=空・海・AF打ち直しフラグ取得)
  • 旧デュナミスでレリック装束の取得
  • アビセアでの装備集め(箱とかから出るやつを中心に)
  • アルタナエリアを開通
  • 侍、踊り子取得
  • ウォンテッドLv75のNMを討伐して装備取り

ですかねぇ。
 幸い、アビセアは5月のキャンペーンでクルオやジェイドが色々取れたので、ペルル装備は問題なく取得できましたし、6月のキャンペーンはデュナミス輝く砂やウォンテッドキャンペーンもあります。
 キャンペーンが始まるまでは、ミッション進行ですかねぇ。

 ちなみに今は、ようやく古代石碑を必死に回って某弟に勝利したところです。あとはミスラとクリスマスをエンジョイすれば空には行ける!(色々間違った表現)
posted by さとみん at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶるぶるの冒険

2020年06月01日

100%以外信じるな

40per.jpg
 ここから0.7%ほど進行しています。

 ちょっと前に、ようやくエスカッションの精神力が40%を越えました。亀の……歩み……。
 しかし、ずっと古墳でパピルスを分解していたら、衝撃の幻珠がついに255個を越えてしまいました。分解の幻珠の供給が全然追いつかなくて、消化できません。
 え? 競売で買えばいい? 【お金がないんです。】【お金】【どこですか?】

 などとぼやいていたら、LSの高徳な菩薩・大王様(仮名)が私を哀れんで、
「溶解と合わせてひたすら核熱を作ると、Stabilityも減らないですよ。面倒だけど」
とお告げを下ろしてくださいまして。
何気なくさとみんが頭を挙げて、血の池の空を眺めますと、そのひっそりとした暗の中を、遠い遠い天上から、銀色の蜘蛛の糸が、まるで人目にかかるのを恐れるように、一すじ細く光りながら、するすると自分の上へ垂れて参るのではございませんか。さとみんはこれを見ると、思わず手を拍って喜びました。この糸に縋りついて、どこまでものぼって行けば、きっと地獄からぬけ出せるのに相違ございません。いや、うまく行くと、極楽へはいる事さえも出来ましょう。

 という訳で、分解を使い果たした後にコツコツやっていました。

 まぁ時間効率としてはあまりよくはないんでしょうけど、何もしないよりはずっといい訳で。割とこういうコツコツ作業は苦にしないこともあり、気分的には事前に恐れていたよりきつくは感じませんでした。
 とはいえ、溶解の幻珠の数に比べて圧倒的な衝撃の量。
しかし地獄と極楽との間は、何万里となくございますから、いくら焦って見た所で、容易に上へは出られません。ややしばらくのぼる中に、とうとうさとみんもくたびれて、もう一たぐりも上の方へはのぼれなくなってしまいました。そこで仕方がございませんから、まず一休み休むつもりで、糸の中途にぶら下りながら、遥かに目の下を見下しました。

 ふと、「衝撃→溶解→衝撃で消化した方が、合計6から合計9になってまだましなんでは」と思ってしまい。
そこでさとみんは大きな声を出して、「こら、罪人ども。この蜘蛛の糸は己のものだぞ。お前たちは一体誰に尋きいて、のぼって来た。下りろ。下りろ。」と喚きました。

 が、衝撃→溶解→衝撃にすると、Stabilityが1ドットとか2ドットのレベルなんですけど、減るんですよね。さらに、どうも失敗の回数が増えていく感じなんです。いやーな予感がしたその時
その途端でございます。今まで何ともなかった蜘蛛の糸が、急にさとみんのぶら下っている所から、ぷつりと音を立てて断れました。ですからさとみんもたまりません。あっと云う間まもなく風を切って、独楽こまのようにくるくるまわりながら、見る見る中に暗の底へ、まっさかさまに

 見事に漏れが発生して、204ほど精神力が吹っ飛びました(笑)。

大王様は極楽の蓮池のふちに立って、この一部始終しじゅうをじっと見ていらっしゃいましたが、やがてさとみんが血の池の底へ石のように沈んでしまいますと、悲しそうな御顔をなさりながら、

「溶解→衝撃だけでやった方がいいですよ^^:」
 大王様のお言葉に、己のあさましさを噛みしめて、また幻珠を集めに行くさとみんの姿がありました。極楽ももう午近くなったのでございましょう。


 まぁ、あれです、同じ属性のクリスタルや幻珠を使うと、一気に不安定になるんですよね。衝撃→溶解→衝撃、衝撃→溶解→衝撃、を繰り返すと、衝撃が2連続する部分が発生するので。そして1ドットでもStabilityが減ったらダメ。途中でLv2の連携を発生させようが、衝撃が2回続くというそれだけで吹っ飛ぶので、もう少しでも効率よく幻珠を使おうとか考えない方がよさそうです……。決して同じ属性が連続にならないように、ひたすらやるしかないですなぁ。
 Stabilityについては、もはや0か1しかないですね(笑)。バーを信じてはいけない。1ドット減ってたら漏れると思った方がいいし、1回でも漏れが発生すると被害が甚大すぎ、賭けにならないです。
 そしてガルレージュに行こうとしたら、先客が既に詰めかけていて溶解の幻珠すら取れないというオチでした(笑)。
posted by さとみん at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 合成/錬成/釣り

2020年05月30日

フェイスデザインキャンペーン明日までだよ!

faithoubo.jpg
 締め切りは明日の5月31日23:59ですよ!

フェイスデザインキャンペーン 〜ボクも冒険に出たい〜」、皆様応募されましたか〜?
 こういうのは、採用されようとされまいと参加して楽しまないと!ということで、私もギリギリですが応募いたしました。
 色々考えて、訳がわからなくなったので(笑)、とりあえずソロでアンバスをやっていて苦労する寝かせ系に特化したキャラクターにしてみました。あえての詩人! 決して声が小さい松井さんにマイクに近付いて欲しいからではない。
 武器はチキンナイフIIに盾はハッチリンシールドと趣味に走って、あとは詩人のAFで。とにかく達ララを歌い、あとエレジーやらフィナーレやらレクイエムやらの、敵にかける呪歌を歌いまくる前のめり詩人です。詩人のフェイス、あんまり敵に歌をかける人がいないので。味方にはマーチしか歌わない、しかも優先順位低い。あと思い出したらケアルする。そういう感じの挙動を書きました。
 他の方にとって役に立つかどうかはこの際どうでもいいです(笑)。
 しかし、「松井さんのイメージとは関係なく」とあらかじめ言われていても、どうしても松井さんぽい要素を入れたくなってしまいますな〜。いや、本当の松井さん要素を入れたら、もっとめちゃくちゃ優秀なフェイスになっちゃうけど、あくまでもぎヴァナとかで演出されている「ドジっこ萌えキャラ」としての松井さんをね?
(マジの松井さん要素を入れたら、アルタナ女神かシャントットみたいなチートキャラになっちゃうので……ね……)

 私自身は、あんまりフェイスに「こう動いて欲しいなぁ」というのは実はなくて、今ある挙動をどうやって組み合わせて自分の希望にできるだけ近づけるかというのを楽しんでいるので、こういう「あなたの希望をお聞きしたいんですが」みたいな話をされると、意外とフリーズしてしまいます。
 あと、フェイスは割と大きめの欠点のある、無駄撃ちしたりおかしなことをしたりする、極端な挙動の方が好きです。自分の思う通りに動いてくれる自動複アカみたいなのを求める方もいらっしゃるとは思いますけど、私にとってフェイスは自分の延長ではなくて「思い通りにならない他者のシミュレーション」なので。うまくいかない時に、他のフェイスと組み合わせたりしてうまく相乗効果が出て欠点がカバーされた時に嬉しいタイプです。
 なので、モンブローがアシェラがいる時にエレメンタルパワーとか無駄撃ちするのは大賛成。大好き。どうしてもいやならアシェラと一緒に呼ばないようにすればいいだけだし。
 なので今回も、割と極端な挙動を書いてみました。

 でもまぁ、最終的には投票で選ばれるから、たぶん私のような要望を持っている人は少ないだろうし、そもそも一次選考を通るとは思えない(笑)ので、ここで記念に書いておくことにいたしました。
 皆様も、明日までにいっぱい悩んで応募するといいよ!
posted by さとみん at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2020年05月27日

ぶるぶる60時間目:セイレーンを待たせて古代王子を追いかける

1vs5maat.jpg
 5人相手にボコられているというのに、文句も言わずつきあってくれるMaat翁。

 ぶるぶるさんの冒険は、イベントやミッションやクエストがいっぱいすぎて、ドーパミンとエンドルフィンが出まくって危険が危ないくらいです。たーのーしーいー!

「星の輝きを手に」を無事にクリアし、レベル上限75となりました。
 偉大なるナイトの証は、結局ベドーのDarksteel Quadavから取りました。最初に行った時は、サファイアやらルビーやらを殴り続けて、赤と黒と暗黒の証は揃ったのに、ナイトだけスルーされ(笑)泣けました。2回目にベドーに赴いた時はあっさり1体目でドロップ。そんなものですよね。
 さとみんと小鳥さんは、Maat戦は正々堂々とサシで勝負しましたが、ぶるぶるさんは時間リソースが限られててここで失敗するのは怖かったので、星唄パワーでゴリ押すことにしてフェイスを呼びました。実際、装備はフルAFのままで、スキルも白い状態なので、フェイスがいなかったら突破できなかった気がする。
 証取りのついでで得た、宝石等々のアイテムを競売に出したら、そこそこの値段で売れて、懐が結構うるおいました。ありがたや。

 そして片手剣スキルも上がったので、クリルラさんからトライアルサパラをもらって、今必死に潜在消し中です。
 限界突破モーグリさんからリミットブレーカーももらえたので、潜在が消えるまではメリポ貯めですかね〜。レベルアップ速度に装備やら何やらが追いつかないので、ここらでしばらく地道な足元固めをしないと。
 本当はサポとして忍者や踊り子も取得しないといけないのですが、忍者はノーグの名声が足りないので忍術入手が難しく、踊り子はまだ過去世界未開通ということで、こちらも……やらないと……。

 さらに、75以上の装備は、エミネンスだけではかなり心もとないので、そろそろアビセアに行く頃かなぁ。それにレリック装束も集めないと……いやいやアトルガンは……?
 それにウィンダスの鼻の院クエストとか、デジョンII取得関連のクエストとか、色々やっておいた方がよいクエストも……。
 いやもうほんとに。忙しい。楽しい。

 しかし当面は、基本のジラートミッションとプロマシアミッションの進行・クリアかなぁと思っています。もちろんサンドリアも! 何しろ海に行けるようにならないと、AFやレリックの75上限の打ち直しすらままなりませんからね。
 という訳でまずはノーグに行ってライオンに会って、とやっていたら、星唄ミッションが進行してしまい、「海蛇の洞窟が大変だ!」みたいな鬼気迫る状況に。でもこれ、進めていくとセイレーン戦が待っている訳で、セイレーンは確かレベル90くらいないと厳しいはず……小鳥さんのモンクも、Lv91で、かなり装備をがんばって死闘だったもの。
 そんな未来を透視したので(笑)海で鈴の音に惑わされて迷子になりまくる海賊さんや、海蛇の洞窟で先に探索しているザイドさんを見ない振りして、私はユニティワープで怨念洞にショートカットして、怨みの炎を灯す作業に必死になるのでした(笑)。

 とりあえず現在のぶるぶるさんのリザルツ。
・フェイス取得数38
・ナイトLv75、リミットブレーカー入手。
・モグガーデン全ポイントランク3
・「グモパスなおもてなし」何とかクリア! ワークス練り餌を8個使いました……
・サベッジブレード取得クエストオファー
・バストゥークの名声も英雄に。ほぼほぼ錆びたバケツのおかげ。
 当面の今後の目標は、ジラートミッションクリアとプロマシアミッションクリア、そしてセイレーン戦のためのアレコレですかねえ。
posted by さとみん at 11:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ぶるぶるの冒険

2020年05月23日

三つ目の星

brdmaster.jpg
 歌って踊って星三つ。

 吟遊詩人がマスターに到達しました。
 去年の5月末から始めているので、ちょうど1年ですね。白も忍者も2年強かかっているので、だいぶ短縮されました。ソロジョブポを始めた時にはすでにスペリア2まで終わっていましたし、お友達のジョブポに参加したり、ダイバーに詩人で行かせてもらったり、アンバス短剣で火力を底上げできたり、一心リングを湯水のように使えたりしたのが効いたようです。
 ダイバーとかはともかく、まぁ基本は、アドゥリン新区画エリアの敵相手に、アヤモ装備に身を包みサポ踊短剣二刀流で襲いかかっていた通り魔のような詩人だったので、果たしてパーティとしての立ち回りが身に付いたのか、定かでは、ない、のですが……。
 そしてカルンウェナン作成は全然進んでいないという。マスターにする方がラクだった(笑)。
 なんだかんだで、マーチやメヌエットでフェイスをぐっと底上げできる詩人は、ソロジョブポがやりやすかったかも知れません。ターレットのエヴィサレーションは、支援ジョブとは思えないダメージを出せましたし。

鮒師匠「これで歌って踊って一人連携できる詩人の完成ですね^^」
さとみん「そんなこと言うとバラードピーアン歌ってあげないにゃん^^」
鮒師匠「むしろ歌わないでください^^ マチマチメヌメヌで^^」
 時代の変遷は激しい。

 さて、この次は……シーフです。シーフをマスターにしたいというより、属性紋のカードを集めるためにシーフで新区画の敵を倒しまくらねばならないのです(笑)。詩人に続いて、またしてもサポ踊短剣二刀流で襲いかかる通り魔です。今度はジョブ的に強盗です。シーフがマスターになるよりも先に調理エスカッションを終わらせたいところですが、さてはて。
タグ:吟遊詩人
posted by さとみん at 09:54| Comment(2) | TrackBack(0) | レベル上げ/メリポ

2020年05月20日

ぶるぶる53時間目:闇の王を討て!

bulbulvsshadowlord.jpg
 闇の王と対決するというのにホーリー習得するの忘れてた!

 ぶるぶるさん、53時間目にして闇の王を討伐です! まずは最初の関門突破と言ってよいのではないでしょうか。
 闇王討伐時のぶるぶるさんのレベルは、ナイト67(サポ戦)。フェイスは、ライオンII・コルモル・ピエージェ・シャントットII。これで危なげなく余裕でした。まぁレベル55くらいで死闘になる敵ですからね。フェイスもいるし、「どうということはない(byライトニングさん)」。
 雑魚敵がわいたりしないので、戦いやすい相手です。

 ナイトのAFも、無事にクエストをコンプし、箱も開けて、全部位取得しました。
itonoomori.jpg
 ダボイでの戦闘は、2体のNMを相手にする上に、周囲のオークも絡んでくるしで、センチネル、ついでインビンシブルを発動しての総力戦でした。この時Lv60。かなりぎりぎりで汗かきましたが、何とか1回でクリアしました。
 ナイトのAFクエストは、箱開けがいっぱいあったり、最後の戦闘がかなり強かったりと、手間がかかりましたが、親子の絆や騎士の誇りが語られる王道ストーリーで実に良かったです。あの武器マニアのお父さんにあんな過去やこんな一面があったとはな……! そして、色々あった(婉曲表現)のに不問に付すどころか称賛するトリオン王子の器の大きさもいいぜ。器が大きすぎて心配になるくらいだ。ピエージェが気をもむのも当然である。

 限界突破クエストも、順調にクリアしてます。今はどれも、ソロで十分達成できますね。
 手間がかかるのは、獣人拠点の最奥地をめぐる「風の行方に」で、ダボイの深紅のオーブが必要なワープの突破で一回戦闘不能になりましたが(笑)それ以外は問題なくインスニで突っ走りました。オズトロヤがかなり面倒なんですけど、手抜きせずに全部の暗号をきっちり把握して、慎重に進んだおかげか、事故なくすんなりクリアです。

 あと、5月中にアトルガンに行かないと、アヴゼンとメネジンのフェイスが取れないので、どうしようかなーというところです。「星唄ミッションでアトルガンに行けってなるまで放置でいいんじゃね?」とか思っていたのですが、さすがに間に合わなそう。
 まぁ、フェイスの絆クエストを発生させる68人はまだまだ遠いし、次のキャンペーンがあると勝手に決めつけている11月まで延期してもいいのでは、と思わなくもないんですが……。

 あと、サンドリアの名声がいつのまにか英雄になってました(笑)。さほど必死にやった覚えがないのですが、コウモリの翼やら何やら、できるクエストを積み重ねていたら気がついたら庶民に慕われていました。たぶん「なんかいつも堀ブナとコウモリの翼を持ち歩いているタルタル」と名指しされているのに違いない。恐らくバストゥークでは「大量の錆びたバケツを持ち歩いているタルタル」と呼ばれてる。

 今一番苦労しているのは……実はギルです。というのも、今回「アケロンシールド売りを封印」しているから。この、現在最もハードルが低くメジャーな金策なしでやるとどれくらい大変になるのかを試しているのですが……。
 今回の「アケロン売り禁止」と、「一日1時間プレイ」の二つの制約が重なり絡まり、コツコツ系の色々なことをやる時間が確保できないので、ギルがなかなか追いつきません。モグガーデンも、参考書を入手するための戦績やギルがまだ貯まらないので……(アドゥリン戦績取得のフェイスは取れましたが)。
 ギルが不足して困るのは、魔法の購入と、クエストアイテム関係ですね。競売ではシュリンプルアーが6万ギルで売られてて、口からエクトプラズマが出そうになってしまった(笑)。
 エミネンスは余るほど貯まっていくので、一度交換した装備を、他のジョブ用にとっておこうと思わず、どんどん売却してしまった方がよさそうです。エミネンスNPCを一種の倉庫として扱う感じがいいのかな。

 そんなこんなで、ぶるぶるさんの現在の収穫は
・闇王討伐、ランク6に
・限界突破クエスト4までクリア、ナイトLv67、AFフルコンプ
・金庫クエスト1クリア、サンドリアの名声が英雄
・シャントットIIとエチャドリング入手
・ボーパルブレード、スウィフトブレード習得
あたりです。
 次は、Maat戦のための証取りと、星唄ミッション進行(たぶんセイレーン戦がまだ越えられない)、各種ミッションの進行ですかねー。証は、なんか星唄モーグリさんが売ってるような錯覚にとらわれそうになったけど、そんなことは全くなかったので、獣人殴ってきます(笑)。
posted by さとみん at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ぶるぶるの冒険

2020年05月17日

おめでとう18歳

18yearfire3.jpg
 大学進学をみんなで祝う。

 18周年おめでとう! これからもよろしくヴァナ・ディール!
 という訳で、何とFF11もサービス開始から18年ですよ。すごいことですよ。私、18年も続けたこと何かあったかなって思いますもの。文章書くことくらいじゃなかろうか、ヴァナ以外でこんなに長くやってること。
 わがSirenワールドが誇るユーザーイベントの星・さんたさん(仮名)が、18周年カウントダウン花火と、当日のお祝いイベントを開催してくださいました。

18yearfire2.jpg
 カウントダウンはル・ルデの庭にて、ワイワイと。飛び入りでやってきた皆様が押しかけて、表示されないくらいのにぎやかな宴となりました。
18yeardance.jpg
 もちろんダンスもある訳です。後ろで親衛隊が踊ってたりする訳です。なお、最初はサブリガで踊っていたら、「キモい」「オタ芸」「アイドルに近付こうとしただけで囲んできそう」と大好評?だったため、忖度の結果タキシードになった模様。

28yearfire1.jpg
 18周年当時は、南サンドリアの凱旋門前にヤグラを設置してのお祝いです。
 昼間は、宝箱に扮した主催者を探すゲーム! ……が、周囲に自分も宝箱に変身したミミックが発生し、不用意な冒険者をガブガブしようと待ちかまえてました(笑)。
 夜はみんなで花火とダンス。私もモーグリになったり、モーグリの花火をあげたりして、ささやかながらお祝いさせていただきました。

 今年は、社会情勢が大変な時期に当日となって、公式イベントは【ためる】状態な訳ですが、こういうのもある意味では長く続いているゲームだからこその体験ですね。地球の歴史とリンクしている存在なんだなぁと。
 18周年も、そして20周年も、さらにその先の先も、楽しく遊んでいくつもりですので、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。まずはエスカッションですがね!(笑)
posted by さとみん at 10:49| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント