2017年07月03日

The Priceを1ループしか聞けない

 という訳で、恒例の固定の集まりですよー。
 まずはオーメンの銀将であります。ナ青狩風白+2アカ風。ゼロアワーという範囲闇ダメージとヘイトリセット、および連携ダメージが2倍になる代わりに特定の属性のダメージを吸収・MB受け付け時間は全属性を吸収というギミックです。
 中ボスはGorgerさんだったために、いつものごとくディスペル連打。こちら側の強化はほぼないので、削りスピードは遅めですが、とんでもない大ダメージが来ることもないので、ほんとうにディスペルマクロ連打です。
 順調に層を進んで、いざGinと対決。途中2回ほど連携ダメージが吸収されていましたが、それ以外は吸収をおさえられました。じっくり削って勝利。
 ゼロアワーの時に魔法ダメカット装備に着替えようと思ってたんですが、結構直前に回復したりすることが多くて、間にあいませんでしたね(笑)。今後の課題かなあ。ドロップは小札と指輪と革。久しぶりにロット希望がある装備が出た気がする。私は小札をいただきました……忍者のAFを3にする日がいつ来るのか、という問題はさておき。

 トリガーの関係で今日はオーメンは1戦のみ。時間も余ったのでさて何しようか……ということで、そういえば最近ベガリーご無沙汰だったね、5人+2アカで行けるかな、行けるよきっと!と前のめりにベガリーに行くことに。
「エリアどこにする?」「どこでもいいよ……(×4)」という流されるままのメンバーが多いのをいいことに、ハデスと上位ハデスの呪符がなかった私が無理くりハデスを押し込みました!ひどい! 染色がしやすいアシュラックルートへのりこめー。
 最近メインジョブが黒から学者になってるんじゃないか疑惑が浮上している鮒師匠(仮名)が、手早く4連携と6連携を消化。黒の大王様(仮名)がさくっとMBと短時間討伐を消化。何この順調さ。MB5000ダメージで手加減するの忘れて倒しちゃったテヘ☆現象が発生して、大王様が裸で1系精霊を撃つ羽目になってたことくらいしかネタがない。

 しかしまぁ、これはベガリーに何度も行って慣れてる人間だからそうなのであって、これから初めてベガリーに行くという人は大変ですよね、これ。というか最初にこの染色の条件を見つけた人はすごいよな。
 ベガリーのボス討伐はエンピ装束119化のフラグ条件になっていて、ベガリーがソロ突入がそもそも不可能&最近は野良シャウトもそんなにないということで、「エンピ119装束作れない;;」な人も結構いる訳ですが(何を隠そう小鳥さんもそうだし)。エンピ119フラグの条件を今後緩和することがないとしたら、もうちょいハデスの染色条件は緩い方がいいんじゃないかという気も……しますね。1連携でもいいとか、戦闘不能者が出ても大丈夫とか。現状だと、もはやギフト550の学者と黒による攻略が固まりすぎちゃって、新規の前衛ジョブしか持ってない人が参加するのは大変そうだし。

 で、ハデスも上位ハデスも沸いたので、元気よくメテオをぶつけて、弱点を探りながらMBしていた訳ですが……もはやわれわれ(というか私以外のメンバー)が強くなりすぎたか、あっさりと討伐してしまいました。上位ハデスなんか、あの大好きなBGMにワクワクしてたのに、1ループしかしないうちに終わっちゃったよ! 私のThe Priceを返して!

 時間も余ったのでアシュラックもやっていくかーと勢い余って突っ込み、途中のアンブリルで色々間違えて全滅したり、アシュラックが吸収する属性が入ってる連携がどれだったかわからなくなってあーだこーだのトラブルもあったりしましたが、さっくりと勝利。みんなで素材を分けあってホクホクでした。
 しかし、かつてドキドキしながら手に汗握って臨んだベガリーも、今では余裕を持ってクリアできてしまうとは、みんな(除く私)強くなったなぁ。
posted by さとみん at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2017年07月01日

野良詰みは数の暴力であった

 実は意外にも、オーメンで詰みルートのシャウト募集に乗ったことがなかったんですよ。
 シャウトが飛び交うゴールデンタイムにログインしてないことが多い、というのが最大の理由で、敬遠してた訳では全然ないんですけど。まぁあと、日曜の固定の集まりの時にうっかりトリガーがなくなってる!みたいなことをやらかすのが怖いというのも少しはあります(笑)。大昔、旧ナイズルの固定の時に、チケットを1枚手元に確保するのを忘れて1戦分トリガーが足りなくなるというポカをやったトラウマが……。

 で、たまたま珍しく夜に長時間ログインできる日があって、詰み募集のシャウトがあったので、白魔道士で入れてもらいました。総勢17人。私がほぼ最後の面子だったため、急いで出発という感じで、メンバーのジョブはあまり確認する暇なく。竜騎士さんと召喚士さんは目立つのでわかりましたが……。

 さて実際入ってみると……なんかえらい勢いで敵が蒸発していくよ!? 特定の1体?全部倒せばどれか当たるだろ!な感じでお題など誰も見ておらず(笑)。サブお題も、6連携とかそういう難しいやつ以外は「なんか目の前の敵殴ってたらクリアしてました^^」なノリ。
 3層目の大量の雑魚も、冒険者の数の暴力の前にはひとたまりもなく、何と19分ほどで全層殲滅終了、クリア。カードは3枚もらいました。わ、私は何を体験したんだ……。

 思い出したのは、アビセアの乱獲パーティでしたね。あの感じにすごく近いと思います。ジョブ縛りも装備縛りもなくて、何なら2アカが置き物になっててもよくて、あんまりややこしいことを考えずにわーいわーいと楽しめて、報酬が確実にある。
 しかもアビセア乱獲は2時間コースが普通でしたが、これは30分もかからない訳で、CPもたくさんもらえる。これは流行る訳だわ。

 白魔道士的には、パーティが散開しているので、HPが黄色くなってるメンバーにケアルが届かないことがままあるのと、アライアンスの状態異常を確認するのが困難なので、なかなか気楽とも言い難いところではあるんですけど、前衛のみなさんがヒャッホイしてるのを見るのは楽しいので、またシャウトに乗れたら行ってみたいものです。
posted by さとみん at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2017年06月07日

服が乾かない悲しみが伝わってきました

バージョンアップでっす!
……と言いつつも、今月のVUはボリューム控えめ、主に利便性の調整。バトルバランスについては一部WSの追加効果の延長くらいで、7月以降の15周年の歴史を振り返る特別イベントに備えて、開発運営の皆様【ためる】マクロ連打中のようです。

そんな中、アンバスケードは1章トンベリ、2章スラッグと、雨と湿気をたっぷりお届けなラインナップですよー。
とりあえず1戦ずつやってみましたが、意外とギミックがややこしい……かも?

2章スラッグは、とてむずだったのですが、赤ネームになった途端にリーチがわんさかポップして魔導剣士さんに一斉に襲いかかる展開に。そして着替え不可&ヘヴィ&その他色々のフィールドが展開。
どうもこのフィールドは「じめじめしている……。」というログが出ている状態で常に発生するようで、これを乾かさないといけません!というギミックらしく。「光と核熱で連携すると、乾いていくらしいよー」という噂を聞いて、何回か光連携を発生させたのですが、乾くログが全く出ないまま、最後まで着替えせずに結局殴り倒しました(笑)。
光だけでなく核熱も連携させないといけないのか、MBを入れないといけないのか、何か他に条件があるのか、まだわからず。MBだと、ジョブとフェイスの所有状況によっては完全に詰みになる可能性もあるので、どうだろう……。まぁ、フェイスだと着替え不可は実質ペナルティなしだし、とてむずでも殴り倒せたので、詰んだりしないのかも?

1章トンベリは、最初に沸いているトンベリの名前が「Rascal」でどう見てもアライグマです(笑)。が、このラスカルたんに殴りかかると、水エレが召喚され、さらに王冠をつけたボストンベリらしきものもポップ。ボストンベリは途中で分身のようなものを発生させます(ネーム表示やHP表示などはない、タゲもできない、幻影ちっくなもの)。二重に技を使ってるのかなぁ?
とりあえずとてやさだったおかげか、あまり事故なくさっくりと討伐できました。怨み解除が手間になりそうな気が……しないでもない(笑)。

どちらもなかなか手応えのあるギミックという感じで、松井さんがですてにぃといっしょで言っていた、「洗濯物が乾かない!というつらさがモチーフ」がとてもよく伝わってくるよいバトルだと思います(笑)。今月はどれくらいいけるかなー。楽しみです。
posted by さとみん at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2017年06月06日

金将を蹴り飛ばし、王将を消し去る

 という訳で、前々回と前回の固定の集まり、ナイスオーメンは金将リベンジと王将でしたー。
 金将戦、今回の中ボスはCraverだったために回転木馬。もう何かみんな、痛覚同化でなければ何でもいいさというノリになっており、サックリと討伐。時間もかなり余裕のある状態で金将に到着できました。
 金将の吸収ルールも皆の理解が進んだために、前回ほどは吸収されず。ただなかなかアタッカー陣が削りに入れないため、ターゲッティングでのタゲ回しが大変そうでした。後半は開き直って、私がびしばしとケアル4を飛ばしてタゲを奪う展開に。白盾ならまかせろーバリバリー(注:これはダメな白の例です。あと白盾やるならダメカット装備をもっと集めましょう)。
 それでもジックリ削り続けて、無事に金将を討伐。注目のドロップが小札2つに月光鋼で一同盛大にずっこけるオチ。

 次の週、王将です。ナ青風白+狩コ召という編成。詰みルートに突入して雑魚を全部倒すまでは順調だったのですが……
 最初の王のエビュリエントナリフィケーションの範囲が、意外に広くてかなりの強化を吸われてしまい、さあ吸われた強化をかけ直し……とか言ってる間もなく1撃3800ダメとか喰らって全滅しました。このナリフィケーションのフェーズで手間取って2回ほど半壊し、結局時間切れに。
 いやーさすが王、やはり全員がちゃんと覚悟を決めて臨まないといかんですなー。
 という訳で、トリガーを温存していた2アカさんが登場してリベンジリベンジ。今回は強化はリレイズくらいにとどめ、吸収が来たら即強化、回復、みんな集合してアンファルタリングブラバードに備える!という一連の流れがスムーズにいきましたので、その後は割と安定しました。
 白魔道士としては、やはりデスディミヌエンドのバイオとカーズナ祭りがきつかったです。早くヤグルシュ作らないとなぁ……。
 ガールデの後、さあここから怒濤の30秒で準備しな!の火力チェックだー……と思ったら、なんかラムゥ様が暴れて次の瞬間には王、ご臨終。最初のフェーズが一番つらかったという、「プライベート・ライアン」みたいな展開でした。
 ドロップは耳飾り・月光漆・月光の珊瑚。耳飾りは召喚士さんがお持ち帰りでした。おめでとうございますー!

 ぎょうむれんらく。来週は欠席する人が多そうなのでお休みです。
 
posted by さとみん at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2017年05月25日

青AFクエストってホラーだよね

みなさーーん、「あのNPCと冒険したい!15周年だもの」応募しましたかー? 今月いっぱいまでですよー! お忘れなく!

npc15year.jpg
そんな私は、悩みに悩んだ末に、やっぱり思い出深いフィックにしました。
エミネンスレコードクエストのナントトちゃんと最後まで迷ったのですが、ナントトちゃんは現役冒険者だから、まだフェイスになる可能性があるけれど、フィックはこんな機会でないと、設定的に絶対フェイスにならないだろうな……と思ったので。
平和を願うフィックのコルア効果が「WSダメージアップ」とかありえない訳で(笑)。「敵対心ダウン」とか「なだめる効果アップ」とかが一番それっぽいのかもですが、あまりにもピンポイントすぎたり実用性を発揮しにくいものでもどうかなーと思って。「移動速度アップ」も考えたものの、今はマウントがあるしなぁ……。と悩んだ末に、防御性能と心の癒しというイメージで、「特殊攻撃回避率アップ」と「被ケアル回復量アップ」にしてみました。
送ってから、「移動速度アップ」と「ステルス」の組み合わせで、ダンジョン内の移動に向いてるよ!な性能もアリだったかと思ったり(笑)。

そんなこんなな中、さとみんの調理エスカッション進行にかまけて、なかなか冒険できていない小鳥さんですが、ようやく青魔道士がレベル50を越えてAFデビューのお年頃。さくっと行って来ました。最初、ボッタクリ占い師に話しかけたら、ジョブ取得後日談を見忘れていたためにそのイベントが始まってしまい、ヴァナ日付越えを待つはめになったのは内緒です(笑)。
AFクエスト1と2は、移動も楽だし割と簡単。さっくりクリア。
クエスト3は、何の前情報もなく始めたら、まず行くべき場所がさっぱりわからず(笑)。うろうろした挙句に観念してクエスト情報を調べてイベント発生ポイントは把握したものの(あれをノーヒントで探すのって無理ですよ!/笑)最後のNM戦に青52+フェイスでのりこめー^^したら、攻撃が全然当たらなくてスッカスカだわ、ヘッドバッドが全然当たらなくてガ系がじゃぶじゃぶ降り注ぐわで、アムチュチュさんが蒸発して戦闘不能になりました。これも観念して調べたら、AFクエスト屈指の強敵で、青ソロだとレベル70でも厳しいとかなんとか。あきらめて魔導剣士に着替えてボコってきましたとさ。
残りの装束は仕立て屋さんに作ってもらうサブクエストタイプのものですが、グズグズさぼりモードだった仕立て屋さんが、不滅隊の紋章を見せた途端にシャキシャキ働きだしたので、不滅隊がいかにヤクザかがしみじみ伝わりました……。

青魔道士AFクエストは、青魔道士という存在の業と恐怖にフォーカスしている訳ですが、1と2が割と抽象的・心理的な恐怖をひたひたと伝えてくるのに対して、3は全力でホラー展開でとっても怖かったです……(苦笑)。あの、NMがNMになっていくシーンは、FF11のマイルドな表現だから耐えられたけど、結構生理的にコワイですよね。あれですら、画面の前で「うゎっ」とか声出ちゃったよ……。
最近は、青魔道士はいわゆる「強ジョブ」とみなされることが多いジョブで、コンテンツで出番が多いからという理由で上げることも多い訳ですが、その動機が「力への渇望」というAFクエストのテーマと妙なシンクロを起こしているような気も……しないでもない(笑)。
とりあえず、これでレベル60までのお洋服は決まったので、がんばってレベル上げ(というよりもラーニング)やらないとだなー。
posted by さとみん at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 小鳥さんの冒険

2017年05月23日

金将を蹴倒せず

恒例の集まり、今回は金将でーす。編成は剣青召風風白+狩狩風(2アカ置き物)。
……ま、結論を言うと時間切れ排出でしたー(涙)。「負けてねぇ!引き分けだ!(by電撃の旅団Oshoさん) 称号キン・キッカーは取得できず。
中ボスがアタッカーを震え上がらせるThinkerさんだったところから暗雲がたちこめてきまして。前回は上手にかわせた痛覚同化なのですが、今回は何故かここで歯車が狂ってしまい、同化発動で2000くらいダメージを受けること2回、全滅or半壊の状態に。3層で時間をかなり消費してしまったのが痛かったかなー、と。
金将は、物理特殊技使用時(直後2秒くらいまで)に物理ダメージ吸収、魔法詠唱中(直後2秒くらいまで?)に魔法ダメージ吸収なんですが、ラグがあったり特殊技と魔法を連打してきたりするので、なかなか吸収させずに倒すという訳にいきません。どうしても長期戦になりがちですね。ターゲッティングかわしのためのタゲ回しはうまくいっていたので、そこは大丈夫だったのですが。
しかしこの敵はアタッカーさんは大変だなぁと思いました。白魔道士としては、そこまで恐ろしい状態異常をバラまかれる訳ではなかったので、実は他のボスよりも厳しくはないかなという印象。まぁ今回はMPヒーラーがあまりいない編成だったので、MPが不足がちだったのが課題です。うまくMP管理しないとだなー。

オーメンの後は、キャンペーン中に大箱取らないと!ということでインカージョンへ殴り込み。CLは127で。
最初は希望者のいるボスを順番に巡っていったのですが、あっさりと倒せてしまうために時間が余り、結局は王も含めて全ボスをボコって帰ってきました。もはやどう考えてもこちらが無辜のヴェルク族を虐殺している極悪非道モード。
インカージョンの実装直後は、バリバリに魔命を極めて赤や詩人がいないと全然寝かしが入らずに苦労していたものですが、いつの間にかPCが強くなってしまいましたなぁ……。

そんなこんなで、来週は金将のリベンジの予定です。
posted by さとみん at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2017年05月22日

ネコと花火とカエルと風

catfestival.jpg

【ネコ】のコンテンツ力は偉大ですね!

という訳で、今のさらですが、ヴァナ・ディール15周年おめでとうございます! これからも楽しく遊んでいく所存でございますので、どうか冒険者の皆様も松井さんも藤戸さんももっちーも、身体を壊したりしないよう、ご自愛ください。

記念すべき15周年、前日の夜に、いつもSirenワールドでユーザーイベントをしてくださるサンタさん(仮名)の主催の大花火大会に出て、大量の花火を打ち上げてシャウトしまくり。
15yearfire.jpg

……浮かれすぎたか、本番の次の日、見事にリアルで熱を出して寝込んでました。 テンション上がりすぎ。中二男子だったら鼻血を出して倒れているレベルではないか。
ヴァナの分身と違って、中の人は順調に年をとっているため、熱が引いてからもしばらくは本調子ではなく、あまり長時間のログインができず、必死にエスカッションのお題を消化するくらいしかできず(してたんかい)。
治ってからは、ケロッと☆ピコーン!とモグアカ校長に金ダライをいただきながらケロケロしてました。
kerotto.jpg

しかし、15周年。本当にね、星唄が発表された時、アドゥリンに初めて行った時、アルタナをインストールしてた時、アトルガンの船に乗った時、闇王を倒した時……etcetc 色々な過去を思い出してしまいますよ。あの頃から変わったものもいっぱいあるけれど、ヴァナの根っこの部分は変わらずに、時に不便だったりぶっきらぼうだったりするところも含めて、やっぱりこの世界が好きだなぁと思います。
オープンワールドだったり、MMOだったりする世界は、他にも色々体験しましたし、そのどの世界にも面白さや楽しさはあったのだけど、こんな風に自分の中にしっとりとした「故郷感」と、同時に広くて限りなくて自分だけの力ではままならない歯がゆさがあるところも含めた「世界感」を抱かせてくれるところはないのです。

この世界がこれからも続いていくように、時の風を起こすために、私は今日も明日も冒険するのです。
あなたにクリスタルとアルタナのご加護がありますように。

さあ物欲のために今日も印章BFに行きますよー!(色々と台無し)
posted by さとみん at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2017年05月15日

胴装備はどこへ行ったのか

固定活動、今回はオーメンの銀将でした。
特定の属性の連携ダメージが増える代わりに、それ以外の属性は吸収という敵なので、正攻法では吸収されない属性を見つけて、その属性連携を叩き込むというのがセオリー。
ただ、今回は「ややこしくなるから、連携なしで削ろうか」ということになった感じです。編成はナ青狩風風白+風(2アカの置き物)。

中ボスは、久しぶりにThinkerさん。痛覚同化のトラウマで無口になるノウキンズでしたが、今回は痛覚同化かわしがバッチリ決まって終始安定して退治しました。ドロップはアダパシールドと結晶で、フリーロットで狩をやっていた大王様(仮名)がお持ち帰り。
そしてGinは……白としては、ゼロアワー(範囲ダメージ・ヘイトリセット)の範囲が広いのが怖かったです!しかし青で参加していた鮒師匠(仮名)による神がかったホワイトウィンドにより、全く危なげなかったよ! 連携はせずにじっくり削っていくやり方で、無事に勝利。
ドロップは、小札2つと月光革という、希望を見事にかいくぐった内容で一同ずっこけるオチに。一応、小札を希望していた私が1枚、もう1枚は風水で参加していたCさん、革はナイトのAさんとなりました。

その後、キャンペーンだから何かやろうかということになり、インカージョン……と思ったら16日から。ちょうど6人だし、噂のスピードくじ印章BF行くか!ということになって、サハギンの★潜行特務隊(とてむず)へゴーです。編成はちょっと変更して、剣青青シ風白。
しかし今回の印章BFキャンペーン、大盤振る舞いすぎて心配になるレベル。どちらかというと敵はマイバッグの空き。メタルやらアレキやら翅やらが雨あられと降ってきます。あと大量のレムも。今はあまりぎみのエミネンスでレムを引き換えられるとはいえ、意外と1~5章のレムを集める機会というのはないので、結構ありがたいかも知れません。
これ、BFの難易度とドロップは関係あるんですかねぇ。今度小鳥さんで行って見ようかしら。

そんなこんなでワイワイ遊びました。次回は金将とインカージョンの予定です!
posted by さとみん at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2017年05月12日

桂馬はだいぶ慣れてきたと思いたい

恒例のオーメン活動の記録を遅ればせながら。

連休ということで来れた人が少なめだったので、1戦目は6人でのんびりと?詰みルートへ。特に光が溢れることもなく普通に終了。
2戦目に、お手伝いさんが一人加わってくれました。元気に桂馬へ出撃です。剣黒学学風白。
中ボスはGorger。なんか最近このボスによく会ってる気がします。まぁ回転木馬さんや痛覚同化さんが来ないのはありがたいことではあるんですが、毎度のごとくディスペルを連打してたら終了。ドロップはキシャールリングと満たすものの結晶で、フリーロットで私がキシャールリングをいただきました!結晶はAさん。
桂馬さんは何度か謁見していて、ダンシングフラーもだいぶ慣れた……気がします。フラーが来そうなタイミングにはなるべくケアルや強化を飛ばさないように注意はしているのですが、それでも時々「ぎゃ!」ということが稀によくある……メンバーの風水士さんのファインプレーに救われております。
とりあえずうまいメンバーのおかげでさほどのピンチにはならず、無事討伐。ドロップは小札・ルガルバンダピアス・月光漆。小札は学者で参加したCさん、漆は風水士参加のAさん、ピアスは希望者がいなかったのでフリーロットで私になりました。
とりあえず、次回は銀将の予定です!

だいぶオーメンも慣れてきたなーと思って、後日野良でオーメンに参加したら、色々アレな立ち回りをしてしまって落ち込みましたが……それはまた後日のエントリーにて(涙)。
posted by さとみん at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 印章BF/バトルコンテンツ

2017年05月11日

結婚式場のパティシエ気分

バージョンアップでっす!(昨日ですが)

という訳で、もうそりゃあ大忙しです。VU前日には「もぎヴァナ」視聴、当日は「ですいつ」視聴&VU情報チェック、ログインしたら即エスカッションクエストオファー、材料を釣ったり合成したりしつつ、フレさんのお誘いでアンバスケード、その後はAATT戦……何というハードスケジュール。リアルの拘束がなくなった今、謙虚なナイトのいう「リアルより充実したヴァナ生活が認可される」状態になってます。
……え? ヤグルシュはどうなってるんだ?
あ、いえ、やってます、やってます(滝のような汗)。

とりあえず、調理エスカッションはいよいよ佳境という感じで、手応えのある「これぞレリック!」という感じになってきて、私のマゾ心が盛り上がっています。

今回は、通例の「精魂度貯め」「職人ポイント貯め」の他、「ギルドからのオーダー」というやつがあって、このオーダーは「特定の場所に行って特定の合成を指定回数成功させ、特定のNPCに渡す」というもの。
特定の場所で合成を成功させないといけないので、買って済ますことは不可能。またHQは受け取ってくれないので、コツコツとNQを積み重ねていく必要があります。
しかもどうやら、人によってオーダーが異なるようで(パターン数はまだわからないみたいですが)極端にひとつの素材や場所に集中するということがなさそうです。ミザレオパセリが15万ギルでも落札できない;;な地獄はなさそうですが、嬉しいような寂しいような(笑)。

私は最初の依頼が、バストゥーク港の蒸気の羊亭のおねーさんに、シーフードパエリア25個。
なかなか流通しないサフランの花が原料のサフラン、同じくほとんど流通していないブラックプローンやムセル、スタックできないギガントスキッドなどがキツい要素……というところですが、モグガーデンで素材を備蓄しまくっていた&釣りスキル110の私にとってはカバンの空きを作るのが大変、という程度。恐るるに足らず! 今まで金庫を圧迫していたサフランの花やプラックプローンを大量に引っ張り出してきて、あとはあちこちで釣りをして、びしっとクリア。

そしてやってきた次の依頼が、南サンドリアのヒナリー夫人による、ミルフィーユ300個。来たぜ!怒濤の三桁ノック!
実はこの依頼、ヴァナ日付またぎでキャンセルして、違う依頼にスイッチすることもできるらしいのですが……「不可能」ならともかく、一応可能なのにキャンセルなどしていては、タルタルがすたる! という訳で、やってやるぜ!

……まぁ、まだクリアできてないんですけどね(笑)。300ともなると、さすがに相当な時間がかかります。
あと、今回は錬魂度貯めにおいて、ボーナス条件を満たさない合成をすると成功率が下がるというトレードオフ要素が入っているので、盾を装備したりひっこめたり、あえて途中で別の合成に切り替えたりといったことをやっているということもあり。

しかし、ヒナリー夫人の横で、ひたすらミルフィーユを大量生産していると、なんというか、ホテルみたいなイベントをやるところでひたすら規定のお菓子を作り続けるパティシエになったような気分です(笑)。
なんでHQは受け取ってくれないだよぅ、豪華な分にはいいじゃないかよぅ(泣)と当初思っていたのですが、よく考えると300個のミルフィーユとか、どう考えてもひとりで食べるんじゃなくて、何かの宴席用な訳で、そうすると「一部の品だけ豪華になってる納品」とか、都合が悪いにも程がありますな(笑)。
一定の品をコンスタントに作り続けるということこそが必要、というのが、妙なリアリティがあって面白いです。

という訳で、盾が第三段階に達するまではまだまだかかりそうですが、がんばりますー。

あ、一応新レシピもありました。
「漁師風近東鍋」
炎クリ
要「調理ギルド銀の書」(確かエスカッション進行で得られるだいじなもの)
煮出し汁・蒸留水・モラモラ・木綿豆腐・シバル・春菊・白滝・アガリクス

鍋ということで、フェイスにも効果のある食事ですね。効果値と上限値によっては、ILランクのフェイスを呼ぶ時にはありがたい食べ物になる……のか? 早く作ってみたいですね〜。まさか、これもスペリア3扱いで、ギフト500ないと食べられない、とかだったら泣きますが(笑)。
posted by さとみん at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 合成/錬成/釣り